ローマ、守護神アリソン流出阻止へ新契約を準備か? 契約解除金は120億円に引き上げ2018.02.14 01:19 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマがブラジル代表GKアリソン・ベッカー(25)との契約延長交渉を進めているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。

▽2016年夏にインテルナシオナウから800万ユーロ(約10億6000万円)でローマに加入したアリソンは、加入1年目こそポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(現ユベントス)のバックアッパーに甘んじたものの、今シーズンはここまでセリエAとチャンピオンズリーグ(CL)全試合に出場し、ここまでのチームMVP級の働きを見せている。

▽卓越したゴールキーピングに加え、足下の技術にも長けた現セレソンの正GKにはリバプールやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーといった国外のビッグクラブが来夏の獲得に動いているとも報じられている。

▽この状況を受けて、ローマは守護神の残留および安価での流出を避けるために大幅な昇給と高額な契約解除金の設定を目的として新契約の準備を進めているようだ。

▽『calciomercato.com』の伝えるところによれば、現行の契約で年俸150万ユーロ(約2億円)を受け取っているアリソン側は、ボーナス含め総額500万ユーロ(約6億6000万円)という3倍以上のサラリーアップを要求しているという。一方、ローマは同選手の契約解除金を9000万ユーロ(約120億円)に設定することを求めているようだ。

▽現時点でアリソンはローマ残留を希望しているものの、仮にローマが来季のCL出場権を逃がすようであれば、ファイナンシャル・フェアプレー問題を抱えるクラブが高額な換金対象として守護神の放出に踏み切る可能性は十分にある。

コメント

関連ニュース

thumb

トッティが元同僚サラーを絶賛「世界最高の選手の1人」

▽ローマのレジェンドにして現在クラブのフロントで働く元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ氏が、昨夏リバプールに旅立ったエジプト代表FWモハメド・サラーを「世界最高の選手の1人」と絶賛している。リバプール公式サイトが伝えている。 ▽サラーはローマでの2シーズンの活躍を経て、昨夏5000万ユーロ(約66億円)でリバプールに加入。チェルシー時代に苦しんだプレミアリーグのスタイルに瞬く間に順応すると、ここまで公式戦36試合に出場し30ゴールを挙げる大活躍を見せている。 ▽トッティ氏はかつての同僚であるサラーが現時点で世界最高の選手の1人であると主張。同時に同選手が多くの伸びしろを残していると語っている。 「現時点で彼がプレーしているレベルを判断すると、間違いなく世界最高のプレーヤーの1人だと思う」 「そして、個人的には彼がもっとできると思うし、改善していくと考えている」 「私は彼のことをよく知っている。彼は大切な友人であり、プレーヤーとしてより成長していってほしいと思っている」 「彼はここまで正しいことをしてきた。彼はトレーニングから懸命に働き、ゲームでもハードワークしている。同時にコーチたちからのアドバイスをよく聞き入れている。だからこそ、いまの素晴らしいパフォーマンスがあるんだ。そして、彼は今後もう1つ上のレベルに到達していくはずだ」 2018.02.23 03:32 Fri
twitterfacebook
thumb

シャフタールに逆転負けのフランチェスコ「異なるふたつのチームを見た」

▽ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が、シャフタール・ドネツク戦を振り返り、「前半と後半で異なるチームだった」と表現した。イタリア『PREMIUM SPORT』が報じている。 ▽21日に、チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグでシャフタールと対戦したローマ。アウェイながらもジェンギズ・ユンデルのゴールで先制したが、後半に2失点して逆転負けを喫した。 ▽試合後、シャフタール戦を振り返ったディ・フランチェスコ監督は自らのチームの出来を「私はふたつの異なるチームを見た」と形容している。 「私は異なるふたつのチームを見た。1失点目の後、我々は多くを変えなければならなかった。前半は良かったんだが、後半の失点後はそれを止めてしまった」 「後半の結果には満足していない。我々は2ndレグに向けて修正できるが、この結果は恥ずべきものだ。最初の50分間で多くのチャンスを演出していた。だが、これで終わったとは思っていない。我々には経験豊かな選手たちがたくさんいるんだ」 2018.02.22 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:シャフタール 2-1 ローマ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャフタールvsローマが21日にOSKメタリスト・スタジアムで行われ、ホームのシャフタールが2-1で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽シャフタール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 30 ピアトフ 6.5 1失点も鋭いシュートストップで幾度もチームを救った DF 2 ブトコ 5.5 ペロッティとコラロフのコンビに押し込まれる場面が目立ったが、粘りの守備をみせる 4 クリスツフォフ 5.5 オルテツに代わって抜擢されるも前半終盤に足首を痛めて無念の負傷交代 (→オルテツ 5.5) 緊急投入もチームが押し込んだことで危なげなく守った 44 ラキツキ 6.5 意表を突く絶妙フィードで同点ゴールをアシスト。守備でもゼコ相手に懸命に食らいついた 31 イスマイリ 6.0 失点場面では一瞬ボールウォッチャーとなりジェンギズに背後を取られたが、質の高い攻撃参加で攻撃に厚みを加え続けた MF 11 マルロス 6.5 右サイドでうまく起点を作りながら、周囲を巧みに操った 8 フレッジ 7.0 見事な直接FKで決勝点を記録。豊富な運動量と球際の強さを生かして相手の中盤と激しくやり合った 7 タイソン 6.5 重心の低いドリブルや視野の広いプレーで攻撃をけん引 6 ステパネンコ 6.0 前半は中盤の競り合いで劣勢を強いられたが、後半は完全に盛り返した 10 ベルナール 6.5 独特の間合いから繰り出すドリブルやパスでチャンスを創出 (→コバレンコ -) FW 19 ファクンド・フェレイラ 6.0 前半は屈強な相手センターバックコンビに潰されて起点になれずも最初の決定機を同点ゴールに結びつける。惜しむらくは3点目のチャンスを決め切れなかったこと 監督 フォンセカ 6.0 劣勢を強いられた前半からハーフタイムにきっちり修正。とりわけ、追いついてからの畳みかける姿勢は素晴らしかった ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 6.5 2失点共にノーチャンス。3度のビッグセーブで逆転への望みを繋いだ DF 24 フロレンツィ 5.5 体調不良明けで難しい相手とのマッチアップもまずまずの出来 (→ブルーノ・ペレス 5.0) 軽いプレーが目立つなど、試合に入り切れず 44 マノラス 5.5 前半は相手FWを抑え込みつつ、2列目の攻め上がりに対しても冷静にケア。ただ、予防的マークを怠った1失点目は頂けない 20 ファシオ 6.0 同胞の長身FWをうまく抑えるなど、個人としてはまずまずの出来 11 コラロフ 6.0 直近のリーグ戦で温存された効果が出て躍動感溢れる攻撃参加で前半は違いを生む。後半はブトコの攻撃参加によって難しい展開に MF 17 ジェンギズ・ユンデル 6.0 CLデビュー戦で値千金のデビューゴール。公式戦4戦連発とその勢いは止まらずも守備面は課題 (→ジェルソン 5.5) ややフィニッシュの場面で強引さが目立った 16 デ・ロッシ 5.5 抜群のプレーリードと身体を張ったプレーでピンチの芽をことごとく摘んだが、後半は完全にガス欠 4 ナインゴラン 5.5 機動力と強さをみせたが、攻守に決定的な仕事はできず (→デフレル -) 6 ストロートマン 5.5 前半はインテンシティの高い守備と正確なゲームメークで存在感も、チームと同様に後半は難しい試合に 8 ペロッティ 6.0 変幻自在の仕掛けでブトコを翻弄。攻撃の起点となった FW 9 ゼコ 6.0 絶妙なラストパスでジェンギズの先制点をアシスト。前線できっちり起点を作った 監督 ディ・フランチェスコ 5.5 ペース配分という課題をまたしても解決できず。それでも、前半の好パフォーマンスと守護神のおかげで2ndレグに望みを繋ぐ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フレッジ(シャフタール) ▽智将グアルディオラ監督からの高評価に違わぬ見事なパフォーマンスでチームを勝利に導いた。圧巻の直接FK以上に攻守両面での気の利いた働きが光った。 シャフタール 2-1 ローマ 【シャフタール】 ファクンド・フェレイラ(後7) フレッジ(後26) 【ローマ】 ジェンギズ・ユンデル(前41) 2018.02.22 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

フレッジ直接FK弾でホームのシャフタールが逆転勝利! 敗れたローマも新星デビュー弾でAG持ち帰る《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャフタールvsローマが21日にOSKメタリスト・スタジアムで行われ、ホームのシャフタールが2-1で逆転勝利した。 ▽マンチェスター・シティ、ナポリの2チームに1度ずつ土を付けるなど、堂々とした戦いぶりでグループFをシティに次ぐ2位で通過したシャフタール。また、国内リーグでは約2カ月間のウィンターブレーク明けとなった直近のチョルノモレツ戦を5-0の快勝で飾り、首位キープに成功した。極寒のハルキウで迎える今回の初戦に向けてはタイソン、ベルナール、フレッジら5人のブラジル人など、ドーピング違反で出場停止中の主将DFスルナを除くベストメンバーが起用された。 ▽一方、アトレティコ・マドリーとチェルシーと同居した“死のグループC”を見事に首位通過したローマ。しかし、昨年末から急激に失速したチームは公式戦7試合未勝利という泥沼の状況を経験。それでも、格下との対戦が続いた直近の3試合ではきっちり3連勝を飾り、良い流れを取り戻して今回の一戦を迎えた。なお、先週末のウディネーゼ戦からは先発3人を変更。ファン・ジェズス、ペッレグリーニ、エル・シャーラウィに代わってコラロフ、ストロートマン、ペロッティが起用され、体調不良で欠場も噂されたフロレンツィも無事メンバーに入った。 ▽2010-11シーズンのラウンド16以来、7年ぶりに激突した両者による一戦は立ち上がりからオープンな展開に。ホームのシャフタールはイスマイリとベルナールが並ぶ左サイド、ローマはフロレンツィとジェンギズ・ユンデルが並ぶ右サイドと共にストロングポイントであるサイドからの攻撃で決定機を作り合う。6分にはローマの左CKからコラロフのクロスにゴール前のゼコ、ファシオと続けて決定機も、ここはGKピアトフとDFの好守に阻まれる。 ▽その後も攻守が目まぐるしく入れ替わる中、シャフタールがよりボールを支配していく。だが、デ・ロッシやマノラスを中心に中央の危険なエリアをケアするローマの守備を崩し切れない。逆に、カウンターからチャンスを窺うローマは21分、ジェンギズの正確なフィードに抜け出したペロッティがボックス手前左でキープして中央でフリーのゼコへラストパスを通す。だが、ゼコの右足のシュートはミートし切れず、GKピアトフにキャッチされる。 ▽前半終盤にかけても見応えのある攻防が繰り広げられた中、直近セリエA3戦連発中でこれがCLデビュー戦となった絶好調の若きレフティーが大仕事を果たす。41分、左サイドのコラロフからバイタルエリア左のペロッティに斜めのパスが入る。これをペロッティが中央のゼコに短い横パスで繋ぐと、DF2枚を引き付けたゼコがボックス右からダイアゴナルランを狙うジェンギズへ絶妙なラストパス。これを20歳のトルコ代表MFが得意の左足で蹴り込むと、GKピアトフの腕を弾いたボールがゴールネットに吸い込まれた。その後、前半終了間際に競り合いの場面で足首を痛めたシャフタールDFクリスツフォフがオルテツとの負傷交代を強いられるアクシデントも発生したが、ローマの1点リードで前半は終了した。 ▽後半もローマが主導権を握る立ち上がりとなったが、一瞬の隙を突いたシャフタールがワンチャンスで追いつく。52分、ローマのセットプレーがGKピアトフのシュートキャッチで終わり、ピアトフもリスタートを急がなかったことでローマの選手たちにやや緩んだ空気が漂う。そして、最終ラインでボールを持ったラキツキが意表を突いて前線のファクンド・フェレイラを狙った鋭いフィードを送る。これをローマDFが跳ね返せず、背後のスペースに流れると並走したDFマノラスを振り切ったフェレイラがGKアリソンとの一対一を制した。 ▽この同点ゴールをキッカケに試合の流れは一気にホームチームへと傾く。前半のショートパスやドリブルを主体とした攻めから相手ハイラインの背後やサイドバック裏のスペースをシンプルな縦パスで狙い始めたシャフタールは、続けて決定機を作っていく。55分にはボックス左に抜け出したイスマイリの折り返しをファーで受けたマルロスが左足を振り抜くが、これはGKアリソンがワンハンドセーブ。続く63分にはペナルティアーク付近でボールを持ったタイソンのシュートが相手DFにディフレクトしてゴール右上隅に向かうが、再びアリソンのビッグセーブに阻まれる。 ▽それでも、攻勢を続けるホームチームは71分、セットプレーから逆転に成功する。ボックス手前右の位置でFKを得たシャフタールは右利きのベルナールと左利きのフレッジがセットしたボールの近くに立つ。そして、時間をかけてGKとの駆け引きを行いながらフレッジが左足で狙うと、ゴール右上隅のバーの内側を叩いた絶妙なシュートがネットを揺らした。 ▽相手の勢いを止め切れず、逆転を許したローマは失点直後にフロレンツィとジェンギズを下げてブルーノ・ペレス、ジェルソンと右サイドの2選手をそっくり入れ替えて同点ゴールを目指す。74分にはロングフィードに反応したゼコが抜け出しかかるが、ここはわずかにボールが長く収め切れない。 ▽その後、リスクを冒して前に出るローマに対して、シャフタールがカウンターで引っくり返す前半とは逆の構図で試合は終盤戦に突入。ローマは83分にナインゴランを下げてストライカーのデフレルをピッチに送り込み勝負をかける。しかし、なかなか決定機を作れないローマは逆に試合終了間際に絶体絶命のピンチを招く。93分、ボックス右に抜け出したタイソンがゴールライン際で折り返す。これをコバレンコがワンタッチで落とすと、フェレイラに絶好機が訪れる。しかし、ゴール至近距離からのシュートはGKアリソンの圧巻のワンハンドセーブに阻まれ、3点目とはならず。 ▽この直後に試合はタイムアップを迎え、ホームのシャフタールが2-1の逆転で先勝した。一方、逆転負けのローマもアウェイゴールに加え、終盤のアリソンのビッグセーブで3点目を与えなかったことで、ホームで行われる2ndレグに望みを繋いだ。なお、2ndレグは来月13日にスタディオ・オリンピコで行われる。 2018.02.22 06:49 Thu
twitterfacebook
thumb

「トッティのことはもう話さない」とスパレッティ、インテルの評価は「9点から4点」

▽インテルのルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた。その中でインテルやフランチェスコ・トッティ氏について話している。 ▽スパレッティ監督は今シーズンからインテルを率いている。シーズン序盤は絶好調だったが、その後は低迷。短いシーズンながら、良いときも悪いときも経験した。 ▽自分が記者だったらここまでのインテルをどう採点するかと問われたスパレッティ監督は「私なら最初は9、次が4だ。ただ、どちらの時期にしても私は日々全力で取り組んでいるよ」と語った。 ▽また、ローマのレジェンドであり現在は幹部を務めるトッティ氏との問題については「トッティvsスパレッティを続けてしまうと、スタジアムの回転扉も止まってしまう。この話題には、みんなが少しうんざりしていると思う。だから、もう話すのをやめる」と語り、不仲説などが流れた関係をシャットアウトする考えのようだ。 ▽元ローマのスパレッティ監督は、長年トッティを指導する立場にあった。しかし、なかなか起用せず不和が報じられていた。これについて最近、「トッティはもう走れなかった。だから、彼を起用すると周囲の士気にかかわった」とコメント。するとトッティ氏は、「スパレッティと対立したことはないし、これからもない」と述べ、大人の対応を見せていた。 2018.02.21 23:20 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース