開始10分で2点ビハインドもスパーズが敵地で価値あるドロー… 2Gのピピータ痛恨PK失敗のユーベは逃げ切りならず…《CL》2018.02.14 07:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。

▽グループDでスポルティング・リスボンとの2位争いを制し、バルセロナに次ぐ2位でグループステージを突破したイタリア王者ユベントスは、セリエAではナポリと熾烈な優勝争いを展開中。直近のフィオレンティーナ戦を2-0で快勝し、リーグ戦8連勝中と好調を維持したまま今回の一戦を迎えた。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。リヒトシュタイナーとマルキジオに代わってデ・シリオ、ドグラス・コスタが起用され、[4-3-3]から[4-2-3-1]に布陣を変更した。

▽一方、レアル・マドリーやドルトムントと同居した死のグループHを無敗の首位で通過したトッテナムは、プレミアリーグでは熾烈なCL出場権争いを展開中。3日前に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-0と勝利し、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと続いたビッグマッチを2勝1分けで終え、ユベントス戦を迎えた。直近のアーセナル戦からはこちらも2選手を変更。トリッピアーとソン・フンミンに代わってオーリエと、決勝トーナメントから新たに登録された元ローマMFラメラが抜擢された。

▽互いにソリッドな守備を売りにするチーム同士の対戦だけに堅い入りが予想されたものの、試合は開始早々に動く。開始2分、ピャニッチがボックス手前でデンベレに倒されてユベントスがFKを獲得。この場面で左利きのベルナルデスキ、右利きのピャニッチという2人の名手がボールの近くに立つ。共に直接狙える距離だったものの、ここでサインプレーを選択。ピャニッチが浮き球のボールをゴール右のスペースへ落とすと、フリーのイグアインが後方からのボールを見事な右足ダイレクトボレーで合わせた。

▽最高の形で先制に成功したユベントスはバタ付くアウェイチームに圧力をかけて押し込んでいく。すると8分、左サイドのマンジュキッチからのクロスに対してDFベン・デイビスと競ったベルナルデスキがアフター気味に蹴られると、ここでブリッヒ主審はホームチームにPKを与える。ここでキッカーのイグアインが左を狙ったシュートはGKロリスに触られるも、ボールはそのままネットを揺らした。

▽いずれもセットプレーの流れから相手のエースストライカーに2ゴールを許す最悪な立ち上がりとなったトッテナムはすぐさま反撃を開始。デンベレの持ち上がりにエリクセンやラメラの仕掛けを軸に攻撃を展開していく。しかし、自陣で堅固なブロックを敷くユベントスの守備を前になかなか危険なエリアにボールを運べない。

▽それでも、26分にはボックス手前左のエリクセンから絶妙な浮き球クロスがゴール前のケインに通る。ここでケインは豪快に頭で合わすが、至近距離からのヘディングシュートはGKブッフォンのビッグセーブに遭う。続く29分にはボックス手前で得たFKの流れからこぼれ球を拾ったエリクセンがミドルシュートも、今度は枠の右へ外れた。

▽一方、最前線のイグアインまで自陣に入って守備に参加するなどリスク管理を優先するホームチームは、相手のハイラインの背後を狙ってロングカウンターを仕掛けていく。30分には狙い通りの形からイグアイン、ピャニッチの2人が最終ライン裏へ抜け出し、最後はボックス内でDFを切り返しでかわしたイグアインが左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の左へ外れた。

▽あわや3失点目というピンチを凌いだトッテナムは、デンベレとデレ・アリ、エリクセンの連係でチャンスを作り出す。さらに、ボールロスト時の素早い囲い込みが機能し出すと、頼れるエースがゴールをもたらす。35分、中盤でイグアインの縦パスをカットしたヴェルトンゲンからの縦パスをエリクセンが粘ってデレ・アリに繋ぐと、デレ・アリからのラストパスに反応したケインが飛び出したGKブッフォンを振り切って無人のゴールへ左足のシュートを流し込み、公式戦7戦連続クリーンシート中の堅守を破った。

▽未だビハインドも貴重なアウェイゴールを奪ったトッテナムがここから勢い付く。エリクセンの強烈なミドルシュートなど多彩な攻めで一気に同点を目指す。対して耐える時間が続くユベントスだが、セリエA6連覇中の王者は持ち味の試合巧者ぶりを発揮する。前半アディショナルタイムに左サイドで仕掛けたドグラス・コスタが圧巻の持ち上がりでDF2枚を振り切ると、ボックス内でDFオーリエに倒されてPKを獲得。しかし、ハットトリックが懸かるイグアインのこの試合2本目のPKはクロスバーを叩き3点目のチャンスを逸した。

▽1点リードもイグアインのPK失敗でやや嫌な流れで後半に臨んだユベントスは、前半とは打って変わって前からの圧力を強めて再び流れを引き寄せにかかる。57分にはイグアインを起点とした攻めからボックス右に切り込んだベルナルデスキが得意の左足を振るが、GKロリスの好守に阻まれる。さらにこのプレーで得た左CKをマンジュキッチがドンピシャのタイミングでヘディングシュートも、GK正面を突く。

▽一方、後半もボールを支配するトッテナムは相手の鋭い出足を前になかなかチャンスを作り出せない。それでも、70分には左サイドに流れたケインが強烈なミドルシュートでGKブッフォンを脅かす。

▽すると72分、ボックス付近での細かいパス交換からデレ・アリがDFキエッリーニに倒されてペナルティアーク付近でFKを獲得。ここでエリクセンがキッカーを務めると、2つの壁の間をグラウンダーのボールで抜く技ありのシュートでGKブッフォンとの駆け引きを制し、値千金の同点ゴールを奪った。

▽昨年11月中旬のサンプドリア戦以来となる複数失点を喫したユベントスは、失点前にケディラに代えて投入したベンタンクールに続き、負傷のマンジュキッチに代えてストゥラーロを投入。中盤に活力を入れて勝ち越しを目指す。だが、やや守備に重きを置き始めたアウェイチーム相手に守備に体力を使い過ぎたホームチームの攻撃は停滞する。

▽その後、試合終盤にかけてソン・フンミン、これがデビュー戦となるルーカス・モウラを投入したトッテナムが危なげなく試合を運び、白熱の初戦は2-2のドローでタイムアップ。序盤の2失点という逆境を見事に撥ね返したアウェイのトッテナムが、2つのアウェイゴールを持ち帰ることに成功。一方、最高の入りを見せながらもイグアインのPK失敗から流れを逸したユベントスは公式戦の連勝が「11」でストップした。なお、トッテナムホームの2ndレグは来月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

エムレ・ジャン、ユベントスと5年契約で合意

▽イギリス『ガーディアン』が、リバプールのドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)が、ユベントスと合意したことを報じた。 ▽報道によれば、ジャンはユベントスと5年契約で合意。年俸は500万ユーロ(約6億5000万円)と推測されており、今季限りでリバプールとの契約が切れるためフリーでの移籍となる。なお、公式発表は26日に行われるリバプールvsレアル・マドリーのチャンピオンズリーグ決勝の後だといわれている。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。現在では守備的MFやセントラルMF主戦場に、リバプールでは通算166試合に出場し、14ゴール12アシストを記録している。 ▽今季終盤に背中の負傷でチームを離脱していたが、最近トレーニングに復帰。チャンピオンズリーグ決勝戦が、ジャンにとってリバプールでの最後の試合となりそうだ。 2018.05.22 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーヴェ退団ブッフォン、PSG移籍が間近に迫る?代理人らがパリで詰めの交渉

今シーズン限りでユベントスを退団するGKジャンルイジ・ブッフォンの代理人らが21日、フランスを訪れ、パリ・サンジェルマンとの詰めの交渉に向かった。『Goal』の取材により、明らかになった。<br><br>ブッフォンは先日、今シーズン限りでユベントスを退団することを発表。19日に行われたセリエA最終節ヴェローナ戦がトリノでの最後の試合となった。だがユーヴェ守護神には、選手としてだけではなく、幹部としても複数のオファーが舞い込んでおり、今後の去就については、現役引退も含め数日以内に決断を下すことを明かしていた。<br><br>PSGはブッフォンに対し、年俸400万ユーロ(約5.2億円)の2年契約を提示しているとされており、早ければ今日もしくは明日にも合意に至る可能性がある。40歳GKの代理人であるシルヴァーノ・マルティーナ氏は21日、弁護士を連れてフランス・パリを訪問。PSGとの詰めの交渉に向かった。双方とも素早く合意へ至れるよう話し合いを進めている。<br><br>ブッフォンはこれまで、引退の道も検討したものの、依然として現役でプレーを続けることに意欲を見せており、刺激的な新たな冒険に魅力を感じている。PSGのオファーを受け入れた場合、ブッフォンは再びチャンピオンズリーグ(CL)に挑戦することが可能となる。キャリアにおいて数々のタイトルを手にしてきた元イタリア代表GKだが、CLでは3度にわたり決勝のピッチに上がったものの、渇望するタイトルを目の前で取り逃している。<br><br>なおPSGでは現在、2006年から2011年にかけてユベントスの役員を務めていたジャン・クロード・ブラン氏がゼネラルディレクターを務めており、彼がユーベのレジェンドの「シー(イエス)」を引き出した人物とされる。もし移籍が実現すれば、7年ぶりの再会となる。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 17:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ退団ブッフォン「40歳のアスリートとしてこれ以上ない最高の幕引きだった」

ユベントスを退団する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが21日、イタリア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>40歳のブッフォンは17年間所属したユベントスを今シーズン限りで退団。19日にアリアンツ・スタジアムで行われたヴェローナ戦において、ファンに別れを告げた。ブッフォンは最後の日を最高の形で迎えることができたと振り返る。<br><br>「僕のラストマッチでは、人々の温かさに触れ、とても嬉しく思った。まるで種から育ててきた作物の収穫の日のようだった。僕の心に安らぎをもたらし、とても穏やかにしてくれた」<br><br>「ユベントスの栄誉あるユニフォームをまとうことができて僕は幸せだ。人々から愛され、チームメートのうち数人とは、まるで兄弟のような友情関係を築くことができた。(会長のアンドレア)アニェッリとは何度も会って、一緒に最良の決断を下した。僕のような40歳のアスリートにとって、これ以上ない最高の幕引きになったと思う」<br><br>なおパリ・サンジェルマンが今夏、ブッフォンの獲得に動いているが、元イタリア代表GKは決断を保留している。<br><br>「あと数日、時間をとって検討し、最良の決断をしたい。決断するにあたり、冷静にならなければならない」<br><br>またイタリア代表を辞退したことについても、ブッフォンなりの説明を加えている。<br><br>「これまで僕はいつもチームにとって付加価値であると感じていたが、そのように捉えてもらえなくなってしまった。むしろ、ここ2年間では、僕が問題であるかのように感じた。だが誇りをもって自分の決断を下した」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベCEO「モラタの復帰は難しい。高過ぎる」

▽ユベントスで最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がチェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(25)の復帰を否定した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2014〜2016年までユベントスでプレーしたモラタは2017年夏、レアル・マドリーからチェルシー入り。公式戦48試合15得点6アシストをマークしたが、安定感を欠いた時期もあり、総じて苦戦を強いられた。 ▽そのモラタを巡っては、以前にロンドンでの生活に不満をのぞかせるコメントを残したことからユベントス復帰の可能性が浮上している。だが、マロッタ氏は次のように否定的な姿勢を示したという。 「誰もがこのクラブに大きな愛情を感じている」 「私は否定しない。モラタがユベントスに愛情を示していることを」 「だが、(復帰の)可能性はほとんどない。高過ぎる」 2018.05.22 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

去就注目のブッフォン「決定まで1週間必要」

▽今シーズン限りでユベントスを去るイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が去就に言及した。 ▽ブッフォンは、17日に開いた記者会見でユベントス退団を正式表明。今後の動向について様々な憶測が飛び交っているが、その中でもパリ・サンジェルマン(PSG)行きの噂が熱を帯びている。 ▽去就に注目を集める中、21日にサンシーロで行われた元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏の現役引退試合に参加したブッフォン。『スカイ・スポーツ・イタリア』で次のようにコメントしたという。 「PSG? 静かに見守ろう。見極めるために1週間ぐらい必要だ。選択は簡単なことじゃない。もう40歳だ。その場の勢いだけじゃ決められない」 2018.05.22 09:55 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース