元イングランド代表MFライアン・メイソンが26歳で現役引退…頭部骨折の重傷から復帰目指すもドクターストップ…2018.02.13 23:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハル・シティは13日、クラブに所属する元イングランド代表MFライアン・メイソン(26)の現役引退を発表した。

▽メイソンは、2017年1月22日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦に先発したものの、13分にチェルシーのイングランド代表DFギャリー・ケイヒルとの競り合い時に頭をぶつけてピッチに転倒。頭部に強い打撃を受けたメイソンは意識こそあるものの、酸素吸入器による処置を受けるなど、プレー続行不可能となり、数分間に渡る治療の後に担架でピッチを後にした。

▽その後、メイソンは搬送先の病院で頭蓋骨の骨折が確認されたため、同日中に手術を受けた。そして、同月30日に退院した同選手は、復帰に向けてリハビリを開始。過去に頭部陥没骨折の重傷を負いながらも復帰して活躍するアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフらのサポートを受けて、懸命にリハビリを続けてきた同選手だが、医師との話し合いの結果、負傷から約1年後に現役引退を決断した。

▽メイソンはハル・シティの公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。

「僕は医療の専門家によるアドバイスを受けて、プロフットボールの世界から引退することを決めた」

「ピッチに戻るために一生懸命努力をしてきた。だけど、残念ながら、専門的なアドバイスを受けた今、ケガのリスクを考慮して引退しなければならなくなった」

「2017年1月、生命を脅かすようなケガから回復するのを助けてくれた多くの人たちには、永遠に感謝を抱き続けるよ。毎日隣りに居てくれたフィアンセのレイチェルにも感謝したい。彼女はどんなに厳しいときでも、僕に必要な力を与えてくれた。僕たちは完璧な息子のジョージの両親になれたことも、とても幸運だった」

「母、父、姉妹、そしてすべての家族と周囲の友人にもありがとうと伝えたい。彼らのしてくれた全てに感謝している。僕たちが直面した出来事は本当に厳しいものだったけど、みんなが自分を支え続けてくれたことに関して、その愛とサポートへ感謝を伝える言葉を選ぶのは難しいよ」

「同時にハル・シティのみんな、とりわけ僕の回復を助けてくれたドクターのマーク・ウォーラーとすべてのメディカルチームに感謝を示したい。会長や幹部の人々にも、僕の回復を忍耐強く待ってくれたことに感謝したい」

「トッテナム・ホットスパーについて話すと、あまりにも多くの名前を挙げなければならなくなるよ。特にジョン・マクダーモット、監督たち、僕の夢を叶える助けとなってくれたみんなに特別な感謝を伝えたい」

「僕は自分のクラブ、愛するクラブでプレーできたことを本当に誇りに思っている。同時にキャプテンを務められたことも、大きな名誉だった。長年ともにプレーしてきた全てのチームメートに感謝したい。個別に話したい人は本当にたくさんいるけど、みんなと一緒にプレーできたことは特権だったよ」

「最後に、自分の国を代表できたことも、誰も奪うことができない名誉だった。これまで達成してきたことを本当に誇りに思う」

「ケガをしてからの13ヶ月、ピッチに戻るために自分が持つ全てのパワーを注いできた。だから、胸を張って現役を引退するよ。僕は、最高レベルでフットボールをするために自分の人生を捧げてきたし、満足感を覚えている。これまでの努力は本当に報われたんだ!」

「試合を愛している。これからもそうだ。フットボールが次に僕をどこに連れて行ってくれるのか、楽しみだね」

▽トッテナムの下部組織出身のメイソンは2008年にトップチームデビュー。以降はヨービル・タウン、ドンカスター・ローヴァーズ、ミルウォール、ロリアン、スウィンドン・タウンと様々なクラブへの武者修行を経験。その後、2014-15シーズンにトッテナムのトップチームで中盤のレギュラーに定着すると、2015年3月に行われたイタリア代表との国際親善試合では自身唯一のイングランド代表キャップを刻んでいた。

▽しかし、トッテナムでの厳しいポジションに敗れると、2016年夏にハル・シティへ完全移籍で加入。昨シーズンは負傷離脱を強いられるまで、リーグ戦16試合に出場し1ゴールを記録していた。

▽不幸なケガによって26歳という若さで現役引退を強いられることになったメイソン。だが、ピッチを所狭しと駆け回るその熱量と、ピッチ上の誰よりも気迫のこもったプレーは多くのフットボールファンの目に焼き付いているはずだ。そして、メイソンの今後の幸運を心から願いたい。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、アルデルヴァイレルト強襲へ…クラブのDF史上最高額を準備

▽マンチェスター・ユナイテッドがトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得に動いていることがわかった。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』がユナイテッド関係筋の情報として報じている。 ▽今夏の移籍市場で守備陣の補強を希望するジョゼ・モウリーニョ監督は、新たな左サイドバックとして、ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)を注視。そして、センターバックとしてアルデルヴァイレルトに目を光らせているという。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはアルデルヴァイレルト獲得資金として5500万ポンド(約81億8000万円)を準備。同選手との延長交渉が滞るトッテナムは、2500万ポンドの契約解除条項が有効になる来夏の流失を嫌い、今夏中の売却を考慮している模様だ。 ▽以前からトッテナムとの延長交渉停滞が取り沙汰されてきたアルデルヴァイレルトは今シーズン、ハムストリングの負傷で3カ月以上も欠場が続いたが、1月27日に行われたFAカップのニューポート・カウンティ戦で戦列復帰。最終的に、公式戦21試合の出場をマークした。 ▽なお、ユナイテッドが5500万ポンドでアルデルヴァイレルトの取引を成立させた場合、同額は昨夏にベンフィカからスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ獲得時の3090万ポンド(現在のレートで約45億9000万円)を上回り、DFに投じたクラブ史上最高額になるとのことだ。 2018.05.22 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今季34ゴールのメッシが2年連続5度目のゴールデンシュー獲得!

▽20日にヨーロッパ主要リーグの全日程が終了した。この結果、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年連続5度目のヨーロッパ・ゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 ▽各国リーグでの得点数にUEFAリーグランクによって定められた係数をかけた値を算出し、ポイント数が最多だった選手に贈られるゴールデンシュー。欧州5大リーグの選手には1得点につき2ポイントが与えられるが、それ以外のリーグでプレーする選手に与えられるポイントは1得点につき1.5以下となる。 ▽熾烈を極めた2017-18シーズンのゴールデンシューに輝いたのは、今季のリーガエスパニョーラで34ゴールを記録したメッシ。昨年の37ゴールには及ばなかったものの、通算68ポイントで2年連続の受賞となった。 ▽また、次点には今季のプレミアリーグで32ゴールを記録したリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(64ポイント)、3位には同じくプレミアリーグで30ゴールを記録したトッテナムFWハリー・ケインとなった。 ▽なお、今季のヨーロッパ・ゴールデンシューのトップ10は以下の通り。 ◆2017-18ヨーロッパ・ゴールデンシュー(トップ10) 1.リオネル・メッシ(バルセロナ) 34点 68pt 2.モハメド・サラー(リバプール) 32点 64pt 3.ハリー・ケイン(トッテナム) 30点 60pt 4.チーロ・インモービレ(ラツィオ) 29点 58pt 4.マウロ・イカルディ(インテル) 29点 58pt 4.ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン) 29点 58pt 7.エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) 28点 56pt 8.クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) 26点 52pt 9.ジョナス(ベンフィカ) 34点 51pt※ 10.ルイス・スアレス(バルセロナ) 25点 50pt ※ポルトガルリーグは1得点に付き1.5ポイント 2018.05.21 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、バルサの逸材MF獲得に迫る! 今季UEFAユースリーグ制覇に貢献

▽トッテナムがバルセロナBに所属するスペイン人MFリキ・プイグ(18)の獲得に迫っているようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。 ▽現役時代にテッラーサで活躍したスペイン人DFカルロス・プイグを父に持つリキ・プイグは14歳のときにバルセロナのカンテラに加入。小柄な体躯や優れたパスセンス、ダブルタッチなどのドリブルテクニックを武器とするインテリオールは、クラブのレジェンドMFアンドレス・イニエスタを想起させる、いかにもマシア出身らしいプレースタイルだ。 ▽現在、フベニールA(U-18)を主戦場とするリキ・プイグは、今季のUEFAユースリーグでは10試合に出場し3ゴール3アシストを記録する活躍をみせ、クラブの優勝に大きく貢献。そして、今季はスペイン2部に所属するバルセロナBデビューも飾っている。 ▽前述のUEFAユースリーグでの活躍によってビッグクラブからの関心を集めるリキ・プイグに対して、バルセロナはプロ契約および来季からのバルセロナB昇格をオファーしているものの、同選手は今季限りでクラブを去る意向を示しているという。 ▽その中で最も交渉が進展しているのが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムのようだ。 2018.05.19 19:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アザールでもデ・ブライネでもない! メルテンスが推すベルギー屈指のテクニシャンが意外

▽ナポリに所属するFWドリエス・メルテンスがベルギー代表内のテクニシャンとして、意外な選手の名前を挙げた。 ▽今をときめく欧州屈指のタレント集団として脚光を浴びるベルギー代表。2014年のブラジル・ワールドカップや、2016年のユーロで共にベスト8どまりに終わるなど、主要大会で結果を残せずにいるが、ポテンシャル十分の顔ぶれが揃う。 ▽その1人であるメルテンスは、母国ベルギーメディア『RTBF』のインタビューに応対。いくつかの質問の中で、ベルギー代表で最もテクニックのある選手を問われると、トッテナムのDFヤン・ヴェルトンゲンをチョイスした。 「誰もがエデン・アザールの名前を挙げるんじゃないかな。でも、僕ならヤン・ヴェルトンゲンを推すね。彼は大柄なディフェンダーだけど、すごくテクニカルな選手なんだ」 ▽31歳のヴェルトンゲンは、2012年夏にアヤックスからトッテナムに加入。センターバックを主戦場とし、対人能力のみならず、ロングキックもドリブルにも秀でたDFとして名を馳せる。 2018.05.19 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズが聖地ウェンブリーに帰ってくる? 来季CLは新スタジアムとの併用か

▽トッテナムは来シーズンも引き続き聖地ウェンブリー・スタジアムでホームゲームを行う可能性が高いようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽昨シーズン限りでホワイト・ハート・レーンに別れを告げたトッテナムは2018-19シーズンから同スタジアムの跡地に建設している新スタジアムに移転する予定だ。そして、8月の完成に向けて急ピッチで建設工事が進んでいる。 ▽しかし、『ロンドン・イブニング・スタンダード』の伝えるところによれば、現在この工事がやや遅れており、欧州サッカー連盟(UEFA)の求める期日までに間に合うかが微妙なところだという。さらに、日程変更が可能なプレミアリーグとは異なり、チャンピオンズリーグ(CL)では日程変更や直前での会場変更が認められていない。そのため、トッテナムは保険としてCLグループステージの序盤戦でウェンブリーでの開催を考慮しているとのことだ。なお、UEFAはスタジアムの併用に関しては以前から認めている。 ▽その一方で、新スタジアムの工期が遅れると、プレミアリーグの戦いに影響があるようだ。現在、トッテナムはプレミアリーグの開幕数試合をアウェイで戦うことを、リーグ側と話し合っているという。また、スタジアム併用が認められるUEFAと異なり、プレミアリーグでは原則1シーズンを同じホームスタジアムで戦うことを義務付けられており、工期が大幅に遅れた場合は日程を組むことが非常に難しくなる。そのため、トッテナムは前述の日程と共に特例で新スタジアムとウェンブリーを併用することを、リーグ側に求めているようだ。 2018.05.19 14:36 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース