浦和や岡山でプレーしたDF近藤徹志が現役引退を発表!「岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが…」2018.02.14 16:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ファジアーノ岡山は14日、昨シーズン限りで契約満了となったDF近藤徹志(31)が現役引退することを発表した。

▽東福岡高校出身の近藤は、2005年に浦和レッズへ入団。同年6月に行われたナビスコカップ(現ルヴァンカップ)の大宮アルディージャ戦でプロデビューを飾ったが、開始5分で左ヒザ十字じん帯断裂の重傷を負った。復帰後は出場機会を求め愛媛FCにレンタル移籍で加入すると守備の要として活躍。

▽愛媛での活躍を認められ、2008年に浦和に復帰した近藤だったが、浦和では出場機会に恵まれず、2010年に岡山へ完全移籍。昨シーズンはカターレ富山にレンタルで加入したが、契約満了に伴い、退団が決まっていた。

▽キャリア通算はJ2リーグ148試合6ゴール、J3リーグ4試合、天皇杯9試合1ゴールを記録。12年間のプロキャリアに終止符を打つことを決断した近藤は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。

「このたび、2017シーズンで現役を引退することを決めました。育成年代で、わかばFC、東福岡高校。プロになってからは浦和レッズ、愛媛FC、ファジアーノ岡山、カターレ富山に在籍させてもらいました。若い頃から怪我が多く、サッカーができない時間は悔しく、本当に苦しいものでした。それでも周りのたくさんの方々の支えで、なんとか13年間プレーすることができました。全てのクラブに共通して、素晴らしい監督、コーチ、チームスタッフ、選手、サポーター、クラブスタッフ、その他クラブに関わる多くの皆さんがいて、その方々の期待を背負ってプレーすることは、何ものにも代え難いものでした」

「在籍した全てのクラブに感謝の気持ちでいっぱいですが、中でも2010年から7年半在籍したファジアーノ岡山には特別な思いがあります。加入当時は、まだJリーグ加盟2年目でクラブハウスもなく下位争いをしていましたが、多くの皆さんの力で成績、クラブの規模が年々大きくなっていく中でクラブと共に成長させていただきました。そして影山監督、長澤監督という2人の監督の下でプレーできたことも素晴らしい経験になりました。この先、間違いなくさらに大きくなっていくファジアーノの歴史の一部になれたことが何より嬉しいです」

「今後についても、ありがたいことにファジアーノ岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが、サッカー選手以外、社会人としての経験が無い自分自身がクラブに対して御恩をお返しできることは現状何も無いのではないかと思い、地元福岡の一般企業に就職することを決めました。アルバイトもしたことの無い自分に何ができるか、不安でいっぱいですが、これまでの経験を糧に一から学んで、またいつの日かクラブに貢献できる人間になりたいと思っていますので、また何かの形でみなさんにお会いできる日を楽しみしています。13年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

群馬がデュッセルドルフからMF金城ジャスティン俊樹を獲得

▽ザスパクサツ群馬は17日、フォルトゥナ・デュッセルドルフからMF金城ジャスティン俊樹(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「15」を背負う。 ▽沖縄県出身の金城は、JFAアカデミー福島から2015年1月に1860ミュンヘンのU-19チームへと移籍。2015年8月にセカンドチームへと昇格。2016年1月からデュッセルドルフでプレーしていた。 ▽昨シーズンは日本代表MF原口元気やMF宇佐美貴史らとプレー。ブンデスリーガ2部では1試合に出場していた。金城はクラブを通じてコメントしている。 「ザスパクサツ群馬に加入することになりました、金城ジャスティン俊樹です。J2昇格できるように、残りのシーズン、チームに貢献できるように頑張ります」 2018.08.17 20:55 Fri
twitterfacebook
thumb

シンガポール人初のJリーガー誕生! 松本、同国代表DFアンダース・アプリンを期限付き移籍で獲得

▽松本山雅FCは17日、シンガポールプレミアリーグのゲイラン・インターナショナルFCからシンガポール代表DFアンダース・アプリン(27)を期限付き移籍で獲得したことを発表。移籍期間は2019年1月1日まで。背番号は「27」に決定している。 ▽アンダース・アプリンは、2018年3月にシンガポール代表デビュー。今シーズンはシンガポールプレミアリーグで8試合1ゴールを記録している。なお、松本山雅とゲイラン・インターナショナルFCは、業務提携を結んでおり、今回の移籍により同選手が初のシンガポール人Jリーガーとなった。 ▽松本への期限付き移籍が決定したアンダース・アプリンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「松本山雅FCに加入する機会を頂き大変感謝しています。日本のサッカーのレベルはとても高く、アジアの中でもトップクラスです。また、シンガポール人初のJリーガーになることができて、とても嬉しく思います。これからの挑戦を楽しみにしていますし、全力を尽くします」 2018.08.17 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎F、MFカイオ・セザールが完全移籍加入 背番号は「44」

▽川崎フロンターレは17日、トンベンセ(ブラジル)に所属するMFカイオ・セザール(23)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2018年8月7日〜2019年1月1日まで。背番号は「44」に決定した。 ▽カイオ・セザールは身長193cmのボランチやトップ下、サイドハーフといった複数ポジションでこなせるMF。川崎F加入決定を受け、次のようにコメントしている。 「川崎フロンターレという素晴らしいクラブでプレーをする機会をいただけたこと、すごく嬉しく思っています。とにかくクラブのため、サポーターの皆さんのために自分は精一杯プレーしますので、皆さんと一緒に成長していけたらいいなと思っています。よろしくお願いします」 ▽川崎Fは現在、明治安田生命J1リーグ12勝4分け5敗の2位。19日に行われる次節、首位に立つサンフレッチェ広島とのアウェイゲームに臨む。 2018.08.17 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸MF佐々木大樹のパルメイラス移籍が決定 期間は2019年7月31日

▽ヴィッセル神戸は17日、MF佐々木大樹(18)がパルメイラス(ブラジル)に期限付き移籍することを発表した。籍間は2019年7月31日までとなる。 ▽神戸U-18出身の佐々木は今シーズンからトップチームに昇格。4月にJ1デビューを飾るなど6試合1得点を記録しているほか、Jリーグカップでも4試合1得点の成績も収めている。 ▽武者修行先としてブラジルの名門行きを決断した佐々木は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ブラジルのパルメイラスに期限付き移籍をすることになりました。サッカーの本場、ブラジルでチャレンジできることに、とてもワクワクしています。初めての海外生活になりますが、より逞しく、より成長した姿をファン・サポーターの皆さまに見せられるように、全力でチャレンジしてきます。また、ヴィッセル神戸のU-18に加入して約3年半お世話になった全ての人に感謝したいです。引き続き、佐々木大樹を宜しくお願いします」 ▽ルイス・フェリペ・スコラーリ監督が指揮を執るパルメイラスは、国内リーグ優勝9度の優勝を誇るブラジルの名門。日本選手の加入は初となる。 2018.08.17 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

今季琉球入りのFWカルボンが契約解除

▽FC琉球は17日、ノルウェー人FWカルボン(25)の契約解除を発表した。 ▽カルボンは今年、琉球に加入。今シーズンのここまで明治安田生命J3リーグ4試合に出場しているが、5月29日から治療で一時帰国を強いられ、出番がなかった。退団を受け、次のようにコメントしている。 「FC琉球がJ2昇格に向けて一丸となっている最中、退団することになり残念に思います。FC琉球の躍進とJ2昇格を成し遂げることを祈っております」 2018.08.17 10:35 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース