元イングランド代表MFライアン・メイソンが26歳で現役引退…頭部骨折の重傷から復帰目指すもドクターストップ…2018.02.13 23:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハル・シティは13日、クラブに所属する元イングランド代表MFライアン・メイソン(26)の現役引退を発表した。

▽メイソンは、2017年1月22日に行われたプレミアリーグのチェルシー戦に先発したものの、13分にチェルシーのイングランド代表DFギャリー・ケイヒルとの競り合い時に頭をぶつけてピッチに転倒。頭部に強い打撃を受けたメイソンは意識こそあるものの、酸素吸入器による処置を受けるなど、プレー続行不可能となり、数分間に渡る治療の後に担架でピッチを後にした。

▽その後、メイソンは搬送先の病院で頭蓋骨の骨折が確認されたため、同日中に手術を受けた。そして、同月30日に退院した同選手は、復帰に向けてリハビリを開始。過去に頭部陥没骨折の重傷を負いながらも復帰して活躍するアーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフらのサポートを受けて、懸命にリハビリを続けてきた同選手だが、医師との話し合いの結果、負傷から約1年後に現役引退を決断した。

▽メイソンはハル・シティの公式サイトを通じて以下のような声明を発表している。

「僕は医療の専門家によるアドバイスを受けて、プロフットボールの世界から引退することを決めた」

「ピッチに戻るために一生懸命努力をしてきた。だけど、残念ながら、専門的なアドバイスを受けた今、ケガのリスクを考慮して引退しなければならなくなった」

「2017年1月、生命を脅かすようなケガから回復するのを助けてくれた多くの人たちには、永遠に感謝を抱き続けるよ。毎日隣りに居てくれたフィアンセのレイチェルにも感謝したい。彼女はどんなに厳しいときでも、僕に必要な力を与えてくれた。僕たちは完璧な息子のジョージの両親になれたことも、とても幸運だった」

「母、父、姉妹、そしてすべての家族と周囲の友人にもありがとうと伝えたい。彼らのしてくれた全てに感謝している。僕たちが直面した出来事は本当に厳しいものだったけど、みんなが自分を支え続けてくれたことに関して、その愛とサポートへ感謝を伝える言葉を選ぶのは難しいよ」

「同時にハル・シティのみんな、とりわけ僕の回復を助けてくれたドクターのマーク・ウォーラーとすべてのメディカルチームに感謝を示したい。会長や幹部の人々にも、僕の回復を忍耐強く待ってくれたことに感謝したい」

「トッテナム・ホットスパーについて話すと、あまりにも多くの名前を挙げなければならなくなるよ。特にジョン・マクダーモット、監督たち、僕の夢を叶える助けとなってくれたみんなに特別な感謝を伝えたい」

「僕は自分のクラブ、愛するクラブでプレーできたことを本当に誇りに思っている。同時にキャプテンを務められたことも、大きな名誉だった。長年ともにプレーしてきた全てのチームメートに感謝したい。個別に話したい人は本当にたくさんいるけど、みんなと一緒にプレーできたことは特権だったよ」

「最後に、自分の国を代表できたことも、誰も奪うことができない名誉だった。これまで達成してきたことを本当に誇りに思う」

「ケガをしてからの13ヶ月、ピッチに戻るために自分が持つ全てのパワーを注いできた。だから、胸を張って現役を引退するよ。僕は、最高レベルでフットボールをするために自分の人生を捧げてきたし、満足感を覚えている。これまでの努力は本当に報われたんだ!」

「試合を愛している。これからもそうだ。フットボールが次に僕をどこに連れて行ってくれるのか、楽しみだね」

▽トッテナムの下部組織出身のメイソンは2008年にトップチームデビュー。以降はヨービル・タウン、ドンカスター・ローヴァーズ、ミルウォール、ロリアン、スウィンドン・タウンと様々なクラブへの武者修行を経験。その後、2014-15シーズンにトッテナムのトップチームで中盤のレギュラーに定着すると、2015年3月に行われたイタリア代表との国際親善試合では自身唯一のイングランド代表キャップを刻んでいた。

▽しかし、トッテナムでの厳しいポジションに敗れると、2016年夏にハル・シティへ完全移籍で加入。昨シーズンは負傷離脱を強いられるまで、リーグ戦16試合に出場し1ゴールを記録していた。

▽不幸なケガによって26歳という若さで現役引退を強いられることになったメイソン。だが、ピッチを所狭しと駆け回るその熱量と、ピッチ上の誰よりも気迫のこもったプレーは多くのフットボールファンの目に焼き付いているはずだ。そして、メイソンの今後の幸運を心から願いたい。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズが超逸材ライアン・セセニョン獲得に成功か! ユナイテッド、リバプールとの争奪戦制す!

▽トッテナムがフルアムに所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョン(17)の獲得に成功したようだ。フルアムOBのリロイ・ロゼニアー氏がイギリス『Totally Football Show』で来季のスパーズ入りを主張した。 ▽ベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入。昨季、16歳でトップチームデビューを飾った逸材は、公式戦31試合に出場し、7ゴール5アシストを記録した。 ▽卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左サイドバックの大器には、昨夏の移籍市場でトッテナムやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドが争奪戦を繰り広げてきたが、出場機会を優先するセセニョンは、フルアムとのプロ契約にサインし残留を決断した。 ▽だが、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で33試合12ゴール4アシストと、驚異の進化を見せ続ける逸材は、来季からマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でプレーする道を選んだようだ。 ▽ロゼニアー氏は『Totally Football Show』で、「個人的にライアンに関する契約はすでに結ばれたと思う。プレミアリーグで強い関心が報じられていたトッテナムだ。彼は夏に移籍するまでフルアムに留まるが、彼の将来はすでに描かれている。ライアンは素晴らしいポテンシャルを持ち、今後偉大なプレーヤーになるはずだ」と、セセニョンのトッテナムへの移籍交渉がすでに完了しているとの見解を示した。 ▽なお、ロゼニアー氏の発言はあくまで確定情報ではなく、クラブに近い筋の推測と思われるが、左サイドバックから徐々にポジションを上げて世界屈指のアタッカーに成長したウェールズ代表MFガレス・ベイルと共通点も少なくないセセニョンは、スパーズ加入を選んで偉大なる先達の後継を担うことになるのか。 2018.02.23 07:48 Fri
twitterfacebook
thumb

美しき友情! スパーズDFローズが引退したライアン・メイソンに公開メッセージ

▽トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズが18日に行われたロッチデール戦で、先日に頭部の負傷を理由に現役引退を発表した元イングランド代表MFライアン・メイソンにエモーショナルなメッセージを送った。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽トッテナムは18日に行われたFAカップ5回戦でリーグ1(イングランド3部)のロッチデールと対戦し、2-2のドローで試合を終えて引き分け再試合となった。 ▽トッテナムにとっては試合終了間際の失点で2ラウンド連続で下部カテゴリー相手の再試合を強いられる痛恨の結果となったが、この試合でローズが見せたある行動にスパーズサポーターは感銘を覚えている。 ▽トッテナムはこの試合の88分にMFデレ・アリがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのFWハリー・ケインが冷静に決め、一時的に逆転に成功した。 ▽このゴールセレブレーションの場面ではケインとデレ・アリを中心にスパーズの選手たちの歓喜の輪が生まれていたが、1人その輪から離れたローズはピッチサイドの中継カメラに接近。そして、ローズは中継映像を観ているであろう、かつての同僚メイソンに向けて「ライアン・メイソン!」と叫び、カメラのレンズに口づけを交わすとともに、今回のゴールを同選手に捧げた。 ▽そして、テレビを通じて古巣の試合を観戦していたメイソン本人は、ローズからのメッセージを受け取り、自身の公式ツイッターを通じて、ハートの絵文字と共に「ロージー(ローズの愛称)」と呟き、感謝を示した。 ▽17歳のときにリーズからトッテナムに加入したローズは、1つ年下で当時トッテナムのアカデミーに在籍していたメイソンとすぐさま打ち解けると、同選手がハル・シティに移籍するまで9年間苦楽を共にしてきた。 ▽そして、プレーヤーとしても人間としてもメイソンを愛していたローズは、愛するかつてのチームメートのあまりにも早すぎる引退を受けて、自身のゴールではなかったものの、チームとして奪ったゴールを捧げた。 ▽このエモーショナルなメッセージに試合内容には大いに不満を抱いたスパーズサポーターも、爽やかな気持ちでウェンブリーで行われる再試合に向けて気持ちを切り替えたことだろう。 ◆メイソンにとって何より嬉しいメッセージ https://twitter.com/Sxnheungmin/status/965282428922335232 2018.02.19 07:30 Mon
twitterfacebook
thumb

先発全入れ替えスパーズが3部相手に再試合…ルーカス・モウラ初Gも土壇場被弾で2ラウンド連続で格下に勝ち切れず《FAカップ》

▽FAカップ5回戦、ロッチデールvsトッテナムが18日に行われ、2-2のドローに終わった。この結果、トッテナムホームに移しての引き分け再試合が行われることになった。 ▽4回戦で4部のニューポート・カウンティとの再試合を制して辛くも5回戦へと駒を進めたトッテナムは、この5回戦でリーグ1(イングランド3部)のロッチデールと激突。ミッドウィークに敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦で2点差を追いつく2-2のドローと好結果を持ち帰ったポチェッティーノ監督率いるチームは、格下との対戦に加えピッチ状態が懸念されるこの一戦に向けて先発全員を変更。 ▽GKにフォルム、最終ラインにトリッピアー、フォイス、アルデルヴァイレルト、ローズ。中盤はワニャマのアンカーに、ムサ・シッソコ、ウィンクスの2インサイドハーフ、先発デビューのルーカス・モウラ、ソン・フンミンとジョレンテが3トップに入った。 ▽立ち上がりから相手のアグレッシブなプレスと肉弾戦に手を焼くトッテナムだが、時間の経過とともにルーカスとソン・フンミンの個人技でDFを剥がしながら相手ゴール前まで迫っていく。 ▽しかし、なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続くと、18分には自陣深くでのワニャマのボールロストからイアン・ヘンダーソンに枠内シュートを許す。 ▽その後、26分にはソン・フンミンが縦への突破からシュートを放ちGKが弾いたボールをムサ・シッソコが丁寧に落としてジョレンテに決定機。だが、左足に持ち替えて放った元スペイン代表のシュートは枠の右に。その直後にはトリッピアーの右からのダイレクトクロスを回収したジョレンテのマイナスパスからルーカスに初ゴールのチャンスも、シュートはクロスバーの遥か上を越えた。 ▽前半終盤にかけてもリーダーシップを取る選手と一体感を欠くトッテナムは、攻守に思ったようなパフォーマンスを見せられない。すると前半終了間際の45分にはハーフウェイライン付近でのウィンクスのボールロストから相手にショートカウンターを許し、右サイドからのキャノンのラストパスに抜け出したヘンダーソンにまさかの先制点を許した。 ▽3部相手にビハインドを負って後半に臨むことになったトッテナムは後半の立ち上がりもなかなかリズムを掴めない。54分には中央突破したウィンクスが思い切って右足を振り抜くが、これはGKの守備範囲。 ▽徐々に焦りが見せ始めるアウェイチームだが、先発デビューの新戦力が仕事を果たす。60分、相手陣内中央でボールを持ったルーカスが前線のジョレンテに預けてゴール前に走り込むと、ジョレンテの落としを受けたムサ・シッソコのスルーパスに反応したルーカスが飛び出したGKの脇を抜く左足のシュートで移籍後初ゴールを記録した。 ▽ルーカスの値千金の同点弾で試合を振り出しに戻したトッテナムは直後にウィンクスを下げてラメラを投入。この交代でより攻撃的な[4-2-3-1]の布陣に変更し、一気に逆転を目指す。 ▽さらにルーカス、ジョレンテを下げて終盤にデレ・アリ、ケインをピッチに送り込んだトッテナムはデレ・アリの個人技を軸に再三の決定機を創出。すると88分、ゴール前でルーズボールに反応したデレ・アリが相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのケインがパワフルなシュートできっちり決めきり、逆転に成功した。 ▽苦しみながらもこのゴールで勝利を確信したトッテナムだったが、試合はまだ終わらない。後半アディショナルタイム3分、相手の左サイドからのクロスをDFアルデルヴァイレルトが頭でクリアし損なうと、ファーに流れたボールをワントラップしたスティーブン・デイビスに右隅に流し込まれ、土壇場でまさかの同点ゴールを許した。 ▽この直後に試合はタイムアップを迎え、4部相手に再試合を強いられた4回戦に続きまたしても下位相手に勝ち切れなかったトッテナムは、ウェンブリーに舞台を移しての再試合を強いられることになった。 2018.02.19 03:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインがロナウジーニョ超え! CL9戦で9ゴール

▽トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインがまたひとつ偉業を成し遂げた。 ▽13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのユベントス戦で、35分にゴールを挙げたケイン。これで昨シーズンのCLデビューから9試合で9得点を奪い、レジェンドたちが持つ記録を塗り替えた。 ▽『Opta』によれば、これまでこの記録を持っていたのは、ロナウジーニョやディディエ・ドログバ、シモーネ・インザーギ、ジエゴ・コスタの4選手。彼らはCL初出場から9試合で8得点を挙げていた。 ▽また新たに記録を塗り替えたケイン。昨年はリオネル・メッシを超える年間総得点と、アラン・シアラー氏が持つプレミアリーグ年間得点記録を更新。今年に入ってからは、1月のエバートン戦でプレミアリーグ通算98得点目を挙げ、テディ・シェリンガム氏超えのクラブ新記録を樹立している。 2018.02.16 16:43 Fri
twitterfacebook
thumb

「アリの代わりはいるが、ケインは…」トッテナムOBが経済的な理由で主力の退団を予想

元トッテナムのジャーメイン・ジェナス氏は、デレ・アリは代替が効く選手で今夏に売却される可能性があるが、ハリー・ケインはもう少しクラブに残るだろうと語った。<br><br>プレミアリーグやチャンピオンズリーグで躍進を続けるトッテナムだが、多くのビッグクラブが主力選手の獲得を虎視眈々と狙っている状況が続き、現在のメンバーの引き留めに躍起している。アリも移籍市場が開くたびにビッグクラブ移籍が報じられる選手の1人であり、近い将来にクラブから離れるとジェナス氏は『GQ』のインタビューで語っている。<br><br>「デレ・アリは出ていくだろう。彼は人気のある選手だからスパーズサポーターからすれば耳を疑うような発言に聞こえるかもしれない。しかし、新スタジアムを建てるのに莫大な費用が掛かるようなら、デレはスパーズにとって代役を立てられる選手だ。彼の能力に疑いようはなく、トップチームでプレーできるだけの選手だが、彼がプレーするポジションなら代わりはいる」<br><br>アリと同じく、トビー・アルデルヴェイレルトも今夏に退団する可能性があると語ったジェナス氏だが、ストライカーのケインはあと数シーズンはチームでプレーしてくれるだろうと考えているようだ。<br><br>「誰もが知っての通り彼は最高のストライカーで、常に移籍のうわさも浮上しているが、彼は最低でも今後1、2シーズンはここでプレーするだろう。(会長の)ダニエル・レヴィが彼をこれからも引き留めようとすれば、破産を覚悟しなければならないが、彼はそれだけの価値がある唯一の選手だ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 07:23 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース