格下相手の敗戦を受け入れるモウリーニョ、「フットボールの神様は彼らのサイドにいた」2018.02.12 05:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは11日、敵地で行われたプレミアリーグ第27節でニューカッスルと対戦し、0-1で敗戦した。同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が試合後会見で格下相手の敗戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

▽前節、ハダースフィールドに快勝したユナイテッドは16位に低迷するニューカッスル相手に連勝を目指した。しかし、序盤から相手のアグレッシブさに圧倒されたうえ、再三の決定機を逸すると、65分に相手セットプレーの流れからMFマット・リッチーに先制点を献上。その後、決死の猛攻を見せたものの、0-1で敗戦。昨年10月以来、リーグ戦でのホームゲームで勝利がなかった相手に久々のホーム白星を献上した。

▽モウリーニョ監督は試合後、「獣のようなプレーを見せた」とニューカッスルの戦いぶりを称賛している。

「彼らは獣のように戦っていた。褒め言葉として受け取ってもらいたい。フットボールの神様は彼らのサイドにいた。今日は、我々のサイドには来てくれなかった。ニューカッスルは持てる力を出し尽くし、能力以上の力も発揮した。それがフットボールの良い部分でもある。彼らが勝ち点1を取る気持ちでいた中、我々は守備でミスをした。リードしてから相手が考えていたことは、無失点に抑えることだけだった」

▽また、モウリーニョ監督はこの試合最大の敗因となった決定力不足に関しても言及。

「もし10時間プレーしてもゴールを決められないだろう。そういうフィーリングだ。前半にアントニー(・マルシャル)がGKと対峙し、後半にはアレクシス(・サンチェス)が無人のゴールを目の前にした場面もあったし、何度となくチャンスはあった。点が取れなかったことが不思議という状況の連続だった。ニューカッスルに運が味方したとも言えるだろうが、ニューカッスルが戦って勝ったというべきだ」

▽なお、今回の敗戦で首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差が16ポイントに広がったユナイテッドは、3位リバプールと4位トッテナム、5位チェルシー(1試合未消化)との勝ち点差が6ポイント以内に縮まっており、今後は熾烈なトップ4争いに巻き込まれそうな情勢だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドの若手DFがブラッドフォードへ完全移籍!

▽リーグ1(イングランド3部)に所属するブラッドフォード・シティは25日、マンチェスター・ユナイテッドからDFジョー・ライリーを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽マンチェスター・ユナイテッドユース出身のライリーは、2016年にトップチームに昇格すると、同年2月22日に行われたFAカップ5回戦のシュルーズベリー戦でトップチームデビュー。さらに同25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのミッティラン戦に出場し、ELデビューを飾った。 ▽しかし、その後はリザーブチームでのプレーが中心となり、2017年1月にはシェフィールド・ユナイテッドへレンタル移籍。ユナイテッドに復帰した今シーズンは、セカンドチームのマンチェスター・ユナイテッドU-23で、リーグ戦21試合に出場し、2ゴールをマークしていた。 2018.05.26 00:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マンジュキッチに興味?

▽ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)にマンチェスター・ユナイテッドも目を光らせているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、主戦場の最前線だけでなく、サイドでもプレーするなど、選手として幅を広げたマンジュキッチ。現在、多くのクラブが関心を寄せているとみられる中、ユナイテッドがFWロメル・ルカクの代わりを務められるFWとしてマンジュキッチに興味を示している模様だ。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏の獲得希望リストにマンジュキッチの名前をリストアップ。獲得に向け、準備を進めているという。また、年俸350万ユーロ(約4億4000万円)を受け取るマンジュキッチ自身、ユベントス退団を望んでいるわけではないが、いくつかのオファーを受けているとみられる。 ▽なお、そのマンジュキッチは最近、状況を精査するため、代理人と会談。しかし、現在、クロアチア代表の一員として臨む今夏のロシア・ワールドカップに集中しており、大会後に結論を下す意向を示しているようだ。 2018.05.25 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のフレッジ、W杯終了まで結論保留へ

▽シャフタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(25)が自身を取り巻くマンチェスター・ユナイテッド移籍説に言及した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽今年1月のマンチェスター・シティ入りが有力視されながらシャフタールにとどまったフレッジ。今度は、一転して今夏のユナイテッド移籍が取り沙汰され、ロシア・ワールドカップ(W杯)前の移籍決定も囁かれている。 ▽そのフレッジは現在、ブラジル代表の事前合宿に合流中。ユナイテッドの接触を認めつつ、ロシアW杯終了まで決断を先送りする考えを強調した。 「1月にいくつか先進的な話し合いを経て、マン・シティ入りがほぼ決まっていた」 「ユナイテッドは僕のスタッフやシャフタールと会談した。でも、僕の頭の中はワールドカップのことだけ」 「(代理人の)ジウベルト・シウバは、僕が信頼している人。彼が僕のピッチ外でのことを管理してくれている」 「今はどういう決断を下すかわからない。ワールドカップの後に決めることになるだろうね」 2018.05.25 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏補強一号か…ユナイテッド、W杯前にフレッジ獲得へ

▽マンチェスター・ユナイテッドがシャルタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(25)の獲得レースを逆転で制する情勢のようだ。 ▽イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、フレッジは現役時代にアーセナルで活躍したジウベルト・シウバ代理人とブラジルで話し合い、ロシア・ワールドカップ前のユナイテッド行き決着を希望。同代理人はすぐさまイングランドに向かった模様だ。 ▽また、シャフタールは、フレッジの売却額として、契約に存在する解除条項金6000万ユーロ(約76億8000万円)の満額を要求。しかし、『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ユナイテッドにとって、同額は取引の障壁にならないという。 ▽フレッジは2013年からシャフタールでプレー。ボールの持ち運びや捌きに長ける上、シュートセンスにも優れる万能型MFとして主力を張り、今シーズンは公式戦37試合4得点7アシストの成績を収め、公式戦通算でも155試合15得点15アシストを記録している。 ▽なお、一時フレッジの獲得が有力視されたマンチェスター・シティだが、争奪戦から撤退しており、ナポリに所属するイタリア代表MFジェルジーニョ(26)にターゲットを変更したとみられている。 2018.05.24 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、ユナイテッド移籍に乗り気?

▽チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(29)がマンチェスター・ユナイテッド移籍に乗り気だという。 ▽アントニオ・コンテ監督の姿だけをトロフィーマークで隠したFAカップ優勝時の集合写真を自身のインスタグラムにアップするなど、指揮官との軋轢がフォーカスされるウィリアン。そうした状況を受け、恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が以前からラブコールを送るマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が高まっている。 ▽『ESPN』が報じたところによれば、ユナイテッドは今月初旬、ウィリアンの代理人とファーストコンタクト。度々チェルシーに対する忠誠心を口にしてきたウィリアンだが、ユナイテッド行きに前向きな姿勢を示している模様だ。 ▽しかし、かつてセルビア代表MFネマニャ・マティッチをユナイテッドに手放したチェルシーは、これ以上ライバルに選手を売却したくない様子。『ESPN』は、ウィリアン自身の今後における動向が移籍の鍵を握ることになりそうだと綴っている。 2018.05.24 09:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース