【CLプレビュー】大会連覇中の王者と最高攻撃陣擁する優勝候補が激突《レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、日本時間14日28:45からサンティアゴ・ベルナベウで開催される。歴代最多12回の優勝を誇り史上初の連覇を達成したマドリーが、過去5年で4度のベスト8入りを果たすなど決勝トーナメント常連となったPSGをホームに迎える、スター軍団同士によるビッグマッチだ。▽強豪トッテナム、ドルトムントと同居したグループHで、トッテナムの後塵を拝して2位通過となったマドリー。コパ・デル・レイで敗退し、リーガエスパニョーラでも連覇が絶望的な状態となり、今シーズン残されたタイトルはCLのみというのが現実的なところだ。国内のコンペティションでの不調からジネディーヌ・ジダン監督解任論も取り沙汰されており、崖っぷちの状態で臨む試合となる。その一方で、直近のレアル・ソシエダ戦ではエースFWクリスティアーノ・ロナウドの今季リーガ初のハットトリックなど、5-2の大勝を収めており復調気配を漂わせる中で今季の行方を占うビッグマッチを迎えた。

▽一方のPSGは、バイエルンとの一騎打ちとなったグループBで5勝1敗の勝ち点15で並んでいたものの、当該成績で上回り見事に首位通過。また、グループステージ6戦25発と今シーズンのCLトップの得点力が大きな話題を集めた。2年ぶりの優勝を目指すリーグ・アンでも2位のモナコに勝ち点12差を付けての首位に君臨するなど、2つの国内カップを含め国内シーズン3冠に向けて視界は良好。直近の第25節トゥールーズ戦では完全休養となったカバーニをはじめ主力を数人休ませつつ1-0で勝利。好調を保った状態でこの試合に臨むことができる。

▽両者はこれまで公式戦で6度対戦。成績は2勝2分け2敗と全くの五分となっているものの、直近である2015-16シーズンのCLグループステージでの2度の対戦では、マドリーが1勝1分けで勝ち越している。

◆レアル・マドリー◆
【4-3-3】


▽レアル・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ケイロル・ナバス
DF:ナチョ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース
FW:ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド
負傷者:DFバジェホ
出場停止者:DFカルバハル

▽右サイドバックの一番手であるカルバハルが出場停止。負傷者に関しては、バジェホがハムストリングをケガしているほか、セバージョスも足首を痛めている模様だ。

▽カルバハルの代役にはナチョの起用が濃厚だ。フォーメーションに関しては守備的なプランとして[4-4-2]を採用する可能性もあり、その場合はベイルではなくL・バスケスを先発で送り出す選択肢も考えられる。不振が続くベンゼマについては、ジダン監督が継続して信頼を示しており、この重要な一戦でも先発出場となるだろう。

◆パリ・サンジェルマン◆
【4-3-3】


▽パリ・サンジェルマン予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:アレオラ
DF:ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、ユーリ
MF:ヴェッラッティ、ラサナ・ディアラ、ラビオ
FW:ディ・マリア、カバーニ、ネイマール
負傷者:DFクルザワ
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。逆に今冬加入のラサナ・ディアラが新たに登録された。負傷者に関してはチアゴ・モッタがコンディション不良で招集外となっているほか、GKトラップも欠場濃厚だ。また、クルザワも大腿のケガが伝えられており、起用が見送られる可能性は高い。

▽クルザワが欠場した場合の左サイドバックには元レアル・ソシエダのユーリが起用される見込みだ。マルセロの対面となる右ウイングにはムバッペではなく、古巣対戦であり好守に存在感を放つディ・マリアが選択される可能性も。また、中盤でも守備を重視した場合はドラクスラーではなくラサナ・ディアラがスタメンとなるだろう。

★注目選手
◆レアル・マドリー:FWクリスティアーノ・ロナウド
Getty Images

▽マドリーの注目プレーヤーは、CLグループステージで史上初の全試合得点を達成したC・ロナウドだ。C・ロナウドはリーガエスパニョーラでこそ不調に苦しんだものの、今シーズンのCLでは6試合9ゴールと健在。そしてリーガでも直近のソシエダ戦ではハットトリックを決めており、良い状態であることをアピールしている。

◆パリ・サンジェルマン:FWネイマール
Getty Images

▽PSGの注目プレーヤーは、主砲カバーニと共にクラブのエースとして君臨するネイマールだ。昨年の夏に鳴り物入りで入団すると、開幕から持ち味を存分に発揮。今シーズンの公式戦で28ゴール16アシストの活躍で強力な攻撃陣をけん引しており、直近のトゥールーズ戦でも決勝点を記録するなど、好調を維持している。
コメント
関連ニュース
thumb

カピタン・セルヒオ・ラモス、キャリア通算25回目の退場! ラ・リーガ20回目は5大リーグワースト記録

レアル・マドリーに所属するスペイン代表のセルヒオ・ラモスが、17日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のジローナ戦でキャリア通算25回目の退場処分を科せられた。 この試合に先発出場したS・ラモスは1点リードで迎えた64分に、ペナルティエリア内でのハンドで一枚目のイエローカードを受ける。このプレーで与えたPKから同点に追いつかれ、その10分後に逆転を許して終盤に入ると、90分にジローナのボックス内でオーバーヘッドシュートを狙ったところ、DFペドロ・アルカラの顔付近に足が上がったことを対象に2枚目のイエローカードを提示されて退場となってしまった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、今回でS・ラモスはキャリア通算25回目の退場に。また、リーガエスパニョーラでは20回目の退場となり、これまでリーグ・アンで19回の退場記録を持っていたMFシリル・ロールを抜いて5大リーグで単独トップに躍り出たようだ。同選手は1993年から2010年までプレーしたフランス人選手で、主にニースやレンヌで長らくプレーした。 なお、退場の内訳はリーガで20回、チャンピオンズリーグで3回、コパ・デル・レイで2回となっており、意外にもここまで161キャップを数えるスペイン代表では一度もレッドカードを受けたことは無いようだ。 2019.02.18 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ジローナに敗戦のレアル・マドリー、ソラーリは優勝争い脱落を否定「そんなことはまったくない」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのジローナ戦を1&minus;2で落とした。サンティアゴ・ソラーリ監督は試合後、リーガ優勝争いから脱落したとの見解を否定している。<br><br>前半にMFカセミロのゴールで先制したレアル・マドリーだが、後半に2点を決められてジローナに逆転負け。ここ8試合を7勝1分けで終えていた同チームにとってはじつに9試合ぶりの敗戦で、アトレティコ・マドリーに2位の座を奪い返され、首位バルセロナには勝ち点9差をつけられた。<br><br>試合後会見に出席したソラーリ監督は、明らかに不機嫌な様子。質問が終わり切らない内に言葉をまくしたてていった。自チームが気を抜いてプレーしていたとの指摘に対しては、次のように返答した。<br><br>「これはフットボールであり、ライバルだってプレーしているんだよ。私たちが主導権を握っていた際には、負け試合ではなかった。後半の彼らの攻撃は確信性があり、私たちは輝きとエネルギーを欠いていた」<br><br>ソラーリ監督はMFマルコス・ジョレンテ、MFイスコを負傷、MFルカ・モドリッチを出場停止で欠いたこの一戦で、DFレギロン・ロドリゲスを招集外、FWヴィニシウスをベンチスタートとしてDFマルセロ、MFマルコ・アセンシオを先発で起用した。このローテーションの是非を問われると、こう返している。<br><br>「その質問は意味がないものだ。過去のことについて話しても、どうしようもない。負けようが勝とうが、違う試みをしていた可能性は常にある。マルセロ? 彼は良かったよ」<br><br>「リーガ優勝はもう無理だって? そんなことはまったくない。すべての試合が難しいものであり、私たちがすべきは差を縮めていくことにほかならない」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 23:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ジローナ戦を敗戦を悔やむクルトワ「何が起こったか分からない。勝たなければならなかった」

17日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのジローナ戦を1&minus;2で落とした。GKティボー・クルトワは試合後、リーガ優勝争いから遠のく手痛い敗戦との感想を述べている。<br><br>前半にMFカゼミロのゴールで先制したレアル・マドリーだが、後半に2点を決められてジローナに逆転負け。ここ8試合を7勝1分け(引き分けはクラシコ)で終えていたレアル・マドリーにとってはじつに9試合ぶりの敗戦で、アトレティコ・マドリーに2位の座を奪い返され、首位バルセロナには勝ち点9差をつけられた。<br><br>試合後、『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューに応じたクルトワは、次のように述べた。<br><br>「何が起きたか? 分からない。前半の僕たちは良いプレーを見せた。おそらく、アトレティコやアヤックス戦のようなリズムではなかったが、それでも良かったよ。彼らが迎えた2回のチャンスは、僕が止めたしね。後半は彼らのプレーが良くなり、もっと危険な場面をつくられた。僕は何度かシュートを止めたが、その後にPKが生まれてしまった。PKの場面は確認していないが、ラモスが手で触ってしまったならば悲しいことだ。それで1-1とされてしまい、そこからはボールを保持できなった。ポルトゥの最初のシュートは僕がうまく止めたけど、2本目は止める余裕がなかった」<br><br>「大事な勝ち点3だったし、今日は勝たなければならなかった」<br><br>また最近の好調により、慢心があったとの指摘に対してはこう返した。<br><br>「そうは思わない。今季は過剰な自信を持てない。僕たちにはそうした理解がある。そういったことはないよ」<br><br>「すべきことは1カ月前と同じ。勝ち続けなければならない。次節レバンテ戦でリアクションを見せないと。その後には2回のクラシコが控えているし、戦い続ける必要がある。リーガはまだ長いんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナにホームで逆転負け…リーグ11戦ぶり白星献上でバルサとの勝ち点差9《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは17日、リーガエスパニョーラ第24節でジローナをサンティアゴ・ベルナベウに迎え、1-2で逆転負けを喫した。 リーグ5連勝中の暫定3位マドリー(勝ち点45)が、リーグ4連敗中で10試合勝ちの無い暫定17位ジローナ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。マドリーは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのアヤックス戦からスタメンを6名変更し、カルバハル、ナチョ、レギロン、モドリッチ、ベイル、ヴィニシウスに代えて、オドリオソラ、ヴァラン、マルセロ、セバージョス、L・バスケス、アセンシオを起用した。 大幅にメンバーを入れ替えて久々の昼間試合に臨むマドリーは、開始早々の2分にストゥアーニにボックス右に抜け出されシュートを放たれるが、GKクルトワが身体を張って顔面でストップ。やや遅れ気味にオフサイドの笛も吹かれ、ヒヤリとさせられるシーンを切り抜けた。 その後も積極的な攻撃を見せるジローナに対し、マドリーはやや受け身に回りつつも徐々にアセンシオとマルセロの左サイドからギアを上げていく。しかし、あまり前がかりになることもなく、なかなかシュートまで繋げることが出来ないまま時計の針が進む。17分にはボックス中央でボールを持ったL・バスケスが一対一を迎えたが、GKボノに阻まれる。 21分、左サイドでアセンシオがボールを持つとDFセルヒオ・ラモスがボックス内までオーバーラップ。アセンシオは自ら切り込んで打ちに行くが右足で右下隅を狙ったシュートはGKボノにキャッチされる。 前半半ばに差し掛かりギアを上げてきたマドリーは25分に右CKを獲得。蹴り込まれたクロスをGKボノがパンチングでクリアするとこぼれ球を右サイドで拾ったクロースが再びボックス内に蹴り込む。DFファンぺの前に入り込んでいたカゼミロがヘディングを流し込み、欲しい時間帯に得点を奪い切った。 試合は1-0でマドリーがリードしたまま折り返し。ジローナは幾度か訪れたチャンスをモノにすることが出来なかったが、追加失点を凌ぎ勝ち点獲得の希望を残す形で前半を終えた。 後半は早々にマルセロがボックス手前左から強烈なミドルシュートを放ち、直後にも右サイドで得たFKの流れからボックス内のベンゼマが積極的に狙う。どちらも得点とはならなかったが、ジローナに反撃を許さない。 更に勢いを上げて点差を広げたいマドリーは、58分にL・バスケスに代えてヴィニシウスを投入する。しかし、直後にジローナが反撃。59分、右サイドからのクロスに飛び上がった途中出場のロサーノがDFオドリオソラに競り勝ってヘディングシュートを放つと、GKクルトワが前方に弾く。すると、反応した途中出場のA・ガルシアがボックス内で左足を振り抜くがシュートは枠を捉えず。最大のチャンスを逃すこととなった。 それでもジローナはここから攻勢に転じ、65分にも右サイドからクロスが上がる。再び競り勝ったロサーノのヘディングシュートが左ポストに直撃すると、今度はドウグラス・ルイスがこぼれ球を蹴り込む。これがDFセルヒオ・ラモスのハンドを誘発し、PKのキッカーを務めたストゥアーニが落ち着いてスコアを振り出しに戻した。 追い付かれたマドリーは66分にアセンシオに代えてベイルを投入。しかし、ジローナの勢いを削ぐには至らず、直後にもポルトゥが右足を振り抜き右ポストを叩く。マルセロが担当するサイドが立て続けに破られ、マドリーはペースを取り戻すことが出来ない。 そして74分、マドリーがセバージョスに代えてマリア―ノを投入して大きく攻撃に比重を傾けると、この采配が裏目に。中盤でカゼミロがボールを奪われると、左サイドでボールを持ったロサーノが再三のシュート。またしてもGKクルトワが前方に弾くと、ボックス右でマルセロを振り切ったポルトゥが頭で押し込んだ。 そして、試合終了間際にはジローナのボックス内でオーバーヘッドシュートを狙ったセルヒオ・ラモスが、2枚目のイエローカードを提示されて退場。結局、マドリーが巻き返すことはできないまま試合が終了した。 この結果、ジローナはリーグ11試合ぶりに勝利。対するマドリーは、6試合ぶりの黒星を喫し、3位に転落。首位バルセロナ(勝ち点54)との勝ち点差は「9」に広げられた。 2019.02.17 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーがイカルディ獲得に本腰を入れない理由とは

レアル・マドリー寄りで知られるスペイン『マルカ』が、同クラブがインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)獲得に本腰を入れない理由を主張した。 インテルの絶対的エースに君臨し、今シーズンもここまでの公式戦28試合で15ゴールを決めているイカルディ。当然、この実力者には移籍市場でも注目が集まっており、長らくマドリーからの関心が取り沙汰されてきた。 しかし、イカルディは現在、キャリアの重要な岐路に立たされているかもしれない。インテルは13日、同選手からキャプテンマークを剥奪すると異例の公式発表。これに反発したイカルディ側も14日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのラピド・ウィーン戦への招集を拒否し、事態は泥沼化している。 そもそも、インテルが強硬にキャプテンを退かせたのは、現行契約が2021年までとなっているイカルディに関する延長交渉が遅々として進まず、痺れを切らした為だという。そして、同選手の代理人を務め交渉を行っている人物は、妻でもあるワンダ・ナラ氏だ。 ワンダ・ナラ氏は以前からイカルディの給与アップを求めており、時には公の場で移籍を匂わす様な発言も辞さず。一方で契約延長を仄めかすこともあり、その挑発的な言動は少なくない批判を集めていた。イカルディが主将を剥奪された直後には、同選手の妹が「もしあなたにちゃんと面倒を見てくれる真面目な人が付いてくれてたら…」とワンダ・ナラ氏に対する憤りを露わにしている。 そして、『マルカ』は「レアル・マドリーがイカルディとサインしない理由はワンダ・ナラだ」というタイトルの記事をリリース。マドリーは以前からワンダ・ナラ氏が代理人であるという点を懸念しており、2018年冬の移籍市場で真剣にオファーを検討した際にも、それが理由で交渉を切り上げたことが伝えられている。 2019.02.17 18:29 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース