湘南、2018シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表! 今季からヤングキャプテンを新設2018.02.13 18:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽湘南ベルマーレは13日、2018シーズンにおけるキャプテン、副キャプテン、ヤングキャプテンを発表した。

▽昨シーズンの明治安田生命J2リーグを制覇し、J1復帰初年度を迎える湘南は今シーズンのキャプテンにMF高山薫、副キャプテンにMF菊地俊介、MF梅崎司、DF大野和成が就任。そして新たにヤングキャプテンを新設し、DF杉岡大暉が務めることとなった。ヤングキャプテンは、ヤングキャプテンは若手選手の意見集約、チームへの伝達などを務めることになるそうだ。それぞれ役職に就くこととなった5選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

【キャプテン】
◆MF高山薫
「今季もキャプテンを務めさせていただき本当に光栄です。昨季は怪我をしてしまいチームの力になれなかったので、今季こそはしっかりとピッチ内外でチームを支えていきたいです。新しい選手が多く加入したなか、自分がベルマーレでさせてもらったたくさんの経験を伝えていけるよう、今季も1年間、自分らしく頑張ります」

【副キャプテン】
◆MF菊地俊介
「今年も副キャプテンを務めさせていただくことになりました。若い選手が多いので、彼らにいい影響を与えられるよう日々自分自身も精進していきます。またシーズンを通してチームがALIVEするために、まずは自らその姿を見せ、責任感を持って頑張ります」

◆MF梅崎司
「2018シーズンの新チームで大役を任せてもらい光栄です。若いチームのなか、自分は年齢的に上の立場になるので、これまでの自分の経験をアウトプットしみんなと成長していきたいと思います。そして高山キャプテンをしっかりサポートし、自分自身も責任感を持ち、湘南らしい姿を見せていきたいと思います」

◆DF大野和成
「今季、副キャプテンを務めさせていただくこととなりました。厳しい戦いが続く時こそ誰よりも力になれるよう、チームのために、湘南の勝利のために精一杯務めていきたいと思います。そして高山選手をサポートしながらも、高山選手をはじめ他の選手に負けないくらいにチームを引っ張る思いを持ち、頑張っていきたいと思います」

【ヤングキャプテン】
◆DF杉岡大暉
「長く多くの経験をされてきた選手達と若い年代の選手達を結びつける役割として、チームが一体となるよう自分から率先して行動、発言をしていきたいと思います。海外のチームは若い選手が多く躍動しています。ベルマーレもそんなチームになれるよう、自分達若いメンバーがより意欲的に取り組んでいきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組同士の一戦は湘南に軍配! 長崎終盤に攻撃も実らず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第1節の湘南ベルマーレvsV・ファーレン長崎が24日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、2-1で湘南が勝利した。 ▽開幕から昇格チーム同士が激突した一戦。昨シーズンJ2優勝を果たし2年ぶりにJ1に戻ってきた湘南は昨季と同じ[3-4-2-1]のフォーメーションで挑んだ。GKに秋元、ディフェンスラインには山根、アンドレ・バイア、大野の3人が並んだ。岡本と杉岡がそれぞれ右ウイングバックと左ウイングバックを務め、秋野と菊池がボランチ起用。松田とアレン・ステバノヴィッチをシャドーに、イ・ジョンヒョプが1トップに配置された。 ▽一方、J1初挑戦の長崎はこちらも昨季と同じ[3-4-2-1]の布陣を採用。GKは増田、3バックは高杉、田上、徳永が入った。中盤は右ウイングバックに扇長、左ウイングバックに飯尾が入り、前田と島田がボランチに。沢田とベン・ハロハンを2シャドーに、ファンマがワントップを担った。 ▽序盤から激しい立ち上がりを見せた両者の試合はすぐに動く。9分、松田が相手の股を抜く巧みなドリブルで右サイドを突破すると、ゴール前へマイナスのクロスを送る。これをテンポを遅らせて上がってきたイ・ジョンヒョプがダイレクトで合わせると、相手に当たりゴールマウスへ入った。 ▽昨シーズンは湘南に対して1分け1敗と勝つことができなかった長崎にとって嫌な立ち上がりとなったが、16分に同点に追いつく。左サイドの前田のFKから高杉がヘディングシュート。GK秋元が弾いたところを田上がダイビングヘッドで押し込んで試合を振り出しに戻した。 ▽湘南がややボールを支配する展開が続く中、27分に岡本がボレーシュートを放つが、GK増田がファインセーブ。ゴールを死守した。前半アディショナルタイムには、GKのロングパスから湘南がゴール前まで攻め込むがシュートは相手に当たりCKに。そのCKからもゴールは生まれず、前半は1-1で折り返した。 ▽両チームはハーフタイムに選手を交替。湘南はアレン・ステバノヴィッチを下げて石川を、長崎はベン・ハロハンに代えて鈴木を投入した。どちらも攻撃にテコを入れて迎えた後半、長崎がいきなりビッグチャンスを迎える。途中出場の鈴木も絡みつつ左サイドを崩すと、クロスに飯尾が飛び込む。ゴール目の前で当てればゴールという状況だったが、上手くミートできずに絶好のチャンスを外してしまった。 ▽63分には、右CKを得た長崎はキッカーの島田が高い軌道のクロスを送ると、扇長が打点の高いヘディングシュートでゴールに迫った。後半に入ってから良いところがない湘南。68分にイ・ジョンヒョプがボックス右からシュートを試みるが、枠を大きく外してしまう。 ▽中盤で停滞する時間が長くなる中、湘南は74分に岡本を下げて高山をピッチに送り込む。対する長崎は澤田がボックス外からのミドルシュートで試合にアクセントを付ける。 ▽78分にボックス手前の良い位置でFKを得た湘南は、秋野のシュートをGK増田が上手く弾きそびれたところを石川が押し込んで勝ち越しに成功。スコアを2-1とし、再びリードを得た。 ▽同点に追いつこうとなりふり構っていられない長崎。ファンマや鈴木が強引にシュートに持ち込むもゴールを奪えず試合終了。ホームの湘南が2-1で勝利した。 2018.02.24 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 2月23日は、10年過ごした浦和と袂を分かち、湘南に活躍の場を移したベテランMF

◆梅崎司 【Profile】 国籍: 日本 誕生日:1987/2/23 クラブ:湘南ベルマーレ ポジション:MF 身長:169㎝ 体重:68kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、2月23日は湘南ベルマーレMF梅崎司だ。 ▽長崎県出身の梅崎のキャリアは大分トリニータでスタートした。2005年に下部組織からトップチームに昇格。5月のFC東京戦でデビューを果たした。2006年には早くもレギュラーに定着すると、日本代表にも選出されイエメン戦で初出場した。 ▽翌年1月、グルノーブルにレンタル移籍するも出場は5試合にとどまりシーズン終了を以って大分に復帰。同年12月に浦和レッズへ完全移籍を果たす。 ▽移籍後はなかなか芽が出ず、ケガにも苦しんだ。ようやく活躍し始めたのは2012年。開幕スタメンで起用されると、左サイドで真価を発揮。以降、中盤で幅広くプレーした梅崎は2016年にJリーグカップ、昨年にはAFCチャンピオンズリーグ制覇に貢献した。 ▽浦和で通算260試合に出場したベテランは、今シーズンから10年間過ごしたクラブを離れて湘南を新天地として選んだ。「もっと成長したい」という思いを秘めて、梅崎は湘南での活躍を誓った。 ※誕生日が同じ主な著名人 北大路欣也(俳優) 中島みゆき(歌手) 野口五郎(歌手) ブラザートム(ミュージシャン) 百田尚樹(作家) 浅野哲也(元サッカー選手) 山本圭壱(お笑い芸人) 相田翔子(タレント) ギャレス・バリー(サッカー選手/WBA) 近藤春奈(お笑い芸人/ハリセンボン) YUKI(歌手) 亀梨和也(ジャニーズ/KAT-TUN) 三倉茉奈(タレント) 三倉佳奈(タレント) カゼミロ(サッカー選手/レアル・マドリー) 石川佳純(卓球選手) 2018.02.23 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】実績ある“オールドルーキー”の補強でJ1定着のシーズンに《湘南ベルマーレ》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第9弾は湘南ベルマーレを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆5度目のJ1挑戦、定着へ</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:残留】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンはクラブ史上2度目のJ2優勝を果たし、1年でのJ1復帰を果たした。就任7年目となる曺貴裁監督の下で3度目のJ1昇格を果たした湘南としては、J1定着への布石にしたい新シーズンとなる。毎シーズン、主力を引き抜かれて戦力ダウンを強いられる湘南だが、今シーズンは主力だったFWジネイ、MF山田直輝がクラブを離れたものの、MFミキッチ、MF梅崎司、DF大野和成とJ1で実績十分の選手を獲得。さらに韓国代表FWイ・ジョンヒョプ、元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチを獲得し、チーム力をむしろ上げた印象だ。曺監督の戦術も十分に浸透しており、残留は現実的な目標となる。 <span style="font-weight:700;">◆経験値が高い“オールドルーキー”を補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽今シーズンは期限付き移籍の期間延長を含め18名がチームに加わった。J2優勝の立役者であるジネイと山田がクラブを離れたのは痛いが、サンフレッチェ広島でJリーグ優勝を3度経験したミキッチや浦和レッズでリーグカップやACL優勝を経験したタイトル獲得経験者の梅崎らが加入したことは、若い選手が多い湘南にとってプラスに働きそうだ。 ▽新外国人選手であり、Jリーグ初挑戦となる長身の韓国代表FWイ・ジョンヒョプと、インテルにも在籍経験のある元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチがチームにどれだけ早くフィットできるかがポイントとなりそうなところ。J1で戦う湘南の課題は得点力であり、この2人を含めた前線のメンバーがどれだけ得点に絡むかが、残留という目の前の目標達成には必要だ。<hr>【IN】 GK真田幸太(18)←湘南ベルマーレユース/昇格 GK富居大樹(28)←モンテディオ山形/完全 DF坂圭祐(22)←順天堂大学/新加入 DF高橋諒(24)←名古屋グランパス/期限付き→完全 DF大野和成(28)←アルビレックス新潟/完全 MF新井光(18)←長野高校/新加入 MF松田天馬(20)←鹿屋体育大学/新加入 MF小林祐介(23)←柏レイソル/期限付き MF梅崎司(30)←浦和レッズ/完全 MFミハエル・ミキッチ(38)←サンフレッチェ広島/完全 FW和田響稀(18)←湘南ベルマーレユース/昇格 FW山口和樹(22)←国士舘大学/新加入 FW鈴木国友(22)←桐蔭横浜大学/新加入 FWイ・ジョンヒョプ(26)←釜山アイパーク(韓国)/期限付き FWアレン・ステバノヴィッチ(27)←パルチザン・ベオグラード(セルビア)/完全 【OUT】 GK伊藤剛(23)→福島ユナイテッドFC/完全 GK梶川裕嗣(26)→徳島ヴォルティス/完全 GKタンドウ ベラピ(30)→ウェリントン・フェニックス(ニュージーランド)/契約満了 DFパク・テファン(20)→天安市庁(韓国)/期限付き DF広瀬健太(25)→アルビレックス新潟/完全 DF坪井慶介(38)→レノファ山口FC/完全 MF神谷優太(20)→愛媛FC/期限付き MF安東輝(22)→松本山雅FC/完全 MF田村翔太(23)→福島ユナイテッドFC/完全 MF下田北斗(26)→川崎フロンターレ/完全 MF山田直輝(27)→浦和レッズ/期限付き満了 MF武田英二郎(29)→横浜FC/完全 MF奈良輪雄太(30)→東京ヴェルディ/期限付き FWドラガン・ムルジャ(34)→NKオリンピア・リュブリャナ(スロベニア)/完全 FWジネイ(34)→ヴァンフォーレ甲府/完全 FW藤田祥史(34)→ブラウブリッツ秋田/完全<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF梅崎司(30) 2017シーズン(J1) 10試合出場<hr>▽右サイドで違いを生み出せるミキッチと共に注目したいのが梅崎だ。シャドーとウイングの両ポジションをこなせる梅崎は、曺監督にとって重宝する存在となるはずだ。[3-4-2-1]の特殊なシステムは、浦和時代にミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下で熟知しており、戦術的な違いはあれど大きな戸惑いはないはずだ。幾度も大ケガに打ち勝ってきた不屈の闘志で、湘南を高みに導きたい。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_bellmare_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK::秋元陽太 DF:岡本拓也、アンドレ・バイア、大野和成 MF:ミキッチ、小林祐介、秋野央樹、高山薫 MF:菊地俊介、梅崎司 FW:イ・ジョンヒョプ<hr>▽システムは曺監督が重用している[3-4-2-1]で固定されている。ジネイの代わりにイ・ジョンヒョプが、山田の代わりに梅崎かステバノヴィッチがそれぞれ主力として活躍することが期待される。 ▽さらに柏レイソルから期限付きで加入したMF小林祐介が、MF秋野央樹とボランチでレイソルコンビを形成すると予想。3バックは、昨シーズンの主力である岡本拓也、アンドレ・バイア、そして5年ぶりに復帰した大野が務めるものと思われる。 2018.02.19 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮や湘南でプレーしたFWムルジャがスロベニアのNKオリンピアへ完全移籍

▽スロベニア1部リーグのNKオリンピアは10日、昨シーズンまで湘南ベルマーレでプレーした元セルビア代表FWドラガン・ムルジャ(34)を獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ▽ムルジャは、レッドスター・ベオグラードやベルギーのリールセ、ズルテ・ワレヘム、セルビアのヴォイヴォディナやスイスのシオンなどでプレー。2014年7月に大宮アルディージャへと完全移籍した。 ▽大宮では、2016年6月まで4シーズン(2014年、2017年はシーズンの半分)にわたってプレー。J1で52試合に出場し15得点、2015年のJ2では36試合に出場し19得点を記録し、得点ランキング2位に入る活躍でチームのJ2優勝に貢献していた。2017年7月からは湘南でプレーし、10試合に出場し1得点を記録していた。セルビア代表としても14試合に出場し、2010年4月の日本代表戦で2得点を記録していた。 ▽ムルジャは、今回の移籍について「私はかなりの数の選択肢を持っていたが、具体的な話し合いの結果オリンピアに加入することを決めた」とコメント。「何よりもまず重要なのはクラブ、オリンピアです。僕たちが2つのタイトルを獲得するならば、僕と僕たちの目標が達成されたことになります」と目標を語っている。 ▽オリンピアは今シーズンのスロベニアリーグで、首位のマリボルと勝ち点差4の2位につけている。キャプテンは、2016年に浦和レッズに在籍したスロベニア代表DFブランコ・イリッチが務めており、かつてリバプールなどでプレーしたイゴール・ビシュチャン監督が指揮を執っている。また、コーチはサンフレッチェ広島や愛媛FCでもプレーしたアンテ・トミッチ氏が務めている。 2018.02.11 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南退団のGKタンドウ・ベラピ、新天地は母国クラブに

▽湘南ベルマーレは11日、GKタンドウ・ベラピ(30)のウェリントン・フェニックスFC(オーストラリア)移籍を発表した。 ▽オーストラリア出身のタンドウ・ベラピは、2016年から湘南でプレー。だが、昨シーズン限りで契約満了に伴い、退団していた。 2018.02.11 09:15 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース