ローマが最下位ベネヴェント撃破で4位浮上! 完全覚醒のジェンギズが2戦連発含む2G1Aの大暴れ!《セリエA》2018.02.12 06:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第24節、ローマvsベネヴェントが11日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが5-2で逆転勝利した。

▽前節、退場者を出しながらもジェンギズのセリエA初ゴールでヴェローナを下し2018年公式戦初白星と共にリーグ7戦ぶりの勝利を手にした5位のローマ。連勝を目指す今節は最下位のベネヴェントをホームで迎え撃った。前節からのメンバー変更は2点。ヴェローナ戦で退場したペッレグリーニ、累積警告のナインゴランが出場停止となり、代役にジェルソンとペロッティを起用。2列目にジェンギズ、ペロッティ、エル・シャーラウィ、最前線にゼコが入る[4-2-3-1]を採用した。

▽立ち上がりからボールを保持して攻め手を窺うホームのローマだが、最下位相手にまさかの先制点を献上する。7分、左サイドに流れたブリニョーリに簡単に中へ折り返されると、これをボックス手前で受けたギリェルメに左足で打たれる。そして、DFの足を掠めたこのシュートがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽最下位相手の早々の失点にざわつくオリンピコの空気を払拭したいローマはすぐさま反撃を開始。失点直後の9分にはジェンギズのスルーパスに反応したエル・シャーラウィがボックス左から右足シュート。15分には再び→サイド深くでジェンギズが入れたクロスをゴール前のゼコが頭で合わすが、いずれのシュートも相手GKプッジョーニの好守に遭う。

▽それでも、攻め続けるホームチームは26分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのコラロフが左足で絶妙なクロスをゴール前に入れると、タイミング良く走り込んできたファシオが打点の高いヘディングで合わせた。

▽この同点ゴールで一息ついたローマはその後も背後を狙うエル・シャーラウィの飛び出しと、完全に制空権を握ったセットプレーで逆転ゴールに迫る。しかし、41分にボックス内へ抜け出したエル・シャーラウィの枠内シュートは相手GKのファインセーブ、この直後に得た左CKでマノラスが放ったヘディングシュートは枠の右に外れた。

▽最低限のイーブンスコアで試合を折り返したローマは前半同様にコラロフの左CKからゼコにいきなり決定機も、ヘディングシュートは枠の右に外れる。そして56分にはエル・シャーラウィを下げてデフレルをピッチに送り出し、選手交代で攻撃にアクセントを加える試みを見せる。

▽すると、この交代直後に続けてゴールが生まれる。まずは59分、味方からのロングスルーパスに抜け出したジェンギズが右サイド深くから右足のクロスを供給。これをゴール前に走り込んだゼコが頭で合わせると、クロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットを揺らし、逆転に成功。

▽続く62分には中盤でのパスカットからゼコを起点にショートカウンターに転じると、ボックス左に侵攻したペロッティからのマイナスの折り返しをジェンギズが左足ダイレクトでニア下に突き刺し、一気に突き放す。なお、この2得点によってローマは公式戦12試合ぶりの複数得点を記録した。

▽ここで一息つくことなく息の根を止めにかかるローマに対して、流れを変えたいアウェイチームは73分に今冬フリーで加入した元フランス代表DFサーニャをデビューさせた。

▽だが、前節のセリエA初ゴールに続きこの試合1ゴール1アシストの活躍を見せる大器ジェンギズが完全に覚醒する。75分、ボックス手前右でジェルソンからパスを受けたトルコ代表FWは狙いすました左足のコントロールシュートをファーポストに突き刺し、試合を決めるドッピエッタを達成した。

▽その4点目直後に一瞬の隙を突かれてブリニョーラに1点を返される悪癖を見せたローマだが、82分には殊勲のジェンギズを下げて負傷明けのカピターノ、デ・ロッシの投入できっちり試合をクローズ。試合終了間際には相手のハンドで得たPKをデフレルが冷静に決めて移籍後初ゴールと共に、ここ最近のPK連続失敗という負の流れを払拭した。

▽そして、最下位ベネヴェントに逆転勝利のローマがリーグ戦2連勝で宿敵ラツィオを抜きチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ、インテル行きの迫るケイタの後釜にローマのアルゼンチン代表FWに注視か

▽モナコはインテル行きが迫るセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオ(23)の後釜としてローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティ(30)を狙っているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が伝えている。 ▽モナコでは昨夏に加入し主力としてリーグ戦23試合に出場したケイタがインテル行きに迫って模様。インテルは500万ユーロ(約6億3000万円)で1年間レンタルし、その後、3400万ユーロ(約43億円)の買い取りオプションを行使して5年契約のオファーを提示しているようだ。 ▽『トゥットスポルト』によると、モナコはケイタの後釜としてペロッティをリストアップしており、今後正式にオファーを提示するようだ。今年3月にローマと2021年まで契約延長したペロッティは、昨シーズンの公式戦で35試合に出場し8ゴール5アシストをマークしていた。 2018.08.12 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ウェストハム、ゴナロン獲得へ13億円のオファーをローマに提示か

▽ウェストハムが、ローマから元フランス代表MFマキシム・ゴナロン(29)の獲得に向けてオファーを提示したようだ。『フットボール・イタリア』がイギリス『サン』の報道をもとに伝えている。 ▽ゴナロンは、昨夏に17年間在籍したリヨンからローマに加入。しかし、ローマではエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の信頼を勝ち取れず、昨シーズンはセリエA16試合(先発:11試合)の出場にとどまっていた。 ▽そんなゴナロンに関しては、クリスタル・パレスとエバートンの2クラブが獲得に興味を示していたが、今回の報道によれば、ウェストハムが1000万ユーロ(約13億円)のオファーを提示した模様。 ▽また、同紙によれば家族のためにフランス復帰を最優先に考えていたゴナロンだが、現在はプレミアリーグへの移籍も真剣に検討しているという。 2018.08.09 04:20 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格組バジャドリー、ローマから逸材FWヴェルデを買取OP付きのレンタルで獲得

▽リーガエスパニョーラに昇格したバジャドリーは8日、ローマからU-21イタリア代表FWダニエレ・ヴェルデ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のヴェルデは、170cmに満たない小柄ながら馬力のある仕掛けを武器とする左利きのドリブラー。2014-15シーズンにトップチームデビューを飾ると、同シーズンに公式戦10試合に出場し、ブレイクの兆しを見せた。 ▽しかし、その後はトップチームとは定着ならず、フロジノーネやペスカーラ、アヴェリーノへのレンタル移籍を繰り返し、昨季はヴェローナに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。同クラブでは公式戦33試合に出場し4ゴール3アシストを記録していた。 ▽なお、イタリアの年代別代表で主力を担う逸材には、ポルトやボルドーも獲得に関心を示していた。 2018.08.09 00:58 Thu
twitterfacebook
thumb

好調・アセンシオ&ベイル連発! マドリー、ローマ撃破で連勝もナチョ負傷か…《ICC》

▽インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2018のレアル・マドリーvsローマがアメリカで行われ、2-1でマドリーが勝利した。 ▽初戦のマンチェスター・ユナイテッド戦を1-2で敗れ、4日に行われたユベントス戦を3-1で勝利したマドリーは、その一戦から先発メンバーを2人変更。ハビ・サンチェスとクリストに代えてセルヒオ・ラモスとアセンシオを起用した。 ▽一方、初戦のトッテナム戦を1-4で敗れ、1日に行われたバルセロナ戦を4-2で勝利したローマは、その一戦から先発メンバーを5人変更。サントン、ストロートマン、クライファートらに代えてファシオ、コラロフ、ペロッティらを起用した。新加入選手では、GKロビン・オルセン、マルカノ、クリスタンテ、パストーレが先発に名を連ねた。 ▽現地の悪天候によりキックオフ時間が遅れた一戦。試合は2分、マドリーがいきなり先制点を奪う。右サイドでボールを持ったベイルが相手最終ラインを抜け出そうとしたアセンシオを見逃さず、左足アウトサイドでスルーパス。フリーになったアセンシオがボックス内でのGKとの一対一を冷静に制して、マドリーが早くも先制する。 ▽幸先良いスタートを切ったマドリーはさらに15分、最終ラインでパスを受けたカルバハルが前線へロングパス。これに反応したベイルが右サイドを駆け上がり、カットインしながら対峙した相手DFを揺さぶりながらボックス内へ侵攻し、最後は左足でゴール右へと流し込んだ。 ▽2点にリードを広げたマドリーはその後もローマを押し込み続ける。36分にはベイルのパスを受けたベンゼマがミドルシュート。さらに38分にはカルバハルのクロスのこぼれ球をアセンシオがボックス内で押し込もうとしたが、どちらもゴールとはならず。それでもマドリーが試合を優位に進めて、2-0で試合を折り返した。 ▽後半に入ってもペースを握るのはマドリー。60分、カウンターで持ち上がったナチョから横パスを受けたヴィニシウスがボックス手前から右足を振り抜く。丁寧にゴールを狙ったが、わずかにゴール右外へと外れた。 ▽ここまで思うように攻めることができないローマは76分、敵陣中央でペッレグリーニがバルベルデとの球際を制し、そのままミドルシュート。80分にはチョリッチとのパス交換でボックス左を崩したペッレグリーニがクロスを送り、中央のシックが頭で合わせるも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽試合終盤マドリーにアクシデント。ここまで何回か足を気にしていたナチョが座り込み、プレーを中断。そのままデ・トーマスと交代した。 ▽それでもローマは83分、左サイドからのロングスローを中央のシックが逸らし、ファーサイドのストロートマンが右足で押し込んだ。 ▽しかし、ローマの反撃はここまで。アセンシオとベイルのゴールでマドリーが2-1で勝利している。 レアル・マドリー 2-1 ローマ 【レアル・マドリー】 アセンシオ(前2) ベイル(前15) 【ローマ】 ストロートマン(後38) 2018.08.08 11:33 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ退団のカスタンがヴァスコ・ダ・ガマに加入! 脳の手術を乗り越えた偉大な戦士がロマニスタに感動の別れ

▽ヴァスコ・ダ・ガマは4日、先日にローマとの契約を解消した元ブラジル代表DFレアンドロ・カスタン(31)の加入を発表した。 ▽2012年夏にコリンチャンスからローマへ移籍したカスタンは、2013-14シーズンに主力として活躍。しかし、2014年9月に脳の手術を受けて約1年の戦線離脱を強いられていた。2015-16シーズンには病気が完治して復帰を遂げていた同選手だったが、その後はサンプドリア、トリノ、カリアリへのレンタル移籍を繰り返していた。 ▽また、カスタンはローマとの契約解消の際には自身のSNSを通じてエモーショナルなメッセージを送っていた。 「出発の時が来た」 「今日、ローマとの6年間の契約を終えることになった。ここに初めて来たときは多くの夢を抱えていた。そして、非常にうまくいった1年目の後にはブラジル代表にも入ることができた」 「2年目にはスクデットという大きな夢に近づいたけど、ユーベという厳しい相手に敗れた。3年目は自分のキャリアで最高のシーズンになる気がしていたけど、突然目の前に夢にも思わなかった巨大な敵(病気)に直面した」 「僕とその家族はこの戦いがどれだけ難しかったかよくわかっているけど、最終的にその戦いに勝てたことを誇りに思っている」 「ローマではゆっくりと自分の居場所を失うことになったけど、彼らが僕のためにしてくれたすべてのことを永遠に感謝するだろう」 「ローマにトロフィーをもたらすことはできなかったけど、何か重要なものを残すことができれば嬉しいな。それは決して諦めないということだ」 「たとえ幾度も敗れて失望を経験しても決して諦めないでほしい。僕もまだ夢を諦めていないし、決して諦めるつもりはない」 「僕はこれから自分の道を進むことになるけど、いつでもローマをサポートし続けるつもりだ。神様はすべてのことを見守っている。フォルツァ、ローマ! 永遠に」 2018.08.05 15:04 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース