エウケソン弾に沈んだ川崎Fがホームで黒星スタート…《ACL2018》2018.02.13 20:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループF第1節の川崎フロンターレvs上海上港が13日に行われ、0-1で敗戦した。

▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで優勝し、3年連続6度目の出場となった川崎Fは、10日に行われたセレッソ大阪とのFUJI XEROX SUPER CUP 2018からスタメンを4人変更。今季クラブに復帰した大久保や負傷明けの大島、エウシーニョが先発に起用。出場停止の車屋の代わりには登里が起用された。

▽一方のプレーオフを勝ち上がり本戦への出場を決めた上海上港は、古巣対戦となるフッキやオスカル、エウケソン、アフメドフら主力を順当にスタメンで起用した。

▽中2日での一戦となった川崎Fは、C大阪戦での反省点を生かして立ち上がりから素早い好守の切り替えを見せる。しかし、12分に川崎Fは最初のピンチを迎える。中盤でのパスカットからウー・レイに左サイドを突破されると、ボックス左からシュートを放たれたが、これはGKチョン・ソンリョンがセーブした。

▽上海上港の激しい守備に苦しむ川崎Fは、23分に失点を喫する。ユー・ハイの左クロスを谷口が被ってしまうと、これを拾ったエウケソンがシュート。ブロックに入った登里に当たったボールがGKチョン・ソンリョンの手を弾きゴールに吸い込まれた。

▽先制を許した川崎Fの反撃は33分、大島の絶妙なパスでボックス右に侵攻したエウシーニョがクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだ中村がヘディングで合わせたが、これはGKヤン・チュンリンに左手一本でセーブされた。

▽迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。すると71分、川崎Fはこの試合最大の決定機を迎える。小林とのパス交換でボックス手前を崩した大久保のラストパスをボックス左で受けた家長がフリーで決定機を迎えたが、このシュートは枠の上。

▽1点の遠い川崎Fは、81分に家長を下げて長谷川を投入。さらに86分には、エドゥアルド・ネットに代えてルーキーの守田をピッチに送り出した。

▽すると89分、川崎Fはカウンターから右サイドを突破した途中出場の阿部がクロスを供給。ゴール前に走り込んだ大島が右足で合わせたが、これは枠を捉えられない。

▽結局、試合はそのまま0-1で終了。ホームで競り負けた川崎Fは、20日にACLグループステージ第2節の蔚山現代戦(韓国)を敵地で行う。
コメント
関連ニュース
thumb

Jリーグ勢3連覇なるか ACLスケジュールが決定

日本サッカー協会(JFA)は14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ試合会場とキックオフ時間を発表した。 Jリーグ勢は川崎フロンターレと浦和レッズのグループステージ参戦が決定済み。サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズは19日に行われるプレーオフを制することがグループステージ参戦の条件となる。 注目は元日本代表FW本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリーが入ったグループF。プレーオフを戦う広島が勝ち上がれば、本田圭佑にも日本凱旋の可能性が出てくる。 なお、過去2大会は浦和レッズ、鹿島アントラーズがアジア王者に輝き、日本勢が連覇中。Jリーグ勢の3連覇なるか。今シーズンもアジアの覇権を巡る戦いから目が離せない。 ◆東地区各グループステージ日程 【グループE<span style="font-size:0.8em;">※鹿島アントラーズが参戦の場合</span>】 第1節 3/5《19:00》 東地区プレーオフ4の勝者vsジョホール・ダルル・タクジム 第2節 3/12《15:30or19:00》 東地区プレーオフ2の勝者vs東地区プレーオフ4の勝者 第3節 4/9《18:30》 慶南FCvs東地区プレーオフ4の勝者 第4節 4/24《19:00》 東地区プレーオフ4の勝者vs慶南FC 第5節 5/8《20:45》 ジョホール・ダルル・タクジムvs東地区プレーオフ4の勝者 第6節 5/22《未定》 プレーオフ4の勝者vs東地区プレーオフ2の勝者 <span style="font-size:0.8em;">※東地区プレーオフ4=鹿島アントラーズvsニューカッスル・ジェッツの勝者 ※東地区プレーオフ2=山東魯能(中国)vsハノイ(ベトナム)の勝者</span> 【グループF<span style="font-size:0.8em;">※サンフレッチェ広島が参戦の場合</span>】 第1節 3/5《20:00》 広州恒大vs東地区プレーオフ3の勝者 第2節 3/12《19:00》 東地区プレーオフ3の勝者vsメルボルン・ビクトリー 第3節 4/10《19:00》 東地区プレーオフ3の勝者vs大邸FC 第4節 4/23《20:00》 大邸FCvs東地区プレーオフ3の勝者 第5節 5/8《19:00》 東地区プレーオフ3の勝者vs広州恒大 第6節 5/22《未定》 メルボルン・ビクトリーvs東地区プレーオフ3の勝者 <span style="font-size:0.8em;">※東地区プレーオフ3=サンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッドの勝者</span> 【グループG<span style="font-size:0.8em;">※浦和レッズが登場</span>】 第1節 3/6《19:30》 浦和レッズvsブリーラム・ユナイテッド 第2節 3/13《20:00》 北京国安vs浦和レッズ 第3節 4/9《19:30》 浦和レッズvs全北現代モータース 第4節 4/24《19:00》 全北現代モータースvs浦和レッズ 第5節 5/7《18:00》 ブリーラム・ユナイテッドvs浦和レッズ 第6節 5/21《未定》 浦和レッズvs北京国安 【グループH<span style="font-size:0.8em;">※川崎フロンターレが登場</span>】 第1節 3/6《19:30》 上海上港vs川崎フロンターレ 第2節 3/13《19:00》 川崎フロンターレvsシドニーFC 第3節 4/10《20:00or21:00》 東地区プレーオフ1の勝者vs川崎フロンターレ 第4節 4/23《19:00》 川崎フロンターレvs東地区プレーオフ1の勝者 第5節 5/7《19:00》 川崎フロンターレvs上海上港 第6節 5/21《未定》 シドニーFCvs川崎フロンターレ <span style="font-size:0.8em;">※東地区プレーオフ1=水原三星ブルーウィングス(韓国)vsペラック(マレーシア)の勝者</span> 2019.02.15 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がキャリア初のACL出場へメンバー入り! 広島と対戦の可能性《ACL2019》

メルボルン・ビクトリーは13日、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むメンバー28名を発表した。元日本代表MF本田圭佑もメンバーに含まれている。 グループFで中国スーパーリーグの広州恒大、Kリーグ1の大邱FC、そしてプレーオフのサンフレッチェ広島vsチェンライ・ユナイテッド(タイ)の勝者と同居しているメルボルン・ビクトリー。ACLでは、外国籍選手が3名まで登録が許され、AFC加盟国の選手は追加で1名まで登録が許されているが、メルボルン・ビクトリーには5名の外国籍選手が所属している。 ケビン・マスカット監督はメンバー選考に関して「Aリーグの規定では、5名の外国人選手が許可されている。今シーズンは、コスタ・バーバルーゼス(ニュージーランド)、ラウール・バエナ(スペイン)、ゲオルグ・ニーダーマイアー(ドイツ)、オラ・トイヴォネン(スウェーデン)、本田圭佑(日本)で満たされている」とコメント。「ACLでは、バーバルーゼス、バエナに加え、トイヴォネンと本田が加わった」と語り、ニーダーマイアーが外れることを明かした。 メルボルン・ビクトリーは、3月5日に大邱FCと初戦で対戦。3月12日には広島かチェンライ・ユナイテッドとアウェイで対戦する。 ◆メルボルン・ビクトリー登録メンバー GK 1.マット・アクトン 20.ローレンス・トーマス 30.マシュー・サットン DF 2.ストーム・ルー 3.コレイ・ブラウン 14.トーマス・デン 17.ジェームス・ドナチー 27.アーロン・アンデルソン 28.ベンジャミン・キャリガン MF 4.本田圭佑 6.レイ・ブロハム 10.ジェームズ・トロイージ 13.ビルカン・キルダー 15.ラウール・バエナ 16.ジョシュア・ホープ 19.ラフマト・アクバリ 21.カール・ヴァレリ 24.エルビス・カンソバ 25.アンソニー・レシオーティス 29.ティール・イラドゥクンダ 31.ブランドン・ルートン FW 7.ケニー・アティウ 8.テリー・アントニス 9.コスタ・バーバルーゼス 11.オラ・トイヴォネン 23.ジャイ・インガム 32.ジャック・パラツォーロ 33.ヤジード・サイド 2019.02.14 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

王者・鹿島のPO対戦相手はニューカッスル・ジェッツに決定《ACL2019》

鹿島アントラーズは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレーオフの対戦相手が、ニューカッスル・ジェッツに決定したことを発表した。 12日に行われたACL予備予選でニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)とペルシジャ・ジャカルタ(インドネシア)が対決。ニューカッスルジェッツのホームで行われた試合は、49分にロナウド・バルガスのゴールでニューカッスル・ジェッツが先制。しかし、72分にラムダニ・レスタルフのゴールでペルシジャ・ジャカルタが追いつき、延長戦に突入する。 すると、延長戦ではニューカッスル・ジェッツが地力を見せ、ナイジェル・ブーガアード、マリュー・リデントンのゴールで3-1と勝利した。 鹿島は、2月19日(火)に県立カシマサッカースタジアムでニューカッスル・ジェッツを迎え、ACL出場権を懸けて戦う。 2019.02.12 20:18 Tue
twitterfacebook
thumb

ACL出場のアル・アハリ・サウジが元カタール代表監督のフォサッティ氏を新監督に招へい

サウジアラビアのアル・アハリ・サウジは、ウルグアイ人指揮官のホルヘ・フォサッティ氏(66)を新監督に招へいしたことを発表した。 フォサッティ氏は、ペニャロール(ウルグアイ)やセロ・ポルテーニョ(パラグアイ)、LDUキト(エクアドル)などの南米クラブチームの監督を歴任。2004年3月にはウルグアイ代表監督に就任すると、2007年1月にアル・サッド(カタール)の監督に就任した。 その後、2007年2月にはカタール代表監督に就任。2008年9月に退任すると、その後も、LDUキト、インテルナシオナル(ブラジル)、アル・シャバブ(サウジアラビア)、アル・サッド、セロ・ポルテーニョ、アル・アイン(UAE)、ペニャロール、アル・ラーヤン(カタール)と様々なクラブで指揮を執っていた。 2016年9月からは再びカタール代表監督に就任。ロシア・ワールドカップ予選では、韓国代表に勝利するなど、アジアカップを制したカタール代表の前任監督として活躍。しかし、韓国戦後に辞任しフリーとなっていた。 アル・アハリ・サウジは、今シーズンのAFCチャンピオンズリーグに出場。グループDに入っており、ペルセポリス(イラン)、アル・サッドと同居している。 2019.02.08 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

トロントで躍動していたイタリア代表FWジョビンコがアル・ヒラルに加入

サウジアラビアのアル・ヒラルは31日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCからイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(32)を獲得したことを発表した。 ジョビンコは、ユベントスの下部組織出身で、エンポリやパルマなどへのレンタル移籍を経験。2011年7月にパルマが保有権の半分を買い取り完全移籍すると、2011-12シーズンはセリエAで36試合に出場し15ゴールを記録。この活躍が認められ、ユベントスが保有権の半分を買い戻し復帰した。 2012-13シーズンはユベントスでセリエA31試合に出場し7ゴールを記録。しかし、徐々に出場機会を失い、2015年1月にトロントFCへとフリーで加入した。 トロントFCとは5年契約を結び、当時のMLS最高額の年俸を受け取る選手に。MLS1年目のシーズンは22ゴール16アシストを記録し、得点王とアシスト王を同時受賞。リーグ初の快挙を達成するとともに、MLS最優秀新人賞とMVPも同時受賞し、ベストイレブンにも選出された。 2シーズン目もリーグ戦28試合で17ゴール14アシストを記録。2年連続でベストイレブンにも選出されるが、チームは目前でタイトルを逃す。3年目の2017年もリーグ戦25試合で16ゴール6アシストを記録。チームはMLSカップで優勝し、カナダのクラブに初タイトルをもたらすと、自身も3年連続ベストイレブンに選出されていた。 2018年もリーグ戦28試合に出場し13ゴール8アシストを記録。4シーズンでMLS通算114試合出場68ゴール41アシストを記録していた。 アル・ヒラルは、今冬にツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスでもプレーしたオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクを獲得。また、アジアカップにはケガのために欠場したUAE代表MFオマル・アブドゥルラフマンなどが所属している。 なお、アル・ヒラルは2019年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。中島翔哉の移籍が噂されるカタールのアル・ドゥハイルや日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランの強豪・エステグラルとグループステージで対戦する。 2019.01.31 13:40 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース