ザネ「パーフェクトなCLの夜だ」…6週間から7週間離脱かと思われたケガからわずか16日で復帰2018.02.14 09:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネが、復帰を喜んだ。▽ザネは1月28日に行われたFA杯4回戦のカーディフ戦の前半終了間際に危険なタックルを受けて負傷。足首じん帯損傷と診断され、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督からは「6週間から7週間はアウト」だと説明されていた。

▽そんな中、ザネは13日に行われたチャンピオンズリーグ1回戦1stレグのバーゼル戦にベンチ入りすると、4-0と大量リードして迎えた57分にスターリングに代わって途中出場。負傷日からわずか16日で復帰を果たし、試合はそのまま4-0で終了した。

▽試合後、復帰を果たしたザネは自身のツイッタ―(@LeroySane19)を更新。復帰を報告し、「パーフェクトなチャンピオンズリーグの夜」とコメントを残した。

「勝利と共にピッチに戻った。僕ら全員にとってパーフェクトなチャンピオンズリーグの夜だ」

コメント

関連ニュース

thumb

デ・ブライネ、今季初先発で勝利に満足…離脱期間中のマンCにも言及

マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが今季初先発を飾り、勝利に満足げな様子を見せている。<br><br>シティは23日、チャンピオンズリーググループステージ第3節でシャフタール・ドネツクと対戦。先日のバーンリー戦で実戦復帰していたデ・ブライネは、ついに先発復帰を果たした。試合はダビド・シルバのゴールで前半に先制すると、デ・ブライネのアシストでアイメリク・ラポルテが追加点。最終的には3-0と敵地で完勝を収めている。<br><br>デ・ブライネは自身のコンディションについて「いい感じだよ。戻ってプレーできているし、今日は良かった。どんどんと強くなれている。リズムを取り戻すためにはまだ試合が必要だけど、週末は30分で、今日は60分出場できた。問題ないよ」と語った。<br><br>また、自身が離脱していた間のチーム状況についても問われ、「よくやっていたと思う」と話し、こう続けた。<br><br>「チャンピオンズリーグのリヨン戦を除いて負けていないわけだからね。僕なしでもうまくやっていたと思うけど、そもそも(僕がいなくとも)何も変わらないと予想していたよ」<br><br>指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督は「就任以来、最高の試合の一つ」とパフォーマンスを絶賛したが、デ・ブライネは「多くのいい試合があったし、比べるのは難しい」と話すにとどめる。さらに、ビッグイヤー獲得の可能性についても言葉を選んだ。<br><br>「まだ何か言うには早いよ。毎試合勝とうとしているし、これから何が起こるか待ってみよう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.24 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地で3発快勝のシティがグループF首位に浮上!《CL》

▽マンチェスター・シティは23日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節でシャフタール・ドネツクとアウェイで対戦し、3-0で勝利した。 ▽2日に行われた前節のホッフェンハイム戦で今季CL初勝利を飾ったシティは、直近に行われたプレミアリーグ第9節のバーンリー戦から先発を4人変更。アグエロ、ザネ、ベルナルド・シウバ、コンパニに代えてガブリエウ・ジェズス、スターリング、デ・ブライネ、オタメンディを起用した。 ▽一方、ここまでCLで2引き分けのシャフタールは、前節2ゴールのジュニオール・モラエスやフェルナンド、マイコンが先発に起用された。 ▽マフレズ、ジェズス、スターリングの3トップで試合に臨んだシティは、立ち上がりから両ウイングを経由した厚みのある攻撃でシャフタールゴールに迫る。すると14分、シルバのスルーパスでゴールエリア付近まで侵入したジェズスがシュートを放つも、これは飛び出したGKピアトフに阻まれた。 ▽主導権を握るシティは28分、マフレズの右クロスからゴール前に走り込んだシルバが左足で合わせたが、これは右ポストを直撃。決定機を逃したシティだが、30分に左サイドの高い位置でパスを受けたメンディの折り返しをボックス中央左寄りの位置で受けたジェズスが反転からシュート。これは相手DFのブロックに遭うも、セカンドボールの浮き球をシルバがダイレクトボレーでゴール右隅に突き刺した。 ▽先制したシティは、35分にもデ・ブルイネの左CKをゴール前のラポルテがヘディングシュートをゴール右に流し込み、立て続けにゴールネットを揺らした。 ▽後半も開始早々からシティが、シャフタールゴールに迫る。49分、マフレズのスルーパスを受けたジェズスがボックス右まで持ち上がりクロス。これを走り込んだシルバが左足で合わせるも、イスマイリがスライディングブロック。さらに、このプレーで獲得したCKのこぼれ球をボックス右手前で拾ったマフレズが、ミドルシュートでゴールを狙うも、これは枠の左に外れた。 ▽攻撃の手を緩めないシティは、69分にデ・ブライネを下げてベルナルド・シウバを投入。すると71分、マフレズのパスをバイタルエリア右で受けたベルナルド・シウバがダイアゴナルなドリブルでボックス中央まで持ち込みシュート。これが左ポストに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽その後も危なげない試合運びを見せたシティは、3-0のまま試合をクローズ。敵地で快勝のシティが、CL連勝を飾りグループFの首位に浮上した。一方、ホームで完敗を喫したシャフタールは、最下位に沈んでいる。 2018.10.24 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティDFコンパニ、戦友ハートを称える「彼はシティのレジェンドだ」

マンチェスター・シティに所属するDFヴァンサン・コンパニが、元同僚で現在はバーンリーに所属するGKジョー・ハートへ称賛の言葉を送っている。<br><br>現在バーンリーの守護神として活躍するハートは、昨季までの12年間をシティで過ごす。その間2度のプレミアリーグ制覇(2011ー12、2013-14)、リーグカップ優勝(2013ー14、2015ー16)、1度のFAカップ(2010ー11)制覇と、古巣のタイトル獲得に大きく貢献していた。<br><br>そんな元チームメイトについてコンパニは試合後のインタビューでこのように語っている。<br><br>「彼はチームにとっての最重要人物だった。信じられないセーブで何度もチームを救ってきた。シティを現在の地位にまで引き上げてくれた彼の功績は決して過小評価できないことだ。ハートはシティのレジェンドだよ」<br><br>コンパニは、ともにディフェンスラインを支えてきたかつての戦友に対して、「彼にはこれからもいい結果を残し続けてほしい、彼の幸せを願っているよ」とエールを送った。<br><br>なお、エティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・Cとバーンリーの一戦は、シティが5-0で大勝。勝利したシティは2位リバプールと勝ち点同数で首位につけ、一方で敗れたバーンリーは13位となっている。<br><br>提供:goal.com 2018.10.23 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「CL優勝には何か特別なものが必要」グアルディオラが悲願の欧州制覇へファンの後押しを求める

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、現状でチャンピオンズリーグを制するだけの力がチームにはないが、ファンのサポートがあればタイトルに挑戦できると話した。<br><br>これまでのCLでの最高成績はベスト4といまだにファイナルに辿り着いたことのないマンチェスター・C。同クラブのサポーターもこの大会への熱は低く、アンセムにブーイングや、ホームゲームでも空席が目立ったりとチームを後押しするには十分とは言えない。<br><br>そんな中、バルセロナ時代に指揮官として2度のCL制覇を成し遂げたグアルディオラ監督は、以前よりファンにCLの試合でのサポートを求めており、サポーターの後押しがあれば、悲願のビッグイヤーを掲げるチャンスが増すとシャフタール・ドネツク戦前の会見で語った。<br><br>「昨シーズン、私の目に映ったチームの状況は正直言って優勝できる準備ができていなかった。あくまでも私が感じただけのことだ。別に優勝を諦めていることを意味しているわけではない。しかし、この大会に優勝するということは望むだけでは不十分だ」<br><br>「それに、優勝するためにはまず、クラブ、会長、オーナー、ファン、メディアの全員が強く望まなければならない。そうなったとき、クラブに関わる全員がチームを後押しして、このようなタイトルを手にできるチャンスにつながる。しかし、現状ではまだチームがそのような雰囲気になっていない」<br><br>「ファンがチームを後押ししたとき、優勝が近づく。我々が良いチームであることは否定しないが、優勝のためには我々にはない何か特別なものが必要だ。たぶん将来、遅かれ早かれ優勝に近づくときが来るだろう。できる限り早くにそうなれると願っている」<br><br>なお、23日に控えるシャフタール・ドネツク戦には、ケガから復帰したケビン・デ・ブライネとカイル・ウォーカーがメンバー入り。一方で、ファビアン・デルフとイルカイ・ギュンドアンは欠場するようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

我々なら希望額を出す! レアル・マドリーがスターリング獲りへ

▽イギリス『エクスプレス』は、レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の獲得に尽力と報じた。 ▽スターリングの現行契約は2020年まで。長らく延長交渉が続いているが、金銭面で折り合いがつかず、依然として合意に至っていない。さらに長引けば、シティは無銭流失を避けるべく、来夏の移籍市場で売却を迫られることになる。 ▽そのスターリングの新天地候補として挙がっているのがレアル・マドリーだ。15日に行われたUEFAネーションズカップのスペイン代表vsイングランド代表で2得点を挙げたスターリングの活躍を受け、獲得意欲を強めたとみられる。 ▽そこで、レアル・マドリーはシティで週給17万ポンド(約2400万円)を受け取るスターリングに対して、週給27万ポンド(約3900万円)の好条件を用意。同数字はシティとの延長交渉で承諾してもらえずにいる本人の希望額だという。 2018.10.22 08:05 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース