バレンシアが“バレンシア・ダービー”制し3位死守! …レバンテは11戦勝ちなし《リーガエスパニョーラ》2018.02.12 06:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは11日、リーガエスパニョーラ第23節レバンテ戦をメスタージャで行い、3-1で勝利した。

▽リーガ3連敗で失速中の3位バレンシア(勝ち点40)が、リーガ10試合連続で勝ちがないものの前節レアル・マドリー戦で1-1の引き分けに持ち込んだ17位レバンテ(勝ち点20)をホームに迎えた“バレンシア・ダービー”。

▽バレンシアは、直近の試合である0-2の敗北を喫したコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦からスタメンを5名変更。ザザや負傷したロドリゴらに代えて、ゲデス、サンティ・ミナらを起用した。今節、レアル・マドリーがレアル・ソシエダに5-2の勝利を収めて勝ち点を「42」まで積み上げたため、バレンシアにとっては勝たなければ4位に順位を下げる試合となった。

▽試合の序盤からバレンシアがボールを持って試合を運んでいくが、中盤に4-5のラインを引くレバンテを崩し切れない。11分には右CKからサンティ・ミナがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えられない。

▽さらに13分、ボックス右でパスを受けたソレールが左足でシュートを放つが、これも枠の外。バレンシアは決定的なチャンスを得ることができないまでも、徐々にペースを掴んでいく。

▽すると17分、今度は左CKを獲得するとキッカーのパレホがインスイングで素早いボールを供給。上手く頭で合わせたサンティ・ミナが、ネットを揺らした。

▽しかし、直後の18分にレバンテが左CKを獲得してショートコーナーを選択。カンパーニャが低い弾道のクロスを入れるとDFセルヒオ・ポスティゴが右足でボレーシュートを放つ。これがゴール左隅に決まり、試合は再びイーブンな状態となった。

▽さらに30分、カウンターでボールを持ったイヴィがボックス内左まで侵攻。しかし、そのまま放たれたシュートはGKネトに阻まれて得点には繋がらない。

▽バレンシアは両サイドのゲデスやソレールを中心にゴールに迫ろうとするが、決め切りことができない。43分、左サイドをオーバーラップしたガヤのクロスに飛び込んだサンティ・ミナが足で合わせたが、シュートはバーに直撃。前半は1-1のスコアで折り返すこととなった。

▽後半に入ると試合はややペースダウン。両クラブ共になかなかシュートまで持ち込むことができない展開が続く。56分にはバレンシアがボックス手前左でFKを獲得したが、キッカーのパレホが入れたボールは味方に合わない。

▽63分には、レバンテの左CKからDFコケがヘディングシュートを沈めたかに思われたが、競り合いの中でガヤに対するファウルがあったとして得点は認められず。ガヤはガブリエウとの交錯で倒れたようにも見え、レバンテ側は抗議したが判定は覆らなかった。

▽すると直後の65分、ソレールが巧みなドリブルでボックス内に侵攻してシュートを浴びせる。GKオイエルに弾かれ、こぼれ球に反応したサンティ・ミナのシュートも阻まれたが、最後はビエットが押し込んで勝ち越すことに成功した。ビエットにとっては移籍後のリーガ初弾となっている。

▽さらに81分、カウンターからボックス手前のゲデスがスルーパスを供給。するとサンティ・ミナがGKオイエルとの一対一を迎えたが、シュートは左ポストに阻まれた。

▽試合終了間際の89分、途中出場のザザがボックス内でR・スアレスに倒されてPKを獲得。キッカーのパレホがゴール右下隅に決め、さらにリードを広げた。

▽試合はここで終了。この結果、ダービーマッチを制したバレンシアは連敗を脱出し、3位を死守することに。対するレバンテは、11戦連続勝ちなしとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアがDFガヤと2023年まで契約延長! 契約解除金を1億ユーロに

▽バレンシアは22日、DFホセ・ルイス・ガヤ(22)の契約を2023年まで延長したことを発表した。契約解除金として1億ユーロ(約129億円)が設定されたことも併せて伝えている。 ▽バレンシア下部組織出身のガヤは、2014年4月にトップチームデビュー。左サイドバックを主戦場とし、今シーズンは公式戦38試合に出場し、5アシストを記録していた。 2018.05.23 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

グリーズマンの代役ではない? アトレティコがスペイン代表FW獲得を熱望

▽アトレティコ・マドリーがスペイン代表FWの獲得に動くようだ。スペイン『カデナ・セール』が報じた。 ▽アトレティコは、エースであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがバルセロナへと移籍する可能性が報じられている。そこで目をつけたのが、バレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(27)だった。 ▽アトレティコとしては、スペイン代表FWジエゴ・コスタ、そしてグリーズマンとともに、ロドリゴ・モレノを含めた3人のアタッカー陣でシーズンに臨む意向があるとのことだ。 ▽チアゴ・アルカンタラやラフィーニャ・アルカンタラの従兄弟としても知られるロドリゴ・モレノは、レアル・マドリーの下部組織出身。ベンフィカやボルトンでプレーし、2014年7月にベンフィカからのレンタル移籍でバレンシアでプレー。翌年から完全移籍で加入した。 ▽今シーズンは、リーガエスパニョーラで37試合に出場し16ゴールを記録。得点ランキングでも8位タイの成績を残し、ロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表にも選出された。 ▽バレンシアは、ロドリゴ・モレノの移籍金を6000万ユーロ(約78億4000万円)に設定していると伝えられているが、アトレティコはFWケヴィン・ガメイロを差し出し、移籍金の削減を目指すようだ。 2018.05.22 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

厳しいポジション争い…バルサFWパコ・アルカセルが古巣復帰か

▽バルセロナのFWパコ・アルカセル(24)が、古巣のバレンシアに戻ることになるようだ。スペイン『オンダ・セロ』が報じた。 ▽バレンシアの下部組織で育ったパコ・アルカセルは、ヘタフェへのレンタル移籍を経験し、2016年8月にバルセロナへと完全移籍。加入1年目はリーガエルパニョーラで21試合に出場し6ゴールを記録していた。 ▽今シーズンは熱い選手層に阻まれ、リーガエスパニョーラで17試合の出場にとどまり4ゴールを記録していた。 ▽パコ・アルカセルは、バルセロナと5年契約を結び、3000万ユーロ(約39億2000万円)の移籍金がかかっていた。しかし、出場機会が限られ、来シーズンはアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの加入も噂されており、より厳しい立場になる可能性が濃厚だった。 2018.05.22 23:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アンドレアス・ペレイラ、自身のSNSでマンチェスター・ユナイテッド復帰を報告

▽バレンシアにレンタル移籍で加入していたラジル人MFアンドレアス・ペレイラ(22)は、レンタル元であるマンチェスター・ユナイテッドに復帰することを自身のSNSで報告した。 ▽アンドレアス・ペレイラは、PSVの下部組織からユナイテッドの下部組織に入団。2015年7月にトップチームへと昇格するも、グラナダ、バレンシアとスペインクラブへのレンタル移籍を続けている。 ▽バレンシアでは、今シーズンのリーガエスパニョーラで23試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。コパ・デル・レイでも6試合に出場するなど、多くの経験を積んでいる。 ▽アンドレアス・ペレイラは、公式発表に先立ち自身のツイッターでユナイテッドへの復帰とバレンシアサポーターへの感謝の言葉を述べた。 「僕はクラブが立てた目標達成の手助けのためにバレンシアに加入した。そして、僕たちはその目標を達成したんだ」 「今日、僕はマンチェスター・ユナイテッドに帰るが、このクラブとサポーターは僕の心に永遠に残るだろう。みんなありがとう」 2018.05.22 01:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、エース・ロドリゴ流出の危機…バイエルンが興味で指揮官は白旗?

バイエルンがバレンシアのスペイン代表FWロドリゴ・モレノ獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ロドリゴは今シーズン、19ゴールを挙げて名門の復活に貢献。バレンシアは来季のチャンピオンズリーグ出場権を手にしている。スペイン代表にも招集されるロドリゴに、バイエルンは注目し、ゴール前で発揮される脅威と自己犠牲を評価。バレンシアのゼネラルディレクターであるマテウ・アレマニー氏は6000万ユーロ(約78億円)を要求しているという。<br><br>バレンシアはエースの流出を阻止したい構えだが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督は、拒否するにはビッグクラブ過ぎることを認めている。<br><br>「重要な選手だが、これはフットボールだ。選手はそれぞれの意見がある。両者が合意に至れば、監督ができることはない。選手が残りたいなら残す。ロドリゴに関して言えば、我々は彼とともに続けたい」<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 13:40 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース