湘南、2018シーズンのキャプテン、副キャプテンを発表! 今季からヤングキャプテンを新設2018.02.13 18:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽湘南ベルマーレは13日、2018シーズンにおけるキャプテン、副キャプテン、ヤングキャプテンを発表した。

▽昨シーズンの明治安田生命J2リーグを制覇し、J1復帰初年度を迎える湘南は今シーズンのキャプテンにMF高山薫、副キャプテンにMF菊地俊介、MF梅崎司、DF大野和成が就任。そして新たにヤングキャプテンを新設し、DF杉岡大暉が務めることとなった。ヤングキャプテンは、ヤングキャプテンは若手選手の意見集約、チームへの伝達などを務めることになるそうだ。それぞれ役職に就くこととなった5選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

【キャプテン】
◆MF高山薫
「今季もキャプテンを務めさせていただき本当に光栄です。昨季は怪我をしてしまいチームの力になれなかったので、今季こそはしっかりとピッチ内外でチームを支えていきたいです。新しい選手が多く加入したなか、自分がベルマーレでさせてもらったたくさんの経験を伝えていけるよう、今季も1年間、自分らしく頑張ります」

【副キャプテン】
◆MF菊地俊介
「今年も副キャプテンを務めさせていただくことになりました。若い選手が多いので、彼らにいい影響を与えられるよう日々自分自身も精進していきます。またシーズンを通してチームがALIVEするために、まずは自らその姿を見せ、責任感を持って頑張ります」

◆MF梅崎司
「2018シーズンの新チームで大役を任せてもらい光栄です。若いチームのなか、自分は年齢的に上の立場になるので、これまでの自分の経験をアウトプットしみんなと成長していきたいと思います。そして高山キャプテンをしっかりサポートし、自分自身も責任感を持ち、湘南らしい姿を見せていきたいと思います」

◆DF大野和成
「今季、副キャプテンを務めさせていただくこととなりました。厳しい戦いが続く時こそ誰よりも力になれるよう、チームのために、湘南の勝利のために精一杯務めていきたいと思います。そして高山選手をサポートしながらも、高山選手をはじめ他の選手に負けないくらいにチームを引っ張る思いを持ち、頑張っていきたいと思います」

【ヤングキャプテン】
◆DF杉岡大暉
「長く多くの経験をされてきた選手達と若い年代の選手達を結びつける役割として、チームが一体となるよう自分から率先して行動、発言をしていきたいと思います。海外のチームは若い選手が多く躍動しています。ベルマーレもそんなチームになれるよう、自分達若いメンバーがより意欲的に取り組んでいきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

ハーフナー・マイク移籍後初ゴール! 湘南に4発逆転の仙台が連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節ベガルタ仙台vs湘南ベルマーレが、15日にユアテックスタジアム仙台で行われ、4-1で仙台が逆転勝利した。 ▽前節柏レイソルに2-0で勝利して連敗を「2」でストップさせた8位仙台(勝ち点29)は、その試合からスタメンを3名変更。板倉、中野、阿部に代えて、椎橋、西村、ハーフナーを起用した。 ▽リーグ2試合勝ちのない12位湘南(勝ち点26)も、0-1で敗北した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを3名変更。杉岡、高山、小川、に代えて、高橋、藤田、齊藤を起用した。 ▽試合は、12分に意外な形で動きをみせる。湘南が相手陣内左サイド深い位置でスローインを得ると、高橋がロングスローで放り込む。すると、ボックス左の菊池までボールが渡り素早くゴールを狙うが、これは右ポストに直撃。しかし、反応した動いた関口の大きなクリアがバーに当たって豪快にネットを揺らし、不運なオウンゴールとなった。 ▽しかし、直後の15分に関口が自らのミスを取り返す。ボックス手前左までドリブルで侵攻した関口は、巧みなフェイントから中央にカットイン。そのまま右足を振り抜くと、強烈なシュートがGK秋元の手を弾いて試合を振り出しに戻した。 ▽さらに32分、仙台が前半の内に引っくり返す。左サイドでボールを持ったのはまたしても関口。ボックス内に鋭いグラウンダーパスを入れると、ニアで受けた西村のトラップが乱れボールが浮き上がる。しかし、落ち際を右足で捉えると、グラウンダーのシュートがニアを射抜いて逆転弾となった。 ▽その後、仙台がショートパスを繋ぎつつ試合を進行。チャンスが減少した湘南は前半終了間際に梅崎がボックス手前シュートを放ったが、仙台DFにブロックされ得点にはならない。前半は2-1で仙台がリードして折り返しを迎えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽仙台は、ハーフタイム中に梅崎、藤田に代えて小川、松田を投入。大胆な二枚替えを敢行し、巻き返しを図る。 ▽49分、湘南が仙台ゴールを脅かす。右サイドから中央マイナス方向にグラウンダーのクロスが送られると、遅れてボックス内に入ってきた秋野がダイレクトで合わせる。しかし、シュートは枠をわずかに左へ逸れていく。 ▽それでも、湘南が流れを引き寄せかけた直後の55分に仙台がさらに突き放す。右サイドでボールを持った平岡がクロスを上げると、ボックス内中央で待ち構えていたのは長身のハーフナー。ヘディングシュートを放ち、ゴール左隅に沈めた。ハーフナーにとっては、これが移籍後初ゴールとなっている。 ▽仙台がスコアを3-1とすると、ハーフナーは65分でお役御免。仙台はこの日ベンチスタートとなっていた中野を投入し、カウンター狙いにシフトしていく。 ▽69分、仙台に更なる得点機が訪れる。湘南陣内左の石原がボックス内に浮き球のスルーパスを送ると、西村が反応。そのまま放った右足のボレーシュートは得点にこそならなかったものの、左ポストに直撃した。 ▽さらに試合終了間際の87分、仙台は左CKを獲得。クロスが上がると、ファーの蜂須賀が高い打点で合わせる。すると、GK秋元がギリギリで掻き出したかに思われたが、主審はラインを超えたと判断。仙台の4点目となった。 ▽直後に試合が終了。この結果、仙台はホームで連勝を飾った。対する湘南は、リーグ3試合連続で白星から遠ざかっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラ</a><hr></div> 2018.08.15 21:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ウーゴ・ヴィエイラ弾で好調・湘南撃破! 神奈川ダービー制した横浜FM、連敗を「3」でストップ!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第21節湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスが11日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。 ▽ここまで7勝5分け7敗で11位につける湘南(勝ち点26/1試合未消化)と、5勝5分け9敗で15位に位置するの横浜FM(勝ち点20/1試合未消化)の一戦。前節のサンフレッチェ広島戦を2-2で引き分けて5戦無敗中の湘南は、その一戦から先発メンバー2人を変更。藤田と石川に代えて高山と梅崎を起用した。 ▽一方、前節川崎フロンターレとの神奈川ダービーに0-2で敗れて3連敗中の横浜FMは、その一戦から先発メンバーを4人変更。イッペイ・シノヅカと大津、遠藤、伊藤に代えて山中、扇原、オリヴィエ・ブマル、ウーゴ・ヴィエイラを起用した。 ▽神奈川県内に本拠地を置くチーム同士が対戦する『SKYシリーズ』、神奈川ダービーは開始早々、横浜FMに嫌な空気が漂う。5分、松原が高山と顔同士で衝突すると、松原は起き上がれず。しかし、大事には至らず、治療を終えてピッチに戻った。 ▽これに動じない横浜FMは13分、オリヴィエ・ブマルのクロスを仲川が落とすと、ウーゴ・ヴィエイラが押し込んだ。しかし、これはオフサイドの判定が下されてしまい、先制点とはならない。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた湘南は18分、中盤で秋野がボールを奪うと、パスを受けた小川がドリブルを開始。ボックス左手前でスピードを緩めて、ボックス内へスルーパスを送ると、ここに秋野が走り込んでシュートを放つも、GK飯倉に阻まれてしまう。さらに湘南は20分にも高山がゴールを狙ったが、ここもGK飯倉に防がれてしまう。 ▽ホームの湘南はここから一気に横浜FMを押し込み始める。27分、高山からの左CKを秋野がヘディングシュート。さらに29分には高山の左CKに坂が押し込もうとするが、右ポストに直撃。混戦の中から最後は杉岡が詰めるも、ギリギリのところでゴールが決まらない。 ▽苦しい時間帯が続く横浜FMは35分、ボックス左に侵攻したオリヴィエ・ブマルがシュートまで持ち込むも、ここはGK秋元に落ち着いて対処される。45分には右サイドを抜け出した仲川のクロスを、ウーゴ・ヴィエイラが足を伸ばしたが、枠を捉えられない。 ▽前半から激しい攻防を繰り広げるダービーマッチ。そんな中、アウェイの横浜FMが後半開始早々に先制する。48分、自陣からのロングボールに天野がボックス左へ抜け出して折り返すと、最後はウーゴ・ヴィエイラが頭で押し込んで、先制点を挙げる。 ▽先制点を許した湘南は60分、左CKから岡本がヘディングシュートを放つが、ここは飯倉。同点ゴールとはならない。76分には途中出場の野田もこぼれ球に反応してゴールに迫るもこれはゴールの上へと外れた。 ▽横浜FMのカウンターにも耐えながら同点を目指す湘南は後半アディショナルタイム1分、ボックス手前でボールを持った松田が左足で強烈なシュート。しかし、右ポストに嫌われてしまい、最後までゴールを奪うことができず試合終了。 ▽ウーゴ・ヴィエイラのゴールを守り切った横浜FMが、4試合ぶり白星を手にした。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】対照的な両者、荒波を乗り越え白星を掴むのは《湘南vs横浜FM》

▽11日、明治安田生命J1リーグ第21節が開催。湘南ベルマーレvs横浜F・マリノスの『SKYシリーズ』がShonan BMW スタジアム平塚で行われる。 <span style="font-weight:700;">◆対照的な両者</span> ▽現在7勝5分け7敗の五分で11位につけている湘南と、5勝5分け9敗の15位に位置する横浜FM。互いにボトムハーフでありながら、その状況は大きく異なる。 ▽湘南は、前半戦こそ勝ち点を伸ばせずに苦しい戦いを強いられていたが、ロシア・ワールドカップによる中断期間が明けると2勝2分け(1試合未消化)の無敗で、勝ち点8を積み上げている。一方の横浜FMは、革新的なスタイルに挑戦も勝ち星が増えず、中断明けは1勝3敗 (1試合未消化)。現在は3連敗中であり、降格圏の16位ガンバ大阪とは勝ち点で並んでいる状況だ。 <span style="font-weight:700;">◆湘南スタイルを継続しさらなる飛躍を</span>〜湘南ベルマーレ〜 ▽前節は首位のサンフレッチェ広島とアウェイで対戦。先制しながらも広島に逆転を許す苦しい展開だったが、終了間際に相手のオウンゴールで同点に追いつき、勝ち点1を拾った。 ▽夏場であっても、相手よりも走る“湘南スタイル”は継続。前節こそ2失点を喫したが、失点も減り、得点が増え、数字としても結果を残している。それでもこの時期、選手たちに負担はかかる。終盤の失点をいかに防げるのかが勝利へのカギとなるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆荒波から生還できるか</span>〜横浜F・マリノス〜 ▽一方の横浜FMは、リーグ戦3連敗中。前節は川崎フロンターレとの『SKYシリーズ』で0-2と完敗を喫し、降格圏が真下に迫る危機的な状況に陥っている。 ▽今シーズンの横浜FMは、選手にとってもサポーターにとっても難しいシーズンとなっているだろう。試合によっての出来が大きく異なり、大量得点もあれば、大量失点もあるシーズン。毎試合どちらに転ぶのか、蓋を開けて見なければわからない状況だ。初のJ2降格を避けるためにも、この荒波をどう乗り越えるのか。連敗ストップが求められる。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆湘南ベルマーレ</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:秋元陽太 DF:岡本拓也、坂圭祐、山根視来 MF:藤田征也、石川俊輝、秋野央樹、杉岡大暉 MF:菊地俊介、小川慶治朗 FW:山﨑凌吾 監督:曺貴裁<hr>▽スターティングメンバーは前節の広島戦と同じと予想。結果が出ているFW山﨑凌吾を1トップに置き、今夏ヴィッセル神戸からレンタル移籍で加入したMF小川慶治朗も引き続き先発すると予想する。 <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ドゥシャン、山中亮輔 MF:喜田拓也、扇原貴宏、天野純 FW:仲川輝人、ウーゴ・ヴィエイラ、オリヴィエ・ブマル 監督:アンジェ・ポステコグルー<hr>▽3連敗と元気のない横浜FM。カギはいかに攻撃陣が奮起するかだ。トップには前回対戦でハットトリックを記録しているFWウーゴ・ヴィエイラ、両サイドにFW仲川輝人、MFオリヴィエ・ブマルを配置すると予想する。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW山﨑凌吾</span>(湘南ベルマーレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽湘南の注目選手はFW山﨑凌吾だ。今夏、徳島ヴォルティスから加入し、自身初のJ1挑戦となった山﨑。前々節にJ1初ゴールを含む2ゴールを記録すると、前節もPKからゴールとチームの得点源になりつつある。横浜FM相手には大量得点も望めるだけに、山﨑の奮起が勝利へのカギとなるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆DF山中亮輔</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180811_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽横浜FMの注目選手はDF山中亮輔だ。トルコ1部からのオファーもあったとされる山中だが、今シーズンの横浜FMの屋台骨の1人。前回対戦でハットトリックを記録しているウーゴ・ヴィエイラも重要な存在だが、サイドアタックのキーマンである山中に注目したい。走力には自身のある湘南相手に、山中がいかに守備を混乱に陥らせられるのかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆荒れた海か、穏やかな海か</span> ▽状態の差はあるものの、両者の前回対戦を思い出せば、今節の戦いは見応え十分になると予想される。日産スタジアムで行われた第9節では、互いの攻撃陣が躍動。前半だけで両チーム合わせて7ゴールが生まれる乱打戦となった。 ▽湘南のアレン・ステヴァノヴィッチが2得点、横浜FMのウーゴ・ヴィエイラが3得点と両外国人が躍動。打ち合いとなったが、見応え十分の試合だった。 ▽中断明けは、自分たちのペースで試合が行えている湘南と、相手のペースに飲まれすぎている横浜FM。今回の対戦は、どのような波が試合中に起きるのか。終盤戦に入るリーグ戦で、勝ち点を稼ぎたい両者。湘南vs横浜FMの『SKYシリーズ』は、11日(土)の19時にキックオフを迎える。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">前回は4-4の打ち合いに!<br />湘南vs横浜FMをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.11 12:01 Sat
twitterfacebook
thumb

台風で中止となったJ1第18節湘南vs川崎の代替日程が決定!

▽Jリーグは6日、台風12号の影響により中止となっていた2018明治安田生命J1リーグ第18節、湘南ベルマーレvs川崎フロンターレの代替日程を発表した。 ▽当初、同試合は7月28日(土)にShonan BMWスタジアム平塚で19:00キックオフの予定だったが、台風12号の影響により試合前の段階で中止となっていた。 ▽そして、今回発表された代替日程では9月26日(水)にShonan BMWスタジアム平塚で19:30キックオフとなることが決まった。 ▽なお、8月22日(水)に開催予定の天皇杯ラウンド16の同カードの試合が延期になった場合、9月26日(水)に天皇杯が開催となる。その場合は、10月3日(水)にShonan BMW スタジアム平塚で19:30キックオフでの開催となる。 ▽チケットの取り扱いについて湘南ベルマーレ公式サイトなどで対応している。 2018.08.06 15:32 Mon
twitterfacebook
thumb

広島、土壇場で白星するり…湘南が後半ATのOGで勝ち点1《J1》

▽5日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第20節のサンフレッチェ広島(1位/勝ち点44)vs湘南ベルマーレ(11位/同25)は、2-2のドローに終わった。 ▽広島は、4-1で快勝した前節の横浜F・マリノス戦と同じ11名をスターティングメンバーに。一方、連勝中の湘南は秋野が復帰となり、今夏加入の小川を移籍後初スタメンに抜擢した。 ▽試合は、ホームの広島がボールの主導権を握る立ち上がりとなる。だが、走りの部分で互角の戦いを演じる湘南も15分、縦に早い仕掛けから小川がゴールに迫るなど、攻撃の形を作り出す。 ▽徐々にボールの保持率でも盛り返した湘南は30分、右サイドから上がったクロスが山崎の手前で千葉のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得する。山崎が沈め、湘南が先制した。 ▽だが、広島は後半アディショナルタイム4分、柏が左サイドからのクロスを送ると、ボックス内の佐々木が山根のファウルを受けてPKのチャンス。これをパトリックが決め、追いつく。 ▽前半のうちに試合を振り出しに戻した広島は、相手を押し込む63分、千葉が遠目のレンジから右足で直接狙う。これが相手に当たり、ゴールに向かうが、GKに阻まれてしまう。 ▽続く67分にも広島に決定機。バイタルエリア左でパトリックの落としに反応した柏が右足のコントロールショットを放つ。これが枠の右をとらえるが、ここも相手GKの好守に遭う。 ▽だが、広島が勝ち越す。78分、細かいパスワークで左サイドを攻略すると、ボックス左の川辺がヒールパス。反応した柏が自身の放ったシュートのこぼれ球を押し込み、逆転した。 ▽その後、逃げ切りを図った広島だが、自陣バイタルエリア付近でロングボール処理にあたった和田がGK林と連携ミス。頭で返したバックパスが無人のゴールに吸い込まれ、湘南がイーブンに戻した。 ▽結局、そのミスが響き、広島は連勝ならず。敵地で貴重な勝ち点1を拾った湘南は、連勝こそ「2」で止まったものの、5戦無敗としている。 2018.08.05 21:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース