【CLプレビュー】大会連覇中の王者と最高攻撃陣擁する優勝候補が激突《レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグ、レアル・マドリーvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、日本時間14日28:45からサンティアゴ・ベルナベウで開催される。歴代最多12回の優勝を誇り史上初の連覇を達成したマドリーが、過去5年で4度のベスト8入りを果たすなど決勝トーナメント常連となったPSGをホームに迎える、スター軍団同士によるビッグマッチだ。

▽強豪トッテナム、ドルトムントと同居したグループHで、トッテナムの後塵を拝して2位通過となったマドリー。コパ・デル・レイで敗退し、リーガエスパニョーラでも連覇が絶望的な状態となり、今シーズン残されたタイトルはCLのみというのが現実的なところだ。国内のコンペティションでの不調からジネディーヌ・ジダン監督解任論も取り沙汰されており、崖っぷちの状態で臨む試合となる。その一方で、直近のレアル・ソシエダ戦ではエースFWクリスティアーノ・ロナウドの今季リーガ初のハットトリックなど、5-2の大勝を収めており復調気配を漂わせる中で今季の行方を占うビッグマッチを迎えた。

▽一方のPSGは、バイエルンとの一騎打ちとなったグループBで5勝1敗の勝ち点15で並んでいたものの、当該成績で上回り見事に首位通過。また、グループステージ6戦25発と今シーズンのCLトップの得点力が大きな話題を集めた。2年ぶりの優勝を目指すリーグ・アンでも2位のモナコに勝ち点12差を付けての首位に君臨するなど、2つの国内カップを含め国内シーズン3冠に向けて視界は良好。直近の第25節トゥールーズ戦では完全休養となったカバーニをはじめ主力を数人休ませつつ1-0で勝利。好調を保った状態でこの試合に臨むことができる。

▽両者はこれまで公式戦で6度対戦。成績は2勝2分け2敗と全くの五分となっているものの、直近である2015-16シーズンのCLグループステージでの2度の対戦では、マドリーが1勝1分けで勝ち越している。

◆レアル・マドリー◆
【4-3-3】


▽レアル・マドリー予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ケイロル・ナバス
DF:ナチョ、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース
FW:ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド
負傷者:DFバジェホ
出場停止者:DFカルバハル

▽右サイドバックの一番手であるカルバハルが出場停止。負傷者に関しては、バジェホがハムストリングをケガしているほか、セバージョスも足首を痛めている模様だ。

▽カルバハルの代役にはナチョの起用が濃厚だ。フォーメーションに関しては守備的なプランとして[4-4-2]を採用する可能性もあり、その場合はベイルではなくL・バスケスを先発で送り出す選択肢も考えられる。不振が続くベンゼマについては、ジダン監督が継続して信頼を示しており、この重要な一戦でも先発出場となるだろう。

◆パリ・サンジェルマン◆
【4-3-3】


▽パリ・サンジェルマン予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:アレオラ
DF:ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、ユーリ
MF:ヴェッラッティ、ラサナ・ディアラ、ラビオ
FW:ディ・マリア、カバーニ、ネイマール
負傷者:DFクルザワ
出場停止者:なし

▽出場停止者はいない。逆に今冬加入のラサナ・ディアラが新たに登録された。負傷者に関してはチアゴ・モッタがコンディション不良で招集外となっているほか、GKトラップも欠場濃厚だ。また、クルザワも大腿のケガが伝えられており、起用が見送られる可能性は高い。

▽クルザワが欠場した場合の左サイドバックには元レアル・ソシエダのユーリが起用される見込みだ。マルセロの対面となる右ウイングにはムバッペではなく、古巣対戦であり好守に存在感を放つディ・マリアが選択される可能性も。また、中盤でも守備を重視した場合はドラクスラーではなくラサナ・ディアラがスタメンとなるだろう。

★注目選手
◆レアル・マドリー:FWクリスティアーノ・ロナウド
Getty Images

▽マドリーの注目プレーヤーは、CLグループステージで史上初の全試合得点を達成したC・ロナウドだ。C・ロナウドはリーガエスパニョーラでこそ不調に苦しんだものの、今シーズンのCLでは6試合9ゴールと健在。そしてリーガでも直近のソシエダ戦ではハットトリックを決めており、良い状態であることをアピールしている。

◆パリ・サンジェルマン:FWネイマール
Getty Images

▽PSGの注目プレーヤーは、主砲カバーニと共にクラブのエースとして君臨するネイマールだ。昨年の夏に鳴り物入りで入団すると、開幕から持ち味を存分に発揮。今シーズンの公式戦で28ゴール16アシストの活躍で強力な攻撃陣をけん引しており、直近のトゥールーズ戦でも決勝点を記録するなど、好調を維持している。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、リヴァプールを警戒も「彼らの方がハングリーだということはない」

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、チャンピオンズリーグ(CL)決勝で対戦するリバプールへの警戒心を示している。<br><br>2015-16シーズン、16-17シーズンとマドリーは2季連続でCL制覇を達成。今季も決勝まで勝ち進み、前人未到の三連覇に王手をかけている。<br><br>だがジダン監督に油断はなさそうだ。スペイン『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「リバプールは素晴らしいシーズンを送った。チャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、どちらの大会においてもね。彼らは対戦相手に困難を押し付けるだろう。それは分かっている。サプライズはない。我々はお互いのことをよく知っている」<br><br>リバプールにとっては、2005年以来のCL決勝になる。しかし、ジダン監督は自チームがハングリー精神で劣ることはないと話している。<br><br>「我々のモチベーションはいつも通りだよ。同じモチベーション、同じ意欲、同じ献身だ。我々よりリバプールの方がハングリーだなどと、誰も言うことはできないだろう」<br><br>「我々はレアル・マドリーだ。常に全力を尽くし、最高の形で試合に臨む」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマールの去就巡り父母対立?!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの母親が、クラブに対する悪印象を語った。スペイン『ABC』のインタビューをスペイン『アス』が伝えている。 ▽ネイマールは昨年の夏に史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約290億円)でバルセロナからPSGに移籍。しかし、今シーズンの公式戦30試合28ゴール19アシストと圧倒的な結果を残しているにも関わらず、チーム内での不和報道をきっかけとしてホームスタジアムでブーイングを受けるような事態に発展している。 ▽『ABC』のインタビューに応じたネイマールの母親が、以下のようにPSGに対する不快感を露わにした。 「私の息子はキャリア上のリスクを冒してバルセロナを離れ、パリ・サンジェルマンのようなクラブに移籍した。ヨーロッパの巨大なクラブの間で戦うためにね。だから、なぜファンがブーイングを浴びせるのかが理解できないわ」 「彼はPSGを大きくするために来たのに、こうなっている。快くはないわね」 ▽レアル・マドリーへの移籍も噂されているネイマール。父親はPSG残留を支持しているとみられているが、母親は違った見方をしているようだ。 2018.05.22 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミチェル氏、スペイン代表選外のモラタについて「レアル・マドリーを去らない方が良かった」

スペイン人監督ミチェル氏が、ロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表メンバーからチェルシーFWアルバロ・モラタが外れたことについて、自身の見解を述べた。<br><br>チェルシーで出場機会に恵まれず、当落線上にあるとされたモラタだが、フレン・ロペテギ監督は結局メンバーに含めず。ストライカーにはイアゴ・アスパス(セルタ)、ロドリゴ・モレノ(バレンシア)、ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリー)を選択している。<br><br>現役時代にレアル・マドリーでプレーしたミチェル氏はスペイン『EFE通信』とのインタビューで、モラタが昨夏にレアル・マドリーからチェルシーに移籍したことが、結果的にマイナスになったとの見解を示した。<br><br>「チェルシーで、彼はあまり試合に参加しておらず、ジルーの方がプレーしている。そうした情報をより多く手にしているのが監督で、どうしてそのような決断を下すのか、しっかりとした自覚がある」<br><br>「彼がなぜ(レアル・マドリーを)退団したのか、私には分からない。もっと出場機会がほしかったのか、もっと良い契約を望んでいたのか、プレミアリーグでプレーしたかったのかは、私には分かりかねる。結局のところ、彼はレアル・マドリーにいた頃と同じ状況にいる。私は、レアル・マドリーに在籍している選手はクラブから去るべきでないと考える人間の一人だ。けれども、彼の考えは私には分からないし、その決断を尊重すべきだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.22 00:29 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーが20歳のジャマイカ人ウインガーに興味…バイエルン&シティとの獲得レースに参戦へ

▽前人未到のチャンピオンズリーグ3連覇を目指すレアル・マドリー。今夏の移籍市場では、若手ウインガーに注目しているようだ。『ESPN』が報じた。 ▽マドリーが関心を寄せているのは、レバークーゼンのMFレオン・ベイリー。20歳のウインガーだ。 ▽ジャマイカ出身のベイリーは、バイエルンやマンチェスター・シティなども獲得に興味。バイエルンは6000万ユーロ(約78億5500万円)を支払う予定のようだ。 ▽マドリーは、今夏ウェールズ代表MFガレス・ベイルの売却を考えており、代役としてベイリーの獲得を目指すようだ。 ▽ベイリーは今シーズンのブンデスリーガで、30試合に出場し9ゴール6アシストを記録。DFBポカールでは4試合で3ゴールを記録していた。 2018.05.21 23:23 Mon
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモス「僕らが勝てば、僕らが時代の覇者になる」

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦を前に大きく出た。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マドリーは26日、リバプールとのCL決勝戦を戦う。キャプテンのセルヒオ・ラモスは、同クラブが3連覇すれば、時代の支配者であることを証明することになるだろうと語っている。 「僕らはCL決勝がどういうものかわかっている。ここ数年、何度か経験してきたからね」 「僕らはこれまでにも多くの称賛を受けてきたけど、今度の決勝も勝てることを望んでいる。再びCLで優勝することは勝利を意味するだけでなく、このチームが時代の中心であることを意味するからね」 2018.05.21 18:15 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース