シティ、アウェイで4発無失点圧勝! ギュンドアン2発にアグエロのミドル弾炸裂《CL》2018.02.14 06:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは13日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバーゼルの本拠地ザンクト・ヤコブ・パルクに乗り込み、4-0で勝利した。

▽国内リーグ8連覇中のCL常連であるバーゼルが、プレミアリーグで首位に君臨する優勝候補シティをホームに迎えた初顔合わせとなる一戦。

▽マンチェスター・ユナイテッド、ベンフィカ、CSKAモスクワといった格上の名門クラブと同居したグループAを4勝2敗の2位で切り抜けたバーゼルは3-4-3を採用。本来サイドバックであるラングやB・リベロスを中盤のサイドに上げ、最前線にはオベルリンを配してカウンター重視のスタメンで臨んだ。

▽一方、ナポリ、シャフタール、フェイエノールトと同居したグループFで5勝1敗の戦績を残して堂々の首位通過を果たしたシティは、直近の試合である5-1の快勝を収めたプレミアリーグ第27節レスター・シティ戦からスタメンを2名変更し、ラポルテ、ジンチェンコに代えてコンパニ、デルフを起用。負傷からの回復が待たれていたシルバ、ザネはベンチメンバーに名を連ねた。

▽試合が始まると、シティがボールを持って試合を進行。すると、2分にはベルナルド・シウバのクロスに反応したギュンドアンがヘディングシュートを放つ。GKバシリクにキャッチされたものの、サイドを起点にチャンスを作り出した。

▽5バック気味に守るバーゼルも、カウンターから好機を生み出していく。6分、押し込まれる展開の中、最終ラインからのフィードに最前線のオベルリンが抜け出す。しかし、一対一の場面でボックス外まで飛び出したGKエデルソンがシュートを身体に当てて、ゴールを割らせない。

▽シティが優勢の時間が続くと、14分にスコアを動かすことに成功する。左CKの場面でキッカーをデ・ブライネが担当。ニアに飛び込んだギュンドアンがマンマークに付いていたF・フライとの競り合いを制し、頭でネットを揺らした。

▽続く18分、デ・ブライネのスルーパスにスターリングが左サイドに抜け出す。そのままクロスを供給すると、ファーのベルナルド・シウバに渡る。ベルナルド・シウバがボックス内右から決め切り、差を広げていく。

▽さらに23分、フェルナンジーニョが相手陣内中央をドリブルで侵攻していき、ボックス手前でアグエロにボールが渡る。アグエロが思い切ってミドルシュートを放つとGKバシリクは動けず。ゴール左下隅に決まり、チームの3点目に。

▽シティは、フェルナンジーニョやギュンドアンが機を見て上がりつつ相手に脅威を与えていく。37分にも、フェルナンジーニョの上りから左サイドをオーバーラップしたデルフにボールが渡る。ボックス手前中央に浮き球で折り返すと、飛び込んだデ・ブライネが左足でボレーシュートを放つ。しかし、これはバーをわずかに越えていく。

▽前半はシティが3点のリードを保ったまま終了。バーゼルのカウンターが実を結ぶことがないままに試合を折り返した。

▽後半に入っても、シティが優勢を保つ。47分には、ボックス手前でボールを受けたデ・ブライネが鋭いミドルシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされた。

▽それでも49分、ボックス手前左でボールを受けたM・エルヨナッシが右足で強烈なブレ球のシュートを放つ。シュートはゴール右隅を捉えていたが、GKエデルソンが好守で阻んだ。

▽しかしバーゼルがチャンスを得た直後の53分、アグエロの落としを受けたギュンドアンが、チェックに来たF・フライをかわす。ボックス手前やや左から右足を振り抜くと、ボールはファーに吸い込まれた。

▽リードを4点に広げたシティは、57分にスターリングに代えて負傷明けとなるザネを起用。さらに63分にも状態に不安を抱えていたシルバを、デ・ブライネに代えて起用した。

▽66分には、ウォーカーの中央への折り返しをボックス内のアグエロが落とす。走り込んだシルバが素早くシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされる。

▽少しでも点差を縮めたいバーゼルは、67分にM・エルヨナッシがボックス手前左からクロスを入れる。反応したオベルリンがフリーの状態でファーからのヘディングシュートを放ったが、わずかに枠を右に逸れていく。

▽続く69分にも、バーゼルにチャンスが訪れる。ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーを務めたオベルリンが直接狙う。GKエデルソンが阻んだものの、枠を捉えた強烈なシュートがシティゴールを脅かした。

▽それでも、バーゼルはシティのゴールを割ることができず。ボールを回しつつ試合を落ち着かせて締めに入るシティは、86分にアグエロに代えてダニーロを投入する。

▽その後もシティは無理をせず。結局、バーゼルは最後まで一矢報いることができずに試合が終了。

▽この結果、シティはアウェイで一挙4得点を奪い2ndレグに向けて大きくアドバンテージを得ることに成功。バーゼルにとっては、初のベスト8進出が遠のくスコアとなった。なお、シティホームの2ndレグは3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

74億用意のシティ、ナポリの司令塔獲得に迫る! 代理人「問題は生じない」

▽マンチェスター・シティが、ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)獲得に迫っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽ナポリの司令塔として高い評価を受けるジョルジーニョは、今シーズンも主力としてプレー。公式戦38試合に出場して4ゴール4アシストを記録しており、移籍市場でも人気銘柄に。先日には、ジョルジーニョを巡ってマンチェスター・ユナイテッドとシティによる“マンチェスター・ダービー”が勃発していることが、イタリア『カルチョメルカート』により報じられていた。 ▽しかし、今回の『テレグラフ』によると、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏は以下のように語っており、シティとの契約が近づいていることを仄めかしている。 「今はこの瞬間、ジョルジーニョは(ナポリの)契約下にあるよ。でももしナポリがシティと折り合いをつけて合意したら、プレーヤーはマンチェスターに行くだろうね」 「あのイングランドのクラブが合意を引き出すことに問題は生じないだろうね。でも決定権はナポリにある。あの選手との契約をあと2年残してるからね」 ▽記事によると、個人合意については既に問題がないとみられており、シティが用意する移籍金5000万ポンド(約74億8000万円)にナポリが同意するかが焦点となっている。 2018.05.18 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アグエロはW杯出場に自信「自分のヒザが新しいものに変わったような感覚」

▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは、6月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)までに復帰できると確信しているようだ。同選手がアルゼンチン『TyC』で語った。 ▽アグエロは先月17日、自身のツイッターを通じてW杯に向けてヒザの手術に踏み切ったことを明かした。その後、今月15日に発表されたロシアW杯に向けたアルゼンチン代表候補メンバー35名に選出された同選手だが、アルゼンチンサッカー協会(AFA)で働く医師のホメロ・ダゴスティーノ氏は、アグエロが100パーセントの状態でプレーできる可能性はかなり低いと主張するなど、23名のメンバーに選出されるかは微妙なところだ。 ▽現在、復帰に向けて懸命にリハビリに励むアグエロは母国のテレビ番組のインタビューで前向きなコメントを残している。 「今は自分のヒザが新しいものに変わったような感覚なんだ。これまでは自分のヒザに問題を抱えていたけど、今は全く別の感覚だ。何の問題もなくヒザを曲げられるし、痛みも感じないよ」 「最高の舞台で戦うために懸命に準備しているよ」 ▽なお、ロシアW杯は6月14日に開幕し、アルゼンチン代表は17日にグループステージ初戦のアイスランド代表戦を迎える。 2018.05.18 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

シティが今季2冠のグアルディオラ監督と2021年まで契約延長

▽マンチェスター・シティは17日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 ▽2016年夏にマンチェスター・シティの指揮官に就任したグアルディオラ監督は、昨季こそ競争の激しいプレミアリーグで無冠に終わったものの、今季はプレミアリーグとEFLカップの2冠を達成。とりわけプレミアリーグでは圧巻の強さを誇り、歴代最多の勝ち点100を積み上げ、歴代最多の106ゴールを記録していた。 ▽シティとの契約を新たに2年延長したグアルディオラ監督は公式サイトで次のように語っている。 「とても幸せで興奮している。シティでの仕事は楽しいからね。毎日、選手たちと仕事をするのが楽しい。今後数年、彼らとベストを尽くすことになるね。私は今のチームがより良くなること、選手たちが成長することを毎日願っている。我々は平均23歳の若い集団だ。今季以上のレベルに到達したいね」 ▽なお、イギリス複数メディアによればグアルディオラ監督が手にする年俸は2000万ポンド(約30億円)で、世界で最も高給取りの監督になるとのことだ。 2018.05.18 02:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ流出を防げ! 給与引き上げへ

▽バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(29)が、賃上げを望んでいるようだ。スペイン『アス』が、スペイン『ムンド・デポルティボ』の記事を基に報じた。 ▽『アス』によると、ブスケッツにはマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せているという。もちろん、バルセロナ側にとっては絶対に放出できる選手ではなく、流出阻止のためにも昇給交渉に動こうとしているようだ。ブスケッツはかねてよりバルセロナ側に契約更改の希望を伝えており、このタイミングでその約束が果たされることになだろう、と伝えられている。 ▽また、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、現在交渉しているフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(24)との契約延長にかける労力を減らしてまでも、ブスケッツとの話し合いを終結させようとしているそう。『アス』は、このことが引き金となってユムティティとの問題が拡大するにではないか、と疑問視している。 2018.05.16 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

シルバ、マテオ君が出産後5カ月を経て退院「永遠の感謝を」

▽息子のマテオ君が退院し、マンチェスター・シティMFダビド・シルバがその喜びを露わにしている。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽昨年12月に息子のマテオ君を授かったシルバ。ただ、予定より出産が早かったために、早産児としてしばらく入院することに。そのため、同選手は昨年末の2試合を欠場していた。 ▽このたび、出産から5カ月を経て、マテオ君の退院が決まったシルバはツイッターで報告。「やっと家に帰れるよ! 長い5カ月だった。医療チームには永遠に感謝したい」と綴った。 ▽また、シルバは年末の2試合を欠場したことをファンに謝罪。離脱を許可してくれたジョゼップ・グアルディオラ監督に対しては「永遠の借りがある」として、最大限の賛辞を送った。 「ファンやチームメイト、そしてスタッフに感謝の気持ちを伝えたい。特に監督は僕の状況を理解してくれた。あなたは本当に偉大な人間だ」 ▽昨年末、グアルディオラ監督は「家族こそ人生で最も大事なことだ。家族は全てだ。最優先されるべきだ」と、シルバの状況を理解し、チームからの自由な離脱を許可していた。 2018.05.16 16:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース