インテルの19歳救世主にスパレッティがアメとムチ「見事なゴール」「ボールを失うと厳しい」2018.02.12 20:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは11日、セリエA第24節でボローニャを2-1で下し、90日ぶりの白星を手にした。その大きな原動力となったフランス人FWヤン・カラモーについて、ルチアーノ・スパレッティ監督が試合後に語っている。

▽見事な個人技で決勝点を挙げた19歳のカラモーについて指揮官は「すごいゴールだったね。彼にはこのスピードと技術がある。全体的にとても気に入ったよ」と称賛した。

▽しかし、「彼は休みもある。そうなると我々は守備のときにきつくなるんだ。少年のように落胆したかと思えば、いきなりとてつもないことをすることがある。とにかく、成長することだね」と期待の若手の課題も語った。

▽カラモーはこの試合がセリエAで初めての先発だった。シーズン前半戦は3回の出場機会があったものの、いずれも途中出場となっている。そのときの活躍から、一部ファンは同選手の起用を望む声をあげていたが、全体的なバランスを考えると、まだ指揮官としては使いにくい選手なのかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

主役ピルロはノーゴールも盟友インザーギのトリプレッタなどでなど記憶に残る一戦に《ラ・ノッテ・デル・マエストロ》

▽元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの引退試合『ラ・ノッテ・デル・マエストロ(マエストロの夜)』が21日にサンシーロで行われ、ホワイトスターズvsブルースターズは7-7の引き分けに終わった。 ▽アンチェロッティ監督とコンテ監督の率いるホワイトスターズは、[4-3-3]の布陣を採用。GKにヂダ、最終ラインは右からサネッティ、コスタクルタ、ファバッリ、ザンブロッタ。 中盤はアンカーにピルロ、インサイドハーフにランパード、ルイ・コスタを配置、3トップは右からパト、ヴィエリ、デル・ピエロと並べた。 ▽一方、アッレグリ監督、ドナドーニ監督、タソッティ監督が率いるブルースターズも、[4-3-3]の布陣を採用。GKにストラーリ、最終ラインは右からカフー、ボネーラ、マテラッツィ、セルジーニョ。中盤はアンカーにアルベルティーニ、インサイドハーフにセードルフ、アンブロジーニを配置、3トップは右からカッサーノ、シェフチェンコ、クアリアレッラと並べた。 ▽試合は開始早々の1分に動く。ブルースターズは左サイドを突破したセルジーニョノクロスを中央のカッサーノがスルーすると、相手DFのクリアミスをシェフチェンコがゴールに流し込んだ。さらに5分には、味方のロングパスに抜け出したクアリアレッラが飛び出したGKヂダの上を越すループシュートで追加点を奪った。 ▽反撃に出るホワイトスターズは8分、サイドチェンジをボックス左で受けたデル・ピエロの折り返しからヴィエリが左足のダイレクトシュート。さらに12分には、ボックス左手前からピルロが直接FKを狙うも、共に枠を外した。しかし、直後の13分、ロングパスをボックス右で収めたパトがカットインから左足を振り抜くと、これがゴール左に突き刺さった。 ▽ややこう着状態が続いた試合は30分に動く。ボックス左でボールを受けたシェフチェンコの折り返しを中央のカッサーノがワンタッチで流すと、アンブロジーニが相手DFをかわしシュート。これはGKヂダが弾くも素早く反応したカッサーノがこぼれ球を押し込み、ブルースターズが3点目を奪った。 ▽対するホワイトスターズは32分、バイタルエリア中央でFKを獲得すると、ピルロは直接狙わずゴール前のヴィエリへ意表をついたパスを供給。これを受けたヴィエリは素早いターンから左足を振り抜くと、GKストラーリが反応するも弾いたボールはゴールネットに吸い込まれた。 ▽1点を返されたブルースターズは35分、ボックス中央でボールを受けたカッサーノがボックス右に落とすと、右サイドを駆け上がったカフーが強烈なシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽ホワイトスターズは40分、ボックス左手前でボールを受けたデル・ピエロが縦に切り込み、ゴールエリア左からシュート。これはGKストラーリが弾くも、こぼれ球をボックス中央のパトがゴール中央に突き刺した。対するブルースターズは、44分にカッサーノのパスをボックス左で受けたシェフチェンコのクロスをゴール前に走り込んだセードルフがヘディングで叩き込み、前半は3-5で終了した。 ▽大幅に選手が入れ替わり迎えた後半、先にスコアを動かしたのはブルースターズ。47分、ボックス中央手前でボールを受けたブロッキがドリブルで持ち上がると、GKアッビアーティとの一対一を制し、リードを4点に広げた。 ▽一進一退の展開が続く中、ブルースターズは70分にアバーテの左クロスからトニがヘディングシュートを叩き込み、7点目。すると72分、インタビューのため一度ピッチを退いたピルロをセルジーニョに代わり再びピッチに送られる。 ▽リードを広げられたホワイトスターズだが、ここからゴールラッシュを見せる。75分、ボックス手前まで持ち上がったトッティのパスをボックス左で受けたインザーギが縦に切り込みシュートを放つと、これがゴール左隅に突き刺さる。さらに78分には、トッティのループパスをゴール前に抜け出したマトリがワントラップからゴール右隅にシュートを流し込み、5点目。 ▽直後の79分にも、トッティのパスをボックス右で受けたレオナルドがワンタッチで折り返すと、これをゴール前に走り込んだインザーギがダイビングヘッドで流し込んだ。 ▽ブルースターズは80分、ピルロが息子のニコロ君との交代を告げられる。ピルロはスタジアムのサポーターからのスタンディングオベーションに応えて、ベンチへと下がった。さらに83分、ストラーリに代わりブッフォンがピッチに登場すると、サポーターは再びスタンディングオベーションでブッフォンを迎えた。 ▽しかし、直後の84分にホワイトスターズに追加点が生まれる。トッティのスルーパスでゴール前に抜け出したインザーギが飛び出したブッフォンをかわし、無人のゴールにシュートを流し込み、トリプレッタを達成。結局、試合はそのまま7-7で終了。試合後には胴上げも行われ、大きく盛り上がったまま終了した。 ホワイトスターズ 7-7 ブルースターズ 【ホワイトスターズ】 パト(前13) ヴィエリ(前32) パト(前40) インザーギ(後29) マトリ(後33) インザーギ(後34) インザーギ(後39) 【ブルースターズ】 シェフチェンコ(前1) クアリアレッラ(前6) カッサーノ(前30) カフー(前35) セードルフ(前44) ブロッキ(後2) トニ(後25) 2018.05.22 06:09 Tue
twitterfacebook
thumb

裏切りはなかったデ・フライを主将が称賛 インテル戦後は謝罪ディナーへ

▽ラツィオは20日、セリエA最終節でインテルに敗れて来季のチャンピオンズリーグ出場権を逃した。それでも、DFステファン・デ・フライを責める仲間はいないようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽今季でラツィオとの契約が満了となるデ・フライ。公式な発表はないものの、次の所属先はインテルになる予定だ。現所属チームと次のチームがチャンピオンズリーグ出場権を懸けて最終節を戦うということで、デ・フライの立ち位置は注目されていた。それでも、チームから信頼されて起用されている。 ▽ラツィオが1点リードで迎えた78分、デ・フライは痛恨のファウルでPKを献上。これを決められて追いつかれると、さらにインテルにゴールを許して5位に転落した。 ▽ハイライトだけみればデ・フライを責める声があっても不思議ではない。それでも主将のセナド・ルリッチは「彼は素晴らしい試合をしたよ。PKはすごく残念だけど、彼は最後まで僕たちと一緒に戦った。彼はみんなのお手本だ」と称えている。 ▽デ・フライは試合後、ピッチ上で涙を流した。そのあと、チームメートやテクニカルスタッフをディナーに招待してともに目標に達することができなかったことを嘆いたという。 ▽来季加入するインテルのチャンピオンズリーグ出場をアシストするのではないかという疑問の声もあったデ・フライだが、仲間は彼のプロ意識を疑っていなかったようだ。 2018.05.21 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、スパレッティ監督と契約延長へ

▽インテルが、ルチアーノ・スパレッティ監督(59)との契約延長に近づいているようだ。『カルチョメルカート』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ▽今シーズンからインテルで指揮を執るスパレッティ監督。昨シーズン7位に終わったチームを今季は4位に押し上げ、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 ▽記事によれば、スパレッティ監督と、そのスタッフは今週中にも理事会に出席するようと見られているが、すでにクラブとは原則合意に至っている模様。両者の契約は2019年6月までとなっているが、今後さらなる長期契約を締結する見込みだ。 2018.05.21 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディ、インテルCL出場に歓喜「最高。誰もが奇跡を信じていた。来季は進化を」

インテルの主将FWマウロ・イカルディは20日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を喜んだ。<br><br>インテルは20日、セリエA最終節でラツィオと対戦。4位を懸けた直接対決をアウェーながら3-2で制し、逆転で7シーズンぶりのCL出場権を獲得した。78分のPKを沈め、今シーズン29得点目をマークし、ラツィオのFWチーロ・インモービレとともに得点ランキングで首位に名を連ねたインテル主将は、勝利を喜んだ。<br><br>「インテルがCLに復帰できるなんて最高だよ。一緒に戦ってきたスタッフを含め全員が、この奇跡を信じていたし、ご褒美になった。皆、しっかり取り組んできていたし、この結果に相応しかった。ただ来シーズンは進化できるよう努力しなければならない。インテルのようなクラブに好不調があってはならない。最初に改善すべきことだと思う。インテルはクレイジーだが、継続性が維持できるよう努めたい」<br><br>1月の移籍市場では、レアル・マドリーがイカルディの獲得に関心を示しているとされたが、アルゼンチン代表FWは、『プレミアムスポーツ』に対し、「ミラノで新居を購入した」と明かしたように、来シーズンもインテルでプレーすることを望んでいる。<br><br>「将来? これからクラブと話し合いをし、一緒に最良の選択を探り決断する。だが皆が知っている通り、僕はここに残りたいと思っている。僕はインテルの1番目のサポーターだよ。安心して欲しい。僕はここで居心地が良いし、僕の家族も同じだ。今を楽しもう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.21 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ガラタサライ優勝でインテルにも貢献…ボーナス4000万円が古巣へ

日本代表のDF長友佑都が所属するガラタサライがリーグ優勝を決めたことで、レンタル元のインテルは追加ボーナスを手にする。イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が20日、伝えている。<br><br>シュペル・リガは19日に最終節が行われ、ガラタサライはギョズテペ相手に1-0と勝利。21度目のリーグ優勝を決めた。長友は1月、出場機会を求めてインテルから今シーズン限りのレンタル移籍を決断。加入直後からレギュラーに定着し、この試合でも左サイドバックとして先発し、優勝に貢献した。<br><br>長友にとっては、インテル加入1年目の2011年にコッパ・イタリアを制して以来、欧州2つ目のタイトルとなったが、日本代表DFの所有権を持つインテルにとっても嬉しい知らせとなった。インテルがガラタサライと締結した契約には、レンタル料の70万ユーロ(約9100万円)に加え、ボーナスが設定されている。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得なら10万ユーロ(約1300万円)、さらにリーグ優勝なら20万ユーロ(約2600万円)が追加されることになっているが、今回、ガラタサライはすべての条件を満たしたため、インテルは半年間の長友のレンタルにより、総額100万ユーロ(約1.3億円)を手にすることになった。<br><br>なお今シーズン、インテルもセリエA最終節にてラツィオに3-2で勝利。4位を確保し、CL出場権を獲得している。<br><br>提供:goal.com 2018.05.21 11:45 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース