【CLプレビュー】大会連覇中の王者と最高攻撃陣擁する優勝候補が激突《レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、日本時間14日28:45からサンティアゴ・ベルナベウで開催される。歴代最多12回の優勝を誇り史上初の連覇を達成したマドリーが、過去5年で4度のベスト8入りを果たすなど決勝トーナメント常連となったPSGをホームに迎える、スター軍団同士によるビッグマッチだ。

▽強豪トッテナム、ドルトムントと同居したグループHで、トッテナムの後塵を拝して2位通過となったマドリー。コパ・デル・レイで敗退し、リーガエスパニョーラでも連覇が絶望的な状態となり、今シーズン残されたタイトルはCLのみというのが現実的なところだ。国内のコンペティションでの不調からジネディーヌ・ジダン監督解任論も取り沙汰されており、崖っぷちの状態で臨む試合となる。その一方で、直近のレアル・ソシエダ戦ではエースFWクリスティアーノ・ロナウドの今季リーガ初のハットトリックなど、5-2の大勝を収めており復調気配を漂わせる中で今季の行方を占うビッグマッチを迎えた。

▽一方のPSGは、バイエルンとの一騎打ちとなったグループBで5勝1敗の勝ち点15で並んでいたものの、当該成績で上回り見事に首位通過。また、グループステージ6戦25発と今シーズンのCLトップの得点力が大きな話題を集めた。2年ぶりの優勝を目指すリーグ・アンでも2位のモナコに勝ち点12差を付けての首位に君臨するなど、2つの国内カップを含め国内シーズン3冠に向けて視界は良好。直近の第25節トゥールーズ戦では完全休養となったカバーニをはじめ主力を数人休ませつつ1-0で勝利。好調を保った状態でこの試合に臨むことができる。

▽両者はこれまで公式戦で6度対戦。成績は2勝2分け2敗と全くの五分となっているものの、直近である2015-16シーズンのCLグループステージでの2度の対戦では、マドリーが1勝1分けで勝ち越している。

◆レアル・マドリー◆
【4-3-3】


▽レアル・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ケイロル・ナバス
DF:ナチョ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース
FW:ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド
負傷者:DFバジェホ
出場停止者:DFカルバハル

▽右サイドバックの一番手であるカルバハルが出場停止。負傷者に関しては、バジェホがハムストリングをケガしているほか、セバージョスも足首を痛めている模様だ。

▽カルバハルの代役にはナチョの起用が濃厚だ。フォーメーションに関しては守備的なプランとして[4-4-2]を採用する可能性もあり、その場合はベイルではなくL・バスケスを先発で送り出す選択肢も考えられる。不振が続くベンゼマについては、ジダン監督が継続して信頼を示しており、この重要な一戦でも先発出場となるだろう。

◆パリ・サンジェルマン◆
【4-3-3】


▽パリ・サンジェルマン予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:アレオラ
DF:ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、ユーリ
MF:ヴェッラッティ、ラサナ・ディアラ、ラビオ
FW:ディ・マリア、カバーニ、ネイマール
負傷者:DFクルザワ
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。逆に今冬加入のラサナ・ディアラが新たに登録された。負傷者に関してはチアゴ・モッタがコンディション不良で招集外となっているほか、GKトラップも欠場濃厚だ。また、クルザワも大腿のケガが伝えられており、起用が見送られる可能性は高い。

▽クルザワが欠場した場合の左サイドバックには元レアル・ソシエダのユーリが起用される見込みだ。マルセロの対面となる右ウイングにはムバッペではなく、古巣対戦であり好守に存在感を放つディ・マリアが選択される可能性も。また、中盤でも守備を重視した場合はドラクスラーではなくラサナ・ディアラがスタメンとなるだろう。

★注目選手
◆レアル・マドリー:FWクリスティアーノ・ロナウド
Getty Images

▽マドリーの注目プレーヤーは、CLグループステージで史上初の全試合得点を達成したC・ロナウドだ。C・ロナウドはリーガエスパニョーラでこそ不調に苦しんだものの、今シーズンのCLでは6試合9ゴールと健在。そしてリーガでも直近のソシエダ戦ではハットトリックを決めており、良い状態であることをアピールしている。

◆パリ・サンジェルマン:FWネイマール
Getty Images

▽PSGの注目プレーヤーは、主砲カバーニと共にクラブのエースとして君臨するネイマールだ。昨年の夏に鳴り物入りで入団すると、開幕から持ち味を存分に発揮。今シーズンの公式戦で28ゴール16アシストの活躍で強力な攻撃陣をけん引しており、直近のトゥールーズ戦でも決勝点を記録するなど、好調を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

グリーズマンにバロンドールを! シメオネが推す

▽アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、クラブのエースが世界最高の栄誉に相応しいと賞賛している。スペイン『アス』が伝えた。 ▽昨シーズンも公式戦49試合29ゴール15アシストを記録し、アトレティコをけん引したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。6月中旬から7月中旬まで開催されたロシア・ワールドカップ(W杯)でも、全7試合4ゴール3アシストと輝かしい成績を収め、母国を優勝に導いた。 ▽8月15日に行われるUEFAスーパーカップ、レアル・マドリー戦前の記者会見に出席したシメオネ監督は、グリーズマンをバロンドールに推すとを語っている。 「バロンドールは、形作られなけらばならないと分かっている者によって決定される」 「だが、グリーズマンが有力な位置に居ることは明らかだ」 「フットボールは、誰も真実を手にしていないから素晴らしい。様々な方法で勝つことができる。ワールドカップで、私たちはまたしてもフランスの優勝を目にした。アトレティコに似た特徴を持っていたね」 「(スーパー杯に向け)重要なことは興奮と感情を持ってプレーすることだ。それで試合を決められる」 ▽アトレティコとフランス代表が似ていると語ったシメオネ監督。どちらもグリーズマンが中心的な役割を果たしていることは間違いなく、新シーズンの活躍にも目が離せない。 2018.08.15 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスがクロップに反撃! 「力抜きなよ」

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、リバプールのユルゲン・クロップ監督の発言についての見解を述べている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽セルヒオ・ラモスは昨シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦にキャプテンとして先発出場。すると、前半半ばの30分に交錯したリバプールFWモハメド・サラーが負傷交代する事態に。結果的にマドリーは3-1で勝利し前人未到の3連覇を成し遂げたが、リバプールのエースをピッチ外に追いやったとしてセルヒオ・ラモスには多くの批判が浴びせられていた。 ▽中でも過激な発言を繰り返しているのが、クロップ監督だ。先月には「あいつはレスラーか? 」と揶揄し、今月に入ってからも「昨年のユベントス戦でもダイブやレッド誘発」、「分別の無い行動がなければタイトルを渡さなかった」と語っている。 ▽5月26日の決勝から、3ヵ月近く経つ現在でも尾を引いているセルヒオ・ラモスに対する批判。あまり多くの弁明を行ってこなかったセルヒオ・ラモスが、8月15日のUEFAスーパーカップ、アトレティコ・マドリー戦前の記者会見に出席し、反論を口にしている。 「その問題について、僕の見解を話すよ」 「多分、彼(サラー)が初めに僕の腕をホールドした。それに、意図的にプレーヤーを傷つけるつもりなんて無いんだ」 「(クロップは)あの決勝で勝てなかったことの説明を求めているんだろう。だが、あれが彼の初敗北ではない」 「(一連の出来事は)問題ではない」 「実際、ベスト・マネージャー投票では彼に投票したよ」 「だから、彼は力を抜いていい」 ▽多くの遺恨を残している昨年のCL決勝。長きに渡る場外戦に、決着がつく日は訪れるのだろうか。 2018.08.15 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

緊急入院の“フェノーメノ”ロナウド、無事退院

▽肺炎に感染していた元ブラジル代表FWロナウド氏が退院したようだ。 ▽スペインの観光地イビサ島にある別荘で休暇を楽しんでいたロナウド氏は10日、体調不良を訴えて地元のカン・ミス病院で検査の実施。肺炎に感染したことが判明した後、首都マドリードにあるヌエストラ・セノーラ・デル・ロサリオ病院に入院し、ICU(集中治療室)で治療を受けていたことがスペイン『El Diario de Ibiza』によって伝えられていた。 ▽それから数日後、ロナウド氏は無事に退院したようだ。14日に自身のツイッター(@Ronaldo)で報告している。 「皆さんこんにちは。私は数日間の治療を終え、すでに帰宅している。皆さんの愛あるコメント、そして、治療に携わってくれた方々に感謝を伝えたい。妻のセリーナ・ロックも私のそばにいてくれた。ありがとう。今シーズンは偉大で驚きに満ちたフットボールのシーズンになるだろう」 ▽ロナウド氏は、1993年にブラジルのクルゼイロでプロデビューすると、その1年後に渡欧し、PSVやバルセロナ、インテルでプレーした。2002年にマドリーに加入すると、4年半の在籍期間の間に127試合に出場し、83得点を記録。圧倒的な瞬発力と決定力を備え、そのプレースタイルから“フェノーメノ”(超常現象の意)の愛称で呼ばれてきた。 ▽現役引退後は、代理人業やテレビの解説者を務めながら、2014年に北米サッカーリーグのフォートローダーデイル・ストライカーズの共同オーナーに就任。2016年からは、レアル・マドリーのアドバイザー兼グローバル大使(南米地区)に就任していた。 2018.08.15 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、インテル移籍は「時間の問題」!? 代理人が主張

▽レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(32)のインテル移籍の可能性は、まだ残っているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽インテルは最近マドリーで不動の地位を築き、新シーズンも同クラブの中核を担うとされるクロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得に突如名乗りを挙げた。これに対して、モドリッチ自身も移籍へ前向きに考慮していると伝えられたことから加熱。しかし、先日スペイン『マルカ』は、マドリーがモドリッチに対して、クラブ最高給取りのウェールズ代表MFガレス・ベイルに次ぐ好報酬スペイン代表DFセルヒオ・ラモスと同額のサラリーを提示し、新契約を締結したと報じられたことで、マドリー残留が決定的と見られている。 ▽そんな中、ルカ・モドリッチの代理人は、同選手のインテル移籍が「時間の問題」であるとコメントしている。 「いかなる理由であっても、モドリッチはインテルでセリエAのスターになりたいと思っている。遅かれ早かれ、彼はイタリアでプレーすると思うよ」 「彼の世代のクロアチア人の多くは、イタリアサッカーを観て育ったんだからね」 2018.08.15 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ・マドリー、15日に行われるUEFAスーパーカップの招集メンバー22名を発表

▽アトレティコ・マドリーは13日、15日にエストニアで行われるレアル・マドリーとのUEFAスーパーカップに向けた招集メンバー22名を発表した。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は、FWアントワーヌ・グリーズマンやFWジエゴ・コスタ、MFコケ、DFディエゴ・ゴディンら主力を順当に招集。新戦力のFWニコラ・カリニッチやMFトマ・レマルらもメンバー入りした。発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アトレティコ・マドリー招集メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">アントニオ・アダン</span> 13.<span style="font-weight:700;">ヤン・オブラク</span> 37.<span style="font-weight:700;">アレックス・ドス・サントス</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span> 3.<span style="font-weight:700;">フィリペ・ルイス</span> 4.<span style="font-weight:700;">サンティアゴ・アリアス</span> 15.<span style="font-weight:700;">サビッチ</span> 20.<span style="font-weight:700;">フアンフラン</span> 21.<span style="font-weight:700;">リュカ</span> 24.<span style="font-weight:700;">ホセ・ヒメネス</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> 5.<span style="font-weight:700;">トーマス・パルティ</span> 6.<span style="font-weight:700;">コケ</span> 8.<span style="font-weight:700;">サウール・ニゲス</span> 11.<span style="font-weight:700;">トマ・レマル</span> 14.<span style="font-weight:700;">ロドリゴ・エルナンデス</span> 18.<span style="font-weight:700;">ジェウソン・マルティンス</span> 23.<span style="font-weight:700;">ビトロ</span> 30.<span style="font-weight:700;">オラベ</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.<span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span> 9.<span style="font-weight:700;">ニコラ・カリニッチ</span> 10.<span style="font-weight:700;">アンヘル・コレア</span> 19.<span style="font-weight:700;">ジエゴ・コスタ</span> 2018.08.14 23:10 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース