元熊本MF田島翔が所属するアメリカ4部ラスベガスシティFCの経営にFirst-Mover Foundationが参入2018.02.13 22:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽一般財団法人First-Mover Foundation(本社:大阪市中央区 以下:FMF)が、2018年からアメリカ4部相当リーグのUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCの経営に参入する事を発表した。

▽ラスベガスシティFCには、かつてロアッソ熊本でもプレーしたMF田島翔(34/写真左)が所属。FMFは、今回の業務提携により、ラスベガスシティFCへの出資、日本やヨーロッパのクラブとの提携や交流を図り、主に指導者、トレーナー、栄養士、運営スタッフを対象とする国際交流プログラムを提供することとなる。

▽ラスベガスシティFCのオーナーであるラファエル・モレノ氏は「これまでは中南米のコネクションを活用し、クラブのブランディングや強化を図ってきた。First-Mover Foundationと手を組むことにより、日本はもちろんヨーロッパの名門クラブとの関係も強化していきたい」とコメントしている。

▽また、FMFの代表理事を務める大伴龍輝氏は「当財団の北米パートナーがオフィスを構えるラスベガスにて語学とスキルを養い、若者が実践で経験を積み、実力を発揮できる場がラスベガスシティFCです。欧米で求められるスキルを養い、更なるステップアップを遂げていただきたいです」と語り、プロジェクトマネージャーの宮代幸輝氏[写真右]は「ラスベガスシティFCでの経験を通して、世界に挑戦する若者が沢山出てくることを期待しています」と展望を語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽2017年から所属する田島は、開幕戦で途中出場。シーズン中には、リーグ1位のチーム相手に左足ボレーで決勝ゴールを記録するなどチームの信頼を得て、開幕戦以外の8試合はスタメン出場。しかし、シーズン途中にケガもあり16試合のうち9試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するに終わった。

▽また、昨シーズンからユニフォームスポンサーとなった日系企業のネバダ観光サービスが継続してスポンサーに。グラウンド内外での活躍がクラブに認められた田島は、3年契約を新たに結び、ラスベガスシティFCでのプレー継続が決定している。

▽今回の業務提携に一役買った田島は「FMFのパートナーのオフィスがラスベガスにあり、その方々が僕の試合を観に来てくれました。そこから、一緒にラスベガスサッカーを盛り上げたいというようになり、昨年の秋頃からクラブのオーナーらとミーティングを重ね、今回の経営参入、業務提携に至りました」とコメント。また、「僕にとってラスベガスは集大成の場所であり、去年は悲惨な銃撃事件もありましたが、サッカーでラスベガスを盛り上げたいと思っていたので、このような形になり嬉しく思います」と語り、ラスベガスでのサッカー普及に貢献する意気込みを明かしている。

▽新シーズンに向けては「今年は去年を上回る結果を残し、さらに日本とラスベガスの交流も積極的に行なっていきたいです」と語っている。MLS(メジャーリーグサッカー)参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFC。田島のピッチ内外での活躍に加え、日本の経営参入で高みを目指す。

◆First-Mover Foundationホームページ

コメント

関連ニュース

thumb

元フランス代表DFサーニャがMLSのモントリオールに加入!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するモントリオール・インパクトは8日、元フランス代表DFバカリ・サーニャ(35)の加入を発表した。契約は今シーズン終了までとなるが、翌シーズンの契約延長オプションが付随している。なお、正式加入はメディカルチェックと国際移籍証明書の発行後となる。 ▽サーニャと同じアーセナルに在籍経験がある元フランス代表DFのレミ・ガルド監督はレ・ブルーとアーセナルの後輩の加入を心から歓迎している。 「バカリの加入を心から嬉しく思っている」 「彼は本当に素晴らしい経歴を持っており、高いモチベーションを持ってここに来てくれる。同時にシーズン終了まで我々の大きな助けとなるはずだ。彼のキャラクターや経験は我々のチームに大きなプラス要素をもたらすと確信している」 ▽ユース時代を過ごしたオセールでプロキャリアをスタートさせたサーニャは、2007年夏にアーセナル入り。アーセナルでは、長年不動の右サイドバックとして活躍し、通算285試合に出場。2013-14シーズンにはFAカップ優勝に貢献した。 ▽その後、2014年夏にフリーで加入したマンチェスター・シティでは公式戦86試合に出場し、2015-16シーズンにはリーグカップを制覇。今年2月には当時セリエA最下位に沈んでいたベネヴェントにシーズン終了までの契約でプレーしていた。 2018.08.09 14:12 Thu
twitterfacebook
thumb

ミッティランの元アメリカ代表GKハミドが半年でDCユナイテッドに復帰

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドは9日、デンマークのミッティランに所属する元アメリカ代表GKビル・ハミド(27)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年半となる。 ▽ハミドは、DCユナイテッドの下部組織出身で2009年8月にトップチームに昇格。2018年1月にミッティランへフリートランスファーで移籍していた。 ▽2017-18シーズンはデンマーク・スーペルリーガのプレーオフで1試合に出場。今シーズンはチャンピオンズリーグの予選でベンチ入りしていたものの、出場はなかった。 ▽DCユナイテッドでは公式戦通算200試合に出場。わずか半年での復帰となった。 2018.08.09 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル会長のトヒル氏がMLSから撤退…ルーニー所属のDCユナイテッドの株を売却

▽インテルの会長でもあるエリック・トヒル氏が、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッドの持ち株を売却した。 ▽トヒル氏は、6年前にDCユナイテッドの株を購入。スウォンジーの代表でもあるジェイソン・レビン氏とともに、78%の株式を取得。しかし、今回トヒル氏はDCユナイテッドの株式を売却し、レビン氏が引き継ぐ形となった。これにより、トヒル氏はMLSから撤退することとなった。 ▽DCユナイテッドは、今年7月に新スタジアムであるアウディ・フィールドが完成。さらには、エバートンから元イングランド代表FWウェイン・ルーニーを獲得しており、チームの発展にトヒル氏は大きな貢献をしていた。 2018.08.09 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ下部組織出身のセルタDFフォンタスがMLSのスポルティング・カンザスシティへ完全移籍

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のスポルティング・カンザスシティは8日、セルタのスペイン人DFアンドレウ・フォンタス(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ▽フォンタスは、バルセロナのカンテラ出身で、2011年3月にトップチームに昇格。公式戦16試合に出場し1ゴール1アシストを記録した。その後はマジョルカへのレンタルを経験し、2013年7月にセルタへと完全移籍した。 ▽セルタではレギュラーのセンターバックとしてプレー。公式戦通算121試合に出場し3ゴール2アシストを記録。2017-18シーズンは出場機会を減らし、リーガエスパニョーラで12試合に出場、コパ・デル・レイで4試合に出場していた。 ▽スペイン代表の招集歴はないものの、世代別代表ではプレー。スポルティング・カンザスシティに所属するMFイリエ・サンチェス(27)とは、バルセロナのカンテラ時代でプレーしていた。 ▽なお、スポルティング・カンザスシティは、リーグ機構から補強資金が分配される制度(Targeted Allocation Money)を利用してフォンタスを獲得したと発表。契約期間は2022年までとなり、国際移籍証明書とビザが下り次第選手登録される。 2018.08.09 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラがMLSで初のハット達成! ヘッド2発に決勝点は胸トラップからの強烈な右足

▽メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(LAギャラクシー)vsオーランド・シティが現地時間29日に行われ、ホームのLAギャラクシーが4-3で勝利した。そして、この試合ではLAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが移籍後初のハットトリックを達成した。 ▽打ち合いとなった試合はアウェイのオーランドが2-1のスコアで前半を終える。だが、後半に絶好調のイブラヒモビッチが目を覚ます。47分、左サイドでFWジョバニ・ドス・サントスからのクロスをゴール前に入り込んだイブラヒモビッチが頭で豪快に流し込み、同点に追いつく。 ▽54分にはオーランドに勝ち越しゴールを許すも、67分にはカウンターからMFオラ・カマラの低いクロスをゴール左に走り込んだイブラヒモビッチがダイビングヘッドで合わせ、再びヘディングで貴重な同点ゴールを奪った。この2ゴールで完全に乗ったエースFWは71分、左サイドからのクロスをゴール前で相手DFがクリアしたボールにファーで反応。得意の胸トラップから一度バウンドさせたボールを強烈な右足のハーフボレーで叩き込み、自身移籍後初のハットトリックでチームを勝利に導く決勝点を記録した。 ▽なお、今季ここまで17試合出場で15ゴールを大爆発中のイブラヒモビッチは得点ランキングの2位に浮上したものの、得点ランキング1位のアタランタ・ユナイテッドのベネズエラ代表FWホセフ・マルティネスはここまで24ゴールと驚異的なペースでゴールを量産中だ。 ロサンゼルス・ギャラクシー 4-3 オーランド・シティ 【LAギャラクシー】 ジョバニ・ドス・サントス(前39) イブラヒモビッチ(後2) イブラヒモビッチ(後22) イブラヒモビッチ(後26) 【オーランド】 イギータ(前18) OG(前44) ドワイヤー(後9) ◆ズラタンの移籍後初のハットトリック! https://www.youtube.com/watch?v=rX8TtPDlSQI 2018.07.30 15:01 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース