アンリ氏、プレミア得点王は「モハメド・サラーに勝ち取ってほしい」2018.02.14 13:12 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現在『スカイ・スポーツ』の解説者を務める元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、プレミアリーグの得点王争いについて言及した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

▽現在プレミアリーグの得点ランキングは第27節終了時点でトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが23ゴールでトップに立っている。ケインは2015-16シーズンから2年連続で得点王に輝いており、今シーズンは3年連続得点王が懸かっている状況だ。

▽次点はリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーの22得点。サラーは2017年6月にローマから加入し、右ウイングを主戦場に圧巻のパフォーマンスで得点を量産している。3位には21得点を記録するマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがつけている。

▽ティエリ・アンリ氏は、『Monday Night Football』で今シーズンの得点王争いについて「サラーに勝ち取ってほしい」と主張し、同選手の活躍を称賛。それでもケインが3年連続で獲得することを予想している。

「モハメド・サラーにそれを勝ち取ってほしい。なぜならこれは素晴らしい物語になる。偉大なストーリーに」

「ハリー・ケインもそうだ。彼は3年連続得点王が懸かっている。そうなればそれも素晴らしいものだ。ただ、サラーのように加入した最初のシーズンでこのようなプレーをした選手がこれまで他にいた記憶がない」

「多くの人は『初めてじゃない。チェルシーにいたじゃないか』と言う人もいるかもしれないが、チェルシーに加入した最初のシーズンに彼は毎週のようにはプレーしていなかった」

「彼は試合に何か違いをもたらしてくれる。彼のプレースタイルが好きだ。ただ、ケインが勝ち取ることになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

今季34ゴールのメッシが2年連続5度目のゴールデンシュー獲得!

▽20日にヨーロッパ主要リーグの全日程が終了した。この結果、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年連続5度目のヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 ▽各国リーグでの得点数にUEFAリーグランクによって定められた係数をかけた値を算出し、ポイント数が最多だった選手に贈られるゴールデンシュー。欧州5大リーグの選手には1得点につき2ポイントが与えられるが、それ以外のリーグでプレーする選手に与えられるポイントは1得点につき1.5以下となる。 ▽熾烈を極めた2017-18シーズンのゴールデンシューに輝いたのは、今季のリーガエスパニョーラで34ゴールを記録したメッシ。昨年の37ゴールには及ばなかったものの、通算68ポイントで2年連続の受賞となった。 ▽また、次点には今季のプレミアリーグで32ゴールを記録したリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(64ポイント)、3位には同じくプレミアリーグで30ゴールを記録したトッテナムFWハリー・ケインとなった。 ▽なお、今季のヨーロッパ・ゴールデンシューのトップ10は以下の通り。 ◆2017-18ヨーロッパ・ゴールデンシュー(トップ10) 1.リオネル・メッシ(バルセロナ) 34点 68pt 2.モハメド・サラー(リバプール) 32点 64pt 3.ハリー・ケイン(トッテナム) 30点 60pt 4.チーロ・インモービレ(ラツィオ) 29点 58pt 4.マウロ・イカルディ(インテル) 29点 58pt 4.ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン) 29点 58pt 7.エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) 28点 56pt 8.クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) 26点 52pt 9.ジョナス(ベンフィカ) 34点 51pt※ 10.ルイス・スアレス(バルセロナ) 25点 50pt ※ポルトガルリーグは1得点に付き1.5ポイント 2018.05.21 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

おたくも前科ありますが…リバプールが若手逸材への不正接触疑惑のボルシアMGとの親善試合をキャンセル

▽リバプールが自クラブの若手選手への不正接触疑惑があるボルシアMGに対して、今夏に予定されていたフレンドリーマッチをキャンセルしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、近年イングランドの若手獲得に積極的なボルシアMGはリバプールのU-18イングランド代表FWリアン・ブリュースター(18)の引き抜きを画策し、クラブの許可なく不正な形で接触を図ったという。 ▽そして、これを確認したリバプールのスタッフがボルシアMGに対して抗議を行うと共に、今夏に予定されていたフレンドリーマッチもキャンセルしたようだ。 ▽リバプール生え抜きのブリュースターは、昨年行われたFIFA U-17ワールドカップで大会得点王を獲得する活躍でイングランド代表の優勝に大きく貢献したクラブ期待の若手だ。 ▽なお、今回ボルシアMGの対応に激怒しているリバプールだが、昨年4月には当時ストーク・シティのアカデミーに在籍していた12歳の選手を引き抜いた際に、違反行為を働き10万ポンド(約1400万円)の罰金および2年間の補強禁止処分を科されている。 ▽また、昨夏には当時サウサンプトンに在籍していたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに対して、サウサンプトンの許可なしに不正なアプローチを行ったことで、謝罪に追い込まれる騒動も起こしていた。 ▽もちろん、今回の一件に関しては不正なアプローチを行ったボルシアMGに非があることは明白だが、少し強硬すぎる態度にも見える。 2018.05.20 22:56 Sun
twitterfacebook
thumb

タリスカ、リバプール移籍で決まり?

▽ベシクタシュに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)にリバプール移籍の可能性が高まった。 ▽タリスカは2016年夏にベンフィカからベシクタシュにローン移籍。ロシア・ワールドカップに臨むブラジル代表入りこそ逃したものの、今シーズンはリーグ優勝争いを争うチームの主力として、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 ▽ポルトガル『Record』によれば、シェノル・ギュネシュ監督は19日に行われたトルコ・スーパーリーグ最終節終了後、「タリスカの退団は冬の中断期間中に決まったこと。残念に思う。彼は(他クラブと)もう合意してしまった」と話したという。 ▽さらに、タリスカの移籍先についても「(今冬の移籍市場でベシクタシュからエバートンに移籍した)シェンク・トスンのライバルになるかもしれない」と述べ、エバートンの宿敵リバプール行きを示唆した模様だ。 2018.05.20 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

エムレ・ジャンのユーベ移籍、CL決勝後に発表へ

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、リバプールに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)のユベントス移籍を報じた。 ▽ユベントスで最高経営責任者を務めるジュゼッペ・マロッタ氏が19日、『スカイ・スポーツ・イタリア』に対して「チャンピオンズリーグ決勝後にエムレ・ジャンの加入を発表する」と話したという。 ▽▽今シーズン限りでリバプールとの契約が満了を迎え、以前からユベントス移籍の可能性が囁かれたエムレ・ジャン。様々な憶測が飛び交ってきた。 ▽そのエムレ・ジャンは、2014年夏にレバークーゼンからリバプールに加入。今シーズンはここまで公式戦37試合6得点5アシストを記録している。 ▽なお、チャンピオンズリーグ決勝は26日にウクライナの首都キエフで開催。相手は、3連覇を狙うレアル・マドリーだ。 2018.05.20 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、19歳の超逸材ダブル獲りへ? クロップ監督がライオラと接触

▽リバプールが今夏の移籍市場で19歳の超逸材のダブル獲りを画策しているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が、ユルゲン・クロップ監督と世界屈指の代理人ミーノ・ライオラ氏との接触を伝えている。 ▽今月26日に今季の最終戦にして最重要ゲームのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリー戦を控えるクロップ監督だが、来シーズンに向けてすでに動き始めているようだ。 ▽『TuttoMercatoWeb』が伝えるところによれば、クロップ監督は今週に世界屈指の代理人ライオラ氏と接触。今回の会合では同氏が代理人を務めるミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)と、アヤックスのオランダ代表FWユースティン・クライファート(19)の獲得に向けた事前交渉を行ったようだ。 ▽ただ、現時点でリバプールが具体的なオファーを掲示するという段階ではないようだ。 ▽現在、ミランとの関係悪化が噂されるドンナルンマに関しては今夏の退団の可能性が高く、ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーやレアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスなどにも触手を動かすリバプールとしてはほしい人材の1人だ。 ▽一方、ドンナルンマ同様にクラブとの関係悪化で今夏の退団が同様なクライファートに関しては、超強力3トップのバックアッパーとして獲得したい意向のようだ。 2018.05.18 17:52 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース