ローマが最下位ベネヴェント撃破で4位浮上! 完全覚醒のジェンギズが2戦連発含む2G1Aの大暴れ!《セリエA》2018.02.12 06:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第24節、ローマvsベネヴェントが11日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが5-2で逆転勝利した。

▽前節、退場者を出しながらもジェンギズのセリエA初ゴールでヴェローナを下し2018年公式戦初白星と共にリーグ7戦ぶりの勝利を手にした5位のローマ。連勝を目指す今節は最下位のベネヴェントをホームで迎え撃った。前節からのメンバー変更は2点。ヴェローナ戦で退場したペッレグリーニ、累積警告のナインゴランが出場停止となり、代役にジェルソンとペロッティを起用。2列目にジェンギズ、ペロッティ、エル・シャーラウィ、最前線にゼコが入る[4-2-3-1]を採用した。

▽立ち上がりからボールを保持して攻め手を窺うホームのローマだが、最下位相手にまさかの先制点を献上する。7分、左サイドに流れたブリニョーリに簡単に中へ折り返されると、これをボックス手前で受けたギリェルメに左足で打たれる。そして、DFの足を掠めたこのシュートがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽最下位相手の早々の失点にざわつくオリンピコの空気を払拭したいローマはすぐさま反撃を開始。失点直後の9分にはジェンギズのスルーパスに反応したエル・シャーラウィがボックス左から右足シュート。15分には再び→サイド深くでジェンギズが入れたクロスをゴール前のゼコが頭で合わすが、いずれのシュートも相手GKプッジョーニの好守に遭う。

▽それでも、攻め続けるホームチームは26分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのコラロフが左足で絶妙なクロスをゴール前に入れると、タイミング良く走り込んできたファシオが打点の高いヘディングで合わせた。

▽この同点ゴールで一息ついたローマはその後も背後を狙うエル・シャーラウィの飛び出しと、完全に制空権を握ったセットプレーで逆転ゴールに迫る。しかし、41分にボックス内へ抜け出したエル・シャーラウィの枠内シュートは相手GKのファインセーブ、この直後に得た左CKでマノラスが放ったヘディングシュートは枠の右に外れた。

▽最低限のイーブンスコアで試合を折り返したローマは前半同様にコラロフの左CKからゼコにいきなり決定機も、ヘディングシュートは枠の右に外れる。そして56分にはエル・シャーラウィを下げてデフレルをピッチに送り出し、選手交代で攻撃にアクセントを加える試みを見せる。

▽すると、この交代直後に続けてゴールが生まれる。まずは59分、味方からのロングスルーパスに抜け出したジェンギズが右サイド深くから右足のクロスを供給。これをゴール前に走り込んだゼコが頭で合わせると、クロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットを揺らし、逆転に成功。

▽続く62分には中盤でのパスカットからゼコを起点にショートカウンターに転じると、ボックス左に侵攻したペロッティからのマイナスの折り返しをジェンギズが左足ダイレクトでニア下に突き刺し、一気に突き放す。なお、この2得点によってローマは公式戦12試合ぶりの複数得点を記録した。

▽ここで一息つくことなく息の根を止めにかかるローマに対して、流れを変えたいアウェイチームは73分に今冬フリーで加入した元フランス代表DFサーニャをデビューさせた。

▽だが、前節のセリエA初ゴールに続きこの試合1ゴール1アシストの活躍を見せる大器ジェンギズが完全に覚醒する。75分、ボックス手前右でジェルソンからパスを受けたトルコ代表FWは狙いすました左足のコントロールシュートをファーポストに突き刺し、試合を決めるドッピエッタを達成した。

▽その4点目直後に一瞬の隙を突かれてブリニョーラに1点を返される悪癖を見せたローマだが、82分には殊勲のジェンギズを下げて負傷明けのカピターノ、デ・ロッシの投入できっちり試合をクローズ。試合終了間際には相手のハンドで得たPKをデフレルが冷静に決めて移籍後初ゴールと共に、ここ最近のPK連続失敗という負の流れを払拭した。

▽そして、最下位ベネヴェントに逆転勝利のローマがリーグ戦2連勝で宿敵ラツィオを抜きチャンピオンズリーグ出場圏内の4位に浮上した。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、ディ・フランチェスコ初凱旋試合で勝利! 今季を3位で終える《セリエA》

▽セリエA最終節、サッスオーロvsローマが20日にマペイ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽すでに4位以内を確定させている3位ローマが11位サッスオーロのホームに乗り込んだ今季最終戦。マペイ・スタジアム初凱旋のディ・フランチェスコ監督は前節のユベントス戦から先発6人を変更。出場停止のナインゴランに代えてストロートマン、負傷のアリソンに代わって今季リーグ戦初出場のGKスコルプスキ、マノラスとペロッティ、シック、ゴナロンが起用された。 ▽引き分け以上で3位確定となるローマは立ち上がりから相手を押し込んでいく。12分にはゴール右で細かいフェイントを見せたシックが右足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに23分にはボックス手前でペロッティのパスを受けたゼコが枠を捉えたシュートを放つが、これはGKペーゴロの好守に遭う。 ▽立ち上がりの決定機を決め切れないローマはここから続けてピンチを招く。29分には最終ライン裏へ完璧なタイミングで抜け出したポリターノに絶好機を許すが、ここはGKスコルプスキの圧巻のセーブと相手のシュートミスに救われる。 ▽すると、このピンチを凌いだローマは前半終了間際の45分、セットプレーの流れからボックス右でルーズボールを拾ったマノラスがゴールライン際でダンカンを振り切って鋭いクロスを供給。これがGKペーゴロのオウンゴールを誘い、前半を1点リードで終えた。 ▽後半もややピリッとしないローマはサッスオーロの攻勢に晒されると、立ち上がりにはベラルディに決定機を許すが、ここはGKスコルプスキの果敢な飛び出しで凌ぐ。 ▽何とか流れを変えたいローマは70分を過ぎてエル・シャーラウィ、カプラドッシ、ジェルソンと交代枠を切っていく。だが、前半に比べてチャンスを作れない。それでも、途中出場のババカルの決定機をDFコラロフの絶妙なカバーで凌ぐなど、粘り強い守備でゴールを許さない。試合最終盤にはカウンターからゼコに2点目のチャンスが訪れるも、ここは相手GKのビッグセーブに阻まれる。結局、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、苦しみながらもきっちり勝ち切ったローマが今季を3位で終えることに成功した。 2018.05.21 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノの元アルゼンチン代表DFブルディッソが今季限りで現役引退か? 古巣ジェノア戦がラストマッチに

▽トリノの元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソ(37)が今季限りで現役を引退するようだ。イタリア『Calcio News 24』が伝えている。 ▽『Calcio News 24』伝えるところによれば、トリノとブルディッソの契約は今季限りとなっており、すでに契約を更新しないことで合意しているという。さらに、同選手は20日に行われるセリエA最終節の古巣ジェノア戦を最後に現役を退くことを決断したようだ。 ▽1999年に南米屈指の名将カルロス・ビアンチ監督の下、母国の名門ボカ・ジュニアーズでプロキャリアをスタートしたブルディッソは、2004年にインテルに完全移籍で加入。 ▽しかし、“カルチョポリ”の影響もあってセリエA5連覇の黄金期を過ごしたインテルでは思うように出場機会を得られず、2009年にローマへレンタル移籍で加入。その後、完全移籍を果たした同選手は2014年まで主力として活躍。そして、ジェノアを経て今季からトリノでプレーしていた。 ▽前述のインテル時代に4度のセリエA制覇に2度のコッパ・イタリア制覇、ボカ・ジュニアーズ時代に2度のアルゼンチンリーグ制覇、2度のトヨタカップ制覇など、クラブキャリアを通じて多くのタイトルを獲得してきた。 ▽2003年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年南アフリカW杯の2大会に出場するなど、通算49試合に出場し2ゴールを記録。また、2001年のFIFA U-20W杯、2004年のアテネ・オリンピックと世代別代表時代に優勝を果たした。 2018.05.19 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがU-18フランス代表DF獲得に迫る! U-17W杯で日本戦にも出場した“NEXTユムティティ”

▽ローマがリーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するRCランスのU-18フランス代表DFウィリアム・ビアンダ(18)の獲得に迫っているようだ。『スカイスポルト・イタリア』が伝えている。 ▽RCランスは近年、レアル・マドリーDFラファエル・ヴァランやバレンシアMFジェフレイ・コンドグビア、ボルシアMGのMFトルガン・アザールらを輩出してきた育成の名門。そのRCランスの下部組織から2017年にトップチームデビューを果たしたビアンダは、今季の公式戦7試合に出場。 ▽卓越した身体能力に加え、正確な左足のキックを武器とするビアンダは、フランスの年代別代表の常連でもあり、母国でバルセロナDFサミュエル・ユムティティの後継を担う期待のセンターバックとの評価も受けている。 ▽セビージャ時代にリーグ・ドゥのナンシーからDFクレマン・ラングレを獲得するなど、フランス方面に明るいローマのモンチSDは、ビアンダ獲得交渉を400万ユーロ(約5億2000万円)+ボーナスという条件でまとめ上げたようだ。 ▽なお、ビアンダは昨年行われたFIFA U-17ワールドカップのグループステージで日本代表戦にも出場していた。 2018.05.19 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 5月17日は、ローマ最終年は男気給料! 中田とスクデット勝ち取った元イタリア代表のバースデー!

◆ダミアーノ・トンマージ 【Profile】 国籍:イタリア 誕生日:1974/5/17 ポジション:MF 現職:イタリアサッカー選手会会長 身長:180㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、5月17日は、ローマOBの元イタリア代表MFダミアーノ・トンマージ氏だ。 ▽ヴェローナでキャリアをスタートさせたトンマージ氏は、豊富な運動量とタフな守備を武器に1996年に母国の強豪ローマに入団。すると、2000-01シーズンには中田英寿らとともにセリエA優勝に貢献した。トンマージ氏は、その実力もさることながら人柄もワールドクラスだ。 ▽トンマージ氏はボランティアや病院などへの慰問に積極的に参加し、2001年にはスポーツ選手として初めてタリア医療共同協会から送られる功労賞を受賞。さらに、公式戦通算351試合に出場したローマでの最終年、2005-06シーズンには自身のケガやクラブの財政難を憂慮し、月給1500ユーロ(当時のレートで約20万円)での再契約を申し出た。これはイタリアの工場労働者と同等の給与水準だ。 ※誕生日が同じ主な著名人 イニゴ・マルティネス(サッカー選手/アスレティック・ビルバオ) ラファ・シウバ(サッカー選手/ベンフィカ) 山岸範宏(サッカー選手/ギラヴァンツ北九州) 金正也(サッカー選手/ベガルタ仙台) 米倉恒貴(サッカー選手/ガンバ大阪) 菅沼駿哉(サッカー選手/ガンバ大阪) 三浦龍輝(サッカー選手/ジュビロ磐田) 橋岡大樹(サッカー選手/浦和レッズ) 根木洸希(サッカー選手/セレッソ大阪) ビル・ブラッフォード(ドラマー/イエス、キング・クリムゾン) 三輪テツヤ(ギタリスト/スピッツ) 坂井真紀(女優) 生野陽子(アナウンサー) 井ノ原快彦(アイドル/V6) 朝長美桜(アイドル/HKT48) 川谷修士(お笑い芸人/2丁拳銃) アンゴラ村長(お笑い芸人/にゃんこスター) 2018.05.17 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ公式ツイッターがセンス抜群の動画でUEFAにVARを要求!

▽昨夏の新加入選手の発表など、センス抜群なプロモーションを展開しているローマの公式ツイッター(@ASRomaEN)が、コミカルな動画で欧州サッカー連盟(UEFA)に対してビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を求めた。 ▽今月2日にスタディオ・オリンピコで行われたCL準決勝2ndレグ、ローマvsリバプールはホームのローマが4-2で勝利した。しかし、1stレグでの2-5の大敗が響きローマは2戦合計6-7で決勝進出を逃した。 ▽しかし、同試合では後半序盤にFWエディン・ゼコがボックス内でリバプールGKロリス・カリウスに倒された場面がオンサイドにも関わらず、オフサイドの判定。さらにFWステファン・エル・シャーラウィのゴール前でのシュートがリバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの明らかなハンドで阻止されるもノーファウルの判定となった。 ▽仮に、この2つの判定が正しくジャッジされていれば、いずれの場面でもPKが与えられ且つ両者にレッドカードが掲示される可能性が高かっただけに、1点差まで迫りながらも敗退となったローマ陣営にとっては納得できないジャッジだった。 ▽試合後、一連の判定に激昂したジェームズ・パロッタ会長は記者団を前にして、審判団を強く非難すると共にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入を要求する発言を行い、その後UEFAの処分対象となっていた。 ▽それでも、ユーモアの精神を忘れないローマは15日、非常にコミカルな動画を投稿するとともに、UEFAに対して来季CLでのVAR導入を薦めている。 ▽今回の動画ではホーム最終戦後、お馴染みの選手たちとその家族がオリンピコのピッチ内で戯れる様子が映されていた。その中でFWディエゴ・ペロッティが小さな息子とサッカーボールで遊んでいる際に事件が起きる。ペロッティが息子のドリブルに対して、アフター気味に足をかけてストップ。しかし、その場に審判はおらず、プレーは流される。すると、映像がスタンドのローマファンに切り替わると、ローマサポーターはペロッティの息子に対するファウルとカードを要求。 ▽これを受けて、主審がVARによる検証を要求。主審がピッチサイドにある液晶パネルで当該シーンを確認すると、再び映像が切り替わって裁定を待つペロッティやスタンドのトッティ氏らの真剣な面持ちが抜かれる。そして、主審はVARの検証の結果、ペロッティの息子に対するファウルが悪質なものだったと判断し、同選手にレッドカードを掲示。ペロッティはユニフォームを脱いでピッチを後にすることになった。 ▽ペロッティ親子の戯れる様子や今季セリエAでのVARシーンなどの動画を細かく編集して非常に凝った動画を作り上げたローマは、この動画と共に「これがチャンピオンズリーグ(@ChampionsLeague)にVARが必要な理由です(笑)」と、UEFAに対して提案を行っている。 ◆センス抜群の動画です https://twitter.com/ASRomaEN/status/996409329157902339 2018.05.17 00:00 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース