横浜FC、新キャプテンにMF佐藤謙介! キング・カズは副キャプテンを外れる2018.02.14 17:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜FCは14日、2018シーズンにおけるキャプテンと副キャプテンを発表した。

▽今年クラブ創設20周年のメモリアルを迎え、悲願のJ1昇格を目指す横浜FCは、キャプテンにMF佐藤謙介が就任。副キャプテンは元日本代表GK南雄太、FWイバ、MF中里崇宏、MF野村直輝が務める。また、これにより、2015年から3年連続で副キャプテンを務めていた元日本代表FW三浦知良が外れることとなった。

▽キャプテンに就任した佐藤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆MF佐藤謙介
「2018シーズンもキャプテンを務める事となりました。昨年果たすことができなかったJ1昇格という目標を、チーム創設20周年という節目の年に達成できるよう、全力でチームを引っ張っていきたいと思います。選手、スタッフ、サポーター、全ての横浜FCに関わる人と共に1年間どんな時も戦っていければと思います。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

昨季限りで横浜FCを退団したDF小宮山尊信が自身のSNSで現役引退を発表…神奈川3クラブでプレー

▽昨シーズン限りで横浜FCを退団したDF小宮山尊信(33)は22日、自身の『instagram』を通じて現役引退を発表した。 ▽千葉県出身の小宮山は、順天堂大学在学中の2006年に特別指定選手として横浜F・マリノスに登録されると、2007年に正式加入。横浜FMでは、2007年から2009年までウイングバックのレギュラーとして活躍し、2009年12月に同県内に本拠地を置く川崎フロンターレに完全移籍。 ▽川崎Fとの契約満了に伴い、2017年からは横浜FCに加入。横浜FCでは、明治安田生命J2リーグで25試合に出場していたが、昨シーズン限りで契約を満了し退団していた。 ▽小宮山は、自身の『instagram』を通じて、以下のようなコメントを残している。 「この度現役を引退する決断を致しました。振り返ると本当に幸せな時間だったなぁとつくづく思います。これまで支えていただいた方々や仲間、一人一人との思い出が浮かび上がり、感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。どんな時も自分を応援し最後の最後まで信じ続けてくれたサポーターにも心から感謝しています。全ての方のおかげでここまで走りきることができました」 「引退を決めてから、たくさんの事が楽になりましたが、今はまだ、それを寂しく思います。でも次の目標にワクワクしている自分もいます。新しい道に進みますが、サッカーで培ってきた精神を生かし、一歩一歩進んで行きます!今まで本当にありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします!!」 [写真は川崎フロンターレ時代] 2018.02.22 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ギネス世界記録認定のキング・カズ、さらなる記録更新へ「これが最終的なものになるのは嫌だ」

▽15日、横浜FCのFW三浦知良がギネス世界記録に認定されたことが発表された。 ▽今回三浦が認定されたギネス世界記録は、「Oldest professional football player to score a competitive league goal」というもの。リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手として表彰され、三浦が2017年3月12日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節のザスパクサツ群馬戦で決めたゴールが認定された。当時50歳と14日だった。 ▽ギネスに認定された三浦はギネス世界記録認定セレモニー後に出席したDAZN 2018 キャンペーン発表会後にインタビューに応対。「光栄に思う」と語りつつも「これが最終的なものになるのは嫌だ」とさらなる記録更新に意気込んだ。 ──改めて今のお気持ちは 「ギネスに認定されるということは意識していなかったです。そこに自分の名前やあの得点が載るということも考えていなかったので光栄に思います。ただ、すぐに破られる記録だと思います」 ──ギネス認定を初めて聞いたときは 「この記録で自分自身が終わりたくないという気持ちもあったので、認定される意味合いとして最終的なものになってしまうのは嫌だなと思いました。そこに自分がどのように受け入れるかというのはありましたけど、一つの評価として残ることは良いことだと思いました。自分自身がこの記録を破るという気持ちで良いなと思ったので、最初に認定の話を頂いたときはそのような気持ちになりました」 ──この記録を抜くのはカズさんご自身だと思いますが、どこまで伸ばしていきたいか 「まずは25日からJ2リーグが開幕するので、1試合1試合目の前にある試合でゴールを挙げることが目標です。そこで新たな記録が生まれれば良いなと思いますし、そうでなければそこを目標に続けていくことも大事だと思います」 ──コンディションはどうか 「コンディションは良いと思います」 ──DAZN 2018 キャンペーン発表会では、小学生の時にDAZNがあったらという質問に「ブラジルに行きましたけど、また違う選択肢がもしかしたらあったかもしれない」と言っていたが、選択肢としてどういったところがあるか? 「いや、ブラジルに行くと思います(笑)」 2018.02.16 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“キングカズ”の最年長ゴールがギネス世界記録に認定!

▽15日、横浜FCのFW三浦知良がギネス世界記録に認定されたことが発表された。 ▽今回三浦が認定されたギネス世界記録は、「Oldest professional football player to score a competitive league goal」というもの。リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手として表彰され、三浦が2017年3月12日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節のザスパクサツ群馬戦で決めたゴールが認定された。当時50歳と14日だった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20180215_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽15日に行われた2018 Jリーグキックオフカンファレンス内で、三浦のギネス世界記録認定セレモニーが実施。三浦は今回の記録認定についてコメントしている。 「こういったギネスという、僕自身はそれほど意識したことはなかったですが、皆さんにこういった形でこの場で受賞できて本当に光栄に思います」 2018.02.15 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「…守る。…削る」 “ポーランドを知る男”松井大輔、ハリル・ジャパンにアドバイス

▽今年から横浜FCでプレーする元日本代表MF松井大輔(36)が23日、加入記者会見場にて、今夏にロシア・ワールドカップを控える日本代表の後輩たちにアドバイスを送った。 ▽6大会連続6度目のワールドカップ出場となる日本代表は、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を目指して、グループステージでコロンビア代表、セネガル代表、ポーランド代表と対戦する。 ▽そのグループステージ最終戦の相手は、ポーランド。ワールドクラスの点取り屋として名を馳せるバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキら実力者を擁する強敵だ。 ▽昨シーズンまでそのポーランド2部に属するオドラ・オポーレに身を置き、かつて同1部のレヒア・グダニスクでもプレーした松井。「ポーランド戦必勝の鍵」について問われると次のように応えた。 「…守る(笑) …削る(笑) まあ、レヴァンドフスキとサイドの選手がすごく良いので、あそこをうまく抑えることが大切になってくる。あとは先制点が一番大事。でも、3戦目ということもあって、前の2戦次第で引き分けで良いのか、勝たないといけないのか、戦い方も変わってくる」 2018.01.23 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

J復帰決断の松井大輔が赤裸々 後押ししたカズの言葉、そしてカズという存在

▽元日本代表MF松井大輔(36)が23日、新天地となる横浜FCのクラブハウスにて、加入記者会見に出席した。 ▽ポーランド2部のオドラ・オポーレからの加入となる松井はジュビロ磐田所属の昨年8月以来、約5カ月ぶりのJリーグ復帰。半年間での欧州再挑戦からJリーグ復帰に心を動かした存在として、51歳にして未だ現役を続ける横浜FCの元日本代表FW三浦知良の名前を挙げ、加入を決めた当時の心境やオファーのタイミング、チーム内での役割について話した。 <span style="font-weight:700;">──現在のコンディションについて</span> 「(これまでも)動いていたし、徐々に(コンディションを)上げていければ。2月の後半に合わせていきたい」 <span style="font-weight:700;">──オファーを受けたタイミングについて</span> 「1月の頭ぐらい。(オファーを受けるかどうか)悩んだ。向こうでやりたかったというのがあったし、色々な問題もあった」 <span style="font-weight:700;">──横浜FC加入を後押ししたものとは</span> 「やっぱりカズさん。話もさせてもらったし、相談もさせてもらった。それで決めた。『最後は自分で決めることだから』と」 <span style="font-weight:700;">──(京都パープルサンガ時代の)18年前に三浦選手からもらった金言はあるか</span> 「ずっと背中で語ってくれる方。それを見ているだけでお手本になる。そういうところを見習っていきたい」 「あの年齢でも現役をやっていらっしゃる選手はなかなかいない。あそこまでストイックにやっていくのは難しいことだと思う」 <span style="font-weight:700;">──横浜FCでのプレーヤーとしての役割について</span> 「まだわからない。監督と話しながら、どういうところで起用されるのかを模索していきたい」 <span style="font-weight:700;">──チームのスタイルにおける印象について</span> 「イバがいて、サイドも速かったり、センタリングも良い印象。何回か見たけど、良いサッカーをしていると思う」 「あとは、(奥寺康彦)会長も言っていた“もうちょっと”の部分がメンタル的なところなのかわからないので、入ってから考えてみたい」 2018.01.23 19:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース