アーセナルを迎えるエステルスンドが斬新なロッカールームを用意? 2018.02.14 13:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホームの利を生かすとはこのことだろうか。スウェーデンのエステルスンドが斬新な方法で格上チームを苦しませるプランを明かした。

▽エステルスンドは、15日に行われるヨーロッパリーグのラウンド32でアーセナルと対戦。1stレグではホームにアーセナルを迎えることとなる。

▽極寒の地であり、雪も豊富にあるエステルスンドは、クラブ公式ツイッター(@ofk_1996)でアーセナルに呼びかけ。「我々はアーセナルのための準備ができています。私たちのロッカールームについて言及しましたか?」とツイート。そのツイートに載せられていた写真は、雪で作られたものであり、そこに選手のユニフォーム等が飾られているものだった。

▽もちろんこれは冗談であり、エステルスンドがユーモア溢れる対応でアーセナルを歓迎するといった趣旨のもの。さらに、その後にクラブがアップした動画では、雪に覆われたスタジアム、さらに、2人の女性がスキー板を持って登場。しっかりと防寒着を用意して楽しみ、ブーツを着用する事、キャップではなくニット帽をかぶる事、手袋も着用する事など、イングランドからやってくるアーセナルサポーターへヨーロッパリーグの一戦の楽しみ方を紹介している。

▽ユーモア溢れる紹介の仕方ではあるが、実際にエステルスンドは極寒。15日の天気も予報では最高気温がマイナス2度、最低気温がマイナス5度、天気は曇りと用意条件ではなさそうだ。格上であるアーセナルだが、侮ると足を滑らす可能性があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

アギーレ元日本代表監督が関与したとされる八百長疑惑に進展…6年間のフットボール活動禁止措置が求刑

▽かつて日本代表を指揮し、現在はUAEのアル・ワフダで指揮を執るハビエル・アギーレ氏。日本代表監督を退く要因ともなった八百長疑惑について、重い処分が求刑されることになるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽嫌疑がかかっているのは、2010-11シーズンのリーガエスパニョーラ最終節のレバンテvsレアル・サラゴサ。アギーレ監督は当時サラゴサで指揮を執っており、アギーレ監督を含む多くの選手が嫌疑をかけられている。 ▽スペイン検察は、この八百長疑惑に対し、関係者に2年間の懲役刑と6年間のフットボール活動禁止措置を勧告することを発表。しばらく動きがなかったこのスキャンダルの周囲が再び騒がしくなりそうだ。 ▽今回の八百長疑惑には、アギーレ監督以外にも、アトレティコ・マドリーのキャプテンであるガビやマンチェスター・ユナイテッドのアンデル・エレーラ、レスター・シティのビセンテ・イボーラなどが関与しているとされている。 ▽スペインの法律では、初犯であれば2年以下の懲役は免れることができる可能性が高い。しかし、アギーレ監督は、2013-14シーズンのエスパニョールvsオサスナでも嫌疑がかけられており、その場合は重い処分が下されそうだ。 ▽6年間のフットボール活動禁止となれば、スペイン国内に限らず、世界中でのあらゆる活動ができなくなるため、どのような判決が出るかに注目が集まる。 2018.02.15 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

元鹿島のカイオが罰金処分…その理由は!?

▽元鹿島アントラーズで現在はアル・アインでプレーするブラジル人MFカイオがUAEサッカー協会(UAEFA)から罰金処分を受けたようだ。『アラブニュース』が伝えている。 ▽2016年7月に鹿島からアル・アインに加入したカイオ。報道によると同選手は「非倫理的な髪型」を理由に処分を受けたようで、272ドル(約2万9000円)の罰金処分となったようだ。 ▽また、UAEでは以前にも同様の理由でモロッコ代表MFムラド・バトナ、ガーナ代表FWアサモア・ギャンが処分を受けており、カイオは3人目の選手となってしまった。 ▽なお、「非倫理的な髪型」とは、モヒカンやサイドを刈り上げたような髪形を指すようだ。 2018.02.15 08:36 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーファンのスペイン首相「彼が白いユニフォームを着るのは好まない」…獲得を望まない選手とは

▽スペインのマリアーノ・ラホイ首相が、衝撃的な発言を残した。スペイン『アス』が報じた。 ▽マドリーファンであることを公言しており、ソシオでもあることを過去に話しているラホイ首相。過去にもマドリーについての発言が取り上げられるなど、事あるごとに口を出している。 ▽そんなマドリーは、14日に行われるチャンピオンズリーグ ラウンド16でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。記者からのPSG戦に対し、「PSGでどの選手が心配の種ですか?」という質問に応えた。 「3トップが見られており、素晴らしいと思う。ただ、ディ・マリア、ヴェッラッティ、ラビオだね。世界最高峰の2つのチーム同士の対戦は、エキサイティングなものとなるだろう」 ▽また、キリアン・ムバッペ、ネイマールについても尋ねられたラホイ首相。ムバッペについて獲得すべきかどうかを尋ねられると、自身の見解を語った。 ▽「マドリーが彼と署名しなくてはいけないのかは分からないが、ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノは良かったが、数カ月間で疑問を持たれている。いろいろな視点で判断する必要があるだろう。私は彼らを信じているよ」とコメント。昨夏、マドリーが獲得に動いたムバッペの獲得に否定的な意見を述べなかったものの、現有戦力を見守るべきだとの見解を示した。 ▽また、ネイマールの獲得について問われると衝撃発言。ライバルであるバルセロナで活躍した選手の加入についての見解をコメント。「いいや。私は彼が白いユニフォームを着るのは好まない」と語り、ネイマールの獲得は望ましくないことを明言している。 2018.02.14 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

サッカー界から大統領へ…ボルトンやリバプールなどで活躍した元セネガル代表FWディウフ氏が決意

▽かつてリバプールやボルトンなどで活躍した元セネガル代表のエル=ハッジ・ディウフ氏(37)が大統領就任を目指しているようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ディウフ氏は、ソショーの下部組織で育ち、スタッド・レンヌやランスでプレー。2002年7月にリバプールへと加入した。その後はイングランドでプレーを続け、ボルトン、サンダーランド、ブラックバーンなどでプレー。最後はマレーシアでプレーし、2016年1月に現役を引退した。 ▽ディウフ氏は、“リベリアの怪人”として名を馳せた、リベリアの元大統領でもあるジョージ・ウェア氏に影響されたと語った。 「私は、自分自身と家族のことを見据えている。何年も前からサッカーについて考えているが、新たなキャリア、政治的なキャリアに進もうと考えている」 「私は、母国には何かを変える私を待っている人々がいる。若者にとって戦う戦士になりたいと思っている。その準備ができており、政治の道に進むことを決心した」 「未来は決まっている。この先の2年間で政治に参加する。なぜなら、フットボールで多くのことを変えられたことをしっているうからだ。政治に対して多くの情熱がある」 ▽ディウフ氏は、現役時代からアフリカサッカー界に警鐘を鳴らしており、それが原因で代表チームを追放された経験もある。2002年の日韓ワールドカップにも出場し、ペレ氏が選んだ「FIFA100」にも名を連ねるなど、アフリカサッカー界では多くの功績を残してきた。果たして、母国の大統領になることはできるだろうか。 2018.02.08 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーファンに中指を立てたディーニーはお咎めなし

▽ゴール後に中指を立てるパフォーマンスを見せていたワトフォードのFWトロイ・ディーニーだが、どうやら処分は下されないようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ディーニーは、5日に行われたプレミアリーグ第26節のチェルシー戦に出場。先制点となるPKを決めた後、チェルシーファンに向けて中指を立てるパフォーマンスを行っていた。 ▽しかし、試合中にマイク・ディーン主審はディーニーにカードを提示することはなく、イングランドサッカー協会(FA)も3名の元審判員による委員会で調査したものの、処分を下さないことを決定した。 ▽ディーニーは、このパフォーマンスに対して「移籍の噂に対する反応だった」とコメントしていたが、そのことが汲み取られたのだろうか。FAは、イングランド代表の試合中に中指を立てたトッテナムMFデレ・アリに対し、3800ポンド(約58万円)の罰金と1試合の出場停止処分を下していた。しかし、デレ・アリはチームメイトであるマンチェスター・シティDFカイル・ウォーカーに対するものだったと主張していた。 ▽今シーズンのディーニーは、既に危険な行為で2度の退場処分を受けている。昨年10月にはストーク・シティ戦でMFジョー・アレンに対して暴力行為を働いたとして3試合の出場停止、同12月にはハダースフィールド戦でレッドカードを受けて4試合の出場停止処分を下されていた。 2018.02.08 15:57 Thu
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース