インテルDFミランダ、左足負傷で次節ジェノア戦を欠場か…2018.02.13 22:31 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのブラジル代表DFミランダが、17日に行われるセリエA第25節のジェノア戦を欠場する可能性があることがわかった。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽ミランダは、11日に行われたセリエA第24節のボローニャ戦に先発出場したが、前半のみのプレーで交代していた。そして、13日に行われた検査の結果、左大腿部の内転筋に張りがあることが判明した。

▽インテルは、クラブの公式サイトでミランダの状態について以下のようにコメントしている。

「今朝、ロッツァーノの病院でミランダの検査が行われ、左大腿部の内転筋に張りがあることが判明した。今後、ミランダは個別のメニューを行い、数日後に再検査を行う予定だ」

コメント

関連ニュース

thumb

ザッケローニ、C・ロナウドの苦戦を予想「リーガのようにはいかない」

元日本代表監督で現在、UAE(アラブ首長国連邦)の指揮官を務めるアルベルト・ザッケローニが、イタリア紙『イル・マッティーノ』のインタビューに応じた。ユベントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドについて自身の見解を示している。<br><br>■1年目のC・ロナウドを不安視ブラジル・ワールドカップで日本代表を率いたイタリア人指揮官は、C・ロナウドでもセリエAへの適応に手を焼くだろうと予想した。<br><br>「セリエAのピッチではより多くの問題に直面するだろう。(ミシェル)プラティニだって1年目は苦しんでいた。C・ロナウドがゴールを量産するとは限らない。むしろ私はリーガ(エスパニョーラ)と同じようにゴールを決めることは、イタリアではできないと考えている」<br><br>■ナポリやインテルがユーベの対抗馬?続いてザックは、ナポリについても言及。ナポリは今夏、イタリア人の名将カルロ・アンチェロッティを招へいし、話題となった。アンチェロッティ率いるナポリが8連覇を狙うユベントスの対抗馬になると指摘している。<br><br>「ナポリにもナポリの&ldquo;ロナウド&rdquo;がいる。アンチェロッティは絶対プレミアリーグに行き、イギリスの強豪を率いると思っていた。ところが彼が選んだのは(アウレリオ)デ・ラウレンティスのプロジェクトだった。何か魅力的なものがあったのだろう。昨シーズンは91ポイントを稼いだチームだ。それにチームのメンバーもほぼ変わっていない。当然、スクデット争いの有力なライバルと言える。それでも指揮官や戦術が変わった後は不透明な部分もある。最強監督の1人であるとはいえ、新監督には時間を与えなければならない」<br><br>また元日本代表指揮官は、ルチアーノ・スパレッティのインテルが3番手に来ると予想している。<br><br>「ナポリの次にはインテルが来るだろう。私は中国にいたことがあるので、蘇寧を知っているが、巨大な企業だ。イタリアに来て、ただ姿を見せるだけではないと思っていた。確かにメルカートは10点満点だった。だがルチアーノ・スパレッティは、ネラッズーリの慢性的な病、つまり好不調の波と闘わねばならない。このメンタル面の問題をクリアできれば、最後まで首位争いに残るだろう」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.17 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、マドリー残留が濃厚に…インテルの最終オファーもペレス会長が拒否

インテルは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの代理人を通じ、レアル・マドリーに最終オファーを提示した。だがレアルは再びオファーを拒否したと、イタリアメディア『スカイスポーツ』が16日、報じている。<br><br>モドリッチは今夏、同胞のMFイバン・ペリシッチやMFマルセロ・ブロゾビッチが所属するインテルへの移籍を希望していると伝えられた。インテルは、レアル・マドリーに対し何度もオファーを続けてきたが、今夏世界最高峰のFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスへと手放した事情もあり、フロレンティーノ・ペレス会長はモドリッチのインテル移籍を認めなかったようだ。選手の代理人を通して、最後のオファーを提示したが、ペレス会長を納得させることはできなかったという。<br><br>セリエAの移籍市場は、現地時間の17日20時をもって終了する。このため、期限間際の急展開も見込めない状況となっている。クロアチアの主将は新シーズンもレアル・マドリーでプレーすることが濃厚となった。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.17 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、インテル移籍は「時間の問題」!? 代理人が主張

▽レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(32)のインテル移籍の可能性は、まだ残っているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽インテルは最近マドリーで不動の地位を築き、新シーズンも同クラブの中核を担うとされるクロアチア代表MFルカ・モドリッチの獲得に突如名乗りを挙げた。これに対して、モドリッチ自身も移籍へ前向きに考慮していると伝えられたことから加熱。しかし、先日スペイン『マルカ』は、マドリーがモドリッチに対して、クラブ最高給取りのウェールズ代表MFガレス・ベイルに次ぐ好報酬スペイン代表DFセルヒオ・ラモスと同額のサラリーを提示し、新契約を締結したと報じられたことで、マドリー残留が決定的と見られている。 ▽そんな中、ルカ・モドリッチの代理人は、同選手のインテル移籍が「時間の問題」であるとコメントしている。 「いかなる理由であっても、モドリッチはインテルでセリエAのスターになりたいと思っている。遅かれ早かれ、彼はイタリアでプレーすると思うよ」 「彼の世代のクロアチア人の多くは、イタリアサッカーを観て育ったんだからね」 2018.08.15 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、7季ぶりのCLへ導いたスパレッティ監督と2021年まで契約延長

▽インテルは14日、ルチアーノ・スパレッティ監督(59)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 ▽スパレッティ監督は、ウディネーゼやゼニト、ローマの監督を歴任し、昨夏にインテルの指揮官に就任。昨シーズンのインテルは開幕から好調を示し、最終的には4位でシーズンを終え、7シーズンぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得していた。 ▽インテルとの新契約にサインしたスパレッティ監督は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「契約延長のチャンスをくれたチャンファミリーとクラブに感謝している」 「私はインテルというビッグクラブで一緒に戦っていきたいと常に思っていた。だから、今回のサインはそれを互いに確認しただけのことなんだ」 2018.08.15 00:32 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ジョアン・マリオに興味か

▽セビージャが、インテルのポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)に興味を示していると『フットボールイタリア』が報じた。 ▽先のロシア・ワールドカップでもポルトガル代表の10番として全4試合に出場したジョアン・マリオ。2016年夏からインテルに在籍しているものの、目立った活躍が出来ず、昨シーズン後半は、ウェストハムにレンタル移籍していた。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は今季もジョアン・マリオを戦力として考えていない模様。ウェストハムが買い取りオプションを行使する可能性も伝えられたが、プレミアリーグの移籍市場が閉幕したためその線は消滅。 ▽そんな中、フランス代表MFスティーブン・エンゾンシ(29)の去就が不透明なセビージャが、代役としてジョアン・マリオに興味。しかし、日本代表MF乾貴士所属のベティスも関心を示しており、争奪戦になることが予想されている。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日まで、リーガエスパニョーラは31日までとなっている。 2018.08.14 17:27 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース