シティ、アウェイで4発無失点圧勝! ギュンドアン2発にアグエロのミドル弾炸裂《CL》2018.02.14 06:46 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは13日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバーゼルの本拠地ザンクト・ヤコブ・パルクに乗り込み、4-0で勝利した。

▽国内リーグ8連覇中のCL常連であるバーゼルが、プレミアリーグで首位に君臨する優勝候補シティをホームに迎えた初顔合わせとなる一戦。

▽マンチェスター・ユナイテッド、ベンフィカ、CSKAモスクワといった格上の名門クラブと同居したグループAを4勝2敗の2位で切り抜けたバーゼルは3-4-3を採用。本来サイドバックであるラングやB・リベロスを中盤のサイドに上げ、最前線にはオベルリンを配してカウンター重視のスタメンで臨んだ。

▽一方、ナポリ、シャフタール、フェイエノールトと同居したグループFで5勝1敗の戦績を残して堂々の首位通過を果たしたシティは、直近の試合である5-1の快勝を収めたプレミアリーグ第27節レスター・シティ戦からスタメンを2名変更し、ラポルテ、ジンチェンコに代えてコンパニ、デルフを起用。負傷からの回復が待たれていたシルバ、ザネはベンチメンバーに名を連ねた。

▽試合が始まると、シティがボールを持って試合を進行。すると、2分にはベルナルド・シウバのクロスに反応したギュンドアンがヘディングシュートを放つ。GKバシリクにキャッチされたものの、サイドを起点にチャンスを作り出した。

▽5バック気味に守るバーゼルも、カウンターから好機を生み出していく。6分、押し込まれる展開の中、最終ラインからのフィードに最前線のオベルリンが抜け出す。しかし、一対一の場面でボックス外まで飛び出したGKエデルソンがシュートを身体に当てて、ゴールを割らせない。

▽シティが優勢の時間が続くと、14分にスコアを動かすことに成功する。左CKの場面でキッカーをデ・ブライネが担当。ニアに飛び込んだギュンドアンがマンマークに付いていたF・フライとの競り合いを制し、頭でネットを揺らした。

▽続く18分、デ・ブライネのスルーパスにスターリングが左サイドに抜け出す。そのままクロスを供給すると、ファーのベルナルド・シウバに渡る。ベルナルド・シウバがボックス内右から決め切り、差を広げていく。

▽さらに23分、フェルナンジーニョが相手陣内中央をドリブルで侵攻していき、ボックス手前でアグエロにボールが渡る。アグエロが思い切ってミドルシュートを放つとGKバシリクは動けず。ゴール左下隅に決まり、チームの3点目に。

▽シティは、フェルナンジーニョやギュンドアンが機を見て上がりつつ相手に脅威を与えていく。37分にも、フェルナンジーニョの上りから左サイドをオーバーラップしたデルフにボールが渡る。ボックス手前中央に浮き球で折り返すと、飛び込んだデ・ブライネが左足でボレーシュートを放つ。しかし、これはバーをわずかに越えていく。

▽前半はシティが3点のリードを保ったまま終了。バーゼルのカウンターが実を結ぶことがないままに試合を折り返した。

▽後半に入っても、シティが優勢を保つ。47分には、ボックス手前でボールを受けたデ・ブライネが鋭いミドルシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされた。

▽それでも49分、ボックス手前左でボールを受けたM・エルヨナッシが右足で強烈なブレ球のシュートを放つ。シュートはゴール右隅を捉えていたが、GKエデルソンが好守で阻んだ。

▽しかしバーゼルがチャンスを得た直後の53分、アグエロの落としを受けたギュンドアンが、チェックに来たF・フライをかわす。ボックス手前やや左から右足を振り抜くと、ボールはファーに吸い込まれた。

▽リードを4点に広げたシティは、57分にスターリングに代えて負傷明けとなるザネを起用。さらに63分にも状態に不安を抱えていたシルバを、デ・ブライネに代えて起用した。

▽66分には、ウォーカーの中央への折り返しをボックス内のアグエロが落とす。走り込んだシルバが素早くシュートを放ったが、GKバシリクにキャッチされる。

▽少しでも点差を縮めたいバーゼルは、67分にM・エルヨナッシがボックス手前左からクロスを入れる。反応したオベルリンがフリーの状態でファーからのヘディングシュートを放ったが、わずかに枠を右に逸れていく。

▽続く69分にも、バーゼルにチャンスが訪れる。ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーを務めたオベルリンが直接狙う。GKエデルソンが阻んだものの、枠を捉えた強烈なシュートがシティゴールを脅かした。

▽それでも、バーゼルはシティのゴールを割ることができず。ボールを回しつつ試合を落ち着かせて締めに入るシティは、86分にアグエロに代えてダニーロを投入する。

▽その後もシティは無理をせず。結局、バーゼルは最後まで一矢報いることができずに試合が終了。

▽この結果、シティはアウェイで一挙4得点を奪い2ndレグに向けて大きくアドバンテージを得ることに成功。バーゼルにとっては、初のベスト8進出が遠のくスコアとなった。なお、シティホームの2ndレグは3月7日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

今季20発スターリング、シティとの延長交渉が停滞か

▽イギリス『テレグラフ』は、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)の延長交渉が滞っていると報じた。 ▽2015年夏にリバプールから加入したスターリング。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、今シーズンのここまで公式戦36試合20ゴール10アシストとキャリアハイの活躍を披露している。 ▽スターリングの現行契約は残り2年。MFケビン・デ・ブライネ、MFダビド・シルバ、MFフェルナンジーニョ、DFニコラス・オタメンディら主力が続けて契約を延長したが、スターリングはいまだ至っていない。 ▽伝えられるところによれば、シティは今後もスターリングの代理人と未来について話し合う予定だというが、果たして…。 2018.02.23 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うレアル・マドリー、デ・ブライネにも265億円オファー?

▽マンチェスター・シティに所属するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(26)にレアル・マドリーから熱視線が注がれているようだ。スペイン『Don balon』が伝えた。 ▽プレミアリーグで首位独走態勢を築くジョゼップ・グアルディオラ監督のシティにおいて、非凡なパスセンスを武器にゴールの創出者と化しているデ・ブライネ。飛ぶ鳥を落とす勢いで評価を高め、周囲から称賛の声が挙がることも少なくない。 ▽そのデ・ブライネに対して、来夏に中盤の補強を企てるレアル・マドリーが移籍金2億ユーロ(約265億2000万円)の莫大なオファーを準備。パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールと共にリストの最上位に名を連ねているという。 ▽デ・ブライネは、今シーズンのここまで公式戦39試合に出場して11ゴール19アシストをマーク。今夏に控えるロシア・ワールドカップ後、レアル・マドリーの仲間入りを果たすことになるのだろうか。 2018.02.21 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランド3部に敗戦のペップ「ウィガンにはおめでとうと言いたい」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ウィガン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽シティは19日にFAカップ5回戦でリーグ1(イングランド3部)のウィガンとのアウェイ戦に臨んだ。デ・ブライネやGKエデルソンをベンチスタートとしたものの、アグエロやシルバ、ザネにフェルナンジーニョら主力を投入して挑んだ試合だったが、前半アディショナルタイムにデルフが悪質なスライディングタックルを見舞い、1人少ない状況に。すると79分にウォーカーの判断ミスからピンチを招いてしまい、グリグに一対一を制されてしまう。その後、シティは攻勢を続けたがゴールは生まれず、0-1で試合終了。格下相手にまさかの5回戦敗退に終わった。 ▽予想外の形で4冠の可能性が潰えたシティ指揮官のグアルディオラ監督は、ウィガンを称賛。また、デルフの退場については「レッドカードだった」と認めている。 「ウィガンにはおめでとうと言いたい。彼らは我々の1つのミスを見逃さず、1本のシュートから得点した」 「我々はいくつか良いチャンスを作ったが、こういう種類の試合においてゴールを決められない時もある。我々にとっては決勝戦だった。しかし、FAカップに敗れた。次の日曜日の決勝戦まで休まなくてはいけない」 「(デルフの退場について)ファンの後押しがある中で、こういう試合ではそういうことも起こりえる。あれはレッドカードだった」 2018.02.20 14:13 Tue
twitterfacebook
thumb

踏んだり蹴ったりのシティ…アグエロが殴られる

▽リーグ1(イングランド3部相当)のウィガンにまさかの敗戦を喫したマンチェスター・シティに対して、さらなる悲劇が怒ったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンと対戦した。4冠の可能性を残すシティだったが、前半でデルフが一発退場となるなど苦しい戦いとなる。すると79分、自分たちのミスから失点を喫すると、試合終盤はGKブラーボも相手陣内に攻め込むパワープレーを見せたが及ばず。格下相手にまさかの敗戦となった。 ▽今シーズンのプレミアリーグで無類の強さを見せて首位を快走するシティに、完封勝利を収めたウィガン。この快挙にサポーターも大喜びを見せ、試合後には複数のサポーターがピッチになだれ込む事態となった。『アス』によると、ほとんどのサポーターはウィガンの選手たちの健闘を称えていたようだが、一人のサポーターだけは違う行動をとったという。 ▽そのサポーターは敗れたシティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに近づき、いきなり右ストレートを見舞った模様。これに怒り狂ったアグエロが反撃に出ようとしたところで、ウィガンのイングランド人DFシャイアン・ドンクリーが仲裁に入ったようだ。 ▽今回の事件を受けてウィガンのデイビッド・シャープ会長は「サッカーは感情的なスポーツだ。特にファンはそうだが、試合の最後にこういう光景は見たくなかった。素晴らしい結果だと思うが、もっと上品に振舞うべきであり、このような行為は好きではない」と、ファンの行動に苦言を呈している。 2018.02.20 11:58 Tue
twitterfacebook
thumb

デルフ退場のシティ、3部のウィガンにまさかの敗戦で5回戦敗退《FAカップ》

▽マンチェスター・シティは19日、FAカップ5回戦でウィガンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽カーディフに勝利して5回戦に進出したシティは、デ・ブライネやGKエデルソンをベンチスタートとしたものの、アグエロやシルバ、ザネにフェルナンジーニョら主力を投入した。 ▽リーグ1(イングランド3部)のウィガンに対し、3トップに右からベルナルド・シウバ、アグエロ、ザネ、中盤インサイドにシルバとギュンドアンを据えた[4-3-3]で臨んだシティが立ち上がりからハーフコートゲームを展開。6分にはギュンドアンがGKを強襲するミドルシュートを浴びせた。 ▽その後も一方的に押し込んで圧力をかけていくシティは、サイドのザネとB・シウバを起点に打開を図る。しかし、水際で守るウィガンを崩しきるには至らず、なかなか枠内シュートを浴びせられない。そんな中、前半追加タイム1分、フェルナンジーニョの縦パスを受けたアグエロが個人技でボックス右に侵入し、強烈なシュートを浴びせた。だが、GKの好守に阻まれてしまう。すると直後、デルフが相手選手に対して悪質なスライディングタックルを見舞い、一発レッドカード。シティは10人となって前半を終えた。 ▽後半からザネに代えてウォーカーを投入したシティは、左サイドバックにダニーロを配置。10人になりながらも敵陣でのプレーを続けていく。 ▽それでも守備を固めるウィガンを崩せず、65分にはシルバに代えてデ・ブライネを投入した。すると73分にようやく決定機を演出。ボックス右のデ・ブライネのクロスを受けたアグエロが反転からシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽すると79分、シティは痛恨の失点を喫する。ウォーカーが不用意に相手のパスをスルーしてGKに任せようとしたところをグリグに拾われ独走。ボックス左まで持ち上がったグリグにGKブラーボとの一対一を制された。 ▽終盤にかけて攻勢を続けたシティだったが、ウィガンの集中した守りを最後まで崩せずに0-1で敗戦。格下相手にまさかの5回戦敗退に終わった。 ▽一方、金星を挙げたウィガンは準々決勝でサウサンプトンと対戦する。 2018.02.20 07:06 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース