浦和や岡山でプレーしたDF近藤徹志が現役引退を発表!「岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが…」2018.02.14 16:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ファジアーノ岡山は14日、昨シーズン限りで契約満了となったDF近藤徹志(31)が現役引退することを発表した。

▽東福岡高校出身の近藤は、2005年に浦和レッズへ入団。同年6月に行われたナビスコカップ(現ルヴァンカップ)の大宮アルディージャ戦でプロデビューを飾ったが、開始5分で左ヒザ十字じん帯断裂の重傷を負った。復帰後は出場機会を求め愛媛FCにレンタル移籍で加入すると守備の要として活躍。

▽愛媛での活躍を認められ、2008年に浦和に復帰した近藤だったが、浦和では出場機会に恵まれず、2010年に岡山へ完全移籍。昨シーズンはカターレ富山にレンタルで加入したが、契約満了に伴い、退団が決まっていた。

▽キャリア通算はJ2リーグ148試合6ゴール、J3リーグ4試合、天皇杯9試合1ゴールを記録。12年間のプロキャリアに終止符を打つことを決断した近藤は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。

「このたび、2017シーズンで現役を引退することを決めました。育成年代で、わかばFC、東福岡高校。プロになってからは浦和レッズ、愛媛FC、ファジアーノ岡山、カターレ富山に在籍させてもらいました。若い頃から怪我が多く、サッカーができない時間は悔しく、本当に苦しいものでした。それでも周りのたくさんの方々の支えで、なんとか13年間プレーすることができました。全てのクラブに共通して、素晴らしい監督、コーチ、チームスタッフ、選手、サポーター、クラブスタッフ、その他クラブに関わる多くの皆さんがいて、その方々の期待を背負ってプレーすることは、何ものにも代え難いものでした」

「在籍した全てのクラブに感謝の気持ちでいっぱいですが、中でも2010年から7年半在籍したファジアーノ岡山には特別な思いがあります。加入当時は、まだJリーグ加盟2年目でクラブハウスもなく下位争いをしていましたが、多くの皆さんの力で成績、クラブの規模が年々大きくなっていく中でクラブと共に成長させていただきました。そして影山監督、長澤監督という2人の監督の下でプレーできたことも素晴らしい経験になりました。この先、間違いなくさらに大きくなっていくファジアーノの歴史の一部になれたことが何より嬉しいです」

「今後についても、ありがたいことにファジアーノ岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが、サッカー選手以外、社会人としての経験が無い自分自身がクラブに対して御恩をお返しできることは現状何も無いのではないかと思い、地元福岡の一般企業に就職することを決めました。アルバイトもしたことの無い自分に何ができるか、不安でいっぱいですが、これまでの経験を糧に一から学んで、またいつの日かクラブに貢献できる人間になりたいと思っていますので、また何かの形でみなさんにお会いできる日を楽しみしています。13年間、本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

大分の本拠地が名称変更 3月1日から「大分銀行ドーム」→「昭和電工ドーム大分」に

Jリーグは24日、大分トリニータがホームスタジアムの名称変更を発表した。 大分トリニータが使用している大分スポーツ公園総合競技場は現在、大分銀行ドームの名称が使われている。しかし今回、昭和電工株式会社との施設命名権契約締結に伴い、昭和電工ドーム大分に変更されることとなった。期間は2019年3月から2024年2月まで。新たな略称は“昭和電ド”となる。 2019.01.24 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

水戸退団のMF元田龍矢、四国の高知ユナイテッドSCに入団決定

水戸ホーリーホックは24日、昨シーズン限りで契約満了となっていたMF元田龍矢(24)の移籍先が四国リーグの高知ユナイテッドSCに決定したことを発表した。 元田は2017年に高知大学から水戸ホーリーホックに入団。昨シーズンは途中にヴァンラーレ八戸に期限付き移籍で加入し、JFLに6試合出場した。 高知への加入が決定した元田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「はじめまして。元田龍矢です。高知県には大学生の時からご縁があり、このチームの力になりたいと心から思っています。僕一人の力は微力ですが、ファン・サポーターの皆さん、スポンサーの皆さん、チーム関係者そしてチームメイト、全員で力を合わせてこのチームのため、高知県の為にがんばりましょう。暖かく迎え入れていただけると嬉しいです。応援よろしくお願いします」 2019.01.24 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府退団のMF瀬戸貴幸が再び欧州へ! ラトビアのFK RFSに加入

2018シーズン限りでヴァンフォーレ甲府を退団していたMF瀬戸貴幸(32)が、ラトビアリーグのFK RFSでプレーすることを発表した。自身のツイッター(@takayuki8seto)で明かした。 瀬戸は、愛知県出身で県立熱田高校からJリーグを経由せずに海外に挑戦。2007年7月に当時ルーマニア3部のFCプロイェシュティ(現在のアストラ・ジュルジュ)に入団。チームの中心選手として3部の優勝を果たすと、翌シーズンには2部で2位となり、1部昇格を果たした。 その後もチームの中心選手として活躍すると2013-14シーズンにはヨーロッパリーグにも出場。リーグ優勝なども経験していた。2015年8月に、トルコ・スーパーリーグのオスマンルシュポルへと移籍したものの出場機会はなし。2017年8月にアストラに復帰し、2018年8月に甲府へと入団し、初のJリーグ挑戦となった。 自身初のJリーグ挑戦となったが、甲府では明治安田生命J2リーグで1試合の出場にとどまっていた。そして、今回再びヨーロッパに活躍の舞台を移すこととなった。 瀬戸は自身のツイッターで移籍先決定を報告。リーグチャンピオンを目指すと意気込んだ。 「ラトヴィアリーグのFK RFSでプレーすることになりました!この移籍に関わってくれた全ての方々に感謝しています」 「新しい国、言葉、文化、サッカーは自分が人間としても選手としてもさらに成長できると思います」 「このチームでリーグチャンピオンを目指して頑張ります。応援よろしくお願いします!」 FK RFSはラトビア1部のヴィルスリーガに所属。シーズンは4月から11月にかけて行われ、2018シーズンは3位で終え、2019-20シーズンのヨーロッパリーグ予選1回戦の出場権を獲得している。 2019.01.24 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

藤枝退団MF柿木亮介、移籍先はおこしやす京都ACに

藤枝MYFCは24日、昨シーズン限りで退団したMF柿木亮介(27)の移籍先が関西サッカーリーグ1部のおこしやす京都ACに決定したことを発表した。 柿木は、2016年にガイナーレ鳥取から藤枝MYFCに完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに1試合出場していた。 移籍先が決定した柿木は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆おこしやす京都AC 「藤枝MYFCから移籍してきました柿木亮介です。チームの目的であるJFL昇格に向けてチームの為に走ります!応援よろしくお願いします!」 2019.01.24 14:04 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋がMF深堀隼平のポルトガル移籍を発表! 「『やってやるぞ!』という気持ち」

名古屋グランパスは24日、MF深堀隼平(20)がポルトガル1部リーグのヴィトーリア・ギマラエスに期限付き移籍することを発表した。 ヴィトーリア・ギマラエスは、1年間半の期限付き移籍を発表したが、名古屋によると、移籍期間は2019年7月31日までとなっている。 名古屋下部組織出身の深堀は、2017年にトップチーム昇格。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに4試合出場。YBCルヴァンカップでは4試合2得点1アシスト、天皇杯では2試合1得点を記録した。 ヴィトーリア・ギマラエスへの移籍が決定した深堀は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕自身これから先のことを見据えて、今自分がどうしたいかを考えて決断しました。海外でプレーする不安もありますが、それ以上に「やってやるぞ!」という気持ちが今は強いです」 「誰もが出来る経験ではないですし、このようなチャンスを与えていただいた以上、思い切ってチャレンジして自分の武器にさらに磨きをかけたいと思います。生まれ育った名古屋からは一旦は離れますがグランパスを心の底から応援しています」 「皆さんに頑張っている姿を届けられるよう頑張るので、応援していただけたら幸いです。サッカー選手として活躍している姿を見せることでクラブに少しでも恩返しが出来ればと思います。行ってきます!」 ヴィトーリア・ギマラエスによると、深堀はBチームからのスタートとなるようだ。 2019.01.24 12:55 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース