開始10分で2点ビハインドもスパーズが敵地で価値あるドロー… 2Gのピピータ痛恨PK失敗のユーベは逃げ切りならず…《CL》2018.02.14 07:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、ユベントスvsトッテナムが13日にアリアンツ・スタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。▽グループDでスポルティング・リスボンとの2位争いを制し、バルセロナに次ぐ2位でグループステージを突破したイタリア王者ユベントスは、セリエAではナポリと熾烈な優勝争いを展開中。直近のフィオレンティーナ戦を2-0で快勝し、リーグ戦8連勝中と好調を維持したまま今回の一戦を迎えた。フィオレンティーナ戦からのメンバー変更は2点。リヒトシュタイナーとマルキジオに代わってデ・シリオ、ドグラス・コスタが起用され、[4-3-3]から[4-2-3-1]に布陣を変更した。

▽一方、レアル・マドリーやドルトムントと同居した死のグループHを無敗の首位で通過したトッテナムは、プレミアリーグでは熾烈なCL出場権争いを展開中。3日前に行われたアーセナルとのノースロンドン・ダービーを1-0と勝利し、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールと続いたビッグマッチを2勝1分けで終え、ユベントス戦を迎えた。直近のアーセナル戦からはこちらも2選手を変更。トリッピアーとソン・フンミンに代わってオーリエと、決勝トーナメントから新たに登録された元ローマMFラメラが抜擢された。

▽互いにソリッドな守備を売りにするチーム同士の対戦だけに堅い入りが予想されたものの、試合は開始早々に動く。開始2分、ピャニッチがボックス手前でデンベレに倒されてユベントスがFKを獲得。この場面で左利きのベルナルデスキ、右利きのピャニッチという2人の名手がボールの近くに立つ。共に直接狙える距離だったものの、ここでサインプレーを選択。ピャニッチが浮き球のボールをゴール右のスペースへ落とすと、フリーのイグアインが後方からのボールを見事な右足ダイレクトボレーで合わせた。

▽最高の形で先制に成功したユベントスはバタ付くアウェイチームに圧力をかけて押し込んでいく。すると8分、左サイドのマンジュキッチからのクロスに対してDFベン・デイビスと競ったベルナルデスキがアフター気味に蹴られると、ここでブリッヒ主審はホームチームにPKを与える。ここでキッカーのイグアインが左を狙ったシュートはGKロリスに触られるも、ボールはそのままネットを揺らした。

▽いずれもセットプレーの流れから相手のエースストライカーに2ゴールを許す最悪な立ち上がりとなったトッテナムはすぐさま反撃を開始。デンベレの持ち上がりにエリクセンやラメラの仕掛けを軸に攻撃を展開していく。しかし、自陣で堅固なブロックを敷くユベントスの守備を前になかなか危険なエリアにボールを運べない。

▽それでも、26分にはボックス手前左のエリクセンから絶妙な浮き球クロスがゴール前のケインに通る。ここでケインは豪快に頭で合わすが、至近距離からのヘディングシュートはGKブッフォンのビッグセーブに遭う。続く29分にはボックス手前で得たFKの流れからこぼれ球を拾ったエリクセンがミドルシュートも、今度は枠の右へ外れた。

▽一方、最前線のイグアインまで自陣に入って守備に参加するなどリスク管理を優先するホームチームは、相手のハイラインの背後を狙ってロングカウンターを仕掛けていく。30分には狙い通りの形からイグアイン、ピャニッチの2人が最終ライン裏へ抜け出し、最後はボックス内でDFを切り返しでかわしたイグアインが左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の左へ外れた。

▽あわや3失点目というピンチを凌いだトッテナムは、デンベレとデレ・アリ、エリクセンの連係でチャンスを作り出す。さらに、ボールロスト時の素早い囲い込みが機能し出すと、頼れるエースがゴールをもたらす。35分、中盤でイグアインの縦パスをカットしたヴェルトンゲンからの縦パスをエリクセンが粘ってデレ・アリに繋ぐと、デレ・アリからのラストパスに反応したケインが飛び出したGKブッフォンを振り切って無人のゴールへ左足のシュートを流し込み、公式戦7戦連続クリーンシート中の堅守を破った。

▽未だビハインドも貴重なアウェイゴールを奪ったトッテナムがここから勢い付く。エリクセンの強烈なミドルシュートなど多彩な攻めで一気に同点を目指す。対して耐える時間が続くユベントスだが、セリエA6連覇中の王者は持ち味の試合巧者ぶりを発揮する。前半アディショナルタイムに左サイドで仕掛けたドグラス・コスタが圧巻の持ち上がりでDF2枚を振り切ると、ボックス内でDFオーリエに倒されてPKを獲得。しかし、ハットトリックが懸かるイグアインのこの試合2本目のPKはクロスバーを叩き3点目のチャンスを逸した。

▽1点リードもイグアインのPK失敗でやや嫌な流れで後半に臨んだユベントスは、前半とは打って変わって前からの圧力を強めて再び流れを引き寄せにかかる。57分にはイグアインを起点とした攻めからボックス右に切り込んだベルナルデスキが得意の左足を振るが、GKロリスの好守に阻まれる。さらにこのプレーで得た左CKをマンジュキッチがドンピシャのタイミングでヘディングシュートも、GK正面を突く。

▽一方、後半もボールを支配するトッテナムは相手の鋭い出足を前になかなかチャンスを作り出せない。それでも、70分には左サイドに流れたケインが強烈なミドルシュートでGKブッフォンを脅かす。

▽すると72分、ボックス付近での細かいパス交換からデレ・アリがDFキエッリーニに倒されてペナルティアーク付近でFKを獲得。ここでエリクセンがキッカーを務めると、2つの壁の間をグラウンダーのボールで抜く技ありのシュートでGKブッフォンとの駆け引きを制し、値千金の同点ゴールを奪った。

▽昨年11月中旬のサンプドリア戦以来となる複数失点を喫したユベントスは、失点前にケディラに代えて投入したベンタンクールに続き、負傷のマンジュキッチに代えてストゥラーロを投入。中盤に活力を入れて勝ち越しを目指す。だが、やや守備に重きを置き始めたアウェイチーム相手に守備に体力を使い過ぎたホームチームの攻撃は停滞する。

▽その後、試合終盤にかけてソン・フンミン、これがデビュー戦となるルーカス・モウラを投入したトッテナムが危なげなく試合を運び、白熱の初戦は2-2のドローでタイムアップ。序盤の2失点という逆境を見事に撥ね返したアウェイのトッテナムが、2つのアウェイゴールを持ち帰ることに成功。一方、最高の入りを見せながらもイグアインのPK失敗から流れを逸したユベントスは公式戦の連勝が「11」でストップした。なお、トッテナムホームの2ndレグは来月7日に行われる。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルレジェンド、ラムジーのユーベ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判

アーセナルのレジェンドである元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏が、同クラブのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの慰留に失敗したクラブを批判した。<br><br>2008年にカーディフ・シティから加入後、アーセナルで10年以上を過ごしてきたラムジー。しかし、今季限りとなっているクラブとの契約に関して延長交渉は進展せず、先日にはユベントス移籍が合意したことが伝えられた。<br><br>夏のフリー移籍を前にメディカルチェックを終えたとも報じられる中、ラムジーは19日に行われたプレミアリーグ第23節のチェルシー戦で先発。相手のキーマンであるジョルジーニョを潰しつつ、豊富な運動量で攻撃を活性化する好パフォーマンスを見せた。<br><br>『BT Sports』で解説を務めたキーオン氏は試合後、ラムジーの去就について、「彼が今日、攻撃時と守備時のどちらにおいても見せていたものを考えると悲しいね」とコメント。さらに、「彼が出ていくことを考えると、少し吐き気を催すほどだよ。チームが前進しようとしている中、凄く重要な一人の選手がその将来にいない」と退団が決定的な状況を嘆き、「アーセナルは彼を失った。誰がそのような決定を下したのは知らない」と、契約延長交渉から自ら降りたとも言われるクラブの判断に納得がいっていない様子だった。<br><br>5位のアーセナルは、今回の勝利で4位のチェルシーとの勝ち点差を3ポイントとし、来季チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて大きな後押しを得ている。契約満了までチームにコミットし続ける姿勢を見せたラムジーのパフォーマンスに今後も期待がかかる。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシとロナウドどっちが上? モウリーニョ「真に称賛に値することは…」

ジョゼ・モウリーニョ氏が、サッカー界のお馴染みの質問に自身の見解を示している。イギリス『メトロ』が伝えた。 現在のサッカー界では、「リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドのどちらが上か」という質問がインタビューや対談でお馴染みになっている。どちらの選手もここ10年間はお互いしか比較対象がいない程の活躍を継続しており、まさに甲乙つけ難い二者択一だ。 これまで数々の選手や監督たちが自信の考えを示してきたが、昨年末にマンチェスター・ユナイテッドを去ったモウリーニョ氏は、その問い自体がナンセンスだと主張している。 「片方がもう一方よりも優れていると誰かが話すのは、どちらにもアンフェアだと思う」 「メッシと(クリスティアーノ・)ロナウドについて君に聞かれたけど、その選手たちを比較するのはあんまりにもだと思う。私が唯一言えることは、ロナウドを側に置けた自分が幸せな男だったということだけだ」 「メッシと対戦しなければならなかった時、ロナウドとも数回あったが、私はチームが成功するチャンスを確保するために多くのことを考えなくてはならなかった」 「真に称賛に値することは、トップに留まっている年数だ。一度勝つことはできる。勝利して、勝利して、勝利して、勝利して、勝利し続けることは遥かに困難だ」 「この2人は10年間もその域にいる。彼らに関する全てのことは本人たちが十分か決める。他の人たちはハードルを上げることができるがね」 2019.01.19 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

イグアインがロンドンへ 19日アーセナル戦でチェルシーデビューか

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍が間近の様相だ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、イグアインは18日にもチェルシー移籍に向け、ロンドン入りし、メディカルチェックへ。ユベントスとの話もまとまっており、契約書にサインを交わすのみだという。 また、イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』もイグアインのチェルシー移籍を報道。19日に行われるプレミアリーグ第23節のアーセナル戦に間に合わせるべく、締め切りの18日午後12時までにメンバー登録したい模様だ。 なお、チェルシーとユベントスは、3200万ポンド(約45億4000万円)の買取オプションが付随したレンタルで合意。イグアインはチェルシーで週給15万ポンド(約2100万円)の契約を結ぶとみられる。 2019.01.18 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ラムジーがユベントスと事前契約 英有力メディア報じる

イギリス『スカイ・スポーツ』は17日、アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)のユベントス移籍を報じた。 アーセナルとの延長交渉の決裂により、今シーズン終了後にフリーの身となるラムジー。パリ・サンジェルマン(PSG)やバイエルンがラムジーに目を光らせてきたが、ユベントス移籍が決定的な様相だ。 渦中のラムジーは先週末にシーズン終了後のユベントス加入に向け、メディカルチェックを受診。事前合意に達したとみられ、2月にも獲得の公式発表される見通しだという。 ラムジーは2008年夏、アーセナルに入団。3度のFAカップ制覇を誇り、プレミアリーグ通算253試合53得点を記録している。 2019.01.18 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーのイグアイン獲得報道で、モラタのアトレティコ移籍が加速

チェルシーを巡るストライカーの去就が慌ただしくなっている。 先日、チェルシーのミラン所属アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得合意報道が流れた。昨夏から興味を示していたマウリツィオ・サッリ監督の愛弟子の獲得にようやく漕ぎ着けた模様だ。 一方で、イグアインのスタンフォード・ブリッジ到着は、現チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの出発も意味している。イギリス『スカイ・スポーツ』は、イグアインの所属先であるユベントスとチェルシーは、1年間の延長オプション付きの今季いっぱいまでのレンタルで合意したと報道。同時に、以前から噂が上がっていたモラタのアトレティコ移籍に拍車がかかると見込んでいる。 同選手にはセビージャやバルセロナからの関心も伝えられていたが、ここにきてアトレティコがポールポジションに立った模様。交渉も順調に進んでいるようだ。 2017年夏に7000万ポンド(現在のレートで約98億円)の移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに移籍したモラタ。しかし、その高額は移籍金とは裏腹に、プレミアリーグのスタイルに馴染めず、今季もここまで16試合で5ゴールと結果を残せていない。 果たしてモラタはユース時代を過ごした古巣で輝きを取り戻すことはできるのだろうか。チェルシーを巡るストライカーの玉突き移籍が刻一刻と迫っている。 2019.01.17 15:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース