元熊本MF田島翔が所属するアメリカ4部ラスベガスシティFCの経営にFirst-Mover Foundationが参入2018.02.13 22:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽一般財団法人First-Mover Foundation(本社:大阪市中央区 以下:FMF)が、2018年からアメリカ4部相当リーグのUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCの経営に参入する事を発表した。

▽ラスベガスシティFCには、かつてロアッソ熊本でもプレーしたMF田島翔(34/写真左)が所属。FMFは、今回の業務提携により、ラスベガスシティFCへの出資、日本やヨーロッパのクラブとの提携や交流を図り、主に指導者、トレーナー、栄養士、運営スタッフを対象とする国際交流プログラムを提供することとなる。

▽ラスベガスシティFCのオーナーであるラファエル・モレノ氏は「これまでは中南米のコネクションを活用し、クラブのブランディングや強化を図ってきた。First-Mover Foundationと手を組むことにより、日本はもちろんヨーロッパの名門クラブとの関係も強化していきたい」とコメントしている。

▽また、FMFの代表理事を務める大伴龍輝氏は「当財団の北米パートナーがオフィスを構えるラスベガスにて語学とスキルを養い、若者が実践で経験を積み、実力を発揮できる場がラスベガスシティFCです。欧米で求められるスキルを養い、更なるステップアップを遂げていただきたいです」と語り、プロジェクトマネージャーの宮代幸輝氏[写真右]は「ラスベガスシティFCでの経験を通して、世界に挑戦する若者が沢山出てくることを期待しています」と展望を語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽2017年から所属する田島は、開幕戦で途中出場。シーズン中には、リーグ1位のチーム相手に左足ボレーで決勝ゴールを記録するなどチームの信頼を得て、開幕戦以外の8試合はスタメン出場。しかし、シーズン途中にケガもあり16試合のうち9試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するに終わった。

▽また、昨シーズンからユニフォームスポンサーとなった日系企業のネバダ観光サービスが継続してスポンサーに。グラウンド内外での活躍がクラブに認められた田島は、3年契約を新たに結び、ラスベガスシティFCでのプレー継続が決定している。

▽今回の業務提携に一役買った田島は「FMFのパートナーのオフィスがラスベガスにあり、その方々が僕の試合を観に来てくれました。そこから、一緒にラスベガスサッカーを盛り上げたいというようになり、昨年の秋頃からクラブのオーナーらとミーティングを重ね、今回の経営参入、業務提携に至りました」とコメント。また、「僕にとってラスベガスは集大成の場所であり、去年は悲惨な銃撃事件もありましたが、サッカーでラスベガスを盛り上げたいと思っていたので、このような形になり嬉しく思います」と語り、ラスベガスでのサッカー普及に貢献する意気込みを明かしている。

▽新シーズンに向けては「今年は去年を上回る結果を残し、さらに日本とラスベガスの交流も積極的に行なっていきたいです」と語っている。MLS(メジャーリーグサッカー)参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFC。田島のピッチ内外での活躍に加え、日本の経営参入で高みを目指す。

◆First-Mover Foundationホームページ

コメント

関連ニュース

thumb

ルーニー、MLSへ…アメリカに到着

▽エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32)のアメリカ行きが迫っている。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』が独占情報として伝えたところによれば、ルーニーはワシントンに到着。メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド入りに向け、会談とメディカルチェックに臨むという。 ▽ルーニーは、代理人のポール・ストレットフォード氏を引き連れ、DCユナイテッドの幹部らと会談。まだ移籍金を含めて取引成立に至ってないものの、早ければ2日以内にもまとまる可能性が高い模様だ。 ▽ルーニーは2017年夏、数々の栄誉を勝ち取ってきたマンチェスター・ユナイテッドに別れを告げ、古巣エバートンに復帰。プレミアリーグでチームトップの10ゴールを挙げるなど、公式戦40試合11得点3アシストを記録した。 2018.05.24 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アラダイス解任で一転…アメリカ行き噂のルーニー、エバートン残留か!?

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド移籍で基本合意に達したことが伝えられていたエバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(32)に、残留の可能性が出てきたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽5月に入って浮上したルーニーのアメリカ行きの噂。ルーニーはクラブに対して不満を持ち、クラブ側もユナイテッドでの輝かしい活躍ぶりと比べ、同選手の今シーズンの出来が満足できるほどのものではないことから放出も視野に入れていることがアメリカメディアによって報じられた。その後、イギリスメディアでもクラブの間で基本合意に達したことやルーニーがチームメイトやスタッフに別れの挨拶を行ったと伝えられたことからアメリカ行きが現実味を帯びてきている。 ▽そんな中、エバートンは16日にサム・アラダイス監督(63)を解任。『サン』によるとチームが新体制を迎えることからルーニーは交渉を保留に。アメリカ行きを決断する前に、新指揮官との話し合いを考えているという。現在、後任にはワトフォード前監督のマルコ・シウバ氏が最有力であることが伝えられているが、ルーニーはどのような決断を下すのだろうか…。 2018.05.17 16:20 Thu
twitterfacebook
thumb

メキシコ代表がピンチか? 予備登録期限が迫る中、ドス・サントス兄弟が揃って負傷

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むメキシコ代表がピンチに陥るかもしれない。メジャーリーグ・サッカー(MLS)でプレーし、チームの中心でもある2人の兄弟が揃って負傷してしまったようだ。MLS公式サイトが伝えた。 ▽ロシアW杯の参加国は、14日までに国際サッカー連盟(FIFA)に、予備登録選手35名の提出をしなくてはいけない。本大会に臨む23名は6月4日が起源となるものの、ラージリストとして35名に絞る必要がある。 ▽そんな中、メキシコ代表の中心でもあるFWジョバニ・ドス・サントスとMFジョナタン・ドス・サントス(ともにロサンゼルス・ギャラクシー)が負傷してしまったようだ。 ▽ジョバニ・ドス・サントスは、軽い打撲とのことで、12日に行われたFCダラスの試合のメンバー外となっていた。一方のジョナタン・ドス・サントスは、FCダラス戦に先発出場。しかし、49分に負傷。56分に交代していた。 ▽メキシコは、グループFに属し、前回大会王者のドイツ代表、イタリア代表を欧州予選プレーオフで敗って出場を決めたスウェーデン代表、そしてアジア予選を勝ち抜いた韓国代表と同居。ドス・サントス兄弟が不在となるようであれば、厳しい戦いが待っているかもしれない。 2018.05.13 09:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ルーニー移籍の噂が浮上したDCユナイテッド指揮官「何もない」と語るも…

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドで指揮を執るベン・オルセン監督は、エバートンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーへの興味を認めた。アメリカ『TMZスポーツ』が報じた。 ▽イングランド代表の得点記録を持つルーニーは、2017年7月にマンチェスター・ユナイテッドから自身が育ったエバートンへと移籍。開幕2戦連続ゴールなど、復活が期待された中、最終節を残した時点で31試合に出場し10ゴールを記録している。 ▽エバートンのサム・アラダイス監督は、ルーニーが移籍を求めていないと語っていたものの、DCユナイテッドとルーニーの間に話し合いが持たれていたと報じられていた。 ▽そんな中、DCユナイテッドのオルセン監督がルーニーへの興味を認めたものの、契約を結ぶまでは遠い道程があると語った。 「何について話しているのか、私にはわからない」 「確実なことは、契約については何も行われていないということだ。しかし、そこにはいくつかの関心がある」 2018.05.12 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

MLSの給与ランキングが発表! 1位はジョビンコ、気になるイブラは…

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)は10日、2018-19シーズンの選手の給与ランキングを発表した。 ▽元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッドからロサンゼルス・ギャラクシーへと加入するなど、話題を呼んでいる今シーズンのMLS。その他にも、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(シカゴ・ファイアー)や元スペイン代表FWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC)、メキシコ代表MFジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー)など、欧州でも活躍した選手が多くプレーしている。 ▽そんなMLSの給与ランキングが発表。ベース給与ではシュバインシュタイガーが最高で610万ドル(約6億6700万円)となったが、トータルの報酬では元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(トロントFC)の711万5555ドル(約7億7900万円)となった。なお、イブラヒモビッチは150万ドル(約1億6400万円)となっており、トータルで25位タイだった。 <span style="font-weight:700;">◆MLSサラリーランキング</span> 1位:セバスティアン・ジョビンコ(トロントFC) 711万5555ドル67セント(約7億7900万円) 2位:マイケル・ブラッドリー(トロントFC) 650万ドル(約7億110万円) 3位:カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC) 629万2500ドル(約6億8800万円) 4位:バスティアン・シュバインシュタイガー(シカゴ・ファイアー) 610万ドル8セント(約6億6700万円) 5位:ジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー) 600万ドル(約6億5600万円) 6位:ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティFC) 561万ドル(約6億1400万円) 7位:ジョジー・アルティドール(トロントFC) 500万ドル(約5億4700万円) 8位:イグナシオ・ピアッティ(モントリオール・インパクト) 471万3333ドル37セント(約5億1600万円) 9位:ティム・ハワード(コロラド・ラピッズ) 247万5000ドル(約2億7100万円) 10位:ディエゴ・バレリ(ポートランド・ティンバーズ) 238万ドル(約2億6000万円) 2018.05.12 13:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース