群馬退団のFW盛田剛平が現役引退…古巣浦和のハートフルクラブコーチに2018.02.14 15:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザスパクサツ群馬は14日、FW盛田剛平(41)の現役引退および浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任したことを発表した。

▽盛田は駒澤大学から1999年に浦和レッズに入団。その後、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、大宮アルディージャ、サンフレッチェ広島、ヴァンフォーレ甲府と渡り歩き、2017年に群馬に活躍の場を移したが、2017シーズン限りでの退団が決定していた。

▽キャリア通算でJ1リーグ231試合13得点、J2リーグ144試合16得点を記録。昨シーズン限りで現役生活にピリオドを打つ盛田は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「アマチュアで何歳になっても現役でプレーされてる方は沢山いるので、これからもサッカーを続けていく僕としては引退という言葉がふさわしいのかわかりませんが、プロサッカー選手、Jリーガーというくくりでは、とりあえず、一区切りといったころなんでしょうか。19年もの間、毎日ボール蹴って、お金がもらえるなんて、ほんと幸せな生活でした。多分、これからもっと実感するんだなと思います。ほんと応援してくれた皆さんには感謝しかありません。こんなにプレーに魅力のない選手にずっと温かい声をかけて頂きありがとうございました」

「いろんなポジションをして、なんとかあきらめず食らいついてきたこのチャレンジ精神をセカンドキャリアでも生かしていきたいと思います。あ、でもラーメン師範としては現役続行です、これからも日々、ラーメン探究し続けていきますよ。プロサッカー選手として海外でやれなかったので、いつかラーメン屋で海外進出するのが、僕のセカンドキャリアでの目標です。国内なら、所属したチームのホームタウンには出したいかな。出店した際はぜひ皆さん、食べに来てください。以上!!」

▽また、同日に浦和レッズが盛田の浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任を発表。盛田は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「今まで応援してくださったみなさま、ありがとうございました。セカンドキャリアでやりたいことがたくさんあったのですが、その一つが『浦和レッズハートフルクラブで指導すること』でした。指導者としてたくさんのことを学び、そして自分の経験を子供たちに伝えていければと思っています。よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

浦和、2019シーズンのキャプテン&副キャプテンを発表!

浦和レッズは17日、2019シーズンにおけるキャプテンと副キャプテンを発表した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグで5位に終わるも、天皇杯では12年ぶりの優勝を飾った浦和。新シーズンに向けては、昨シーズンに引き続き元日本代表MF柏木陽介がキャプテンを務めることとなった。 また、副キャプテンは元日本代表FW興梠慎三と日本代表DF槙野智章が就任した。 2019.01.17 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和一筋17年…昨季現役引退のDF平川忠亮、浦和ユースコーチに就任

浦和レッズは16日、昨シーズンに現役引退を発表した平川忠亮氏(39)のユースコーチ就任を発表した。 静岡県出身の平川は2002年に筑波大学から入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグ2試合の出場にとどまっているが、17年間にわたり浦和一筋を貫くレジェンドとしてリーグ通算335戦9得点を誇り、1度のリーグ優勝や2度のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇など計7つのタイトルに貢献した。 2019.01.16 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が新体制発表! 新加入山中亮輔が「6」、杉本健勇が「14」に! 長澤和輝が「7」に変更

浦和レッズは16日、2019シーズンの新体制を発表した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグを5位で終えるも、12年ぶりの天皇杯優勝を飾った浦和。オズワルド・オリヴェイラ監督2年目を迎える今シーズンは、MF菊池大介、MF武富孝介、FW李忠成らが退団した一方で、元日本代表DF鈴木大輔、日本代表DF山中亮輔、同国代表FW杉本健勇、MFエヴェルトンといった実力者たちを獲得した。ここまでは9選手の新戦力を獲得している。 主な背番号では、鈴木が「2」、山中が「6」、エヴェルトンが「8」、杉本が「14」に決定。また、長澤和輝が「15」から「7」に変更した。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.西川周作 23.岩舘直 25.福島春樹 32.<span style="font-weight:700;">石井僚</span>☆←(浦和レッズユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.マウリシオ 4.<span style="font-weight:700;">鈴木大輔</span>☆←(柏レイソル)※完全移籍 5.槙野智章 6.<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>☆←(横浜F・マリノス)※完全移籍 17.茂木力也 26.荻原拓也 27.橋岡大樹 28.<span style="font-weight:700;">岩武克弥</span>☆←(明治大学)※完全移籍 31.岩波拓也 34.<span style="font-weight:700;">大城蛍</span>☆←(浦和レッズユース)※昇格 46.森脇良太 <span style="font-weight:700;">MF</span> 3.宇賀神友弥 7.長澤和輝 8.<span style="font-weight:700;">エヴェルトン</span>☆←(ポルティモネンセ/ポルトガル)※期限付き移籍 10.柏木陽介 11.マルティノス 16.青木拓矢 18.山田直輝 22.阿部勇樹 24.<span style="font-weight:700;">汰木康也</span>☆←(モンテディオ山形)※完全移籍 29.柴戸海 33.<span style="font-weight:700;">池髙暢希</span>☆←(浦和レッズユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.武藤雄樹 12.ファブリシオ 14.<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>☆←(セレッソ大阪)※完全移籍 19.アンドリュー・ナバウト 30.興梠慎三 2019.01.16 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

中島翔哉の同僚がポルトから浦和に! エヴェルトンの期限付き加入決定

浦和レッズは12日、ポルト(ポルトガル)に所属するブラジル人MFエヴェルトン(26)の期限付き移籍加入内定を正式発表した。 エヴェルトンは2018年夏、日本代表FW中島翔哉も所属するポルティモネンセにポルトからレンタル移籍。セントラルMFや守備的MFを主戦場に、公式戦16試合に出場して1得点4アシストを記録した。浦和加入を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「はじめましてエヴェルトンです。ポルトガルのFCポルトから来ました。浦和レッズファミリーの一員になれ、非常に嬉しく思います。埼玉スタジアムで日本一のファン・サポーターの前でプレーするイメージをし、興奮しています。レッズでプレーしていた選手やプレーしている選手たち、特にポンテさんからファン・サポーター、クラブ、街のすばらしいところなどいろいろ聞きました。自分の最大限の力を出し、チームの勝利のため、一緒に喜びをわかちあえるよう全力で戦います。We are REDS!」 2019.01.12 19:25 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF山中亮輔が浦和へ完全移籍! 昨季覚醒で日本代表デビュー

浦和レッズは10日、横浜F・マリノスに所属する日本代表DF山中亮輔(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 柏レイソル下部組織出身の山中は、2012年にトップチーム昇格。2017年に横浜FMに完全移籍を果たすと、昨シーズン就任したアンジェ・ポステコグルー監督による新戦術の下で覚醒し、明治安田生命J1リーグでキャリアハイの4ゴール8アシストを記録した。 また、この活躍が認められ、昨年11月のキルギス代表戦で日本代表デビュー。同試合で代表史上最速となるデビューゴールも記録した。 浦和への完全移籍が決定した山中は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆浦和レッズ 「浦和レッズというすばらしいクラブでプレーする機会をいただき感謝します。浦和レッズのために全力で走り、戦うことを誓います。応援よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「2年前、当時出場機会の少なかった僕にオファーをして頂き、F・マリノスでたくさんの試合を経験したことで、サッカー選手として日々成長を感じることが出来ました。ひとつの目標でもあった日本代表のピッチに立つことも出来、世界の舞台で戦える選手になりたいという気持ちを再認識したのは、言うまでもなくF・マリノスのおかげだと思っています」 「F・マリノスは大好きなクラブですし、僕は勝利後に皆さんと一緒にトリパラを回すのが本当に大好きでした」 「本当に難しく悩み抜いた中での決断でしたが、常にチャレンジし続ける環境に身を置き、自分の中にある甘えと正面から向き合うことで、プレイヤーとしてさらに成長することが出来るのではないかと考えました」 「チームがなかなか勝てない時、苦しんでいる時、どんな時でもF・マリノスのファン、サポーターの皆さんは、常に暖かい声援で後押ししてくれました。本当に感謝しています」 「2年間、トリコロールのユニホームを着て戦えたことは自分にとって誇りです。F・マリノスでプレー出来て幸せでした。本当にありがとうございました」 2019.01.10 09:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース