デ・ブライネのバロンドール獲得に必要なことは? グアルディオラが明かす2018.02.12 11:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがバロンドール受賞の可能性があることを主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。▽2015年夏にヴォルフスブルクから加入したデ・ブライネは今シーズン、非凡なパスセンスと抜群の攻撃センスでプレミアリーグで首位を独走するチームを牽引。演出家としてここまで公式戦で37試合11ゴール18アシストを記録している。

▽グアルディオラ監督は、チームの躍進を支えるデ・ブライネのバロンドール獲得の可能性について問われると、「間違いなくある」とコメント。しかし、そのためにはある舞台でのタイトル獲得が必須であることを主張している。

「1試合だけでなく、今シーズンは3日ごとにやってくる全試合で素晴らしいプレーをしている」

「しかし彼も、そして誰もがそのためにタイトルを獲る必要があることを知っている。特にヨーロッパでのタイトルを獲得しなければ難しいだろう」

「(CLのことか?)もちろんだ。最終的にそれが必要になる。それができなければ候補者に選ばれることもない」
コメント
関連ニュース
thumb

レアル・マドリー、ベルナルド・シウバに注目 夏のトップターゲットに設定か

レアル・マドリーがマンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(24)に関心を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ベルナルド・シウバは2017年夏に移籍金4300万ポンド(現在のレートで約60億7000万円)でモナコから加入。シティ在籍2年目の今シーズンは3日に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦で圧倒的な運動量と創造性で首位追撃の勝利に大きく貢献するなど、より存在感を高めている。 そうした活躍を受け、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督もスペイン代表MFダビド・シルバの後継者にベルナルド・シウバの指名を検討している様子。だが、その影で、レアル・マドリーが再建を予定するシーズン終了後のトップターゲットとして目を光らせているという。 そのベルナルド・シウバの現行契約は残り3年半。今シーズンを通じたグアルディオラ監督のベルナルド・シウバに対する信頼度を鑑みれば、レアル・マドリー行きは考えにくいが、果たして…。 2019.01.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、フェルナンジーニョに代わる中盤の選手を3、4人ピックアップしいていることを認めた。<br><br>今シーズン、首位リバプールに勝ち点4差の2位に付ける昨シーズン覇者のマンチェスター・C。連覇に向けて好位置につける同チームを率いるグアルディオラ監督だが、早くも来シーズンを見据えているようだ。中でも高齢化の進む中盤の世代交代を急務と考えており、今夏に34歳になるフェルナンジーニョの代役探しに躍起になる。<br><br>以前からフェルナンジーニョの後釜を確保することについて「とても難しい」と話していたグアルディオラ監督だが、すでに数名の選手を候補に挙げているようだ。アヤックスの注目株、フレンキー・デ・ヨングやリヨンのタンギ・エンドンベレ、ウォルバーハンプトンのルーベン・ネヴェスの獲得を狙っていると考えられる中、同指揮官は会見で求めている選手像について自身の考えを明かした。<br><br>「我々はフィジカルがあり、攻撃へのスペースを見つけられることのできる選手を必要としている。もちろん多くのことができるに越したことはない。ただ、1人ですべてをできる選手を見つけることは簡単ではない。(この条件に見合った選手を発見できたかの問いに)3人から4人の選手について調査している」<br><br>さらに、グアルディオラ監督は左サイドバックの獲得も検討しているようだ。2017年夏にこのポジションにバンジャマン・メンディを獲得したが、2シーズンにわたり、同選手はほとんど稼働できていない。同指揮官は離脱の相次ぐフランス代表DFの不在について「昨シーズンも、今シーズンも生き残れてはいるが、このポジションについて考えなければならない」とコメントを残した。<br><br>なお、マンチェスター・Cは左サイドバックの新戦力候補にレスター・シティのベン・チルウェルらをリストアップしているようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.01.19 12:10 Sat
twitterfacebook
thumb

冗談だろうけど…48歳バースデーのペップが「友達がいない」と話す

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が誕生日の予定を聞かれ、「友達がいない」と自虐した。クラブ公式サイトが伝えた。 シティはプレミアリーグ第22節終了時点で17勝2分け3敗の2位。首位リバプールを4ポイント差で追う状況であり、20日に敵地で行われる第23節のハダースフィールド戦は連覇に向け、是が非でもモノにしたい一戦となる。 その試合の前日会見に出席したグアルディオラ監督は「今、最も大事な試合だ。(22日に行われるバートンとのEFLカップ)2ndレグも大切だが、まずは目の前の試合だよ」と語り、ハダースフィールド戦の重要性を強調した。 また、現フットボール界最高の指揮官として名高いグアルディオラ監督は18日に48歳の誕生日を迎えた。誕生日を祝う予定を問われると、「家族とディナーだ。私は友達がいないのでね!」と軽快なジョークを飛ばした。 2019.01.19 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし

マンチェスター・シティは、ドルトムントに向かったMFジェイドン・サンチョやレアル・マドリーに移籍したブラヒム・ディアスに続きFWラビ・マトンドも失うことになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』によると、快速ウィングはブンデスリーガ行きを望んでいるという。<br><br>昨年9月に18歳の誕生日を迎えたマトンドは2016年夏にカーディフ・シティからシティのアカデミーに移籍。2017年夏にはU-18チーム、昨年夏からはU-23チームの一員となり、リザーブスリーグの11試合では6ゴールを記録している。<br><br>しかしシティ最速の選手とも言われるアタッカーは、昨年11月に行われたアルバニアとの国際親善試合でウェールズA代表としてのデビューを果たすも、いまだにジョゼップ・グアルディオラ監督の下では起用されていない。イギリス紙『サン』では先日、クラブが提示していた2020年までの契約の延長を拒否したとも伝えられていたところだ。<br><br>そんなマトンドの獲得に国内のエヴァートンやサウサンプトンのほか、ドルトムントやバイエルン、ボルシアMGやRBライプツィヒ、ホッフェンハイムとドイツ勢が乗り出しているようだ。『シュポルト・ビルト』によると、そのなかで選手が優先する移籍先は今夏に退団する可能性が伝えられるベルギー代表MFトルガン・アザールの後釜を探すボルシアMGだという。<br><br>ドルトムントで今季大ブレイク中のサンチョ(18)が成功例となり、アーセナルから期限付きでホッフェンハイムに向かったFWリース・ネルソン(19)もリーグ戦13試合6ゴールと活躍中のブンデスリーガ。シティが移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)を求めるとされるマトンドも、ドイツでプロキャリアの道を歩み始めることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.17 22:08 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、フェルナンジーニョの後釜確保か…クロアチアの18歳鋭才と契約合意

マンチェスター・シティが、ハイドゥク・スプリトのU-19クロアチア代表MFアンテ・パラヴェルサ(18)と契約合意に達したようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ハイドゥク・スプリトの下部組織出身のパラヴェルサ。ユースリーグのベストプレーヤー賞を獲得したこともあり、今シーズンにトップチームに昇格すると、昨年7月のヨーロッパリーグのスラヴィア・ソフィア戦でデビューを果たした。 セントラルMFを主戦場としており、広い視野と巧みな戦術眼、パサーにもフィニッシャーにもなれる高いキック精度も持ち合わせている。クロアチアリーグでは最も優れたセントラルMFの一人として数えられ、"トニ・クロース2世"と呼ばれている。 また、各年代のクロアチア代表に選ばれており、U-19では直近3試合でキャプテンマークを巻いている。 伝えられるところによると、シティはパラヴェルサをMFフェルナンジーニョの後釜と見ており、700万ポンド(約9億8000万円)の移籍金で獲得合意に至ったという。今シーズンはレンタルという形でハイドゥク・スプリトでプレーを続ける可能性が高いようだ。 2019.01.17 15:07 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース