デ・ブライネのバロンドール獲得に必要なことは? グアルディオラが明かす2018.02.12 11:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがバロンドール受賞の可能性があることを主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。▽2015年夏にヴォルフスブルクから加入したデ・ブライネは今シーズン、非凡なパスセンスと抜群の攻撃センスでプレミアリーグで首位を独走するチームを牽引。演出家としてここまで公式戦で37試合11ゴール18アシストを記録している。

▽グアルディオラ監督は、チームの躍進を支えるデ・ブライネのバロンドール獲得の可能性について問われると、「間違いなくある」とコメント。しかし、そのためにはある舞台でのタイトル獲得が必須であることを主張している。

「1試合だけでなく、今シーズンは3日ごとにやってくる全試合で素晴らしいプレーをしている」

「しかし彼も、そして誰もがそのためにタイトルを獲る必要があることを知っている。特にヨーロッパでのタイトルを獲得しなければ難しいだろう」

「(CLのことか?)もちろんだ。最終的にそれが必要になる。それができなければ候補者に選ばれることもない」

コメント

関連ニュース

thumb

シティが今節対戦の元守護神に最大限の敬意! GK練習場ピッチにジョー・ハートの名

▽マンチェスター・シティは20日に行われるプレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦する。この一戦を前にかつての守護神に対して最大限の敬意を示した。 ▽現在、バーンリーで守護神を務めるのは昨季までシティに12年間在籍していた元イングランド代表GKジョー・ハートだ。同選手は2006年にシュルーズベリーから加入して以降、幾つかのクラブへのレンタル移籍を経験した一方、2011-12シーズンと2013-14シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したレジェンドだ。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任に伴い、ここ2シーズンはトリノ、ウェストハムにレンタルに出され、今夏愛するクラブを旅立つ決断をしたハートだが、クラブはその功労者への恩を忘れていなかったようだ。 ▽シティは19日、アカデミーの練習場にあるGK用のトレーニングピッチにジョー・ハートの名前を冠することを発表。さらに同ピッチの柵の部分には2011-12シーズンのプレミア最終節のQPR戦での劇的過ぎる優勝時にハートが見せた、お馴染みのセレブレーションの様子を模したモザイク絵も飾られている。 ▽さらにバーンリー戦後には前述のモザイク絵のミニチュア版と、ハートとその家族に生涯のシーズンチケットがプレゼントされる予定だ。 ▽ハートは古巣からの粋な計らいに対して、心から感謝を示している。 「シティ・フットボール・アカデミーのゴールキーパー用のトレーニングピッチに自分の名前が冠されることは大きな誇りだ。マンチェスター・シティは僕の人生、キャリアにおいてとても大きな部分を占めているんだ。そして、僕と当時のチームメートが成し遂げたことを心から誇りに思っているよ」 「マンチェスター・シティの歴史において数々の偉大なゴールキーパーたちがいた。そして、クラブがその中の1人として僕を選んでくれたことをこの上ない特権と感じているよ」 2018.10.20 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネついに復活!今節バーンリー戦で開幕節以来の出場へ

▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがついに戦線に戻ってくるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今季のプレミアリーグ開幕節のアーセナル戦で負傷して以降、しばらくチームから離脱していたデ・ブライネ。当初は3カ月の離脱が見込まれていたが、驚異的な回復を見せ20日に行われる第9節のバーンリー戦に出場できる見通しとなったようだ。記者会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督が以下のようにコメントしている。 「彼が90分間プレーできるかどうかは分からないが、彼はここ2週間痛みなくトレーニングを順調にこなしてきた。準備は出来ているよ」 ▽また、MFファビアン・デルフも起用可能となった一方で、MFイルカイ・ギュンドアンについては「正確には分からないが、2、3週間は離脱するだろう」とコメントしている。 2018.10.19 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

シティDFダニーロが負傷…最低1カ月の離脱か

▽マンチェスター・シティのブラジル代表DFダニーロが負傷したようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽10月の国際親善試合のためブラジル代表に招集されていたダニーロ。16日のアルゼンチン代表戦で先発出場したが、53分に足首を負傷し途中交代を余儀なくされていた。 ▽正確なケガの具合は不明なものの、『マンチェスター・イブニング・ニュース』は最低でも1カ月は回復に時間を要する可能性があると伝えている。現在シティは、MFファビアン・デルフとMFイルカイ・ギュンドアン、MFケビン・デ・ブライネが負傷離脱中。 ▽シティの今後の予定は、20日のプレミアリーグ第9節バーンリー戦(H)、23日のチャンピオンズリーググループステージ第3節シャフタール・ドネツク戦(A)、29日のプレミアリーグ第10節トッテナム戦(A)となっている。なお、ギュンドアンとデ・ブライネに関しては、バーンリー戦で復帰できる見込みだ。 2018.10.18 17:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップも注目? 昨季から関心寄せるシティ、堂安律獲得にリベンジか

▽マンチェスター・シティが、フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)の獲得に再び動き出す可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2017年6月にフローニンヘンに期限付き移籍した堂安は昨シーズンエールディビジで9ゴール4アシストという成績を残し、今年4月に完全移籍。今月8日にはフランス『フランス・フットボール』が選ぶ21歳以下の年間最優秀選手「コパ・トロフィー」の候補者10名にも選出された。また、先月デビューを飾った日本代表では、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦(4-3で日本が勝利)で初ゴールも飾っている。 ▽シティは昨シーズン中にも同選手獲得のオファーを提示。共同保有の提案をしたものの、これはフローニンヘンに拒否された。さらに同メディアによると、シティは今夏にも獲得に動いていたようだ。 ▽しかし、今回伝えられるところによると、シティはまだ堂安獲得を諦めていない模様。同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が引き続き注目しており、再びフローニンヘンに接触するのは時間の問題であるとも伝えられている。 ▽オランダで著しい成長を見せる堂安。さらなる飛躍へビッグクラブへの移籍は実現するのだろうか。 2018.10.18 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン戦2発スターリングにレアル・マドリー本腰か

▽イギリス『デイリー・メール』は、レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)に対する関心を深めていると報じた。 ▽2015年夏にリバプールからシティに加入したスターリング。その当時からスターリングに興味を抱くレアル・マドリーは、15日のスペイン代表vsイングランド代表で2得点を挙げる活躍ぶりを受け、さらに獲得意欲を強めた模様だ。 ▽その渦中にいるスターリングは、2020年に満了となる契約の延長交渉が続いているが、依然として合意に至っていない。この状況で年末を迎えれば、1億ポンド(約148億円)とされるスターリングの市場価値の下落が見込まれるという。 ▽そうなれば、レアル・マドリーにとっても、スターリングはより手の出しやすい買い物に。シティとしても手放さざるを得なくなるのであれば、現金に還元できるタイミングで売却したいはずだが、果たして…。 2018.10.17 13:40 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース