「サウサンプトンでプレーするために生まれた。その後…」少年ファンが掲げたフラッグが話題に2018.02.14 09:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽11日に行われたプレミアリーグ第27節である少年ファンの掲げたフラッグが注目を浴びている。イギリス『ガーディアン』などが報じた。

▽それはセント・メリーズ・スタジアムで行われたサウサンプトンvsリバプール(試合は2-0でリバプールの勝利)の一戦。試合中、中継カメラが観客席にいるサウサンプトンの少年ファンを映すと、掲げられたフラッグには「サウサンプトンでプレーするために生まれた。その後リバプールへ売られる」という皮肉が混じったメッセージが書かれていた。

▽ここ数年、セネガル代表FWサディオ・マネ、イングランド代表DFナサニエル・クライン、クロアチア代表DFデヤン・ロブレン、イングランド代表MFアダム・ララナらサウサンプトンで活躍した選手たちがリバプールに移籍。また、この一戦は今冬の移籍市場でサウサンプトンからリバプールに移籍したオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの初の古巣戦となっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

シティがジェズスの劇的AT弾で勝ち点100到達! 吉田フル出場のセインツは敗戦もスワンズ降格で残留決定《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ最終節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが13日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが1-0で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽ミッドウィークに行われた18位スウォンジー(勝ち点33)との直接対決を制した17位サウサンプトン(勝ち点36)は、得失点差が9点あることもあり残留をほぼ確定。引き分け以上で自力での残留が決定する今回の一戦では出場停止明けの吉田が復帰するなど、現状のベストメンバーが起用された。 ▽一方、前節のブライトン戦を3-1で快勝して1シーズンでの最多勝ち点、最多勝利、最多得点記録を更新したシティ。今回の最終節ではその3つの記録と共にアウェイ最多勝利更新を目指した。なお、グアルディオラ監督は引き続きエデルソンやウォーカー、シルバなど一部主力を温存した。 ▽残留確定に向けてまずは大量失点を避けたいサウサンプトンだったが、極端に引くことはなく要所でチャンスを作りながら先制点に近づく。7分にはスティーブンスのシュートで最初の決定機を作ると、8分にはCKからホードがクロスバー直撃のシュートも見せる。 ▽一方、勝ち点100の大台を目指すシティはいつも通りボールを保持して相手を押し込む。しかし、純粋なセンターフォワード不在でやや前線での収まりを欠き、数的優位を保って粘り強く守る相手守備を崩し切れない。前半半ばを過ぎると、スターリングやギュンドアンらに幾度かフィニッシュのチャンスが訪れるも、ことごとく相手のブロックに遭い、前半のうちに決定機らしい決定機を作り出すことはできなかった。 ▽後半もシティが試合をコントロールしていくが、集中したセインツ守備陣に手を焼く。流れを変えたいグアルディオラ監督は59分にデルフを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。システムを[3-4-3]の攻撃的な布陣に変更する。 ▽この交代をキッカケに攻勢を強めるシティは60分過ぎにボックス内でザネのシュートのこぼれ球を拾ったスターリングが右足を振り抜くが、これは右ポストを叩く。さらにこの流れで得たCKをストーンズが頭で合わすが、これはわずかに枠の上を越えた。 ▽一方、64分にロング、ワード=プラウズを同時投入したサウサンプトンは前がかる相手に対して、シンプルに最終ラインの裏を狙う攻撃で幾度か決定機を作り出す。78分にはボックス左でGKブラーボをつり出したタディッチが無人のゴールへシュートを放つが、これはフェルナンジーニョの決死のゴールカバーに阻まれ、先制点とはならず。 ▽試合終盤にかけてディアス、フォーデンと2人の若手を投入しゴールを目指すシティは、最後の最後に劇的ゴールを奪う。94分、自陣からデ・ブライネが絶妙なロングフィードを送ると、これに抜け出したジェズスがそのままボックス中央に抜け出して右足のシュート。必死に戻ったDF吉田の寸前で放たれたボールがそのままゴールネットを揺らした。そしてこの直後、試合はタイムアップ。 ▽ジェズスの劇的ゴールで最終節での勝利を飾ったシティは前述の3つの記録を更新すると共に、前人未到の勝ち点100到達と共にアウェイ最多勝利記録(16勝)を樹立する圧巻のフィナーレを迎えた。一方、敗れたサウサンプトンだったが、17位でのプレミアリーグ残留が決定した。 ▽また、同日行われたスウォンジーvsストーク・シティは、アウェイのストークが2-1で逆転勝利した。この結果、18位スウォンジーは2010-11シーズン以来のチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。 2018.05.14 01:34 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田麻也欠場の17位・サウサンプトン、残留をほぼ確実に! 18位・スウォンジーとの直接対決を制す《プレミアリーグ》

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウンサンプトンは8日、プレミアリーグ第31節延期分でスウォンジーとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。吉田は前節の退場により、出場停止となっている。 ▽プレミアリーグも残り2試合。17位・サウサンプトン(勝ち点33)と、降格圏内に位置する18位・スウォンジーの一戦。サウサンプトンは負ければ降格圏内に落ちてしまい、スウォンジーは勝てば残留圏内へ浮上する重要な試合は硬い試合展開となる。 ▽そんな中、サウサンプトンは68分、ベトナレクに変えてガッビアディーニを投入。すると迎えた72分、左CKが混戦になり、ボックス内からオースティンがシュートを放つ。一度はGKファビアンスキに弾かれたが、ゴール前で待ち構えていた途中出場のガッビアディーニがプッシュ。サウサンプトンが貴重な先制点を奪った。 ▽先制に成功したサウサンプトンは、この1点を最後まで守りきり、1-0で勝利した。この結果、サウサンプトンは勝ち点を36に伸ばして16位に浮上。18位のスウォンジーに3ポイント差をつけ、残り1節で得失点差を「9」上回っているため、残留をほぼ確実とした。 ▽また、今回の結果で19位に位置していたWBA(勝ち点31)の降格が決定している。 2018.05.09 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「ジョン・モスだから…」サウサンプトン指揮官が吉田麻也を退場させた主審に怒り

サウサンプトンのマーク・ヒューズ監督は、エバートン戦における主審の判定について、いくつか納得のいかない点があるようだ。<br><br>5日に行われたプレミアリーグ第37節でサウサンプトンは、敵地でエバートンと対戦。サウサンプトンは後半に先制点を奪うも、終盤に吉田麻也が2回目の警告を受けて退場。数的不利になると後半アディショナルタイムに失点を喫して1-1のドローで終えた。<br><br>敵地での勝ち点を手にし、サウサンプトンは降格圏を脱出したものの、ヒューズ監督はこの結果に怒り心頭。試合後の『BTスポーツ』のインタビューで、主審を務めたジョン・モス氏をはじめ、オフィシャルを辛らつに批判した。<br><br>「オフィシャルに対して怒りを覚えている。いくつもの信じられないような判定を下された。そして終盤には彼の判定のせいで10人になってしまった。我々に大きな影響を与えた彼らのパフォーマンスにはがっかりだ」<br><br>また、吉田の退場について「2つ目の反則の場面では、ややタイミングを誤ったタックルで(警告の)可能性は確かにあった。だがジョン・モスであることを考えればレッドカードに相当したのだろう」と言及。<br><br>今節、残留争いのライバルであるスウォンジーが敗れたことで、降格圏を脱出したサウサンプトンだが、8日にスウォンジーとの直接対決を迎える。この試合に向けヒューズ監督は「スウォンジーとの非常に重要な試合が待っている。この試合でどちらかが残留し、どちらかが落ちることがほぼ決定するだろう」とコメントを残している。<br><br>提供:goal.com 2018.05.06 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田退場のセインツ、終了間際の被弾でドローも17位に浮上《プレミアリーグ》

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは5日、プレミアリーグ第37節でエバートンと対戦し、1-1で引き分けた。先発出場した吉田は85分に退場処分となった。 ▽降格圏の18位に位置しているセインツ(勝ち点32)。前節はボーンマスとのホーム戦を2-1で制し、何とか残留争いに踏みとどまった。まだまだ残留の可能性を残す中で、今節はボーンマス戦から1人変更。レドモンドの代わりにホイビュルクが先発に入った。 ▽ファーストシュートはエバートンに許す。3分、トップ下に入ったトム・デイビスがミドルシュートでセインツゴールを脅かす。20分にはオースティンのボレーシューとでセインツもゴールに迫るが、このシュートはGKピックフォードに弾かれてしまう。 ▽ゴールレスで前半を終えたセインツだが、前半終了間際にレミナが負傷。後半からはレミナに代わりレドモンドが起用された。すると迎えた56分、右サイドのセドリックのクロスをレドモンドが頭で押し込みセインツが先制。アクシデントによる交代だったが、その交代が功を奏し貴重な先制点を奪った。 ▽69分には左サイドを攻めたバートランドのクロスからチャンスを演出。ジャギエルカにクリアされるが惜しいシーンだった。その直後、セインツはタディッチを下げてワード=プラウズを投入。攻撃にテコを入れた。 ▽試合も終盤に入った85分、吉田がニアッセを倒しこの日2枚目のイエローカードで退場に。リードしているセインツだが、1人少ない状態で残りの時間を守りきらねばならなくなった。 ▽後半アディショナルタイムにはエバートンのベインズにFKを枠内に飛ばされるもGKマッカーシーがファインセーブ。4分のアディショナルタイムも経過しこのまま終わるかに思われたが、96分、グイエの横パスをトム・デイビスがボックス外からシュートを放つと、これがホードの左足に当たりゴールに吸い込まれてしまった。 ▽最後の最後に悪夢が待っていたセインツ。掴みかけていた勝ち点3を手放してしまったものの、順位を1つ上げ、17位に浮上した。 2018.05.06 03:36 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田麻也、サウジの強豪アル・ヒラルへ?

▽サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也(29)にサウジアラビア行きの可能性が急浮上した。 ▽サウジアラビア『ahdaaf』によれば、強豪アル・ヒラルの会長を務めるサーミー・アル・ジャービル氏が「非常にレベルの高い外国籍FWとDFとの交渉がまとまった。間もなく詳細を伝える」と言及。そのDFとは、吉田だという。 ▽吉田は、2012年夏にVVVフェンロからサウサンプトンに加入した日本が誇るセンターバック。昨年8月に2020年までの新契約にサインした。公式戦通算131試合に出場。今シーズンはここまで公式戦26試合に出場している。 2018.05.03 08:15 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース