【CLプレビュー】大会連覇中の王者と最高攻撃陣擁する優勝候補が激突《レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、日本時間14日28:45からサンティアゴ・ベルナベウで開催される。歴代最多12回の優勝を誇り史上初の連覇を達成したマドリーが、過去5年で4度のベスト8入りを果たすなど決勝トーナメント常連となったPSGをホームに迎える、スター軍団同士によるビッグマッチだ。

▽強豪トッテナム、ドルトムントと同居したグループHで、トッテナムの後塵を拝して2位通過となったマドリー。コパ・デル・レイで敗退し、リーガエスパニョーラでも連覇が絶望的な状態となり、今シーズン残されたタイトルはCLのみというのが現実的なところだ。国内のコンペティションでの不調からジネディーヌ・ジダン監督解任論も取り沙汰されており、崖っぷちの状態で臨む試合となる。その一方で、直近のレアル・ソシエダ戦ではエースFWクリスティアーノ・ロナウドの今季リーガ初のハットトリックなど、5-2の大勝を収めており復調気配を漂わせる中で今季の行方を占うビッグマッチを迎えた。

▽一方のPSGは、バイエルンとの一騎打ちとなったグループBで5勝1敗の勝ち点15で並んでいたものの、当該成績で上回り見事に首位通過。また、グループステージ6戦25発と今シーズンのCLトップの得点力が大きな話題を集めた。2年ぶりの優勝を目指すリーグ・アンでも2位のモナコに勝ち点12差を付けての首位に君臨するなど、2つの国内カップを含め国内シーズン3冠に向けて視界は良好。直近の第25節トゥールーズ戦では完全休養となったカバーニをはじめ主力を数人休ませつつ1-0で勝利。好調を保った状態でこの試合に臨むことができる。

▽両者はこれまで公式戦で6度対戦。成績は2勝2分け2敗と全くの五分となっているものの、直近である2015-16シーズンのCLグループステージでの2度の対戦では、マドリーが1勝1分けで勝ち越している。

◆レアル・マドリー◆
【4-3-3】


▽レアル・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ケイロル・ナバス
DF:ナチョ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース
FW:ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド
負傷者:DFバジェホ
出場停止者:DFカルバハル

▽右サイドバックの一番手であるカルバハルが出場停止。負傷者に関しては、バジェホがハムストリングをケガしているほか、セバージョスも足首を痛めている模様だ。

▽カルバハルの代役にはナチョの起用が濃厚だ。フォーメーションに関しては守備的なプランとして[4-4-2]を採用する可能性もあり、その場合はベイルではなくL・バスケスを先発で送り出す選択肢も考えられる。不振が続くベンゼマについては、ジダン監督が継続して信頼を示しており、この重要な一戦でも先発出場となるだろう。

◆パリ・サンジェルマン◆
【4-3-3】


▽パリ・サンジェルマン予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:アレオラ
DF:ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、ユーリ
MF:ヴェッラッティ、ラサナ・ディアラ、ラビオ
FW:ディ・マリア、カバーニ、ネイマール
負傷者:DFクルザワ
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。逆に今冬加入のラサナ・ディアラが新たに登録された。負傷者に関してはチアゴ・モッタがコンディション不良で招集外となっているほか、GKトラップも欠場濃厚だ。また、クルザワも大腿のケガが伝えられており、起用が見送られる可能性は高い。

▽クルザワが欠場した場合の左サイドバックには元レアル・ソシエダのユーリが起用される見込みだ。マルセロの対面となる右ウイングにはムバッペではなく、古巣対戦であり好守に存在感を放つディ・マリアが選択される可能性も。また、中盤でも守備を重視した場合はドラクスラーではなくラサナ・ディアラがスタメンとなるだろう。

★注目選手
◆レアル・マドリー:FWクリスティアーノ・ロナウド
Getty Images

▽マドリーの注目プレーヤーは、CLグループステージで史上初の全試合得点を達成したC・ロナウドだ。C・ロナウドはリーガエスパニョーラでこそ不調に苦しんだものの、今シーズンのCLでは6試合9ゴールと健在。そしてリーガでも直近のソシエダ戦ではハットトリックを決めており、良い状態であることをアピールしている。

◆パリ・サンジェルマン:FWネイマール
Getty Images

▽PSGの注目プレーヤーは、主砲カバーニと共にクラブのエースとして君臨するネイマールだ。昨年の夏に鳴り物入りで入団すると、開幕から持ち味を存分に発揮。今シーズンの公式戦で28ゴール16アシストの活躍で強力な攻撃陣をけん引しており、直近のトゥールーズ戦でも決勝点を記録するなど、好調を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル内部は緊張?マルセロが記者の質問に激怒し口論「妬みか知らないが…」

レアル・マドリーの内部は、やはり緊張が走っているのかもしれない。マルセロは試合後、報道陣と口論になっている。<br><br>23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節で、ヴィクトリア・プルゼニと対戦したレアル。大不振に陥っていたチームだが、11分にカリム・ベンゼマのゴールで先制すると、後半開始10分でマルセロが追加点を奪う。その後失点し1点差に詰め寄られたが、リードを守りきって2-1と勝利した。<br><br>公式戦3連敗、5試合勝ちから見放され、クラブの歴代最長無得点記録(481分)も更新してしまったロペテギ・マドリー。久々に勝利を取り戻したが、やはり内部は緊張が走っているのかもしれない。<br><br>試合後、ミックスゾーンに応じたマルセロだが、記者の質問に激怒する場面があった。ブラジル人DFに火をつけたのは、ある記者による「5試合勝ち星なし、8時間ゴールなしといった危機に陥り、チーム内はどうだったのか?」との質問だった。ブラジル代表DFは、そうした無得点記録などに関する質問が、チームにとっては関係がないことであると意見する。<br><br>「勝てないのはつらい。でも、その8時間とかの話を僕たちはしない。違うことを話している。君たちがチームに打撃を与えようとしても、影響は受けない」<br><br>そして、また別の記者に「メディアは打撃を与えようとしていると、君たちは考えているのか?」と質問されると、「僕たちではなく、僕がそう考えている」と返し、同記者から「例えば、私もそうなのか?」と問い詰められると、次のような言葉を発するに至っている。<br><br>「記者全員だよ。その理由を僕が知るわけがない。妬みか何のか、フットボールをプレーする術を知らないからなのか、自分に分かるわけがない」<br><br>この言葉に報道陣は熱くなり、「確かにフットボールをプレーできないが、妬みなどあるはずがない」「私はフットボールを学んでいないが、ジャーナリズムを学んだ。敬意を欠いている」などと反論。これに対してマルセロは、敬意を欠いたような言葉ではないことを強調した。<br><br>「どう敬意を欠いたんだ? 僕は『僕が理由を知るわけがない。フットボールのプレーの仕方を知らないから、妬みがあるのかもしれない』と言っただけだ。それで敬意を欠いているのかい? 君は僕のプレーが悪かった何度も批判してきた。それで僕から反論したことがあったのか? 僕が理由を知るわけがない。自分にとってはどうでもいいことだ」<br><br>「敬意の欠如? 自分は日々にわたって批判を受けている。それでも、僕が敬意を欠いていると言ったことがあったかい? それに僕はいつもここに出てきて話をしているじゃないか。僕はそうすることを不快に感じたりはしない。でも、ときには不当なことだってある」<br><br>「最初に8時間だとか何とかについて、ロッカールーム内ではどう感じているとか言われた。僕は勝てないのはつらいと返したわけだけど、8時間とかそういうのは僕たちが考えるべきじゃない」<br><br>「僕たちだって人間だし、重圧があれば状況はより難しいものとなる。それでもチームは懸命に立ち向かっているんだ。難しい状況でも、できる限りのプレーを見せるために努力をしている」<br><br>レアル・マドリーは28日、いよいよバルセロナとの今季初クラシコに挑む。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.24 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

あなたの忘れられないクラシコは? 超WSが劇的マッチをピックアップ!

▽リーガエスパニョーラ第10節バルセロナvsレアル・マドリー、今シーズン初めての伝統の一戦“エル・クラシコ”が、10月28日(日)の24時15分にカンプ・ノウでキックオフを迎える。 ▽シーズンの成績に関係なく、両チームのファン・メディア・関係者を熱くする“クラシコ”に備え、本稿では過去のクラシコから両クラブにとって思い出深い一戦をそれぞれピックアップ。当時の状況を整理しつつ、脈々と続く因縁の一端を垣間見ていく。 ◆スペインの盟主はバルセロナ! 衝撃のマニータ 試合日:2010年11月29日 2010-11シーズン リーガエスパニョーラ第13節 会場:カンプ・ノウ バルセロナ 5-0 レアル・マドリー 【バルセロナ】 シャビ(前10) ペドロ(前18) ビジャ(後10) ビジャ(後13) ジェフレン(後46)※下記文中には、87分という表記となっております。 ◆バルセロナ出場メンバー[4-3-3] 監督:グアルディオラ GK:バルデス DF:ダニエウ・アウベス、ピケ、プジョル、アビダル MF:シャビ(後42分/セイドゥ・ケイタ)、ブスケッツ、イニエスタ FW:ペドロ(後42分/ジェフレン)、メッシ、ビジャ(後31分/ボージャン) ◆レアル・マドリー出場メンバー[4-2-3-1] 監督:モウリーニョ GK:カシージャス DF:セルヒオ・ラモス、ペペ、カルバリョ、マルセロ(後15分/アルベロア) MF:クリスティアーノ・ロナウド、ケディラ、エジル(後0分/ラッサナ・ディアラ)、シャビ・アロンソ、ディ・マリア FW:ベンゼマ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://www.wowow.co.jp/sports/liga/bestofclasico_vote/&c=wowow_app_20181019_2" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">ベスト・オブ・クラシコは!?<br />記憶に残る“クラシコ”を投票しよう!</span></br></a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181019_29_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第12節を消化した時点で1位レアル・マドリー(勝ち点32)、2位バルセロナ(勝ち点31)の順位で並び、両者の勝ち点差は「1」。前シーズンにリーガ制覇を成し遂げたバルセロナから王座を奪還すべく、ジョゼ・モウリーニョを新指揮官に招へいしたマドリーが勇んで敵地に乗り込んだ。なお、名将モウリーニョにとっては、初の“エル・クラシコ”となる。 ▽雨の中で始まった試合、バルセロナはパスサッカーで序盤からマドリーを圧倒。イニエスタのスルーパスを受けたシャビが屈辱を与えるチップキックでカシージャスの頭上を抜いて易々と先制すると、完全に主導権を握る。18分にペドロが追加点を決めスコアが2点差に広がる中、マドリーは全く反撃の形を見出せずに前半を終えた。 ▽劣勢で迎えた後半、マドリーはエジルとの交代でより守備的なL・ディアラを投入し、まずはバルセロナの攻撃を鎮静化させにいく。しかし、相手の策を全く意に介さないホームチームはその後も悠々とパスを回し続け、55分にメッシのスルーパスに反応したビジャが3点目を奪取。ビジャは、直後の58分にもメッシのロングスルーパスからこの試合2得点目を記録した。 ▽4点差を付けられた後のマドリーはフラストレーションを溜め、イエローカードを4枚提示されるほどの荒々しいプレーに終始。試合終了間際の91分には、ペドロに代わって投入された若手FWジェフレンが、出場からわずか4分でダメ押しの5点目を記録。加えて、92分には激しくコンタクトしたS・ラモスが一発退場と散々な結末に。バルセロナが「マニータ(1試合5得点を奪うこと)」のスコア以上に内容でも完全勝利を飾った。 ▽このクラシコ完勝でさらに勢いを増したバルセロナはチャンピオンズリーグ(CL)、スーペル・コパのタイトルに加え、リーガエスパニョーラ3連覇を達成。タイトルがコパ・デル・レイのみに留まった白い巨人を置き去り、スペインの盟主として名を轟かせた。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><hr><a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=6A92YCES%26ai=a5bc8416a02665&c=wowow_app_20181019_1" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">気になるマドリー編は!?<br />続きはこちらでチェック!</span></a><hr></div> 2018.10.24 13:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アルバ、宿敵指揮官にエール「ロペテギの続投を願っている」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバが、レアル・マドリーを率いるフレン・ロペテギ監督にエールを送っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前に新シーズンのレアル・マドリー監督就任が発表されたことで、W杯を戦うことなくスペイン代表指揮官の座から降ろされたロペテギ監督。迎えたマドリーでの今シーズンは、シーズン開幕当初こそ好スタートを切った。しかし、その後不振に陥り、現在リーガエスパニョーラで7位と低迷。現在解任の危機に瀕している。 ▽そんな中、アルバはスペイン代表時代の恩師であるロペテギ監督について言及。現在は宿敵の指揮官でありながら、同監督の続投を願っている。 「彼はワールドカップを終えてからレアル・マドリーと契約したかったと思う。しかし、スペインサッカー連盟の会長はあのような決断を下した。ロペテギ解任は全員が衝撃を受けたよ」 「彼とは素晴らしい関係がある。個人的にもとても助けてもらったんだ」 「続投することを願っているよ。彼が行ったクラブは好きではないけど、長い期間指揮して欲しいと思っているよ。それに値する人だからね」 「チームのために全てを犠牲にできる人だ。幸運を祈っている」 2018.10.24 11:04 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、クラシコはロペテギ体制で! 幹部が断言

▽レアル・マドリーは、週末のクラシコをフレン・ロペテギ体制で臨むようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズンからレアル・マドリーの監督に就任してロペテギ監督。シーズン開幕当初こそ順調なスタートを見せたが、その後深刻な得点力不足に陥った。直近の公式戦5試合では1分け4敗と一気に減速し、解任の危機に瀕している。 ▽そんな中、迎えた23日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節のヴィクトリア・プルゼニ戦では、苦しみながらも2-1で勝利。公式戦6試合ぶりの勝利を飾った。 ▽勝利したレアル・マドリーは28日、リーガエスパニョーラ第10節でバルセロナとのエル・クラシコを迎えるが、このままロペテギ体制で臨む意向のようだ。ヴィクトリア・プルゼニ戦後、レアル・マドリーの幹部であるエミリオ・ブトラゲーニョ氏は、「ロペテギ監督が週末の一戦も指揮を執るか」の質問に対して、「そうだ。全てが正常だよ。我々は落ち着き、団結し続けなければならない」と明かした。 ▽一方で、ロペテギ監督も試合後、自身の去就について問われると「その質問は私にするものではない。明日から日曜日の重要な一戦に向けて準備をしていくつもりだ」と意に介さない姿勢を見せている。 ▽一部では後任候補が不在であることとクラシコを直前に控えていることを理由にロペテギ監督の続投が伝えられている。果たしてロペテギ監督は、エル・クラシコで周囲のプレッシャーを跳ね飛ばす勝利を収めることができるか。 2018.10.24 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンゼマがCL歴代4位の57得点! 格下に辛勝マドリーが公式戦6戦ぶり勝利もマルセロ負傷でクラシコに暗雲…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節、レアル・マドリーvsビクトリア・プルゼニが23日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが2-1で勝利した。 ▽前節、CSKAモスクワに大金星を献上した3連覇中の王者マドリーは、国内リーグでも連敗を喫し公式戦5戦未勝利(4敗1分け)と近年稀にみる泥沼の状況。今週末にバルセロナとの重要な“エル・クラシコ”を控える中、勝ち点3奪取必須の一戦に向けてロペテギ監督は直近のレバンテ戦から先発5人を変更。GKにケイロル・ナバス、最終ラインにナチョ、中盤にクロース、前線にベンゼマとベイルが復帰。また、右サイドバックにルーカス・バスケスが起用された。 ▽公式戦6試合ぶりの勝利に向けて立ち上がりから攻勢に出るマドリーは、開始5分にクロースのCKからセルヒオ・ラモスが左ポスト直撃のヘディングシュートを放つなど押し込む入りを見せる。しかし、11分には前がかりなバスケスの裏のスペースをペトルゼラに取られてゴール左から続けて際どいシュートを許すが、ここはGKケイロル・ナバスのビッグセーブで凌ぐ。 ▽思わず冷や汗をかいたホームチームだが、直後の11分にゴールをこじ開ける。右サイドで深い位置を取ったバスケスからファーサイドへ絶妙なクロスが出ると、これをフリーのベンゼマが難なく頭で流し込んだ。なお、公式戦8戦ぶりのゴールを挙げたベンゼマはCL通算得点を57ゴールに伸ばし、ルート・ファン・ニステルローイ氏(56点)を抜き歴代4位に浮上した。 ▽ここから一気にマドリーペースで試合が進むかに思われたが、得点後も前がかるホームチームは試合を落ち着けることができず。イスコやベイル、ベンゼマとサイドを起点に再三の決定機を作る一方、30分と44分には相手のカウンターから左右のサイドの深い位置を取られて決定機を許す。だが、リンベルスキとホロソフスキがいずれもボックス内でのGKとの一対一を外したことで、辛くも1点リードで試合を折り返すことに成功した。 ▽後半も立ち上がりにハヴェルにあわや同点ゴールという決定機を作られるなどピリッとしないマドリーは54分にイスコを下げてこれがトップチームデビューとなる20歳のウルグアイ代表MFのバルベルデを投入。すると、この交代が追加点をもたらす。55分、バイタルエリアでボールを受けたバルベルデがボックス内でDFを背負うベイルの足元にパスを付ける。ここでベイルのワンタッチパスに反応したマルセロがゴール左でのGKとの一対一を冷静に決めた。 ▽この貴重な追加点で勝利を大きく手繰り寄せたマドリーだが、ここ数試合の鬱憤を晴らすべく積極的に3点目を奪いにいく。だが、ベイルやベンゼマがことごとく決定機をモノにできず。すると、78分には中央をあっさりと崩されてペナルティアーク付近からホロソフスキにゴール右隅へのシュートを決められて1点を返される。 ▽ここからややバタつく展開を強いられたマドリーは試合終了間際に相手との接触で足首を捻ったマルセロがプレー続行不可能に。すでに3枚の交代枠を使い切っていたホームチームは4分のアディショナルタイムを10人で戦うことになるが、ここは粘りの戦いで何とか2失点目を許さず。そして、ホームで辛くも6戦ぶりの勝利を手にしたマドリーはグループ首位に返り咲いたものの、微妙なパフォーマンスにマルセロの負傷と今週末のクラシコに弾みを付けることはできなかった。 2018.10.24 06:02 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース