これぞ父親の意地! PAOKのDFヴァレラが過去のOGでイジメられていた息子と感動のゴールセレブレーション2018.02.14 23:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ギリシャ・スーパーリーグのPAOKに所属するカーボベルデ代表DFフェルナンド・ヴァレラ(30)が父親の意地を見せた。『the18.com』が伝えている。

▽12日に行われたPAOKvsAEラリサの試合で先発出場したヴァレラは、前半終了間際の40分に右CKの場面で豪快なダイビングヘッドから貴重なチーム2点目を奪い、3-0の勝利に貢献した。

▽そして、このゴール場面ではゴールを決めたヴァレラがゴール裏でボールボーイを務めていた1人の少年のところに一目散に駆け寄ると、熱い抱擁を交わすとともに、盛大にゴールを祝い合っていた。

▽実は、このボールボーイはヴァレラの実の息子であり、クラブのアカデミーに在籍する長男のグスタボ君だった。さらに、今回の盛大なゴールセレブレーションの裏には同親子を巡る1つの物語があった。

▽2016年夏にステアウア・ブカレストからPAOKに加入したヴァレラは、昨シーズンの首位オリンピアコス戦で前半序盤に移籍後初ゴールを記録。しかし、その後痛恨のミスからオウンゴールを献上し、チームも1-2で敗戦した。

▽この痛恨のオウンゴールと敗戦を受けて、アカデミーに所属するグスタボ君はチームメートからイジメを受けるようになり、親子関係もギクシャクしていた。

▽その出来事から何とか名誉を挽回したいヴァレラは虎視眈々とゴールチャンスを窺うと、奇しくも息子がゴール裏付近でボールボーイを務めた12日のAEラリサで今季初ゴールを記録し、前述のエモーショナルな親子のゴールセレブレーションに至った。

▽なお、ヴァレラの意地のゴールもあり首位キープに成功したPAOKは、残り6試合となったリーグ戦で33年ぶりのタイトル獲得に向けて好位置につけている。

◆親子が一つに
https://twitter.com/young_nomore/status/963339887809318912

コメント

関連ニュース

thumb

チャビがアル・サッドと2年の契約延長で正式合意

▽カタールのアル・サッドは24日、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス(38)と2020年まで契約を延長したことを発表した。3月の段階で2年の契約延長に大筋で合意していたチャビだが、今回正式な発表となった。 ▽バルセロナ下部組織出身のチャビは、バルセロナで最多となる公式戦764試合に出場。バルセロナでの17シーズンでは、3度のチャンピオンズリーグ優勝と8度のリーガエスパニョーラ制覇など数多くのタイトルをもたらした。そして、2015年夏にアル・サッドに加入していた。 ▽アル・サッドでの3シーズン目を終えたチャビは今季、公式戦24試合に出場して6ゴール8アシストを記録していた。昨年11月には現役引退を明言していたが、来季以降も選手としての役割を果たすのかは明かされていない。 2018.05.25 04:08 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルティモネンセMF中島翔哉、ブログを開設「SNSは苦手な方ですが…」

▽ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉が、ブログを開設した。 ▽昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタル移籍で加入した中島。海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残すと完全移籍を果たした。そんな中島は、2018年3月24日のマリ代表戦で日本代表デビューも飾った。しかし、今月18日に発表された30日のキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に向けた日本代表メンバーに選出されなかった。 ▽中島は、帰国のタイミングと共に自身のオフィシャルブログを開設。「正直、SNSは得意ではなく苦手な方ですが」と語るも、今後マイペースに更新していくことを明かしている。 「みなさん、こんにちは」 「はじめまして、ポルトガルリーグ1部ポルティモネンセに所属する中島翔哉です」 「今回、帰国のタイミングでブログをはじめさせていただくことになりました」 「正直、SNSは得意ではなく苦手な方ですがこのブログをきっかけに自分のことを知ってもらったり僕が住むポルトガルのことだったりとマイペースになりますが更新していければと思います」 「ブログ初心者ですがみなさんよろしくお願いします。中島翔哉」 2018.05.23 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ガラタサライ残留希望明かす「100%残りたい」親友スナイデルとの秘話も

インテルからガラタサライへ期限付き移籍中のDF長友佑都は、クラブヘの残留を希望を明かした。<br><br>冬のマーケットで、インテルから今季終了までの期限付きでガラタサライへ移籍した長友。加入以来リーグ戦12試合連続で先発し、3アシストをマークするなど3シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。<br><br>その活躍がメディアで絶賛される中、長友はトルコ紙のインタビューで、ガラタサライへの残留希望を明かしている。<br><br>「もちろん僕だけの決定にはならないですけど、ここで本当に幸せです。100%残りたい。本当に幸せなんです。インテルとガラタサライは、決断をくださないといけません」<br><br>また、インテル時代に同僚で、ガラタサライでプレーした経験を持つ&ldquo;親友&rdquo;ウェズレイ・スナイデル、フェリペ・メロ、そしてロベルト・マンチーニ監督にアドバイスを求めたことを明かしている。<br><br>「スナイデルとメロ、マンチーニに連絡しました。3人共ガラタサライへ行くべきだと言ってくれました。彼らは、ガラタサライは疑いなくビッグクラブと言いました。イスタンブールのことはあまり知らなかったけど、ここへ来てから納得しました。本当に美しい街です」<br><br>また、日本では「人気選手」であると自身を紹介している。<br><br>「僕は日本でとても人気があります。多くの日本人の方が僕のところに来てくれますからね。インテルでは7年間プレーし、日本代表では100試合出場、2度のワールドカップも経験しています。注目されるのは当然のことだと思います」<br><br>ガラタサライも日本代表DF残留のため、インテルと交渉に臨んでいると伝えられている。長友は来季、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都の“パフォーマンス”に伊メディアも興奮「サムライになった!」

ガラタサライ優勝セレモニーでサムライを演じた日本代表DF長友佑都について、イタリアメディア『メディアセット』が21日、注目している。<br><br>ガラタサライは19日、シュペル・リガ最終節で21度目のリーグ優勝を決めたが、1月にインテルからレンタル移籍した長友も加入直後からレギュラーに定着するなど、リーグ制覇に貢献した。日本代表DFにとっては、インテル加入1年目の2011年にコッパ・イタリアを制して以来、欧州2つ目のタイトルとなり、20日に行われた優勝セレモニーではファンと喜びを分かち合った。<br><br>長友はこのときの様子を動画に収め、「サムライ」と綴り、ツイッターに投稿。日の丸を背負った長友は、仲間に担がれて登場すると、素手ながらもサムライのような見事な刀裁きを披露し、壇上に上がった。これを見たイタリアメディアは、「ガラタサライがトルコ王者に&hellip;ナガトモはサムライになった」との見出しで、紹介している。<br><br>「日本人選手は、スクデットのセレブレーションで弾けた。元インテルのユート・ナガトモは、初めてのスクデットの喜びを味わった。日本人サイドバックは、ガラタサライの祭りの主人公の1人になった。即興でサムライを演じ、純粋にすべてのサポーターを楽しませた」<br><br>なお長友はこのほか、「チャンピオン」とつぶやき、優勝トロフィーを掲げる姿を収めた写真などもツイッターで公開している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ガラタサライに感謝と意味深メッセージ「何が起こるか分からないが…」

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が21日、ツイッターを更新し、トルコのファンに感謝の意を述べたほか、意味深なメッセージも残している。<br><br>ガラタサライは19日、シュペル・リガ最終節で21度目のリーグ優勝を決めたが、1月にインテルからレンタル移籍した長友も加入直後からレギュラーに定着するなど、リーグ制覇に貢献した。日本代表DFにとっては、インテル加入1年目の2011年にコッパ・イタリアを制して以来、欧州2つ目のタイトルとなり、トルコでの4カ月間は思い出深いものとなった。<br><br>長友は21日、ツイッターを更新。ガラタサライのファンへ向けてトルコ語でメッセージを発信した。<br><br>「加入直後から、監督やスタッフ、チームメートは僕をすごく歓迎してくれました。僕のような小さな日本人選手を支えてくれて、皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。わずか4カ月間でしたが、信じられないような経験ができました。僕は皆さんから溢れるほどの愛情を一身に受け、&ldquo;信頼&rdquo;という言葉の深い意味を知ることができました。将来、何が起こるか分かりませんが、一生、ガラタサライのファンをやめることはないでしょう。心から感謝します」<br><br>ガラタサライとの別れを想起させるような意味深なメッセージも含まれているが、長友は移籍直後からイスタンブールの生活に馴染み、これまでガラタサライ残留を希望する発言をしていた。またクラブやファティ・テリム監督も、今夏の日本代表DFの完全移籍を熱望しており、所有元であるインテルと買い取りに向けて交渉が続けられている。だがムスタファ・ジェンキズ会長が先週、「彼は重要な選手だ。だから移籍について話すのはやめよう。値段が吊り上げられてしまうので」と述べているように、ガラタサライはインテルによる移籍金の引き上げを警戒している。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 15:45 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース