バレンシアが“バレンシア・ダービー”制し3位死守! …レバンテは11戦勝ちなし《リーガエスパニョーラ》2018.02.12 06:41 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは11日、リーガエスパニョーラ第23節レバンテ戦をメスタージャで行い、3-1で勝利した。

▽リーガ3連敗で失速中の3位バレンシア(勝ち点40)が、リーガ10試合連続で勝ちがないものの前節レアル・マドリー戦で1-1の引き分けに持ち込んだ17位レバンテ(勝ち点20)をホームに迎えた“バレンシア・ダービー”。

▽バレンシアは、直近の試合である0-2の敗北を喫したコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバルセロナ戦からスタメンを5名変更。ザザや負傷したロドリゴらに代えて、ゲデス、サンティ・ミナらを起用した。今節、レアル・マドリーがレアル・ソシエダに5-2の勝利を収めて勝ち点を「42」まで積み上げたため、バレンシアにとっては勝たなければ4位に順位を下げる試合となった。

▽試合の序盤からバレンシアがボールを持って試合を運んでいくが、中盤に4-5のラインを引くレバンテを崩し切れない。11分には右CKからサンティ・ミナがヘディングシュートを放ったが、枠を捉えられない。

▽さらに13分、ボックス右でパスを受けたソレールが左足でシュートを放つが、これも枠の外。バレンシアは決定的なチャンスを得ることができないまでも、徐々にペースを掴んでいく。

▽すると17分、今度は左CKを獲得するとキッカーのパレホがインスイングで素早いボールを供給。上手く頭で合わせたサンティ・ミナが、ネットを揺らした。

▽しかし、直後の18分にレバンテが左CKを獲得してショートコーナーを選択。カンパーニャが低い弾道のクロスを入れるとDFセルヒオ・ポスティゴが右足でボレーシュートを放つ。これがゴール左隅に決まり、試合は再びイーブンな状態となった。

▽さらに30分、カウンターでボールを持ったイヴィがボックス内左まで侵攻。しかし、そのまま放たれたシュートはGKネトに阻まれて得点には繋がらない。

▽バレンシアは両サイドのゲデスやソレールを中心にゴールに迫ろうとするが、決め切りことができない。43分、左サイドをオーバーラップしたガヤのクロスに飛び込んだサンティ・ミナが足で合わせたが、シュートはバーに直撃。前半は1-1のスコアで折り返すこととなった。

▽後半に入ると試合はややペースダウン。両クラブ共になかなかシュートまで持ち込むことができない展開が続く。56分にはバレンシアがボックス手前左でFKを獲得したが、キッカーのパレホが入れたボールは味方に合わない。

▽63分には、レバンテの左CKからDFコケがヘディングシュートを沈めたかに思われたが、競り合いの中でガヤに対するファウルがあったとして得点は認められず。ガヤはガブリエウとの交錯で倒れたようにも見え、レバンテ側は抗議したが判定は覆らなかった。

▽すると直後の65分、ソレールが巧みなドリブルでボックス内に侵攻してシュートを浴びせる。GKオイエルに弾かれ、こぼれ球に反応したサンティ・ミナのシュートも阻まれたが、最後はビエットが押し込んで勝ち越すことに成功した。ビエットにとっては移籍後のリーガ初弾となっている。

▽さらに81分、カウンターからボックス手前のゲデスがスルーパスを供給。するとサンティ・ミナがGKオイエルとの一対一を迎えたが、シュートは左ポストに阻まれた。

▽試合終了間際の89分、途中出場のザザがボックス内でR・スアレスに倒されてPKを獲得。キッカーのパレホがゴール右下隅に決め、さらにリードを広げた。

▽試合はここで終了。この結果、ダービーマッチを制したバレンシアは連敗を脱出し、3位を死守することに。対するレバンテは、11戦連続勝ちなしとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

トリノが移籍市場最終日に大型補強! ザザ&ソリアーノ、ジジが加入

▽トリノは17日、イタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)、同MFロベルト・ソリアーノ(27)、コートジボワール代表DFコフィ・ジジ(25)の3選手の獲得を発表した。 ▽2013年に加入したサッスオーロで台頭したザザは2015年にユベントスに加入。その後、ウェストハム、バレンシアと渡り歩き、昨夏に完全移籍したバレンシアでは昨シーズンのリーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。今夏の移籍市場ではマルセイユや古巣サンプドリアなどへの加入が報じられた中、トリノへの加入が決定した。 ▽なお、イタリア『トゥットスポルト』は今回の契約に関して200万ユーロ(約2億5000万円)の有償レンタルとなり、シーズン終了後に1200万ユーロ(約15億1000万円)での買い取り義務が発生する総額1400万ユーロのオペレーションと伝えている。 ▽また、ソリアーノはビジャレアルから総額1500万ユーロ(約19億円)の買い取りオプション付きのレンタルでの加入となった。バイエルンの下部組織出身のソリアーノは2010年にプロデビューを飾ったサンプドリアの司令塔として、2016年にビジャレアルに完全移籍するまで活躍。昨季はビジャレアルで公式戦30試合に出場していた。 ▽同じくナントから買い取りオプション付きのレンタルで加入したジジは、フランスとコートジボワールの二重国籍を持つセンターバックだ。ナント生え抜きの同選手は昨シーズンのリーグ・アンで29試合に出場していた。 ▽なお、移籍市場最終日に大きな動きを見せたトリノは元イタリア代表MFミルコ・ヴァルディフィオーリとイタリア人FWケビン・ボニファツィをSPALへ、ガーナ代表MFアフリイェ・アックアーをエンポリに放出している。 2018.08.18 02:36 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、イタリア代表ザザ獲得が決定的に

▽マルセイユはバレンシアのイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)の獲得に関して合意を取り付けたようだ。フランス『RMC Sport』をもとに『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、マルセイユは今夏にニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)の獲得が目前に迫っていたが、合意には至らず同代表のザザに白羽の矢が立ったようだ。同選手に対しマルセイユは買取りオプション付きのレンタル移籍でオファーを出しており、48時間以内に決定する模様だ。 ▽一方で、バレンシアは今夏にチェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)、アトレティコ・マドリーから元フランス代表FWケヴィン・ガメイロ(31)を獲得。そのため、ザザの退団が有力視されている。 ▽ザザは、ユベントスからウェストハム、バレンシアへとレンタル移籍を経て、2017-18シーズンはバレンシアに完全移籍。リーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。復活を果たしていた。 2018.08.15 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアがチェリシェフのレンタル加入を発表!2016年以来2度目の加入に

▽バレンシアは14日、ビジャレアルのロシア代表MFデニス・チェリシェフ(27)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1年間。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 ▽チェリシェフは一度、2016年2月から半年間バレンシアにレンタル移籍した経歴を持つ。加入からリーグ戦6試合で3ゴールを記録する活躍を見せたが、その後はケガに苦しみ、結局リーグ戦出場は7試合のみだった。2度目のバレンシア移籍となる今回、W杯のような輝きを見せることはできるのだろうか。 2018.08.14 23:08 Tue
twitterfacebook
thumb

バチュアイ、初挑戦リーガ開幕に向け意気込む! 「グーグル翻訳で会話してる」

▽今夏にチェルシーからバレンシアにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)が、新天地での意気込みを語っている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽バチュアイは2017-18シーズンの冬にもレンタルでドルトムントに加わり、ブンデスリーガ10試合で7得点をマーク。7月まで行われていたロシア・ワールドカップではベルギー代表として出場し、3試合1得点を記録した。 ▽今夏には、出場機会を求めて移籍を望んでいることが伝えられており、10日にバレンシア加入が発表。同クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得してることも、プラスに働いていたようだ。以下のように語っている。 「僕に(バレンシア以外の)他の選択肢があったのは事実だ。でも、(マルセリーノ・ガルシア・トラル)監督と話して、気持ちが固まったんだ」 「(ゴール数の)目標を設定する前に、確かな印象を残すことを切望しているよ。“23”のシャツが着たいね。もし空いていればだけど」 「(チームでの会話には)携帯のグーグル翻訳を活用しているよ。でも、クラブは先生を付けてくれる計画でいる思うし、チームメートだって助けてくれるに違いない」 「僕はここの野望に納得させられた。チャンピオンズリーグに参加するのが楽しみだよ。マルセリーノとの会話が本当に重要な要因だった」 ▽スペイン語の問題解決のためにグーグル翻訳を利用しつつ、初挑戦となったリーガエスパニョーラの開幕に向けて準備を進めるバチュアイ。スペイン代表FWロドリゴ・モレノと競争が勃発することも伝えられているが、ポジションを確保することはできるのだろうか。 2018.08.13 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ゲデスのバレンシア残留濃厚か PSGと完全移籍で合意

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)にバレンシアへの完全移籍が近づいているようだ。アメリカの大手メディア『ESPN』が報じた。 ▽ゲデスは2017年夏、PSGからバレンシアにレンタル移籍。リーガエスパニョーラ33試合に出場して5得点11アシストの成績を収め、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーにも選ばれた。 ▽報道によれば、バレンシアは移籍金4500万ユーロ(約56億7000万円)でクラブ間合意。6000万ユーロを求めるPSGだが、バレンシアから再び売却する際に移籍金の20%を譲り受ける約束を交わしたため、取引成立に至ったという。 ▽なお、そのゲデスを巡ってはワトフォードも関心を示していたが、選手自身がバレンシア残留を希望。バレンシアへの完全移籍が正式に決まれば、クラブとの相思相愛が実る格好となる。 2018.08.13 09:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース