【CLプレビュー】攻撃力が売りの両チームが激突《ポルトvsリバプール》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルトvsリバプールが日本時間14日28:45にキックオフされる。攻撃力が売りの両チームによる激突だ。▽ベシクタシュやモナコ、ライプツィヒといった実力伯仲のクラブと同居したグループGをベシクタシュに次ぐ2位で通過したポルトは、ポルトガルリーグでも17勝4分けの無敗で、2位ベンフィカに2ポイント差を付けての首位に立っている。今季から指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督の下、得点力に優れた好チームに仕上がっている印象だ。

▽一方、セビージャやスパルタク・モスクワ、マリボルといった恵まれたグループEを3勝3分けの首位で通過したリバプールは、国内リーグではチャンピオンズリーグ出場圏内の3位と、上々のシーズンを送っている。得点力も27試合を終えた段階で61ゴールと、マンチェスター・シティに次ぐ破壊力を見せている。直近のサウサンプトン戦では好調を維持するサラーがリーグ戦22ゴール目を決めるなど2-0で快勝し、ポルト戦を迎えた。

▽なお、両チームはこれまで4度対戦しており、リバプールが2勝2分けと相性の良さを見せている。直近の対戦は2007-08シーズンのCLグループステージで、リバプールが1勝1分けとしていた。

◆ポルト◆
【4-4-2】
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ジョゼ・サ
DF:リカルド・ペレイラ、ディエゴ・レジェス、マルカノ、A・テレス
MF:J・コロナ、H・エレーラ、ダニーロ、ブラヒミ
FW:マレガ、アブバカル
負傷者:なし
出場停止者:DFフェリペ

▽レギュラーセンターバックのフェリペがモナコ戦で退場したことにより出場停止となる。代役にはディエゴ・レジェスを予想した。

◆リバプール◆
【4-3-3】
(C)CWS Brains,LTD.
GK:カリウス
DF:ジョー・ゴメス、ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ワイナルドゥム、ヘンダーソン、ミルナー
FW:サラー、フィルミノ、マネ
負傷者:DFクライン、クラバン
出場停止者:MFジャン

▽ジャンが累積により出場停止となる。中盤ではチェンバレンが、センターバックではマティプが起用される可能性もある。

★注目選手
◆ポルト:FWヴァンサン・アブバカル
Getty Images
▽ポルトの注目選手にはカメルーン代表のストライカーを挙げたい。アンドレ・シウバがミランへ移籍した中、エースストライカーとしての役割を期待されたアブバカルは、見事その期待に応えている。CLでは5ゴール2アシストを、国内リーグ戦では15ゴール3アシストと申し分ないスタッツを残している。決して強固とは言えないリバプール守備陣の隙を、持ち前のフィジカルを生かしたプレーでゴールをこじ開けたい。

◆リバプール:FWモハメド・サラー
Getty Images
▽リバプールの注目選手は言わずもがな、エジプト代表FWのサラーだ。爆発的なスピードと高次元のテクニックで局面を打開するウインガーは、プレミアリーグで22ゴール8アシストを、CLで5ゴール2アシストを記録し、規格外の活躍を見せている。ポルト守備陣にサラーのスピードに付いていける選手は見当たらず、確実にゴールシーンを生み出すはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

元鹿島のカイオにポルト移籍の可能性が浮上

▽元鹿島アントラーズで現在はUAEのアル・アインでプレーするブラジル人MFカイオ(24)にポルト移籍の噂が浮上している。ポルトガル『zerozero』が伝えた。 ▽ポルトは現在ポルトガルリーグで5勝2敗で3位に位置。しかし最近、ここまでリーグ戦6試合4ゴール1アシストを記録していたカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカルが左ヒザ前十字じん帯を断裂したことで攻撃力の低下が心配されており、冬の移籍市場で新たなアタッカーの獲得を検討しているようだ。そこで注目しているのが、カイオだという。 ▽カイオは2014年に鹿島に加入。2シーズン半プレーした後、2016年7月にアル・アインに移籍した。今シーズンはここまでリーグ戦4試合2ゴール3アシストを記録している。 ▽アル・アインとの契約が今シーズン限りまでとなっているカイオ。ポルトからの関心については、「どんなプレーヤーもビッグクラブでプレーしたいと思うもの。それは僕も同じだ。確かにポルトからの噂は耳にしている。ただ、これを解決するのは代理人だよ」とコメントしている。 2018.10.12 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー後釜にエクトル・エレーラ?

▽イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』は、アーセナルがウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)の代役探しを水面下で進めていると報じた。 ▽その有力候補として名前が挙がったのが、正確な技術と運動量に優れたポルトのメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(28)だ。ポルトとの現行契約は今シーズン限り。アーセナルは、3日に行われたチャンピオンズリーグのポルトvsガラタサライにスカウトを派遣したという。 ▽そのほか、アーセナルはリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)にも興味を示している模様。だが、リールを納得させるためには最低でも移籍金3000万ユーロ(約39億2000万円)が必要とみられ、同じく関心を寄せるエバートンとの争奪戦も予想されている。 ▽なお、今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了となるラムジーを巡っては現在、新契約の締結に至っておらず、既報で交渉決裂も取り沙汰され、移籍の可能性が高まっている。 2018.10.07 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カシージャスに代表復帰の可能性が浮上?!

▽ポルトに所属するGKイケル・カシージャス(37)に、スペイン代表復帰の可能性が浮上した。スペイン『アス』が報じている。 ▽フランスで行われたユーロ2016を最後に、代表チームから遠ざかっているカシージャス。GKダビド・デ・ヘアに追われる形となったが、キャップ数は「167」を数え、ユーロ2008、2010年南アフリカ・ワールドカップ、ユーロ2012の連続優勝にキャプテンとして貢献した元絶対的守護神だ。 ▽報道によると、カシージャスは数日前にルイス・エンリケ代表監督と連絡を取り合っており、「与えられればどのような役割も担う」と伝えたという。また、エンリケ監督は約70人の候補者リストにカシージャスが載っていることを以前に明らかにしていた。 ▽とはいえ、4日にスペインサッカー連盟(RFEF)によって発表されたUEFAネーションズリーグ(UNL)に臨むスペイン代表メンバー23名に、カシージャスは含まれず。ゴールキーパーには現正守護神デ・ヘアと、GKケパ・アリサバラガ、パウ・ロペスが選出されている。 2018.10.05 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

フル出場長友、決定機逸でガラタサライはポルトに惜敗《CL》

▽ガラタサライは3日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節でポルトとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。 ▽ロコモティフ・モスクワとの初戦で3-0と快勝したガラタサライは、長友が引き続きスタメンとなり、フェルナンドとマイコンが古巣対決に臨んだ。 ▽初戦のシャルケ戦を1-1で引き分けたCL常連のポルトに圧力をかけられる入りを強いられたガラタサライだったが冷静に凌ぐと、13分にギュムシュがボレーシュートでゴールに迫る。これはM・ペレイラの好ブロックに阻まれ、続く17分のCKからアジズの放ったヘディングシュートはわずかに枠を捉えきれなかった。 ▽効果的な攻撃でポルトをけん制していたガラタサライだったが、26分にピンチ。長友が突破された流れからクロスを上げられ、ブラヒミにボレーシュートを許したが、GKムスレラがファインセーブで凌いだ。 ▽すると38分、長友にビッグチャンスが訪れる。G・ロドリゲスのヒールパスに抜け出した長友がボックス左に侵入してシュート。しかし、GKカシージャスのセーブに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 ▽すると後半開始4分、左CKからフリーになっていたマレガにヘディングシュートを決められ、ガラタサライは先制を許してしまう。 ▽その後もテレスの直接FKやヘスス・コロナの枠内シュートでゴールを脅かされたガラタサライは、76分に同点のチャンス。しかし、ギュムシュとのパス交換からボックス内のG・ロドリゲスがフィニッシュに持ち込むも枠の上に外してしまった。 ▽さらに79分、FKからギュムシュのダイビングヘッドは枠の右に外れ、0-1のままタイムアップ。1勝1敗となった。一方、勝利したポルトは1勝1分けとし、首位に浮上している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.04 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトガルの強豪ポルト、柴崎岳に依然関心か

▽ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)にポルトが依然として目を光らせているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。<br><br>▽2017年夏にヘタフェ入りした柴崎。今夏のロシア・ワールドカップで日本代表のベスト16位入りに大きく貢献したが、ヘタフェ在籍2年目の今シーズンはここまで出番がほとんどなく、苦しい日々を過ごしている。<br><br>▽その柴崎に対して、今夏も関心が取り沙汰されたポルトガルの強豪ポルトが今もなお視線を注いでいる模様。来年1月の移籍市場で獲得に動く可能性があるという。<br><br>▽ポルトは、国内リーグ28度の優勝を誇るポルトガル屈指の名門。果たして、ヘタフェで苦しむ柴崎のポルト移籍は実現するのだろうか。今後の動向から目が離せない。 2018.09.30 10:35 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース