柴崎先発のヘタフェがカンプ・ノウから勝ち点1持ち帰る! バルサは今季初無得点で2戦連続ドロー《リーガエスパニョーラ》2018.02.12 02:18 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第23節のバルセロナvsヘタフェが11日にカンプ・ノウで行われ、0-0の引き分けに終わった。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳は、先発して88分までプレーした。

▽前節エスパニョールとのダービーマッチを1-1で引き分けたが無敗を維持する首位バルセロナ(勝ち点58)が、直近の4試合で負けがないものの3試合連続引き分け中と勝ち切れない11位ヘタフェ(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。

▽バルセロナは直近の試合である、2-0で勝利したコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバレンシア戦からスタメンを5名変更。シレッセン、ユムティティ、ピケ、アンドレ・ゴメス、イニエスタに代えて、テア・シュテーゲン、ミナ、ディーニュ、コウチーニョ、アルカセルを起用した。また、ヘタフェの柴崎はトップ下のポジションで先発となった。

▽最終ラインに左からジョルディ・アルバ、ディーニュ、ミナ、セルジ・ロベルトを並べたバルセロナに対して、ヘタフェは前線からプレッシャーをかけていくがなかなかボールを奪えない。序盤からバルセロナが支配を高めていく。

▽21分、バルセロナはヘタフェ陣内中央で獲得したFKでメッシが直接狙う。壁に阻まれたが、再びボックス内にボールが供給されたところに残っていたミナがシュートを放つ。しかし、シュートはブロックに遭い得点には繋がらない。

▽さらに26分にも、セルジ・ロベルトのクロスからボックス内に混戦がもたらされる。最後はスアレスが右足を振り抜いたが、ボールは枠を捉えなかった。

▽32分、ボックス手前でボールを持ったラキティッチが最終ラインの裏に浮き球のパスを送ると、メッシが上手く胸で落としてGKグアイタとの一対一に。しかし、メッシの背後に居たDFダミアン・スアレスがギリギリのタイミングで足を出してクリアした。

▽前半終了間際の40分にはカウンターからボックス中央に侵攻したアンヘルがシュートを放ったが、枠を捉えない。続く左CKの流れから柴崎がボックス内左に抜け出して右足アウトサイドで中央に折り返す。しかし、これも駆け込んだポルティージョには合わなかった。

▽前半はお互いにスコアを動かすことができないまま終了。バルセロナが優勢を保ちつつも、ヘタフェが幾度かチャンスを作り出して試合を折り返した。

▽後半立ち上がり、ヘタフェは精力的に仕掛けていく。49分に柴崎が中央をドリブルで侵攻してボックス手前のアンヘルがシュートを放つ。しかし、これはブロックされてゴールに至らない。

▽逆に50分には左サイドでボールを持ったコウチーニョがカットイン。右足で巻くようにファーを狙ったシュートはGKグアイタに阻まれたものの、徐々に攻勢をかけていく。

▽さらに56分、アルカセルのラストパスにスアレスが飛び込んでいく。倒れこみつつ足で合わせたが、枠には飛ばなかった。

▽一方60分には、カウンターから右サイドを抜け出した柴崎が、前に出たGKテア・シュテーゲンの位置を見て頭上を越すようなシュートを狙う。しかし、これも枠を捉えることができなかった。試合はややオープンな展開となっていく。

▽得点を奪い切りたいバルセロナは、62分に2枚替えを敢行。コウチーニョ、アルカセルをイニエスタ、デンベレに代えて前線の圧力を高めていく。

▽すると、70分にボックス左のイニエスタが巧みなドリブルでヘタフェDFをかわす。そのまま深い位置から右足アウトサイドで折り返したが、中央のデンベレには合わなかった。

▽77分にはデンベレの右CKにミナが飛び込んでいく。高い打点からヘディングシュートが放たれたが、これも枠を捉えることはできない。流れを変えたいヘタフェは、78分にアンヘルに代えて移籍後初出場となるフラミニを投入した。

▽対するバルセロナも、82分に最後のカードを切る。ブスケッツに代えてパウリーニョを送り出した。それでもスコアが動かずにいると、ヘタフェは試合終了間際の88分に柴崎をカブレラに代え、守備面の強度を高めていく。

▽91分には、右サイドからのデンベレのクロスにボックス内のスアレスが競り合いを制して頭で合わせる。完全にミートさせたシュートだったが、GKグアイタの好守に阻まれて得点を奪うことはできず。

▽結局、試合はゴールレスのまま終了。この結果、バルセロナは今シーズンのリーガエスパニョーラで初めて無得点で試合を終え、2戦連続ドローに。対するヘタフェは4試合連続で引き分けたものの、カンプ・ノウから勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールの去就巡り父母対立?!

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの母親が、クラブに対する悪印象を語った。スペイン『ABC』のインタビューをスペイン『アス』が伝えている。 ▽ネイマールは昨年の夏に史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約290億円)でバルセロナからPSGに移籍。しかし、今シーズンの公式戦30試合28ゴール19アシストと圧倒的な結果を残しているにも関わらず、チーム内での不和報道をきっかけとしてホームスタジアムでブーイングを受けるような事態に発展している。 ▽『ABC』のインタビューに応じたネイマールの母親が、以下のようにPSGに対する不快感を露わにした。 「私の息子はキャリア上のリスクを冒してバルセロナを離れ、パリ・サンジェルマンのようなクラブに移籍した。ヨーロッパの巨大なクラブの間で戦うためにね。だから、なぜファンがブーイングを浴びせるのかが理解できないわ」 「彼はPSGを大きくするために来たのに、こうなっている。快くはないわね」 ▽レアル・マドリーへの移籍も噂されているネイマール。父親はPSG残留を支持しているとみられているが、母親は違った見方をしているようだ。 2018.05.22 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸入り報道が過熱するイニエスタが来日へ

▽バルセロナでのラストゲームを終えたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、来日することになるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今シーズン限りでバルセロナを退団するイニエスタは、中国スーパーリーグへの移籍が噂されていたものの、現在はJリーグのヴィッセル神戸入りが濃厚と報じられている。 ▽今シーズンからバルセロナのスポンサーになった楽天株式会社が保有することでも共通するバルセロナと神戸。『アス』によると、月曜日から水曜日まで日本に滞在するとのことだ。 ▽21日に発表されたロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表にも招集されているイニエスタ。スペイン代表合流前に来日し、その後はワールドカップへ向けて集中するとのことだ。 ▽神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが所属しており、かつてはバルセロナでもプレー経験があるミカエル・ラウドルップ氏(1996-97)がプレー。ビジャレアルやレアル・マドリーで指揮を執っていたスペイン人指揮官のベニート・フローロ氏が1998年に指揮をしていたクラブとしても知られている。 2018.05.21 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ「僕はグリーズマンが好き。彼を歓迎する」

▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)を歓迎した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽長らく去就に注目を集めるグリーズマン。最近、再びバルセロナ移籍説に熱が帯び、既に加入合意に至っているとの見方が強まっている。メッシは、20日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のレアル・ソシエダ戦後、そのグリーズマンについて次のように言及したという。 「もちろん、僕はグリーズマンが好きだよ。彼は現在、世界でも指折りのベストプレーヤーの1人だ。どうなるのかはわからない。でも、一流の選手が加わるのは嬉しいこと。僕らはグリーズマンを歓迎するよ」 2018.05.21 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

右足首負傷のウスマーヌ・デンベレ、W杯に影響なしか

▽バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレがケガした。 ▽ウスマーヌ・デンベレは、20日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のレアル・ソシエダ戦で負傷交代。バルセロナは診断結果として右足首の負傷を明かしており、今後も検査が予定されていることも併せて伝えている。 ▽そのウスマーヌ・デンベレは、6大会連続15回目の出場となるフランス代表のロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出。今後の検査結果が悪ければ、フランス代表への影響が懸念される。 ▽だが、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、ウスマーヌ・デンベレは試合後に行われたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの退団セレモニー時、自力で歩行していることからW杯に問題ないという。 2018.05.21 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ブスケッツ、イニエスタのバルサ退団は「大きな損失。代表でもう少し彼とのプレーを楽しみたい」

20日のリーガエスパニョーラ最終節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのレアル・ソシエダ戦を1&minus;0で制した。MFセルジ・ブスケッツは試合後、この一戦がバルセロナでのラストマッチとなったMFアンドレス・イニエスタの退団を惜しんでいる。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。<br><br>ブスケッツは試合後、イニエスタの退団がバルセロナにとって「大きな損失」であるとの見解を述べた。<br><br>「イニエスタに対する称賛には誇りを感じている。でも一方では、悲しみもある。なぜなら、これで彼の心のクラブでの日々は終わり、もう何年もプレーしてきたのに、これ以上はそうできないことを意味するからだ」<br><br>「スペイン代表で、彼とのプレーをもう少し楽しめることを願っている。でもクラブ、ファン、チームメートにとって、とても大きな損失だ」<br><br>提供:goal.com 2018.05.21 09:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース