ミラン、『プーマ』とパートナーシップ契約締結 20年ぶりのスポンサー変更2018.02.12 19:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは12日、世界的な大手スポーツメーカー『プーマ』との複数年に及ぶパートナーシップ契約締結を発表した。クラブとして20年ぶりのスポンサー変更となる。

▽今回の契約締結により、『プーマ』は7月1日以降、ミランの公式パートナーに。グローバルテクニカルサプライヤーおよび、公認ライセンスパートナーとしてイタリアの名門ミランをサポートしていく。

▽『プーマ』は現在、ドルトムントやアーセナルのほか、イタリアやスイスといった複数のナショナルチームとも契約。アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンら有名選手の個人パートナーも務めている。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアルがミランのコロンビア代表FWバッカを完全移籍で獲得…昨季はレンタルで加入しリーガ15ゴール

▽ビジャレアルは17日、ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 ▽バッカは、2012年1月にクラブ・ブルージュへと移籍しヨーロッパに挑戦。2013年7月にセビージャへと移籍すると、2015年7月からミランに完全移籍した。 ▽ミランでは公式戦77試合に出場し34ゴールを記録。2017年8月からはビジャレアルへレンタル移籍すると、リーガエスパニョーラで35試合に出場し15ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽コロンビア代表としても48試合に出場し14ゴールを記録。ロシア・ワールドカップでは、日本代表戦を含む3試合に出場していた。 2018.08.17 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、ウルグアイ代表MFラクサール&FWカスティジェホを獲得! FWバッカとFWラパドゥーラは退団

▽ミランは17日、ジェノアからウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(25)、ビジャレアルからスペイン人FWサムエル・カスティジェホ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。また、コロンビア代表FWカルロス・バッカ(31)がビジャレアルへ、元イタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラがジェノアへ移籍することも併せて発表している。取引の詳細については明かされていない。 ▽ウルグアイ出身のラクサールは2012年に母国デフェンソール・スポルティングでプロデビュー。2013年にインテルに移籍するも出場機会はなく、ボローニャ、エンポリ、ジェノアへのレンタル移籍を経て、2016年にジェノアに完全移籍した。昨季はリーグ戦33試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。また、ロシア・ワールドカップでは4試合に出場。ウルグアイ代表の準々決勝進出に貢献した。 ▽マラガの下部組織出身のカスティジェホは、2014-15シーズンにトップチームデビューを果たした後、2015年夏にビジャレアルに加入。初年度からコンスタントに出場機会を重ね、昨季は公式戦38試合で6ゴール8アシストを記録。右ウイングを主戦場としており、昨シーズンはチームトップの114回のドリブル突破を試みた。 2018.08.17 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ミリンコビッチ=サビッチ、ミランにシーズンローン?

▽ミランがラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(23)の獲得に迫っているのかもしれない。 ▽今夏、ユベントスやレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンの関心が取り沙汰されるミリンコビッチ=サビッチ。ラツィオは最低でも1億2000万ユーロ(約151億3000万円)を求めているとされ、上記獲得希望クラブは1億5000万ユーロ(約189億2000万円)に及ぶ巨額を準備しているという。 ▽だが、セリエAの今夏移籍市場最終日(18日)に迫る中、ミランがミリンコビッチ=サビッチの獲得に近づいている模様だ。『フットボール・イタリア』が『Il Sole 24 Ore』を情報源に伝えたところによれば、ミランは4000万ユーロ(約50億4000万円)のシーズンローンでラツィオとの会談に決着。さらに、この契約には、シーズン終了後の買取オプションも含まれているという。 ▽一方で、『スカイ・スポーツ・イタリア』や『Sportitalia』によれば、ミランとラツィオの間にミリンコビッチ=サビッチを巡る交渉の事実は存在しないとも。兎にも角にもセリエAの今夏移籍市場閉幕を待ちたい。 2018.08.17 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノバで発生した橋の崩落事故を受けてセリエA開幕節2試合が延期

▽セリエAを運営するレガ・セリエAは16日、ジェノアで発生した橋の崩落事故を受け、19日に開催予定だったセリエA開幕節のミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期を発表した。 ▽ジェノバでは14日、地元で“ポンテ・モランディ”と呼ばれていた橋が200メートルに渡り崩落。複数の車やトラックが100メートル下の鉄道線路に落下し、38名が亡くなり多数の負傷者が出ていた。 ▽この崩落事故を受け、ジェノバを本拠地とするサンプドリアとジェノアはレガ・セリエAに19日に開催される試合の延期を要望。そして16日にレガ・セリエAは、公式サイトで以下のように声明を発表した。 「ジェノバでの悲劇を受けて、サンプドリアとジェノアから19日に開催予定の試合を延期して欲しいとの要望を受けた。対戦相手であるフィオレンティーナとミランもこの意見に同意したため、ミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期が決定した」 ▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。 2018.08.17 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰を望まないチアゴ・シウバ「PSGで引退したい」

▽ミランへの復帰も噂されたブラジル代表DFチアゴ・シウバが、パリ・サンジェルマン(PSG)での引退願望を明かした。フランス『Canal+』が報じた。 ▽ポルトやディナモ・モスクワでプレーをしたチアゴ・シウバは、2009年1月にフルミネンセからミランへと移籍。ミランではレギュラーとして活躍し、世界最高のDFの一人と称されるほど評価を上げ、2012年7月にPSGへと完全移籍した。 ▽PSGではキャプテンも務め、リーグ・アン4連覇を含む5度の優勝を経験。黄金期を支えたが、今夏ミランへの復帰が噂されていた。 ▽しかし、チアゴ・シウバはミランへの復帰を望んでないとコメント。また、今シーズンからスポーツ・ディレクター(SD)に就任し、かつてはPSGでSDを務めていたレオナルド氏からも誘いはなかったと語った。 「僕はPSGに居ること、そしてパリに居て幸せだ。僕は契約を結んでおり、ここで引退することを願っている」 「レオナルドは僕にミランに来るようには言ってこなかったよ」 2018.08.15 18:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース