ディ・マリア、古巣のレアル・マドリーに警告「僕らは昨シーズンよりも強い」2018.02.12 15:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、レアル・マドリーに警告している。クラブ公式サイトが伝えた。

▽今シーズンのリーグ・アンで首位を走るPSG。チャンピオンズリーグ(CL)でもグループBを5勝1敗の首位で通過し、14日には決勝トーナメント1回戦でマドリーとの1stレグを迎える。

▽そんな中、古巣対決となるディ・マリアはクラブのインタビューに応対し、「僕らは昨シーズンよりも強い」とコメント。それでもCLで勝ち抜くためには「才能以外のもの」と「小さな運」が必要だと主張している。

「僕らは昨シーズンよりも強くなっていると感じている。大きな野心があるし、マドリーを下すこともできるよ。しかし、僕らはチャンピオンズリーグを勝ち取るためには才能以外のもの、そして少しの運も必要だとわかっているんだ。この2つのものがなければ、このコンペティションで勝ち抜くことはとても難しいね」

「僕がレアル・マドリーでチャンピオンズリーグを勝ち取った2014年(2013-14シーズン)のことは覚えているよ。リードを許している状況で試合は終わりを迎えていた。しかし、最後の最後に同点にしてみせたんだ。それが流れを変えたし、小さな運が勝利を可能にしたんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

アザール、移籍の可能性を濁す 「様子を見よう」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(27)が移籍の可能性を否定しなかった。 ▽レアル・マドリーとパリ・サンジェルマンが熱視線を注ぐとされるアザール。今シーズンもここまで公式戦36試合15ゴール9アシストと、チェルシーのエースとして活躍を続けている。 ▽去就に揺れるアザールは、フランス『Telefoot』に対して次のように言及。チェルシーでの現状に満足感を示しつつ、未来についてお茶を濁した。 「フットボールの世界だと、何かが起こる可能性があれば、そうならないことだってある」 「毎年、レアルやPSGの話が出てくるね。僕はクラブを変えたいと思えば、そうするつもりさ」 「でも、現時点で、ここで満足している。まだ(チェルシーと)2年の契約がある。とても良い気分だよ」 「ファンは僕を愛してくれていて、僕の家族もここでの生活を楽しんでいる。様子を見ていくよ」 2018.02.19 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「バルサはネイマールが抜けて強くなった」

▽バルセロナに所属するドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、ブラジル代表FWネイマールを失ったチームにポジティブな印象を受けているようだ。 ▽アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの攻撃ユニットでバルセロナをリードしたネイマール。昨夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでパリ・サンジェルマン移籍を決断した。 ▽これにより、今シーズン当初こそ不安の声が集中したバルセロナだったが、リーガエスパニョーラで首位を快走中。チャンピオンズリーグでも勝ち上がっており、チームに対する当初の懐疑的な周囲の見解を一蹴している。 ▽最後方からチームを支えるテア・シュテーゲンは『ESPN』に対して、今シーズンの好調な理由について次のように言及。ネイマールの退団がチームの力を高めたとの見解を示している。 「ネイのクオリティは、説明不可能。彼は僕らにとってスーパーな存在だった。フットーボーラーとしてだけじゃなく、人としてもね」 「でも、全員が彼のしたことを理解しないと。彼はきっと個人として何かを勝ち取りたがっているんだ」 「決断の真意は、彼しか知らない。でも、僕らはそれをカバーしなくちゃいけない。簡単じゃないよ。彼のクオリティを考えるとね」 「それでも、僕らは違う道を見つけて、もっともっと強くなった。新加入選手がチームをより強くしてくれたんだ」 「彼らがもっとチームで心地良くなってくれることを願うし、より早く適応してくれることを祈っている」 2018.02.19 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

移籍金史上2位の237億円選手誕生へ! PSGが怪物フランス代表FWを完全獲得へ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、昨年の夏にモナコからレンタルで獲得したフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)の買い取りオプションを行使することが事実上決まったようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ▽モナコで台頭したムバッペはPSG入りした今シーズン、公式戦32試合に出場して15得点を記録。リーグ戦では9得点8アシストを記録するなど、FWネイマール、FWエディンソン・カバーニと共に、『MCN』と呼ばれる世界屈指のアタッカーの一翼を担っている。 ▽そのムバッペに関して、PSGは今シーズン終了後の買い取りが事実上決まったようだ。現在リーグ・アンの首位を走るPSGは、17日に行われた第2節でストラスプールに5-2で勝利。この結果、数字上でリーグ・アンの残留が決まった。報道によれば、来シーズンもPSGがリーグ・アンに残ることが契約条項起動の条件だったようだ。 ▽なお、ムバッペの買い取り価格は、1億8000万ユーロ(約237億円)になることが伝えられていた。滞りなく完全移籍が決まれば、同じく昨年の夏にバルセロナからPSG入りしたFWネイマールに次ぐ歴代2位の移籍金となる。 2018.02.18 14:41 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG戦分析でブレないチャビ「レアル・マドリーには何かあるね」…2発C・ロナウドも認めず「やったのはPKとヒザ弾だけ」

▽アル・サッドに所属する元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリーvsパリ・サンジェルマンについて語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽この試合、33分にPSGに先行されて劣勢の展開を強いられたレアル・マドリーだが、45分に獲得したPKをC・ロナウドが決めて同点に。後半も苦しんだが、83分にC・ロナウドが勝ち越し弾を決めると、直後にはマルセロが加点して、3-1で先勝した。 ▽『So Foot』で試合について語ったチャビ氏は、内容と結果が相反するものだと意見を強く主張している。 「レアル・マドリーには何かがある」 「彼ら相手には、チャンスを逃してはならない。さもなければ罰せられてしまう。最悪な何もなかったレアル・マドリーにやられたことだろう」 「不公平な結果だと思うだろう。1-1か2-2、あるいは2-1でPSGが勝利するような試合だったからだ」 「不可解だね。レアル・マドリーはプレーできてなかった。でも勝ったね…」 「マドリーはPSGより優れていたか? 僕にとってはノーだ。でも彼らは、どっちが優れていたかとか、どっちが試合を支配していたかとかは気にしないんだ。彼らの哲学は、ただ勝つということだけだ」 ▽チャビ氏はまた、この試合で2得点を挙げて見出しとなったC・ロナウドよりも、PSGのFWネイマールがマン・オブ・ザ・マッチであると強調した。 「メディアでは、なんかネイマールよりもクリスティアーノの方が未だに優れているとか言われてるけど。違うね。それはアンフェアだ」 「ロナウドが試合で何をした。PKとヒザ弾だね…」 「ネイマールがいかに相手にとって危険な場面をつくりだしたか。マドリーに恐怖を与えた彼はどうなんだろうか」 2018.02.18 14:11 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣そろい踏みで5発大勝のPSGがCLショックを払拭!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第26節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsストラスブールが17日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが5-2で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦で痛恨の1-3の逆転負けを喫した首位のPSG。その敗戦からのバウンスバックが求められる今節は、前回対戦で今季公式戦初黒星を喫した13位のストラスブールと対戦した。マドリー戦からは先発5人を変更。ムバッペやヴェッラッティがベンチ外となったほか、マルキーニョスとラビオが先発を外れ、チアゴ・シウバやディ・マリア、クルザワが先発に復帰した。 ▽開始直後に高い位置でのボール奪取からネイマールにいきなり決定機が生まれるなど、押し込む立ち上がりとなったPSG。しかし、開始6分に相手に与えた最初の決定機をゴールに結びつけられる。左サイドで相手DFに囲まれたネイマールが中央に出した横パスを奪われカウンターを許すと、右サイドでララが入れた折り返しをゴール前に走り込んだアフルにダイレクトボレーで決められた。 ▽マドリー戦の敗戦に続き格下相手に先制を許す厳しい入りとなったが、スター軍団はこの苦境にも全く動じない。10分にはネイマールの縦パスが相手に引っかかるも、ボックス内でこぼれ球を回収したドラクスラーが左足のシュートをゴール右隅に流し込み、早くも同点に追いつく。 ▽さらに21分にはボックス左に抜け出したネイマールが一度は相手GKにシュートを防がれるが、こぼれ球を回収するとゴール前で冷静にGKとDFを外して2試合連続となる逆転ゴールを挙げた。さらに直後には相手のキックオフで最終ラインまでボールが下がると、もたついたDFからボールを奪ったディ・マリアが電光石火の3点目を決めた。 ▽その後、ややペースを落としながらもネイマールを起点に攻勢を続けるPSGはカバーニに幾度か決定機が訪れるなど、きっちり試合をコントロールして前半を終えた。 ▽後半も主導権を握るPSGは58分、ラサナ・ディアラとロ・セルソを下げてモッタとパストーレを投入する2枚替えを敢行。だが、再三の決定機を逸するホームチームは67分、バオケンのミドルシュートであっさりと失点し、点差を1点に縮められる。 ▽それでも、この失点で目を覚ましたPSGは73分、パストーレからの絶妙なスルーパスに抜け出したカバーニが飛び出したGKをあざ笑うかのようなチップキックでゴールネットを揺らす。続く79分にはネイマールの浮き球に抜け出したカバーニが今度はミドルループで流し込み、一気に点差を3点に広げた。 ▽そして、試合運びに課題を見せたものの、攻撃陣そろい踏みの活躍でストラスブールにリベンジを果たしたPSGが一先ずマドリー戦のショックを払拭した。 2018.02.18 03:00 Sun
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース