レーティング:ユベントス 2-2 トッテナム《CL》2018.02.14 07:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブッフォン 5.0
好守もあったが、2失点目では読み間違いを犯すなど悔やまれる2失点…

DF
2 デ・シリオ 6.0
攻撃参加は多くなかったが、安定したクロスへの対応など質の高い守備で存在感

4 ベナティア 5.5
ケインの対応に苦戦。それでも、キエッリーニとの連係で何とか耐えた

3 キエッリーニ 6.0
同点に繋がるFK献上を含め2失点に関与。それでも、読みを利かせた鋭い守備で再三の決定機を阻止

12 アレックス・サンドロ 6.0
マンジュキッチのサポートを受けながら我慢強く守った

MF
11 ドグラス・コスタ 6.5
守備で奮闘しつつロングカウンターの担い手としてPK奪取に貢献

(→アサモア -)

6 ケディラ 5.5
デンベレらとの肉弾戦で劣勢も、攻守に最低限の仕事はこなした

(→ベンタンクール 5.5)
気迫のプレーを見せたが、流れを変えられず

33 ベルナルデスキ 6.5
指揮官の起用に応えて攻守にハードワークをみせ、2点目に繋がるPK奪取

5 ピャニッチ 6.5
先制点をアシスト。苦手の守備でスペースをケアしつつ、精度の高いボールを相手の背後に送り込んだ

17 マンジュキッチ 6.5
後半序盤に負傷しながらもチームを鼓舞するハードワークを見せ続けた

(→ストゥラーロ -)

FW
9 イグアイン 6.5
痛恨のPK失敗も公式戦5連発となる2ゴールを含め抜群の存在感

監督
アッレグリ 5.0
多数の負傷者というエクスキューズはあったものの、2点リードから追いつかれるらしくない内容に…

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.0
2失点もほとんどの枠内シュートに鋭い反応をみせ、チームを救った

DF
24 オーリエ 5.0
攻撃では手詰まり、守備ではPK献上など思うようにいかず

6 D・サンチェス 5.5
序盤はかなりバタついたが、無理の利く守備でチームを前に押し出した

5 ヴェルトンゲン 6.0
前半はらしくない対応が散見もケインのゴールの起点になるなど、徐々に盛り返した

33 B・デイビス 5.0
やや不運な形でPK献上。攻撃の場面ではクロスを引っかけられる場面が目立った

MF
23 エリクセン 7.0
値千金の同点FK弾に加え、相手の堅守を翻弄するアイデアを幾度も披露

(→ワニャマ -)

15 E・ダイアー 5.5
中盤のバランサーとして及第点の出来

20 デレ・アリ 6.5
1アシストを記録。エリクセンと共に質の高い間受けとキープ力で攻撃をけん引

(→ソン・フンミン -)

19 デンベレ 6.5
強靭なフィジカルでボールキープに持ち出し、ラストパスと獅子奮迅の働き。守備の強度も高かった

11 ラメラ 6.0
前半は消される場面が多かったが、後半は持ち味のキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・モウラ -)
今季初のCLでスパーズデビュー

FW
10 ケイン 6.5
堅守ユベントス相手に公式戦8試合ぶりの失点を与える。徹底マークの中でも確かな存在感を示した

監督
ポチェッティーノ 6.0
ラメラ抜擢が機能するなど、精神面の成長を伺わせる好内容でアウェイゴール2つを持ち帰った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
エリクセン(トッテナム)
▽ケインやデレ・アリ、デンベレと共に世界屈指の堅守に風穴を開けた。ここ最近、決めていなかった直接FKをこのビッグマッチで決めるあたりはさすがの一言。

ユベントス 2-2 トッテナム
【ユベントス】
イグアイン(前2)
イグアイン(前9[PK])
【トッテナム】
ケイン(前35)
エリクセン(後27)

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナム、ラメラのゴールでウェストハムとのロンドン・ダービー制し4連勝《プレミアリーグ》

▽トッテナムは20日、プレミアリーグ第9節でウェストハムと対戦し、1-0で勝利した。 ▽トッテナムはここまで6勝2敗で5位に位置。第4節と第5節で連敗を喫したものの直近は3連勝。さらにこのインターナショナルブレイクの間に、負傷中のデンベレとエリクセンが復帰し今節ベンチり。スタメンにはアルデルヴァイレルトやラメラ、ムサ・シソコ、ケインらが名を連ねた。 ▽敵地に乗り込んでのロンドン・ダービーとなったトッテナムは2分、ラメラがボックス左に侵攻してファーストシュートを放つ。10分にはムサ・シソコがボックス手前からボレーシュート。しかしこのシュートは相手のブロックに遭い枠の外へ。 ▽その後はウェストハムもボールをキープしながら幾度かトッテナムゴールに迫る。37分には前半最大のチャンスが。後方からのスルーパスを受けたヤルモレンコがボックス左からマイナスに折り返す。これをスノッドグラスが押し込みにかかるがアルデルヴァイレルトが身体を張ってシュートブロック。ビッグセーブだった。そんな中、41分に相手と競り合った際にヤルモレンコが足を負傷。担架で運ばれ、ディアンガナと交代を余儀なくされた。 ▽前半も終わりに差し掛かった44分、右サイドを突破したムサ・シソコが切り返しで相手を振り切ると、左足のクロスに合わせたのはラメラ。上手くDFの間から抜け出したラメラが頭で流し込んでトッテナムが先制して試合を折り返した。 ▽後半はまずはウェストハムに決定機が訪れる。48分、左サイドの呉スウェルのクロスにアルナウトビッチが頭で合わせる。ゴール右上を捉えたシュートだったがGKロリスがファインセーブを見せた。さらに60分にはFKの跳ね返りを再びアルナウトビッチが狙っていくが、ここもロリスが立ちはだかった。 ▽75分にダビンソン・サンチェスがCKからヘディングシュートを放ったトッテナムは76分にラメラに代わってデンベレがピッチへ。試合終盤にはケインに代わってジョレンテ、ムサ・シソコに代わってエリクセンも戦線復帰を果たした。 ▽デンベレやエリクセンが復帰したトッテナムはそのまま試合をクローズし1-0で勝利。リーグ戦4連勝となった。 2018.10.21 01:10 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬に“コロンビアのカンテ”ことバリオス獲得決定的に!

▽トッテナムが今冬の移籍市場でボカ・ジュニアーズに所属するコロンビア代表MFウィルマル・バリオス(25)を獲得することが決定的となったようだ。アルゼンチン『TAC』などで働くアルゼンチン人ジャーナリストのルイス・フレゴシ氏が明かした。 ▽コロンビアのデポルテス・トリマでキャリアをスタートしたバリオスは、2016年にボカ・ジュニアーズに加入。豊富な運動量と機動力、ボール奪取力を武器に“コロンビアのカンテ”とも評される守備的MFだ。 ▽また、ロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表戦、ポーランド代表戦、ラウンド16のイングランド代表戦の3試合に出場していた。 ▽フレゴシ氏が伝えるところによれば、今夏にもバリオス獲得に動いていたトッテナムは2300万ユーロ(約30億円)の条件ですでにボカ・ジュニアーズとクラブ間合意。さらに、以前からトッテナム加入を熱望していた同選手と代理人サイドとも個人間での合意を取り付けているようだ。 2018.10.20 16:03 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズに朗報! エリクセン&デンベレがハマーズ戦で復帰へ

▽トッテナムに朗報が届いた。20日に行われるプレミアリーグ第9節のウェストハム戦に向けて2人の主力が復帰する見込みだ。クラブ公式サイトが18日に最新のチームニュースを伝えた。 ▽今季序盤戦から負傷者に悩まされてきたトッテナムだが、20日に行われるハマーズとのダービーに向けては腹筋の問題で公式戦4試合を欠場していたMFクリスティアン・エリクセン、太もものケガで2試合を欠場していたMFムサ・デンベレの復帰が決定的となった。 ▽すでにチームの全体練習に復帰している2選手に関してマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「それはファンタスティックな知らせだね。現在、彼らは起用可能だ。もちろん、スタートから可能か、ベンチからなのかは慎重に判断する必要があると思う」と、復帰を歓迎した。 ▽なお、2選手の復帰が決定した一方、その他の負傷者に関しては先日に12月までの離脱が発表されたDFヤン・ヴェルトンゲンとそ径部を痛めてイングランド代表を辞退したDFダニー・ローズ、ハムストリングを負傷しているMFデレ・アリが引き続き起用できない。ただ、デレ・アリに関しては来週からチーム練習に合流する予定だ。 2018.10.19 15:32 Fri
twitterfacebook
thumb

「もちろん誇りに思う」ポチェッティーノ、S・ラモスに強烈タックルのトッテナムMFを称賛

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、セルヒオ・ラモスに激しいスライディングを見舞ったエリック・ダイアーを誇りに思うと称賛した。<br><br>15日に行われたイングランド代表が3-2で勝利したUEFAネーションズリーグのスペイン代表戦に先発で出場したダイアー。安定したプレーを見せ、トッテナムのチームメイトであるハリー・ケインらとともに勝利に貢献した。<br><br>トッテナム勢が活躍したこの一戦を受け、ポチェッティーノ監督はイギリス『スカイスポーツ』のインタビューで選手たちに賛辞を送った。「彼らは素晴らしかった。プレーがどれだけ素晴らしかったかについて話したい」<br><br>「エリック、ハリー・ウィンクス、ケイン、キーラン・トリッピアーが最高だっとは言わないが、チームとして素晴らしかった。スペインよりも良い姿勢で試合に挑めていた。戦う上でこの姿勢は重要で、若い選手たちにとって最も大切なことだ。将来的にイングランドに成功をもたらせるだけのポテンシャルが彼らにあると信じている」<br><br>ダイアーはこの試合の開始早々にスペイン代表主将のラモス対して激しいタックルを見舞い、イエローカードを受けていた。本来なら危険なタックルに対して批判的な意見が集まるところだが、イングランドでは強豪相手に見せた選手の姿勢を称賛する声が多く、中でも昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝でS・ラモスに苦杯をなめたリヴァプールサポーターからは同選手を英雄視する声まで上がっている。<br><br>S・ラモスにスライディングを仕掛けたダイアーの姿勢を誇りに思うかと問われたポチェッティーノ監督は「もちろんだ。彼のことをとても誇りに感じている」と評価するコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.18 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルト巡りユナイテッドとバルセロナが争奪戦か

▽バルセロナはトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得を画策しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽バルセロナはフランス代表DFサミュエル・ユムティティとベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが負傷離脱を強いられ、センターバックが手薄な状態に。この状況下の中、新戦力補強が急務となっている同クラブはアルデルヴァイレルトの獲得に興味を示しているという。 ▽アルデルヴァイレルトとトッテナムの現行契約は今シーズン限りまでとなっており、クラブ側は1年間の契約延長オプションを持っているが、そのオプションを行使した場合、来夏に2800万ユーロ(約36億円)の金額で移籍を許可しなければならない条項が組み込まれている。そのため、来シーズンでの退団が有力視されている。 ▽ただ、バルセロナの他にマンチェスター・ユナイテッドも以前から関心を寄せているため争奪戦になる可能性があるようだ。 ▽なお、昨季は負傷明けのシーズン終盤戦でベンチを温める機会が多かったアルデルヴァイレルトだが、今季はここまでプレミアリーグ7試合に出場している 2018.10.16 22:57 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース