キング・メッシ、カンプ・ノウ300試合到達! そのゴール数は驚愕の…2018.02.12 13:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、偉大な数字を打ち立てた。

▽メッシは11日に行われたリーガエスパニョーラ第23節のバルセロナvsヘタフェに先発出場。『Opta』によれば、これが本拠地カンプ・ノウでの出場試合数300試合目となったようだ。試合は、ヘタフェの堅守に阻まれ、バルセロナは今季リーグ戦初の無得点。0-0のゴールレスドローで記念すべき試合を白星で飾れなかった。

▽また一つ偉業を達成したメッシ。ホームでのゴール数は驚きの309得点。1試合平均1.03という凄まじい得点力を誇る。そのメッシが初めてカンプ・ノウのピッチに立ったのは2004-05シーズンのリーガ第8節のオサスナ戦。71分にロナウジーニョとの交代で出場した。初ゴールは同シーズンの第34節アルバセテ戦で、88分にサミュエル・エトーとの交代で試合に出たメッシは90分にゴールを記録。これがプロ初ゴールであり、当時クラブ史上最年少記録だった。

▽現時点で、バルセロナでの総試合出場数は「619」を数えるメッシ。総得点は「534」。これからどこまで記録を伸ばすのか。まだまだサッカーファンを楽しませてくれることは間違いなさそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【リーガエスパニョーラ開幕節プレビュー】リーガが開幕! 新生マドリーvs柴崎ヘタフェとバレンシアvsアトレティコに注目!

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラが今週末から開幕する。昨季は無敗優勝こそ逃したものの序盤戦から圧倒的な強さを見せたバルセロナが2年ぶりの優勝を果たしたが、今シーズンの覇権争いは果たしてどんな結末を迎えるのか。 ▽ロシア・ワールドカップ開催に伴い、各クラブの補強やビッグクラブの主力選手のコンディションに少なからず影響が及ぶことが予想される2018-19シーズン。とりわけ、シーズン序盤戦の戦い方が今後のリーグ戦に大きな影響を与えそうだ。 ▽その中で注目を集める開幕節ではレアル・マドリーvsヘタフェのマドリード自治州ダービーと、昨季4位のバレンシアと2位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。 ▽新シーズンに臨むうえで最も大きな変化を強いられたのはチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導いたジダン監督、世界最高のフットボーラーの1人であるFWクリスティアーノ・ロナウドが退団した昨季3位のレアル・マドリー。ジダン監督の電撃辞任によって前スペイン代表監督のロペテギ新監督を招へいしたチームは、新守護神としてチェルシーGKクルトワを獲得したものの開幕時点では昨季からの現有戦力を軸に新シーズンを戦う構えだ。CL王者として臨んだ15日のUEFAスーパーカップではヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコといきなり“マドリード・ダービー”を戦った中、延長戦の末に2-4で敗戦。主力のコンディションが整っていないエクスキューズはあったが、早くも勝負強さという面でC・ロナウドの不在を感じさせる結果に終わった。 ▽その試合から中3日の過密日程で臨むサンティアゴ・ベルナベウでの開幕戦では日本代表MF柴崎岳を擁する昨季8位ヘタフェとの続けざまのダービーとなる。アトレティコ戦に続きリーガ屈指の堅守を誇る相手との一戦に向けては新エースのMFベイルを始めMFイスコ、FWアセンシオといった攻撃陣の活躍に期待が集まるところだ。この開幕戦でC・ロナウド不在を懸念するマドリディスタの前で新アタッキングユニットが躍動する姿を見せたい。一方、現時点で去就不透明な柴崎に関しては先発で起用されるかは微妙なところだ。ボルダラス監督は格上との対戦時にボランチやトップ下にカウンター向きのタレントを起用しており、柴崎としてはW杯の活躍とプレシーズンのアピールで指揮官のそのプランに再考を促すことはできるのか。 ▽また、レアル・マドリー同様にミッドウィークにUEFAスーパーカップを戦ったアトレティコは、難所メスタージャでの厳しい開幕戦に挑む。今夏の移籍市場ではエースFWグリーズマンや守護神オブラクら主力の残留に加え、MFロドリゴ・エルナンデスやMFレマル、FWカリニッチ、FWジェウソン・マルティンスら実力派の新戦力を迎えており、新シーズンに向けた期待は大きい。とりわけ、UEFAスーパーカップでの宿敵相手の勝利はチームに良い空気を与えたはずだ。とはいえ、その新戦力の合流の遅れやW杯を戦った一部主力のコンディションもあり、万全の準備を整えて迎え撃つバレンシアとの戦いは非常にタフな一戦となりそうだ。なお、バレンシアでは今夏アトレティコから加入したFWガメイロやチェルシーからのレンタル加入のFWバチュアイら新戦力の起用も見込まれる。 ▽連覇を目指す王者バルセロナは昨季14位のアラベスとのホームゲームで新シーズンを迎える。今夏レジェンドのMFイニエスタら数選手がクラブを去るも、DFラングレ、MFビダル、MFアルトゥール、FWマウコムら新戦力の獲得に成功したチームは攻守両面で穴が少ないスカッドの構築に成功。先週末に行われたセビージャとのスーペル・コパでは2-1の接戦を演じたものの、エースFWメッシらが上々の動きを見せており、開幕に向けて準備万端といったところだ。カンプ・ノウで戦う開幕戦ではきっちり格下を叩いて昨季同様にロケットスタートと行きたいところだ。 ▽また、日本人として最も注目を集めるのがエイバルからステップアップを果たしてベティスに加入したMF乾貴士。W杯で見事な活躍を果たしスペイン国内でも期待を集める新戦力の1人となっている同選手は、本拠地ベニート・ビジャマリンで昨季15位のレバンテと対戦する。プレシーズンの起用法を見ると、開幕スタメンも期待される日本屈指のドリブラーは新天地アンダルシアで迎える初陣で目の肥えたベティコを魅了できるか。 ▽その他では今夏に監督交代を行ったセビージャやビルバオ、ソシエダ、セルタらの名門クラブと、かつてアトレティコの守護神として活躍したレオ・フランコ新監督を迎えたプリメーラ初昇格のウエスカら昇格組の初陣に注目したい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">開幕節注目カード!<br />リーガエスパニョーラ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ開幕節》 ▽8/17(金) 《27:15》 ジローナ vs バジャドリー 《29:15》 ベティス vs レバンテ ▽8/18(土) 《25:15》 セルタ vs エスパニョール 《27:15》 ビジャレアル vs レアル・ソシエダ 《29:15》 バルセロナ vs アラベス ▽8/19(日) 《25:15》 エイバル vs ウエスカ 《27:15》 ラージョ vs セビージャ 《29:15》 レアル・マドリー vs ヘタフェ ▽8/20(月) 《27:00》 バレンシア vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 ビルバオ vs レガネス</div> 2018.08.17 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ・シーズンプレビュー】王者バルサ優位もマドリ―ド勢との三つ巴の争い

▽2018-19シーズンのリーガエスパニョーラが8月17日(金)に開幕を迎える。昨シーズンは、無敗優勝こそ逃したものの圧倒的な強さを見せたバルセロナが2年ぶりの覇権奪還を果たした。今季はバルベルデ体制2年目のバルセロナ、シメオネ体制8年目のアトレティコ・マドリーと継続路線の上位2チームと、フレン・ロペテギ新体制の新生レアル・マドリーの3強による覇権争いとなるはずだ。 ◆戦力値は文句なしのトップ! 2年目バルベルデの新オプションに期待~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽本命はバルベルデ体制1年目で28勝9分1敗の見事な戦績で優勝を果たしたバルセロナだ。昨季は開幕前にFWネイマールの退団と補強の失敗によってネガティブなスタートを切ったものの、指揮官の採用した[4-4-2]の新布陣が機能。さらにエースのFWメッシがシーズンを通して好パフォーマンスを披露したことで、最終節前のレバンテ戦でまさかの敗戦を喫したがリーガではほぼ完璧なシーズンを過ごした。 ▽今夏の移籍市場ではレジェンドのMFイニエスタの退団に加え、加入濃厚と思われたアトレティコのエースFWグリーズマン獲得失敗という2つのネガティブな話題があったが、補強ポジションだったセンターバックにセビージャからDFラングレ、イニエスタとMFパウリーニョが旅立った中盤に新星MFアルトゥールとバイエルンMFビダルを獲得。さらに、選手層に問題を抱えた前線には逸材レフティのFWマウコムをローマから強奪する形で確保。また、今月末の移籍市場締め切りを前に新戦力の加入も見込まれる。なお、今夏の移籍市場ではMFアンドレ・ゴメス(レンタル)やDFミナ、DFアレイシ・ビダル、DFディーニュ、FWデウロフェウら余剰人員をしっかりと換金できた点もプラスだ。 ▽プレシーズンマッチで主力が揃ったのは12日のスーペル・コパのみだが、同試合では[4-4-2]ではなく伝統の[4-3-3]を採用しており、今夏の補強を見ても[4-3-3]がメインシステムとなりそうだ。その中で左ウイング、左のインテリオールに関してはメンバーが固定されておらず、残留を決断したMFデンベレや昨季途中加入のコウチーニョ、新戦力のビダルやアルトゥール、マウコム、カンテラ出身の18歳逸材MFリキ・プイグらの活躍がカギを握りそうだ。さらに、適材適所の用兵に定評があるバルベルデ監督の新たなオプション導入にも期待したい。 ◆エース残留に的確補強で5年ぶりの優勝へ~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対抗は、昨季の2位チームにしてヨーロッパリーグ(EL)王者のアトレティコだ。昨季は新本拠地ワンダ・メトロポリターノの最初のシーズンとして高いモチベーションで臨んだものの、FIFAからの補強禁止処分の影響やシーズン序盤の不振が響き早々に優勝争いから脱落。それでも、エースのグリーズマンの復調や1月から登録可能となったFWジエゴ・コスタらの活躍によって後半戦に盛り返し上々の2位フィニッシュとなった。 ▽今夏の動きではバルセロナ移籍濃厚とみられたグリーズマンがロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前に残留を宣言し多くのファンを喜ばせると、エースの心意気に応えたいフロントもMFレマル、MFロドリゴ・エルナンデス、FWカリニッチ、FWジェウソン・マルティンス、GKアダン、DFアリアスと6人の実力者を確保。さらに、守護神オブラクの慰留にも成功し、闘将ガビとFWトーレスという2人の頼れるベテラン、DFヴルサリコが旅立ったものの、昨季以上のスカッドを手に入れた。 ▽新シーズンに向けてはワンダ・メトロポリターノがファイナルの舞台となるチャンピオンズリーグ(CL)初制覇と共に5年ぶりのリーガ優勝が大きな目標となる。前述の積極補強によって二兎を追う戦力は十分に整っており、あとはシメオネ監督の采配次第だ。上位チームに強い一方、ボールを持たされる下位相手の取りこぼしを防ぐための新たなオプションの導入が必須だ。すでに同監督もロドリゴ・エルナンデスをアンカーに配した[4-1-4-1]の導入を構想しており、シーズン序盤のうちにある程度形にしていきたいところだ。 ◆CR7の穴を埋められるか?~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3番手は昨季の3位チームにしてCL3連覇のレアル・マドリーだ。昨季のリーガではエースFWクリスティアーノ・ロナウドの不振などによって年内に優勝の可能性がほぼ潰えると、以降はCL優先の戦いを選んだなか、最低限のノルマだった3位でシーズンを終えることになった。 ▽前述のライバルが継続路線を採用した一方、今季のレアル・マドリーはCL3連覇に導いたジダン監督の電撃辞任、C・ロナウドのユベントスへの電撃移籍によって大きな変革を強いられる夏となった。ジダン監督の後任には前スペイン代表監督のロペテギ監督を招へいするも、現時点でC・ロナウドの後釜となり得るワールドクラスのアタッカーの獲得には至っていない。ここまで名前が挙がっていたFWネイマール、FWムバッペのパリ・サンジェルマンコンビは早々にクラブの公式声明で獲得の可能性を否定し、エースストライカー候補だったFWレヴァンドフスキの獲得も見送った。移籍市場閉幕までに時間があるため、今後MFアザール、FWロドリゴ・モレーノらの獲得に動く可能性もあるが、ロペテギ監督はMFベイルやMFイスコ、FWアセンシオといった現有戦力でエースの穴を埋める構えだ。 ▽一方、今夏の補強に関しては攻撃的サイドバックのDFオドリオソラ、ブラジルの次代を担う、FWヴィニシウス、FWロドリゴ、ウクライナの逸材GKルニンと将来を見据えた4人の新戦力を確保。さらに、以前から獲得を熱望していた新守護神クルトワをMFコバチッチをレンタルで貸し出す異例のオペレーションで獲得した。ただ、クルトワを除いて即戦力は1人もおらず、昨季までの現有戦力が屋台骨を支えることになりそうだ。 ▽昨季からの伸びしろという部分では戦術家として知られるロペテギ新監督の采配だ。前指揮官のジダン監督は驚異的な勝負強さや選手交代の妙など百戦錬磨の閃きが評価された一方、目新しい戦術や起用法は皆無だった。一方、ロペテギ新監督はボールプレーヤーとグアルディオラ監督の流れを組むポゼッションスタイルのフットボールを志向しており、プレシーズンマッチではアセンシオやイスコを最前線に配す“ゼロトップ”の採用を窺わせる戦い方も見せていた。新エース候補のベイルの起用法を含めてその采配に大きな期待が集まる。 ◆セビージャ勢とバレンシア勢に期待も二足の草鞋が懸念材料~オトラ・リーガ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_25_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季も優勝争いは巨大な戦力を誇る3チームに限られることになるが、ヨーロッパの出場権を争う“オトラ・リーガ”も十分に魅力のある戦いとなりそうだ。その“オトラ・リーガ”の争いをけん引するのはバレンシアとビジャレアルのバレンシア勢と、セビージャとベティスのセビージャ勢の4チームだ。 ▽昨季マルセリーノ新監督の下で組織的な守備と高速カウンターを武器に4位フィニッシュを果たしたバレンシア。しかし、今夏の移籍市場では準主力クラスのFWビエットやMFアンドレス・ペレイラがレンタル元に戻り、パリ・サンジェルマンから完全移籍で買い取りを目指す主力FWゴンサロ・ゲデスに関しても現時点で交渉が難航中だ。もちろん、FWバチュアイ(レンタル)、FWガメイロ、MFチェリシェフ、MFヴァス、DFピッチーニ、DFディアカビと各ポジションで補強を行ったものの、リーガ一本の昨季と異なりリーガとCLを並行して戦うには厳しい選手層だ。そのため、攻守にフルパワーを求められるプレースタイルを含め何らかの策を講じる必要がありそうだ。 ▽シーズン序盤に昇格したカジェハ監督の下で見事に立て直しを図り、最終的にELストレートインの5位に入ったビジャレアルに関してもバレンシア同様に選手層の面で問題を抱えている。今夏の移籍市場では昨季の躍進を支えたロドリゴ・エルナンデスがアトレティコに旅立つと、DFルカビナがアスタナ、FWバッカがレンタル元のミランに戻った。一方、補強に関してはDFフネス・モリ、DFラジュンと代表クラスの実力者と昨季途中に中国へ旅立ったFWバカンブを彷彿とさせる快速アタッカーのFWエカンビ、エスパニョールのエースFWジェラール・モレーノと前線と最終ラインのテコ入れに成功した。ただ、中盤に関してはケガの影響でアーセナルを退団しフリーとなったレジェンドMFカソルラの獲得を決めたものの、ロドリゴ・エルナンデスの後釜の確保に至っていないことが気がかりだ。 ▽やや不安要素があるバレンシア勢と異なり、ポジティブな要素を感じさせるのはセビージャの2チームだ。昨季、ベリッソ、モンテッラと2人の監督を解任する混乱に見舞われながらもEL出場圏内の7位でシーズンを終えたセビージャは、ジローナで見事な手腕を発揮したマチン監督を新指揮官に招へい。今夏の移籍市場ではセルヒオ・リコとソリアの2人のGK、ラングレ、MFコレアと4人の主力クラスを放出した一方、フランスからDFニャニョン、MFアマドゥの逸材2選手とバーゼルの正GKバシリク、セルタの主力DFセルジ・ゴメス。前線はミランからのレンタルでFWアンドレ・シウバ、古巣復帰のアレイシ・ビダルを獲得した。また、EL予備予選やバルセロナとのスーペル・コパではマチン監督が得意とする[3-4-3]の新布陣も機能しており、シーズン開幕に向けて良い滑り出しを見せている。 ▽昨季、セティエン監督の下で攻撃的なポゼッションスタイルに生まれ変わり6位フィニッシュを成し遂げたベティスは今夏の移籍市場で積極的な補強を敢行。正GKのアダンと生え抜きの逸材MFファビアン・ルイスが引き抜かれたものの、MF乾貴士、MFカナレス、GKパウ・ロペス、GKロブレスをフリーで獲得。さらにDFシドネイ、MFウィリアム・カルバーリョという実力者を完全移籍で獲得した。3バックと4バックを併用し、複数のシステムを操るセティエン監督が豊富なタレントをいかに使いこなすのか要注目だ。 ▽そのほかのチームでは昨季いずれもボトムハーフに甘んじた中、ガリターノ監督、ベリッソ監督という新指揮官を迎えた昨季12位レアル・ソシエダと16位アスレティック・ビルバオのバスク勢、プリメーラ初昇格のウエスカやラージョ、バジャドリーの昇格組3チームにも注目したい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆~日本人選手~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180815_25_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最後に今季のリーガエスパニョーラではMF乾貴士とMF柴崎岳の2選手が昨季に続いてプレーすることになる。 ▽エイバルでの充実した3年間を経て今夏フリーでベティスにステップアップを果たした乾は、W杯での印象的な活躍を受けて現地紙の選ぶ今夏のヒット補強に選出されるなど、大きな期待を背負ってのシーズンとなる。ただ、エイバルと大きく異なるプレースタイルへの順応やFWテージョやMFブデブス、カナレスらとの激しいポジション争いが待っている。前述のようにセティエン監督は複数のシステムを使い分けており、乾は[4-2-3-1]の左ウイングという最も得意とするポジションだけでなく、[3-4-2-1]の左シャドーあるいは[3-3-2-2]の2トップの一角など、新たな役割を求められる可能性が高い。 ▽一方、現時点でヘタフェで開幕を迎えることが濃厚な柴崎だが、見事な活躍を見せたW杯の影響や守備的なボルダラス監督との相性の悪さから移籍市場閉幕までにポルトなどの新天地候補に移籍する可能性も十分にある。仮にヘタフェに残留する場合は昨季同様にトップ下かセントラルMFでのポジション争いが待っている。トップ下ではセンターフォワードに当てた後のセカンドボールの回収やゴールに直結する仕事、セントラルMFでは持ち味のキープ力と展開力に加えて、対人守備などでの力強さ泥臭さを出すなど、チームが求める仕事をいかに果たせるかがポジション奪取のカギになりそうだ。 2018.08.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、バルセロナからブラジル人DFマルロンを完全移籍で獲得

▽サッスオーロは16日、バルセロナからブラジル人DFマルロン・サントス(22)を完全移籍で獲得した。 ▽バルセロナの発表によれば、マルロンの移籍金は600万ユーロ(約7億6000万円)で、買い戻しオプションが付随している。また、同選手が今後他クラブに移籍する際、幾つかの条件を満たした場合、移籍金の50パーセントをバルセロナが受け取ることになる。 ▽なお、マルロンがサッスオーロで50試合以上出場し、サッスオーロが移籍金を満額支払った場合は、将来の売却に関する条項は無効となる。 ▽フルミネンセから2016年夏にレンタルでバルセロナに加入したマルロンは昨季、公式戦3試合に出場。昨年6月に完全移籍となり、バルセロナと3年契約を結んでいた。その後、昨夏には出場機会を求めてニースに2年間のレンタル移籍で加入し、今季は公式戦27試合に出場していた。 2018.08.17 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバ退団報道再燃! バルサ&ポグバvsユナイテッドの構図に?!

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(25)は、ジョゼ・モウリーニョ監督との関係如何に関わらずバルセロナ移籍を望むようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽プレミアリーグの移籍市場閉幕まで、盛んに報じられていたポグバのバルセロナ移籍。2016-17シーズンに当時の史上最高額となった移籍金1億500万ユーロ(現在のレートで約132億円)でユベントスからユナイテッドに入団した同選手の去就には、モウリーニョ監督との軋轢が影響していることが伝えられていた。 ▽とはいえ、結局プレミアの移籍市場が閉まるまでにポグバ退団は発表されず。バルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダ氏が先日、スペイン『ラジオ・スポルティーバ』で「私たち(バルセロナ)がポグバ獲得に動くとは思えない」と発言するなど、この騒動は急激に下火になっていった。 ▽しかし、『デイリー・メール』は15日、ポグバがバルセロナ移籍を望んでいるとする記事をリリース。それによると、同選手はユナイテッドに入団したタイミングでもスペイン行きを望んでいたようで、モウリーニョ監督との亀裂が修復されたとしても移籍の意思は変わらないという。 ▽また、バルセロナとポグバの間では既に合意が得られているものの、ユナイテッドのみが反対している状況であるとも。ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が移籍金8950万ポンド(約126億円)の5年契約を取り付けたと囁かれる中、ユナイテッド側はスペインの移籍市場が閉幕するまで入札を拒否し続ける構えである模様だ。 ▽また、ポグバは来年1月、もしくは来夏の移籍も見据えているようで、その間にモウリーニョ監督との関係はさらに悪化していくだろう、と『デイリー・メール』は報じている。 2018.08.16 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ、CL奪還全力宣言! 「全てを可能にすると約束する」

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、新シーズンに向けた意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽バルセロナは昨シーズン、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイの国内主要2冠を達成。さらに、ライバルであるレアリ・マドリーとの“エル・クラシコ”ではリーガ2試合1勝1分けで勝ち越すなど、充実したシーズンを送った。 ▽しかし、チャンピオンズリーグ(CL)では、準々決勝でローマに撃破されて3年連続のベスト8止まり。2014-15シーズンの優勝以来CLでの足踏みが続くメッシは、新シーズンに向けて以下のように意気込んでいる。 「今年の僕らは興奮させられるスカッドになった。(今夏の)サインで今までより良くなる」 「昨シーズンはカップ戦(コパ・デル・レイ)とラ・リーガで良かったけど、僕らは皆チャンピオンズリーグでの敗退に傷つけられた」 「美しい杯がこのスタジアムに戻ってくるように、僕らは全てを可能にすると約束するよ」 ▽バルセロナがベスト8で終わっているこの3年間、宿敵マドリーは対照的にCL3連覇を達成。メッシは、“美しい杯”と形容するトロフィーを取り戻すことができるのだろうか。 2018.08.16 17:20 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース