元神戸のラウドルップ氏が今季CL優勝チームを予想! 「決勝に慣れているチームに賭ける。それは…」2018.02.14 10:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代にバルセロナやレアル・マドリー、ヴィッセル神戸などでプレーした元デンマーク代表ミカエル・ラウドルップ氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ優勝チームを予想した。スペイン『アス』が『Omnisport』でのインタビューを引用して伝えている。

▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。決勝トーナメントに進出した16チームは、ユベントス、トッテナム、バーゼル、マンチェスター・シティ、ポルト、リバプール、セビージャ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、シャフタール・ドネツク、ローマ、チェルシー、バルセロナ、バイエルン、ベシクタシュだ。

▽現在カタール・スターズリーグ(1部相当)のアル・ラーヤンの指揮官を務めるラウドルップ氏は、「決勝の舞台に慣れているチーム」という理由から優勝チームを予想した。

「私の経験から、決勝の舞台に慣れているチームに賭けるね」

「それはスペインでプレーしたことがある2つのチーム。レアル・マドリーとバルセロナだよ。ダークホースはマンチェスター・シティだ」

「彼らは2チーム分を作るだけの戦力がある。9人の選手を代えることができる現在のフットボール界でも数少ないチームだよ。そのメンバーを見ても私は『わお! これは素晴らしいチームだね』と言うだろうね」

コメント

関連ニュース

thumb

レヴァンドフスキの去就に大きな動き! 剛腕代理人ザハビ氏と契約

▽来夏以降、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)の去就に大きな動きが出てきそうだ。ポーランド屈指のジャーナリスト、マテウシュ・ボレク氏が自身の公式ツイッターを通じて、レヴァンドフスキと剛腕代理人の契約締結を伝えている。 ▽世界最高峰の万能型ストライカーとしてドイツの盟主、バイエルンのエースストライカーに君臨するレヴァンドフスキ。しかし、新たな挑戦を求める同選手にはレアル・マドリーやバルセロナ、パリ・サンジェルマン(PSG)、プレミア方面への移籍の噂が幾度となく浮上している。 ▽そのレヴァンドフスキは、これまでポーランド人代理人チェザリー・クシャルスキ氏と10年間に渡って契約を結んでいたが、このたびその契約を解消した模様。そして、新たな代理人として選んだのが、ジョルジュ・メンデス氏やミーノ・ライオラ氏と並ぶスーパーエージェントと評されるイスラエルの剛腕代理人ピニ・ザハビ氏のようだ。 ▽現在、73歳のザハビ氏は代理人になる以前にジャーナリストとして活躍し、その際に幅広い人脈を手にした。代理人業をスタートした同氏は、ジャーナリスト時代に親交を温めていたアレックス・ファーガソン氏らプレミアリーグの名立たる監督たちとのコネクションを生かしてDFリオ・ファーディナンドやMFフアン・セバスティアン・ベロン、DFヤープ・スタムなどの大物選手の移籍を実現。 ▽さらに、ロマン・アブラモビッチ氏によるチェルシー買収に尽力した同氏は、FWディディエ・ドログバやGKペトル・チェフ、MFマイケル・エッシェンなどの移籍にも絡んでいた。 ▽その一方で、現在も代理人を務めるFWカルロス・テベスやMFハビエル・マスチェラーノの物議を醸したウェストハム移籍などきな臭い取引にも関わっており、近年は一線から退いていた。 ▽だが、ここ最近に入って再び動き始めた代理人界の巨人は、FWネイマールのバルセロナからPSGへのオペレーションにおいて中心的な役割を果たしており、この取引を通じて3500万ユーロ(約46億円)を手にしたとの報道も出ていた。 ▽なお、レヴァンドフスキとザハビ氏の契約締結を受けて、新天地の有力候補には前述のPSGとバルセロナの名前が挙がっている。PSGはFWエディソン・カバーニに代わる新たなエースストライカー、バルセロナはFWアントワーヌ・グリーズマンからのターゲット変更で同選手の獲得を目指す見込みだ。 2018.02.23 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、セルジ・ロベルトと2022年まで契約延長! 「目標はできるだけ長く留まること」

▽バルセロナは22日、スペイン代表MFセルジ・ロベルト(26)との契約延長を正式に完了したことを公式ツイッター(@FCBarcelona)上で発表した。 ▽クラブ側が16日に伝えていた通り、セルジ・ロベルトは、2022年6月30日までの新契約にサイン。なお、契約解除金は5億ユーロ(約660億円)に設定されている。同選手は、クラブ公式ツイッターを通して以下のようにコメントしている。 「僕はいつだってここに居たいと願ってきた。幼少期からバルサファンなんだよ。12年間バルサで過ごしていて、目標はできるだけ長く留まることだ」 「(リオネル・)メッシと連係することは本当に容易い。彼は全てを簡単にしてしまうからね。世界最高の選手で、彼の近くに居ると全てが良くなるんだ」 ▽バルセロナのカンテラーノであるセルジ・ロベルトは、2010年11月のコパ・デル・レイのセウタ戦でトップチームデビュー。ここまでトップチームでの公式戦186試合に出場し7ゴール23アシストを記録している。 2018.02.22 23:05 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサが敵地の第1戦を1-1で終えた場合...84%の確率でラウンド突破

バルセロナにとって、敵地でのドローは価値のあるものだったと言えそうだ。<br><br>20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦が行われ、バルセロナは敵地スタンフォード・ブリッジでチェルシーに1-1と引き分けた。過去のデータを見れば、バルセロナがラウンド突破に向けて優位かもしれない。<br><br>過去、バルセロナが決勝トーナメントにおいてアウェーでの第1戦を1-1で終えたのは13回だ。そのうち、11回でラウンド突破を決めている。<br><br>そのうちバルセロナが敗退したのは2回。1992-93シーズン(対CSKAモスクワ)、2002-03シーズン(対ユベントス)のみだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.22 10:51 Thu
twitterfacebook
thumb

皇帝マルケスが今季限りで現役引退へ! ロシアW杯出場で有終の美飾れるか?

▽モナコやバルセロナで活躍し、現在はリーガMXのアトラスに所属するメキシコ代表DFラファエル・マルケス(39)が今シーズン限りで現役を引退することになるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、現在39歳でキャリア最終盤を迎えているマルケスは今シーズン終了限りで現役を引退し、来季からアトラスのクラブスタッフに就任することを決断したという。 ▽なお、昨年行われたFIFAコンフェデレーションズカップに出場するなど、メキシコ代表通算142試合に出場しているマルケスは、今年6月に行われるロシア・ワールドカップ本大会を、現役最後の舞台にしたい考えであるようだ。 ▽しかし、コンフェデレーションズカップ以降、代表からは招集されておらず、同大会で有終の美を飾れるかは微妙なところだ。 ▽1996年に母国のアトラスでプロキャリアをスタートしたマルケスは、1999年にモナコに完全移籍。卓越した戦術眼と守備センス、パスセンスを武器に主力に定着すると1999-2000シーズンのリーグ・アン制覇に貢献。さらに、2003年に加入したバルセロナではフランク・ライカールト体制の主力DFとして4度のリーガエスパニョーラ制覇、2度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。 ▽その後、出場機会や新たな挑戦を求めてニューヨーク・レッドブルズ、クラブ・レオン、ヴェローナを渡り歩いたマルケスは2015年にキャリアをスタートした古巣アトラスに復帰。頼れるリーダーとして活躍する一方、昨年8月には麻薬取引に関与している疑いで、アメリカ財務省から制裁を受けるなど、プライベートで問題を抱えていた。 2018.02.22 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

「メッシを超えたいなら…」アンリ氏がネイマールに過激な助言?

▽元フランス代表のティエリ・アンリ氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールにアドバイスを送っている。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽昨夏バルセロナからPSGに移籍したネイマール。『カルチョメルカート』はこの移籍を「メッシの影から出たかったから」と推測し、バロンドールを獲得するための移籍だったとしている。 ▽現役時代にはバルセロナでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシともプレーしたアンリ氏。この推測について問われると、ネイマールにあるアドバイスを送った。 「私は、ネイマールがメッシの影から抜け出したくてバルセロナを出ていったのかどうかはわからない」 「ただ、全ての選手がメッシの影に隠れてしまっていることは事実だ。ネイマールがそうありたくないのであれば、彼はスポーツを変えるべきだね」 2018.02.21 23:08 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース