エウケソン弾に沈んだ川崎Fがホームで黒星スタート…《ACL2018》2018.02.13 20:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第1節の川崎フロンターレvs上海上港が13日に行われ、0-1で敗戦した。

▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで優勝し、3年連続6度目の出場となった川崎Fは、10日に行われたセレッソ大阪とのFUJI XEROX SUPER CUP 2018からスタメンを4人変更。今季クラブに復帰した大久保や負傷明けの大島、エウシーニョが先発に起用。出場停止の車屋の代わりには登里が起用された。

▽一方のプレーオフを勝ち上がり本戦への出場を決めた上海上港は、古巣対戦となるフッキやオスカル、エウケソン、アフメドフら主力を順当にスタメンで起用した。

▽中2日での一戦となった川崎Fは、C大阪戦での反省点を生かして立ち上がりから素早い好守の切り替えを見せる。しかし、12分に川崎Fは最初のピンチを迎える。中盤でのパスカットからウー・レイに左サイドを突破されると、ボックス左からシュートを放たれたが、これはGKチョン・ソンリョンがセーブした。

▽上海上港の激しい守備に苦しむ川崎Fは、23分に失点を喫する。ユー・ハイの左クロスを谷口が被ってしまうと、これを拾ったエウケソンがシュート。ブロックに入った登里に当たったボールがGKチョン・ソンリョンの手を弾きゴールに吸い込まれた。

▽先制を許した川崎Fの反撃は33分、大島の絶妙なパスでボックス右に侵攻したエウシーニョがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだ中村がヘディングで合わせたが、これはGKヤン・チュンリンに左手一本でセーブされた。

▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。すると71分、川崎Fはこの試合最大の決定機を迎える。小林とのパス交換でボックス手前を崩した大久保のラストパスをボックス左で受けた家長がフリーで決定機を迎えたが、このシュートは枠の上。

▽1点の遠い川崎Fは、81分に家長を下げて長谷川を投入。さらに86分には、エドゥアルド・ネットに代えてルーキーの守田をピッチに送り出した。

▽すると89分、川崎Fはカウンターから右サイドを突破した途中出場の阿部がクロスを供給。ゴール前に走り込んだ大島が右足で合わせたが、これは枠を捉えられない。

▽結局、試合はそのまま0-1で終了。ホームで競り負けた川崎Fは、20日にACLグループステージ第2節の蔚山現代戦(韓国)を敵地で行う。

コメント

関連ニュース

thumb

史上初の決勝へ! 鹿島のACL準決勝スケジュールが決定《ACL》

▽鹿島アントラーズは20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の試合会場、キックオフ時間を発表した。 ▽鹿島は、準々決勝で中国スーパーリーグの天津権健と対戦。ホームでの第1戦を2-0で制すると、アウェイで行われた第2戦も3-0で勝利。2戦合計5-0で勝利し、クラブ史上初のベスト4入りを決めていた。 ▽準決勝では、韓国勢同士の対決を制した水原三星ブルーウィングスと対戦。第1戦は10月3日(水)、第2戦は10月24日(水)に行われ、いずれも19時にキックオフを迎える。 ◆AFCチャンピオンズリーグ2018 準決勝 【第1戦】 ▽10月3日(水) 《19:00》 鹿島アントラーズvs水原三星ブルーウイングス [カシマスタジアム] 【第2戦】 ▽10月24日(水) 《19:00》※現地時間 水原三星ブルーウイングスvs鹿島アントラーズ [水原ワールドカップスタジアム] 2018.09.20 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

初のベスト4進出の鹿島、準決勝ではグループステージで対戦した水原三星と再戦!《ACL》

▽鹿島アントラーズのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の対戦相手が水原三星(韓国)に決定した。 ▽鹿島は、18日にACL準々決勝2ndレグで天津権健(中国)と対戦し3-0で勝利。この結果、2戦合計5-0でクラブ史上初の準決勝進出を果たした。 ▽一方の水原三星は、19日にACL準々決勝2ndレグで全北現代(韓国)とホームで対戦。アウェイで行われた1stレグを3-0で勝利していた水原三星だが、11分にアドリアーノのゴールで先制を許すと、51分にはチェ・ボギョン、71分にはキム・シンウクにゴールネットを揺らされ、2戦合計スコアで同点とされた。 ▽さらに後半アディショナルタイムには、チョ・スンジンがボックス内でアドリアーノを倒してしまいPKを献上。しかし、このPKはGKシン・ファヨンが読み勝ちスーパーセーブ。その後、延長に入ってもスコアの動かなかった試合はPK戦へ。 ▽PK戦では、4人全員が成功した水原三星に対し、全北現代は1人目のキム・シンウクと3人目のイ・ドングクが失敗。PKスコア4-2で勝利した水原三星が準決勝進出を果たした。 ▽鹿島と水原三星は、今大会のグループステージでグループHに同居。アウェイで行われた第2節では鹿島が2-1で勝利したが、ホームで行われた最終節では、0-1と完封負けを喫し、2位通過となっていた。 ▽なお、準決勝は1stレグが10月3日に鹿島のホームで行われ、2ndレグが同24日に水原三星のホームで開催される。 2018.09.20 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島初のベスト4! パト擁する天津権健を連破《ACL》

▽鹿島アントラーズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝2ndレグで天津権健(中国)のホームに乗り込み、3-0の勝利を収め、2戦合計スコア5-0でクラブ初の準決勝進出を果たした。 ▽ホームでの1stレグを2-0の先勝で飾った鹿島。マカオで元ブラジル代表FWパトを擁する天津権健とのリターンレグに挑む。先発は、14日のJ1リーグ戦から5名を変更。対する天津権健は1stレグに引き続きパトがスターティングメンバー入りを果たした。 ▽1点差で敗れてもベスト4進出が決まる鹿島。試合は、勝利が突破条件の天津権健の攻勢を序盤から受ける展開となる。開始3分、自陣ボックス中央で要注意選手のパトに決定機。至近距離からシュートを許すが、GKクォン・スンテの冷静な対応で事なきを得る。 ▽その鹿島がワンチャンスをモノにする。13分、内田の縦パスに反応した遠藤が右CKのチャンスを獲得。キッカーの遠藤が左足でゴール前にクロスを上げると、GKの前を陣取ったセルジーニョが頭で合わせる。これが決まり、鹿島が貴重なアウェイゴールを手にする。 ▽その後も守勢を強いられる鹿島。だが、24分にゴールライン上でパトの決定的なシュートをブロックした内田が攻撃面でも躍動する。27分、内田が右サイドからマイナス方向にグラウンダーのパスを供給。最後は安部が右足で押し込み、天津権健を突き放す。 ▽敵地ながら落ち着いた戦いぶりを披露する鹿島は、続く34分にもセットプレーから鈴木にゴールチャンス。惜しくもゴールとはならなかったものの、この段階で5点差以上の勝利が求められる天津権健を相手に試合巧者の戦いを続け、流れを掴んで離さない。 ▽2戦合計スコアで大量リードの鹿島は、迎えた後半も冷静な入りを見せ、3点目を狙っていく。だが、60分にイエローカードを受けたレオ・シルバが累積警告で次戦出場停止に。勝ち上がれば、クラブ初となる準決勝の戦いに向け、不安材料をもたらしてしまう。 ▽そうした中、66分に3点目。61分からピッチに立つ土居からバイタルエリア中央でボールを受けたセルジーニョがボックス中央のスペースにパス。これに反応した土居がこぼれ球を拾い、左足を振り抜く。シュートがゴール左に吸い込まれ、試合の行方を決定付ける。 ▽セーフティリードの鹿島は、69分にレオ・シルバに代えて永木、続く79分に山本を下げて小笠原をピッチに送り込む。結局、相手の反撃を無失点で凌ぎ切り、クラブ史上初の準決勝へ。その準決勝では、全北現代モータース(韓国)vs水原三星ブルーウィングス(同)の勝者と対戦する。 2018.09.18 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ベスト4を懸けた鹿島のACL・天津権健戦の会場が変更…マカオで開催《ACL2018》

▽中国スーパーリーグの天津権健は3日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝第2戦の鹿島アントラーズ戦の会場変更を発表した。クラブ公式weiboで発表した。 ▽天津権健によると、本来使用する予定だったホームスタジアムである天津体育場では、ACLを開催することができないとのこと。また、代替会場の申請ができなかったため、中立地での開催となると発表。18日(火)にマカオのオリンピックスタジアム(澳門運動場)で試合が行われることとなる。 ▽8月28日に行われた第1戦では、レオ・シルバ、セルジーニョのゴールで鹿島が2-0と勝利。アドバンテージを持って臨むこととなるが、天津権健にとってはスコア以外のハンデを負うことになる。 2018.09.04 12:21 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島がクラブ初4強に前進 パト擁する天津権健にホーム先勝《ACL》

▽鹿島アントラーズは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018準々決勝1stレグで天津権健(中国)を本拠地の県立カシマサッカースタジアムに迎え、2-0で先勝した。 ▽Jリーグ勢で唯一勝ち残る鹿島は、悲願のACL制覇を叶えるべく、このベスト8で元ブラジル代表のパトを擁する天津権健と対戦する。先発は、直近の試合から4名を変更。天津権健はパトが先発メンバー入りを果たした。 ▽敵地での2ndレグに有利な状況で挑みたい鹿島。スタメン復帰の内田が積極的な攻撃参加を見せるなど、自陣に引いて守りを固める天津権健に対して、サイド攻撃で試合の主導権を握りにかかる。 ▽遠藤や、レオ・シルバ、三竿健斗が果敢にシュートを放っていく鹿島は31分、右サイドの遠藤が左足でゴール前にクロス。これに鈴木、セルジーニョが飛び込むが、いずれも合わせ切れない。 ▽続く36分にも絶好のシーン。左サイドの味方が上げたクロスにセルジーニョが頭で合わせる。これが右ポストを叩くと、素早く反応した遠藤だったが、ハンドを取られ、ゴールネットを揺らせない。 ▽あと一歩のところまでゴールに迫る鹿島は、後半も能動的に試合を進める展開。57分にはボックス左に侵攻した安西が中央の遠藤にラストパスを出す。だが、遠藤が左足シュートを枠に飛ばせない。 ▽半ば以降も主導権を握る鹿島。60分に均衡を破る。バイタルエリア中央の遠藤が頭で落としたボールがボックス左に流れると、レオ・シルバが右足ダイレクト。これが突き刺さり、遂に先制点する。 ▽攻勢の鹿島は続く72分、セルジーニョが来日初ゴール。バイタルエリア中央でボールを受けたセルジーニョが豪快に左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、天津権健を突き放す。 ▽その後、鈴木、遠藤、土居を投入した鹿島は、反撃ムードの相手を尻目に試合をコントロール。クラブ史上初のベスト4入りに向け、ホームで先勝した鹿島は、9月18日に敵地での2ndレグに臨む。 2018.08.28 20:51 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース