井手口陽介、4戦連続途中出場 チームは首位相手に敗戦…《リーガエスパニョーラ2部》2018.02.12 08:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF井手口陽介が所属するクルトゥラル・レオネサは11日、リーガエスパニョーラ2部第26節でウエスカとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ベンチスタートの井手口は82分からプレーした。

▽現在、首位を走るウエスカとの一戦。試合は序盤から格上チームに幾度となくゴールを脅かされる展開となるが、GKパラッツィの好守もあり、前半をなんとか耐え凌ぐ。

▽後半流れを変えたかったクルトゥラル・レオネサだったが60分、右CKの流れからクリアし損ねたボールをボックス中央やや右の位置からジャイールに反転シュートでゴール左隅へと突き刺されて、先制点を許してしまう。

▽追いつきたいクルトゥラル・レオネサは、ミドルシュートから同点ゴールを狙うも脅かすには至らず試合終了。0-1で敗れて連敗を喫している。

ウエスカ 1-0 クルトゥラル・レオネサ
【ウエスカ】
ジャイール(後15)

コメント

関連ニュース

thumb

井手口陽介も唖然?…レオネサ監督がカウンター潰しで今季終了か

▽日本代表MF井手口陽介が所属するクルトゥラル・レオネサのルベン・デ・ラ・バレラ監督(33)に今シーズン終了の可能性が浮上した。スペイン『ムンド・デポルティボ』など複数メディアが報じている。 ▽同監督は、24日に行われたリーガエスパニョーラ2部第32節のアルバセテ戦(0-0のドロー)に臨むチームを指揮。だが、相手のカウンターチャンスとなる89分にベンチ前でタッチラインを出ていないボールを足で止めて試合の進行妨害におよび、退席処分が命じられている。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、同様のケースで過去に10試合のベンチ入り停止処分が下された事例があることから、クルトゥラル・レオネサは残り10節の全リーグ戦を指揮官不在で戦わざるを得ない可能性があるという。 ▽なお、ルベン・デ・ラ・バレラ監督は試合後、退席処分が下された場面について、「ボールがタッチラインを割ると思って、本能的に身体が動いてしまった。レフェリーと話し合って、同じ考えを共有できることを願う」と話している。 2018.03.27 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スペインで奮闘するMF井手口陽介の暮らしを現地紙が紹介「文化、そして街に慣れてきてる」

▽スペイン『マルカ』は、日本とは異なる文化、言語の下での挑戦を選んだクルトゥラル・レオネサの日本代表MF井手口陽介が、現地の環境に適応しつつあると伝えた。 ▽1月にガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドへ完全移籍し、リーガ2部のクルトゥラル・レオネサへ期限付き移籍中の日本代表MF井手口。第23節オサスナ戦で試合終盤に途中投入されデビューを飾ると、続くセビージャ・アトレティコ戦では後半の頭から起用され、着実にプレー時間を延ばした。 ▽しかし、その後はあまり出場機会に恵まれず、試合最終盤からの途中出場が続く。第27節ラージョ・バシェカーノ戦では初のスタメンに名を連ねたものの、ハーフタイム中に交代。直近の第28節アルメリア戦では、出場機会を与えられなかった。 ▽異国の地で厳しい争いに身を置く井手口を、『マルカ』が「21歳で人生を変えなければならないと想像して。それが井手口の状況」という書き出しで紹介。現地語を習得しておらず通訳の同行を必要としていることを課題としつつも、克服できる困難だと論じ、同選手本人のコメントを伝えた。 「少しずつだけど、文化、そして街に慣れてきてるよ。一番難しいのはディナーや昼食の時間の違いかな」 「チームメイトが僕のところに来て、仲間だと感じさせてくれる。とても感謝しているよ。午前は彼らとトレーニングして、午後は散歩に行くのが好きだね」 ▽また、井手口は妻、娘とともに渡欧。家族と過ごすことができているが、それ以外の日本に住んでいる家族や友人とのコミュニケーションも取り続けているという。 「家やレストラン、スーパーマーケットが(日本と)どれだけ違うのか話してるよ。全てがガラリと変わって、僕がどうやって(ホームタウンの)レオンの街の寒さに対処するかも話してる。もっと暖かくなって欲しいよ」 ▽さらに、エイバルの日本代表MF乾貴士と交流していることも語った。 「電話で連絡を取り合っているよ。会ってもいるしね」 2018.03.03 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

スペインで苦境の井手口陽介…リーズ地元サイトも初先発に厳しい評価「言語面が大きな障害に」

スペインで初先発を飾った井手口陽介について、地元情報サイト『リーズ・ライブ』が厳しい論調で報じている。<br><br>井手口は今冬、ガンバ大阪からリーズ・ユナイテッドに加入。労働許可証の関係で、即座にスペイン2部のクルトゥラル・レオネサにレンタルされた。<br><br>加入後は途中出場4試合で64分間しかプレー時間を確保できていなかったが、18日のラージョ・バジェカーノ戦でようやく先発。しかし、先発デビューは後半開始前に交代となるほろ苦いものとなってしまった。<br><br>『リーズ・ライブ』は、「リーズのローン選手たち」と題したタイトルで、井手口を含めレンタル中の7選手を特集。そして、悔しい形で初先発を終えた日本代表MFについて、「チャンスをものにできなかった」と辛口の評価を下している。<br><br>さらに、レオネサのサポーターと思われるツイッターを引用し「インパクトを残すのに苦労し、言語面が大きな障害になっている」と解説している。<br><br>また、降格圏に沈むレオネサに対しても「リーズから移籍した若手を育てる余裕がない」と、残り4カ月余りの期間で井手口が十分にチャンスを得られる可能性は少ないかもしれないと綴っている。<br><br>スペインメディア『as』の評価でも、「採点なし」に終わった井手口。ロシア・ワールドカップが迫る中、厳しい状況が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.20 13:24 Tue
twitterfacebook
thumb

レオネサ井手口陽介、チーム3連敗も移籍後初先発《リーガエスパニョーラ2部》

▽日本代表MF井手口陽介が所属するクルトゥラル・レオネサは18日、リーガエスパニョーラ2部第27節でラージョをホームに迎え、2-3で敗れた。井手口は移籍後初となる先発。ただ、前半のみでピッチを後にしている。 ▽2連敗中のクルトゥラル・レオネサは、開始早々の6分に失点すると、26分に追加点を献上。井手口を初めて先発起用したものの、流れを掴めず、苦しい戦いを強いられてしまう。 ▽2点ビハインドで試合を折り返したクルトゥラル・レオネサは、後半の頭から2枚の交代カードを切って反撃。54分と60分にゴールが生まれ、同点に追いついた。 ▽だが、67分にデ・トマスのこの3試合3発目となるゴールにより、ラージョに勝ち越しを許して万事休す。結局、競り負けたクルトゥラル・レオネサは3連敗を喫している。 クルトゥラル・レオネサ 2-3 ラージョ 【クルトゥラル・レオネサ】 ロドリ(後9) ブエンディア(後15) 【ラージョ】 デ・トマス(前6) デ・トマス(前26) デ・トマス(後22) 2018.02.19 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

井手口陽介がついに初先発へ…レオネサ指揮官が明言「準備ができている」

スペイン2部クルトゥラル・レオネサの井手口陽介がついに先発出場を果たすことになるようだ。<br><br>18日にクルトゥラル・レオネサはラージョ・バジェカーノとホームで対戦する。この試合を前にレギュラーのマリオ・オルティスが累積による出場停止を受けているため、ついに井手口に出番が回ってくるようだ。試合前会見でチームを指揮するルベン・デ・ラ・バレラ監督が明らかにした。<br><br>「ヨウスケは準備が整った。本当に良いフットボーラーで、ここで自身の能力を証明するために全力を出している。ワールドカップに出場できるチャンスのある彼はプレーしたいと強く思っているはずだ。それに関しては疑いの余地がない」<br><br>先日のウエスカ戦も8分間しか出場できず、移籍後4試合で計64分のプレー機会しか確保できていない井手口は、ようやく巡ってきたこのチャンスをものにすることはできるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.02.17 10:10 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース