長友佑都、公式戦3試合連続フル出場で移籍後リーグ戦初勝利! ガラタサライは首位浮上!《トルコ・スーパーリーグ》2018.02.13 09:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライは12日、トルコ・スーパーリーグ第21節でアンタルヤスポルと対戦し、3-0で勝利した。長友は移籍後公式戦3試合連続フル出場を果たしている。▽2位のガラタサライ(勝ち点41)が、15位のアンタルヤスポル(勝ち点21)をホームに迎えた一戦。試合はガラタサライが14分、左サイドから切れ込んだ味方のシュートが相手DFに当たるも、ボックス内にこぼれたボールをバフェティンビ・ゴミスが反転し、ゴール左へと突き刺した。

▽幸先良く先制点を奪ったガラタサライは20分にも追加点。敵陣中央左からガリー・ロドリゲスがスピーディなドリブルでボックス手前中央まで持ち込んでラストパスを送る。フリーで走り込んだバフェティンビ・ゴミスが右足でゴール左へと押し込み、2-0にリードを広げる。

▽ガラタサライは順調な試合運びを見せると38分にもユネス・ベルアンダの浮き球のパスからソフィアン・フェグリがゴールネットを揺らして前半だけで3-0にする。後半こそ追加点は生まれず、終了間際には退場者を出したものの、そのまま試合終了。勝ち点3を獲得したガラタサライは、勝ち点43のイスタンブール・バシャクシェヒルFKを抜き去り、首位に浮上した。

ガラタサライ 3-0 アンタルヤスポル
【ガラタサライ】
バフェティンビ・ゴミス(前14)
バフェティンビ・ゴミス(前20)
ソフィアン・フェグリ(前38)
コメント
関連ニュース
thumb

長友アシストもガラタサライ、ホームでベンフィカに競り負ける《EL》

ガラタサライは14日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでベンフィカとホームで対戦し、1-2で敗戦した。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。 ポルトやシャルケ、ロコモティフ・モスクワが同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループDで3位となったガラタサライは、長友を左サイドバックで先発起用した。 バイエルンやアヤックスらと同居したCLグループEで3位となったベンフィカに対し、オープンな展開で立ち上がったガラタサライは19分に決定機。右クロスのルーズボールをG・ロドリゲスがシュートに持ち込んだが、相手DFの好ブロックに阻まれた。 すると26分、ガラタサライはPKを献上する。左クロスをボックス内のマルコンがクリアにかかるも、ボールが手に当たってしまった。このPKをサルビオに決められ、先制を許してしまった。 失点後も左ウイングのG・ロドリゲスのスピードを起点に攻撃の形を作り出していたガラタサライだったが、同点弾を奪えずに前半を終えた。 それでも迎えた後半9分、ガラタサライが長友のアシストから同点に追いつく。長友が左サイド高い位置から右足でクロスを入れると、ファーサイドのルインダマが頭で押し込んだ。 同点弾で勢い付いたガラタサライだったが、64分に一瞬の隙を突かれて勝ち越された。ロングフィードに抜け出したセフェロビッチに対応したマルコンが競り負けてボックス内への侵入を許し、シュートを決められてしまった。 痛恨のアウェイゴールを許してしまったガラタサライは終盤にかけて前がかるもチャンスを生み出せずに1-2で敗戦。来週アウェイで行われる2ndレグに向けて苦境に立たされた。 2019.02.15 04:59 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ行きも噂された長友佑都同僚DFマイコンがサウジアラビアへ

サウジアラビアのアル・ナスルは5日、ガラタサライのブラジル人DFマイコン(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年半となる。 マイコンは、クルゼイロでプロキャリアをスタートさせると、ポルトガルのナシオナルやポルトでプレー。ポルト時代には、公式戦190試合に出場し12ゴール6アシストを記録。2010-11シーズンから国内リーグ3連覇を達成したほか、2010-11シーズンのヨーロッパリーグ優勝も経験している。 2016年7月にサンパウロへ移籍すると、2017年7月にガラタサライへと加入。2017-18シーズンのトルコ・スーパーリーグ優勝に貢献すると、今シーズンはリーグ戦で15試合に出場し1ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグでも4試合に出場していた。 マイコンはJリーグ入りが近づいているとトルコメディアに報じられていたが、行き先はサウジアラビアとなった。 2019.02.05 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

長友佑都、香川真司の鮮烈デビューに驚嘆! FK弾には「あんな球蹴れるなら先言っといてや」

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、日本代表MF香川真司のベシクタシュデビューに衝撃を受けている。 移籍市場最終日にドルトムントからレンタルでベシクタシュに加入した香川。3日に行われたスュペル・リグ第20節のアンタルヤスポル戦では、4-1のリードで迎えた81分からピッチに立って新天地デビューを飾った。するとその直後、香川はバイタルエリア左でボールを受けると、シザースを織り交ぜたドリブルからボックス右足を振り抜き、相手DFの股間を抜くシュートで移籍後初ゴール。さらに84分にはボックス手前左からのFKの場面でキッカーを務め、縦回転をかけたシュートをゴール右に突き刺した。香川の2ゴールを挙げる活躍で、ベシクタシュは6-2の大勝を飾った。 香川の鮮烈デビューを目にした長友は自身のツイッター(@YutoNagatomo5)で驚嘆。特に2点目のFKには「あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや」とコメントしている。 「香川真司さん3分で2得点は衝撃的デビューで出来過ぎよ。笑 フリーキック縦回転は初めて見たわ。あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや。笑」 なお、長友が所属するガラタサライと香川が所属するベシクタシュは、5月5日に行われるスュペル・リグ第31節で激突する。 2019.02.04 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユFWミトログルがガラタサライへ1年半レンタル! 長友の同僚に

DF酒井宏樹の所属するマルセイユは1月31日、ギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログル(30)が、DF長友佑都の所属するガラタサライに2020年6月30日までのレンタルで移籍することを発表した。 レフティーの大型ストライカーであるミトログルは、母国のオリンピアコスで活躍後、ベンフィカでも活躍。そして、2017年8月からマルセイユでプレーしていた。そのマルセイユでは在籍1シーズン半で公式戦50試合に出場して16ゴールを決めたが、今季はリーグ・アンで14試合に出場して3ゴール、ヨーロッパリーグでは5試合ノーゴールと期待に応えられていなかった。 マルセイユでは今冬の移籍市場でミトログルに代わる得点源としてイタリア代表FWマリオ・バロテッリを獲得していた。 2019.02.01 02:13 Fri
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェが“最大のライバル”ガラタサライからトルコ代表DFアジズを獲得

フェネルバフチェは30日、ガラタサライからトルコ代表DFセルダル・アジズ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの3年半となる。 アジズは、ブルサシュポルの下部組織で育ち、2016年7月にガラタサライへと完全移籍していた。 ガラタサライではセンターバックの一角としてプレー。2016-17シーズンはケガによる離脱が長く出場機会に恵まれなかったものの、2017-18シーズンはリーグ戦27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今シーズンはリーグ戦10試合で2ゴール1アシストを記録していた。 最大のライバルであるガラタサライからの移籍となり、ダービーでのファンの反応は気になるところ。ガラタサライ戦は、4月14日に予定されている。 2019.01.31 17:15 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース