開始10分で2点ビハインドもスパーズが敵地で価値あるドロー… 2Gのピピータ痛恨PK失敗のユーベは逃げ切りならず…《CL》2018.02.14 07:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。▽グループDでスポルティング・リスボンとの2位争いを制し、バルセロナに次ぐ2位でグループステージを突破したイタリア王者ユベントスは、セリエAではナポリと熾烈な優勝争いを展開中。直近のフィオレンティーナ戦を2-0で快勝し、リーグ戦8連勝中と好調を維持したまま今回の一戦を迎えた。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。リヒトシュタイナーとマルキジオに代わってデ・シリオ、ドグラス・コスタが起用され、[4-3-3]から[4-2-3-1]に布陣を変更した。

▽一方、レアル・マドリーやドルトムントと同居した死のグループHを無敗の首位で通過したトッテナムは、プレミアリーグでは熾烈なCL出場権争いを展開中。3日前に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-0と勝利し、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと続いたビッグマッチを2勝1分けで終え、ユベントス戦を迎えた。直近のアーセナル戦からはこちらも2選手を変更。トリッピアーとソン・フンミンに代わってオーリエと、決勝トーナメントから新たに登録された元ローマMFラメラが抜擢された。

▽互いにソリッドな守備を売りにするチーム同士の対戦だけに堅い入りが予想されたものの、試合は開始早々に動く。開始2分、ピャニッチがボックス手前でデンベレに倒されてユベントスがFKを獲得。この場面で左利きのベルナルデスキ、右利きのピャニッチという2人の名手がボールの近くに立つ。共に直接狙える距離だったものの、ここでサインプレーを選択。ピャニッチが浮き球のボールをゴール右のスペースへ落とすと、フリーのイグアインが後方からのボールを見事な右足ダイレクトボレーで合わせた。

▽最高の形で先制に成功したユベントスはバタ付くアウェイチームに圧力をかけて押し込んでいく。すると8分、左サイドのマンジュキッチからのクロスに対してDFベン・デイビスと競ったベルナルデスキがアフター気味に蹴られると、ここでブリッヒ主審はホームチームにPKを与える。ここでキッカーのイグアインが左を狙ったシュートはGKロリスに触られるも、ボールはそのままネットを揺らした。

▽いずれもセットプレーの流れから相手のエースストライカーに2ゴールを許す最悪な立ち上がりとなったトッテナムはすぐさま反撃を開始。デンベレの持ち上がりにエリクセンやラメラの仕掛けを軸に攻撃を展開していく。しかし、自陣で堅固なブロックを敷くユベントスの守備を前になかなか危険なエリアにボールを運べない。

▽それでも、26分にはボックス手前左のエリクセンから絶妙な浮き球クロスがゴール前のケインに通る。ここでケインは豪快に頭で合わすが、至近距離からのヘディングシュートはGKブッフォンのビッグセーブに遭う。続く29分にはボックス手前で得たFKの流れからこぼれ球を拾ったエリクセンがミドルシュートも、今度は枠の右へ外れた。

▽一方、最前線のイグアインまで自陣に入って守備に参加するなどリスク管理を優先するホームチームは、相手のハイラインの背後を狙ってロングカウンターを仕掛けていく。30分には狙い通りの形からイグアイン、ピャニッチの2人が最終ライン裏へ抜け出し、最後はボックス内でDFを切り返しでかわしたイグアインが左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の左へ外れた。

▽あわや3失点目というピンチを凌いだトッテナムは、デンベレとデレ・アリ、エリクセンの連係でチャンスを作り出す。さらに、ボールロスト時の素早い囲い込みが機能し出すと、頼れるエースがゴールをもたらす。35分、中盤でイグアインの縦パスをカットしたヴェルトンゲンからの縦パスをエリクセンが粘ってデレ・アリに繋ぐと、デレ・アリからのラストパスに反応したケインが飛び出したGKブッフォンを振り切って無人のゴールへ左足のシュートを流し込み、公式戦7戦連続クリーンシート中の堅守を破った。

▽未だビハインドも貴重なアウェイゴールを奪ったトッテナムがここから勢い付く。エリクセンの強烈なミドルシュートなど多彩な攻めで一気に同点を目指す。対して耐える時間が続くユベントスだが、セリエA6連覇中の王者は持ち味の試合巧者ぶりを発揮する。前半アディショナルタイムに左サイドで仕掛けたドグラス・コスタが圧巻の持ち上がりでDF2枚を振り切ると、ボックス内でDFオーリエに倒されてPKを獲得。しかし、ハットトリックが懸かるイグアインのこの試合2本目のPKはクロスバーを叩き3点目のチャンスを逸した。

▽1点リードもイグアインのPK失敗でやや嫌な流れで後半に臨んだユベントスは、前半とは打って変わって前からの圧力を強めて再び流れを引き寄せにかかる。57分にはイグアインを起点とした攻めからボックス右に切り込んだベルナルデスキが得意の左足を振るが、GKロリスの好守に阻まれる。さらにこのプレーで得た左CKをマンジュキッチがドンピシャのタイミングでヘディングシュートも、GK正面を突く。

▽一方、後半もボールを支配するトッテナムは相手の鋭い出足を前になかなかチャンスを作り出せない。それでも、70分には左サイドに流れたケインが強烈なミドルシュートでGKブッフォンを脅かす。

▽すると72分、ボックス付近での細かいパス交換からデレ・アリがDFキエッリーニに倒されてペナルティアーク付近でFKを獲得。ここでエリクセンがキッカーを務めると、2つの壁の間をグラウンダーのボールで抜く技ありのシュートでGKブッフォンとの駆け引きを制し、値千金の同点ゴールを奪った。

▽昨年11月中旬のサンプドリア戦以来となる複数失点を喫したユベントスは、失点前にケディラに代えて投入したベンタンクールに続き、負傷のマンジュキッチに代えてストゥラーロを投入。中盤に活力を入れて勝ち越しを目指す。だが、やや守備に重きを置き始めたアウェイチーム相手に守備に体力を使い過ぎたホームチームの攻撃は停滞する。

▽その後、試合終盤にかけてソン・フンミン、これがデビュー戦となるルーカス・モウラを投入したトッテナムが危なげなく試合を運び、白熱の初戦は2-2のドローでタイムアップ。序盤の2失点という逆境を見事に撥ね返したアウェイのトッテナムが、2つのアウェイゴールを持ち帰ることに成功。一方、最高の入りを見せながらもイグアインのPK失敗から流れを逸したユベントスは公式戦の連勝が「11」でストップした。なお、トッテナムホームの2ndレグは来月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドの存在はセリエAに好影響も…ナポリ指揮官「唯一の失敗は…」

▽ナポリを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、今夏セリエAに加入したスター選手について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽セリエAでは今夏レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍。サッカー界をけん引してきたスター選手の加入にセリエAだけでなく、世界中から注目を集めた。 ▽そんなC・ロナウドとマドリー時代に師弟関係であったナポリ指揮官のアンチェロッティ監督は、同選手の加入がセリエAに好影響を与えるとジョークを交えて主張している。 「クリスティアーノ・ロナウドの移籍は、セリエAにとって素晴らしいものだ」 「セリエAは長い間、マラドーナ、プラティニ、ジーコ、ジダン、ロナウド、シェフチェンコ、カカ、イブラヒモビッチといったスターが在籍していたリーグだ。彼は偉大なプロ選手だ。彼がきっとこのリーグを復活させてくれるだろう」 「唯一、ユベントスに行ってしまったことが彼の失敗だね(笑)」 2018.10.24 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

オールド・トラッフォード凱旋のC・ロナウドが古巣サポーターに感謝

▽かつての本拠地であるオールド・トラッフォードに戻ってきたユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サポーターへの感謝の気持を述べた。 ▽C・ロナウドは、2003年にスポルティング・リスボンからマンチェスター・ユナイテッドへと加入。プレミアリーグで3度の優勝を飾り、2007-08シーズンにはチャンピオンズリーグも制していた。 ▽2008年にレアル・マドリーへと移籍すると、その後も活躍。チームでのタイトル獲得に貢献した一方で、バロンドールも5度受賞するなど、スーパースターとしての地位を確立した。 ▽そんなC・ロナウドは、今夏加入したユベントスの一員として、オールド・トラッフォードに凱旋。初戦での退場で凱旋が不可能とも言われたが、出場停止は1試合となり、無事に先発出場。チームも1-0で勝利を収め、3連勝を飾った。 ▽試合後、C・ロナウドは自身のインスタグラム(cristiano)で自身を歓迎してくれたユナイテッドのサポーターへ感謝の気持を綴り、特別な一戦だったと語った。 「僕にとって、とても感動的な試合で、重要な勝利だった。オールド・トラッフォードで再びプレーすることは、素晴らしいことだった」 「歓迎し、サポートをしてくれた全てのファンに感謝している」 2018.10.24 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

CL3連勝も満足しないユーベ主将キエッリーニ「前半は素晴らしかったが…」

ユべントスDFジョルジョ・キエッリーニは、前半に満足感を示しつつ、課題を指摘している。UEFA公式が伝えた。<br><br>23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したユべントス。敵地での一戦となったが、17分にパウロ・ディバラが先制点を奪い、そのリードを守りきって1-0と勝利した。<br><br>試合後、主将キエッリーニは前半に満足感を示しつつ、課題を挙げている。<br><br>「前半は素晴らしいプレーだった。多くの動きを見せ、ユナイテッドの反撃を許さずボールをキープした」<br><br>「後半には運動量が多くなかったため、彼らに危険な場面を数回許してしまった。3月~4月までに多くのことを改善できると確信しているよ」<br><br>CL3連勝を飾ったユべントスは、2位ユナイテッドに5ポイント差をつけて首位を快走。今季は公式戦12試合で11勝1分と絶好調を維持し、悲願の欧州制覇へ向けて最高のスタートを切っている。<br><br>提供:goal.com 2018.10.24 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ユベントスのCBコンビを称賛「人々はロナウドやディバラに注目するが…」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ユベントスのセンターバック2選手を称賛した。イギリス『BBC』が『BT Sport』を引用して伝えている。 ▽ユナイテッドは23日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でユベントスと対戦。試合は序盤から互角の攻防を見せる中、17分にユベントスのディバラに先制点を許してしまう。その後、ユナイテッドはユベントスの攻撃になんとか耐えながらゴールを目指したが、最後まで追いつくことができず、0-1で敗戦を喫した。 ▽試合後、モウリーニョ監督はユベントスのイタリア代表ジョルジョ・キエッリーニ、同国代表DFレオナルド・ボヌッチのCBコンビに賛辞を送り、「本当に難しい試合だった」と振り返った。 「相手にはとても高いクオリティがあった。人々はよくロナウドやディバラに注目するが、トップチームにおいてキエッリーニやボヌッチにもっと目を向ける必要がある。ユベントスはこういうタイプのチームだ。彼らがいる時、試合はとても難しいものとなる」 「全員が最後まで強いメンタリティを持ってトライをしていた。ユベントスはそれを察し、キエッリーニとボヌッチのコンビに新たにセンターバックを加えて試合を終わらせた。本当に難しい試合だった。いくつか勝ち点を持ち帰ることができると思っていたが、できなかった」 2018.10.24 09:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ユベントス《CL》

▽チャンピオンズリーグ・グループH第3節、マンチェスター・ユナイテッドvsユベントスが23日に行われ、0-1でユベントスが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181024_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.5 C・ロナウドのミドルシュートと直接FKを好守で阻止した DF 18 ヤング 5.5 C・ロナウドと対面し、守備に追われた 12 スモーリング 5.5 大きなミスなく乗り切った 2 リンデロフ 5.5 敏捷性の欠如を突かれて背後を狙われたが何とか対応 23 ショー 5.0 クアドラードのスピードにはまずまず対応も数的不利の局面で混乱していた MF 6 ポグバ 6.0 初の古巣対決。ポスト直撃のシュートを浴びせるなどフィールド上の選手では最も効いていた 8 マタ 5.0 守備面ではピャニッチの監視を続けたが、攻撃面ではほぼ何もできず 31 マティッチ 5.0 失点場面ではディバラに付ききれず。攻守にやや物足りず FW 10 ラッシュフォード 5.0 アレックス・サンドロの前に沈黙 9 ルカク 5.0 キエッリーニとボヌッチの前に封殺された 11 マルシャル 5.0 失点場面ではC・ロナウドに付ききれず。攻撃面でも存在感なく攻守に足を引っ張った 監督 モウリーニョ 5.0 守備面はまずまずも攻撃面でのバリエーションの乏しさが深刻 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181024_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 6.0 安定したゴールキーピングでクリーンシート達成 DF 20 カンセロ 6.5 攻撃にも積極的に関与し、攻守に質の高いプレーを見せた (→ドグラス・コスタ -) 19 ボヌッチ 6.5 ビルドアップの起点にもなるなど攻守に効いていた 3 キエッリーニ 6.5 ルカクに仕事をさせず。攻撃面でも持ち上がるなど意欲的だった 12 アレックス・サンドロ 6.5 抜群のキープ力でビルドアップを助けた。守備も隙なし MF 30 ベンタンクール 6.0 終盤はミスパスからピンチを招いたが、正確なパスワークでポゼッションの中心に 5 ピャニッチ 6.0 マタに監視される中、いつも通りの展開力を発揮 14 マテュイディ 6.0 フランス代表のチームメートであるポグバとマッチアップ。幅広く動いて攻守に関わった FW 16 クアドラード 6.0 カウンターの起点に (→バルザーリ -) 10 ディバラ 6.5 中央の位置で自由にプレーし、決勝ゴール (→ベルナルデスキ -) 7 C・ロナウド 6.0 2度目のOT凱旋試合。決勝点を演出。ゴールはデ・ヘアに阻まれた 監督 アッレグリ 6.5 ディバラのセンター起用が奏功。攻守にユナイテッドを凌駕した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ディバラ(ユベントス) ▽守備陣もハイパフォーマンスを見せていたが、決勝ゴールを記録したディバラを選出。ゼロトップのようなタスクをしっかりとこなした。 マンチェスター・ユナイテッド 0-1 ユベントス 【ユベントス】 ディバラ(前17) 2018.10.24 06:01 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース