C大阪と同組の広州恒大はリカルド・グラルのゴールで先制もブリーラムに追いつかれドロー《ACL2018》2018.02.14 20:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018のグループG第1節の広州恒大(中国)vsブリーラム・ユナイテッド(タイ)が行われ、1-1のドローに終わった。

▽中国スーパーリーグ王者の広州恒大と、タイ・リーグ王者のブリーラムの対戦。試合は早々に広州恒大が決定機を作る。

▽試合は1分、左サイドからのクロスをガオ・リンがヘディングで落とすと、ユ・ハンチャオが押し込もうとするも、GKが対応して得点を許さない。

▽それでも16分、リー・シャオペンがボックス左からクロスを上げると、リカルド・グラルがヘディングで合わせて、広州恒大が先制する。

▽1-0で広州恒大がリードして迎えた後半も、広州恒大がペースを握る。49分、リャオ・リシェンがゴール前のFKを直接狙うと、シュートはゴールに向かう。しかし、GKが素晴らしい反応でセーブし、追加点とは行かない。

▽57分、右サイドでFKを得たブリーラムは、コラコットがゴール前にクロス。最後は、こぼれ球をエドガルが押し込み、ブリーラムが同点に追いつく。

▽83分には、右サイドからのクロスを後方から走り込んだディオゴがダイビングヘッド。しかし、シュートはクロスバーに嫌われ逆転ならず。そのまま1-1のドローに終わった。

広州恒大 1-1 ブリーラム・ユナイテッド
【広州恒大】
リカルド・グラル(前16)
【ブリーラム】
エドガル(後12)

コメント

関連ニュース

thumb

ラウンド16の対戦カードが決定! 日本勢連覇の希望である鹿島は上海上港と激突!!《ACL》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は18日、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)2018・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽昨季、浦和レッズが日本勢として9年ぶりの優勝を果たしたACL。今季はJリーグから川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、柏レイソルの4クラブが参加したが、鹿島のみ決勝トーナメントに進出を果たした。 ▽その鹿島は、ラウンド16で昨季ベスト4の上海上港との対戦が決定。今季のグループステージでは、川崎Fと同居のグループFを3勝2分け1敗で首位通過していた。 ▽その他の対戦カードでは、3大会ぶりのACL制覇を目指す広州恒大と天津権健の中国勢対決が実現。また、元日本代表FW豊田陽平の所属する蔚山現代は、水原三星との韓国勢対決となった。今回発表された対戦カードは、以下の通り。 ◆ACL2018・ラウンド16組み合わせ 【東地区】 <span style="font-weight:700;">天津権健(中国) vs 広州恒大(中国) ブリーラム・ユナイテッド(タイ) vs 全北現代(韓国) 蔚山現代(韓国) vs 水原三星(韓国) 鹿島アントラーズ(日本) vs 上海上港(中国)</span> 【西地区】 <span style="font-weight:700;">アル・ジャジーラ(UAE) vs ペルセポリス(イラン) アル・サッド(カタール) vs アル・アハリ(サウジアラビア) ゾブ・アハン(イラン) vs エステグラル(イラン) アル・アイン(UAE) vs アル・ドゥハイル(カタール)</span> 2018.04.19 00:52 Thu
twitterfacebook
thumb

瀬川の移籍後初ゴールも天津権健に打ち負けた柏、わずか1勝で大会を去ることに《ACL》

▽柏レイソルは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループE最終節でアウェイで天津権健と対戦し、2-3で敗れた。 ▽すでにグループステージ敗退が決まっている柏は、控えメンバーを中心に起用。主力組からは中谷やパク・ジョンス、小泉などが先発に名を連ねた。 ▽オープニングシュートは柏。6分に味方の浮き球パスをゴール前で瀬川がダイレクトで合わせたが枠の上に越えてしまう。天津権健も13分、左サイドのクロスをパトが頭で合わせゴールに迫るも、こちらも枠を捉えることができない。 ▽多少押され気味の柏ではあったが、17分にハモン・ロペスがボックス左からゴールに迫るなど隙を見ては効率よく得点を狙いに行く。 ▽だが、試合を動かしたのは天津権健だった。24分、左サイドからのFKをジャオ・シュリが頭で繋ぐとクォン・ギョンウォンの折り返しを自ら押し込んで先制点を奪った。 ▽天津権健は30分にも、再び左サイドを起点にジャオ・シュリがセンタリングからヘディングシュートを放つと、GKが弾いたボールをダイレクトで蹴り込み2点目。柏は6分間で2失点を喫してしまった。 ▽それでも柏は39分、自陣でボールを奪った小泉がカウンターを発動。ハモン・ロペスにボールを預けると、ハモン・ロペスはボックス中央から狙いすましたシュートを放つ。左ポストに跳ね返ったこぼれ球を小泉が押し込んで柏が1点差に詰め寄った。 ▽迎えた後半、柏は瀬川がゴールの左を掠めるシュートを放つなど積極的な入りを見せる。しかし、天津権健に一発で流れを引き留められてしまう。64分、右サイドのチュ・ジンジャオのクロスをヤン・シュウに頭で叩き込まれてしまい再び2点差に。 ▽それでも今日の柏は粘り強さを見せる。69分、敵陣中央から細貝がゴール前へロングボールを放り込むと、今井が頭で折り返す。そこに反応した瀬川が押し込み2-3とした。 ▽その後、試合終盤にかけて押し込んだ柏だったが、同点に追いつくまでには至らず敗戦。3年ぶりのACLはわずか1勝を得るに留まった。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">天津権健 3</span>-2 柏レイソル 【天津権健】 ジャオ・シュリ(前24、前30) ヤン・シュウ(後19) 【柏】 小泉慶(前39) 瀬川祐輔(後24) 2018.04.18 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグ勢の生き残りは鹿島のみ…昨季王者・川崎Fは未勝利で敗退《ACL2018》

▽18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループE~Hの東地区全日程が終了。Jリーグからは川崎フロンターレ、鹿島アントラーズ、セレッソ大阪、柏レイソルの4クラブが参加し、鹿島のみが決勝トーナメントに進出した。 ▽グループEに入った昨シーズンの明治安田生命J1リーグ王者・川崎Fは、6戦3分け3敗と未勝利で最下位に沈んで敗退。また、昨シーズンのJ1リーグで4位に終え、プレーオフを勝ち抜いての本大会出場となった柏は、グループEで6戦1勝1分け4敗と失意のまま姿を消すことになった。 ▽天皇杯王者としてグループGに入ったC大阪は、最終節までグループ突破の可能性を残したものの、敗戦。6戦2勝2分け2敗に終わった。 ▽一方で、昨シーズンのJ1リーグを2位で終えてグループHに振り分けられた鹿島は、6戦2勝3分け1敗と着実に勝ち点を積み重ね、2位で決勝トーナメントに進出。Jリーグ勢で唯一の生き残りとなった。 ◆ACL2018・GS最終結果 勝点(勝/引/負) 【グループE】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1.全北現代 15(5/0/1)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2.天津権健 13(4/1/1)</span> 3.柏 4(1/1/4) 4.傑志 3(1/0/5) 【グループF】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1.上海上港 11(3/2/1)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2.蔚山現代 9(2/3/1/4)</span> 3.メルボルン・ビクトリー 8(2/2/2) 4.川崎F 3(0/3/3) 【グループG】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1.広州恒大 12(3/3/0)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2.ブリーラム 9(2/3/1)</span> 3.C大阪 8(2/2/2) 4.済州ユナイテッド 3(1/0/5) 【グループH】 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1.水原三星 10(3/1/2)</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2.鹿島 9(2/3/1)</span> 3.シドニーFC 6(1/3/2) 4.上海申花 5(0/5/1) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">※決勝トーナメント進出</span> 2018.04.18 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

川崎F、2点先取も追いつかれ未勝利でACL終了…《ACL2018》

▽川崎フロンターレは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループF最終節で蔚山現代(韓国)とホームで対戦し、2-2で引き分けた。 ▽最下位で敗退が決定している川崎Fが、2位蔚山現代(勝ち点8)をホームに迎えた一戦。川崎Fは、0-0で引き分けた直近の明治安田生命J1リーグ第8節ベガルタ仙台戦からスタメンを全員変更し、家長、中村らに代えて齋藤、赤崎らを起用した。また、蔚山現代ではサガン鳥栖から期限付き移籍で加入しているFW豊田陽平らがスタメンに名を連ねた。 ▽試合が始まると、最序盤から川崎Fが試合を動かす。2分、齋藤がドリブルでボックス左に侵攻して放ったシュートは、GKヨ・スー・ヒョクに阻まれたが、こぼれ球に反応した鈴木がネットを揺らした。 ▽さらに25分、ボックス内でボールを受けた鈴木が、GKヨ・スー・ヒョクともつれ合いながらも後方に繋ぐ。しかし、こぼれ球に詰めた登里が枠に飛ばせば得点というシーンで外してしまい、追加点とはならない。 ▽43分、ボックス手前でやや右でボールを受けた長谷川が、左足で巻くようにファーを狙う。シュートは相手DFに当たって軌道が変わり、良い時間での加点に成功する。リードで折り返した試合、川崎Fは後半に入ると立て続けに失点を喫する。 ▽47分、右CKの場面でファーのチョン・ジェヨンが中央に折り返す。飛び込んだパク・ヨンウが押し込みスコアは1点差に。さらに50分、ボックス左でボールを拾ったイ・ヨンジェが右足を振り抜く。鋭いシュートがゴール右隅を捉え、あっという間にスコアをイーブンに戻した。 ▽その後、一進一退の攻防が続いたものの、両クラブともに決勝点を決め切ることはできず。結局、2-2のスコアのまま試合が終了。この結果、川崎Fは2点を追いつかれ、ACLを未勝利で終えることとなった。 2018.04.18 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

若きC大阪、広州恒大に及ばず無念の敗退…《ACL2018》

▽セレッソ大阪は17日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG最終節で広州恒大(中国)のホームに乗り込み、1-3で敗北。この結果、C大阪の敗退、広州恒大の首位通過が決まった。 ▽2位のC大阪(勝ち点8)が、首位の広州恒大(勝ち点9)と首位でのグループリーグ突破をかけて争った一戦。C大阪は3位ブリーラム(勝ち点6)に負け越しているため、引き分け以下で敗退の可能性もある首位攻防となった。 ▽C大阪は、1-0で勝利した直近の明治安田生命J1リーグ第8節から西本以外のスタメン10名を変更。柿谷、杉本らに代えて、ヤン・ドンヒョン、山村らを起用した。 ▽試合の立ち上がりから、広州恒大が猛攻をしかける。2分、ボックス手前中央でボールを持ったグデリが、豪快に右足を振り抜く。ボールは枠を捉えなかったが、積極的にシュートを浴びせていく。 ▽6分、リー・シャオペンの縦パスをボックス内で受けたファン・ボーウェンが、ボックス内でワントラップし、マークに付いていたC大阪DFをはがす。そのまま左足を振り抜き、ネットを揺らした。 ▽それでも、C大阪は直後に反撃に出る。カウンターの場面でピッチ中央付近の山田が、最終ラインの裏に抜け出す福満にラストパスを供給。GKゾン・チョンとの一対一を迎えた福満がドリブルでかわし、無人のゴールに流し込んだ。 ▽25分、リー・シャオペンが左サイドを突破し、中央に折り返す。しかし、ジェン・ロンが合わせたシュートは舟木が身体でブロック。多くのタレントを抱える相手に押し込まれつつも、最後の場面で集中した守備を披露する。 ▽39分、今度はC大阪にビッグチャンスが訪れる。再びカウンターの場面で、ボックス手前のヤン・ドンヒョンが裏に走る山田にスルーパスを送る。しかし、一対一ではGKゾン・チョンに軍配が上がり、右足で放ったシュートは逆転弾にはならない。 ▽さらに、前半終了間際の44分には左サイドから片山が得意のロングスローを入れる。ボックス内のヤン・ドンヒョンのヘディングシュートはバーに阻まれたが、広州恒大のゴールを脅かしていく。 ▽折り返しを迎えた試合、広州恒大はハーフタイム中にグラルに代えてリャオ・リシェンを起用。C大阪のカウンターを警戒するようなカードを切った。 ▽49分、ボックス左に侵攻したヤン・ドンヒョンに厳しいチェックがかかり、ボックス内に混戦がもたらされる。こぼれ球に反応した福満がシュートを放ったが、うまくミートさせられずに得点には繋がらなかった。 ▽C大阪にとって良い時間が続いたが57分、広州恒大が右CKを獲得。ジェン・ロンのクロスに合わせたガオ・リンのシュートをアランがGK丹野の眼前で収め、左足を振り抜く。これが決まり、広州恒大は再びリードを得ることとなった。 ▽65分、C大阪に決定機が訪れる。ボックス手前でボールを持った田中が、ドリブルで侵攻。ボックス左で前に出たGKゾン・チョンと交錯して倒れたかに思われたが、PKの判定にはならず。シュートも放つことができず、スコアをイーブンに戻すことは叶わない。 ▽前がかりになるC大阪に対して、広州恒大はカウンター狙いにシフト。76分にはボックス手前左のグデリが、右足でミドルシュートを狙う。枠を捉えた強烈なシュートはGK丹野が攻守で阻んだが、C大阪はなかなか流れを引き寄せることができない。 ▽86分には、またしてもアランがC大阪ゴールに襲い掛かる。ボックス右のユー・ハンチャオがボールをキープし、中央に折り返す。アランが右足でダイレクトシュートを放ち、自身のこの日2得点目とした。 ▽結局、3-1のスコアで試合が終了。同時刻開催となった同組の済州ユナイテッドFC(韓国)vsブリーラム(タイ)では1-0でブリーラムが勝利したため、セレッソ大阪の敗退。広州恒大の首位通過が確定した。 広州恒大 3-1 セレッソ大阪 【広州恒大】 フアン・ボーウェン(前6) アラン(後12) アラン(後42) 【C大阪】 福満隆貴(前10) ▽グループGの済州ユナイテッドFC(韓国)vsブリーラム(タイ)では、55分にブリーラムのコラコットが先制点を記録。結局、この1点を守り抜いたブリーラムが1-0で勝利。この結果、ブリーラムの2位での決勝トーナメント進出が確定した。 済州ユナイテッドFC 0-1 ブリーラム 【ブリーラム】 コラコット(後10) 2018.04.17 22:10 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース