懐かしの“メッシ2世”ガイ・アスリンがアルシャビン所属のカイラトに加入2018.02.14 02:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カザフスタンのFCカイラトは13日、元イスラエル代表MFガイ・アスリン(26)の加入を発表した。契約期間は2年となる。

▽バルセロナの下部組織時代に“メッシ2世”と評され、16歳のときにイスラエル代表で最年少デビューを飾った神童だが、トップチームへの定着は叶わず。その後、マンチェスター・シティを経て、ラシン・サンタンデールやグラナダ、マジョルカといったスペイン下部カテゴリーのクラブ、母国ハポエル・テル・アビブを渡り歩いたアスリンは、2016年からスペイン3部のサパデルでプレーしていた。

▽なお、アスリンの加入が決定したカイラトにはアーセナルやゼニトで活躍した元ロシア代表FWアンドレイ・アルシャビン(36)が2016年から在籍。アスリンとのテクニシャン同士の共演が期待されるところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

吉田麻也のサウサンプトン、マーク・ヒューズと新たに3年契約

▽日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは25日、マーク・ヒューズ監督(54)と新たに3年間の契約を締結したことを発表した。 ▽ヒューズ監督は、今年3月にマウリシオ・ペジェグリーノ前監督の退任を受けてシーズン途中からサウサンプトンを指揮。今シーズンいっぱいの契約の中で、降格の危機に瀕するチームを見事に残留に導いた。 ▽来シーズンもサウサンプトンを率いることになったヒューズ監督は、「スタッフ、選手はクラブに値する成功を掴むために日々精進する。みんなが一丸となり、目標を成し遂げたい」とコメントしている。 2018.05.26 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

エイバルDFロンバンが契約満了で退団、今季は控えとしてリーグ13試合に出場…

▽エイバルは25日、スペイン人DFダビド・ロンバン(30) が今季限りで退団することを発表した。 ▽バレンシアの下部組織出身のロンバンは、2007年にトップチームに昇格すると、バルセロナBやエルチェ、グラナダでのプレーを経て、2017年9月にエイバルに加入。エイバルでは、DFアナイティス・アルビージャやDFイバン・ラミスの控えとしてプレーし、リーガエスパニョーラ13試合の出場に留まっていた。 ▽今夏に退団するロンバンに対し、エイバルは公式サイトで以下のようにコメントしている。 「エイバルは彼のプロフェッショナリズムや振る舞い、そしてこれまでの団結に感謝したい。ダビデの将来が最高であるように祈っているよ。ありがとう、ダビデ!」 2018.05.26 02:12 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、リーガ2部降格のデポルティボからルーマニア代表FWを獲得

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、デポルティボからルーマニア代表FWフロリン・アンドネ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は2023年6月までの5年間。移籍金は明かされていないが、ルーマニア『DigiSport』は、600万ユーロ(約7億7000万円)と推定している。 ▽ルーマニア人ながら2011年にスペインのカステジョンでプロキャリアをスタートしたアンドネは、ビジャレアルを経て2014年にコルドバに加入。2015-16シーズンは、セグンダA(スペイン2部)で36試合に出場し、21ゴールを挙げる大活躍を披露し、ストライカーとしての才能を一気に開花させた。 ▽この活躍が認められ2016年7月にデポルティボに移籍すると、加入初年度からレギュラーとして活躍。在籍2年間で公式戦69試合に出場し18ゴール6アシストをマークしていた。 ▽また、2015年にデビューしたルーマニア代表では、ここまで通算21キャップを記録している。 2018.05.26 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

5季ぶりリーグ制覇のポルトがセルジオ・コンセイソン監督と契約延長

▽ポルトは24日、セルジオ・コンセイソン監督(43)との契約延長を発表した。新契約は2020年までとなる。 ▽現役時代はポルトガル代表としても活躍し、ポルトやラツィオ、パルマ、インテル、スランダール・リエージュなどでプレー。引退後はブラガやヴィトーリア、ナントなどで指揮を執り、2017年7月にポルトの監督に就任していた。 ▽今シーズンのポルトは、セルジオ・コンセイソン監督の下リーグ戦で好調を維持。2012-13シーズン以来、5シーズンぶりにリーグ優勝を果たしていた。 ▽また、勝ち点も88稼ぎ、クラブ記録を更新。その手腕を認められ、契約延長に至った。 2018.05.25 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがPSVのオランダ代表SBブレネトを獲得

▽ホッフェンハイムは24日、PSVのオランダ代表DFジョシュア・ブレネット(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなっている。 ▽PSVでプロデビューを飾ったブレネットは左サイドバックを本職とし、右サイドバックでもプレー可能なDF。PSVでは公式戦150試合に出場して4ゴール11アシストを記録している。2017-18シーズンはエールディビジで32試合に出場1ゴール5アシストをマークし、チームのリーグ優勝に貢献した。 ▽オランダ代表としては2016年11月にデビューしている。 2018.05.25 05:46 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース