アンリ氏、プレミア得点王は「モハメド・サラーに勝ち取ってほしい」2018.02.14 13:12 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現在『スカイ・スポーツ』の解説者を務める元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、プレミアリーグの得点王争いについて言及した。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。

▽現在プレミアリーグの得点ランキングは第27節終了時点でトッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインが23ゴールでトップに立っている。ケインは2015-16シーズンから2年連続で得点王に輝いており、今シーズンは3年連続得点王が懸かっている状況だ。

▽次点はリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーの22得点。サラーは2017年6月にローマから加入し、右ウイングを主戦場に圧巻のパフォーマンスで得点を量産している。3位には21得点を記録するマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがつけている。

▽ティエリ・アンリ氏は、『Monday Night Football』で今シーズンの得点王争いについて「サラーに勝ち取ってほしい」と主張し、同選手の活躍を称賛。それでもケインが3年連続で獲得することを予想している。

「モハメド・サラーにそれを勝ち取ってほしい。なぜならこれは素晴らしい物語になる。偉大なストーリーに」

「ハリー・ケインもそうだ。彼は3年連続得点王が懸かっている。そうなればそれも素晴らしいものだ。ただ、サラーのように加入した最初のシーズンでこのようなプレーをした選手がこれまで他にいた記憶がない」

「多くの人は『初めてじゃない。チェルシーにいたじゃないか』と言う人もいるかもしれないが、チェルシーに加入した最初のシーズンに彼は毎週のようにはプレーしていなかった」

「彼は試合に何か違いをもたらしてくれる。彼のプレースタイルが好きだ。ただ、ケインが勝ち取ることになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

「隠すつもりはない」…リバプール、サディオ・マネと契約延長か

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がセネガル代表MFサディオ・マネ(25)の将来に言及した。イギリス『Squawka』が伝えている。 ▽サディオ・マネは2016年夏、サウサンプトンから加入。クロップ監督の下、チャンスを掴むと、在籍2シーズンで公式戦57試合25ゴール15アシストを記録している。 ▽そのセネガル人アタッカーに対して、契約延長の可能性が取り沙汰されている。クロップ監督は、その件について問われると、次のように語った。 「言えることは何もない。ニュースもね」 「でも、我々がキープしておきたい選手を隠すつもりはない」 「サディオをここに残したい。でも、彼はまだ契約が残ってるから、今のところ何もない。今のチームを維持して、強化したい。普通のことさ」 2018.02.24 09:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「現段階で世界最高峰レベル」のサラー、トッティが明かす成功の秘訣とは…

ローマで幹部を務めるフランチェスコ・トッティが、リバプール公式サイトのインタビューに応じ、エジプト代表FWモハメド・サラーにエールを送った。<br><br>サラーは2015年夏、所有元のチェルシーからローマに加入。ローマのレジェンド、トッティとは2年間をともに過ごし、リーグ戦2シーズン連続の2ケタ得点をマークした。今シーズンからプレミアリーグに舞台を移し、すでに22ゴールを記録。昨年10月にはエジプト代表を1990年大会以来のワールドカップ出場に導くなど、印象的な活躍を見せている。<br><br>昨シーズン限りで現役生活を終え、古巣ローマで活動を続けるトッティは、2017年のアフリカ年間最優秀選手にも輝いた元同僚に賛辞を送った。<br><br>「現段階で彼のパフォーマンスを見ると、世界最高峰レベルの1人と言えるだろう。彼ならさらに進化できると思う。彼は僕の良き友人でもあるし、彼のことは良く知っている。さらに成長し、もっと素晴らしい選手になってほしい」<br><br>続いてトッティは、センセーショナル活躍を見せるサラーの成功の秘訣を明かしている。<br><br>「トレーニングにはしっかり打ち込むし、勤勉だ。それに監督の話を聞く。だからこそ今、彼はこうして素晴らしいパフォーマンスを見せられるのだろう。僕は彼がさらにレベルアップできると考えているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが超逸材ライアン・セセニョン獲得に成功か! ユナイテッド、リバプールとの争奪戦制す!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)の獲得に成功したようだ。フルアムOBのリロイ・ロゼニアー氏がイギリス『Totally Football Show』で来季のスパーズ入りを主張した。 ▽ベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器には、昨夏の移籍市場でトッテナムやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げてきたが、出場機会を優先するセセニョンは、フルアムとのプロ契約にサインし残留を決断した。 ▽だが、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で33試合12ゴール4アシストと、驚異の進化を見せ続ける逸材は、来季からマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする道を選んだようだ。 ▽ロゼニアー氏は『Totally Football Show』で、「個人的にライアンに関する契約はすでに結ばれたと思う。プレミアリーグで強い関心が報じられていたトッテナムだ。彼は夏に移籍するまでフルアムに留まるが、彼の将来はすでに描かれている。ライアンは素晴らしいポテンシャルを持ち、今後偉大なプレーヤーになるはずだ」と、セセニョンのトッテナムへの移籍交渉がすでに完了しているとの見解を示した。 ▽なお、ロゼニアー氏の発言はあくまで確定情報ではなく、クラブに近い筋の推測と思われるが、左サイドバックから徐々にポジションを上げて世界屈指のアタッカーに成長したウェールズ代表MFガレス・ベイルと共通点も少なくないセセニョンは、スパーズ加入を選んで偉大なる先達の後継を担うことになるのか。 2018.02.23 07:48 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティが元同僚サラーを絶賛「世界最高の選手の1人」

▽ローマのレジェンドにして現在クラブのフロントで働く元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、昨夏リバプールに旅立ったエジプト代表FWモハメド・サラーを「世界最高の選手の1人」と絶賛している。リバプール公式サイトが伝えている。 ▽サラーはローマでの2シーズンの活躍を経て、昨夏5000万ユーロ(約66億円)でリバプールに加入。チェルシー時代に苦しんだプレミアリーグのスタイルに瞬く間に順応すると、ここまで公式戦36試合に出場し30ゴールを挙げる大活躍を見せている。 ▽トッティ氏はかつての同僚であるサラーが現時点で世界最高の選手の1人であると主張。同時に同選手が多くの伸びしろを残していると語っている。 「現時点で彼がプレーしているレベルを判断すると、間違いなく世界最高のプレーヤーの1人だと思う」 「そして、個人的には彼がもっとできると思うし、改善していくと考えている」 「私は彼のことをよく知っている。彼は大切な友人であり、プレーヤーとしてより成長していってほしいと思っている」 「彼はここまで正しいことをしてきた。彼はトレーニングから懸命に働き、ゲームでもハードワークしている。同時にコーチたちからのアドバイスをよく聞き入れている。だからこそ、いまの素晴らしいパフォーマンスがあるんだ。そして、彼は今後もう1つ上のレベルに到達していくはずだ」 2018.02.23 03:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ダービーで人種差別発言疑惑のフィルミノはお咎めなし! FAが嫌疑不十分を理由に処分行わず

▽イングランドサッカー協会(FA)は21日、先月5日に行われたFAカップ3回戦のリバプールvsエバートンで人種差別発言の容疑をかけられていたリバプールFWロベルト・フィルミノに対して、嫌疑不十分を理由に処分を科さないことを発表した。 ▽先月5日に行われたFAカップ3回戦、リバプールとエバートンによるマージーサイド・ダービーは、リバプールが2-1で勝利した。だが、この試合ではフィルミノとエバートンDFメイソン・ホルゲイトがピッチ内で激しくやり合った結果、ピッチサイドにいたフィルミノはホルゲイトに両手で押されてスタンドに入ってしまう一幕もあった。このラフプレーをキッカケにヒートアップした中、フィルミノはホルゲイトに対して人種差別的な発言を行った模様。 ▽その後、ロバート・マドレー主審がこのやり取りをフォースオフィシャルに申告した結果、試合後にイングランドサッカー協会(FA)が公式に調査を開始する事態となった。 ▽そして、調査開始から1カ月半近く経った21日にFAは嫌疑不十分を理由に、フィルミノに対していかなる処分も科さないことを発表した。 「利用可能な証拠のすべてを考慮した結果、フィルミノに対する告発は十分なものではないと我々は考えている」 ▽なお、先日にイギリス『デイリー・ミラー』は読唇術の専門家の意見として、この場面でフィルミノはホルゲイトの肌の色に関して言及したわけではなく、「フィーリョ・ダ・プッタ(ポルトガル語で娼婦の息子の意)」という、挑発的な発言をしていたと伝えていた。 ▽一部では10試合の出場停止処分が妥当との意見も出ていた中、フィルミノは最終的に処分を免れることになった。現在、熾烈なトップ4争いに巻き込まれているリバプールにとって、主力FWの処分回避は大きな朗報といえるだろう。 2018.02.22 04:23 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース