シティ、アウェイで4発無失点圧勝! ギュンドアン2発にアグエロのミドル弾炸裂《CL》2018.02.14 06:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは13日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバーゼルの本拠地ザンクト・ヤコブ・パルクに乗り込み、4-0で勝利した。

▽国内リーグ8連覇中のCL常連であるバーゼルが、プレミアリーグで首位に君臨する優勝候補シティをホームに迎えた初顔合わせとなる一戦。

▽マンチェスター・ユナイテッド、ベンフィカ、CSKAモスクワといった格上の名門クラブと同居したグループAを4勝2敗の2位で切り抜けたバーゼルは3-4-3を採用。本来サイドバックであるラングやB・リベロスを中盤のサイドに上げ、最前線にはオベルリンを配してカウンター重視のスタメンで臨んだ。

▽一方、ナポリ、シャフタール、フェイエノールトと同居したグループFで5勝1敗の戦績を残して堂々の首位通過を果たしたシティは、直近の試合である5-1の快勝を収めたプレミアリーグ第27節レスター・シティ戦からスタメンを2名変更し、ラポルテ、ジンチェンコに代えてコンパニ、デルフを起用。負傷からの回復が待たれていたシルバ、ザネはベンチメンバーに名を連ねた。

▽試合が始まると、シティがボールを持って試合を進行。すると、2分にはベルナルド・シウバのクロスに反応したギュンドアンがヘディングシュートを放つ。GKバシリクにキャッチされたものの、サイドを起点にチャンスを作り出した。

▽5バック気味に守るバーゼルも、カウンターから好機を生み出していく。6分、押し込まれる展開の中、最終ラインからのフィードに最前線のオベルリンが抜け出す。しかし、一対一の場面でボックス外まで飛び出したGKエデルソンがシュートを身体に当てて、ゴールを割らせない。

▽シティが優勢の時間が続くと、14分にスコアを動かすことに成功する。左CKの場面でキッカーをデ・ブライネが担当。ニアに飛び込んだギュンドアンがマンマークに付いていたF・フライとの競り合いを制し、頭でネットを揺らした。

▽続く18分、デ・ブライネのスルーパスにスターリングが左サイドに抜け出す。そのままクロスを供給すると、ファーのベルナルド・シウバに渡る。ベルナルド・シウバがボックス内右から決め切り、差を広げていく。

▽さらに23分、フェルナンジーニョが相手陣内中央をドリブルで侵攻していき、ボックス手前でアグエロにボールが渡る。アグエロが思い切ってミドルシュートを放つとGKバシリクは動けず。ゴール左下隅に決まり、チームの3点目に。

▽シティは、フェルナンジーニョやギュンドアンが機を見て上がりつつ相手に脅威を与えていく。37分にも、フェルナンジーニョの上りから左サイドをオーバーラップしたデルフにボールが渡る。ボックス手前中央に浮き球で折り返すと、飛び込んだデ・ブライネが左足でボレーシュートを放つ。しかし、これはバーをわずかに越えていく。

▽前半はシティが3点のリードを保ったまま終了。バーゼルのカウンターが実を結ぶことがないままに試合を折り返した。

▽後半に入っても、シティが優勢を保つ。47分には、ボックス手前でボールを受けたデ・ブライネが鋭いミドルシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされた。

▽それでも49分、ボックス手前左でボールを受けたM・エルヨナッシが右足で強烈なブレ球のシュートを放つ。シュートはゴール右隅を捉えていたが、GKエデルソンが好守で阻んだ。

▽しかしバーゼルがチャンスを得た直後の53分、アグエロの落としを受けたギュンドアンが、チェックに来たF・フライをかわす。ボックス手前やや左から右足を振り抜くと、ボールはファーに吸い込まれた。

▽リードを4点に広げたシティは、57分にスターリングに代えて負傷明けとなるザネを起用。さらに63分にも状態に不安を抱えていたシルバを、デ・ブライネに代えて起用した。

▽66分には、ウォーカーの中央への折り返しをボックス内のアグエロが落とす。走り込んだシルバが素早くシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされる。

▽少しでも点差を縮めたいバーゼルは、67分にM・エルヨナッシがボックス手前左からクロスを入れる。反応したオベルリンがフリーの状態でファーからのヘディングシュートを放ったが、わずかに枠を右に逸れていく。

▽続く69分にも、バーゼルにチャンスが訪れる。ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーを務めたオベルリンが直接狙う。GKエデルソンが阻んだものの、枠を捉えた強烈なシュートがシティゴールを脅かした。

▽それでも、バーゼルはシティのゴールを割ることができず。ボールを回しつつ試合を落ち着かせて締めに入るシティは、86分にアグエロに代えてダニーロを投入する。

▽その後もシティは無理をせず。結局、バーゼルは最後まで一矢報いることができずに試合が終了。

▽この結果、シティはアウェイで一挙4得点を奪い2ndレグに向けて大きくアドバンテージを得ることに成功。バーゼルにとっては、初のベスト8進出が遠のくスコアとなった。なお、シティホームの2ndレグは3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

ペップ選手、ウィガンから獲得を見送られていた過去 「私じゃダメだった」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が現役当時のプレミアリーグ挑戦破談劇を明かした。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽グアルディオラ監督は現役時代、1990年から2001年までバルセロナでプレー。その後、ブレシアやローマ、アル・アハリを経て、メキシコのドラドス・シナロアで現役キャリアに終止符を打った。 ▽伝えられるところによれば、現フットボール界最高の指揮官と評されるスペイン人指導者は、2003年から2005年までプレーしたアル・アハリ在籍後、ウィガン移籍を目指していたという。 ▽そのグアルディオラ監督が指揮を執るシティは、19日に敵地で行われるFAカップ5回戦でウィガンと対戦する。前日会見に出席したグアルディオラ監督は、記者から当時の質問が飛ぶと、次のように話した。 「そうだ。何年か前にね。でも、当時の私じゃダメだったんだ! それこそ真実さ」 「ここにフットボーラーとしてやって来るには、だいぶ老けこんでいた。学ぶためにイングランドに来てプレーしたかったのだが、それは叶わなかった」 「彼ら(ウィガン)はとても賢かったね!」 2018.02.19 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

世界で最も高給取りの監督は? プレミア勢が上位独占でブンデスリーガは…

スペイン紙『アス』が、世界で最も高給取りの監督は誰なのかを発表している。ランキング形式で伝えた。<br><br>■10位 ラファエル・ベニテス(ニューカッスル)スペイン出身の57歳。愛称は「ラファ」。バレンシアでラ・リーガとUEFAカップを制した後、リバプールの監督に就任。2004-05シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで優勝を成し遂げた。インテル、チェルシー、ナポリを経て2016年よりニューカッスルを率いる。年俸は540万ユーロ(約7億1000万円)。<br><br>■9位 マウリシオ・ポチェッティーノ(トッテナム)45歳。現役時代はアルゼンチン代表DFとしても活躍した。指導者としては2009年に古巣・エスパニョールの監督に就任。2013-14シーズンは、吉田麻也の所属するサウサンプトンを指揮した。2014年からトッテナムを率い、優勝争いに絡むチームにまで成長させた。年俸は660万ユーロ(約8億7000万円)。<br><br>■8位 マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)イタリア出身の50歳。現役時代に目立った活躍はなく、イタリア下位リーグから指導歴をスタートさせる。2011-12シーズン、ミランの監督に就任すると、チームをリーグ優勝に導く。2014年からユベントスを率い、セリエA3連覇(前任のアントニオ・コンテ時代を含めると6連覇)を達成する。年俸は700万ユーロ(約9億3000万円)。<br><br>■7位 アントニオ・コンテ(チェルシー)48歳。現役時代はイタリア代表でも活躍した。2011年、古巣・ユベントスの監督に就任。すると2011-12シーズンからセリエA3連覇を達成する。2016年にチェルシーの監督に就任すると、就任初年度にプレミアリーグ優勝を達成した。年俸は780万ユーロ(約10億3000万円)。<br><br>■6位 ユルゲン・クロップ(リバプール)ドイツ出身の50歳。2001年、マインツで現役を引退すると、そのまま古巣の監督に就任し、2004年に1部昇格を達成する。2008年からドルトムントを率いると、2010-11シーズンから連覇を達成。この時、香川真司も主力として活躍した。2015年からリバプールを率いる。年俸は830万ユーロ(約11億円)。<br><br>■5位 ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)45歳。現役時代の活躍ぶりは説明するまでもない。古巣であるレアル・マドリー下部組織の監督などを経て、2016年1月、ラファエル・ベニテスの後任として、トップチームの監督に就任する。すると2015-16シーズンからUEFAチャンピオンズリーグ連覇を達成。就任2年目の2016-17シーズンにはラ・リーガも制覇している。年俸は950万ユーロ(約12億6000万円)。<br><br>■4位 アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)フランス出身の68歳。モナコでリーグ・アンを制した後、1995年から翌年9月まで名古屋グランパスエイトの監督を務め、チームを天皇杯優勝に導く。1996年10月にアーセナルの監督に就任。20年以上もチームを指揮する。リーグ優勝は3回。中でも2003-04シーズンの無敗優勝は伝説となっている。年俸は1000万ユーロ(約13億2000万円)。<br><br>■3位 ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)元アルゼンチン代表で47歳。現役時代は主にイタリアやスペインでプレーした。2006年に現役引退後、母国のラシン、エストゥディアンテス、リーベル・プレートを指揮。2011年12月、古巣のアトレティコ・マドリー監督に就任。すると2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグを制覇。2013-14シーズンにはラ・リーガ優勝に導く。年俸は1500万ユーロ(約20億円)。<br><br>■2位 ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド)ポルトガル出身の55歳。自身を「スペシャル・ワン」と呼ぶ。現役時代は主に母国2部でプレー。スポルティングCP、ポルト、バルセロナのアシスタントコーチを経て、2000年にベンフィカの監督に就任。その後、ポルトの監督として2度の国内リーグ優勝、2002-03シーズンにUEFAカップ、翌シーズンにUEFAチャンピオンズリーグを制する。その後、チェルシー、インテル、レアル・マドリーを経て、2013年にチェルシーの監督へ復帰。2015年からマンチェスター・ユナイテッドを率いる。プレミアリーグで3回、セリエAで2回、ラ・リーガで1回のリーグ優勝を誇る。年俸は1600万ユーロ(約21億2000万円)。<br><br>■1位 ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)47歳。現役時代はバルセロナやスペイン代表などで活躍した。愛称は「ペップ」。2008年、バルセロナの監督に就任すると、2011-12シーズンまでに国内リーグ3回、UEFAチャンピオンズリーグで2回の優勝を達成する。2013-14シーズンからはバイエルン・ミュンヘンを指揮し、国内リーグ3連覇を成し遂げた。2016-17シーズンからマンチェスター・シティの監督に就任。初年度は3位に終わったが、今季は首位を独走している。年俸は1900万ユーロ(約25億2000万円)。<br><br>1位と2位はマンチェスター勢。そして財力を持つプレミアリーグ勢がランキングを独占する形となった。一方で、近年優れた監督を次々と輩出しているドイツ勢はランキングには入ってこず。欧州リーグの中でもイングランドやスペインとは隔たりがあることが改めて明らかとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.18 20:03 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ、ドイツの若き天才MFヴァイグル獲得へ…スカウト派遣ですでに視察?

▽マンチェスター・シティが、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(22)の獲得に向けて動いているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽伝えられるところによると、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は現在新たなアンカーの獲得を希望。ドルトムントの若き天才と評されるドルトムントのヴァイグルに関心を示しており、すでにドルトムントの直近数試合でスカウトを視察に送り込んだという。 ▽今夏の移籍市場に向けてはショートリストに入ると見られており、ロシア・ワールドカップのドイツ代表メンバーに選ばれる可能性もあることから、獲得に踏み切る際には迅速に契約を締結させたいと考えているとのことだ。しかし、ドルトムントには安価で売却する気はなく、4000万ポンド(約59億6000万円)以上のオファーでなければ交渉に応じる気はないと同メディアは伝えている。 ▽2015年夏にミュンヘン1860からドルトムント入りしたヴァイグルは、加入初年度に公式戦51試合、昨シーズンも43試合に出場。中盤の底を主戦場とする有望株で2016年5月にはドイツ代表デビューも飾っている。今シーズンはここまで公式戦23試合に出場して1ゴールを記録している。 2018.02.18 14:27 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロが1月のプレミア月間最優秀選手賞を受賞

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、1月のプレミアリーグ最優秀選手賞を受賞した。 ▽シティは1月、ワトフォード戦(3-1)、リバプール戦(3-4)、ニューカッスル戦(3-1)、WBA戦(3-0)の4試合を消化。リバプールにはリーグ戦今季初黒星を喫していたが、アグエロはこの4試合でニューカッスル戦でのハットトリックを含む計5ゴールを決め、チームを勝利に導いていた。 ▽今回で5度目の月間最優秀選手賞受賞となったアグエロは、FWウェイン・ルーニー、FWロビン・ファン・ペルシに並んだ。なお、6度受賞しているのはFWハリー・ケインとMFスティーブン・ジェラードのみとなっている。 2018.02.17 03:11 Sat
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスがチーム練習に復帰

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は16日、同クラブに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスがチーム練習に復帰したことを明かした。 ▽ガブリエウ・ジェズスは、昨年12月31日に行われたプレミアリーグ第21節のクリスタル・パレス戦(0-0でドロー)に先発出場。しかし、立ち上がりに左ヒザを痛めると、一度はプレーを再開したものの、ピッチに倒れ込み、涙を浮かべながらピッチを後にしていた。 ▽そのガブリエウ・ジェズスについてグアルディオラ監督は以下のように語っている。 「良いニュースだが、実際に彼がいつプレーできる準備が整うかはわからない。まだ、今日チーム練習に合流したばかりだからね」 ▽シティは19日にFAカップ5回戦のウィガン戦を控えるが、イギリス『スカイ・スポーツ』はガブリエウ・ジェズスの復帰はまだ先になるとの見解を示している。 2018.02.17 02:37 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース