アーセナルに痛手…ラカゼットがヒザ手術で4~6週間の離脱2018.02.14 00:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは13日、フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが同日午前にヒザの手術を行ったことを発表した。▽アーセナルの伝えるところによれば、今回の手術はヒザの軽微な問題を解決するための比較的簡単な手術だったという。また、離脱期間に関しては4~6週間が見込まれている。

▽今回の負傷によってラカゼットは今月末に行われるマンチェスター・シティとのEFLカップ決勝とリーグ戦(3月1日開催)の2連戦に加え、ヨーロッパリーグ(EL)のエステルスンド戦の2試合など、数試合を欠場する見込みだ。

▽とりわけ、ELでは今冬加入のFWピエール=エメリク・オーバメヤンが登録できないため、エステルスンドを退けて勝ち上がった場合、ラウンド16でナポリなどの強豪を引くと、負傷がちのFWダニー・ウェルベック以外に起用可能なセンターフォワードがいないという、緊急事態になる可能性もある。

▽なお、昨夏にリヨンから鳴り物入りで加入したラカゼットは、今季ここまでの公式戦29試合に出場し9ゴール1アシストの数字を残している。
コメント
関連ニュース
thumb

エジルはガナーズ愛忘れず! チェルシー戦後に「素晴らしいプレーをした」

アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルが、チームメイトの戦いぶりを喜んでいる。イギリス『メトロ』が伝えた。 アーセナルは19日、プレミアリーグ第23節でチェルシーとの“ロンドン・ダービー”に臨み、2-0で勝利。退団も噂されるMFラムジーを中心とした高いインテンシティを維持してチェルシーMFジョルジーニョにゲームを作らせずに勝ち点を「44」まで積み上げ、4位チェルシー(勝ち点47)との勝ち点差を「3」まで縮めた。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けての大きな一勝だ。 しかし、その試合ではまたしてもエジルに出場機会は与えられず。周囲から売却を議論されながらも残留を決断したとされる同選手に、ウナイ・エメリ監督はチャンスを与えなかった。 それでも、世代屈指のプレーメーカーはチームへの愛情を忘れてはいないようだ。アーセナル戦直後に自身インスタグラム(m10_official)を更新し、以下のように勝利を喜んでいる。 「今夜、チームの全員におめでとうを言うよ。ガナーズは素晴らしいプレーをした」 「エクトル・ベジェリンが早期に回復することを祈るよ」 なお、この投稿には自身が写っていないチームメイトが得点を喜んでいる様子の写真を添付。実際の心中がどのようなものかは定かではないが、チームの和を重んじる姿勢を見せた10番の再起を期待したいところだ。 2019.01.20 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルレジェンド、ラムジーのユーベ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判

アーセナルのレジェンドである元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏が、同クラブのウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの慰留に失敗したクラブを批判した。<br><br>2008年にカーディフ・シティから加入後、アーセナルで10年以上を過ごしてきたラムジー。しかし、今季限りとなっているクラブとの契約に関して延長交渉は進展せず、先日にはユベントス移籍が合意したことが伝えられた。<br><br>夏のフリー移籍を前にメディカルチェックを終えたとも報じられる中、ラムジーは19日に行われたプレミアリーグ第23節のチェルシー戦で先発。相手のキーマンであるジョルジーニョを潰しつつ、豊富な運動量で攻撃を活性化する好パフォーマンスを見せた。<br><br>『BT Sports』で解説を務めたキーオン氏は試合後、ラムジーの去就について、「彼が今日、攻撃時と守備時のどちらにおいても見せていたものを考えると悲しいね」とコメント。さらに、「彼が出ていくことを考えると、少し吐き気を催すほどだよ。チームが前進しようとしている中、凄く重要な一人の選手がその将来にいない」と退団が決定的な状況を嘆き、「アーセナルは彼を失った。誰がそのような決定を下したのは知らない」と、契約延長交渉から自ら降りたとも言われるクラブの判断に納得がいっていない様子だった。<br><br>5位のアーセナルは、今回の勝利で4位のチェルシーとの勝ち点差を3ポイントとし、来季チャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて大きな後押しを得ている。契約満了までチームにコミットし続ける姿勢を見せたラムジーのパフォーマンスに今後も期待がかかる。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで強いアーセナル…チェルシー撃破にエメリもご満悦「このメンタリティをアウェイ戦でも」

アーセナルのウナイ・エメリ監督は、エミレーツ・スタジアムで強さを見せ、チェルシーを撃破したチームを称えた。<br><br>19日に行われたプレミアリーグ第23節でアーセナルはホームにチェルシーを迎える。トップ4を目指すために絶対に負けられない&ldquo;ビッグロンドンダービー&rdquo;でアーセナルは序盤から積極的に試合を進める。そして14分、アレクサンドル・ラカゼットのゴールで先制に成功すると、39分にはローラン・コシールニーが追加点をマーク。後半にはチェルシーに押される展開が続くも、このままアーセナルが2-0で勝利した。<br><br>この勝利で5位アーセナルは、4位チェルシーとの勝ち点差を3にまで縮めることに成功。前節の敵地でのウェストハム戦で喫した黒星に失望をあらわにしていたエメリ監督だが、試合後の会見でチームのダービーでのメンタリティを評価した。<br><br>「落ち着いてプレーでき、非常に力強いスタートが切れた。相手のセンターバックとジョルジーニョにプレスを掛け続け、彼らのボックスの近くで素早く切り替えができ、このプレスとともにボールを持って試合をコントロールできた。それにチャンスの場面でも落ち着いて得点につなげられた。今日はすべてが我々の味方だった。メンタリティも良く、サポーターもチームを助けてくれた。このメンタリティを持ってホームでも、まだできていないアウェイでも戦っていきたい」<br><br>「全ての選手が1番に動けていた。この姿勢が上手く合わさって、攻撃の場面で機能した。彼らが60%以上もボールをポゼッションしていて、我々はボールを奪い返す必要があったが、選手たちはよく働き、彼らよりも多く走った。前半は我々の思うように試合を運べていたが、彼ら相手に90分間プレスをかけ続けることはできない。それでも、良いディフェンスができ、重要なクリーンシートになった」<br><br>また、この試合で負傷したエクトル・ベジェリンの状態についても明かした。「明日まで検査の結果を待つ必要があるが、最初の見解では膝に大きなケガを負ってしまった可能性がある。間違いであることを願っているが、ポジティブな印象ではない」<br><br>ディフェンス陣にケガ人が相次ぐ中、今冬の移籍市場でサイドバックを補強するかと問われたエメリ監督だが「我々にはエインズリー(メイトランド=ナイルズ)がいる。それに(シュテファン)リヒトシュタイナーだっている。あと、(カール)ジェンキンソンのことも忘れてはならない」と現在のメンバーで十分にやりくりできると強調した。<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦敗北のサッリが乱心 「問題は選手のメンタル」

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が選手に腹を立てた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 チェルシーは19日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節でアーセナルと対戦。4位のチェルシーとしては5位のアーセナルを直接叩く好機だったが、シュートがポストに嫌われる不運も重なり、0-2で敗れた。 これにより、チェルシーとアーセナル、そして6位マンチェスター・ユナイテッドまでの勝ち点差は「3」に。痛い敗戦を喫したサッリ監督は試合後、冒頭で「今日は選手に明確なメッセージを送りたい。英語を使って間違った伝え方をしたくないので、まずイタリア語で話をさせてもらう」と話し始め、次のように続けた。 「すごく腹が立つ。そう言わなければならない。この敗北は我々のメンタル面が問題だった。今日はメンタル面で我々より優れ、自身を持つ相手と対戦した。受け入れがたいものであり、この前のトッテナム戦もそうだった」 「ドレッシングルームにいるときは戦術面を話したい。不幸せだよ。その戦術もうまくハマらなかったが、問題の本質は選手のモチベーションを高めるのがとても難しいということだ」 「(アーセナルやユナイテッドとの)技術面にさほど差を感じないが、気持ちの面が違う。それは技術じゃ補うことのできない部分だ。彼らの強い決意は試合を通しても明白さ」 2019.01.20 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ベジェリンがまた離脱へ…チェルシー戦でヒザを負傷し担架に

アーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンが再び負傷を負った。 19日に行われたプレミアリーグ第23節のアーセナルvsチェルシーで先発出場したベジェリン。先月17日のサウサンプトン戦でふくらはぎを負傷した同選手は、前節のウェストハム戦で途中出場しおよそ1カ月ぶりに戦線に復帰していた。 そして、チェルシーとの大一番では右サイドバックで先発出場。しかし、70分手前に球際で競り合った際に左ヒザを痛めたようで、ストレッチャーに乗せられてピッチを後にしていた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、現在のところケガの具合は明らかになっていないが、様子から推測するに軽度ではない模様。アーセナルは今後、25日にFAカップ4回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。29日には次節カーディフ戦が控えている。 2019.01.20 05:42 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース