FC東京、新キャプテンに韓国代表DFチャン・ヒョンス! 副キャプテンにDF太田宏介、MF橋本拳人2018.02.14 10:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は14日、2018シーズンにおけるキャプテン・副キャプテンを発表した。

▽長谷川健太監督を招へいして迎えるFC東京は今シーズンのキャプテンに韓国代表DFチャン・ヒョンス、副キャプテンに元日本代表DF太田宏介、MF橋本拳人が就任した。

▽FC東京は17日に2018Jリーグプレシーズンマッチの横浜F・マリノス戦を迎え、24日の明治安田生命J1リーグの開幕節で浦和レッズと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

東先制弾も槙野が同点弾! 長谷川新体制FC東京とACL王者浦和の開幕戦はドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ開幕節のFC東京vs浦和レッズが24日に味の素スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前ガンバ大阪指揮官の長谷川健太監督を今季から招へいした昨季のJ1で13位のFC東京と、昨季7位に終わるもACLで10年ぶり2度目の優勝を果たしたアジア王者による2018シーズン開幕節。 ▽FC東京はこの開幕戦に向けてGKに林、最終ラインは室屋、森重、太田とキャプテンのチャン・ヒョンス昨季主力を並べ、中盤は米本と高萩の2センターに、東とヴィッセル神戸からの新戦力である大森を起用。2トップは前田と柏レイソルからの新戦力ディエゴ・オリヴェイラが並び、16歳の大器・久保はベンチスタートとなった。 ▽一方、堀体制2年目の浦和はGKに西川、最終ラインに遠藤、マウリシオ、槙野、宇賀神と昨季の主力を起用。[4-1-4-1]の中盤ではアンカーに青木、インサイドハーフに新キャプテンの柏木、長澤、ウイングに武藤と横浜F・マリノスからの新戦力マルティノスが入り、1トップは7年連続2ケタ得点を目指す興梠が務めた。 ▽両チームのサポーターが多く駆け付けた注目の開幕戦。互いにやや慎重な入りを見せたものの、時間の経過と共にボールポゼッションで勝るアウェイチームがボールを保持して押し込む展開に。中央を締めるホームチームに対して、サイドで数的優位を作りながらチャンスを窺う浦和は10分、ペナルティアーク付近で柏木が左足を振り抜くが、このファーストシュートはGK林にがっちりとキャッチされる。 ▽すると直後の11分にはアクシデントが発生。ロングボールに反応したディエゴ・オリヴェイラが最終ラインの裏へ抜け出しかかると、ボックス外に飛び出してきたGK西川と交錯。西川はボールに触れておらず、あわや決定機阻止で一発レッドという可能性もあったが、主審はプレーを流して事なきを得た。 ▽それでも、このプレーをキッカケにFC東京がより前から圧力をかけ始めたことで試合はここから拮抗した展開に。相変らず浦和がボールを保持する時間が続くも、徹底的にスペースを消すホームチームを前になかなか中央を割れず、空中戦に強さを見せる相手守備に対して可能性の低いクロスで攻撃を終える場面が目立つ。 ▽一方のFC東京は粘り強い守備とディエゴ・オリヴェイラの強さを生かしたポストプレーが機能する一方、中盤やサイドバックの押し上げが遅くなかなか決定機を作れない。結局、互いに見せ場を欠くクローズな展開が目立った前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、試合はいきなり動く。48分、中盤に下りてクサビを受けた前田が粘って落とすと、これを高萩が見事なダイレクトスルーパス。これに反応した東がDF槙野に寄せられながらもボックス内まで持ち込み、DF宇賀神がカバーに入る直前で右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽この試合、最初に与えた決定機を決められて先制を許した浦和だったが、得意のセットプレーですぐさま追いつく。50分、左CKの場面でキッカーの柏木が左足でアウトスウィングのボールを入れると、DFチャン・ヒョンスとのポジション争いを制した槙野が体勢を崩しながらも右足で流し込んだ。 ▽1-1のイーブンに戻った試合はここからヒートアップしていく。61分には追いついて勢い付く浦和がマルティノスの左クロスをファーの武藤が頭で折り返し、これをゴール前の興梠がワンタッチシュートで枠の右隅に飛ばすが、GK林の好守に遭う。直後には柏木の右CKから再び槙野に決定機もヘディングシュートは枠の上に外れる。 ▽その後も浦和ペースで試合が進んでいく中、攻撃に変化を加えたいアウェイチームは64分に長澤を下げて柏から加入の武富、83分には武藤を下げてズラタンを投入する。一方、流れを変えたいFC東京は70分過ぎにディエゴ・オリヴェイラ、前田を下げて永井と注目の久保を続けて投入。高さと強さを生かした2トップからスピードとテクニックを生かした2トップに変更。さらに、85分には大森を下げて横浜FMから加入の富樫もピッチに送り込む。 ▽試合終盤にかけてはズラタンと興梠の2トップに変更した浦和が攻勢を強めるものの、流れの中でFC東京の堅守をこじ開けられない。逆に、試合終了間際の90分にはFC東京のカウンターから東とパス交換したボックス中央の久保に決定機も、左足のシュートは勢いを欠きGK西川にキャッチされた。 ▽そして、試合はこのままタイムアップ。開幕戦らしい堅い展開となった試合は互いに痛み分けの1-1のドローとなった。 2018.02.24 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】長谷川体制始動、心機一転を図る新シーズン《FC東京》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来を先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第6弾はFC東京を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆“3冠監督”の下でのリスタート</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2017シーズンはリーグ屈指の大型補強を行い優勝候補に名乗りを上げたが、最後までポテンシャルを発揮することなく、終わってみれば13位。仕切り直しを図る新シーズンに向けては、ガンバ大阪時代に2014シーズンの3冠を含む6度のタイトル獲得にチームを導いた長谷川健太監督を招へいし、新体制発表会でも優勝を掲げていた。とはいえ、昨シーズン終盤の状態を考えれば攻守ともに課題は多い。特にリーグ13位の37得点に留まった得点数について、長谷川監督は「50得点以上を目指す」、「そういった数字をクリアしなければタイトルには手が届かない」と口にしており、優勝を目指すには劇的な改善が求められる。FW大久保嘉人、FWピーター・ウタカと、昨シーズンそれぞれ8得点でチーム内得点王となった2選手が退団していることもあり、攻撃の構築には時間がかかるだろう。まずは長谷川監督が基軸とする守備組織を熟成させた上で、一歩ずつ着実に前進していくことが必要だ。 <span style="font-weight:700;">◆長谷川体制構築に向けた補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:C】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽即戦力としての補強はMF大森晃太郎、FW富樫敬真、FWディエゴ・オリヴェイラに留まった。しかし、長谷川監督が「ポテンシャルの高い選手が多い」と口にしていた通り戦力的に十分と考えたために、昨シーズンのような派手な補強は控えたのだろう。逆に監督のスタイルに合致した、求める選手のみをピンポイントで補強したとも表現できる。とはいえ、FW大久保嘉人、FWピーター・ウタカといったスコアラーや、MF石川直宏、DF徳永悠平の両ベテランが抜けた精神的な穴は大きい。特にDF徳永悠平の放出に際して、右サイドバックのバックアッパーを獲得しなかったことは、不安要素となりそうだ。<hr>【IN】 MF大森晃太郎(25)←ヴィッセル神戸/完全 MF品田愛斗(18)←FC東京U-18/昇格 FW富樫敬真(24)←横浜F・マリノス/期限付き FWディエゴ・オリヴェイラ(27)←柏レイソル/期限付き FW原大智(18)←FC東京U-18/昇格 FW矢島輝一(22)←中央大学/新加入 【OUT】 DF徳永悠平(34)→V・ファーレン長崎/完全 MFユ・インス(23)→アビスパ福岡/期限付き MF野澤英之(23)→愛媛FC/期限付き MF佐々木渉(21)→カマタマーレ讃岐/完全 MF石川直宏(36)→引退 FW大久保嘉人(35)→川崎フロンターレ/完全 FWピーター・ウタカ(34)→サンフレッチェ広島/期限付き満了<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF大森晃太郎(25) 2017シーズン(J1) 26試合出場4得点<hr>▽キープレーヤーは、ガンバ大阪時代に長谷川監督の指導の下でタイトル獲得に貢献したMF大森晃太郎だ。中盤でのダイナミックな動き、攻撃に推進力を持たせられる点が魅力な選手であり、監督も「ああいうタイプの選手はいなかった」と述べている通り、FC東京に変化を持たせることができる。恩師が直々に補強を持ち掛けたことも伝えられており、飛躍を遂げるためにはこの選手の活躍が鍵となることは間違いない。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズン用いていた[3-1-4-2]ではなく、[4-4-2]もしくは[4-4-1-1]を基軸とする可能性が高い。最前線には、自ら仕掛けてチャンスを作ることができるFWディエゴ・オリヴェイラがファーストチョイスとなり、相方にFW前田遼一、FW富樫敬真、FW永井謙佑の候補が挙がる。相性を考えれば、衛星のような動きができ経験にも秀でているFW前田遼一が有力だ。 ▽中盤に関しては、サイドハーフの一枚はMF大森晃太郎に。逆サイドにはMF東慶悟とFW永井謙佑が競合するが、プレシーズン中の試合ではより推進力のあるFW永井謙佑を右に置き、MF東慶悟はボランチで起用されていた。中盤中央の2枚には、ゲームをコントロールするためにもMF高萩洋次郎は欠かせない。ボール奪取から積極的に最前線に顔を出すMF橋本拳人がその相方となり、MF東慶悟は状況に応じた起用となるだろう。 ▽バックラインに関しては、両サイドバックのDF太田宏介、DF室屋成は固い。センターバックには負傷から回復したDF森重真人、その相方にはDF丸山祐市ではなく新キャプテンに任命されたDFチャン・ヒョンスが収まる可能性は高い。 2018.02.18 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FM戦勝利も、内容重視のFC東京MF高萩洋次郎「ボールが奪える場面を作れれば」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽FC東京で2シーズン目を迎えているMF高萩洋次郎は、長谷川健太新監督の下、この日は先発フル出場を果たした。攻撃的なサッカーを展開した横浜FMとの対戦を、試合後に以下のように振り返った。 ◆MF高萩洋次郎(FC東京) 「自分たちの前で(ボールを)回させる分には問題なかった。その中でうまくボールを奪える場面が作れれば良いと考えていた」 ──中盤やセンターラインをタイトに保っていたが 「中はしっかり閉めてボールを通させないようにした。外に出た時はしっかりスライドして対処することを意識していた」 ──相手の布陣に対して人数的なミスマッチがあったように見えたが 「右サイドではそのような場面があったが、前半のうちに修正することができた」 2018.02.17 18:33 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京新主将のDFチャン・ヒョンス「楽しみなシーズンに」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽今シーズンから主将を務めるDFチャン・ヒョンスは試合後、メディア陣の囲み取材に対して次のように応対。キャプテンマーク継承発表後、初めて臨んだ試合を振り返り、「楽しみなシーズンになる」と語った。 ◆DFチャン・ヒョンス(FC東京) ──試合を振り返って 「一人ひとりがよく走り、守備からしっかり守っていく一体感を持って、みんなプレーした。チームが良い方向に進めるように、良い結果を手にできるように、一つになって戦うことができたと思っている」 ──キャプテン就任について 「まだピッチ内外でキャプテンとしてやるべきことがたくさんある。まずは自分が姿勢を示して、チームを引っ張っていけたら良い」 ──キャプテン就任を受けた当時の心境について 「最初は動揺したし、驚いた。でも、自分の中で何をすべきかをよく考えるようになった」 ──今日の試合はキャプテンとしての第一歩になったが 「個人としては、まだ試合を振り返ってみないとわからない。ただ、結果を見てのとおり、チームの方向性を示すことができた。これから楽しみなシーズンになると思っている」 ──前キャプテンのDF森重真人とのコミュニケーションについて 「具体的に、キャプテンについての話はない。まだまだキャプテンとしての器が不足している分、たくさんいる良い選手たちに助けてもらいながら、チームを引っ張っていきたい」 2018.02.17 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

決勝点のFC東京FW前田遼一「勝てたのは良かったが残りの1週間でさらなる成長を」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽この試合で5分に決勝点を挙げたFW前田遼一。その得点シーンを振り返るとともに、23日に開幕を控える明治安田生命J1リーグ初戦の浦和レッズ戦についても言及した。 ◆FW前田遼一(FC東京) ──得点シーンについて 「(大森)晃太郎がいたのでトラップしようと思ったが、ゴールが空いてたのでダイレクトで狙った。落ち着いて決めることができた」 ──ここまでキャンプと練習試合を合わせての仕上がり具合は 「チームで勝てているのはいいことだが、始まってみないとわからない」 ──この勝利で(開幕戦)浦和レッズとの試合に気持ち良く臨めると思うが 「気持ち良く臨めることは確かだが、レッズもいいチーム。残りの1週間でさらに成長できればと思う」 2018.02.17 18:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース