内田復帰の鹿島、開始直後に失点も遠藤弾で上海申花とドロー《ACL2018》2018.02.14 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018 のグループH第1節で上海申花(中国)をホームに迎え、1-1の引き分けに終わった。

▽昨シーズンのACLでは広州恒大にアウェイゴール差で敗れてラウンド16という鬼門を突破できなかった鹿島は、初戦で中国FAカップを制した上海申花と対戦。初のACL制覇に向けて初戦に臨む鹿島は、新加入の安西が公式戦初先発。さらに8シーズンぶりに鹿島復帰を果たした内田がスタメンに名を連ねた。

▽グアリン、モレーノ、マルティンスを擁する上海申花を相手に、立ち上がりを大事にしたい鹿島だったが、3分にいきなり失点してしまう。左CKをGK曽ヶ端がパンチングするも、ボックス内で拾われ、リー・ポンがシュート。これはクロスバーに助けられた。しかし、こぼれ球を拾ったマルティンスにボックス右外からのクロスを許すと、GK曽ヶ端が再びパンチングを試みるも処理しきれず、モレーノに頭で押し込まれて先制点を許す。

▽出鼻を挫かれた鹿島は12分、敵陣中央やや左からレオ・シルバがロングボールを供給。ボックス右のペドロ・ジュニオールが頭で折り返し、中央の鈴木が左足で反転シュートを放つが、相手DFに当たって決め切ることができない。

▽このまま流れを引き寄せたい鹿島だったが、モレーノの力強いドリブルに内田がやや苦戦し、17分と18分に自陣右サイドを崩されてシュートまで繋げられてしまう。

▽それでも鹿島は時間の経過と共に応戦。30分、ボックス手前でFKを獲得し、キッカーの遠藤が左足で直接狙うも、GKリー・シュアイにパンチングで逃げられる。さらに直後、遠藤からの左CKをニアサイドのペドロ・ジュニオールがフリック。中央の昌子が頭で合わせたが、わずかにゴール左外へと外れてしまう。35分には、内田のクロスから鈴木が頭でゴールを狙うも枠を捉えきれず、0-1のビハインドで試合を折り返す。

▽しかし、鹿島は後半立ち上がりに同点ゴールが生まれる。51分、中央でのパスワークからボックス内に侵攻すると、ボックス付近の混戦から鈴木がシュート。これはGKリー・シュアイがパンチングで防ぐも、詰めていた遠藤が体に当てて押し込み、鹿島が同点に追いつく。

▽待望の同点ゴールを奪った鹿島は、上海申花に反撃を許さず、敵陣への侵攻回数を増加。それでも62分には、グアリンのスルーパスに反応したマルティンスに最終ラインを突破されると、そのままシュートを許す。しかし、シュートは枠の右に外れ、事なきを得る。

▽上海申花は、76分にスルーパスからマルティンスがゴール前右へと走り込みシュート。しかし、ここは守護神GK曽ヶ端が左手一本で弾き、得点を許さない。

▽ヒヤリとする場面を迎えた鹿島は85分、ペドロ・ジュニオールのシュートが相手DFに当たると、そのこぼれ球を途中出場の中村がボックス手前から左足シュート。ゴール左を捉えたものの、GKリー・シュアイのファインセーブに防がれ、勝ち越しとはならない。

▽鹿島はその後、87分にレオ・シルバ、後半アディショナルタイムに内田が惜しい場面を迎えるも決め切ることができず。試合終了間際には上海申花に危ない場面を作られたが、クロスバーに助けられてそのまま試合終了。早い時間帯に失点するも、遠藤弾で追いつき、なんとか勝ち点1を挙げた。

▽21日に行われる次節では、水原三星(韓国)のホームに乗り込む。

鹿島アントラーズ 1-1 上海申花
【鹿島】
遠藤康(後6)
【上海申花】
モレーノ(前3)
コメント
関連ニュース
thumb

鹿島が新体制発表! 昨季の若手最優秀FW安部裕葵が背番号「10」に!

鹿島アントラーズは16日、2019シーズンの新体制を発表した。 昨シーズンは悲願のAFCチャンピオンズリーグ優勝、国内リーグでは3位で幕を閉じた鹿島。J1リーグでは3年ぶりの覇権奪還とアジア連覇を目標に掲げる今季は、「Football Dream‐かわる‐」というスローガンを胸に戦うことを誓った。 「2019年シーズンは、クラブスローガン“Football Dream‐かわる‐”を胸に戦う。『Football Dream』は、創設25周年の2016年から続く恒久的メインスローガンとなり、一貫した哲学のもとで歴史を積み重ねて行く姿勢が反映される。国内タイトル奪還とアジア連覇を掲げる今季は、進化のための変化がテーマ。守るべき伝統を継承しながらも、クラブ全体で“かわる”ことを恐れず、目標の全冠制覇へ挑む。新たなスタートを切るための変革の年として、歩みを進めていく」 また、各選手の背番号も発表された。注目は昨季のJリーグベストヤングプレーヤー賞に選ばれた19歳のFW安部裕葵が背番号「10」に変更されたこと。昨季は「30」だった。 さらに、横浜F・マリノスから完全移籍加入したFW伊藤翔は背番号「15」に、清水エスパルスから加入のMF白崎凌兵の背番号は「41」となった。そのほか、昨季は「32」を身に着けていたDF安西幸輝は、ヴィッセル神戸に移籍したDF西大伍の「22」を引き継いだ。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.クォン・スンテ 21.曽ケ端準 29.川俣慎一郎 31.沖悠哉 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.内田篤人 5.チョン・スンヒョン 16.山本脩斗 22.安西幸輝※背番号変更「32」 23.小田逸稀 24.伊東幸敏 27.<span style="font-weight:700;">ブエノ</span>☆←(徳島ヴォルティス)※復帰 28.町田浩樹 33.<span style="font-weight:700;">関川郁万</span>☆←(鹿島アントラーズユース)※昇格 35.<span style="font-weight:700;">佐々木翔悟</span>☆←(鹿島アントラーズユース)※昇格 39.犬飼智也 <span style="font-weight:700;">MF</span> 4.レオ・シルバ 6.永木亮太 8.土居聖真 11.レアンドロ 13.中村充孝 17.<span style="font-weight:700;">平戸太貴</span>☆←(FC町田ゼルビア)※復帰 18.セルジーニョ 20.三竿健斗 25.遠藤康 30.<span style="font-weight:700;">名古新太郎</span>☆←(順天堂大学)※新加入 41.<span style="font-weight:700;">白崎凌兵</span>☆←(清水エスパルス)※完全移籍 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.鈴木優磨 10.安部裕葵※背番号変更「30」 14.金森健志 15.<span style="font-weight:700;">伊藤翔</span>☆←(横浜F・マリノス)※完全移籍 19.山口一真 34.<span style="font-weight:700;">有馬幸太郎</span>☆←(鹿島アントラーズユース)※昇格 2019.01.16 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島、FWペドロ・ジュニオールのブラジル復帰を発表「ありがとうと伝えたい」

鹿島アントラーズは11日、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)がブラジル1部のフォルタレーザに完全移籍することを発表した。 ペドロ・ジュニオールは、2003年に母国のヴィラ・ノヴァでプロデビューを飾り、複数クラブを渡り歩いた後、2007年に大宮に加入。以降、アルビレックス新潟たガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸といったJリーグクラブを渡り歩き、2017年に鹿島入団を果たした。 すると、鹿島入団初年度には明治安田生命J1リーグ21試合に出場して7得点をマークしたが、2018シーズンはJ1リーグ7試合の出場にとどまり、シーズン途中に武漢卓爾職業足球倶楽部(中国2部)に期限付き移籍していた。 ペドロ・ジュニオールは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FWペドロ・ジュニオール 「日本で長くプレーしてきましたが、ブラジルへ戻ることになり、最後のクラブとなった鹿島アントラーズに感謝の気持ちと、敬意と愛情を持って接してくれたサポーターの方々にありがとうと伝えたいです。フォルタレーザで素晴らしいシーズンにするため、これからも努力したいと思います」 2019.01.11 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島MF久保田和音、岡山へ期限付き移籍「いつか必ずこのクラブに戻り、スタメンに」

ファジアーノ岡山は10日、鹿島アントラーズからMF久保田和音(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。 久保田は2015年に大阪桐蔭高校から鹿島に入団。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに2試合出場した。 岡山への期限付き移籍が決定した久保田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「このたび、ファジアーノ岡山でプレーすることになりました久保田和音です。チームのJ1昇格に貢献できるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いします」 ◆鹿島アントラーズ 「鹿島アントラーズに関わる全ての皆様、4年間本当にありがとうございました。鹿島ではなかなか試合に絡むことが出来ませんでしたが、いつか必ずこのクラブに戻り、スタメンとして試合に出られるよう頑張ります。引き続き応援のほど、よろしくお願いします」 2019.01.10 16:20 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島、昨季徳島に期限付き加入のDFブエノ復帰を発表! 「戻ることが出来てうれしい」

鹿島アントラーズは9日、昨シーズン徳島ヴォルティスに期限付き移籍していたDFブエノ(23)の復帰を発表した。 ブエノは、2014年に千葉国際高校(現・翔凜高校)から清水エスパルスに入団。ヴィッセル神戸への期限付き移籍を経て、2016年に鹿島アントラーズに完全移籍を果たすと、昨シーズンは徳島に期限付き移籍で加入した。同シーズンは明治安田生命J2リーグで15試合1ゴール、天皇杯で2試合1ゴールを決めていた。 鹿島への復帰が決定したブエノは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆鹿島アントラーズ 「このたび、鹿島アントラーズに戻ることが出来てうれしい気持ちでいっぱいです。また鹿島の友達に会えるのを楽しみにしています。クラブのために自分のベストを尽くして、クラブにとっても自分にとっても素晴らしい1年に出来るように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆徳島ヴォルティス 「皆さん、1年間ありがとうございました。徳島で友達がたくさん出来ましたし自分にとって本当に幸せな1年間でした。ただ、1年間自分のベストを尽くしてクラブのために戦いましたが、目標であったJ1昇格を達成出来ずとても悔しかったです。これから、どこにいても徳島ヴォルティスのことを応援しています。ありがとうございました!」 2019.01.09 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島FW川森有真が沼津に期限付き移籍「成長できるように頑張ってきます!」

鹿児島ユナイテッドFCは8日、FW川森有真(25)と2019シーズンの契約を更新したことを発表。また、アスルクラロ沼津に期限付き移籍で加入し、期間が2019年2月1日~2020年1月31日となることも伝えた。なお、川森は期限付き移籍期間中は鹿児島と対戦する全ての公式戦に出場できない。 川森は、東洋大学卒業後の2015年に鹿児島入り。昨シーズンは、明治安田生命J3リーグ19試合4ゴールを記録し、J2昇格に貢献していた。 川森は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW川森有真 「4年間ありがとうございました!2019シーズン、アスルクラロ沼津に期限付き移籍することになりました。沼津でしっかり結果を出して成長できるように頑張ってきます!」 2019.01.08 17:05 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース