柴崎先発のヘタフェがカンプ・ノウから勝ち点1持ち帰る! バルサは今季初無得点で2戦連続ドロー《リーガエスパニョーラ》2018.02.12 02:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第23節のバルセロナvsヘタフェが11日にカンプ・ノウで行われ、0-0の引き分けに終わった。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、先発して88分までプレーした。▽前節エスパニョールとのダービーマッチを1-1で引き分けたが無敗を維持する首位バルセロナ(勝ち点58)が、直近の4試合で負けがないものの3試合連続引き分け中と勝ち切れない11位ヘタフェ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。

▽バルセロナは直近の試合である、2-0で勝利したコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバレンシア戦からスタメンを5名変更。シレッセン、ユムティティ、ピケ、アンドレ・ゴメス、イニエスタに代えて、テア・シュテーゲン、ミナ、ディーニュ、コウチーニョ、アルカセルを起用した。また、ヘタフェの柴崎はトップ下のポジションで先発となった。

▽最終ラインに左からジョルディ・アルバ、ディーニュ、ミナ、セルジ・ロベルトを並べたバルセロナに対して、ヘタフェは前線からプレッシャーをかけていくがなかなかボールを奪えない。序盤からバルセロナが支配を高めていく。

▽21分、バルセロナはヘタフェ陣内中央で獲得したFKでメッシが直接狙う。壁に阻まれたが、再びボックス内にボールが供給されたところに残っていたミナがシュートを放つ。しかし、シュートはブロックに遭い得点には繋がらない。

▽さらに26分にも、セルジ・ロベルトのクロスからボックス内に混戦がもたらされる。最後はスアレスが右足を振り抜いたが、ボールは枠を捉えなかった。

▽32分、ボックス手前でボールを持ったラキティッチが最終ラインの裏に浮き球のパスを送ると、メッシが上手く胸で落としてGKグアイタとの一対一に。しかし、メッシの背後に居たDFダミアン・スアレスがギリギリのタイミングで足を出してクリアした。

▽前半終了間際の40分にはカウンターからボックス中央に侵攻したアンヘルがシュートを放ったが、枠を捉えない。続く左CKの流れから柴崎がボックス内左に抜け出して右足アウトサイドで中央に折り返す。しかし、これも駆け込んだポルティージョには合わなかった。

▽前半はお互いにスコアを動かすことができないまま終了。バルセロナが優勢を保ちつつも、ヘタフェが幾度かチャンスを作り出して試合を折り返した。

▽後半立ち上がり、ヘタフェは精力的に仕掛けていく。49分に柴崎が中央をドリブルで侵攻してボックス手前のアンヘルがシュートを放つ。しかし、これはブロックされてゴールに至らない。

▽逆に50分には左サイドでボールを持ったコウチーニョがカットイン。右足で巻くようにファーを狙ったシュートはGKグアイタに阻まれたものの、徐々に攻勢をかけていく。

▽さらに56分、アルカセルのラストパスにスアレスが飛び込んでいく。倒れこみつつ足で合わせたが、枠には飛ばなかった。

▽一方60分には、カウンターから右サイドを抜け出した柴崎が、前に出たGKテア・シュテーゲンの位置を見て頭上を越すようなシュートを狙う。しかし、これも枠を捉えることができなかった。試合はややオープンな展開となっていく。

▽得点を奪い切りたいバルセロナは、62分に2枚替えを敢行。コウチーニョ、アルカセルをイニエスタ、デンベレに代えて前線の圧力を高めていく。

▽すると、70分にボックス左のイニエスタが巧みなドリブルでヘタフェDFをかわす。そのまま深い位置から右足アウトサイドで折り返したが、中央のデンベレには合わなかった。

▽77分にはデンベレの右CKにミナが飛び込んでいく。高い打点からヘディングシュートが放たれたが、これも枠を捉えることはできない。流れを変えたいヘタフェは、78分にアンヘルに代えて移籍後初出場となるフラミニを投入した。

▽対するバルセロナも、82分に最後のカードを切る。ブスケッツに代えてパウリーニョを送り出した。それでもスコアが動かずにいると、ヘタフェは試合終了間際の88分に柴崎をカブレラに代え、守備面の強度を高めていく。

▽91分には、右サイドからのデンベレのクロスにボックス内のスアレスが競り合いを制して頭で合わせる。完全にミートさせたシュートだったが、GKグアイタの好守に阻まれて得点を奪うことはできず。

▽結局、試合はゴールレスのまま終了。この結果、バルセロナは今シーズンのリーガエスパニョーラで初めて無得点で試合を終え、2戦連続ドローに。対するヘタフェは4試合連続で引き分けたものの、カンプ・ノウから勝ち点1を持ち帰ることに成功した。
コメント
関連ニュース
thumb

世界1位は936億円超のCL3連覇のレアル・マドリー! 前回1位のユナイテッドは3位に

世界で最大規模を誇る会計事務所『デロイト』が、2017-18シーズンの「フットボール・マネーリーグ」の結果を発表した。 「フットボール・マネーリーグ」とは、デロイト社が毎年行っているもの。世界各国のサッカークラブを対象に、入場料収入や放映権収入、スポンサー収入などを集計し、ランキング化したものだ。 2017-18シーズンの1位に輝いたのは、チャンピオンズリーグ3連覇を成し遂げたレアル・マドリー。その額は7億5090万ユーロ(約936億4600万円)となり、12回目の1位に輝いた。 2位にはバルセロナが入り、6億9040万ユーロ(約861億200万円)、2016-17シーズンの1位だったマンチェスター・ユナイテッドは3位に下がり、6億6660万ユーロ(約831億3400万円)だった。 ブンデスリーガ王者のバイエルンが4位に入り、6億2920万ユーロ(約786億7000万円)、プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティは5位で5億6840万ユーロ(約708億9000万円)となった。 リーグ・アン王者のパリ・サンジェルマンは1つ順位を上げて5億4170万ユーロ(約675億5800万円)で6位、チャンピオンズリーグ準優勝のリバプールは2つ順位を上げ5億1370万ユーロ(約640億6500万円)で7位に入った。 その他、2017-18シーズンは20年ぶりにチャンピオンズリーグ出場を逃したアーセナルが3つ順位を落とし9位となり4億3920万ユーロ(約547億7500万円)で減収している。 また、ローマ(2億5000万ユーロ/約311億7800万円)、ミラン(2億770万ユーロ/約259億500万円)、ニューカッスル(2億150万ユーロ/約251億3200万円)が新たにトップ20にランクイン。一方で、2016-17シーズンは14位だったレスター・シティ、18位のサウサンプトン、19位のナポリがトップ20から外れた。 ◆「デロイト・フットボール・マネーリーグ 2019」トップ20 <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">1位:レアル・マドリー(昨年2位)</span> 2017-18/7億5090万ユーロ(約936億4600万円) 2016-17/6億7460万ユーロ(約841億3000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">2位:バルセロナ(昨年3位)</span> 2017-18/6億9040万ユーロ(約861億200万円) 2016-17/6億4830万ユーロ(約808億5200万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">3位:マンチェスター・ユナイテッド(昨年1位)</span> 2017-18/6億6660万ユーロ(約831億3400万円) 2016-17/6億7630万ユーロ(約843億4400万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">4位:バイエルン(昨年4位)</span> 2017-18/6億2920万ユーロ(約786億7000万円) 2016-17/5億8780万ユーロ(約733億700万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">5位:マンチェスター・シティ(昨年5位)</span> 2017-18/5億6840万ユーロ(約708億9000万円) 2016-17/5億2770万ユーロ(約657億2400万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">6位:パリ・サンジェルマン(昨年7位)</span> 2017-18/5億4170万ユーロ(約675億5800万円) 2016-17/4億8620万ユーロ(約606億3600万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">7位:リバプール(昨年9位)</span> 2017-18/5億1370万ユーロ(約640億6500万円) 2016-17/4億2420万ユーロ(約529億円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">8位:チェルシー(昨年8位)</span> 2017-18/5億570万ユーロ(約630億6800万円) 2016-17/4億2800万ユーロ(約533億7700万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">9位:アーセナル(昨年6位)</span> 2017-18/4億3920万ユーロ(約547億7500万円) 2016-17/4億8760万ユーロ(約608億1000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">10位:トッテナム(昨年11位)</span> 2017-18/4億2830万ユーロ(約534億1500万円) 2016-17/3億5950万ユーロ(約448億3500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">11位:ユベントス(昨年10位)</span> 2017-18/3億9490万ユーロ(約492億5000万円) 2016-17/4億570万ユーロ(約506億円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">12位:ドルトムント(昨年12位)</span> 2017-18/3億1720万ユーロ(約395億6000万円) 2016-17/3億3260万ユーロ(約414億8000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">13位:アトレティコ・マドリー(昨年13位)</span> 2017-18/3億440万ユーロ(約379億2800万円) 2016-17/2億7250万ユーロ(約339億8500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">14位:インテル(昨年15位)</span> 2017-18/2億8080万ユーロ(約350億2000万円) 2016-17/2億6210万ユーロ(約326億8800万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">15位:ローマ(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億5000万ユーロ(約311億7800万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">16位:シャルケ(昨年16位)</span> 2017-18/2億4380万ユーロ(約304億500万円) 2016-17/2億3020万ユーロ(約287億1000万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">17位:エバートン(昨年20位)</span> 2017-18/2億1290万ユーロ(約265億5000万円) 2016-17/1億9920万ユーロ(約248億4300万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">18位:ミラン(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億770万ユーロ(約259億500万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">19位:ニューカッスル(トップ20圏外)</span> 2017-18/2億150万ユーロ(約251億3200万円) <span style="font-weight:700;font-size:1.0em;">20位:ウェストハム(昨年17位)</span> 2017-18/1億9790万ユーロ(約246億8300万円) 2016-17/2億1330万ユーロ(約266億円) 2019.01.24 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ不在のバルサが敵地でセビージャに先勝を許す…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ準々決勝1stレグのセビージャvsバルセロナが23日に行われ、2-0でセビージャが勝利した。 5回戦でビルバオを2戦合計3-2で下したセビージャは、直近のレアル・マドリー戦(0-2で敗戦)から先発メンバーを4人変更。アンドレ・シウバやフランコ・バスケス、カリソ、GKバシリクに代えてプロメス、アマドゥー、メルカド、GKソリアーノを先発で起用。 一方、5回戦でレバンテを2戦合計4-2で下したバルセロナは、直近のレガネス戦(3-1で勝利)から先発メンバーを7人変更。スアレスやコウチーニョ、ブスケッツ、GKテア・シュテーゲンらに代えて新加入のK・ボアテングやマウコム、ラキティッチ、ビダル、GKシレッセンらが先発に名を連ねた。 昨季決勝カードン再戦となった試合は、立ち上がりからボールを保持するバルセロナペースで試合が進むが、要所で鋭いカウンターを仕掛けるセビージャが先に決定機を作っていく。 36分、セビージャは敵陣中盤でFKを獲得すると、バネガが素早くリスタート。これをボックス左で受けたイェデルが細かなステップで中に切り込み、右足を振り抜いたがシュートは枠の右に外れた。 なかなか決定機まで持ち込めないバルセロナだったが41分、アルトゥールの絶妙なスルーパスでゴール前に抜け出したマルコムが飛び出したGKをかわしシュートを放ったが、これは左サイドネットに外れた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはセビージャ。56分、ボックス右からドリブルで仕掛けたサラビアの折り返しを中央でフリーのアマドゥーが右足で合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 チャンスを逃したセビージャだったが、直後のに試合を動かす。58分、左サイドをドリブルで突破したプロメスのクロスをファーサイドから走り込んだサラビアがジャンピングボレーシュートでゴールネットを揺らした。 先制を許したバルセロナは、63分にK・ボアテングとマウコムを下げてスアレスとコウチーニョを投入し反撃に転じようとするが、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。 76分、セビージャは自陣中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、右サイドからカットインしたアンドレ・シウバのパスを受けたバネガがボックス左からアーリークロスを上げると、ゴール右に走り込んだイェデルがすべり込みながら、ゴールに流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0で終了。セビージャがホームで先勝を飾った。なお、2ndレグは30日にバルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われる。 2019.01.24 07:43 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、オランダ代表MFフランキー・デ・ヨングの来季加入を発表!

バルセロナは23日、アヤックスからオランダ代表MFフランキー・デ・ヨング(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年7月1日から2024年6月30日までの5年間となる。 なお、バルセロナはアヤックスに7500万ユーロ(約94億円)の移籍金に加え、1100万ユーロ(約14億円)の出来高ボーナスが加わり、最大8600万ユーロ(約108億円)となる。 ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。アヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールに加え、ビルドアップ能力を買われてセンターバックでも起用されている。さらに、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。 その超逸材に関しては、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマン、バイエルンなどのメガクラブとの激しい争奪戦を繰り広げていた。 2019.01.24 02:45 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ首脳陣がアムステルダムへ! デ・ヨング確保迫る

バルセロナの首脳陣が、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)と契約を結ぶためにアムステルダムに向かったようだ。スペイン『アス』が報じた。 パリ・サンジェルマン(PSG)の接近が伝えられながらも、オランダ『テレグラーフ』によりバルセロナからの破格オファーが報じられていたデ・ヨング。『アス』によると、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長、最高経営責任者(CEO)のオスカル・グラウ氏、スポーツディレクター(SD)のペップ・セグラ氏、強化担当のエリック・アビダル氏が、現地時間23日の朝にアヤックスのホームタウン・アムステルダムへ向かったという。 伝えられるところでは、今年6月の移籍に関して既に合意に至っているともされており、移籍金は9000万ユーロ(約112億円)に上ると見られている。なお、バルセロナはその移籍金の値下げを目論んでおり、GKスパー・シレッセンなど選手1名を提供しての調整を持ちかけようとしているようだ。 ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたデ・ヨングは、2015年に名門アヤックスに加入。アヤックス伝統の[4-3-3]のアンカーロールに加え、ビルドアップ能力を買われてセンターバックでも起用されている。さらに、優れたパスセンスに加え、積極的な持ち出しを得意とする同選手は、いわゆる“8番”のプレーも得意としている。 2019.01.23 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル痛恨…デニス・スアレス獲得交渉が失敗に…

元スペイン代表MFデニス・スアレス(24)を巡るバルセロナとアーセナルの交渉が破談に終わったようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 今冬の移籍市場で2列目やゲームメーカーの補強を目指すアーセナルは、ウナイ・エメリ監督のセビージャ時代の教え子であるデニス・スアレスの獲得に強い関心を示してきた。 先日にはイギリス『デイリー・ミラー』が今週末にも移籍が成立するのではないかと伝えていた。 しかし、バルセロナお膝元のカタルーニャ系メディアの『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナとアーセナルの移籍交渉が破談に終わったと報道。また、選手自身がエルネスト・バルベルデ監督に今冬の残留の意思を伝えたようだ。 デニス・スアレスは2010年にセルタでプロデビュー後、マンチェスター・シティを経て、2013年夏にバルセロナ入り。2014年6月からレンタルでセビージャに加わり、2015年夏に買い戻しオプション付随の完全移籍でビジャレアルに加入した。 そして、デニス・スアレスはバルセロナが2016年夏に買い戻しオプションを行使して復帰。だが、出番に恵まれず、今シーズンもここまでわずか公式戦8試合(2得点)の出場にとどまっている状況だった。 2019.01.23 14:52 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース