キング・メッシ、カンプ・ノウ300試合到達! そのゴール数は驚愕の…2018.02.12 13:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、偉大な数字を打ち立てた。▽メッシは11日に行われたリーガエスパニョーラ第23節のバルセロナvsヘタフェに先発出場。『Opta』によれば、これが本拠地カンプ・ノウでの出場試合数300試合目となったようだ。試合は、ヘタフェの堅守に阻まれ、バルセロナは今季リーグ戦初の無得点。0-0のゴールレスドローで記念すべき試合を白星で飾れなかった。

▽また一つ偉業を達成したメッシ。ホームでのゴール数は驚きの309得点。1試合平均1.03という凄まじい得点力を誇る。そのメッシが初めてカンプ・ノウのピッチに立ったのは2004-05シーズンのリーガ第8節のオサスナ戦。71分にロナウジーニョとの交代で出場した。初ゴールは同シーズンの第34節アルバセテ戦で、88分にサミュエル・エトーとの交代で試合に出たメッシは90分にゴールを記録。これがプロ初ゴールであり、当時クラブ史上最年少記録だった。

▽現時点で、バルセロナでの総試合出場数は「619」を数えるメッシ。総得点は「534」。これからどこまで記録を伸ばすのか。まだまだサッカーファンを楽しませてくれることは間違いなさそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

サバレタ、メッシとの思い出を回想「夕食後すぐ眠る習慣があって…」

▽ウェストハムに所属する元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、バルセロナに所属する同国FWリオネル・メッシとのエピソードを明かした。イギリス『デイリー・メール』のインタビューを基に、スペイン『アス』が伝えている。 ▽2005年夏から2008年夏まで、エスパニョールに所属していたサバレタ。同クラブはバルセロナと同じ街に本拠地を置いており、サバレタはメッシと多くの時間を共有したそうだ。 ▽当時の思い出を振り返るサバレタは、メッシの夕食後の習慣について語った。 「(カタルーニャ州の州都の)バルセロナにあるエスパニョールに売られて、メッシと僕は同じ街にいたんだ。多くの余暇を共に過ごし、外食にもよく行った」 「彼には夕食後すぐに眠る習慣があったよ」 「彼はバルセロナの外のカステイダフェルスに山に囲まれた美しい家を買ったけど、(バルセロナの)街の中心部にもアパートを持っていた」 「外食に行ったある時、車に乗り込むと彼は寝てしまったんだ。『レオ、眠ってしまう前に、僕は君をどこに連れて行けばいい? 』と聞いたよ」 「彼は『カステイダフェルスにある僕の家に』と答えて眠った。そして、彼の家に着いて起こしたらこう言われたよ。『ここじゃない! 他の家って言っただろ! 』ってね」 「僕は『いや、いや…僕は気にしない。君はここで眠れるよ。でも、君が僕にそうさせる(眠らせる)ことはできない! 』と返した」 「結局、僕は彼を連れ戻したよ。僕の車の中では8000万ユーロ(約1億円)の才能が隣に座っていたんだ! 」 2018.10.19 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシ、バルサと共に小児がん病院の建設費を援助

▽バルセロナは18日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの財団と共に小児がん病院の建設費用寄付を発表した。 ▽新たにバルセロナ市内に建設予定である小児がん病院の建設費用は、総額3000万ユーロ(約38億5000万円)。バルセロナとメッシの財団は、不足分の260万ユーロ(約3億3000万円)を寄付するという。 ▽記念式典に出席したメッシは、「僕らはこの取り組みにより、残酷な病気と戦い続ける。それは協力し合うことで、より簡単になるはずだ。こうした夢に関わることができてすごく嬉しい」と語った。 ▽なお、この病院は、2020年に完成予定。完成すれば、年間400人ものがん患者の治療が可能なヨーロッパ最大級の病院になるという。 2018.10.19 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG移籍後悔のネイマール、脱出のチャンスあり

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)にバルセロナ復帰の可能性があるようだ。スペイン『アス』が『Cadena SER』を情報源に報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億2000万円)でバルセロナからPSGに移ったネイマール。その当時、PSGと5年契約を締結したが、選手側に有利な条項が盛り込まれているという。 ▽その契約には、2019年夏から有効な2億2000万ユーロ(約282億6000万円)の解除条項が存在。さらに、2020年夏を過ぎれば、移籍金2億ユーロ(約256億9000万円)以下で移籍可能なオプションも含まれている模様だ。 ▽また、ネイマールはバルセロナと連絡を取り合う中でPSG移籍の後悔を吐露。実現こそしなかったが、今夏の移籍市場でもネイマール自らバルセロナに対して、再獲得を求めたとみられる。 ▽ただ、ネイマールに対しては現在、バルセロナの宿敵であるレアル・マドリーも関心を抱いているとされる。今後の動向から目が離せない。 2018.10.19 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

CB不足のバルサ、U-21仏代表ウパメカーノにも獲得興味か

▽バルセロナが、ライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFデヨール・ウパメカーノ(19)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Catalunya Radio』が伝えた。 ▽ヒザを痛めて離脱中のフランス代表DFサミュエル・ユムティティに続き、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンまでもが故障者リスト入りしたバルセロナ。そのため、今冬の移籍市場で手薄なセンターバックの補充が急務な状況にある。 ▽その筆頭候補として、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)や、トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)らが挙がるバルセロナだが、ウパメカーノの獲得にも興味を示しているという。 ▽ウパメカーノはヴァランシエンヌの下部組織出身のセンターバック。2015年にザルツブルクへ移籍し、昨シーズン途中から姉妹クラブのライプツィヒにステップアップを果たした。今シーズンもここまで公式戦8試合に出場している。ギニア出身の同選手は185cmという強靭な体格に加え、鋭い読みやボール捌きにも優れたDFだ。 ▽なお、ウパメカーノの推定市場価格は3000万ユーロ(約39億円)以上と言われている。 2018.10.18 18:19 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース