インテルDFミランダ、左足負傷で次節ジェノア戦を欠場か…2018.02.13 22:31 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルのブラジル代表DFミランダが、17日に行われるセリエA第25節のジェノア戦を欠場する可能性があることがわかった。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽ミランダは、11日に行われたセリエA第24節のボローニャ戦に先発出場したが、前半のみのプレーで交代していた。そして、13日に行われた検査の結果、左大腿部の内転筋に張りがあることが判明した。

▽インテルは、クラブの公式サイトでミランダの状態について以下のようにコメントしている。

「今朝、ロッツァーノの病院でミランダの検査が行われ、左大腿部の内転筋に張りがあることが判明した。今後、ミランダは個別のメニューを行い、数日後に再検査を行う予定だ」

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、1年半ぶりの「10番」誕生へ。期待の新人が契約間近

▽インテルがFWラウタロ・マルティネスの獲得を目前にしている。イタリア複数メディアが伝えた。 ▽アルゼンチンのラシン・クラブに所属する20歳のラウタロ・マルティネスは、シーズン中からインテル移籍が確実と報じられていた。実際にこの移籍は完了へと向かっており、現地時間24日夜に選手はミラノ・マルペンサ空港に到着している。 ▽一夜明けて25日、ラウタロ・マルティネスはメディカルチェックを受ける予定。ここで問題が生じなければ、正式にインテルの一員となるはずだ。 ▽インテルは期待の新人に「10番」のユニフォームを用意した模様。2017年1月にFWステファン・ヨベティッチを放出してから空いていたエースナンバーを託すという。 ▽ロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表の候補メンバーに入りながらも23人には残れなかったラウタロ・マルティネス。イタリアで周囲の期待に応えられるだろうか。 2018.05.26 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、イカルディに44億円+モラタのオファー?

▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)にチェルシー移籍の可能性が浮上した。スペイン『Cadena Ser』が伝えている。 ▽プレミアリーグ連覇どころか、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権も逃したチェルシー。その中で、アントニオ・コンテ監督の希望により、昨夏にレアル・マドリーから加入したスペイン代表FWアルバロ・モラタも期待に応えられず、苦しいシーズンを過ごした。 ▽既報によれば、イタリア復帰を希望しているモラタは最近、古巣ユベントスの首脳陣と会談。チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏は、コンテ監督の解任に伴い、モラタの放出も検討しており、後釜としてインテルの点取り屋に目を光らせているという。 ▽インテルは、そのイカルディの移籍金として1億1000万ユーロ(約140億8000万円)を要求。だが、この額に難色を示すチェルシーは、移籍金3500万ユーロ(約44億8000万円)に加えて、モラタを差し出すことで、高額な移籍金の捻出を避けたい思惑がある模様だ。 ▽また、現時点でインテルにイカルディ売却の意思はないものの、最終決定権は選手自身にある様子。インテルのルチアーノ・スパレッティは最近、「退団を希望する者を止めることはできない。様子を見よう。自信はあるけどね」と語っている。 2018.05.25 16:05 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシア、インテルからコンドグビアを完全移籍で獲得! 32億円の買取OPを行使

▽バレンシアは24日、インテルからレンタル移籍で加入していたフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使し完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となり、契約解除金は8000万ユーロ(約102億8000万円)に設定された。 ▽なお、スペイン『アス』の伝えるところによれば、買い取りの費用は2500万ユーロ(約32億1000万円)となった模様だ。 ▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、公式戦84試合に出場し3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となり、昨夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで放出されていた。 ▽しかし、今季のバレンシアではマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下、キャプテンのMFダニエル・パレホと共に[4-4-2]のセントラルMFのレギュラーを務めると、リーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。持ち味の強靭なフィジカルとダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。 2018.05.24 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、右SH補強を画策…本命はヴィオラの若きイタリア代表

▽インテルが右サイドハーフの入れ替えを検討しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽同紙は新シーズンに向けたインテルのターゲットとして5人の名前を挙げた。イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)、イタリア代表FWマッテオ・ポリターノ(サッスオーロ)、オランダ代表FWユースティン・クライファート(アヤックス)、イタリア代表FWシモーネ・ヴェルディ(ボローニャ)、そしてイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)だ。 ▽その中でインテルが最も獲得したいのはキエーザだとされている。ただ、フィオレンティーナ首脳陣は同選手をベースに来季のチームづくりを始めたいと考えており、引き抜きは簡単ではない。 ▽インテルはイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバに対してチェルシーが興味を持っていると伝えられており、こちらの取引に動きがあれば、キエーザ獲得交渉が進む可能性はある。 ▽フィオレンティーナはキエーザの移籍金を6000万ユーロ(約78億円)に設定しているが、同紙によると5000万ユーロまでは下がると予想した。ただ、それでも残留の可能性が高いようで、『ガゼッタ』はフィオレンティーナ残留が40%、インテル移籍は30%、ナポリが20%、ミランが10%と予想している。 ▽そのほかのインテルの右サイドハーフ候補は、ポリターノが40%、ヴェルディが40%、クライファートが30%でインテルへ行くと予想。ベラルディについてはローマ移籍が50%、サッスオーロ残留が30%で、その他が20%という予想だった。 ▽キエーザはフィオレンティーナの下部組織で育った20歳の若手で、今季の活躍が認められてイタリアA代表デビューも済ませている。父が元イタリア代表のエンリコ・キエーザ氏ということで早くから注目を集めていたが、その期待を裏切らない成長を見せているところだ。 2018.05.23 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セリエA観客は増加傾向、ユベントス&インテルは大声援の後押し受ける

▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、今季のセリエAの観客数のデータを紹介した。 ▽ホームゲーム1試合平均の観客数が最も多かったのはインテルで5万7529人。ミラノダービーとユベントス戦では満員にもなっている。ミランが5万2690人で続き、3位がナポリで4万3050人だった。 ▽7連覇を達成したユベントスは、1試合平均3万8948人で4位だ。それでも、「平均観客数÷キャパシティ」は94%で、20チーム中トップだった。こちらは2位がSPALで93%、3位がカリアリで91%だ。 ▽地元トリノに限らず全国的にユベントスが人気だということは、今年のデータでも明らかだった。各会場のシーズン最多観客試合が対ユベントスというクラブは「11」。2番手がインテルの「3」という事実からも、圧倒的な差があったことがうかがえる。 ▽最も空席が目立ったのはキエーボvsボローニャ。「観客数÷キャパシティ」が23%だった。キエーボは「平均観客数÷キャパシティ」が38%で20チーム中ワーストとなっている。 ▽巨大なオリンピコを本拠地とするラツィオは、キエーボに次ぐワースト2位の47%となっている。ただ、チームの好調はファンをスタジアムに向かわせており、シーズン終盤に向けて観客数は右肩上がりとなった。 ▽『ガゼッタ』によると、全体としての観客動員数は前年比で10%増えたとのこと。良い流れを来季以降につなげられるだろうか。 2018.05.23 06:30 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース