元神戸のラウドルップ氏が今季CL優勝チームを予想! 「決勝に慣れているチームに賭ける。それは…」2018.02.14 10:36 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代にバルセロナやレアル・マドリー、ヴィッセル神戸などでプレーした元デンマーク代表ミカエル・ラウドルップ氏は、今シーズンのチャンピオンズリーグ優勝チームを予想した。スペイン『アス』が『Omnisport』でのインタビューを引用して伝えている。

▽ほぼ順当に勝ち上がりが決定した今シーズンのCL。決勝トーナメントに進出した16チームは、ユベントス、トッテナム、バーゼル、マンチェスター・シティ、ポルト、リバプール、セビージャ、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、シャフタール・ドネツク、ローマ、チェルシー、バルセロナ、バイエルン、ベシクタシュだ。

▽現在カタール・スターズリーグ(1部相当)のアル・ラーヤンの指揮官を務めるラウドルップ氏は、「決勝の舞台に慣れているチーム」という理由から優勝チームを予想した。

「私の経験から、決勝の舞台に慣れているチームに賭けるね」

「それはスペインでプレーしたことがある2つのチーム。レアル・マドリーとバルセロナだよ。ダークホースはマンチェスター・シティだ」

「彼らは2チーム分を作るだけの戦力がある。9人の選手を代えることができる現在のフットボール界でも数少ないチームだよ。そのメンバーを見ても私は『わお! これは素晴らしいチームだね』と言うだろうね」

コメント

関連ニュース

thumb

メッシやマウコム、ラフィーニャ弾でバルセロナがボカに快勝《プレシーズンマッチ》

▽バルセロナは15日、ジョアン・ガンペール杯でボカ・ジュニアーズとカンプ・ノウで対戦し、3-0で快勝した。 ▽3日前に行われたセビージャとのスーペル・コパを2-1で制したバルセロナは、週末にリーガエスパニョーラ開幕を控える中、セビージャ戦のスタメンから8選手を変更。メッシ、ピケ、GKテア・シュテーゲンの3選手のみ引き続きスタメンとなり、新戦力のビダルやマウコム、ワールドカップ出場組のラキティッチやユムティティらが先発となった。 ▽[4-3-3]を採用したバルセロナは、4バックに右からセルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ミランダ、中盤アンカーにラキティッチ、右インサイドにコウチーニョ、左インサイドにビダル、3トップに右からメッシ、ムニル、マウコムと並べた。 ▽コロンビア代表のバリオスやカルドナ、ウルグアイ代表のナンデスらを先発で起用してきたボカに対し、バルセロナが立ち上がりから仕掛ける展開となると、18分に先制する。ボックス左で仕掛けたマウコムがDFを外してグラウンダーの鋭いシュートをゴールに突き刺した。 ▽さらに39分、ムニルへのパスがカットされたルーズボールを拾ったメッシがボックス中央に侵入。GKとの一対一をチップキックシュートで制し、バルセロナが追加点を奪って前半を終えた。 ▽後半からマウコムとミランダを除いた9選手を変更し、ラフィーニャやアルトゥール、ラングレらを投入したバルセロナは56分にピンチ。しかし、GKシレッセンが一対一を制して失点を許さない。 ▽後半に入ってチャンスのないバルセロナは64分にスアレスやブスケッツ、デンベレらを投入。すると67分、スアレスとのパス交換でボックス左に侵入したラフィーニャがGKを交わしてゴールを決め、3-0と突き放した。このまま試合を終わらせたバルセロナが快勝でリーガ開幕に弾みを付けている。 2018.08.16 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

テベス、メッシとの再会に「彼は幸せな気分にしてくれる」

▽ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの再会を楽しみにしているようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽毎年8月バルセロナが主催し、本拠地カンプ・ノウに国内外からクラブを招いて行われるジョアン・ガンペールカップ。今回はボカ・ジュニアーズが招待されて、両者は15日に対戦する。 ▽ボカ・ジュニアーズのテベスは、かつてのアルゼンチン代表のチームメイトであるメッシについて言及。敵味方関係なく、同じピッチで共にプレーできる喜びを語った。 「彼とプレーすることは、常に美しいことだよ。共にプレーする時、幸せな気分にさせてくれるんだ」 「それが(相手として)対戦する時であろうと、(チームメイトとして)近くでプレーを観れる時であろうとね。今回もきっと幸せにしてくれるはずさ」 2018.08.15 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルドー、バルセロナB主将DFパレンシアをレンタルで獲得!

▽ボルドーは14日、バルセロナBからスペイン人DFセルジ・パレンシア(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得することで合意したと発表した。同選手は15日にメディカルチェックを受診した後、正式に加入となる。 ▽バルセロナのマシア出身の右サイドバックのパレンシアは2015年からバルセロナBでプレー。豊富な運動量に加え、元々中盤でプレーした技術を武器にビルドアップでも貢献できる、バルセロナ育ちらしいラテラルだ。さらに、2016年からはバルセロナBでキャプテンを務めるなど、リーダーシップにも優れるタレントだ。 ▽ここ数年、トップチームでのプレー機会が与えられる可能性が指摘されてきたが、レンタル先のボルドーで自身初のトップリーグを経験することになりそうだ。 2018.08.15 13:23 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナFWアルナイス、レガネスへ完全移籍

▽レガネスは13日、バルセロナのスペイン人FWホセ・マヌエル・アルナイス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。移籍金は500万ユーロ(約6億3000万円)+ボーナスとのことだ。 ▽バジャドリーで頭角を現したウインガー兼ストライカーのアルナイスは、2017年夏にバルセロナに移籍。バルセロナでは主にBチームでプレーしていたが、昨季はコパ・デル・レイで4試合に出場して3ゴールを挙げ活躍していた。 2018.08.14 03:23 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサのタイトル最多獲得選手となったメッシ…バルベルデ「似たような選手現れない限り並べない」

12日のスペイン・スーパーカップ、バルセロナはセビージャを2&minus;1で下して、2年ぶりの優勝を果たした。エルネスト・バルベルデ監督は試合後、チームが勝利に値したことを強調している。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』がチングリ(バルベルデ監督の愛称、蟻の意)のコメントを伝えた。<br><br>「セビージャは後方に引いたが、私たちが予期するところではなかった。最初はプレーリズムが遅く、苦労を強いられた。ライン間のスペースもなかったしね。少し焦った時間帯もあったが、しかし私たちは勝利に値したと思う」<br><br>また強烈なミドルシュートでチームを逆転勝利に導いたFWウスマン・デンベレに対して、称賛の言葉を述べている。<br><br>「均衡を崩せるという点で、信じられないクオリティーを有している。私たちに多くのことをもたらしてくれると期待を寄せているし、少しずつ力を発揮してほしいね」<br><br>「彼は時間が経つに連れて良くなっていた。というのも、最初はライン間にスペースが存在しなかったからね。とても難しい試合だったし、ライン間のスペースがあれだけ少なければじつに困難な内容となる。しかし、彼はそのスペースでボールをうまく受けて、ゴラッソを決めてくれた」<br><br>バルベルデ監督はその一方で、この優勝によってバルセロナでのタイトル獲得数を33に伸ばし、同クラブのタイトル最多獲得選手となったFWリオネル・メッシにも言及した。<br><br>「ほかの選手が到達できる記録とは思えない&hellip;&hellip;。ほかに達成できる選手がいるならば、それはメッシのような選手にほかならない」<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.14 00:25 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース