群馬退団のFW盛田剛平が現役引退…古巣浦和のハートフルクラブコーチに2018.02.14 15:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザスパクサツ群馬は14日、FW盛田剛平(41)の現役引退および浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任したことを発表した。

▽盛田は駒澤大学から1999年に浦和レッズに入団。その後、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、大宮アルディージャ、サンフレッチェ広島、ヴァンフォーレ甲府と渡り歩き、2017年に群馬に活躍の場を移したが、2017シーズン限りでの退団が決定していた。

▽キャリア通算でJ1リーグ231試合13得点、J2リーグ144試合16得点を記録。昨シーズン限りで現役生活にピリオドを打つ盛田は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「アマチュアで何歳になっても現役でプレーされてる方は沢山いるので、これからもサッカーを続けていく僕としては引退という言葉がふさわしいのかわかりませんが、プロサッカー選手、Jリーガーというくくりでは、とりあえず、一区切りといったころなんでしょうか。19年もの間、毎日ボール蹴って、お金がもらえるなんて、ほんと幸せな生活でした。多分、これからもっと実感するんだなと思います。ほんと応援してくれた皆さんには感謝しかありません。こんなにプレーに魅力のない選手にずっと温かい声をかけて頂きありがとうございました」

「いろんなポジションをして、なんとかあきらめず食らいついてきたこのチャレンジ精神をセカンドキャリアでも生かしていきたいと思います。あ、でもラーメン師範としては現役続行です、これからも日々、ラーメン探究し続けていきますよ。プロサッカー選手として海外でやれなかったので、いつかラーメン屋で海外進出するのが、僕のセカンドキャリアでの目標です。国内なら、所属したチームのホームタウンには出したいかな。出店した際はぜひ皆さん、食べに来てください。以上!!」

▽また、同日に浦和レッズが盛田の浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任を発表。盛田は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「今まで応援してくださったみなさま、ありがとうございました。セカンドキャリアでやりたいことがたくさんあったのですが、その一つが『浦和レッズハートフルクラブで指導すること』でした。指導者としてたくさんのことを学び、そして自分の経験を子供たちに伝えていければと思っています。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

東先制弾も槙野が同点弾! 長谷川新体制FC東京とACL王者浦和の開幕戦はドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ開幕節のFC東京vs浦和レッズが24日に味の素スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前ガンバ大阪指揮官の長谷川健太監督を今季から招へいした昨季のJ1で13位のFC東京と、昨季7位に終わるもACLで10年ぶり2度目の優勝を果たしたアジア王者による2018シーズン開幕節。 ▽FC東京はこの開幕戦に向けてGKに林、最終ラインは室屋、森重、太田とキャプテンのチャン・ヒョンス昨季主力を並べ、中盤は米本と高萩の2センターに、東とヴィッセル神戸からの新戦力である大森を起用。2トップは前田と柏レイソルからの新戦力ディエゴ・オリヴェイラが並び、16歳の大器・久保はベンチスタートとなった。 ▽一方、堀体制2年目の浦和はGKに西川、最終ラインに遠藤、マウリシオ、槙野、宇賀神と昨季の主力を起用。[4-1-4-1]の中盤ではアンカーに青木、インサイドハーフに新キャプテンの柏木、長澤、ウイングに武藤と横浜F・マリノスからの新戦力マルティノスが入り、1トップは7年連続2ケタ得点を目指す興梠が務めた。 ▽両チームのサポーターが多く駆け付けた注目の開幕戦。互いにやや慎重な入りを見せたものの、時間の経過と共にボールポゼッションで勝るアウェイチームがボールを保持して押し込む展開に。中央を締めるホームチームに対して、サイドで数的優位を作りながらチャンスを窺う浦和は10分、ペナルティアーク付近で柏木が左足を振り抜くが、このファーストシュートはGK林にがっちりとキャッチされる。 ▽すると直後の11分にはアクシデントが発生。ロングボールに反応したディエゴ・オリヴェイラが最終ラインの裏へ抜け出しかかると、ボックス外に飛び出してきたGK西川と交錯。西川はボールに触れておらず、あわや決定機阻止で一発レッドという可能性もあったが、主審はプレーを流して事なきを得た。 ▽それでも、このプレーをキッカケにFC東京がより前から圧力をかけ始めたことで試合はここから拮抗した展開に。相変らず浦和がボールを保持する時間が続くも、徹底的にスペースを消すホームチームを前になかなか中央を割れず、空中戦に強さを見せる相手守備に対して可能性の低いクロスで攻撃を終える場面が目立つ。 ▽一方のFC東京は粘り強い守備とディエゴ・オリヴェイラの強さを生かしたポストプレーが機能する一方、中盤やサイドバックの押し上げが遅くなかなか決定機を作れない。結局、互いに見せ場を欠くクローズな展開が目立った前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、試合はいきなり動く。48分、中盤に下りてクサビを受けた前田が粘って落とすと、これを高萩が見事なダイレクトスルーパス。これに反応した東がDF槙野に寄せられながらもボックス内まで持ち込み、DF宇賀神がカバーに入る直前で右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽この試合、最初に与えた決定機を決められて先制を許した浦和だったが、得意のセットプレーですぐさま追いつく。50分、左CKの場面でキッカーの柏木が左足でアウトスウィングのボールを入れると、DFチャン・ヒョンスとのポジション争いを制した槙野が体勢を崩しながらも右足で流し込んだ。 ▽1-1のイーブンに戻った試合はここからヒートアップしていく。61分には追いついて勢い付く浦和がマルティノスの左クロスをファーの武藤が頭で折り返し、これをゴール前の興梠がワンタッチシュートで枠の右隅に飛ばすが、GK林の好守に遭う。直後には柏木の右CKから再び槙野に決定機もヘディングシュートは枠の上に外れる。 ▽その後も浦和ペースで試合が進んでいく中、攻撃に変化を加えたいアウェイチームは64分に長澤を下げて柏から加入の武富、83分には武藤を下げてズラタンを投入する。一方、流れを変えたいFC東京は70分過ぎにディエゴ・オリヴェイラ、前田を下げて永井と注目の久保を続けて投入。高さと強さを生かした2トップからスピードとテクニックを生かした2トップに変更。さらに、85分には大森を下げて横浜FMから加入の富樫もピッチに送り込む。 ▽試合終盤にかけてはズラタンと興梠の2トップに変更した浦和が攻勢を強めるものの、流れの中でFC東京の堅守をこじ開けられない。逆に、試合終了間際の90分にはFC東京のカウンターから東とパス交換したボックス中央の久保に決定機も、左足のシュートは勢いを欠きGK西川にキャッチされた。 ▽そして、試合はこのままタイムアップ。開幕戦らしい堅い展開となった試合は互いに痛み分けの1-1のドローとなった。 2018.02.24 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】国内集中で優勝争いを《浦和レッズ》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第4弾は浦和レッズを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆リーグ優勝に照準</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:優勝争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018urawareds_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は4冠を目指した中、10年ぶりにアジア王者に輝いた浦和。しかし、Jリーグでは優勝争いに絡めず、シーズン途中に5年半指揮を執ったミハイロ・ペトロヴィッチ監督を解任。凡庸な7位に終わった。新シーズンは崩壊していた守備を立て直し、ACL優勝に導いた堀孝史監督の下、Jリーグ優勝に照準を絞った戦いが求められる。堀監督が構築した守備組織と、ペトロヴィッチ監督の遺産である最後尾から繋ぐ攻撃サッカーが融合すれば、国内の戦いに集中できるアドバンテージもあり、12年ぶりのリーグ優勝が見えてくるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆マルティノス&岩波獲得もラファ移籍が想定外</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018urawareds_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽横浜F・マリノスからMFマルティノス、ヴィッセル神戸から2年越しのラブコールが実ってDF岩波拓也の両即戦力を獲得。さらに湘南ベルマーレをJ1昇格に導いたMF山田直輝が4年ぶりに復帰し、浦和出身のMF武富孝介が柏レイソルから加入した。レギュラークラスを獲得した一方でキャンプ始動後、ACL優勝の原動力となったFWラファエル・シルバが中国へ電撃移籍することになり、既にクラブを離れていたFW高木俊幸、MF駒井善成、MF梅崎司と一気にウインガー不足に陥った。攻撃陣の駒不足が否めない中、背番号9を背負うFW武藤雄樹は当然ながら、キャンプでゴールを量産したユース出身のDF荻原拓也のブレイクに期待が懸かる。<hr>【IN】 DF橋岡大樹(18)←浦和レッズユース/昇格 DF岩波拓也(23)←ヴィッセル神戸/完全 MF井澤春輝(18)←浦和レッズユース/昇格 MF荻原拓也(18)←浦和レッズユース/昇格 MF柴戸海(22)←明治大学/新加入 MFマルティノス(26)←横浜Fマリノス/完全 MF武富孝介(27)←柏レイソル/完全 MF山田直輝(27)←湘南ベルマーレ/復帰 【OUT】 DF茂木力也(21)→モンテディオ山形/期限付き延長 DF岡本拓也(25)→湘南ベルマーレ/期限付き延長 DF田村友(25)→アビスパ福岡/期限付き満了 DF那須大亮(36)→ヴィッセル神戸/完全 MF井澤春輝(18)→徳島ヴォルティス/期限付き MF伊藤涼太郎(20)→水戸ホーリーホック/期限付き延長 MF斎藤翔太(21)→契約満了 MF矢島慎也(24)→ガンバ大阪/完全 MF駒井善成(25)→コンサドーレ札幌/期限付き MF梅崎司(30)→湘南ベルマーレ/完全 FWオナイウ阿道(22)→レノファ山口/期限付き FWラファエル・シルバ(25)→武漢卓爾(中国)/完全 FW高木俊幸(26)→セレッソ大阪/完全 FW石原直樹(33)→ベガルタ仙台/完全<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018urawareds_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MF長澤和輝(26) 2017シーズン(J1) 8試合出場1得点<hr>▽注目選手は、昨季のACL優勝の原動力となったMF長澤和輝だ。堀監督就任によって見いだされた中盤のダイナモは攻守の要としてチームを牽引する存在だ。球際の強さと推進力あるドリブルで、新キャプテンに就任したMF柏木陽介と共に中盤を支えることが求められる。日本代表でも一躍レギュラーの座を掴めるチャンスを得ている中、浦和の勝利に繋がる説得力のあるプレーを続けることで更なる飛躍の年としたい。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018urawareds_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章、宇賀神友弥 MF:柏木陽介、青木拓矢、長澤和輝 FW:マルティノス、興梠慎三、武藤雄樹<hr>▽堀監督就任後[4-3-3]にシステムを固定しており、新シーズンも同様のシステムを採用する。DF槙野智章がワールドカップに向けてセンターバックに専念することを希望しており、DFマウリシオとコンビを組むことが予想される。その影響で新戦力の岩波がベンチに回る可能性が高く、センターバックはハイレベルなポジション争いが展開されそうだ。一方でラファエル・シルバの移籍によって攻撃陣が手薄となり、左ウイングのポジションが空いた。ここは武藤や武富、若手の荻原らがレギュラー奪取のチャンスを窺う。 2018.02.18 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和や岡山でプレーしたDF近藤徹志が現役引退を発表!「岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが…」

▽ファジアーノ岡山は14日、昨シーズン限りで契約満了となったDF近藤徹志(31)が現役引退することを発表した。 ▽東福岡高校出身の近藤は、2005年に浦和レッズへ入団。同年6月に行われたナビスコカップ(現ルヴァンカップ)の大宮アルディージャ戦でプロデビューを飾ったが、開始5分で左ヒザ十字じん帯断裂の重傷を負った。復帰後は出場機会を求め愛媛FCにレンタル移籍で加入すると守備の要として活躍。 ▽愛媛での活躍を認められ、2008年に浦和に復帰した近藤だったが、浦和では出場機会に恵まれず、2010年に岡山へ完全移籍。昨シーズンはカターレ富山にレンタルで加入したが、契約満了に伴い、退団が決まっていた。 ▽キャリア通算はJ2リーグ148試合6ゴール、J3リーグ4試合、天皇杯9試合1ゴールを記録。12年間のプロキャリアに終止符を打つことを決断した近藤は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「このたび、2017シーズンで現役を引退することを決めました。育成年代で、わかばFC、東福岡高校。プロになってからは浦和レッズ、愛媛FC、ファジアーノ岡山、カターレ富山に在籍させてもらいました。若い頃から怪我が多く、サッカーができない時間は悔しく、本当に苦しいものでした。それでも周りのたくさんの方々の支えで、なんとか13年間プレーすることができました。全てのクラブに共通して、素晴らしい監督、コーチ、チームスタッフ、選手、サポーター、クラブスタッフ、その他クラブに関わる多くの皆さんがいて、その方々の期待を背負ってプレーすることは、何ものにも代え難いものでした」 「在籍した全てのクラブに感謝の気持ちでいっぱいですが、中でも2010年から7年半在籍したファジアーノ岡山には特別な思いがあります。加入当時は、まだJリーグ加盟2年目でクラブハウスもなく下位争いをしていましたが、多くの皆さんの力で成績、クラブの規模が年々大きくなっていく中でクラブと共に成長させていただきました。そして影山監督、長澤監督という2人の監督の下でプレーできたことも素晴らしい経験になりました。この先、間違いなくさらに大きくなっていくファジアーノの歴史の一部になれたことが何より嬉しいです」 「今後についても、ありがたいことにファジアーノ岡山からクラブスタッフとしてのお誘いもいただきましたが、サッカー選手以外、社会人としての経験が無い自分自身がクラブに対して御恩をお返しできることは現状何も無いのではないかと思い、地元福岡の一般企業に就職することを決めました。アルバイトもしたことの無い自分に何ができるか、不安でいっぱいですが、これまでの経験を糧に一から学んで、またいつの日かクラブに貢献できる人間になりたいと思っていますので、また何かの形でみなさんにお会いできる日を楽しみしています。13年間、本当にありがとうございました」 2018.02.14 16:57 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月9日は、25歳で3児のパパ! 代表主将の系譜を継ぐ男

◆遠藤航 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1993/2/9 クラブ:浦和レッズ ポジション:DF 身長:178㎝ 体重:75kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月9日は日本代表DF遠藤航だ。 ▽神奈川県横浜市出身の遠藤は、湘南ベルマーレユース出身。ジュニアユース時代には、横浜F・マリノスのトライアルを受けるも落選した。練習参加した湘南ユースでは、当時の監督で、後のトップチーム監督となる曺貴裁監督に誘われて加入する。2010年に2種登録されると、2011年にトップチーム昇格。曺監督からはトップチームでも指導を受け、大きく成長すると2016年からは浦和でプレーしている。 ▽リオ・デ・ジャネイロ五輪ではキャプテンとしてチームを牽引。その後は日本代表にも選出され、今年行われるロシア・ワールドカップのメンバー入りが期待されている。 ▽遠藤は、2018年に25歳になったばかり。すでに結婚しており、なんと3人の子供の父親でもある。一番上の子供は男の子であり、遠藤の年齢を考えれば初の同じピッチでプレーする選手となる可能性もあるかもしれない。 ※誕生日が同じ主な著名人 夏目漱石(作家) 新海誠(映画監督/『君の名は。』) あだち充(漫画家/『タッチ』) 鈴木亜美(歌手) 知念里奈(歌手、女優) Kj/降谷建志(歌手) チャン・ツィイー(女優) 木村祐一(タレント) 春日俊彰(お笑い芸人/オードリー) T-岡田(プロ野球選手/オリックス) 岩村明憲(元プロ野球選手) ゴードン・ストラカン(元プロサッカー選手) ラモス瑠偉(元プロサッカー選手/ビーチサッカー日本代表監督) 2018.02.09 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「顔を上げてこのクラブを離れたい」浦和、FWラファエル・シルバの中国移籍を公式発表

▽浦和レッズは3日、ブラジル人FWラファエル・シルバ(25)が中国2部リーグに所属する武漢卓爾職業足球倶楽部に完全移籍することを発表した。 ▽ラファエル・シルバに関しては、先月17日に浦和が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表していた。 ▽この度、正式に移籍が決定し、ラファエル・シルバは浦和の公式サイトで以下のコメントを出している。 「親愛なるファン・サポーターのみなさん、すでにご報告していますが、武漢へ移籍することが正式に決まりました。浦和レッズでは、1年という短い期間でしたが、日々、怠ることなく常に自分のベストを尽くすことができたと思います。チームの歴史に貢献をすることができて、誇りに思いますし、顔を上げてこのクラブを離れたいと思います。念願だったタイトルを獲得することもでき、個人的にも男としてすごく成長させてもらいました。このクラブで得ることのできた経験や実績は、自分の人生において掛け替えのないものです。みなさん、ありがとうございました」 ▽2017シーズンにアルビレックス新潟から浦和入りしたラファエル・シルバは昨シーズン、リーグ戦25試合で12得点を記録。AFCチャンピオンズリーグでは11試合9得点を挙げるなど、クラブの10年ぶりとなるアジア制覇の原動力となった。 2018.02.03 14:24 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース