内田復帰の鹿島、開始直後に失点も遠藤弾で上海申花とドロー《ACL2018》2018.02.14 21:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽鹿島アントラーズは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018 のグループH第1節で上海申花(中国)をホームに迎え、1-1の引き分けに終わった。

▽昨シーズンのACLでは広州恒大にアウェイゴール差で敗れてラウンド16という鬼門を突破できなかった鹿島は、初戦で中国FAカップを制した上海申花と対戦。初のACL制覇に向けて初戦に臨む鹿島は、新加入の安西が公式戦初先発。さらに8シーズンぶりに鹿島復帰を果たした内田がスタメンに名を連ねた。

▽グアリン、モレーノ、マルティンスを擁する上海申花を相手に、立ち上がりを大事にしたい鹿島だったが、3分にいきなり失点してしまう。左CKをGK曽ヶ端がパンチングするも、ボックス内で拾われ、リー・ポンがシュート。これはクロスバーに助けられた。しかし、こぼれ球を拾ったマルティンスにボックス右外からのクロスを許すと、GK曽ヶ端が再びパンチングを試みるも処理しきれず、モレーノに頭で押し込まれて先制点を許す。

▽出鼻を挫かれた鹿島は12分、敵陣中央やや左からレオ・シルバがロングボールを供給。ボックス右のペドロ・ジュニオールが頭で折り返し、中央の鈴木が左足で反転シュートを放つが、相手DFに当たって決め切ることができない。

▽このまま流れを引き寄せたい鹿島だったが、モレーノの力強いドリブルに内田がやや苦戦し、17分と18分に自陣右サイドを崩されてシュートまで繋げられてしまう。

▽それでも鹿島は時間の経過と共に応戦。30分、ボックス手前でFKを獲得し、キッカーの遠藤が左足で直接狙うも、GKリー・シュアイにパンチングで逃げられる。さらに直後、遠藤からの左CKをニアサイドのペドロ・ジュニオールがフリック。中央の昌子が頭で合わせたが、わずかにゴール左外へと外れてしまう。35分には、内田のクロスから鈴木が頭でゴールを狙うも枠を捉えきれず、0-1のビハインドで試合を折り返す。

▽しかし、鹿島は後半立ち上がりに同点ゴールが生まれる。51分、中央でのパスワークからボックス内に侵攻すると、ボックス付近の混戦から鈴木がシュート。これはGKリー・シュアイがパンチングで防ぐも、詰めていた遠藤が体に当てて押し込み、鹿島が同点に追いつく。

▽待望の同点ゴールを奪った鹿島は、上海申花に反撃を許さず、敵陣への侵攻回数を増加。それでも62分には、グアリンのスルーパスに反応したマルティンスに最終ラインを突破されると、そのままシュートを許す。しかし、シュートは枠の右に外れ、事なきを得る。

▽上海申花は、76分にスルーパスからマルティンスがゴール前右へと走り込みシュート。しかし、ここは守護神GK曽ヶ端が左手一本で弾き、得点を許さない。

▽ヒヤリとする場面を迎えた鹿島は85分、ペドロ・ジュニオールのシュートが相手DFに当たると、そのこぼれ球を途中出場の中村がボックス手前から左足シュート。ゴール左を捉えたものの、GKリー・シュアイのファインセーブに防がれ、勝ち越しとはならない。

▽鹿島はその後、87分にレオ・シルバ、後半アディショナルタイムに内田が惜しい場面を迎えるも決め切ることができず。試合終了間際には上海申花に危ない場面を作られたが、クロスバーに助けられてそのまま試合終了。早い時間帯に失点するも、遠藤弾で追いつき、なんとか勝ち点1を挙げた。

▽21日に行われる次節では、水原三星(韓国)のホームに乗り込む。

鹿島アントラーズ 1-1 上海申花
【鹿島】
遠藤康(後6)
【上海申花】
モレーノ(前3)

コメント

関連ニュース

thumb

豊スタ最多動員の名古屋、今季初3連勝 圧倒的攻撃力で鹿島に勝つ《J1》

▽11日に豊田スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第21節の名古屋グランパス(18位/勝ち点16)vs鹿島アントラーズ(7位/同29)は、ホームの名古屋が4-2で勝利した。 ▽名古屋は、負傷欠場が続いたエドゥアルド・ネットがスターティングメンバーに復帰。対する鹿島は、昌子とクォン・スンテが負傷欠場となり、今夏加入のチョン・スンヒョンと曽ヶ端が引き続きスタメン入りを果たした。 ▽過去の豊田スタジアムで最多4万3579人の観客を集めた試合は、アウェイの鹿島が積極的な入りを見せる。だが、名古屋も前田の切り崩しを軸に反撃。その中で得点源のジョーにボールを多く集めていく。 ▽鹿島は15分、敵陣左サイドでエドゥアルド・ネットの横パスを土居がカットしてショートカウンター。鈴木がその流れから生まれたこぼれ球に反応するが、左足のシュートを枠に飛ばすことができない。 ▽名古屋は27分、前田に決定的なシーン。バイタルエリア中央でジョーの正確なポストプレーに反応した前田がボールを受け、迷いなく左足を振り抜く。だが、惜しくも左ポストの外側に嫌われてしまう。 ▽それでも、33分にエドゥアルド・ネットのプレスからジョーがボールを拾い、ボックス左の前田にパス。リターンパスが相手に当たってこぼれると、これに反応したジョーが右足で沈め、名古屋が先取する。 ▽1点ビハインドの鹿島は47分、エースの鈴木に決定機。敵陣中央からドリブルを仕掛けてボックス内に持ち込み、左足のシュートを放つ。だが、ここは丸山のカバーリングに阻まれ、同点機を逸する。 ▽その直後にも鹿島が攻勢。ボックス右の遠藤がシュートの形に持ち込むが、ここも枠に飛ばせない。だが、50分、鈴木の縦パスに反応した土居がボックス左から左足のシュートを決め、試合を振り出しに戻す。 ▽追いつかれて嫌な空気が漂う名古屋だが、失点直後の51分に再び勝ち越す。ボックス左のスペースでボールを受けた金井がカットインして右足のコントロールショットをゴール右隅に。名古屋が再びリードする。 ▽またも追う展開を強いられた鹿島だが、70分に安部を追い越してボックス右にパスを引き出した西が金井のファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これを鈴木が確実に決め、再び試合をイーブンに戻した。 ▽逃げ切れない展開が続く名古屋だが、81分に三度勝ち越す。ボックス手前から前田が放った左足シュートはGK曽ヶ端に弾かれたが、こぼれ球を拾った金井が右足で狙う。これが決まり、名古屋が3度目のリードを手にする。 ▽さらに、後半アディショナル2分に前田がトドメの一発を決めた名古屋が鹿島の反撃を振り切り、シーズン初の3連勝。名古屋の攻撃力に屈した鹿島は、2試合ぶりの黒星を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 19:57 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島FW鈴木優磨が初のJ1月間MVP!《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは10日、7月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨を選出した。鈴木は初受賞となる。 ▽鈴木は7月に行われた明治安田生命J1リーグ4試合に出場。攻撃の起点になるプレーで多くの得点に絡み、3得点2アシストの活躍を披露した。鈴木のコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。 ◆FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ) 「自分にとって初めてのJ1月間MVPを受賞することができ、とても嬉しく思います。中断期間中のトレーニングのおかげで、今は色々な選手が攻撃に絡み、チームとして得点を奪う形を数多く作ることができています。今回の受賞と自分のゴールはチームメイトあってこそなので、みんなに感謝したいです。これからもアントラーズの勝利に貢献できるプレーを続けていけるよう、全力で頑張ります!」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「4試合出場、3得点、2アシストの活躍で、明治安田生命J1リーグ再開後のチームをけん引。得点、アシストのほか、攻撃の起点になるプレーで多くの得点に絡んだ。左右のサイドからのアタック、ドリブル突破、強烈なシュート、ヘディング、ポストプレーといった多様な攻撃に加え、周囲を活かすうまさも発揮。再開後はシーズン前半と比較して体のキレもあり、これまで得点源だった金崎夢生選手が移籍した穴を埋めるだけでなく、チームの攻撃の要ともいえる活躍を見せている。今後の活躍への期待、多彩なプレーに評価が集まり、月間MVP初受賞となった」 2018.08.10 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、西の土壇場ゴールで3試合ぶり白星! 清水は2度ポスト直撃で連勝「3」でストップ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節の鹿島アントラーズvs清水エスパルスが5日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで7勝5分け7敗で9位に位置する鹿島(勝ち点26)と、8勝3分け7敗で8位につける清水(勝ち点27/1試合未消化)の一戦。前節のFC東京戦を1-2で敗れて5試合ぶりの黒星を喫した鹿島は、その一戦から先発メンバーを6人変更した。町田、三竿、土居らに代えて永木、小笠原、金森らを起用。7月に鳥栖から加入したチョン・スンヒョンが先発に名を連ねて移籍後デビューを飾った。 ▽また、スタメン発表時にはGKクォン・スンテが先発メンバーに名を連ねていたが、ウォーミングアップ中に負傷したため、急遽GK曽ヶ端が務めることとなった。 ▽一方、前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利して3連勝中と好調を維持する清水は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。ミッチェル・デュークに代えて石毛を起用した。また、アジア競技大会に臨むU-21日本代表選出された立田は、右サイドバックで先発している。 ▽IAI日本平スタジアムで行われた開幕節ではゴールレスドローに終わった同カード。試合はホームでの清水戦直近4試合無敗と相性が良い鹿島が押し込む立ち上がりとなるが、清水も集中した入りで跳ね返し続ける。 ▽鹿島にチャンスを作らせない清水は15分、右サイドのドウグラスからパスを受けた金子がボックス右手前から浮き球のクロスを供給。胸トラップでボックス内に侵攻した北川が右足を伸ばしてシュートを放つも、ゴール右外へと外れた。 ▽ピンチを迎えた鹿島もすぐさま反撃。16分、金森が最前線で白崎からボールを奪うと、GKと一対一に。右足を振り抜いたが、GK六反の股を抜くことはできず、先制点とはならなかった。 ▽守護神に助けられた清水は、27分にドウグラス、29分にはファン・ソッコがシュートまで持ち込むも決めきることはできない。 ▽その後は互いに敵陣へと攻め入るも、互いに最後のところでチャンスを作らせず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、両者の攻防は激しくなる。そんな中、清水は54分、ファン・ソッコのスルーパスに反応した北川がボックス右に侵攻。切り返しから左足を振り抜くと、GK曽ヶ端は一歩も動けず。しかし、これが左ポストに嫌われてしまう。 ▽後半半ばに差し掛かると、中盤での奪い合いが激しくなり、互いにシュートまで持ち込めない展開が続く。そんな中、72分に鹿島は金森から土居、清水はドウグラスから長谷川に代えて攻撃の活性化を図る。 ▽すると清水は75分、ボックス手前でのパスワークからボックス中央のミッチェル・デュークがポストプレー。ここは走り込んだ松原とわずかに息が合わなかったが、こぼれたボールをすかさずミッチェル・デュークがシュートを放つ。しかし、これは右ポストに直撃。清水はこの日2度ポストに嫌われ、ゴールを奪うことができない。 ▽後半清水に押し込まれる鹿島は82分、遠藤の左CKを中央の犬飼が頭で合わせるも、枠を捉えることはできず。このまま同点で終わるかに思われたが、試合終了間際に鹿島が決勝ゴールを奪う。後半アディショナルタイム1分、敵陣中央やや右でFKを獲得すると、キッカーの永木がゴール前へのクロスを選択。これをチョン・スンヒョンが競り合い、ゴール前右にこぼれたボールを西がボレーシュートを突き刺した。 ▽このゴールが決勝点となり、鹿島は3試合ぶり白星。一方の清水は連勝が「3」でストップした。 2018.08.05 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨を諦めないポルティモネンセ、契約解除金支払いの意志か

▽ポルトガル『Record』は、ポルティモネンセが鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨(22)の獲得を諦めていないと報じた。 ▽幼少期から鹿島一筋の鈴木は、2015年にトップチーム昇格。プロ4年目の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ19試合に出場してチームトップの7得点を挙げ、今夏のサガン鳥栖移籍を決断した日本代表FW金崎夢生に代わる新たな主砲として存在感を放つ。 ▽その鈴木を巡っては最近、ポルティモネンセの関心が根強い。だが、事前の報道によれば、金崎を失った鹿島はポルティモネンセのオファーを拒否。移籍の実現性は極めて低いとみられるが、ポルティモネンセはその歩みを止める素振りを見せていない模様だ。 ▽伝えられるところによれば、来日中のポルティモネンセ関係者は、良好な関係にある鹿島と依然として交渉を継続。難しいオペレーションであることに変わりはないが、契約解除金を支払う意志を示しているという。 2018.08.04 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷川采配的中のFC東京が“仕上げのリンス”初披露で鹿島に逆転勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第19節の鹿島アントラーズvsFC東京が1日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、アウェイのFC東京が2-1で逆転勝利した。 ▽7位の鹿島と2位のFC東京による強豪対決。前節、下位に沈むガンバ大阪と1-1のドローに終わり連勝がストップした鹿島はその試合から先発2人を変更。内田と永木に代わって西とレオ・シルバを起用した。 ▽一方、前節V・ファーレン長崎に競り負けて10戦ぶりの敗戦を喫したFC東京は、バウンスバックが求められるこの一戦に向けて先発6人を変更。GK大久保、丹羽、太田、大森、橋本、永井に代わってGK林、チャン・ヒョンス、小川、米本、田邉、富樫が先発に入った。なお、森重はこの試合でJ1通算300試合出場を達成した。 ▽開始直後にボックス左に抜け出したFC東京のディエゴ・オリヴェイラが際どいシュートを放つなど、オープンな攻防を予感させる。すると、試合は序盤からゴールの奪い合いとなる。 ▽まずは13分、左サイドのタッチライン際で味方から斜めのパスを受けた安西がカットインからボックス手前でファーポストを狙ってクロス性のミドルシュートを放つ。これが前目の立ち位置を取っていたGK林の頭上を越えてゴール右上隅に決まった。東京ヴェルディ生え抜きの安西はFC東京相手の公式戦初対戦で今季2ゴール目を記録した。 ▽一方、やや不運な形から先手を許したFC東京もすぐさま追いつく。19分、東の縦パスに対してバイタルエリアで屈強なポストワークを見せたディエゴ・オリヴェイラが右サイド深くに走り込む室屋に繋ぐと、室屋がグラウンダーで入れたピンポイントクロスに反応したゴール前密集の富樫がワンタッチで流し込んだ。 ▽20分までに1ゴールずつを奪い合った一戦はその後も激しい攻防に。25分にはボックス手前の好位置で得たFKをキッカーの東が直接狙うと、GKクォン・スンテの手を弾いたボールが右ポストを叩く。さらに昌子不在の相手守備陣に対して優位性を保つディエゴ・オリヴェイラを起点に相手の緩い左サイドの守備を突き、東と室屋のコンビが再三チャンスを創出。一方、鹿島は三竿らのボール奪取からショートカウンターに転じ好調の土居らにチャンスが訪れるも、相手の堅守をこじ開けられない。 ▽1-1のスコアで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。やや中盤が間延びし始めた中でレオ・シルバや鈴木の仕掛けで鹿島がロングカウンターでチャンスを窺う。62分にはボックス手前で得たFKをレオ・シルバが直接狙うも、これはわずかに枠の右に。その後も、鹿島が押し気味に試合を運ぶものの、前半同様に2トップがなかなか仕事をさせてもらえない。 ▽後半も半ばを過ぎると疲労の影響もあり試合はこう着状態に陥る。そして、75分に両チームのベンチが動くと、この選手交代が試合の流れを決めることに。すでに中村に代えて永木を投入していた鹿島は安部に代えて金森を投入。対するFC東京は富樫とディエゴ・オリヴェイラの2トップを下げて永井、リンスを投入する2枚替えを敢行した。 ▽すると77分、右サイドのスペースに出たボールに対してDF犬飼が永井より先にクリアをしようとスライディングを試みるが、これがまさかの空振りに。そして、このボールを拾った永井がボックス右に持ち込んでグラウンダーで折り返すと、ゴール前に飛び込んだリンスがGKより先にワンタッチで流し込んだ。 ▽途中投入の2選手の活躍からリンスに移籍後初ゴールが生まれたFC東京は前がかる鹿島相手にその2トップを生かしたカウンターがハマる。79分には東の絶妙な折り返しからゴール前の永井に絶好機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。 ▽一方、ホームで負けられない鹿島は失点覚悟の前がかりな攻撃で同点を目指すも、なかなか相手の堅守をこじ開けられない。後半アディショナルタイムにはペナルティアーク付近でクリアボールを拾った永木が切り返しでシュートコースを作って左足を振り抜くが、枠の右を捉えたシュートはGK林のビッグセーブに阻まれて万事休す。長谷川監督の采配が完璧に的中したFC東京が富樫とリンスの今季J1初ゴールによって敵地で見事な2-1の逆転勝利を飾った。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">鹿島vsFC東京をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.01 21:31 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース