エウケソン弾に沈んだ川崎Fがホームで黒星スタート…《ACL2018》2018.02.13 20:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第1節の川崎フロンターレvs上海上港が13日に行われ、0-1で敗戦した。

▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで優勝し、3年連続6度目の出場となった川崎Fは、10日に行われたセレッソ大阪とのFUJI XEROX SUPER CUP 2018からスタメンを4人変更。今季クラブに復帰した大久保や負傷明けの大島、エウシーニョが先発に起用。出場停止の車屋の代わりには登里が起用された。

▽一方のプレーオフを勝ち上がり本戦への出場を決めた上海上港は、古巣対戦となるフッキやオスカル、エウケソン、アフメドフら主力を順当にスタメンで起用した。

▽中2日での一戦となった川崎Fは、C大阪戦での反省点を生かして立ち上がりから素早い好守の切り替えを見せる。しかし、12分に川崎Fは最初のピンチを迎える。中盤でのパスカットからウー・レイに左サイドを突破されると、ボックス左からシュートを放たれたが、これはGKチョン・ソンリョンがセーブした。

▽上海上港の激しい守備に苦しむ川崎Fは、23分に失点を喫する。ユー・ハイの左クロスを谷口が被ってしまうと、これを拾ったエウケソンがシュート。ブロックに入った登里に当たったボールがGKチョン・ソンリョンの手を弾きゴールに吸い込まれた。

▽先制を許した川崎Fの反撃は33分、大島の絶妙なパスでボックス右に侵攻したエウシーニョがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだ中村がヘディングで合わせたが、これはGKヤン・チュンリンに左手一本でセーブされた。

▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。すると71分、川崎Fはこの試合最大の決定機を迎える。小林とのパス交換でボックス手前を崩した大久保のラストパスをボックス左で受けた家長がフリーで決定機を迎えたが、このシュートは枠の上。

▽1点の遠い川崎Fは、81分に家長を下げて長谷川を投入。さらに86分には、エドゥアルド・ネットに代えてルーキーの守田をピッチに送り出した。

▽すると89分、川崎Fはカウンターから右サイドを突破した途中出場の阿部がクロスを供給。ゴール前に走り込んだ大島が右足で合わせたが、これは枠を捉えられない。

▽結局、試合はそのまま0-1で終了。ホームで競り負けた川崎Fは、20日にACLグループステージ第2節の蔚山現代戦(韓国)を敵地で行う。
コメント
関連ニュース
thumb

広島&鹿島のACLプレーオフは19時キックオフ《ACL2019》

2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフの開催概要が決定した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグで2位になったサンフレッチェ広島と3位の鹿島アントラーズが出場するACLのプレーオフ。2月19日(火)に開催されることが決定していたが、キックオフ時間と試合会場が決定した。 広島は2月19日(火)の19時から、広島広域公園陸上競技場でチェンライ・ユナイテッド(タイ)vsセレス・ネグロス(フィリピン)/ヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー)の勝者と対戦する。 鹿島も2月19日(火)の19時から、県立カシマサッカースタジアムでニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)vsホーム・ユナイテッド(シンガポール)/第1代表(インドネシア)の勝者と対戦する。 今シーズンのACLにはJ1王者の川崎フロンターレと天皇杯王者の浦和レッズの出場が決定。広島はプレーオフを勝ち上がれば2016年以来、鹿島は昨シーズンに続き本大会に出場となる。 2019.01.24 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョの右腕として活躍した“名参謀”ルイ・ファリア氏がカタールで監督業をスタート

カタール・スターズリーグのアル・ドゥハイルは18日、新監督にルイ・ファリア氏(43)を招へいしたことを発表した。 ファリア氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として知られている存在。モウリーニョ監督が2001年に率いていたポルトガルのレイリア時代にコンディショニングコーチ兼アシスタントマネージャーを務めると、ポルトではフィジオセラピストを、その後のチェルシー、インテル、レアル・マドリーではコンディショニングコーチを務め、モウリーニョ監督2度目のチェルシー政権下ではアシスタントマネージャーに就任。マンチェスター・ユナイテッドでもアシスタントマネージャーを務めていた。 しかし、2018年6月に17年間にわたって仕えてきたモウリーニョ監督の下を去り退団。チームのトレーニングを構築したり、選手たちのコンディショニングを担当していただけに、大きな穴になると思われたが、その懸念通りチームは低迷。モウリーニョ監督も監督を退任することとなってしまった。 モウリーニョ監督の下を去った理由を「決断は家族のためだった」と語っていたファリア氏だったが、参謀役としてではなく監督としてのキャリアを初めてスタートするのはカタールの地に決定した。 アル・ドゥハイルは、かつてはレフウィヤと呼ばれていたクラブ。2010-11シーズンに初タイトルを獲得すると、2011-12シーズン、2013-14シーズンも優勝。現在まで6度のリーグ優勝を誇っている。 なお、2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、2017年に決勝まで進んだサウジアラビアの強豪であるアル・ヒラル、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランのエステグラルと同居。アジアの地で初の指揮官としてどのような活躍を見せるのだろうか。 2019.01.19 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

Jクラブの前に立ちはだかる? 上海上港のFWフッキ、母国復帰への想いも「中国で幸せ」

▽中国スーパーリーグの上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキ(32)が、パルメイラスからのオファーを断ったようだ。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽フッキは、2016年7月にゼニト・サンクトペテルブルクから上海上港へと完全移籍。中国スーパーリーグでは、通算59試合に出場し34ゴール30アシストを記録。今シーズンはキャプテンとしてリーグ戦25試合に出場し13ゴール15アシスト。チームも絶対王者の広州恒大を退け、リーグ優勝を成し遂げていた。 ▽フッキは、2005年にヴィトーリアから川崎フロンターレへと移籍して以降、北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディ、ポルト、ゼニトと国外でプレー。再三に渡り母国への復帰を希望し、パルメイラスでのプレーを望む発言をしていたが、上海上港を離れることは難しいようだ。 「僕とパルメイラスの間には、常に噂が立っているけど、それはチームへの愛情のおかげだ。パルメイラスと同じ視点であることを明確にするよ」 「ブラジルでプレーすることは僕の願いであり、願望だけど、現時点では少し難しい」 「僕はクラブとあと2年契約が残っている。そして、中国で幸せなんだ」 ▽中国での生活にも慣れ、リーグ制覇も成し遂げたフッキ。来シーズンのAFCチャンピオンズリーグでは、今シーズンに続きJリーグ連覇の古巣・川崎Fと対戦が決定している。 2018.12.25 09:58 Tue
twitterfacebook
thumb

来季ACL最後の1枠は浦和に! 天皇杯制覇で2大会ぶり出場へ

▽来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場チーム最後の1枠が浦和レッズに決定した。 ▽ACL2019は、J1リーグ優勝クラブ、天皇杯優勝クラブが本大会のグループステージから出場。J1リーグ2位クラブと3位クラブがプレーオフからの出場となる。また、J1リーグ優勝クラブはすでに川崎フロンターレ、J1リーグ2位はサンフレッチェ広島、3位は鹿島アントラーズに決定していた。 ▽そんな中、9日に行われた第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝の浦和レッズvsベガルタ仙台が行われ、浦和がDF宇賀神友弥のスーパーゴールを守り切り、1-0で勝利。この結果、12年ぶり7度目の優勝を飾った浦和が来シーズンのACL出場を勝ち取り、2大会ぶりの出場を決めた。 ▽その浦和はACLでグループGに組み込まれる。北京国安(中国)、全北現代(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)と同組となった。 2018.12.09 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

広島と鹿島のACLプレーオフ出場が決定! 鹿島天皇杯Vなら札幌が出場《ACL2019》

▽明治安田生命J1リーグ第34節が12月1日(土)に行われた結果、2位・サンフレッチェ広島と3位・鹿島アントラーズのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ出場が決定した。 ▽ACL2019は、J1リーグ優勝クラブ、天皇杯優勝クラブが本大会のグループステージから出場。J1リーグ2位クラブと3位クラブがプレーオフからの出場となる。また、J1リーグ優勝クラブはすでに川崎フロンターレに決定している。 ▽J1リーグ2位のサンフレッチェ広島は東地区プレーオフ3に組み込まれ、J1リーグ3位の鹿島アントラーズは東地区プレーオフ4に組み込まれる。対戦相手や試合日程、勝ち上がった場合のグループリーグ組み合わせについては以下の通り。 ◆AFCチャンピオンズリーグプレーオフ ▽2019年2月19日(火) 【東地区プレーオフ3】 サンフレッチェ広島 vs 【チェンライ・ユナイテッド(タイ)対 [セレス・ネグロス(フィリピン)対 ヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー)]の勝者】 【東地区プレーオフ4】 鹿島アントラーズ vs 【ニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)対[ホーム・ユナイテッド(シンガポール)対 第1代表(インドネシア)]の勝者】 ◆グループリーグ 【グループ E】①第3代表(韓国)、②ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、③東地区プレーオフ4勝者、④東地区プレーオフ2勝者 【グループ F】①広州恒大(中国)、②第2代表(韓国)、③メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)、④東地区プレーオフ3勝者 ▽また、現在鹿島アントラーズは、もう1枠が決まる天皇杯で準決勝に進出。同大会で優勝した場合はグループステージからの出場となり、プレーオフにはJ1リーグ4位の北海道コンサドーレ札幌が繰り上がって出場する。 2018.12.01 18:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース