【CLプレビュー】大会連覇中の王者と最高攻撃陣擁する優勝候補が激突《レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、日本時間14日28:45からサンティアゴ・ベルナベウで開催される。歴代最多12回の優勝を誇り史上初の連覇を達成したマドリーが、過去5年で4度のベスト8入りを果たすなど決勝トーナメント常連となったPSGをホームに迎える、スター軍団同士によるビッグマッチだ。

▽強豪トッテナム、ドルトムントと同居したグループHで、トッテナムの後塵を拝して2位通過となったマドリー。コパ・デル・レイで敗退し、リーガエスパニョーラでも連覇が絶望的な状態となり、今シーズン残されたタイトルはCLのみというのが現実的なところだ。国内のコンペティションでの不調からジネディーヌ・ジダン監督解任論も取り沙汰されており、崖っぷちの状態で臨む試合となる。その一方で、直近のレアル・ソシエダ戦ではエースFWクリスティアーノ・ロナウドの今季リーガ初のハットトリックなど、5-2の大勝を収めており復調気配を漂わせる中で今季の行方を占うビッグマッチを迎えた。

▽一方のPSGは、バイエルンとの一騎打ちとなったグループBで5勝1敗の勝ち点15で並んでいたものの、当該成績で上回り見事に首位通過。また、グループステージ6戦25発と今シーズンのCLトップの得点力が大きな話題を集めた。2年ぶりの優勝を目指すリーグ・アンでも2位のモナコに勝ち点12差を付けての首位に君臨するなど、2つの国内カップを含め国内シーズン3冠に向けて視界は良好。直近の第25節トゥールーズ戦では完全休養となったカバーニをはじめ主力を数人休ませつつ1-0で勝利。好調を保った状態でこの試合に臨むことができる。

▽両者はこれまで公式戦で6度対戦。成績は2勝2分け2敗と全くの五分となっているものの、直近である2015-16シーズンのCLグループステージでの2度の対戦では、マドリーが1勝1分けで勝ち越している。

◆レアル・マドリー◆
【4-3-3】


▽レアル・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ケイロル・ナバス
DF:ナチョ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース
FW:ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド
負傷者:DFバジェホ
出場停止者:DFカルバハル

▽右サイドバックの一番手であるカルバハルが出場停止。負傷者に関しては、バジェホがハムストリングをケガしているほか、セバージョスも足首を痛めている模様だ。

▽カルバハルの代役にはナチョの起用が濃厚だ。フォーメーションに関しては守備的なプランとして[4-4-2]を採用する可能性もあり、その場合はベイルではなくL・バスケスを先発で送り出す選択肢も考えられる。不振が続くベンゼマについては、ジダン監督が継続して信頼を示しており、この重要な一戦でも先発出場となるだろう。

◆パリ・サンジェルマン◆
【4-3-3】


▽パリ・サンジェルマン予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:アレオラ
DF:ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、ユーリ
MF:ヴェッラッティ、ラサナ・ディアラ、ラビオ
FW:ディ・マリア、カバーニ、ネイマール
負傷者:DFクルザワ
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。逆に今冬加入のラサナ・ディアラが新たに登録された。負傷者に関してはチアゴ・モッタがコンディション不良で招集外となっているほか、GKトラップも欠場濃厚だ。また、クルザワも大腿のケガが伝えられており、起用が見送られる可能性は高い。

▽クルザワが欠場した場合の左サイドバックには元レアル・ソシエダのユーリが起用される見込みだ。マルセロの対面となる右ウイングにはムバッペではなく、古巣対戦であり好守に存在感を放つディ・マリアが選択される可能性も。また、中盤でも守備を重視した場合はドラクスラーではなくラサナ・ディアラがスタメンとなるだろう。

★注目選手
◆レアル・マドリー:FWクリスティアーノ・ロナウド
Getty Images

▽マドリーの注目プレーヤーは、CLグループステージで史上初の全試合得点を達成したC・ロナウドだ。C・ロナウドはリーガエスパニョーラでこそ不調に苦しんだものの、今シーズンのCLでは6試合9ゴールと健在。そしてリーガでも直近のソシエダ戦ではハットトリックを決めており、良い状態であることをアピールしている。

◆パリ・サンジェルマン:FWネイマール
Getty Images

▽PSGの注目プレーヤーは、主砲カバーニと共にクラブのエースとして君臨するネイマールだ。昨年の夏に鳴り物入りで入団すると、開幕から持ち味を存分に発揮。今シーズンの公式戦で28ゴール16アシストの活躍で強力な攻撃陣をけん引しており、直近のトゥールーズ戦でも決勝点を記録するなど、好調を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウド、得点量産モードに! 直近6試合10発

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが得点量産モードに入った模様だ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽C・ロナウドは、18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第24節でベティス戦で公式戦3試合連発となる1ゴールを記録。出場した直近の公式戦6試合で10ゴール目となる。 ▽『マルカ』によれば、2018年度を迎えたリーガエスパニョーラの成績だけで見ても、C・ロナウドは現在、8ゴールで最多得点者だという。 ▽同期間中に限るC・ロナウドの成績は、FWルイス・スアレス(7ゴール)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(5ゴール)のバルセロナ勢をも上回る。 ▽今シーズン当初よりリーグ戦でゴールから遠ざかる日々が続き、批判が集中したC・ロナウドだが、2018年に入り、ここまで10ゴール(12試合)。今後の巻き返しに注目だ。 ◆C・ロナウドの直近6試合成績 1月21日 リーガ第20節:デポルティボ戦/2得点 1月27日 リーガ第21節:バレンシア戦/2得点 2月3日 リーガ第22節:レバンテ戦/0得点 2月10日 リーガ第23節:レアル・ソシエダ戦/3得点 2月14日 CL決勝T1回戦1stレグ:PSG戦/2得点 2月18日 リーガ第24節:ベティス戦/1得点 2018.02.19 17:25 Mon
twitterfacebook
thumb

アザール、移籍の可能性を濁す 「様子を見よう」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が移籍の可能性を否定しなかった。 ▽レアル・マドリーとパリ・サンジェルマンが熱視線を注ぐとされるアザール。今シーズンもここまで公式戦36試合15ゴール9アシストと、チェルシーのエースとして活躍を続けている。 ▽去就に揺れるアザールは、フランス『Telefoot』に対して次のように言及。チェルシーでの現状に満足感を示しつつ、未来についてお茶を濁した。 「フットボールの世界だと、何かが起こる可能性があれば、そうならないことだってある」 「毎年、レアルやPSGの話が出てくるね。僕はクラブを変えたいと思えば、そうするつもりさ」 「でも、現時点で、ここで満足している。まだ(チェルシーと)2年の契約がある。とても良い気分だよ」 「ファンは僕を愛してくれていて、僕の家族もここでの生活を楽しんでいる。様子を見ていくよ」 2018.02.19 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ベティス戦2得点のアセンシオ「コンスタントに出場しないと何かを示せない」

19日のリーガエスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦を5&minus;3で制した。この試合で2得点を決めたMFマルコ・アセンシオは試合後、チームが1&minus;2で迎えた後半から戦い方を変え、それが勝利につながったとの見解を示している。<br><br>スペイン『マルカ』や『アス』がマジョルカ出身MFのコメントを伝えた。<br><br>「ベティスが良いフットボールを実践することは知っていた。僕たちは良い形で試合をスタートさせたが、その後に彼らに圧迫された。だからハーフタイム、はもっと前から行くべきだと話し合ったんだよ。そのプランがはまったし、勝利に満足している」<br><br>アセンシオはまた、2ゴールを捧げた相手について語っている。<br><br>「最初のゴールは賭けていたことだった。ある友人が、もし僕がゴールを決めたら頭を剃ると言っていたんだ。2ゴール目はダニ・(セバジョス)のためのものだ。僕の友達であある彼にゴールを捧げたかった」<br><br>アセンシオは今季、浮き沈みがあるシーズンを過ごしている。序盤に大きなインパクトを残す活躍を見せながらも、その後出場機会の減少とともに調子を落とし、ここ最近になって再び存在感を増している。<br><br>「でも、僕のシーズンは良いものになんじゃないかな。コンスタントに出場できなければ、何かを示すことはできないけどね。とにかく、与えられた出場機会を生かすように試みるだけだ。今はうまくいっているし、この調子で進んでいきたい」<br><br>提供:goal.com 2018.02.19 10:05 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、右足太ももを故障 PSGとのリターンマッチ間に合うか

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロに負傷離脱の可能性が浮上した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽マルセロは、18日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のベティス戦に先発。だが、右足太もも裏を痛め、30分に負傷交代でピッチを退いた。 ▽ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、ここまで公式戦29試合出場のマルセロに関して、「深刻なケガじゃないことを祈る。明日わかる」と話した。 ▽3月6日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのパリ・サンジェルマン戦を控えるだけに、マルセロも長期離脱は避けたいところだが…。 2018.02.19 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがベティスとの乱戦制す! マルセロ負傷退場もアセンシオがクラブ通算6000得点目メモリアル弾にベンゼマ10節ぶりゴール! 《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは18日、リーガエスパニョーラ第24節でベティスの本拠地・ビジャマリンに乗り込み、5-3で勝利した。 ▽連勝中の8位ベティス(勝ち点33)が、リーガ4戦負けなしの4位マドリー(勝ち点42)をホームに迎えた一戦。 ▽マドリーは3-1で逆転勝利を収めた直近の試合であるチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦からスタメンを5名変更。ヴァラン、モドリッチ、トニ・クロース、イスコ、ベンゼマに代えて、カルバハル、L・バスケス、アセンシオ、コバチッチ、ベイルを起用した。 ▽ラインを高く設定し前線からの鋭い寄せを披露するベティスに対し、マドリーはバランスを崩しすぎず。裏抜けを狙うベイルやC・ロナウドをターゲットにして攻撃をしかけていく。しかし、危険なゾーンに迫ることはできない。 ▽それでも11分、スローインの流れから左サイドでボールを持ったマルセロがクロスを供給。ボックス右まで通ると、ボールを受けたL・バスケスがやや内側のC・ロナウドにパスを送る。C・ロナウドの放った右足の強烈なシュートはGKアダンに弾かれたが、こぼれ球に反応したアセンシオが頭で押し込んだ。 ▽巻き返したいベティスは24分、カウンターからボックス手前中央でボールを受けたロレンが、グラウンダーのミドルシュートを放つ。これは枠をわずかに左へ逸れたが、積極的にゴールに迫っていく。 ▽さらに25分、ボックス手前中央で獲得したFKをホアキンが担当すると、強烈なシュートがゴール左上に。GKケイロル・ナバスが好守を発揮して弾き出したものの、マドリーは立て続けにチャンスを作られてしまう。 ▽すると直後マドリーにアクシデントが発生。自陣内でルーズボール追うマルセロが、右太腿を押さえて倒れ込む。一度はピッチに戻ったものの、30分にテオ・エルナンデスとの交代でピッチを退くこととなった。 ▽マドリーにとって悪い時間帯が続くと、ベティスが一気に流れを引き寄せる。34分、セットプレーの流れから左サイド深い位置でボールを持ったホアキンが、クロスを供給。ボックス内でカゼミロに競り勝ったマンディが、頭でゴールネットを揺らしてスコアをイーブンに。 ▽さらに37分、カウンターの場面でブデブスがマドリー陣内中央を駆け上がるホアキンにパスを送る。ホアキンは、チェックにきたカルバハルをかわしてボックス内左でフリーのフィルポに展開。フィリポがシュートを放つと、DFナチョの足に当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。 ▽マドリーは猛攻をかけるため、最前線のC・ロナウドにシンプルにボールを供給しようとするが、統率されたベティスの最終ラインがしかけるオフサイドトラップに苦しみ、チャンスを作れない。ベティスのペースを乱せないまま、試合を折り返すこととなった。 ▽後半に入ると、マドリーが早々に追い上げた。51分、右CKを獲得すると、L・バスケスがキッカーを務める。アウトスウィングのボールに対して、セルヒオ・ラモスが頭で合わせGKアダンの頭上を抜く同点弾を決め切った。 ▽さらに55分には、カウンターからボックス内右に侵攻したベイルが、角度のないところから狙っていくが、GKアダンに阻まれて得点とはならない。さらに57分にも、アセンシオのスルーパスに抜け出したベイルがGKアダンとの一対一を迎えたが、ネットを揺らすことはできなかった。 ▽その後、お互いにカウンターの応酬が続く中、マドリーはファビアン・ルイスやブデブスを起点に攻め込むベティスの攻撃を最後のところで防ぎ続ける。 ▽すると59分、右サイド浅い位置でボールを持ったカルバハルが、ドリブルで3人をかわす。そのままボックス内右に侵攻して中央に折り返すと、待ち構えていたアセンシオが左足のダイレクトシュートを沈めた。逆転弾となったこの得点は、マドリーのリーガ通算6000ゴール目となっている。 ▽さらに65分、カゼミロの浮き球のスルーパスをボックス内左のC・ロナウドが足下に収める。対面のベティスDF2人をかわして右足を振り抜くと、強烈なシュートがネットに突き刺さった。 ▽点差を広げたマドリーは、73分にベイルに代えてイスコを投入。中盤の主導権を奪いにいく。しかし85分、左サイド深い位置にフィルポが抜け出す。フリーの状態で弾道の低いクロスを入れると、途中出場のセルヒオ・レオンがファーに飛び込んで足で合わせ、試合は再び1点差に。 ▽拮抗した展開となっている試合、ジダン監督は終了間際の89分に3枚目のカードとしてC・ロナウドに代えてベンゼマを投入。すると92分、ベンゼマが相手のバックパスをインターセプトしてL・バスケスにパスを送り、最前線に駆け上がる。ボックス内でL・バスケスからのリターンを受けると、右足でゴール右に蹴り込む。これが決まり、ベンゼマにとって10節ぶりのリーガでのゴールとなった。 ▽試合は直後に終了。この結果、ベティスは一時リードしたものの、敗北を喫することに。対するマドリーは、5-2で勝利した前節のレアル・ソシエダ戦に続いて2節連続で5得点を決めてリーガ5戦負けなしとし、連勝に突入することとなった。 2018.02.19 07:01 Mon
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース