ミラン、『プーマ』とパートナーシップ契約締結 20年ぶりのスポンサー変更2018.02.12 19:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは12日、世界的な大手スポーツメーカー『プーマ』との複数年に及ぶパートナーシップ契約締結を発表した。クラブとして20年ぶりのスポンサー変更となる。▽今回の契約締結により、『プーマ』は7月1日以降、ミランの公式パートナーに。グローバルテクニカルサプライヤーおよび、公認ライセンスパートナーとしてイタリアの名門ミランをサポートしていく。

▽『プーマ』は現在、ドルトムントやアーセナルのほか、イタリアやスイスといった複数のナショナルチームとも契約。アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンら有名選手の個人パートナーも務めている。
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン、前線に新たな補強! 大連一方のカラスコ獲得に迫る

ミランがさらなる前線の補強を進めようとしている。 冬の移籍マーケットが始まってすぐに、昨年10月の時点で獲得合意に達していたフラメンゴのブラジル代表FWルーカス・パケタの移籍を完了させたミランは、先日には今季のセリエAでここまで14ゴールを記録し得点ランクトップに立っているジェノアのポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテクの獲得も成功させた。 一方で、ユベントスからレンタル加入していたFWゴンサロ・イグアインのチェルシー移籍を許したロッソネロは、前線にさらなる大物選手の補強を企んでいるようだ。 イタリアの著名ジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、ミランは大連一方に所属するベルギー代表FWヤニク・カラスコ(25)の獲得に動いているようだ。すでに話し合いは進められており、同氏は2日以内に移籍が成立するのではないかと推測している。 昨年2月から中国でプレーするカラスコは、大連一方でリーグ戦25試合に出場し7ゴール9アシストを記録していた。 2019.01.24 13:29 Thu
twitterfacebook
thumb

開幕から7戦連発の“レヴァ2世”ピョンテクがミランに完全移籍!

ミランは23日、ジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの4年半となる。 ピョンテクはポーランドのクラコヴィアからジェノアに今シーズン加入。すると、セリエA初挑戦ながら開幕から7試合連続ゴールを記録。その後も得点を重ね、19試合で13得点を記録し、多くのクラブが関心を寄せていた。 ミランはユベントスから期限付き移籍で加入していたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが期待通りの活躍をせず、15試合で6得点。そのイグアインはチェルシーへと移籍することが発表されていた。 なお、ミランはピョンテク獲得に際し、ジェノアに移籍金3500万ユーロ(約44億円)を支払うことになるようだ。 ピョンテクは、背番号も「19」に決定。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場を目指すチームの力らになることが期待されている。 入団会見は24日に行われるとのこと。26日に予定されているナポリ戦でのデビューが待たれる。 2019.01.24 09:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ブルーズの新たな得点源になれるか イグアインの移籍が正式決定

チェルシーは23日、ミランでプレーするアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)の加入を正式発表した。 チェルシーとユベントスは1年の延長オプションが付随した今シーズン終了までのレンタルで合意。イギリス『BBC』によれば、チェルシーが1年間の延長オプションを行使する際はユベントスへ1800万ユーロ(約22億5000万円)を支払うとのこと。また、イグアインの買い取りには3600万ユーロ(約45億円)の移籍金が発生するようだ。 イグアインは過去、リーベル・プレートやレアル・マドリー、ナポリ、ユベントスでプレー。2015-16シーズンに歴代最多36得点でセリエA得点王に輝いた。だが、昨夏にレンタル加入したミランで苦戦を強いられ、セリエA15試合に出場して6得点。その中、今冬にナポリ時代の恩師であるチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督からラブコールを受け、プレミアリーグ初上陸の可能性が熱を帯びている状況だった。 サッリ監督と再タッグとなるイグアインはチェルシー公式サイトを通じて「チェルシー行きのチャンスがあると知ったら、それを選ぶしかないと思った。このクラブは輝かしい歴史があり、素晴らしいスタジアムを持つ大好きなチームだった。チェルシーが僕を求めてくれた信頼を、ピッチ上でなんとか返せるように全力を尽くすよ」とコメント。チェルシーは現在、プレミアリーグ第23節終了時点で14勝5分け4敗の4位につけているが、トップ6の中で最少の総得点「40」にとどまっており、新たなストライカー獲得が急務だった。 なお、この移籍を受けて、イグアインを手放したミランはジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)を完全移籍で獲得している。玉突き移籍が実現した格好だ。 2019.01.24 06:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める

資格停止中のミラン指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾに代わり、ジェノア戦のベンチに入ったルイジ・リッチョ代行監督は、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、退団が濃厚となっているFWゴンサロ・イグアインについて言及した。<br><br>ミランは21日、セリエA第20節でジェノアと敵地で対戦。FWファビオ・ボリーニおよびFWスソの得点により2-0で勝利を収め、リーグ戦2連勝を飾った。順位表でもナポリに敗れたラツィオを追い越し、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上した。<br><br>今冬の移籍市場において、チェルシー移籍が濃厚となっているエースのイグアインは、「戦う準備ができていない」との理由でジェノア戦のベンチメンバーから外れているが、指揮官ガットゥーゾの代理を務めたリッチョは、アルゼンチン人FWについて言及。「メルカート?我々は皆、大人だし、どのように過ごすべきか、振舞うべきかを心得ている。ただ数日前からイグアイン退団の雰囲気が広がっていた」と明かした。<br><br>続いて代行監督は、イグアインに代わってジェノア戦で1トップを務めた21歳のFWパトリック・クトローネに賛辞を贈った。「我々は手元にいる選手の指導をしていくが、クトローネが素晴らしいパフォーマンスを見せたことは強調しておきたい。今日は試合を通してダッシュを続け、最高だった」と述べた。<br><br>またこの試合でセリエAデビューを果たした新加入の21歳ブラジル人MFルーカス・パケタについてもコメントを残した。「テクニックを持った選手で、非常に大きな成長が期待できる。ラスト数メートルにおいて決定的な仕事ができるはずだし、カバーリングも意欲的にこなす。素晴らしいプレーを見せてくれると思う」と期待を寄せた。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.23 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か

ミランはジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクの獲得に向けて、トレード要員としてMFホセ・マウリを差し出すことを検討している。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が21日、伝えている。<br><br>ミランでは、FWゴンサロ・イグアインのチェルシー移籍が濃厚となっており、後釜として&ldquo;レヴァンドフスキ2世&rdquo;と呼ばれるジェノアの23歳ピョンテクの獲得を狙っている。すでに両クラブの間で交渉は進められており、合意まであとわずかとなっている。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は、クラブの至宝の評価額を少なくとも4000万ユーロ(約50億円)と見積もっており、ミランのイヴァン・ガジディスCEOは移籍金3500万ユーロ(約44億円)に加え、トレード要員を提案する。<br><br>■3人目のトレード候補にJ・マウリが浮上これまでトレード要員には、MFアレン・ハリロヴィッチやMFアンドレア・ベルトラッチの名前が浮上したが、ジェノアはクロアチア人MFを拒否。元ジェノアMFのベルトラッチについては、シーズン終了後にミランとの契約が切れるため、選手がより好条件での契約を求めてフリーでの移籍を待つことを希望しているとみられる。<br><br>このためミランはJ・マウリをトレード要員として提示。イタリア系アルゼンチン人MFもシーズン終了後に契約満了を迎えるが、ジェノアが求めるプロフィールに一致しており、実現可能な取引であると指摘されている。プレツィオージ会長はさらに19歳GKアレッサンドロ・プリザーリにも関心を示しているが、ミランはクラブの宝と評価しており、放出は検討していないようだ。<br><br>21日にも両クラブは交渉の席に着き、移籍の合意へ向けて最終調整を進めることになる。ミランは26日に行われるナポリ戦までにピョンテクを確保し、FWアルカディウシュ・ミリクとのポーランド対決を実現させたい意向だ。J・マウリのトレードがピョンテク獲得交渉のカギとなるのか、今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.22 22:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース