Jリーグキックオフカンファレンス、参加監督&選手が決定! DAZNでライブ配信へ2018.02.13 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽Jリーグは13日、15日に開催される「2018Jリーグキックオフカンファレンス」のライブ配信決定および、参加監督と選手を発表した。▽「Jリーグキックオフカンファレンス」はJリーグにおいて、開幕前の通例行事。全カテゴリーのクラブから監督と代表選手が集まり、抱負や意気込みを語る場となる。

▽ライブ配信先は、今シーズンも『DAZN(ダゾーン)』に決定。西岡明彦氏や、水沼貴史氏、下村東美氏、ハリー杉山氏、影山優佳さんが出演し、同会を彩る。参加する監督と選手は選手は以下のとおり。

◆明治安田生命J1リーグ
北海道コンサドーレ札幌:ペトロヴィッチ/荒野拓馬
ベガルタ仙台:渡邉晋/野津田岳人
鹿島アントラーズ:大岩剛/三竿健斗
浦和レッズ:堀孝史/槙野智章
柏レイソル:下平隆宏/中村航輔
FC東京:長谷川健太/太田宏介
川崎フロンターレ:鬼木達/小林悠
横浜F・マリノス:アンジェ・ポステコグルー/天野純
湘南ベルマーレ:曺貴裁/高山薫
清水エスパルス:ヤン・ヨンソン/松原后
ジュビロ磐田:名波浩/櫻内渚
名古屋グランパス:風間八宏/佐藤寿人
ガンバ大阪:レヴィー・クルピ/遠藤保仁
セレッソ大阪:尹晶煥/山口蛍
ヴィッセル神戸:吉田孝行/小川慶治朗
サンフレッチェ広島:城福浩/柏好文
サガン鳥栖:マッシモ・フィッカデンティ/田川亨介
V・ファーレン長崎:高木琢也/髙杉亮太

◆明治安田生命J2リーグ
モンテディオ山形:木山隆之/松岡亮輔
水戸ホーリーホック:長谷部茂利/佐藤祥
栃木SC:横山雄次/廣瀬浩二
大宮アルディージャ:石井正忠/大前元紀
ジェフユナイテッド千葉:フアン・エスナイデル/近藤直也
東京ヴェルディ:ロティーナ/井上潮音
FC町田ゼルビア:相馬直樹/井上裕大
横浜FC:タヴァレス/イバ
ヴァンフォーレ甲府:吉田達磨/堀米勇輝
松本山雅FC:反町康治/前田大然
アルビレックス新潟:鈴木政一/加藤大
ツエーゲン金沢:柳下正明/清原翔平
FC岐阜:大木武/小野悠斗
京都サンガF.C.:布部陽功/染谷悠太
ファジアーノ岡山:長澤徹/大竹洋平
レノファ山口FC:霜田正浩/坪井慶介
カマタマーレ讃岐:北野誠/佐々木匠
徳島ヴォルティス:リカルド・ロドリゲス/大屋翼
愛媛FC:間瀬秀一/丹羽詩温
アビスパ福岡:井原正巳/駒野友一
ロアッソ熊本:渋谷洋樹/巻誠一郎
大分トリニータ:片野坂知宏/後藤優介

◆明治安田生命J3リーグ※U-23チームは不参加
グルージャ盛岡:菊池利三/今関耕平
ブラウブリッツ秋田:杉山弘一/前山恭平
福島ユナイテッドFC:田坂和昭/石堂和人
ザスパクサツ群馬:布啓一郎/大久保哲哉
Y.S.C.C.横浜:樋口靖洋/中西規真
SC相模原:西ヶ谷隆之/川口能活
AC長野パルセイロ:浅野哲也/阿部伸行
カターレ富山:浮氣哲郎/佐々木陽次
藤枝MYFC:大石篤人/浅田大樹
アスルクラロ沼津:吉田謙/大西勝俉
ガイナーレ鳥取:森岡隆三/加藤潤也
ギラヴァンツ北九州:森下仁之/小谷健悟
鹿児島ユナイテッドFC:三浦泰年/赤尾公
FC琉球:金鍾成/朴一圭

コメント

関連ニュース

thumb

浦和、負傷離脱のファブリシオが再来日…リハビリへ

▽浦和レッズは19日、ブラジル人FWファブリシオの再来日を発表した。 ▽今夏に浦和入りしたファブリシオは、ここまで明治安田生命J1リーグ9試合に出場してチーム2位の6得点を記録。だが、9月1日に行われたJ1リーグ第25節のセレッソ大阪戦で左ヒザを痛め、14日にブラジルで手術を受け、全治7カ月の離脱が見込まれている。 ▽19日からリハビリを開始するファブリシオは、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「手術を終えて、浦和に戻ってきました。僕のことを待ってくれているみなさんの気持ちに対して、1日でも早くピッチで返したい気持ちです。まずはリハビリで頑張っていきますので、もう少しだけ僕のことを待っていてください。よろしくお願いします」 ▽浦和は現在、J1リーグ11勝9分け9敗の6位。20日に行われる次節、3位の鹿島アントラーズをホームに迎え撃つ。 2018.10.19 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、Jリーグ復帰も視野…来年1月の監督業再開を確信

▽フランス人名将のアーセン・ヴェンゲル氏(68)がJリーグ復帰を含めた来年1月の監督業再開を明言した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ヴェンゲル氏は、1995年〜1996年10月まで名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率い、その後にアーセナルの監督として約22年間にわたる長期政権を築城。2003-04シーズンの無敗優勝を含む3度のプレミアリーグ制覇や、7度のFAカップ優勝に貢献したが、2017-18シーズン限りでアーセナルに別れを告げた。 ▽アーセナルの監督を退任して以降、去就を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるヴェンゲル氏。ドイツ『Bild』のインタビューで注目を集める新天地について問われると、次のようにコメントした。 「1月から再びクラブを率いる。確信しているよ。どこかはわからないがね。休養を経て、再び働く準備はできている」 「各協会や、代表チームからコンタクトを受けている。日本に戻る可能性だってあるかもしれない」 「私は、アーセナルでの22年間で様々なレベルで大きな経験をさせてもらった。そのおかげで、世界中から問い合わせがある」 2018.10.19 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、U19代表DF瀬古歩夢をプロ登録…「精一杯戦います」

▽セレッソ大阪は19日、同クラブU-18に所属するU-19日本代表DF瀬古歩夢(18)のプロ登録を発表した。 ▽C大阪の育成機関で育った瀬古は、2016年から2種登録選手としてトップチーム登録されると、今シーズンの明治安田生命J1リーグ3試合、U-23の一員としてJ3リーグ24試合(3得点)に出場。代表キャリアにおいても各世代の日本代表に名を連ね、今月に行われるAFC U-19選手権インドネシア2018に臨むU-19メンバーにも選出されている。 ▽発表日の19日よりプロの仲間入りを果たした瀬古はクラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「一つの目標であったプロサッカー選手になることができてとても嬉しく思います。これで満足せず、応援していただいてる方々の為にも精一杯戦いますので、応援よろしくお願いします!」 2018.10.19 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

次期ギリシャ監督候補に横浜FM指揮官ポステコグルー監督が浮上! すでにギリシャ連盟関係者が接触か

▽横浜F・マリノスで指揮を執るアンジェ・ポステコグルー監督(53)が、ギリシャ代表の新監督候補に挙がったようだ。オーストラリア『The Sydney Morning Herald』が伝えている。 ▽ギリシャ代表は、現在開催中のUEFAネーションズリーグのリーグC・グループ2で2位につけているが、直近に行われた首位のフィンランド代表戦で敗戦し、グループBへの昇格が厳しい状態となってる。そんな中、ギリシャメディアでは、近日中にも代表を率いるミヒャエル・スキッベ監督(53)の解任が行われると報じられており、その後任候補の最上位にポステコグルー監督の名が挙がっているようだ。 ▽『The Sydney Morning Herald』によれば、ギリシャサッカー連盟(HFF)とポステコグルー監督の間で合意に達した事項はいまのところ無く、今季終了までは横浜FMを離れることはないとのこと。しかし、同監督は今回のオファーに興味を示しており、今季限りで横浜FMを離れて自身の母国に戻る可能性を考慮しているという。 ▽なお、HFFがポステコグルー監督に接触したのは今回が初めてではなく、同監督オーストラリア代表監督を辞任した2017年にも就任を熱望していた。 2018.10.19 02:26 Fri
twitterfacebook
thumb

あと5試合…17位鳥栖、マッシモ・フィッカデンティ監督との契約解除を発表

▽サガン鳥栖は18日、マッシモ・フィッカデンティ監督(50)の契約を双方合意のもとで解除したことを発表した。 ▽2016年から鳥栖の指揮を執るマッシモ・フィッカデンティ監督は、今シーズンのここまで7勝9分け13敗の17位。J1昇格後クラブワーストの7連敗を喫するなど前半戦から苦戦を強いられ、夏場の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、日本代表FW金崎夢生の両FW獲得で巻き返しを目指したが、残り5試合の現時点も自動降格圏から抜け出せずにいる。 ▽今回契約解除となったフィッカデンティ氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「みなさんこんばんは。まず私からこのように直接サポーターの皆さまに挨拶できる機会を与えて頂いたことに感謝致します。約3年間にわたり、サガン鳥栖の監督として過ごした日々の中では一つ一つの忘れられないようなエピソードが多くあります。ポジティブなこともありますが、そうでないようなことも残念ながらあります」 「私自身のプロキャリアの中で、約3年間をサガン鳥栖で過ごせたことは本当に素晴らしいキャリアになりました。サッカーの世界では難しい局面に立ち合うこともあります。本当に何が起きるかわからない、いいことも悪いこともある、想像もつかないことが日々起きる世界です。その中で、特に今年に関してはサガン鳥栖にとって不運なことが多く起きたのかなと思います。少なからずそれが成績に影響したこともあると思います。この状況の中、チームがJ1に残留するために最善を尽くすことをクラブと共に最優先に考える中では、実際に残りの5試合にどのように立ち向かうべきかを二週間の時間を結果的に要することにはなりましたが、協議を続けた上で私とチームとの関係に終止符を打つという結論に至りました」 「その中で、チームは必ず目標を達成するために取り組むでしょう。互いにサガン鳥栖の将来を最優先に考えた上で導き出した答えです。チームから離れることが決まった上で最後にサポーターの皆様に伝えておきたいメッセージがあります」 「絶対にサガン鳥栖は来年もJ1で戦える力を持っています。そして、その舞台に立つ権利を残りの5試合で勝ち取る力がこのチームには備わっています。クラブとサポーターが一体となって、皆さん諦めることなく、全力でサポートしていただきたい。最後の最後まで全力で戦ってほしいと思います。最後に竹原社長を始めとした役員の方、クラブスタッフの方、そして一緒に戦ってきた選手のみんな、私が就任して1日目から本気で戦う気持ちでサポートしていただいたファン・サポーターの皆さまへの感謝をこの場でお伝えしたいと思います。ありがとうございました」 ▽なお、鳥栖はU-18監督でトップチームのコーチを兼任する金明輝氏(キム ミョンヒ/37)が後任監督として昇格する事を併せて発表している。 2018.10.19 00:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース