鳥栖FW小野裕二に第一子となる女の子が誕生「2人がいつまでも幸せに生きていけるようがんばります!!」2018.02.13 20:02 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は13日、FW小野裕二に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。▽クラブの発表によると、小野の長女は2月9日に誕生したとのことだ。小野はクラブを通じてコメントしている。

「私事ではありますが、新しい家族が増えました。頑張ってくれた妻、産まれてきてくれた娘の為にも、より一層努力し、2人がいつまでも幸せに生きていけるようがんばります!!もう少しで開幕です。しっかり準備して最高の開幕戦にしたいと思います。今シーズンも応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

鳥栖、U-18所属のGK板橋洋青&MF松岡大起の2種登録を発表

サガン鳥栖は23日、鳥栖U-18に所属するGK板橋洋青(17)、MF松岡大起(17)を2種登録することを発表した。背番号は、板橋が「42」、松岡が「41」となる。 板橋は鳥栖U-15からU-18に昇格。身長185㎝、体重75㎏のゴールキーパーだ。松岡はソレッソ熊本U-15から鳥栖U-18に入団。身長170㎝、体重65㎏のミッドフィルダーだ。 トップチームへの登録が決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆GK板橋洋青 「この度、2種登録させて頂き大変嬉しく思います。家族、監督、コーチをはじめ支えてくださった方々に感謝の気持ちを忘れずに日々頑張っていきます。応援よろしくお願いします」 ◆MF松岡大起 「昨年から引き続き2種登録して頂き大変嬉しく思います!今まで支えてくださった人々への感謝の気持ちを忘れず、日々全力で邁進します! また、1日でも早くトップチームに昇格し必要とされるように頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 2019.01.23 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW金崎夢生、鳥栖残留 今季契約を更新

サガン鳥栖は20日、元日本代表FW金崎夢生(29)の契約更新を正式発表した。 金崎は大分トリニータ、名古屋グランパス、ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)を渡り歩き、2015年に鹿島アントラーズ入りすると、同年にJリーグベストイレブンを受賞。2018年途中から鳥栖に移り、明治安田生命J1リーグ15試合に出場して3得点をマークした。だが、その金崎を巡っては今冬、古巣ポルティモネンセ入りの可能性が浮上。去就が不透明な状況だった。 今シーズンも引き続き鳥栖でプレーすることが決まった金崎はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今年もサガン鳥栖でプレーするチャンスつくってくれた社長、友人、そして私に関わってくれた全ての方々に感謝しています。ありがとうございます。その気持ちを忘れずにしっかりプレーしたいと思います。サポーターのみなさん、今年もよろしくお願いします。自分に出来る事を精一杯出してチームに貢献したいと思います」 2019.01.20 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖、元バルサのクエンカ獲得を正式発表 背番号「7」に決定

サガン鳥栖は19日、CFレウス(スペイン)に所属するスペイン人MFフアン・イサック・クエンカ・ロペス(27)の完全移籍加入を正式発表した。背番号「7」を着用する。 バルセロナ下部組織で育ったクエンカはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督の下、2011年にトップチームデビュー。その後、アヤックスやデポルティボ、ブルサシュポル、グラナダ、ハポエルを渡り歩き、今シーズンからスペイン2部の故郷であるレウスに活躍の場を移した。 バルセロナB時代にレンタル移籍したサバテルで師事を仰いだルイス・カレーラス・フェレール監督との再会となるクエンカはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「サガン鳥栖ファミリーの皆さん、こんにちは! まず、私に大きなチャンスを与えてくれたクラブの社長及び関わる全ての方に感謝します。サガン鳥栖ファミリーの一員になれてとても幸せであり、これは私にとって大きなチャレンジになると思います。全ての練習と試合において、サガンティーノとクラブのために全力を尽くして闘う事を約束します。応援よろしくお願いします!」 なお、契約期間などの詳細については明らかにされていないが、スペイン『マルカ』など事前の報道によれば、1年の延長オプションが付随した3年契約での鳥栖加入とみられる。 2019.01.19 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

元バルサのクエンカ、Jリーグ挑戦確定か SNSアイコンが鳥栖エンブレムに

レウスに所属するスペイン人FWイサーク・クエンカ(27)のサガン鳥栖入りはやはり決定的なのかもしれない。 バルセロナ下部組織で育ったクエンカはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督の下、2011年にトップチームデビュー。その後、アヤックスやデポルティボ、ブルサシュポル、グラナダ、ハポエルを渡り歩き、今シーズンからスペイン2部の故郷であるレウスに活躍の場を移した。 そのクエンカを巡っては先日、『マルカ』が「フェルナンド・トーレスを擁する鳥栖との契約にサインした」と報道。1年の延長オプションが付随した3年契約を締結したとみられ、バルセロナB時代にレンタル移籍したサバテルで師事を仰いだルイス・カレーラス・フェレール監督との再会に注目が集まっている。 そして、渦中のクエンカは自身インスタグラム(cuencaisaac)のプロフィール画像を鳥栖のエンブレム画像にリニューアル。そういった動きからして、クエンカのJリーグ挑戦はほぼ間違いなしと言っても差し支えなさそうだ。 2019.01.19 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖一筋のFW池田圭がマレーシアのFELDAユナイテッドFCに期限付き移籍「無限情熱」

サガン鳥栖は18日、FW池田圭(32)がFELDAユナイテッドFC(マレーシア)に期限付き移籍することを発表した。 池田は、流通経済大学卒業後の2009年に当時J2だった鳥栖に加入し、プロデビュー。以来、同クラブ一筋を貫いていたが、2016年から出場機会を減らし始め昨シーズンは明治安田生命J1リーグ7試合、ルヴァンカップ5試合、天皇杯2試合1ゴールの成績に留まった。通算では、J1リーグ150試合16ゴール、J2リーグ74試合9ゴール、リーグカップ23試合4ゴール、天皇杯15試合7ゴールを記録している。 池田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW池田圭 「皆さん、こんにちは。池田圭です。この度サガン鳥栖からマレーシアのFELDAユナイテッドFCに期限付き移籍する事になりました。報告が遅くなり申し訳ありません」 「僕のプロサッカー人生は、サガン鳥栖と共にありました。多くの、言葉では表せない程の素晴らしい体験をさせてもらった事に感謝しかありません。新たな挑戦をさせてくれる竹原社長をはじめとするクラブに、そして、いつも変わらぬ温かい声援を送ってくれたサポーターに感謝の気持を忘れずに、新たな挑戦を楽しみたいと思います」 「サガン鳥栖の活躍をマレーシアから応援しています。無限情熱」 2019.01.18 14:10 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース