「豪快なタックルしてしまって…」C大阪FW杉本健勇、ゼロックス杯でのMF清武弘嗣との激突を謝罪2018.02.12 09:17 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽セレッソ大阪に所属する日本代表FW杉本健勇が、MF清武弘嗣に先日の川崎フロンターレ戦でのアクシデントについて謝罪し、同選手の無事を報告している。

▽そのアクシデントは10日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2018の川崎F戦で発生した。61分、水沼からのサイドチェンジを受けた清武はボックス左手前でタメを作り、縦へとパスを送った。しかしその瞬間、清武の外側を回り、パスを受けようとした杉本が清武と激突。両者はピッチに倒れ込み、杉本は無事に立ち上がったものの、清武はピッチの外に運ばれて途中交代を余儀なくされた。その後、試合は3-2でC大阪が勝利して同大会初優勝を飾っている。

▽試合後、杉本健勇は清武とのツーショット写真と共に自身のインスタグラム(kenyusugimoto_official)を更新。ファン・サポーターの応援に感謝すると同時に、清武に対して試合中の激突を謝罪している。

「今日も応援ありがとうございました! 勝てて良かったです! またすぐにACLがあるので皆で良い準備をしたいと思います!」

「そして清ちゃん、無事でした。元気でした。安心。豪快なタックルしてしまって、本当ごめん。わざとじゃないから ただ、なんで俺もぶつかったのか本間に分からへん、、笑」

「何もなくて本間に良かった。って事でおやすみ」

コメント

関連ニュース

thumb

樽酒不法投棄のC大阪サポ3名、自主的に今季スタジアム出入りを自粛

▽セレッソ大阪は25日、一部メディアでも取り上げられたサポーターの不祥事について、当該者3名の処分を発表した。 ▽当該のC大阪サポーター3名は、昨年11月に埼玉スタジアムで行われたルヴァンカップ決勝での同クラブの優勝決定後、東京都台東区のマンションの敷地内にて酒樽で祝杯。無断で投棄したことで、22日に廃棄物処理法違反容疑で書類送検されていた。 ▽C大阪は、当該者3名に事実関係を確認。「C大阪の試合運営管理規定の管理区域外で行われた行為」であることから直接の処分を見送るとし、自主的に2018年シーズンのスタジアムへの出入りを自粛(C大阪の全試合)するとの当該サポーター3名の申し入れを受理したという。 ▽サポーターの不祥事を受けて、C大阪は「開幕前にご迷惑をお掛け致しました事を、関係者並びにファン・サポーターの皆さまに対してお詫び申し上げますと共に引き続きのご支援を宜しくお願いします」としている。 2018.02.25 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【Jリーグピックアッププレビュー】天皇杯決勝の再戦…継続か、新スタイルか《C大阪vs横浜FM》

▽25日、明治安田生命J1リーグ第1節のセレッソ大阪vs横浜F・マリノスがC大阪のホームであるヤンマースタジアム長居で行われる。今年元日に行われた天皇杯決勝と同一カードとなる。 <span style="font-weight:700;">◆悲願のリーグタイトル獲得へ~セレッソ大阪~</span> ▽昇格プレーオフを勝ち抜いてJ1に復帰した2017シーズンは、リーグ戦で躍進。リーグ戦で3位の成績を残すと、YBCルヴァンカップ、天皇杯を制し、チーム初タイトルを獲得するとともに2冠を達成した。今シーズンもFUJI XEROX SUPERCUPでリーグ王者の川崎フロンターレを下すと、AFCチャンピオンズリーグでも2試合を終えて1勝1分と好スタートを切っている。 ▽尹晶煥監督は、ここまで色々なメンバーを起用し公式戦3試合を戦ってきた。MF清武弘嗣が開幕直前に長期離脱となるエクスキューズはあるものの、アジアタイルを目指す上で補強も行なっていただけに、しっかりとチームとして戦う準備を行ってきた。痛手とはなるものの、チームに大きな戦力ダウンというイメージは生まれていないはずだ。 ▽今シーズンは悲願のリーグタイトルを目指し、開幕から良いスタートを切れるか。すでに今シーズン4試合目の公式戦となるだけに、実戦でのチームの成熟度では上回っているだろう。 <span style="font-weight:700;">◆強力な盾を武器にイニシアチブを獲れるか~横浜F・マリノス~</span> ▽オーストラリア代表を率いていたアンジェ・ポステコグルー監督を迎えた横浜FM。ここまでの実践を見ても、今までの戦い方を変えてきたことは明白だ。堅守が売りだったチームが、攻撃面でもイニシアチブを取りに行く形は、指揮官がオーストラリア代表でチャレンジしていたことと近い。 ▽「バスを止める」とも表現されるゴール前を固め、相手の攻撃を受けるスタイルだった横浜FMだが、今シーズンはハイラインを設定し、GKを含めた最終ラインからのビルドアップを標榜。サイドバック、サイドハーフ、インサイドハーフが流動的に動き、相手の選手を動かすポジションどりで試合を支配して行くスタイルが見て取れる。 ▽選手間の意思の疎通が重要であり、プレーの再現性を高くする必要があるため、シーズン序盤から結果を残すのは難しいかもしれないが、開幕戦でどのようなサッカーを披露するのか。結果に繋げて自信を持てれば、久々のタイトル獲得も見えてくるだろう。 <span style="font-weight:700;">★予想スタメン</span> <span style="font-weight:700;">◆セレッソ大阪</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、山下達也、丸橋祐介 MF:水沼宏太、山口蛍、ソウザ、高木俊幸 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥 ▽大きな選手の入れ替えもなかった今シーズンのC大阪は、昨シーズン同様に[4-4-2]の布陣を敷いてくるだろう。前述の通り長期離脱となった清武が欠場。代わりに、浦和レッズから加入したFW高木俊幸が左サイドに入ると予想する。直近のACL・広州恒大戦では、FWヤン・ドンヒョン、MF山村和也が2トップを形成したが、開幕戦ではFW杉本健勇、FW柿谷曜一朗が揃って2トップを組むだろう。 <span style="font-weight:700;">◆横浜F・マリノス</span>[4-3-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180224_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:飯倉大樹 DF:松原健、中澤佑二、ミロシュ・デゲネク、山中亮輔 MF:中町公祐、喜田拓也、天野純 FW:遠藤渓太、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク 監督:アンジェ・ポステコグルー ▽前任のエリク・モンバエルツ監督が採用していた[4-2-3-1]から、今シーズンは[4-3-3]に並びを変更すると見られる横浜FM。こちらも大きなメンバー変更はなく、昨シーズンの主力選手が起用されるだろう。変更点は、新加入の韓国代表FWユン・イルロクのみ。左ウイングに配置され、サイドからの仕掛け、中央へ切れ込んでのシュートなど、攻撃の幅を広げることができるだろう。アンカーにはMF喜田拓也を配置し、MF中町公祐とMF天野純が攻撃のタクトを振るうとみる。 <span style="font-weight:700;">★注目選手</span> <span style="font-weight:700;">◆FW杉本健勇(セレッソ大阪)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽開幕戦の注目選手はFW杉本健勇だ。昨シーズンは、最終節で川崎FのFW小林悠に得点王を奪われた。悔しい思いもした中、自身は日本代表にも定着。6月のロシア・ワールドカップ出場を目指すには、今シーズンも結果を残すことが不可欠だ。チームのタイトル、自身の得点王、日本代表選出と多くのものを掴むには、開幕戦からのゴール奪取に期待が懸かる。 <span style="font-weight:700;">◆DF中澤佑二(横浜F・マリノス)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/preview20180225_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽横浜FMの注目選手はDF中澤佑二だ。攻撃面で違いを生み出せる選手たちにも注目したいが、今シーズンの横浜FMの成功にはベテランDFの働きが不可欠となる。試合当日に40歳を迎える中澤は、構えて守るだけでなく、今シーズンは攻撃の起点になることも期待される。高いライン設定をすることで、攻撃面ではビルドアップが重視され、パスを裁くこと、前線へのフィードも必要となる。開幕戦でどのようなプレーをするのか。フィールドプレーヤーとして初のJ1通算600試合出場もかかるシーズンだけに、開幕から良いプレーを見せてもらいたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆天皇杯決勝以来の対決</span> ▽両チームの対戦は、2018年1月1日の天皇杯決勝以来となる。90分を終えて1-1、延長戦でC大阪が制した対決だが、互いにこの一戦で結果を残して新シーズンの良いスタートを切りたいところだ。 ▽C大阪は前述の通り、今シーズンの公式戦で3戦無敗。リーグ開幕戦でも勝利し、まだ獲得していないリーグタイトルに向けての好スタートを切りたいところだ。ハードワークと規律は今シーズンも健在で、新たなスタイルを構築中の横浜FMに対して、完成度の高さで上回りたいところだ。 ▽対する横浜FMは、昨シーズンのC大阪戦は4戦4敗。悔しい思いを続けているだけに、心機一転、勝利を収めて良いイメージを持ちたいはずだ。ハイラインの裏を使われる展開が予想されるが、中盤のプレス、両サイドの2レーンを使ったサイド攻撃がC大阪相手に機能すれば、攻撃でイニシアチブを握ることができるだろう。 2018.02.24 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪、FCソウルから獲得のMFオスマルが完全移籍ではなく期限付き移籍での加入に訂正

▽セレッソ大阪は22日、21日にKリーグ1のFCソウルからの獲得を発表していたスペイン人MFオスマル(29)が完全移籍ではなく、期限付き移籍であると訂正している。なお、移籍期間については明かされていない。 ▽オスマルは、2007年にラシンでプロキャリアをスタートさせると、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)を経て、2014年からFCソウルでプレー。センターバックを主戦場としながら守備的MFもこなせ、2016年のKリーグクラッシックにおける年間ベストイレブン受賞した。 ▽なお、C大阪にはブラジル人MFソウザやブラジル人FWリカルド・サントス、韓国代表FWヤン・ドンヒョン、同GKキム・ジンヒョン、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ、U-23タイ代表MFチャウワット・ヴィラチャードが所属しており、オスマルを選手登録するためには、「Jリーグ提携国」のタイ国籍であるチャウワットを除いた5選手のうち、1名の登録を抹消しなければならない。 ▽C大阪は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。グループステージ2節を終えて1勝1分けと負けなしで、グループGの首位に立っている。なおC大阪の次戦は、25日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスをホーム戦に迎える。 2018.02.22 13:47 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、FCソウルからスペイン人MFオスマルを完全移籍で獲得!

▽セレッソ大阪は21日、Kリーグ1のFCソウルからスペイン人MFオスマル・イバニェス・バルバ(29)を完全移籍で獲得した。なお、登録名は『オスマル』となるようだ。 ▽オスマルは、2007年にラシンでプロキャリアをスタートさせると、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)を経て、2014年からFCソウルでプレー。センターバックを主戦場としながら守備的MFもこなせ、2016年のKリーグクラッシックにおける年間ベストイレブン受賞した。 ▽なお、C大阪にはブラジル人MFソウザやブラジル人FWリカルド・サントス、韓国代表FWヤン・ドンヒョン、同GKキム・ジンヒョン、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ、U-23タイ代表MFチャウワット・ヴィラチャードが所属しており、オスマルを選手登録するためには、「Jリーグ提携国」のタイ国籍であるチャウワットを除いた5選手のうち、1名の登録を抹消しなければならない。 ▽C大阪は、21日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。グループステージ2節を終えて1勝1分けと負けなしで、グループGの首位に立っている。なおC大阪の次戦は、25日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節で横浜F・マリノスをホーム戦に迎える。 2018.02.22 00:19 Thu
twitterfacebook
thumb

連勝目指したC大阪はグループ最大の難敵広州恒大とゴールレスドロー《ACL2018》

▽セレッソ大阪は21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018・グループG第2節で広州恒大(中国)とホームで対戦し、0-0で引き分けた。 ▽第1節の済州ユナイテッドFC戦で日本勢で唯一白星を手にしたC大阪。グループ最大の強豪である広州恒大との一戦に向けて、前節から4選手を変更。清武、木本、柿谷、杉本に代えて、山下、山村、高木、ヤン・ヒョンジンを起用した。 ▽早々から激しい攻防が展開される中、C大阪は自分たちのミスから相手にチャンスを与えてしまう。14分、自陣でパスを回すC大阪は、ソウザがヘディングでGKに戻したバックパスをアランに奪われる。アランはこれを押し込みにかかるが、上手くミートさせることが出来ず、シュートはGKキム・ジンヒョンがしっかりキャッチする。 ▽17分にもC大阪はピンチを迎える。1本のロングボールからグラル、アランと繋げられシュートまで持ち込まれるが、ここはわずかに枠の外。C大阪はヒヤリとする場面が続いた。 ▽C大阪がチャンスを迎えたのは23分、ソウザの強烈なシュートのこぼれ球を山村が畳み掛けるが、GKリウ・ディアンズオに左足で防がれてしまう。29分には広州恒大がチャンス。味方のパスに反応したガオ・リンが至近距離からシュートを放つも、守護神キム・ジンヒョンがここでもゴールを死守する。 ▽時間が進むにつれて防戦一方になっていくC大阪だが、広州恒大もフィニッシュに精彩を欠き、ネットを揺らすまでは至らない。結局、スコアに動きはないまま、前半は終了した。 ▽後半に入って、やや息を吹き返したC大阪。61分には相手のミスを奪ったソウザがボックス外左からシュートを放つが、相手に当たり枠を捉えることができない。65分に得たFKも、ソウザが壁に当ててしまい、なかなかゴールに結びつけることができない。 ▽C大阪は75分に高木に代えて柿谷を投入。その柿谷は、投入後すぐにドリブルで見せ場を作りCKを獲得。そのCKをソウザが頭で合わせてネットを揺らしたが、クロスがゴールラインを割っていると判定され、ノーゴールとなった。 ▽その直後の67分、山下が相手を倒してしまい、危険な位置でFKを与えてしまう。ボックス外右という広州恒大にとって絶好の位置。これをグデリが狙うと、GKキム・ジンヒョンがゴールラインギリギリのところでセーブし事無きを得る。 ▽その後、C大阪は山下を下げて杉本をピッチに送り出す。すると87分、左サイドの柿谷のクロスにニアで杉本が頭で合わせるが、枠を捉えたこのシュートはGKリウ・ディアンズオにビッグセーブで防がれる。 ▽さらに水沼に代えて福満を投入し、残り時間で猛攻を仕掛けるC大阪。終了間際のCKに丸橋が飛び込むも、シュートは相手に弾かれて試合終了。両チームとも決め手に欠き、ゴールレスで痛み分けに終わった。 セレッソ大阪 0-0 広州恒大 2018.02.21 21:14 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース