サラー&フィルミノが1G1Aのリバプール、吉田欠場のセインツに快勝で3位を死守《プレミアリーグ》2018.02.12 03:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、サウサンプトンvsリバプールが11日に行われ、0-2でリバプールが快勝した。サウサンプトンのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。▽残留争いのライバルであるWBAに前節3-2と競り勝ち、13試合ぶりの勝利を飾った15位サウサンプトン(勝ち点26)は、吉田が3試合連続ベンチスタートとなった。

▽一方、前節トッテナム戦をラストプレー被弾で2-2と引き分けた3位のリバプール(勝ち点51)は、この冬にサウサンプトンから加入したファン・ダイクがスタメンとなった。

▽ファン・ダイクがボールに触る度にブーイングが起こる中、立ち上がりからポゼッションしたリバプールは6分、あっさり先制する。チェンバレンのフィードをホードがクリアミスすると、サラーが拾ってラストパスを供給。ボックス中央のフィルミノがGKとの一対一を制した。相手のミスを突いて先制したリバプールは、自陣に引いてカウンター狙いにシフト。

▽一方、ボールを持って反撃を窺うサウサンプトンは18分、ボックス右で浮き球フィードを受けたホイビュルクがシュートに持ち込んだが、GKカリウスにセーブされる。さらに29分、カリージョが打点の高いヘディングシュートでオンターゲットを記録すると、直後にもタディッチの左クロスにワード=プラウスがヘディングシュート。決定的だったが、GKカリウスのファインセーブに阻まれた。

▽ハーフタイムにかけてもボールを持ったサウサンプトンは41分に再びワード=プラウスがヘディングシュートを浴びせたが、GKカリウスの守備範囲に飛ぶ。

▽すると42分にリバプールが突き放す。ワンツーを狙ったサラーがフィルミノのダイレクトヒールパスに抜け出してボックス中央に侵入。GKとの一対一を制した。

▽リバプールが2点をリードして迎えた後半、攻め手を欠くサウサンプトンは57分にレミナに代えてブファルを投入。しかし、チェンバレンに代えてミルナーを投入し、中盤の強度を維持しにかかるリバプールが主導権を渡さない。

▽71分にはショートカウンターに転じてマネが持ち上がり、フィルミノがGKを強襲するシュートを浴びせる。さらにルーズボールをサラーがプッシュしたが、枠を外してしまった。

▽終盤にかけてはリバプールが流し気味にプレー。ララナやロブレンといった元セインツの選手を投入する余裕を見せて2-0で勝利。3位を死守している。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールがハドソン=オドイ獲得に参戦! 今冬バイエルン行き破談なら夏に獲得に動くか

リバプールがチェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の獲得に動いているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えている。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 対してチェルシーはこの逸材の慰留に向けて週給8万5000ポンド(約1200万円)とも言われる巨額サラリーの新契約を打診。しかし、出場機会確保を優先したいハドソン=オドイは首を縦に振らず。 チェルシー残留かバイエルン移籍に揺れ動くハドソン=オドイだが、『シュポルト・ビルト』によると、新たにリバプールが獲得レースに参戦したようだ。 同メディアによると、ハドソン=オドイの兄で代理人を務めるブラッドリー氏が1月に入ってリバプールのクラブ幹部と移籍に向けた話し合いの場を持ったという。また、同選手は若手育成に定評があるユルゲン・クロップ監督の下でプレーすることに強い関心を示しているようだ。 ただ、イギリス版『goal』で働くチェルシー情報に明るいイギリス人記者のニザール・キンセラ氏がSNSで伝えるところによれば、リバプールは今冬の移籍市場でハドソン=オドイを獲得する意思はなく、仮に獲得に動く場合は今季終了後以降になるようだ。 2019.01.23 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールがご長寿104歳のサポーターをスタジアムに招待…クロップやダルグリッシュと挨拶

104歳の誕生日を迎えたベルナルド・シェリダンさんが、19日に行われたプレミアリーグ第23節のリバプールvsクリスタル・パレス後に、スタジアムに招待されたようだ。 8歳の頃からリバプールのファンだったというシェリダンさん。このたび104歳の誕生日を迎えるお祝いとして、リバプールから素敵なプレゼントが送られた。 車いすに座りながらもクロップ監督と力強い握手を交わしたシェリダンさんは「君が私に与えてくれたすべての幸せは本当に奇跡みたいなものだ。君と会えたことが嬉しくて仕方ない」と言葉を送ると、クロップ監督は「私も嬉しいよ。今日の試合は少しエキサイティングだっただろう?」と返した。 クリスタル・パレス戦は点の取り合いとなり、後半アディショナルタイムに両チームにゴールが生まれ、最終的に4-3でリバプールが試合をものにしていた。 クロップ監督と挨拶を交わした後、シェリダンさんはダルグリッシュ社外取締役とも顔を合わせた。104歳ということを聞いたダルグリッシュ氏は「104歳? 私のゴルフのスコアと同じじゃないか」とジョークを交えて誕生日を祝った。 息子や孫、ひ孫と一緒に観戦に訪れていたシェリダンさんは、7人の孫と14人のひ孫らに誕生日を祝福され、「素晴らしい雰囲気だった。まるで有名人になった気分だったよ」と話したという。 この模様は22日に同クラブが公式ツイッターに動画をあげている。 2019.01.23 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、史上初の利益1億ポンド超えクラブへ

リバプールが、1億ポンドの利益を計上する史上初のフットボールクラブになるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 昨シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)ファイナルに進出し、今シーズンにはプレミアリーグで首位に立っているリバプール。スポーツ面で大きく成果を伸ばしているクラブは、財政面でも成功を収めているようだ。 記事によると、リバプールは昨年1月にMFフィリペ・コウチーニョを移籍金1億4500万ポンド(現在のレートで約204億円)でバルセロナに売却。また、CLでの成績により8130万ポンド(約115億円)の賞金を獲得し、2017-18シーズンにおける税引前利益が1億ポンド(約141億円)を超える額に上ると試算されているようだ。 これまでの最高額は、レスター・シティが“奇跡のプレミア優勝”を成し遂げた翌年の2016-17シーズンに記録した9250万ポンド(約130億円)。リバプールもレスターもその前年にはCLに参加しておらず、急激な成長が利益をもたらしているようだ。 2019.01.22 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーやリバプールでもプレーした元イングランド代表右SB、グレン・ジョンソンが引退

かつてチェルシーやリバプールなどでプレーし、イングランド代表としても活躍したDFグレン・ジョンソン(34)が現役引退を発表した。自身のツイッター(@glen_johnson)で明かした。 ウェストハムの下部組織で育ったグレン・ジョンソンは、2002年にトップチームへ昇格。ミルウォールへのレンタル移籍を経験すると、2003年にチェルシーへと移籍。しかし、チェルシーではパフォーマンスが安定せず、当時のジョゼ・モウリーニョ監督が連れてきた、DFパウロ・フェレイラにポジションを奪われ、多くの出場機会を得られないでいると、2006年にレンタル移籍していたポーツマスへと2007年に完全移籍を果たす。 ポーツマスでは、かつて期待されていた活躍を見せ、主力としてプレー。すると、2009年にリバプールへと完全移籍。アルバロ・アルベロアがレアル・マドリーへと移籍したために、右サイドのレギュラーポジションを確保。2015年にストーク・シティへと加入した。 ストークでもポジションを確保するが、2017-18シーズンにプレミアリーグから降格したことでチームを退団。その後、フリーの状態が続いていたが、現役引退を発表した。 プレミアリーグでは通算357試合に出場し15ゴール29アシストを記録。リバプールでは公式戦通算200試合に出場し9ゴール19アシスト、ポーツマスでは100試合に出場し4ゴール12アシスト、チェルシーでは70試合に出場し4ゴール4アシスト、ストークでは64試合に出場し3アシストだった。 また、イングランド代表としても54試合に出場し1ゴールを記録。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2012年のポーランドとウクライナ共催のユーロ、2014年のブラジル・ワールドカップに出場した経験がある。 2019.01.22 01:07 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップの頭脳が正式に袂を分かつ…リバプール退団で合意

イギリス『スカイ・スポーツ』は21日、昨シーズン途中までリバプールでアシスタントコーチを務めたゼリコ・ブバチ氏(57)の退団が決定したと報じた。 ブバチ氏とクロップ監督は、現役時代のマインツ在籍時から同僚だった腐れ縁の仲。指導者としてもマインツ時代から約17年間にわたり、二人三脚で歩んできた間柄として知られ、クロップ監督が“ザ・ブレイン”と呼ぶほど優れた戦術家として一目置く人物だ。 だが、そのブバチ氏は昨シーズン終盤、チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグのローマ戦直前に突然の休養に入り、現在に至るまでチームを離脱。クロップ監督の右腕として復帰が待たれたが、このたびリバプールと正式にチームを去ることで合意したという。 なお、休養に入った理由はときが経った今もわかっていない。クロップ監督のもとを離れた真意が明らかになる日はやってくるのだろうか。 2019.01.21 18:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース