バレンシアが“バレンシア・ダービー”制し3位死守! …レバンテは11戦勝ちなし《リーガエスパニョーラ》2018.02.12 06:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは11日、リーガエスパニョーラ第23節レバンテ戦をメスタージャで行い、3-1で勝利した。▽リーガ3連敗で失速中の3位バレンシア(勝ち点40)が、リーガ10試合連続で勝ちがないものの前節レアル・マドリー戦で1-1の引き分けに持ち込んだ17位レバンテ(勝ち点20)をホームに迎えた“バレンシア・ダービー”。

▽バレンシアは、直近の試合である0-2の敗北を喫したコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦からスタメンを5名変更。ザザや負傷したロドリゴらに代えて、ゲデス、サンティ・ミナらを起用した。今節、レアル・マドリーがレアル・ソシエダに5-2の勝利を収めて勝ち点を「42」まで積み上げたため、バレンシアにとっては勝たなければ4位に順位を下げる試合となった。

▽試合の序盤からバレンシアがボールを持って試合を運んでいくが、中盤に4-5のラインを引くレバンテを崩し切れない。11分には右CKからサンティ・ミナがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えられない。

▽さらに13分、ボックス右でパスを受けたソレールが左足でシュートを放つが、これも枠の外。バレンシアは決定的なチャンスを得ることができないまでも、徐々にペースを掴んでいく。

▽すると17分、今度は左CKを獲得するとキッカーのパレホがインスイングで素早いボールを供給。上手く頭で合わせたサンティ・ミナが、ネットを揺らした。

▽しかし、直後の18分にレバンテが左CKを獲得してショートコーナーを選択。カンパーニャが低い弾道のクロスを入れるとDFセルヒオ・ポスティゴが右足でボレーシュートを放つ。これがゴール左隅に決まり、試合は再びイーブンな状態となった。

▽さらに30分、カウンターでボールを持ったイヴィがボックス内左まで侵攻。しかし、そのまま放たれたシュートはGKネトに阻まれて得点には繋がらない。

▽バレンシアは両サイドのゲデスやソレールを中心にゴールに迫ろうとするが、決め切りことができない。43分、左サイドをオーバーラップしたガヤのクロスに飛び込んだサンティ・ミナが足で合わせたが、シュートはバーに直撃。前半は1-1のスコアで折り返すこととなった。

▽後半に入ると試合はややペースダウン。両クラブ共になかなかシュートまで持ち込むことができない展開が続く。56分にはバレンシアがボックス手前左でFKを獲得したが、キッカーのパレホが入れたボールは味方に合わない。

▽63分には、レバンテの左CKからDFコケがヘディングシュートを沈めたかに思われたが、競り合いの中でガヤに対するファウルがあったとして得点は認められず。ガヤはガブリエウとの交錯で倒れたようにも見え、レバンテ側は抗議したが判定は覆らなかった。

▽すると直後の65分、ソレールが巧みなドリブルでボックス内に侵攻してシュートを浴びせる。GKオイエルに弾かれ、こぼれ球に反応したサンティ・ミナのシュートも阻まれたが、最後はビエットが押し込んで勝ち越すことに成功した。ビエットにとっては移籍後のリーガ初弾となっている。

▽さらに81分、カウンターからボックス手前のゲデスがスルーパスを供給。するとサンティ・ミナがGKオイエルとの一対一を迎えたが、シュートは左ポストに阻まれた。

▽試合終了間際の89分、途中出場のザザがボックス内でR・スアレスに倒されてPKを獲得。キッカーのパレホがゴール右下隅に決め、さらにリードを広げた。

▽試合はここで終了。この結果、ダービーマッチを制したバレンシアは連敗を脱出し、3位を死守することに。対するレバンテは、11戦連続勝ちなしとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

K・ボアテング放出のサッスオーロがかつてのエース復帰を目論む

元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(31)がバルセロナへと電撃移籍してしまったサッスオーロ。その代役に、かつてのエースを呼び戻す考えがあるようだ。イタリア『メディアセット』が報じた。 21日、突如としてK・ボアテングがバルセロナへとレンタル移籍。今シーズンはセリエAで13試合に出場し4ゴールを記録していたK・ボアテングの移籍は、中位のクラブにとっては大きな痛手となった。 K・ボアテングの代役候補を探すサッスオーロは、バレンシアからトリノへレンタル移籍しているイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)の獲得を目指しているとのこと。2013年から2015年にかけてクラブを支えた元エースの復帰を目論んでいるようだ。 サッスオーロを退団した後のザザは、ユベントスやウェストハム、バレンシアでプレー。しかし、いずれも結果を残すことができていない状況だ。 今シーズンは、バレンシアから1200万ユーロ(約15億円)の買い取りオプション付きのレンタル移籍でトリノへ加入。セリエAで17試合に出場し1ゴールと不発に終わっており、先発出場もわずか6試合と満足いく出場機会を得られていないのが現状だ。 当時もサッスオーロで名コンビを組んでいたFWドメニコ・ベラルディもサッスオーロに所属しているだけに、移籍が実現すればチームと自身の浮上のキッカケになる可能性はありそうだ。 2019.01.24 11:57 Thu
twitterfacebook
thumb

モリーナ弾で逃げ切ったヘタフェがバレンシアから先勝を飾る!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準々決勝1stレグのヘタフェvsバレンシアが22日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、1-0でヘタフェが勝利した。ヘタフェMF柴崎岳は、日本代表招集中ため欠場した。 5回戦でバジャドリーを2戦合計2-1で勝利したヘタフェと、スポルティング・ヒホンに2戦合計4-2で勝利したバレンシアの準々決勝1stレグ。試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ヘタフェは27分に決定機。マタの右クロスをニアサイドのアンヘルが頭で合わせたが、これはGKジャウメがセーブ。 さらにヘタフェは40分にも、マタのパスに抜け出したアンヘルがボックス右から侵入しシュートを狙ったが、これもGKジャウメの好セーブに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半も、膠着状態が続くとバレンシアは54分にヴェゾを下げてピッチーニ、67分にガメイロを下げてチェリシェフを投入。対するヘタフェは、69分にアンヘルに代えてモリーナをピッチに送り出した。 すると、この交代で功を奏したのはヘタフェ。78分、カブレラの左クロスがゴール前のモリーナの足下に収まると、ワンフェイクで相手DFをかわし左足のシュートをゴールに叩き込んだ。 結局、これが決勝点となりヘタフェが1-0で勝利。なお、2ndレグは29日にメスタージャで行われる。 2019.01.23 07:23 Wed
twitterfacebook
thumb

チチャリート、バレンシアと個人間合意もハマーズが移籍許さず

ウェストハムに所属しているメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(30)はバレンシアと個人間合意に達しているものの、ハマーズは移籍を容認しない構えのようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2017年夏にレバークーゼンから1600万ポンド(約22億4000万円)の移籍金で加入。ところが、元マンチェスター・ユナイテッドFWは、昨季はリーグ戦28試合8ゴール、今季もここまでリーグ戦14試合で4ゴールと西ロンドンクラブへの適合に苦しんでいる。 エルナンデスはそんな状況から抜け出そうとスペイン復帰を考えているようだ。伝えられるところによると、同選手はすでにバレンシアと個人合意に達しているとのこと。 しかし、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが中国の上海上港に移籍してしまう可能性が高いことから、同時に2人のストライカーを失うことを恐れるハマーズは、エルナンデスの移籍を認めない構えであると推測されている。 また、同クラブは選手のローン移籍に消極的であり、メキシコ代表FWを手放すにしても1200万ポンド(約16億8000万円)以上の移籍金による完全移籍を望んでいるという。 2019.01.17 13:54 Thu
twitterfacebook
thumb

イグアイン退団濃厚のミラン、後釜にバチュアイをリストアップ?

ミランが、バレンシアに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)を新たにリストアップしたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは昨夏ユベントスから元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)をレンタルで獲得。しかし、ここまでのリーグ戦で15試合6得点と期待値からすれば、やや物足りないパフォーマンスにレンタル打ち切りの可能性が浮上し、16日にはチェルシーへのレンタル移籍でユベントスが合意したことが同メディアによって伝えられた。 ミランは現在、イグアインの後釜としてジェノアに所属するFWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得に関心を示している。しかし、ジェノア側が4000万ユーロ(約49億円)+ボーナスを要求しており、完全移籍か買い取り義務付きのレンタル移籍を求めていることから、ミランは難色を示しているという。 そんな中、ミランはプランBとしてバレンシアのバチュアイを注視。しかし、同選手は最近、元ベルギー代表のアシスタントコーチであるティエリ・アンリ監督が率いるモナコへのレンタル移籍で合意寸前であることが伝えられているため、そうなれば争奪戦になることは間違いなさそうだ。 移籍市場は残り約2週間。果たしてミランはどのような動きを見せるのだろうか。 2019.01.17 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シュート263本で17G…バレンシア指揮官は自身の解任を否定

バレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、自身の解任論を否定している。スペイン『マルカ』が伝えた。 マルセリーノ監督は、2017-18シーズンからバレンシアの指揮官に就任。すると、それ以前に率いていたビジャレアルでの攻撃サッカーとは別のアプローチながら、前年に12位に落ち込んでいた名門を4位まで引き上げた。 しかし、今シーズンは序盤から得点力不足が囁かれ、チームはここまでのリーガエスパニョーラ第19節終了時点で4勝11分け4敗の11位に低迷。得点数は、バジャドリーやレガネス、ウエスカと並び「17」で最下位タイだ。 そういった状況からマルセリーノ監督の解任論が各所で噴出しているが、当人はこれを否定。263回のシュートで17ゴールしか奪えていない(決定率6.5%)ことを嘆き、会長の決断を尊重するとしつつも、状況が変化すると信じているようだ。 「私の仕事は自分自身を強くしてくれるし、慰めてもくれる」 「現時点では勝てておらず、他に感じることは何もない。私が求めるのは勝つことだけだ」 「最後通告を受けたことはないし、それは個人的な問題だ」 「私たちは勝者だ。勝たなければ失望する」 「試合前のミーティングには既に気付いていたし、心配はしていないよ。もしオーナーがコーチングスタッフを追いやる決断をしたのなら、私にできることは何もない。それに、彼の決断をリスペクトしなければならない」 「私たちは263回のチャンスで17ゴールを記録している。これは変えなければならないことだが、永遠に続くことはない」 2019.01.15 15:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース