【CLプレビュー】攻撃力が売りの両チームが激突《ポルトvsリバプール》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルトvsリバプールが日本時間14日28:45にキックオフされる。攻撃力が売りの両チームによる激突だ。

▽ベシクタシュやモナコ、ライプツィヒといった実力伯仲のクラブと同居したグループGをベシクタシュに次ぐ2位で通過したポルトは、ポルトガルリーグでも17勝4分けの無敗で、2位ベンフィカに2ポイント差を付けての首位に立っている。今季から指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督の下、得点力に優れた好チームに仕上がっている印象だ。

▽一方、セビージャやスパルタク・モスクワ、マリボルといった恵まれたグループEを3勝3分けの首位で通過したリバプールは、国内リーグではチャンピオンズリーグ出場圏内の3位と、上々のシーズンを送っている。得点力も27試合を終えた段階で61ゴールと、マンチェスター・シティに次ぐ破壊力を見せている。直近のサウサンプトン戦では好調を維持するサラーがリーグ戦22ゴール目を決めるなど2-0で快勝し、ポルト戦を迎えた。

▽なお、両チームはこれまで4度対戦しており、リバプールが2勝2分けと相性の良さを見せている。直近の対戦は2007-08シーズンのCLグループステージで、リバプールが1勝1分けとしていた。

◆ポルト◆
【4-4-2】
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ジョゼ・サ
DF:リカルド・ペレイラ、ディエゴ・レジェス、マルカノ、A・テレス
MF:J・コロナ、H・エレーラ、ダニーロ、ブラヒミ
FW:マレガ、アブバカル
負傷者:なし
出場停止者:DFフェリペ

▽レギュラーセンターバックのフェリペがモナコ戦で退場したことにより出場停止となる。代役にはディエゴ・レジェスを予想した。

◆リバプール◆
【4-3-3】
(C)CWS Brains,LTD.
GK:カリウス
DF:ジョー・ゴメス、ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ワイナルドゥム、ヘンダーソン、ミルナー
FW:サラー、フィルミノ、マネ
負傷者:DFクライン、クラバン
出場停止者:MFジャン

▽ジャンが累積により出場停止となる。中盤ではチェンバレンが、センターバックではマティプが起用される可能性もある。

★注目選手
◆ポルト:FWヴァンサン・アブバカル
Getty Images
▽ポルトの注目選手にはカメルーン代表のストライカーを挙げたい。アンドレ・シウバがミランへ移籍した中、エースストライカーとしての役割を期待されたアブバカルは、見事その期待に応えている。CLでは5ゴール2アシストを、国内リーグ戦では15ゴール3アシストと申し分ないスタッツを残している。決して強固とは言えないリバプール守備陣の隙を、持ち前のフィジカルを生かしたプレーでゴールをこじ開けたい。

◆リバプール:FWモハメド・サラー
Getty Images
▽リバプールの注目選手は言わずもがな、エジプト代表FWのサラーだ。爆発的なスピードと高次元のテクニックで局面を打開するウインガーは、プレミアリーグで22ゴール8アシストを、CLで5ゴール2アシストを記録し、規格外の活躍を見せている。ポルト守備陣にサラーのスピードに付いていける選手は見当たらず、確実にゴールシーンを生み出すはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、CLで圧倒的な攻撃力を見せる...7試合で28得点を記録

リバプールは、今季のチャンピオンズリーグ(CL)で圧倒的な攻撃力を見せ付けている。<br><br>リバプールは14日のCL決勝トーナメント1回戦第1戦でポルトに5-0と大勝した。アウェーで5得点を奪っての勝利で、ベスト8入りを決定的としている。<br><br>リバプールはここまでCL7試合で28得点を記録している。攻撃を牽引しているのは、MFモハメド・サラー、FWロベルト・フィルミノ、サディオ・マネの3選手だ。<br><br>全公式戦で見ると、サラーは30得点12アシスト、フィルミノは21得点12アシスト、マネは12得点7アシストという記録を残している。今冬MFフィリペ・コウチーニョがバルセロナに移籍したリバプールだが、彼の不在を感じさせない破壊力を維持している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.16 02:02 Fri
twitterfacebook
thumb

5発大勝のリヴァプール、クロップも大満足「こんなに簡単にはいかないよ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、勝利したポルト戦でのパフォーマンスを称賛した。<br><br>14日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント第1戦で、リバプールはポルトと対戦。サディオ・マネのハットトリックに加え、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノのゴールで敵地での初戦を5-0で勝利している。<br><br>試合後、『BTスポーツ』でリバプールにとって完璧な試合だったかと問われたクロップ監督は、「もちろんそうだ。誰もがそう言えるだろう」と話し、敵地での大勝を喜んだ。<br><br>「とてもプロフェッショナルで、とても落ち着き、とてもアグレッシブだった。良い守備、カウンターアタック、ボールキープもできていた。いつもはこんなに簡単な試合にはならない。ハードワークし、選手たちは楽しみながらプレーしていた。これは最も重要なことだと思う。今夜はファンタスティックなパフォーマンスが見られた。この結果は全員が正しい方向に進んでいたということだ」<br><br>「(アンドリュー)ロバートソンは素晴らしいプレーをした。もちろん、マネはマン・オブ・ザ・マッチだが、フィルミーノも良い仕事を見せてくれた」<br><br>1stレグで大勝したリバプールは、大きなアドバンテージを持って3月6日に本拠地「アンフィールド」にポルトを迎え撃つ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.15 14:31 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ポルト 0-5 リバプール《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、、ポルトvsリバプールが14日に行われ、0-5でリバプールが圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180215_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 ジョゼ・サ 5.0 1失点目は完全に自身のミス DF 21 リカルド・ペレイラ 5.0 守備に追われるのみだった 23 ディエゴ・レジェス 5.0 フェリペの代役は務まらなかった 5 マルカノ 5.0 相棒のフェリペが不在の中、守備を統率できず 13 A・テレス 5.0 精度の高いクロスボールを幾つか供給もサラーに対応しきれず MF 11 マレガ 5.0 スピードに乗った突破は見られず 16 H・エレーラ 5.0 守備に重点を置いていたため、前に出れなかった 27 セルジオ・オリベイラ 5.0 特徴わからず。守備に追われていた 8 ブラヒミ 5.5 左サイドからの攻撃が唯一の起点だった (→ ワリス・マジェード 5.0) 目立った仕事はなし FW 25 オタビオ 5.0 バイタルエリアで仕掛ける姿勢は見せたが、前半で交代 (→J・コロナ 5.0) 特にアクセントを付けるようなプレーはなかった 29 ソアレス 5.5 幾つか質の高いプレーを見せてゴール前で脅威に (→パシエンシア -) 監督 セルジオ・コンセイソン 5.0 主力不在もホームで守備的に戦い5失点惨敗 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180215_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 カリウス 6.0 安定したゴールキーピングだった DF 66 アーノルド 6.0 攻守に安定した出来だった (→J・ゴメス -) 6 ロブレン 6.0 身体を張った守備を続けた 4 ファン・ダイク 6.0 集中切らさずプレー 26 ロバートソン 6.0 質の高い攻撃参加を見せた MF 5 ワイナルドゥム 6.5 先制点に絡み、攻撃に厚みをもたらす 14 ヘンダーソン 6.0 的確な散らしを見せる (→マティプ -) 7 ミルナー 6.5 タイミング良くゴール前に絡んで2点を演出 FW 11 サラー 6.5 2点目を決め、3点目に絡んだ。次元の違いを示す 9 フィルミノ 6.5 3点目を決め、2点目に絡んだ (→イングス -) 19 マネ 7.5 ハットトリック達成。4点に絡んだ 監督 クロップ 6.5 敵地で完勝。1stレグで勝負を決めた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! マネ(リバプール) ▽ハットトリックで文句なしの選出。破壊力を象徴する存在となった。 ポルト 0-5 リバプール 【リバプール】 マネ(前25) サラー(前29) マネ(後8) フィルミノ(後25) マネ(後40) 2018.02.15 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

マネがハット! 3トップ揃い踏みのリバプールが敵地でポルトに5発圧勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルトvsリバプールが14日に行われ、0-5でリバプールが圧勝した。 ▽ベシクタシュやモナコ、ライプツィヒといった実力伯仲のクラブと同居したグループGをベシクタシュに次ぐ2位で通過したポルトは、アブバカルとダニーロの両主力が負傷により欠場となり、フェリペが出場停止のため欠場となった。 ▽一方、セビージャやスパルタク・モスクワ、マリボルといった恵まれたグループEを3勝3分けの首位で通過したリバプールは、2-0と勝利した直近のサウサンプトン戦のスタメンから3選手を変更。出場停止のジャンを除いて現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽ホームチームのポルトが自陣に[4-4-2]の3ラインを敷く慎重な入りを見せた中、リバプールがボールを持つ展開で立ち上がっていく。 ▽カウンターを狙うポルトは左サイドのブラヒミのドリブルを起点に仕掛けると10分、オタビオが決定的なシュートを浴びせるも、ロブレンの身体を張ったブロックに防がれる。 ▽その後もリバプールが引き続き押し込む展開とすると、25分に先制した。ワイナルドゥムがドリブルシュートを狙い、ボックス内で混戦となったところをラストパス。これをボックス左のマネがダイレクトでシュートすると、GKジョゼ・サは守備範囲だったが、セーブし損ねゴールラインを割った。 ▽さらに30分、リバプールが突き放す。敵陣でインターセプトしたミルナーがコントロールシュート。これは右ポストを直撃したものの、ルーズボールを拾ったサラーがGKジョゼ・サをかわしてシュートを決めた。 ▽アウェイゴール2つを獲得したリバプールは、ボールを回してポルトをいなしていく。そんな中44分、ソアレスに決定的なシュートを許すもわずかに枠を外れ、2点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半からオタビオに代えてJ・コロナを投入したポルトが前がかったのに対し、リバプールは53分に3点目を奪い切る。ロングカウンターに転じてサラーが右サイドを持ち上がり、スルーパス。これを受けたフィルミノのシュートはGKに弾かれたが、ルーズボールをマネが押し込んだ。 ▽さらに70分、マネのスルーパスをボックス左に走り込んだミルナーがクロスを送ると、フィルミノが合わせて4-0とした。余裕のリバプールはヘンダーソンに代えてマティプを5バックの一角に投入。そして85分にダメを押す。マネが強烈なミドルシュートを叩き込んだ。そのまま5-0で圧勝したリバプールがアンフィールドで行われる2ndレグを前に勝負を決定付けている。 2018.02.15 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがメキシコ代表DFラユンを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽セビージャは30日、メキシコ代表DFミゲル・ラユン(29)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。 ▽これまでアタランタやクラブ・アメリカ、グラナダ、ワトフォードを渡り歩いてきたラユンは、2015年夏にポルトに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。右利きながら左足もそん色なく扱う両利きの同選手は、両サイドの複数ポジションでプレー可能な攻撃的な左サイドバックとして、ここまで公式戦79試合に出場し11ゴール23アシストを記録。今シーズンはここまでリーグ戦13試合に出場し2ゴールを挙げていた。 ▽また、2013年にデビューを飾ったメキシコ代表では通算60試合に出場し4ゴールを記録し、ロシア・ワールドカップ本大会メンバー入りも確実視されている。 ▽ラユンに関しては今冬のサイドバック補強を目指すベティスの最優先ターゲットと報じられていたが、ライバルクラブのセビージャ加入となった。 2018.01.31 03:13 Wed
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース