内田復帰の鹿島、開始直後に失点も遠藤弾で上海申花とドロー《ACL2018》2018.02.14 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018 のグループH第1節で上海申花(中国)をホームに迎え、1-1の引き分けに終わった。

▽昨シーズンのACLでは広州恒大にアウェイゴール差で敗れてラウンド16という鬼門を突破できなかった鹿島は、初戦で中国FAカップを制した上海申花と対戦。初のACL制覇に向けて初戦に臨む鹿島は、新加入の安西が公式戦初先発。さらに8シーズンぶりに鹿島復帰を果たした内田がスタメンに名を連ねた。

▽グアリン、モレーノ、マルティンスを擁する上海申花を相手に、立ち上がりを大事にしたい鹿島だったが、3分にいきなり失点してしまう。左CKをGK曽ヶ端がパンチングするも、ボックス内で拾われ、リー・ポンがシュート。これはクロスバーに助けられた。しかし、こぼれ球を拾ったマルティンスにボックス右外からのクロスを許すと、GK曽ヶ端が再びパンチングを試みるも処理しきれず、モレーノに頭で押し込まれて先制点を許す。

▽出鼻を挫かれた鹿島は12分、敵陣中央やや左からレオ・シルバがロングボールを供給。ボックス右のペドロ・ジュニオールが頭で折り返し、中央の鈴木が左足で反転シュートを放つが、相手DFに当たって決め切ることができない。

▽このまま流れを引き寄せたい鹿島だったが、モレーノの力強いドリブルに内田がやや苦戦し、17分と18分に自陣右サイドを崩されてシュートまで繋げられてしまう。

▽それでも鹿島は時間の経過と共に応戦。30分、ボックス手前でFKを獲得し、キッカーの遠藤が左足で直接狙うも、GKリー・シュアイにパンチングで逃げられる。さらに直後、遠藤からの左CKをニアサイドのペドロ・ジュニオールがフリック。中央の昌子が頭で合わせたが、わずかにゴール左外へと外れてしまう。35分には、内田のクロスから鈴木が頭でゴールを狙うも枠を捉えきれず、0-1のビハインドで試合を折り返す。

▽しかし、鹿島は後半立ち上がりに同点ゴールが生まれる。51分、中央でのパスワークからボックス内に侵攻すると、ボックス付近の混戦から鈴木がシュート。これはGKリー・シュアイがパンチングで防ぐも、詰めていた遠藤が体に当てて押し込み、鹿島が同点に追いつく。

▽待望の同点ゴールを奪った鹿島は、上海申花に反撃を許さず、敵陣への侵攻回数を増加。それでも62分には、グアリンのスルーパスに反応したマルティンスに最終ラインを突破されると、そのままシュートを許す。しかし、シュートは枠の右に外れ、事なきを得る。

▽上海申花は、76分にスルーパスからマルティンスがゴール前右へと走り込みシュート。しかし、ここは守護神GK曽ヶ端が左手一本で弾き、得点を許さない。

▽ヒヤリとする場面を迎えた鹿島は85分、ペドロ・ジュニオールのシュートが相手DFに当たると、そのこぼれ球を途中出場の中村がボックス手前から左足シュート。ゴール左を捉えたものの、GKリー・シュアイのファインセーブに防がれ、勝ち越しとはならない。

▽鹿島はその後、87分にレオ・シルバ、後半アディショナルタイムに内田が惜しい場面を迎えるも決め切ることができず。試合終了間際には上海申花に危ない場面を作られたが、クロスバーに助けられてそのまま試合終了。早い時間帯に失点するも、遠藤弾で追いつき、なんとか勝ち点1を挙げた。

▽21日に行われる次節では、水原三星(韓国)のホームに乗り込む。

鹿島アントラーズ 1-1 上海申花
【鹿島】
遠藤康(後6)
【上海申花】
モレーノ(前3)

コメント

関連ニュース

thumb

黒崎久志氏、トップチームコーチとして12年ぶりに鹿島帰還

▽鹿島アントラーズは20日、トップチームのコーチに黒崎久志氏(50)が就任したことを発表した。 ▽黒崎氏は現役時代鹿島アントラーズや京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)、ヴィッセル神戸などでプレー。その後は指導者として2004年と2005年に鹿島の下部組織で経験を積んだ。2010年から2012年でアルビレックス新潟の監督を務め、2014年からは大宮アルディージャのヘッドコーチを務めていたが、2017年5月に解任されていた。 ▽鹿島のコーチに就任した黒崎氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「今回、クラブからオファーをいただき、スタッフとしては12年ぶりにアントラーズへ戻ってくることになりました。もう一度このチームに携わることができ、大変光栄に思います。常に勝利を求め、鹿島が鹿島であるために監督をサポートし、これまで培った経験を含め、コーチとしての役割を全力で果たしていきたいと思います。アントラーズを愛する皆さん、応援のほど、よろしくお願いします」 2018.06.20 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

両側膝蓋じん帯損傷の鹿島MFレアンドロ、全治約3カ月から4カ月

▽鹿島アントラーズは11日、MFレアンドロが両側膝蓋じん帯損傷によりブラジルで手術を行い、全治約3カ月から4カ月と診断されたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、左ヒザ手術は5月3日、右ヒザ手術は6月7日に施行。再来日の日程については調整中のようだ。 ▽1年間の期限付き移籍を経て、2018年に鹿島に完全移籍を果たしたレアンドロ。今シーズンは明治安田生命J1リーグに3試合出場、AFCチャンピオンズリーグでは1試合1ゴールを記録している。 2018.06.11 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

不倫発覚の柳沢敦氏、鹿島コーチを辞任…クラブが本人の申し出を受理

▽鹿島アントラーズは8日、同クラブのコーチを務める柳沢敦氏(41)の辞任を発表した。 ▽現役時代に鹿島や元日本代表でストライカーとして活躍した柳沢氏は先日、一部メディアで妻子を持つ身でありながら一般女性との不倫が取り沙汰された。 ▽これを受け、本人に対する事情聴取を経て期間未定の自宅謹慎処分を科した鹿島。その後、本人から辞任の申し出があったため、正式に受理したという。 ▽自身の不祥事により、シーズン途中で鹿島を去ることになった柳沢氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今回の規律違反は、コーチの立場として許される行為ではありません。クラブに関わる様々な方々へご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。チームを離れることになりますが、今後も鹿島アントラーズの勝利を心から祈っています」 ▽また、代表取締役社長を務める庄野洋氏も続けて次のような声明文を発表している。 「この度、クラブとしてトップチームに関わる規律違反が発生したことを、重く受け止めております。今後、同様の事案が発生しないよう、再発防止の徹底に努めてまいります。サポーターの皆さまをはじめ、クラブに関係する多くの方々にご迷惑お掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」 2018.06.08 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、不倫発覚の柳沢敦コーチを処分…期間未定の自宅謹慎に

▽鹿島アントラーズは5日、同クラブのコーチを務める柳沢敦氏(41)に対する処分を発表した。期間は未定処分内容は、規律違反による自宅謹慎処分。期間は未定だ。 ▽現役時代に鹿島や元日本代表でストライカーとして活躍した柳沢氏は先日、一部メディアで妻子を持つ身でありながら一般女性との不倫が取り沙汰された。 ▽発表によれば、クラブは一部週刊誌報道を受け、柳沢コーチに事情聴取。試合前日、遠征先のホテルを無断で抜け出す規律違反が判明したという。 2018.06.05 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月5日は、日本にW杯初の勝ち点をもたらしたシンデレラボーイ

◆鈴木隆行 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1976/6/5 現役時代ポジション:FW クラブ:鹿島アントラーズ、ヘンク、レッドスター、水戸ホーリーホック 身長:182㎝ 体重:75kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月5日は、元日本代表FW鈴木隆行氏だ。 ▽地元・茨城の日立工業高校在籍時には、サッカーの指導者がおらず、鈴木氏が練習メニューを作成するという環境の中、自身は1年から国体に出場していた。1995年に高校2年時から声をかけられていた鹿島に入団し、若手時代はブラジルのCFZ、ジェフユナイテッド市原、川崎フロンターレへの期限付き移籍で経験を蓄積。2000年のシーズン途中に鹿島復帰を果たすと、復帰後の公式戦15試合で7得点を挙げる活躍でチームのシーズン3冠に貢献した。 ▽その活躍が認められてレギュラーの座を掴んだ結果、2001年に日本代表初招集。コンフェデレーションズカップのカメルーン戦で初スタメンに抜擢されると、2得点を挙げる活躍を披露し、たちまちシンデレラボーイと呼ばれるように。そのまま2002年の日韓・ワールドカップまで代表に生き残り、初戦のベルギー戦では本大会における日本代表の初得点を記録して、日本がW杯で初めて勝ち点を得る貴重な同点ゴールを奪取。日本初の決勝トーナメント進出への口火を切った。 ▽W杯での活躍もあり、ヘンク、レッドスターなど海外移籍にも挑戦。その後は横浜F・マリノス、アメリカのポートランド・ティンバーズ、水戸を経て、2015年2月に千葉で現役を退いた。現在は少年サッカーの指導にあたりながら、2018年5月にJFA公認S級コーチライセンスを取得。いずれJリーグもしくは日本代表の指揮官として帰ってくる時がくるかもしれない…。 ※誕生日が同じ主な著名人 デイヴィッド・ホイレット(サッカー選手/カーディフ) フェルナンド・メイラ(元サッカー選手) ユリア・リプニツカヤ(フィギュアスケート選手) ガッツ石松(プロボクサー) おばたのお兄さん(お笑い芸人) 波田陽区(お笑い芸人) 長谷川潤(モデル) 福田萌(タレント) 金子ノブアキ(俳優) アン・ルイス(歌手) 2018.06.05 07:00 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース