開始10分で2点ビハインドもスパーズが敵地で価値あるドロー… 2Gのピピータ痛恨PK失敗のユーベは逃げ切りならず…《CL》2018.02.14 07:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。▽グループDでスポルティング・リスボンとの2位争いを制し、バルセロナに次ぐ2位でグループステージを突破したイタリア王者ユベントスは、セリエAではナポリと熾烈な優勝争いを展開中。直近のフィオレンティーナ戦を2-0で快勝し、リーグ戦8連勝中と好調を維持したまま今回の一戦を迎えた。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。リヒトシュタイナーとマルキジオに代わってデ・シリオ、ドグラス・コスタが起用され、[4-3-3]から[4-2-3-1]に布陣を変更した。

▽一方、レアル・マドリーやドルトムントと同居した死のグループHを無敗の首位で通過したトッテナムは、プレミアリーグでは熾烈なCL出場権争いを展開中。3日前に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-0と勝利し、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと続いたビッグマッチを2勝1分けで終え、ユベントス戦を迎えた。直近のアーセナル戦からはこちらも2選手を変更。トリッピアーとソン・フンミンに代わってオーリエと、決勝トーナメントから新たに登録された元ローマMFラメラが抜擢された。

▽互いにソリッドな守備を売りにするチーム同士の対戦だけに堅い入りが予想されたものの、試合は開始早々に動く。開始2分、ピャニッチがボックス手前でデンベレに倒されてユベントスがFKを獲得。この場面で左利きのベルナルデスキ、右利きのピャニッチという2人の名手がボールの近くに立つ。共に直接狙える距離だったものの、ここでサインプレーを選択。ピャニッチが浮き球のボールをゴール右のスペースへ落とすと、フリーのイグアインが後方からのボールを見事な右足ダイレクトボレーで合わせた。

▽最高の形で先制に成功したユベントスはバタ付くアウェイチームに圧力をかけて押し込んでいく。すると8分、左サイドのマンジュキッチからのクロスに対してDFベン・デイビスと競ったベルナルデスキがアフター気味に蹴られると、ここでブリッヒ主審はホームチームにPKを与える。ここでキッカーのイグアインが左を狙ったシュートはGKロリスに触られるも、ボールはそのままネットを揺らした。

▽いずれもセットプレーの流れから相手のエースストライカーに2ゴールを許す最悪な立ち上がりとなったトッテナムはすぐさま反撃を開始。デンベレの持ち上がりにエリクセンやラメラの仕掛けを軸に攻撃を展開していく。しかし、自陣で堅固なブロックを敷くユベントスの守備を前になかなか危険なエリアにボールを運べない。

▽それでも、26分にはボックス手前左のエリクセンから絶妙な浮き球クロスがゴール前のケインに通る。ここでケインは豪快に頭で合わすが、至近距離からのヘディングシュートはGKブッフォンのビッグセーブに遭う。続く29分にはボックス手前で得たFKの流れからこぼれ球を拾ったエリクセンがミドルシュートも、今度は枠の右へ外れた。

▽一方、最前線のイグアインまで自陣に入って守備に参加するなどリスク管理を優先するホームチームは、相手のハイラインの背後を狙ってロングカウンターを仕掛けていく。30分には狙い通りの形からイグアイン、ピャニッチの2人が最終ライン裏へ抜け出し、最後はボックス内でDFを切り返しでかわしたイグアインが左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の左へ外れた。

▽あわや3失点目というピンチを凌いだトッテナムは、デンベレとデレ・アリ、エリクセンの連係でチャンスを作り出す。さらに、ボールロスト時の素早い囲い込みが機能し出すと、頼れるエースがゴールをもたらす。35分、中盤でイグアインの縦パスをカットしたヴェルトンゲンからの縦パスをエリクセンが粘ってデレ・アリに繋ぐと、デレ・アリからのラストパスに反応したケインが飛び出したGKブッフォンを振り切って無人のゴールへ左足のシュートを流し込み、公式戦7戦連続クリーンシート中の堅守を破った。

▽未だビハインドも貴重なアウェイゴールを奪ったトッテナムがここから勢い付く。エリクセンの強烈なミドルシュートなど多彩な攻めで一気に同点を目指す。対して耐える時間が続くユベントスだが、セリエA6連覇中の王者は持ち味の試合巧者ぶりを発揮する。前半アディショナルタイムに左サイドで仕掛けたドグラス・コスタが圧巻の持ち上がりでDF2枚を振り切ると、ボックス内でDFオーリエに倒されてPKを獲得。しかし、ハットトリックが懸かるイグアインのこの試合2本目のPKはクロスバーを叩き3点目のチャンスを逸した。

▽1点リードもイグアインのPK失敗でやや嫌な流れで後半に臨んだユベントスは、前半とは打って変わって前からの圧力を強めて再び流れを引き寄せにかかる。57分にはイグアインを起点とした攻めからボックス右に切り込んだベルナルデスキが得意の左足を振るが、GKロリスの好守に阻まれる。さらにこのプレーで得た左CKをマンジュキッチがドンピシャのタイミングでヘディングシュートも、GK正面を突く。

▽一方、後半もボールを支配するトッテナムは相手の鋭い出足を前になかなかチャンスを作り出せない。それでも、70分には左サイドに流れたケインが強烈なミドルシュートでGKブッフォンを脅かす。

▽すると72分、ボックス付近での細かいパス交換からデレ・アリがDFキエッリーニに倒されてペナルティアーク付近でFKを獲得。ここでエリクセンがキッカーを務めると、2つの壁の間をグラウンダーのボールで抜く技ありのシュートでGKブッフォンとの駆け引きを制し、値千金の同点ゴールを奪った。

▽昨年11月中旬のサンプドリア戦以来となる複数失点を喫したユベントスは、失点前にケディラに代えて投入したベンタンクールに続き、負傷のマンジュキッチに代えてストゥラーロを投入。中盤に活力を入れて勝ち越しを目指す。だが、やや守備に重きを置き始めたアウェイチーム相手に守備に体力を使い過ぎたホームチームの攻撃は停滞する。

▽その後、試合終盤にかけてソン・フンミン、これがデビュー戦となるルーカス・モウラを投入したトッテナムが危なげなく試合を運び、白熱の初戦は2-2のドローでタイムアップ。序盤の2失点という逆境を見事に撥ね返したアウェイのトッテナムが、2つのアウェイゴールを持ち帰ることに成功。一方、最高の入りを見せながらもイグアインのPK失敗から流れを逸したユベントスは公式戦の連勝が「11」でストップした。なお、トッテナムホームの2ndレグは来月7日に行われる。
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドはスポルティング時代から“練習の虫”…元同僚が明かす驚きの逸話

ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドは、幼少期から&ldquo;練習の虫&rdquo;だったようだ。元チームメイトのトニート氏が逸話を明かした。<br><br>スポルティングでプロとしてのキャリアをスタートさせ、以降マンチェスター・U、レアル・マドリー、そしてユベントスで輝き続けるロナウド。世界最高選手の称号でもあるバロンドールを史上最多タイとなる5度受賞するなど名実ともに世界最大のスター選手だ。<br><br>この地位に登り詰めるまで、ロナウドが想像を絶する努力を積んできたことは周知の事実だ。そんな中、若かりし頃のポルトガル代表FWを知るトニート氏は、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で当時の様子について振り返っている。<br><br>「クリスティアーノはまだ子供だった。それでも彼は、今のように信じられないほどに謙虚で、野心的で、志とプロフェッショナルを兼ね備えた男だった」<br><br>「トレーニング中には、オーバーワークにならないように止めようとしたけれど、それでも彼がグランドから離れる気配はなく、1時間程度待ったこともあった。ある日には、ジムの窓を叩いて彼に&ldquo;クリス、もう止める時間が来た。もうこんな時間だ。&rdquo;って言ったこともあった」<br><br>先日に34歳の誕生日を迎えたばかりと、すでにベテランの域に入るロナウドだが、今シーズンから活躍の場を移したユベントスでも衰えを全く感じさせない。ここまで全公式戦32試合に出場して21ゴールを記録するなど、好調を続けるチームの大黒柱として活躍する。<br><br>先日のフロジノーネ戦でもゴールを奪って勝利に貢献したロナウドは、自身にとってチャンピオンズリーグ4連覇を目指して20日のアトレティコ・マドリー戦を迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 13:07 Sun
twitterfacebook
thumb

「CL決勝だ」モラタ、古巣ユーベ戦を前に意気込み

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、古巣ユベントスとの一戦を前にコメントを残した。<br><br>2014年から2016年までの2シーズン、ユベントスでプレーしたモラタ。通算93試合に出場して、27ゴールを記録するなどのインパクトをイタリアで残した同選手だが、レアル・マドリーやチェルシーでは十分な活躍ができず、今冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーに加入した。<br><br>2015年にはユベントスのチャンピオンズリーグ決勝進出に大きく貢献したモラタは、20日のCL決勝トーナメント1回戦1stレグのホームでの一戦で古巣と対戦する。この試合を前に行われた16日の1-0で勝利したラージョ戦後に、大一番に向けて意気込みを語った。<br><br>「ユベントスは僕たちがリスペクトしているチームだ。一方で、彼らも僕たちのことをリスペクトしているはずだ。これは2つのビッグクラブが対峙する試合で、チャンピオンズリーグ決勝のようになるだろう」<br><br>「まだリーガエスパニョーラとチャンピオンズリーグを戦っている僕たちにとって、ユベントスとの2試合はシーズンを占う非常に重要なものだ。僕たちはアトレティコで、捨てることのできる試合や大会はない。常にすべてを勝ち取ることを目指している」<br><br>アトレティコ・マドリーに移籍以降、ここまで3試合に出場してゴールのないモラタだが、古巣ユベントスを相手にどのようなプレーを見せるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルカク売却へ 後釜にディバラorイカルディ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(25)に今夏移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ルカクは2017年夏、エバートンからユナイテッドに加入。公式戦47試合に出場して21得点と活躍したが、今シーズンは序盤のコンディション不良で出遅れた上に、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの急速な台頭もあり、先発機を減らしている。 そのルカクを巡っては現在、ユベントスとインテルが注視。そこで、ユナイテッドは売却検討のルカクを交渉材料に、ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)か、インテルに所属する同代表FWマウロ・イカルディ(25)のいずれかの獲得を狙っているという。 ディバラとイカルディの市場価値は共に推定1億ポンド(約142億4000万円)。ルカクの市場価値を7500万ポンド(約106億8000万円)と見込むユナイテッドは、来シーズンの正式監督人事問題と平行して新たなアタッカー獲得に向け、ユベントス、インテルと既に交渉に入っている模様だ。 2019.02.17 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスがミリトン獲得を考慮 すでに視察か

ユベントス、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『RAI Sport』の情報を引用して同『カルチョメルカート』が伝えている。 ユベントスでは、センターバックを務めるDFジョルジョ・キエッリーニが34歳、DFレオナルド・ボヌッチが31歳と高齢化が進んでいる。そのため、アヤックスのオランダ代表マタイス・デ・リフト(19)の獲得を今夏の優先事項にしていることが、報じられていた。 しかし、デ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と友好関係を駆使してユベントスが獲得を目指していた同選手には、バルセロナも熱視線。代替案として、ミリトンに切り替えることを考慮しているようだ。 具体的な動きも伝えられており、ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのローマ戦を視察。また、ミリトンの代理人は、1月下旬にイタリアに赴いており、ユベントスとの会談も否定されていないという。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックを主戦場にここまで公式戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 なお、ミリトンの契約解除金は5000万ユーロ(約62億4000万円)となっている。ミリトンにはレアル・マドリーも関心を寄せており、いずれにしてもユベントスの若手DF獲得の道程には"スペイン2強"との衝突が待ち構えているが果たして。 2019.02.16 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

守備の要復帰のユーベ、C・ロナウドとディバラの初揃い踏み弾で快勝! アトレティコ戦に弾み《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA第24節でフロジノーネをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節サッスオーロ戦をC・ロナウドが全3ゴールに絡み、公式戦4試合ぶりに無失点に抑えて勝利を取り戻した首位ユベントス(勝ち点63)は、5日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、キエッリーニとボヌッチの守備の要二人が負傷から復帰した。 19位フロジノーネ(勝ち点16)に対し、3トップに右からディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにジャンを据える[4-3-3]で臨んだユベントスは開始6分に先制する。C・ロナウドのパスを受けたバイタルエリア中央のディバラが左足を一閃すると、強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。 セリエAでは11月以来となる今季3点目のディバラ弾で先手を取ったユベントスがその後もフロジノーネを圧倒すると、17分に加点した。右CKからファーサイドのマンジュキッチがヘッドで合わせたシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをボヌッチが右足で押し込んだ。 トップ下気味にポジションを取るディバラが攻撃を牽引し、高い位置からのプレスがハマって攻守に充実のユベントスは、前半半ば以降もC・ロナウドのミドルシュートや直接FKで3点目に迫り続ける。唯一、チャーノの直接FKでゴールを脅かされたが、失点せずに2-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半も主導権を握るユベントスは63分に3点目を奪った。右サイドからのマンジュキッチのグラウンダークロスをC・ロナウドがダイレクトでゴール左に流し込んだ。 C・ロナウドのリーグ戦4試合連続ゴールで試合を決定付けたユベントスは、アトレティコ戦を見据えてC・ロナウドやキエッリーニを下げていく。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだユベントスがC・ロナウドとディバラの初揃い踏み弾で3-0と快勝し、アトレティコ戦に弾みを付けている。 2019.02.16 06:30 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース