柏、韓国王者に逆転負け発進…前半にハモン&江坂弾も後半3失点《ACL2018》2018.02.13 21:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽柏レイソルは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループE第1節で全北現代(韓国)のホームに乗り込み、2-3の逆転負けを喫した。

▽3年ぶりのACL参戦となる柏。初戦は、その太陽王にとって、過去6度の対戦で5勝1分けと相性の良い全北現代が相手となる。Kリーグ王者との一戦に向けては、新加入の亀川が公式戦初先発。そのほか、古巣対戦となるキム・ボギョンもボランチの一角でスタメンに名を連ねている。

▽敵地での一戦ということもあり、守備的な立ち上がりを見せた柏。カウンターから韓国王者の隙を突く。10分、自陣左寄りの大谷がハイラインの相手背後に浮き球パス。ハモン・ロペスが相手GKの中途半端な飛び出しを見逃さず、左足で無人のゴールマウスにボールを流し込んだ。

▽18分にGK中村の片足セーブでピンチを断ち切った柏は続く27分、ボックス左のハモン・ロペスが鋭い切り返しから右足でシュートを放つと、これが2枚のDFを貫いてゴール前へ。GKの弾いたボールをゴール前の江坂が落ち着いて押し込み、柏が全北現代を突き放した。

▽江坂の移籍後初ゴールで効率良く得点を重ねた柏。迎えた後半は、ハーフタイム明けから38歳のベテランストライカーであるイ・ドングクと、韓国代表のイ・ヨンを投入してより圧力を強めてきた全北現代を相手に守勢を強いられる入りとなる。

▽すると、55分に右CKからイ・ドングクにヘディングショートを決められて失点した柏は、その後も劣勢。61分に流れを変えるべく江坂を下げて小泉をピッチに送り込んだ中、65分にキム・ボギョンとハモン・ロペスが立て続けに好機を迎えるが決め切れない。

▽苦しい時間が続く柏は75分、自陣バイタルエリア右寄りの位置でFKのチャンスを献上。途中出場のチアゴ・アウベスのキックが壁に当たって大きく弾むと、キム・シンウクが右足で中央に折り返す。最後はゴール前のキム・ジンスが左足のジャンピングボレーで押し込んだ。

▽追いつかれた柏は直後、小池に代えてパク・ジョンスを投入。クリスティアーノの強烈な直接FKでゴールに迫るなど反撃に出るが、84分に亀川の処理ミスからイ・ドングクにボックス左から右足のコントロールショットを決められ、遂に試合をひっくり返されてしまう。

▽結局、逆転を許した柏は、そのまま韓国王者の底力に屈して黒星スタート。20日に行われる次節は、FWアレシャンドレ・パトやFWアントニー・モデスト、MFアクセル・ヴィツェルを擁する天津権健(中国)をホームで迎え撃つ。
コメント
関連ニュース
thumb

来季ACL最後の1枠は浦和に! 天皇杯制覇で2大会ぶり出場へ

▽来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場チーム最後の1枠が浦和レッズに決定した。 ▽ACL2019は、J1リーグ優勝クラブ、天皇杯優勝クラブが本大会のグループステージから出場。J1リーグ2位クラブと3位クラブがプレーオフからの出場となる。また、J1リーグ優勝クラブはすでに川崎フロンターレ、J1リーグ2位はサンフレッチェ広島、3位は鹿島アントラーズに決定していた。 ▽そんな中、9日に行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝の浦和レッズvsベガルタ仙台が行われ、浦和がDF宇賀神友弥のスーパーゴールを守り切り、1-0で勝利。この結果、12年ぶり7度目の優勝を飾った浦和が来シーズンのACL出場を勝ち取り、2大会ぶりの出場を決めた。 ▽その浦和はACLでグループGに組み込まれる。北京国安(中国)、全北現代(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)と同組となった。 2018.12.09 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

広島と鹿島のACLプレーオフ出場が決定! 鹿島天皇杯Vなら札幌が出場《ACL2019》

▽明治安田生命J1リーグ第34節が12月1日(土)に行われた結果、2位・サンフレッチェ広島と3位・鹿島アントラーズのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ出場が決定した。 ▽ACL2019は、J1リーグ優勝クラブ、天皇杯優勝クラブが本大会のグループステージから出場。J1リーグ2位クラブと3位クラブがプレーオフからの出場となる。また、J1リーグ優勝クラブはすでに川崎フロンターレに決定している。 ▽J1リーグ2位のサンフレッチェ広島は東地区プレーオフ3に組み込まれ、J1リーグ3位の鹿島アントラーズは東地区プレーオフ4に組み込まれる。対戦相手や試合日程、勝ち上がった場合のグループリーグ組み合わせについては以下の通り。 ◆AFCチャンピオンズリーグプレーオフ ▽2019年2月19日(火) 【東地区プレーオフ3】 サンフレッチェ広島 vs 【チェンライ・ユナイテッド(タイ)対 [セレス・ネグロス(フィリピン)対 ヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー)]の勝者】 【東地区プレーオフ4】 鹿島アントラーズ vs 【ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)対[ホーム・ユナイテッド(シンガポール)対 第1代表(インドネシア)]の勝者】 ◆グループリーグ 【グループ E】①第3代表(韓国)、②ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、③東地区プレーオフ4勝者、④東地区プレーオフ2勝者 【グループ F】①広州恒大(中国)、②第2代表(韓国)、③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、④東地区プレーオフ3勝者 ▽また、現在鹿島アントラーズは、もう1枠が決まる天皇杯で準決勝に進出。同大会で優勝した場合はグループステージからの出場となり、プレーオフにはJ1リーグ4位の北海道コンサドーレ札幌が繰り上がって出場する。 2018.12.01 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

グループステージ組み合わせが決定! J1王者川崎FはシドニーFC、上海上港と同居の死の組に…《ACL2019》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の抽選会が22日に行われ、グループステージの組み合わせが決定した。 ▽17回目を迎える来季のACLは、日本からは最大4チームが出場となる。明治安田生命J1リーグ優勝クラブと、天皇杯優勝クラブは本戦へのストレートインの資格が得られるが、残りの2枠のJ1リーグの2位と3位のチームはプレーオフに回り、そこで勝ち上がれば本戦への切符を手にすることができる。そのため、現在ACL本戦出場を決めているのはJ1優勝クラブの川崎フロンターレのみとなっている。 ▽なお、天皇杯はここまで鹿島アントラーズ、浦和レッズ、ベガルタ仙台、モンテディオ山形が残っているが、仮に鹿島が優勝しJ1リーグ戦でも3位以内に入った場合は、リーグ4位のチームがプレーオフに回ることになる。 ▽なお、今回からは抽選方法が変わり、各国王者が同居する“死の組”が生まれる可能性が高い。ドロワーを務めたのは元鹿島の岩政大樹氏だ。 ▽そして抽選の結果、川崎Fは、シドニーFCと上海上港、そこにプレーオフ勝者が加わるグループHとなった。シドニーFCと上海上港はそれぞれオーストラリアと中国の優勝チームであり、厳しい組み合わせとなった。また、元日本代表MF本田圭佑が所属するメルボルン・ビクトリーは広州恒大らと同居のグループFに入った。 ▽ACL2019の予選及びプレーオフ出場チーム、グループリーグ組み合わせは以下の通り。 《グループリーグ》 【グループA】 アル・ワスル(UAE) アル・ズワラ(イラク) プレーオフ勝者④ プレーオフ勝者② 【グループB】 アル・イテハド(サウジアラビア) アル・ワフダ(UAE) ウズベキスタン王者 プレーオフ勝者③ 【グループC】 アル・ドゥハイル(カタール) アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・アイン(UAE) エステグラル(イラン) 【グループD】 ペルセポリス(イラン) アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) プレーオフ勝者① 【グループE】 韓国3(韓国リーグ2位) ジョホール(マレーシア) プレーオフ勝者⑧ プレーオフ勝者⑥ 【グループF】 広州恒大(中国) 韓国2(韓国カップ王者) メルボルン・ビクトリー(オーストラリア) プレーオフ勝者⑦ 【グループG】 日本2(天皇杯王者) 中国2(中国カップ王者) 全北現代(韓国) ブリーラム・ユナイテッド(タイ) 【グループH】 シドニーFC(オーストラリア) 川崎フロンターレ(日本) 上海上港(中国) プレーオフ勝者⑤ 《予選1回戦》 ①アル・ワフダート(ヨルダン) vs アル・クウェート(クウェート) ②セレス=ネグロス(フィリピン) vs ヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー) ③ホーム・ユナイテッド(シンガポール) vs 未定:インドネシア1 《予選2回戦》 ①パフタコール(ウズベキスタン) vs アル・クーワー・アル・ジャウィヤー(イラク) ②AGMK(ウズベキスタン) vs イスティクロル(タジキスタン) ③サイパ(イラン) vs ミネルバ・パンジャーブ(インド) ④ゾブ・アハン(イラン) vs 1回戦①の勝者 ⑤ペラク(マレーシア) vs キッチー(香港) ⑥バンコク・ユナイテッド(タイ) vs ハノイFC(ベトナム) ⑦チェンライ・ユナイテッド(タイ) vs 1回戦②の勝者 ⑧ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア) vs 1回戦③の勝者 《プレーオフ》 ①アル・ナスル(UAE) vs 2回戦①の勝者 ②アル・ナスル(サウジアラビア) vs 2回戦②の勝者 ③アル・ラーヤン(カタール) vs 2回戦③の勝者 ④アル・ガラファ(カタール) vs 2回戦④の勝者 ⑤韓国4 vs 2回戦⑤の勝者 ⑥中国4 vs 2回戦⑥の勝者 ⑦日本3(Jリーグ2位) vs 2回戦⑦の勝者 ⑧日本4(Jリーグ3位) vs 2回戦⑧の勝者 2018.11.22 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「鹿島に関わる全ての方々が本気で獲りにいった結果」JFA田嶋会長がアジア王者を祝福

▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が、鹿島アントラーズのアジア制覇を祝福している。 ▽鹿島アントラーズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦でペルセポリス(イラン)と対戦。第1戦を2-0で勝利した鹿島は、この日もGKクォン・スンテと安定した守備陣が相手にゴールを許さず、0-0で試合を終わらせた。この結果、2戦合計スコア2-0とし、鹿島が初のアジア制覇を成し遂げ、12月にUAEで行われるクラブ・ワールドカップへの切符を手にした。 ▽鹿島の初のACL優勝を受け、田嶋会長はJFAの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「念願のアジア王者に輝いた鹿島アントラーズの関係者とサポーターの皆さんにお祝いを申し上げます」 「2016年のFIFAクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリーと延長戦まで戦って惜しくも敗れましたが、ACLで優勝して再びFIFAクラブワールドカップに出場したいという並々ならぬ思いが伝わってきた試合でした」 「完全アウェイの中での勝利はチームや選手たちの自信につながり、それがFIFAクラブワールドカップや来年のJリーグにもつながっていくことになると思います」 「ACLの優勝は、大岩監督や選手のみならず、庄野社長やジーコテクニカルディレクター、クラブやサポーターの皆さんなど、鹿島アントラーズに関わる全ての方々が本気でこのタイトルを獲りにいった結果だと思います」 「日本サッカー界の一員として、鹿島アントラーズの関係者の皆さんに感謝を申し上げます」 2018.11.11 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

村井満氏、鹿島のアジア制覇を祝福「チェアマンとして誇りに思う」

▽Jリーグの村井満チェアマンが、鹿島アントラーズのアジア制覇を祝福している。 ▽鹿島アントラーズは10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦でペルセポリス(イラン)と対戦。第1戦を2-0で勝利した鹿島は、この日もGKクォン・スンテと安定した守備陣が相手にゴールを許さず、0-0で試合を終わらせた。この結果、2戦合計スコア2-0とし、鹿島が初のアジア制覇を成し遂げ、12月にUAEで行われるクラブ・ワールドカップへの切符を手にした。 ▽鹿島の初のACL優勝を受け、村井満チェアマンはJリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「鹿島アントラーズの皆さん、AFCチャンピオンズリーグ優勝おめでとうございます。数々のタイトルを獲得してきたアントラーズに名誉あるタイトルがまた1つ増えたことを心からお祝い申し上げます。日本サッカー界においては、昨年優勝の浦和レッズに続き、Jリーグクラブから2年連続でタイトルを掴み取ることができましたことをチェアマンとして誇りに思います」 「今シーズンは例年以上の過密日程の中、若手選手と経験豊富なベテラン選手の融合が功を奏し、グループステージから1つずつ勝利を積み上げてきました。満員で埋め尽くされた決勝第1戦では2-0の快勝とし、悲願の優勝まであと1つと迫り、そして迎えた第2戦では、完全アウェイの中でも動じることなく相手の攻撃を無失点におさえて試合を終えることができました。この勝利はファン・サポーター、クラブスタッフをはじめとしたアントラーズに関わる全ての皆様の努力に心から敬意を表します」 「12月12日から開催される「FIFA クラブワールドカップ UAE2018」ではアジア代表として出場します。ACLの勢いそのままに、トップの座を掴むべく勝ち上がることを期待しています」 2018.11.11 13:45 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース