レーティング:ユベントス 2-2 トッテナム《CL》2018.02.14 07:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ブッフォン 5.0
好守もあったが、2失点目では読み間違いを犯すなど悔やまれる2失点…

DF
2 デ・シリオ 6.0
攻撃参加は多くなかったが、安定したクロスへの対応など質の高い守備で存在感

4 ベナティア 5.5
ケインの対応に苦戦。それでも、キエッリーニとの連係で何とか耐えた

3 キエッリーニ 6.0
同点に繋がるFK献上を含め2失点に関与。それでも、読みを利かせた鋭い守備で再三の決定機を阻止

12 アレックス・サンドロ 6.0
マンジュキッチのサポートを受けながら我慢強く守った

MF
11 ドグラス・コスタ 6.5
守備で奮闘しつつロングカウンターの担い手としてPK奪取に貢献

(→アサモア -)

6 ケディラ 5.5
デンベレらとの肉弾戦で劣勢も、攻守に最低限の仕事はこなした

(→ベンタンクール 5.5)
気迫のプレーを見せたが、流れを変えられず

33 ベルナルデスキ 6.5
指揮官の起用に応えて攻守にハードワークをみせ、2点目に繋がるPK奪取

5 ピャニッチ 6.5
先制点をアシスト。苦手の守備でスペースをケアしつつ、精度の高いボールを相手の背後に送り込んだ

17 マンジュキッチ 6.5
後半序盤に負傷しながらもチームを鼓舞するハードワークを見せ続けた

(→ストゥラーロ -)

FW
9 イグアイン 6.5
痛恨のPK失敗も公式戦5連発となる2ゴールを含め抜群の存在感

監督
アッレグリ 5.0
多数の負傷者というエクスキューズはあったものの、2点リードから追いつかれるらしくない内容に…

▽トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.0
2失点もほとんどの枠内シュートに鋭い反応をみせ、チームを救った

DF
24 オーリエ 5.0
攻撃では手詰まり、守備ではPK献上など思うようにいかず

6 D・サンチェス 5.5
序盤はかなりバタついたが、無理の利く守備でチームを前に押し出した

5 ヴェルトンゲン 6.0
前半はらしくない対応が散見もケインのゴールの起点になるなど、徐々に盛り返した

33 B・デイビス 5.0
やや不運な形でPK献上。攻撃の場面ではクロスを引っかけられる場面が目立った

MF
23 エリクセン 7.0
値千金の同点FK弾に加え、相手の堅守を翻弄するアイデアを幾度も披露

(→ワニャマ -)

15 E・ダイアー 5.5
中盤のバランサーとして及第点の出来

20 デレ・アリ 6.5
1アシストを記録。エリクセンと共に質の高い間受けとキープ力で攻撃をけん引

(→ソン・フンミン -)

19 デンベレ 6.5
強靭なフィジカルでボールキープに持ち出し、ラストパスと獅子奮迅の働き。守備の強度も高かった

11 ラメラ 6.0
前半は消される場面が多かったが、後半は持ち味のキープ力とパスセンスで攻撃をけん引

(→ルーカス・モウラ -)
今季初のCLでスパーズデビュー

FW
10 ケイン 6.5
堅守ユベントス相手に公式戦8試合ぶりの失点を与える。徹底マークの中でも確かな存在感を示した

監督
ポチェッティーノ 6.0
ラメラ抜擢が機能するなど、精神面の成長を伺わせる好内容でアウェイゴール2つを持ち帰った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
エリクセン(トッテナム)
▽ケインやデレ・アリ、デンベレと共に世界屈指の堅守に風穴を開けた。ここ最近、決めていなかった直接FKをこのビッグマッチで決めるあたりはさすがの一言。

ユベントス 2-2 トッテナム
【ユベントス】
イグアイン(前2)
イグアイン(前9[PK])
【トッテナム】
ケイン(前35)
エリクセン(後27)

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、アルデルヴァイレルト強襲へ…クラブのDF史上最高額を準備

▽マンチェスター・ユナイテッドがトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得に動いていることがわかった。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』がユナイテッド関係筋の情報として報じている。 ▽今夏の移籍市場で守備陣の補強を希望するジョゼ・モウリーニョ監督は、新たな左サイドバックとして、ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)を注視。そして、センターバックとしてアルデルヴァイレルトに目を光らせているという。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはアルデルヴァイレルト獲得資金として5500万ポンド(約81億8000万円)を準備。同選手との延長交渉が滞るトッテナムは、2500万ポンドの契約解除条項が有効になる来夏の流失を嫌い、今夏中の売却を考慮している模様だ。 ▽以前からトッテナムとの延長交渉停滞が取り沙汰されてきたアルデルヴァイレルトは今シーズン、ハムストリングの負傷で3カ月以上も欠場が続いたが、1月27日に行われたFAカップのニューポート・カウンティ戦で戦列復帰。最終的に、公式戦21試合の出場をマークした。 ▽なお、ユナイテッドが5500万ポンドでアルデルヴァイレルトの取引を成立させた場合、同額は昨夏にベンフィカからスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ獲得時の3090万ポンド(現在のレートで約45億9000万円)を上回り、DFに投じたクラブ史上最高額になるとのことだ。 2018.05.22 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今季34ゴールのメッシが2年連続5度目のゴールデンシュー獲得!

▽20日にヨーロッパ主要リーグの全日程が終了した。この結果、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年連続5度目のヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 ▽各国リーグでの得点数にUEFAリーグランクによって定められた係数をかけた値を算出し、ポイント数が最多だった選手に贈られるゴールデンシュー。欧州5大リーグの選手には1得点につき2ポイントが与えられるが、それ以外のリーグでプレーする選手に与えられるポイントは1得点につき1.5以下となる。 ▽熾烈を極めた2017-18シーズンのゴールデンシューに輝いたのは、今季のリーガエスパニョーラで34ゴールを記録したメッシ。昨年の37ゴールには及ばなかったものの、通算68ポイントで2年連続の受賞となった。 ▽また、次点には今季のプレミアリーグで32ゴールを記録したリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(64ポイント)、3位には同じくプレミアリーグで30ゴールを記録したトッテナムFWハリー・ケインとなった。 ▽なお、今季のヨーロッパ・ゴールデンシューのトップ10は以下の通り。 ◆2017-18ヨーロッパ・ゴールデンシュー(トップ10) 1.リオネル・メッシ(バルセロナ) 34点 68pt 2.モハメド・サラー(リバプール) 32点 64pt 3.ハリー・ケイン(トッテナム) 30点 60pt 4.チーロ・インモービレ(ラツィオ) 29点 58pt 4.マウロ・イカルディ(インテル) 29点 58pt 4.ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン) 29点 58pt 7.エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) 28点 56pt 8.クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) 26点 52pt 9.ジョナス(ベンフィカ) 34点 51pt※ 10.ルイス・スアレス(バルセロナ) 25点 50pt ※ポルトガルリーグは1得点に付き1.5ポイント 2018.05.21 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、バルサの逸材MF獲得に迫る! 今季UEFAユースリーグ制覇に貢献

▽トッテナムがバルセロナBに所属するスペイン人MFリキ・プイグ(18)の獲得に迫っているようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 ▽現役時代にテッラーサで活躍したスペイン人DFカルロス・プイグを父に持つリキ・プイグは14歳のときにバルセロナのカンテラに加入。小柄な体躯や優れたパスセンス、ダブルタッチなどのドリブルテクニックを武器とするインテリオールは、クラブのレジェンドMFアンドレス・イニエスタを想起させる、いかにもマシア出身らしいプレースタイルだ。 ▽現在、フベニールA(U-18)を主戦場とするリキ・プイグは、今季のUEFAユースリーグでは10試合に出場し3ゴール3アシストを記録する活躍をみせ、クラブの優勝に大きく貢献。そして、今季はスペイン2部に所属するバルセロナBデビューも飾っている。 ▽前述のUEFAユースリーグでの活躍によってビッグクラブからの関心を集めるリキ・プイグに対して、バルセロナはプロ契約および来季からのバルセロナB昇格をオファーしているものの、同選手は今季限りでクラブを去る意向を示しているという。 ▽その中で最も交渉が進展しているのが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムのようだ。 2018.05.19 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アザールでもデ・ブライネでもない! メルテンスが推すベルギー屈指のテクニシャンが意外

▽ナポリに所属するFWドリエス・メルテンスがベルギー代表内のテクニシャンとして、意外な選手の名前を挙げた。 ▽今をときめく欧州屈指のタレント集団として脚光を浴びるベルギー代表。2014年のブラジル・ワールドカップや、2016年のユーロで共にベスト8どまりに終わるなど、主要大会で結果を残せずにいるが、ポテンシャル十分の顔ぶれが揃う。 ▽その1人であるメルテンスは、母国ベルギーメディア『RTBF』のインタビューに応対。いくつかの質問の中で、ベルギー代表で最もテクニックのある選手を問われると、トッテナムのDFヤン・ヴェルトンゲンをチョイスした。 「誰もがエデン・アザールの名前を挙げるんじゃないかな。でも、僕ならヤン・ヴェルトンゲンを推すね。彼は大柄なディフェンダーだけど、すごくテクニカルな選手なんだ」 ▽31歳のヴェルトンゲンは、2012年夏にアヤックスからトッテナムに加入。センターバックを主戦場とし、対人能力のみならず、ロングキックもドリブルにも秀でたDFとして名を馳せる。 2018.05.19 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズが聖地ウェンブリーに帰ってくる? 来季CLは新スタジアムとの併用か

▽トッテナムは来シーズンも引き続き聖地ウェンブリー・スタジアムでホームゲームを行う可能性が高いようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽昨シーズン限りでホワイト・ハート・レーンに別れを告げたトッテナムは2018-19シーズンから同スタジアムの跡地に建設している新スタジアムに移転する予定だ。そして、8月の完成に向けて急ピッチで建設工事が進んでいる。 ▽しかし、『ロンドン・イブニング・スタンダード』の伝えるところによれば、現在この工事がやや遅れており、欧州サッカー連盟(UEFA)の求める期日までに間に合うかが微妙なところだという。さらに、日程変更が可能なプレミアリーグとは異なり、チャンピオンズリーグ(CL)では日程変更や直前での会場変更が認められていない。そのため、トッテナムは保険としてCLグループステージの序盤戦でウェンブリーでの開催を考慮しているとのことだ。なお、UEFAはスタジアムの併用に関しては以前から認めている。 ▽その一方で、新スタジアムの工期が遅れると、プレミアリーグの戦いに影響があるようだ。現在、トッテナムはプレミアリーグの開幕数試合をアウェイで戦うことを、リーグ側と話し合っているという。また、スタジアム併用が認められるUEFAと異なり、プレミアリーグでは原則1シーズンを同じホームスタジアムで戦うことを義務付けられており、工期が大幅に遅れた場合は日程を組むことが非常に難しくなる。そのため、トッテナムは前述の日程と共に特例で新スタジアムとウェンブリーを併用することを、リーグ側に求めているようだ。 2018.05.19 14:36 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース