開始10分で2点ビハインドもスパーズが敵地で価値あるドロー… 2Gのピピータ痛恨PK失敗のユーベは逃げ切りならず…《CL》2018.02.14 07:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。

▽グループDでスポルティング・リスボンとの2位争いを制し、バルセロナに次ぐ2位でグループステージを突破したイタリア王者ユベントスは、セリエAではナポリと熾烈な優勝争いを展開中。直近のフィオレンティーナ戦を2-0で快勝し、リーグ戦8連勝中と好調を維持したまま今回の一戦を迎えた。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。リヒトシュタイナーとマルキジオに代わってデ・シリオ、ドグラス・コスタが起用され、[4-3-3]から[4-2-3-1]に布陣を変更した。

▽一方、レアル・マドリーやドルトムントと同居した死のグループHを無敗の首位で通過したトッテナムは、プレミアリーグでは熾烈なCL出場権争いを展開中。3日前に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-0と勝利し、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと続いたビッグマッチを2勝1分けで終え、ユベントス戦を迎えた。直近のアーセナル戦からはこちらも2選手を変更。トリッピアーとソン・フンミンに代わってオーリエと、決勝トーナメントから新たに登録された元ローマMFラメラが抜擢された。

▽互いにソリッドな守備を売りにするチーム同士の対戦だけに堅い入りが予想されたものの、試合は開始早々に動く。開始2分、ピャニッチがボックス手前でデンベレに倒されてユベントスがFKを獲得。この場面で左利きのベルナルデスキ、右利きのピャニッチという2人の名手がボールの近くに立つ。共に直接狙える距離だったものの、ここでサインプレーを選択。ピャニッチが浮き球のボールをゴール右のスペースへ落とすと、フリーのイグアインが後方からのボールを見事な右足ダイレクトボレーで合わせた。

▽最高の形で先制に成功したユベントスはバタ付くアウェイチームに圧力をかけて押し込んでいく。すると8分、左サイドのマンジュキッチからのクロスに対してDFベン・デイビスと競ったベルナルデスキがアフター気味に蹴られると、ここでブリッヒ主審はホームチームにPKを与える。ここでキッカーのイグアインが左を狙ったシュートはGKロリスに触られるも、ボールはそのままネットを揺らした。

▽いずれもセットプレーの流れから相手のエースストライカーに2ゴールを許す最悪な立ち上がりとなったトッテナムはすぐさま反撃を開始。デンベレの持ち上がりにエリクセンやラメラの仕掛けを軸に攻撃を展開していく。しかし、自陣で堅固なブロックを敷くユベントスの守備を前になかなか危険なエリアにボールを運べない。

▽それでも、26分にはボックス手前左のエリクセンから絶妙な浮き球クロスがゴール前のケインに通る。ここでケインは豪快に頭で合わすが、至近距離からのヘディングシュートはGKブッフォンのビッグセーブに遭う。続く29分にはボックス手前で得たFKの流れからこぼれ球を拾ったエリクセンがミドルシュートも、今度は枠の右へ外れた。

▽一方、最前線のイグアインまで自陣に入って守備に参加するなどリスク管理を優先するホームチームは、相手のハイラインの背後を狙ってロングカウンターを仕掛けていく。30分には狙い通りの形からイグアイン、ピャニッチの2人が最終ライン裏へ抜け出し、最後はボックス内でDFを切り返しでかわしたイグアインが左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の左へ外れた。

▽あわや3失点目というピンチを凌いだトッテナムは、デンベレとデレ・アリ、エリクセンの連係でチャンスを作り出す。さらに、ボールロスト時の素早い囲い込みが機能し出すと、頼れるエースがゴールをもたらす。35分、中盤でイグアインの縦パスをカットしたヴェルトンゲンからの縦パスをエリクセンが粘ってデレ・アリに繋ぐと、デレ・アリからのラストパスに反応したケインが飛び出したGKブッフォンを振り切って無人のゴールへ左足のシュートを流し込み、公式戦7戦連続クリーンシート中の堅守を破った。

▽未だビハインドも貴重なアウェイゴールを奪ったトッテナムがここから勢い付く。エリクセンの強烈なミドルシュートなど多彩な攻めで一気に同点を目指す。対して耐える時間が続くユベントスだが、セリエA6連覇中の王者は持ち味の試合巧者ぶりを発揮する。前半アディショナルタイムに左サイドで仕掛けたドグラス・コスタが圧巻の持ち上がりでDF2枚を振り切ると、ボックス内でDFオーリエに倒されてPKを獲得。しかし、ハットトリックが懸かるイグアインのこの試合2本目のPKはクロスバーを叩き3点目のチャンスを逸した。

▽1点リードもイグアインのPK失敗でやや嫌な流れで後半に臨んだユベントスは、前半とは打って変わって前からの圧力を強めて再び流れを引き寄せにかかる。57分にはイグアインを起点とした攻めからボックス右に切り込んだベルナルデスキが得意の左足を振るが、GKロリスの好守に阻まれる。さらにこのプレーで得た左CKをマンジュキッチがドンピシャのタイミングでヘディングシュートも、GK正面を突く。

▽一方、後半もボールを支配するトッテナムは相手の鋭い出足を前になかなかチャンスを作り出せない。それでも、70分には左サイドに流れたケインが強烈なミドルシュートでGKブッフォンを脅かす。

▽すると72分、ボックス付近での細かいパス交換からデレ・アリがDFキエッリーニに倒されてペナルティアーク付近でFKを獲得。ここでエリクセンがキッカーを務めると、2つの壁の間をグラウンダーのボールで抜く技ありのシュートでGKブッフォンとの駆け引きを制し、値千金の同点ゴールを奪った。

▽昨年11月中旬のサンプドリア戦以来となる複数失点を喫したユベントスは、失点前にケディラに代えて投入したベンタンクールに続き、負傷のマンジュキッチに代えてストゥラーロを投入。中盤に活力を入れて勝ち越しを目指す。だが、やや守備に重きを置き始めたアウェイチーム相手に守備に体力を使い過ぎたホームチームの攻撃は停滞する。

▽その後、試合終盤にかけてソン・フンミン、これがデビュー戦となるルーカス・モウラを投入したトッテナムが危なげなく試合を運び、白熱の初戦は2-2のドローでタイムアップ。序盤の2失点という逆境を見事に撥ね返したアウェイのトッテナムが、2つのアウェイゴールを持ち帰ることに成功。一方、最高の入りを見せながらもイグアインのPK失敗から流れを逸したユベントスは公式戦の連勝が「11」でストップした。なお、トッテナムホームの2ndレグは来月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

リーグ戦9連勝のアッレグリ、CLにも自信「悲劇ではない。ロンドンへ勝ちに行く」

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが18日、トリノダービー終了後のインタビューで自信を見せた。<br><br>ユベントスは18日、セリエA第25節でトリノとのダービーに挑み、1-0で勝利。リーグ戦9連勝を飾ったアッレグリは充実感を口にした。<br><br>「このチームを指揮できて嬉しい。素晴らしい選手たちばかりだ。トッテナム戦を含め、すべての大会で勝ち残っている。ユーベは私が指揮した中で最強か? 1年目から、すでに強いチームを引き継いだ。その後、年とともに様相を変えていった」<br><br>続いてアッレグリは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦トッテナム戦のファーストレグを振り返り、3月7日に行われるセカンドレグに向けて強気の姿勢を見せた。<br><br>「技術的な面でミスが非常に目立ったが、決定機は我々の方が多かった。ロンドンでは、自分たちのプレーを見せられる、勝てると自信を持って乗り込むつもりだ。一応、繰り返すが、スパーズのようなチームに対し、2-2で引き分けたことは、悲劇とは思えない」<br><br>なおトリノ戦でケガから復帰した&ldquo;ホヤ(宝石)&rdquo;こと、FWパウロ・ディバラについても言及。「ディバラは良かったが、まだコンディションが上がっていない。最初から起用する場合、交代枠を1つ使ってしまうことになっただろう。他の選手同様に、彼には満足している」と語り、90分間プレーするには時期尚早だったことを明かした。<br><br>提供:goal.com 2018.02.19 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが試合中に顔面パンチ…ベロッティを殴った行為で処分か

▽ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに処分が下される可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽キエッリーニは、18日に行われたセリエA第25節のトリノとのダービーに先発出場。58分、プレスをかけた際、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの顔面を殴っている行為が、映像で捉えられていた。 ▽審判団は、試合の報告書にはこの件を観ていなかったとしており、ビデオが証拠になるとのこと。しかし、キエッリーニの行為が意図的なものだったかどうかは、まだ分かっていない。 ▽セリエAでは、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入されているものの、このシーンには使用されず。イタリア『スカイ・スポーツ』のカメラがとらえたものであり、審判らが試合中には確認できなかったようだ。 ▽なお、試合は33分にアレックス・サンドロが決めたゴールで、0-1とユベントスが制していた。 2018.02.19 12:41 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスに痛手、イグアイン&ベルナルデスキが負傷…後者は長期離脱へ…

▽ユベントスは18日、同日行われたトリノ戦で負傷したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインとイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキの検査結果を明かした。 ▽18日に行われたセリエA第25節でトリノとのダービーを戦ったユベントスは、左ウイングでの起用となったDFアレックス・サンドロのゴールを守り切って1-0で勝利。リーグ戦9連勝を飾った。 ▽しかし、先発出場したエースのイグアインは相手GKサルバトーレ・シリグとの接触で序盤に左足首を痛めて、15分にベルナルデスキと負傷交代した。さらに、そのベルナルデスキも左ヒザを痛めて試合終了間際にスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーと交代していた。 ▽ユベントスは試合から数時間後に2選手に関する最新のメディカルレポートを発表。その発表によると、イグアインは左足首の打撲および軽い裂傷。ベルナルデスキは左ヒザじん帯の損傷と診断された。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、イグアインに関しては次節のアタランタ戦を欠場することになるものの、あくまで軽傷であると主張。その一方で、ベルナルデスキは最低1か月以上の離脱となる見込みだと伝えている。 ▽3月にトッテナムとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグを控えるユベントスにとって、両選手の離脱は大きな懸念材料となりそうだ。 2018.02.19 06:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントス、負傷交代のエースは軽傷か。次節までに回復の可能性も?

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインは、長期離脱にならないかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、軽傷ではないかと伝えている。 ▽18日に行われたセリエA第25節でトリノとのダービーを戦ったユベントスは、エースのイグアインが序盤に足首の負傷で交代した。3月にはトッテナムとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグもあるため、エースの状態が気になるところだ。 ▽ベンチに戻ったイグアインは、重傷ではないかと心配された。しかし、最初の診断では強い打撲のみとのこと。翌日までに詳しい検査を行う必要があるものの、次節アタランタ戦までに回復する可能性もあるとみている。 ▽トリノ戦ではアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが復帰しており、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチもセンターフォワードが本職。短期間であれば、エースの不在を補う陣容は整っており、大きな痛手にはならないかもしれない。 2018.02.19 01:40 Mon
twitterfacebook
thumb

エースFW負傷交代も試合巧者ユベントス、A・サンドロのゴールを守り切り、ウノゼロでダービーを制す《セリエA》

▽ユベントスは18日、敵地で行われたセリエA第25節でトリノとの“トリノ・ダービー”に臨み、1-0で勝利した。 ▽ここまで、首位のナポリを勝ち点差1で追いかける2位のユベントス(勝ち点62)。直近のチャンピオンズリーグでのトッテナム戦では、2点のリードを守れず引き分けに終わり、公式戦連勝記録は「11」でストップした。 ▽トリノとのダービーマッチに向けて、トッテナム戦からは4選手を変更。ブッフォン、ベナティア、マンジュキッチ、ベルナルデスキに代えて、シュチェスニー、アサモア、ルガーニ、ストゥラーロを起用した。 ▽開始早々、リーグ戦9連勝を目指すユベントスがアクシデントに見舞われる。エースのイグアインが相手GKとの接触で足を痛めてしまう。ディバラが準備を始めたが、イグアインは続行を希望。そのままプレーすることになった。 ▽イグアインの状態が心配される中、ユベントスがバックラインからの展開を迷っていると、トリノのオビがユベントス陣内でボールを奪取。ベロッティと共に2対1の状況を迎えたが、オビからのパスをベロッティがトラップミス。絶好のチャンスを無駄にしてしまった。 ▽トリノがやや優勢に進める序盤戦。15分にイグアインが続行不可能となり、ベルナルデスキとの負傷交代を強いられてしまう。それでも20分には、ドグラス・コスタのサイド突破からアサモアがシュート。しかし、DFにブロックされてしまう。 ▽試合が動いたのは33分、途中出場のベルナルデスキがドリブルでボックス右を崩すと、クロスに合わせたのがアレックス・サンドロ。3トップの左に入ったアレックス・サンドロのゴールでアウェイのユベントスが先制した。 ▽先制後は、試合巧者のユベントスが試合をコントロールしトリノに隙を与えず。このままユベントスが1点リードを保ったまま前半を終えた。 ▽後半に入って拮抗した試合が続く中、ユベントスは66分にドグラス・コスタを下げてディバラを投入。直後にそのディバラがゴール前に飛び込むがシュートは右に逸れた。対するトリノは69分、こちらも途中出場のニアンがボックス左からDFの股を抜くシュートを放つが枠を捉えることができなかった。 ▽試合が終盤に近付くにつれて、ユベントスは重心を低めに構え始める。トリノはニアンやアンサルディらがサイドから攻めるが、ユベントスの守りは堅い。 ▽ユベントスはボールを持つと、巧みなパス回しでボールを奪いに来るトリノの選手を翻弄。後半アディショナルタイムには、最後の交代枠を使い時間を消費していく。 ▽結局、試合はこのまま終了。前半のアレックス・サンドロのゴールを守り切ったユベントスがウノゼロでトリノとのダービーマッチを制し、リーグ戦の連勝を「9」に伸ばした。 2018.02.18 22:40 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース