元熊本MF田島翔が所属するアメリカ4部ラスベガスシティFCの経営にFirst-Mover Foundationが参入2018.02.13 22:34 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
▽一般財団法人First-Mover Foundation(本社:大阪市中央区 以下:FMF)が、2018年からアメリカ4部相当リーグのUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCの経営に参入する事を発表した。

▽ラスベガスシティFCには、かつてロアッソ熊本でもプレーしたMF田島翔(34/写真左)が所属。FMFは、今回の業務提携により、ラスベガスシティFCへの出資、日本やヨーロッパのクラブとの提携や交流を図り、主に指導者、トレーナー、栄養士、運営スタッフを対象とする国際交流プログラムを提供することとなる。

▽ラスベガスシティFCのオーナーであるラファエル・モレノ氏は「これまでは中南米のコネクションを活用し、クラブのブランディングや強化を図ってきた。First-Mover Foundationと手を組むことにより、日本はもちろんヨーロッパの名門クラブとの関係も強化していきたい」とコメントしている。

▽また、FMFの代表理事を務める大伴龍輝氏は「当財団の北米パートナーがオフィスを構えるラスベガスにて語学とスキルを養い、若者が実践で経験を積み、実力を発揮できる場がラスベガスシティFCです。欧米で求められるスキルを養い、更なるステップアップを遂げていただきたいです」と語り、プロジェクトマネージャーの宮代幸輝氏[写真右]は「ラスベガスシティFCでの経験を通して、世界に挑戦する若者が沢山出てくることを期待しています」と展望を語った。
(C)CWS Brains,LTD.
▽2017年から所属する田島は、開幕戦で途中出場。シーズン中には、リーグ1位のチーム相手に左足ボレーで決勝ゴールを記録するなどチームの信頼を得て、開幕戦以外の8試合はスタメン出場。しかし、シーズン途中にケガもあり16試合のうち9試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するに終わった。

▽また、昨シーズンからユニフォームスポンサーとなった日系企業のネバダ観光サービスが継続してスポンサーに。グラウンド内外での活躍がクラブに認められた田島は、3年契約を新たに結び、ラスベガスシティFCでのプレー継続が決定している。

▽今回の業務提携に一役買った田島は「FMFのパートナーのオフィスがラスベガスにあり、その方々が僕の試合を観に来てくれました。そこから、一緒にラスベガスサッカーを盛り上げたいというようになり、昨年の秋頃からクラブのオーナーらとミーティングを重ね、今回の経営参入、業務提携に至りました」とコメント。また、「僕にとってラスベガスは集大成の場所であり、去年は悲惨な銃撃事件もありましたが、サッカーでラスベガスを盛り上げたいと思っていたので、このような形になり嬉しく思います」と語り、ラスベガスでのサッカー普及に貢献する意気込みを明かしている。

▽新シーズンに向けては「今年は去年を上回る結果を残し、さらに日本とラスベガスの交流も積極的に行なっていきたいです」と語っている。MLS(メジャーリーグサッカー)参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFC。田島のピッチ内外での活躍に加え、日本の経営参入で高みを目指す。

◆First-Mover Foundationホームページ
コメント
関連ニュース
thumb

ファン・デル・ヴィールがトロント退団をインスタで発表「スタッフたちとのズレが生じた」

元オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィール(30)が自身のインスタグラムでトロントを退団することを明かした。 アヤックス出身のファン・デル・ヴィールは、パリ・サンジェルマンやフェネルバフチェ、カリアリでプレーした後、昨年2月にメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のトロントに入団。昨シーズンはリーグ戦27試合、CONCACAFチャンピオンズリーグで6試合に出場した。 2年契約であったものの、1年での退団を決意した元オランダ代表DFは、退団の理由を以下のように説明している。 「1年目は浮き沈みはあったけど、楽しさを再発見することができたし新しいシーズンが待ち切れなかった。だけど2年目は来ない。コーチングスタッフたちとのズレが生じたんだ」 「僕は結果なんて気にせずただ勝ちたかった。でもそのメンタリティが彼らにとってすこし大き過ぎたんだろう。彼らは僕を必要としないことを決めたんだ」 「チームメイトやファンと会えなくなるのはさみしいよ。ここは僕がホームと呼べる場所だった」 2019.01.24 16:59 Thu
twitterfacebook
thumb

MLSに27番目の新クラブ誕生! オースティンFC、2021年から参入

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)は15日、オースティンFCが設立され、2021シーズンから27番目のクラブとして参入することを発表した。 オースティンFCの本拠地はテキサス州のオースティン。同州にはすでにFCダラスとヒューストン・ダイナモがあり、オースティンFCは3つ目のクラブとなるが、オースティンでは主要プロスポーツリーグで初のプロチームになる。 クラブは今年から新スタジアムの建設を開始。予算は2億2500万ドル(約243億円)で、2万人収容のスタジアムになるという。 2019.01.16 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー、新監督にボカを辞任したスケロット氏を招へい

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは2日、新監督にギジェルモ・バロス・スケロット氏(45)を招へいしたことを発表した。 現役時代、ボカ・ジュニアーズで約10年間にわたってプレーし、15個のタイトルを獲得した同クラブのレジェンドであるスケロット監督は、2016年3月にボカの監督に就任。2016-17シーズン、2017-18シーズンと国内リーグを連覇に導いた。 しかし、13試合を消化した今季は首位のラシンと12ポイント差の6位と苦戦。また、昨年12月行われたコパ・リベルタドーレス決勝でもリーベル・プレートに敗戦すると、同月15日に監督を辞任していた。 2019.01.03 03:30 Thu
twitterfacebook
thumb

モントリオール、今夏加入の元フランス代表DFサーニャと2019年まで契約延長

▽メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するモントリオール・インパクトは25日、元フランス代表DFバカリ・サーニャ(35)と2019年まで契約延長したことを発表した。 ▽サーニャと同じアーセナルに在籍経験がある元フランス代表DFのレミ・ガルド監督は、レ・ブルーとアーセナルの後輩の契約延長について以下のようにコメントしている。 「バカリと共にこれからもチームの発展に尽力できることを嬉しく思っている。彼は2018年シーズンの後半で大きな役割を果たしてくれた。そして、新シーズンでも彼はクラブにとって重要な戦力の一部となるだろうね」 ▽ユース時代を過ごしたオセールでプロキャリアをスタートさせたサーニャは、2007年夏にアーセナル入り。アーセナルでは、長年不動の右サイドバックとして活躍し、通算285試合に出場。2013-14シーズンにはFAカップ優勝に貢献した。 ▽その後、2014年夏にフリーで加入したマンチェスター・シティでは公式戦86試合に出場し、2015-16シーズンにはリーグカップを制覇。今年2月には当時セリエA最下位に沈んでいたベネヴェントにシーズン終了までの契約でプレー。2018年8月から加入したモントリオール・インパクトでは、MLSで9試合に出場し1ゴールを記録していた。 2018.12.26 02:20 Wed
twitterfacebook
thumb

MLS王者アトランタ・ユナイテッドが新監督にフランク・デ・ブール氏を招へい

▽メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するアトランタ・ユナイテッドは23日、新監督にフランク・デ・ブール氏(48)を招へいしたことを発表した。契約期間などは発表していないが、複数年契約と明かしている。 ▽2018年シーズンのMLSで初優勝を飾ったアトランタ・ユナイテッドは、18日に2016年から指揮を執るヘラルド・マルティーノ監督の退任を発表していた。 ▽その後任としてアトランタ・ユナイテッドの指揮官に就任したフランク・デ・ブール氏は、2007年に、現役時代にプロデビューを果たした古巣アヤックスのユースチームの監督に就任し、指導者としてのキャリアをスタート。その後は、オランダ代表のアシスタントコーチも兼任し、2011年にアヤックスの監督に就任すると、初年度からエールディビジ4連覇を成し遂げた。 ▽2016年8月からはロベルト・マンチーニの後任としてインテルの監督に就任。しかし、就任から14試合で5勝2分け7敗と結果を残せず、同年11月に解任。その後、2017年6月にはクリスタル・パレスの監督に就任したが、開幕4連敗を喫してわずか77日間で解任され、現在はフリーとなっていた。 2018.12.24 03:05 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース