サラー&フィルミノが1G1Aのリバプール、吉田欠場のセインツに快勝で3位を死守《プレミアリーグ》2018.02.12 03:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、サウサンプトンvsリバプールが11日に行われ、0-2でリバプールが快勝した。サウサンプトンのDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。▽残留争いのライバルであるWBAに前節3-2と競り勝ち、13試合ぶりの勝利を飾った15位サウサンプトン(勝ち点26)は、吉田が3試合連続ベンチスタートとなった。

▽一方、前節トッテナム戦をラストプレー被弾で2-2と引き分けた3位のリバプール(勝ち点51)は、この冬にサウサンプトンから加入したファン・ダイクがスタメンとなった。

▽ファン・ダイクがボールに触る度にブーイングが起こる中、立ち上がりからポゼッションしたリバプールは6分、あっさり先制する。チェンバレンのフィードをホードがクリアミスすると、サラーが拾ってラストパスを供給。ボックス中央のフィルミノがGKとの一対一を制した。相手のミスを突いて先制したリバプールは、自陣に引いてカウンター狙いにシフト。

▽一方、ボールを持って反撃を窺うサウサンプトンは18分、ボックス右で浮き球フィードを受けたホイビュルクがシュートに持ち込んだが、GKカリウスにセーブされる。さらに29分、カリージョが打点の高いヘディングシュートでオンターゲットを記録すると、直後にもタディッチの左クロスにワード=プラウスがヘディングシュート。決定的だったが、GKカリウスのファインセーブに阻まれた。

▽ハーフタイムにかけてもボールを持ったサウサンプトンは41分に再びワード=プラウスがヘディングシュートを浴びせたが、GKカリウスの守備範囲に飛ぶ。

▽すると42分にリバプールが突き放す。ワンツーを狙ったサラーがフィルミノのダイレクトヒールパスに抜け出してボックス中央に侵入。GKとの一対一を制した。

▽リバプールが2点をリードして迎えた後半、攻め手を欠くサウサンプトンは57分にレミナに代えてブファルを投入。しかし、チェンバレンに代えてミルナーを投入し、中盤の強度を維持しにかかるリバプールが主導権を渡さない。

▽71分にはショートカウンターに転じてマネが持ち上がり、フィルミノがGKを強襲するシュートを浴びせる。さらにルーズボールをサラーがプッシュしたが、枠を外してしまった。

▽終盤にかけてはリバプールが流し気味にプレー。ララナやロブレンといった元セインツの選手を投入する余裕を見せて2-0で勝利。3位を死守している。

コメント

関連ニュース

thumb

「サンチェスは第二のトーレス…」 キャラガー氏はピークを過ぎたと主張

▽リバプールとイングランド代表のレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏は、現在マンチェスター・ユナイテッドで苦しむチリ代表FWアレクシス・サンチェスと、リバプール時代の元同僚でサガン鳥栖でプレーする元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの姿を重ねているようだ。同氏がイギリス『テレグラフ』の連載コラムで触れている。 ▽今年1月に物議を醸す形でアーセナルからユナイテッドに加入したサンチェス。しかし、プレミアリーグ最高給に見合う活躍を披露できず。迎えた今シーズンは捲土重来のシーズンと位置付けていたものの、ここまで公式戦7試合でわずかに1ゴールと引き続き精彩を欠いている。 ▽そのサンチェスに関してキャラガー氏は、かつての同僚であるトーレスの姿を重ねているようだ。リバプールのエースストライカーとして3シーズン半に渡って活躍したトーレスは2011年1月にチェルシーへ電撃移籍。だが、ロンドンではまるで別人かのようにパフォーマンスを落とし、在籍期間に1度もリーグ戦での二桁ゴールを記録することができなかった。 「サンチェスのベストイヤーはすでに過ぎ去った」 「彼のマンチェスター・ユナイテッドでの姿はチェルシー時代のフェルナンド・トーレスに重なる」 「彼らのゴールへの渇望や彼らの勝利の可能性は爆発的なものだ。さらに彼らは常にクラブと代表のすべての試合でプレーすることを望み、断固とした決断力を持たない指揮官はその要求に抵抗できず、彼らを可能な限りプレーさせてしまう」 「同時に彼らのようなスタープレーヤーはファンやメディアからも求められ、十分に休息することができない」 「多くの試合を戦えば、それだけケガも増えるし、ディフェンダーや中盤のプレーヤーに比べて彼らの消耗は非常に激しい」 「私はそのことをトーレスを通じて理解した。彼は確かに世界最高クラスに上り詰めたが、その後に爆発的なスピードを失った。そして、それは決して戻って来なかった」 「私はその歴史が今度はサンチェスというプレーヤーで繰り返されると思っている。彼はその足にあまりにもマイレージ(負担)を溜めているように見える」 2018.10.20 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のケイタ、20日のハダースフィールド戦を欠場…指揮官が明言

▽リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタはハムストリングの負傷により、20日のハダースフィールド戦を欠場するようだ。 ▽現在リバプールはプレミアリーグで6勝2分け無敗の3位に位置。20日の第9節では、今季リーグ戦未勝利の18位ハダースフィールドのホームに乗り込む。 ▽そんな中、リバプールでは今月行われた代表ウィークで主力に故障者が続出。しかし、チームを率いるクロップ監督によれば、現時点でハダースフィールド戦の欠場が確定しているのはケイタのみだと記者会見で明かしている。 「我々は代表ウィークで負傷した選手を交えてトレーニングを行った。今後も彼らの経過は見ていかなければならないが、全員が次の試合を欠場することはないだろう。ただ、現時点で唯一ケイタの欠場だけは決まっているよ」 2018.10.20 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラー&ファン・ダイクが練習復帰

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、問題なく練習している。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽リバプールでは、代表ウィーク中にサラー、ファン・ダイクが負傷。さらに、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタがケガを負ったことも伝えられていた。 ▽しかし、18日に『テレグラフ』が報じたところでは、攻撃の要であるサラーと守備の要であるファン・ダイクが通常通りに練習に参加。24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦に照準を合わせる可能性も考えられるが、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦に向けても問題なさそうだ。 ▽また、ハムストリングに問題を抱えているナビ・ケイタに関しても悲観的な状況ではなく、ハダースフィールド戦の帯同も議論されているという。さらに、マネは負傷箇所を手術しているが、経過次第で早期復帰の判断もあり得るようだ。 2018.10.19 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

A・モレーノが来夏移籍と英紙…新天地は恩師のアーセナルか

▽イギリス『ミラー』は、リバプールに所属するスペイン人DFアルベルト・モレーノ(26)の来夏移籍を報じた。 ▽2014年夏にセビージャから加入したアルベルト・モレーノ。現行契約は8カ月しか残っていないが、本人に更新の意思がなく、今シーズン終了後の移籍を視野に入れているという。 ▽そのアルベルト・モレーノの移籍先に関しては、スペインの数クラブが関心を抱いているが、セビージャ時代の恩師であるウナイ・エメリ監督のアーセナルも興味を示している模様だ。 ▽なお、リバプールはアルベルト・モレーノの穴埋めとして、以前から関心が囁かれるレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェル(21)が挙がっているとのことだ。 2018.10.19 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、ホッフェンハイムの10番MFデミルバイ獲得へ

▽リバプールが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『HITC』が伝えている。 ▽2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。加入以降通算60試合で8ゴール17アシストを記録している。今シーズンはケガの影響もあり、公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽デミルバイはリバプールのユルゲン・クロップ監督もよく知る選手。というのも、同選手は2013年にハンブルガーSVに移籍する前にドルトムントの下部組織に在籍しており、当時トップチームを率いていたクロップ監督も注目していたようだ。だが、そのドルトムントもデミルバイに興味を示しているようで、これまでにも関心を寄せていたとされるリバプールは獲得レースに巻き込まれる可能性があるようだ。 ▽なお、デミルバイは4月に2022年まで契約を延長。契約解除金は2800万ポンド(約41億円)に設定されているようだ。 2018.10.18 16:42 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース