【CLプレビュー】攻撃力が売りの両チームが激突《ポルトvsリバプール》2018.02.14 12:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、ポルトvsリバプールが日本時間14日28:45にキックオフされる。攻撃力が売りの両チームによる激突だ。

▽ベシクタシュやモナコ、ライプツィヒといった実力伯仲のクラブと同居したグループGをベシクタシュに次ぐ2位で通過したポルトは、ポルトガルリーグでも17勝4分けの無敗で、2位ベンフィカに2ポイント差を付けての首位に立っている。今季から指揮を執るセルジオ・コンセイソン監督の下、得点力に優れた好チームに仕上がっている印象だ。

▽一方、セビージャやスパルタク・モスクワ、マリボルといった恵まれたグループEを3勝3分けの首位で通過したリバプールは、国内リーグではチャンピオンズリーグ出場圏内の3位と、上々のシーズンを送っている。得点力も27試合を終えた段階で61ゴールと、マンチェスター・シティに次ぐ破壊力を見せている。直近のサウサンプトン戦では好調を維持するサラーがリーグ戦22ゴール目を決めるなど2-0で快勝し、ポルト戦を迎えた。

▽なお、両チームはこれまで4度対戦しており、リバプールが2勝2分けと相性の良さを見せている。直近の対戦は2007-08シーズンのCLグループステージで、リバプールが1勝1分けとしていた。

◆ポルト◆
【4-4-2】
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ジョゼ・サ
DF:リカルド・ペレイラ、ディエゴ・レジェス、マルカノ、A・テレス
MF:J・コロナ、H・エレーラ、ダニーロ、ブラヒミ
FW:マレガ、アブバカル
負傷者:なし
出場停止者:DFフェリペ

▽レギュラーセンターバックのフェリペがモナコ戦で退場したことにより出場停止となる。代役にはディエゴ・レジェスを予想した。

◆リバプール◆
【4-3-3】
(C)CWS Brains,LTD.
GK:カリウス
DF:ジョー・ゴメス、ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ワイナルドゥム、ヘンダーソン、ミルナー
FW:サラー、フィルミノ、マネ
負傷者:DFクライン、クラバン
出場停止者:MFジャン

▽ジャンが累積により出場停止となる。中盤ではチェンバレンが、センターバックではマティプが起用される可能性もある。

★注目選手
◆ポルト:FWヴァンサン・アブバカル
Getty Images
▽ポルトの注目選手にはカメルーン代表のストライカーを挙げたい。アンドレ・シウバがミランへ移籍した中、エースストライカーとしての役割を期待されたアブバカルは、見事その期待に応えている。CLでは5ゴール2アシストを、国内リーグ戦では15ゴール3アシストと申し分ないスタッツを残している。決して強固とは言えないリバプール守備陣の隙を、持ち前のフィジカルを生かしたプレーでゴールをこじ開けたい。

◆リバプール:FWモハメド・サラー
Getty Images
▽リバプールの注目選手は言わずもがな、エジプト代表FWのサラーだ。爆発的なスピードと高次元のテクニックで局面を打開するウインガーは、プレミアリーグで22ゴール8アシストを、CLで5ゴール2アシストを記録し、規格外の活躍を見せている。ポルト守備陣にサラーのスピードに付いていける選手は見当たらず、確実にゴールシーンを生み出すはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レスターがポルトガル代表右サイドバックを獲得!

▽レスター・シティは19日、ポルトからポルトガル代表DFリカルド・ペレイラ(24)を獲得したことを発表した。契約2023年までの5年契約となる。 ▽ロシア・ワールドカップの代表メンバーにも選ばれているリカルド・ペレイラ。レスター加入を以下のようにコメントしている。 「ここにこられてとても嬉しい。このチームで早くベストを尽くしたい。プレミアリーグの雰囲気、ファン、そしてフットボールは世界一だ。僕はチームを助けるため、チームの目標を達成させるためにここに来たんだ」 ▽2013年に、スポルティング・リスボンやヴィトーリアの下部組織を経てポルトの下部チームに入団したリカルド・ペレイラは、ニースへのレンタル移籍も経験しつつ、今シーズンからポルトにレンタルから復帰。右サイドバックを主戦場にリーグ戦27試合に出場し2ゴール5アシストを記録し、チームの5年ぶりの優勝に貢献した。 2018.05.20 04:39 Sun
twitterfacebook
thumb

カシージャスがポルトと1年の契約延長

▽ポルトは17日、元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)と1年の契約延長で合意したことを発表した。 ▽2015年にレアル・マドリーからポルトに移籍したカシージャス。契約は今季限りまでとなっていたが、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるクラブの事情を考慮して減俸を受け入れ、1年間の契約延長にサインした格好だ。 ▽加入後すぐに守護神の座を射止めたカシージャスは、在籍3シーズンで公式戦114試合に出場。3シーズン目を迎えた今季は、シーズン中盤に出場から遠ざかったものの、リーグ戦20試合に出場して11度のクリーンシートを達成。5シーズンぶりの優勝に貢献した。 2018.05.18 01:35 Fri
twitterfacebook
thumb

カシージャス、契約延長へ

▽ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が契約延長に合意したようだ。ポルトガル『TSF』が報じている。 ▽2015年にレアル・マドリーからポルトに移籍したカシージャス。契約は今季限りまでとなっていたが、記事によれば、同選手は減俸を受け入れ、1年間の契約延長にサインするようだ。 ▽加入後すぐに守護神の座を射止めたカシージャスは、在籍3シーズンで公式戦114試合に出場。3シーズン目を迎えた今季は、シーズン中盤に出場から遠ざかったものの、リーグ戦20試合に出場して11度のクリーンシートを達成。5シーズンぶりの優勝に貢献した。 2018.05.17 20:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトで初タイトル獲得のカシージャス、一転して残留の可能性も?

▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が今シーズン限りで満了するクラブとの契約を更新する可能性を示唆した。スペイン『Diario AS』が伝えている。 ▽2015年にレアル・マドリーからポルトに加入したカシージャスは、加入2シーズン目までは正GKとして活躍。今季も開幕から正GKを務めていたものの、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱えるクラブが高額な年俸の支払いを嫌い、今冬に放出するため一時は“干される”時期もあった。 ▽しかし、今年2月に入って再び正GKに復帰すると最終的にリーグ戦20試合に出場。6日に本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンで行われたプリメイラ・リーガ第33節フェイレンセ戦でもゴールを守り、2012-13シーズン以来となる5年ぶり28度目のリーグ制覇をピッチ内で祝った。 ▽それでも、今季終了後にはクラブとの契約を更新せず、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイヤーに加入する見込みであると伝えられていた。 ▽しかし、優勝後にインタビューを受けたカシージャスはポルトとの契約を更新する可能性を示唆している。 「僕はここに残ることを希望している」 「現時点で自分の将来は不透明で、今日の試合がエスタディオ・ド・ドラゴンでプレーする最後の試合になったかもしれない。だけど、僕に引退の意思はないし、フットボールを続けていきたいと思っている」 「もし、ポルトから契約延長のオファーが届けば、喜んで話を聞くつもりだ」 ▽なお、先月にポルトのジョウジュ・ピント・ダ・コスタ会長はカシージャスとの契約延長を希望する発言をしていた。 2018.05.07 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトが5シーズンぶり28度目の優勝! S・コンセイソン新監督の下で最終節はクラブ最多勝ち点記録に挑戦《プリメイラ・リーガ》

▽プリメイラ・リーガ第33節が今週末に行われ、ポルトの2012-13シーズン以来となる5年ぶり28度目のリーグ制覇が決定した。 ▽5日に行われた3位のスポルティング・リスボン(勝ち点78)と2位のベンフィカ(勝ち点78)のリスボン・ダービーが0-0のドローに終わったため、6日のフェイレンセ戦前に優勝を決めていたポルト(勝ち点82)は、久々の優勝を祝うために本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンに集まった大観衆を前にMFセルジオ・オリベイラ、MFヤシン・ブラヒミの2ゴールで2-1の勝利を収め、白星で優勝に花を添えた。 ▽ここ数年、ベンフィカとスポルティング相手に後塵を拝し続けてきたポルトは、今シーズンにクラブOBであり元ポルトガル代表MFのセルジオ・コンセイソン新監督を招へい。組織的な守備を武器に、開幕から安定して勝ち点を積み重ね、27勝2敗4分けの見事な戦績でリスボン勢との三つ巴の戦いを制した。 ▽なお、最終節を残して勝ち点を「85」まで積み上げたセルジオ・コンセイソン監督率いるチームは、2002-03シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下で記録したクラブ最多勝ち点86の更新が期待される。 2018.05.07 13:19 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース