決定力欠いたユナイテッドがニューカッスルに昨年10月以来のホーム白星献上…失点直後交代のポグバはベンチで虚空見つめる《プレミアリーグ》2018.02.12 01:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、ニューカッスルvsマンチェスター・ユナイテッドが11日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、ホームのニューカッスルが1-0で勝利した。▽前節、サンチェスの移籍後初ゴールなどでハダースフィールドに快勝した2位のユナイテッド(勝ち点56)は、連勝を目指して16位のニューカッスル(勝ち点25)とのアウェイゲームに臨んだ。前節からは先発4人を変更し、ロホとショーに代わってフィル・ジョーンズ、ヤングが最終ラインに入り、マクトミネイ、マタに代わってポグバ、マルシャルが復帰した。

▽共にインテル、レアル・マドリー、チェルシーを率いた名将同士の一戦。試合は立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたホームチームが主導権を握る。開始5分、ボックス手前で得たFKの二次攻撃からボックス手前中央のシェルヴェイが強烈な右足のシュートを放つ。しかし、枠の左を捉えたボールはGKデ・ヘアの圧巻のワンハンドセーブに遭う。続く7分にもディアメのボール奪取からボックス付近でアヨセ・ペレスがシュートを狙うが、今度は枠の左へ外れた。

▽一方、押し込まれる入りが続いたユナイテッドだが、徐々に相手を押し返していく。相手のハイラインに対して、ポグバを起点としたダイレクトパスで背後を狙い、サンチェスやルカクがフィニッシュに近づく。

▽すると35分にはユナイテッドに絶好の先制機。マティッチからの絶妙なスルーパスに抜け出したマルシャルがボックス内に侵入。だが、相手GKドゥブラフカの絶妙な飛び出しに阻まれ、一対一のチャンスを決め切れない。その後も一進一退の攻防となった中、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半もリズムを掴み切れないユナイテッドは53分に決定機。セットプレーの二次攻撃からゴール左で競り勝ったスモーリングが頭で折り返す。これをルカクが頭で合わせて流し込むが、ここは相手DFへのプッシングを取られてゴールは認められず。その直後にもボックス左で仕掛けたサンチェスがフィニッシュまで持ち込むが、シュートは枠の左に外れた。

▽さらに56分にはこの試合2度目の絶好機。ボックス中央のルカクがゴール前に走り込むサンチェスへ絶妙なスルーパスを通す。そして、DFを振り切ったサンチェスが飛び出したGKの寸前でボールに触りかわすと、ゴールの位置をしっかりと確認して無人のゴールへシュート。だが、ややフィニッシュまで時間がかかったことで必死の戻りを見せたDFルジューヌにスーパークリアで阻まれた。

▽すると、この決定機を逸したユナイテッドはそのツケを払うことに。65分、自陣で持ち上がったスモーリングがシミュレーションを取られてやや距離のある位置でFKを与える。このFKの場面でキッカーのシェルヴェイがボックス右へ浮き球のボールを入れると、これをルジューヌが競り勝って中央に折り返すと、DFを背負ったゲイルの絶妙な落としからゴール前でドフリーのリッチーが左足のシュートをゴール右隅に決めた。

▽先制を許したユナイテッドは66分、ポグバとリンガードを下げてキャリックとマタを投入する2枚替えを敢行。ここ最近、不調が噂されるポグバはベンチに下がると茫然自失の様子で虚空を見つめた。

▽この選手交代をキッカケに攻勢を強めるユナイテッドは76分に同点のチャンスを迎える。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのマタがゴール前にボールを入れると、混戦からゴール前のマルシャルが2度のシュートを放つが、いずれもゴールカバーに入ったDFの必死のブロックに阻まれ、またしても絶好機を逸した。

▽その後、マティッチに代えてマクトミネイをピッチに送り出すも、完全に引いた相手を崩し切れないユナイテッド。試合終了間際にはセットプレーの流れからマタのラストパスをゴール至近距離のキャリックがタップインを試みるが、これも相手GKの好守に阻まれて万事休す。

▽決定力不足に加え、覇気のないプレーに終始したユナイテッドは、ホームで苦戦が続いたニューカッスルに昨年10月21日以来のホーム白星を献上。首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差が「16」に開くと共に、ライバルの結果次第では熾烈なトップ4争いに巻き込まれる可能性も出てきた。

コメント

関連ニュース

thumb

マルシャル2Gでユナイテッド逆転も、チェルシーが後半AT弾で同点に持ち込む《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが20日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽リーグ戦未だ無敗を続ける2位のチェルシー(勝ち点20)。インターナショナルマッチウィーク前のウェストハム、リバプール戦は引き分けたものの、前節のサウサンプトン戦ではアザールの連続ゴールやバークリーの移籍後初ゴールなど3発快勝で見事に勝利を取り戻した。クラブ史上3度目の開幕9試合無敗を目指す今節は、アザールやカンテらいつもの顔ぶれにワントップには前節ゴールのモラタが先発に顔を揃えた。 ▽一方、8位のユナイテッド(勝ち点13)はリーグ戦すでに3敗と日に日にモウリーニョ監督への風当たりが強くなっている。それでも第8節のニューカッスル戦では、前半に2点先行されながらも後半に3点を奪う気迫を見せ見事な逆転勝利を収めた。今季2度目の連勝を目論む今節は、古巣対決となるマティッチやマタ、ルカク、そのほかマルシャルやラッシュフォードが先発起用された。 ▽いつも通り[4-3-3]の布陣を採用したチェルシーに対し、ユナイテッドは股をジョルジーニョにマークを付かせる[4-2-3-1]のフォーメーションを採用。そのため、チェルシーは何度か中盤を省いて前線にロングボールを送り込むが、うまくチャンスにつなげることができない。 ▽11分にはチェルシーが絶好の位置でFKを獲得するが、ウィリアンがこれを大きく外してしまう。対してユナイテッドも16分に左サイドからのクロスをルカクがヘディングで合わせゴールに迫る。 ▽ユナイテッドペースで進む試合は21分に動く。右CKのチャンスを得たチェルシー。ウィリアンが上げたクロスを、ポグバのマークを外したリュディガーが頭で合わせてネットに突き刺した。 ▽先制後もチェルシーはロングボールを活用し攻撃に繋げていく。30分過ぎには、アザールのマークに付くヤングの裏を取ったマルコス・アロンソがロングボールでゴール前に飛び出すが、トラップが大きくなってしまいシュートまで運べない。その流れから今度はそのマルコス・アロンソが上がって空いた右サイドのスペースを突いたユナイテッドが好機を作るなど、一進一退の攻防が続いた。 ▽後半頭からモラタがゴール前からシュートを放つ入りを見せたチェルシーは、51分にはアザールとのコンビネーションからダビド・ルイスがゴール前に侵攻。相手の守備に阻まれたものの、立て続けにシュートを放つ。 ▽しかし、ユナイテッドが少ないチャンスから試合を振り出しに戻す。55分、波状攻撃を仕掛けるユナイテッドは、ヤングのシュートがジョルジーニョに当たってボールはマルシャルの下へ。ゴール前のマルシャルはワントラップしてから冷静にゴールに流し込んだ。 ▽同点とされてしまったチェルシーは71分にカンテがボックス手前から強烈なシュートを放ったがGKデ・ヘアがファインセーブを見せる。すると迎えた73分、ユナイテッドが逆転に成功する。 ▽ヤングのパスからマタが右サイドを突破。ダビド・ルイスも躱して中へ折り返すと、パスを受けたラッシュフォードはすぐにボックス左のマルシャルへ。マルシャルはワントラップで相手のマークを半身ずらし、右足でゴール右隅に蹴り込みこの試合2点目を奪った。 ▽チェルシーはその後、コバチッチ、ウィリアン、モラタを下げてバークリー、ペドロ、ジルーを立て続けに投入。対してユナイテッドはマタに代えてエレーラ、試合終盤にはマルシャルとラッシュフォードを下げてアンドレアス・ペレイラとサンチェスをピッチに送り込んだ。 ▽試合も後半アディショナルタイムに突入。このまま終わるかに思われたが96分、右サイドからのクロスをダビド・ルイスがヘディングシュート。右ポストに当たってこぼれたところをバークリーが押し込んでチェルシーが土壇場で同点とした。 ▽その後、チェルシーのスタッフが目の前でガッツポーズを見せたことに激怒したモウリーニョ監督やその後の選手同士のいざこざがありながらも、同点で試合終了。注目のビッグマッチは痛み分けに終わった。 2018.10.20 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第9節プレビュー】青い獅子と赤い悪魔が激突!黄色信号灯るモウ、サッリと初対決

▽リバプールとマンチェスター・シティが激突した第8節。白熱の首位攻防戦は互いに慎重な試合運びを見せ90分間でスコアが動くことなくドロー決着となった。一方で、その他の上位陣は軒並み勝利を収め、現在勝ち点「20」でシティ、リバプール、チェルシーが並ぶ三つ巴状態。さらにその下には勝ち点差「2」でアーセナルとトッテナムがトップを虎視眈々と狙っている。 ▽そんな中迎える第9節は、チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドによるビッグマッチが行われる。未だ無敗のチェルシーに対して、すでに3敗のユナイテッドは指揮官ジョゼ・モウリーニョが窮地に立たされている。前節ニューカッスル相手に2点を先攻されながらも、後半怒涛の3得点で逆転勝利を手にし何とか首の皮一枚繋げたが、追い打ちをかけるかのように今節の相手は絶好調チェルシー。マウリツィオ・サッリ新監督のもと変貌を遂げた青い獅子と、これ以上醜態は見せられない赤い悪魔がプライドをかけて激突する。 ▽今季公式戦未だ負けなしのチェルシーは前節はサウサンプトンを3-0で粉砕。エースのアザールはリーグ戦ここまで7ゴールで得点ランクトップに立つなど、チームの好調ぶりと共に選手も生き生きとしている様子だ。リーグ戦8試合無敗を維持するチェルシーだが、このユナイテッド戦で負けなければクラブ史上3度目の9戦無敗となる。これまでにその記録を達成した2005-06、14-15シーズンはともにリーグ優勝を果たしており非常に縁起のいい記録だ。 ▽ユナイテッドは相手が誰であろうと勝つしかない。前節公式戦5試合ぶりの勝利を取り戻したものの、依然モウリーニョ監督の風当たりは強い。ここでチェルシーを下すことができれば向かい風は弱まるだろうが、いかんせんここ数シーズンのスタンフォード・ブリッジでの対戦は分が悪い。12-13シーズンを最後に、ここ6試合は1分け5敗と完全に苦手としているが果たして。 ▽リバプールはハダースフィールドと対戦。ここ4試合のビッグクラブとの連戦から一息つけると思いきや、インターナショナルマッチウィークでサラーやマネ、ナビ・ケイタにファン・ダイクら主力が負傷する事態に陥っている。それでも、ハダースフィールド戦ここ12試合で9勝3分け。さらにその直近7試合では無失点に抑えており、リバプールの有利には変わりない。 ▽公式戦9連勝中のアーセナルはホームにレスター・シティを迎え撃つ。中断期間中にパパスタソプーロスが負傷も、エジル、ウェルベック、ナイルズが練習に復帰。ほぼベストメンバーで臨むことができる。さらに、リーグ戦ではホームでのレスター戦12試合で11勝1分けとすこぶる良い成績を残している。一方でレスターはここ7度のロンドン遠征は3分け4敗。データ上ではアーセナルが圧倒的有利だが。 ▽トッテナムはウェストハムとのロンドン・ダービーに臨む。これまで多くの主力を欠いていたトッテナムだが、エリクセンとデンベレの復帰が濃厚に。デレ・アリとローズはまだ離脱中だが、リーグ4連勝に向けて明るい報告となった。また、プレミアでのロンドン・ダービーでは現在4連勝中。さらにケインはウェストハム戦ここ7試合で7ゴールを挙げお得意様としている。 ▽そのほか、吉田所属のサウサンプトンはアウェイでボーンマスと対戦。公式戦ここ6試合で3勝2分け1敗と悪くない相手だ。ホームでブライトンと対戦するニューカッスルは前節のユナイテッド戦で武藤がプレミア初先発&初得点を記録。連続ゴールが期待される今節、今季初勝利を目指す。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆プレミアリーグ第9節 ▽10/20(土) 《20:30》 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド 《23:00》 ウェストハム vs トッテナム ニューカッスル vs ブライトン マンチェスター・シティ vs バーンリー ウォルバーハンプトン vs ワトフォード ボーンマス vs サウサンプトン カーディフ vs フルアム 《25:30》 ハダースフィールド vs リバプール ▽10/21(日) 《24:00》 エバートン vs クリスタル・パレス ▽10/22(月) 《28:00》 アーセナル vs レスター・シティ 2018.10.20 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「サンチェスは第二のトーレス…」 キャラガー氏はピークを過ぎたと主張

▽リバプールとイングランド代表のレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏は、現在マンチェスター・ユナイテッドで苦しむチリ代表FWアレクシス・サンチェスと、リバプール時代の元同僚でサガン鳥栖でプレーする元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの姿を重ねているようだ。同氏がイギリス『テレグラフ』の連載コラムで触れている。 ▽今年1月に物議を醸す形でアーセナルからユナイテッドに加入したサンチェス。しかし、プレミアリーグ最高給に見合う活躍を披露できず。迎えた今シーズンは捲土重来のシーズンと位置付けていたものの、ここまで公式戦7試合でわずかに1ゴールと引き続き精彩を欠いている。 ▽そのサンチェスに関してキャラガー氏は、かつての同僚であるトーレスの姿を重ねているようだ。リバプールのエースストライカーとして3シーズン半に渡って活躍したトーレスは2011年1月にチェルシーへ電撃移籍。だが、ロンドンではまるで別人かのようにパフォーマンスを落とし、在籍期間に1度もリーグ戦での二桁ゴールを記録することができなかった。 「サンチェスのベストイヤーはすでに過ぎ去った」 「彼のマンチェスター・ユナイテッドでの姿はチェルシー時代のフェルナンド・トーレスに重なる」 「彼らのゴールへの渇望や彼らの勝利の可能性は爆発的なものだ。さらに彼らは常にクラブと代表のすべての試合でプレーすることを望み、断固とした決断力を持たない指揮官はその要求に抵抗できず、彼らを可能な限りプレーさせてしまう」 「同時に彼らのようなスタープレーヤーはファンやメディアからも求められ、十分に休息することができない」 「多くの試合を戦えば、それだけケガも増えるし、ディフェンダーや中盤のプレーヤーに比べて彼らの消耗は非常に激しい」 「私はそのことをトーレスを通じて理解した。彼は確かに世界最高クラスに上り詰めたが、その後に爆発的なスピードを失った。そして、それは決して戻って来なかった」 「私はその歴史が今度はサンチェスというプレーヤーで繰り返されると思っている。彼はその足にあまりにもマイレージ(負担)を溜めているように見える」 2018.10.20 17:33 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】崖っぷちのモウリーニョ、3戦全敗のかつての本拠地で浮上のキッカケ掴めるか《チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッド》

▽プレミアリーグ第9節、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間20日20:30にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。開幕から無敗継続でマンチェスター・シティ、リバプールと三つ巴のタイトルレースを繰り広げる2位チェルシー(勝ち点20)と、開幕から不振が続く8位ユナイテッド(勝ち点13)による、代表ウィーク明けのビッグマッチだ。 ▽開幕から公式戦6連勝とサッリ新体制で最高の滑り出しを見せているチェルシーは、先月に入ってウェストハム、リバプール相手のリーグ戦で引き分けたものの、直近のサウサンプトン戦で3-0の快勝を収めるなど無敗を継続。とりわけ、9月のプレミア月間MVPに選出されたエースのMFアザール、新司令塔のMFジョルジーニョらの好調さが際立つ。来月24日に控えるトッテナムとのダービーまでは比較的ラクな日程が続いており、今回のホームゲームでかつての指揮官率いるユナイテッドを叩ければ、無敗記録をさらに更新することも可能なはずだ。 ▽一方、ユナイテッド就任3年目で開幕から低迷が続くユナイテッドだが、直近のニューカッスル戦では0-2の絶体絶命な状況から怒涛の反撃をみせ、試合終了間際のFWサンチェスの劇的ゴールで逆転勝利し公式戦5試合ぶりの白星を奪取。一部主力、クラブ幹部との確執が盛んに報じられるモウリーニョ監督の去就騒動をひと先ず封じ込めた格好だ。しかし、今月から来月半ばにかけてチャンピオンズリーグ(CL)でのユベントスとの連戦、来月11日にはマンチェスター・シティとのダービーと重要なビッグマッチが控えており、ポルトガル人指揮官の立場は決して安泰ではない。したがって、絶好調の古巣相手のアウェイゲームとはいえど勝ち点3奪取が求められる。なお、ニューカッスル戦での不適切な振る舞いでベンチ入り処分を科される予定だった同監督だが、FA側の“配慮”によって異議申し立て期間が来週水曜日まで延長となり、この一戦でのベンチ入りが可能となっている。 ▽なお、サッリ監督とモウリーニョ監督は今回が初対戦となる。また、モウリーニョ監督はユナイテッドの指揮官就任後、スタンフォード・ブリッジで通算3試合を戦っているが、その3試合すべてで無得点で敗れており、かつて自らが築いた要塞攻略に手を焼いている。また、ユナイテッド自体も2012年10月28日のリーグ戦での勝利を最後に、スタンフォード・ブリッジでは公式戦8試合未勝利(7敗1分け)。好対照なチーム状態、劣勢が予想されるデータが目立つ中で6年ぶりの勝利を掴めるか。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【4-3-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ケパ DF:アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ MF:カンテ、ジョルジーニョ、コバチッチ FW:ウィリアン、ジルー、アザール 負傷者:DFリュディガー、アンパドゥ、MFバークリー、FWハドソン=オドイ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては軽傷を抱えるリュディガー、アンパドゥ、バークリー、ハドソン=オドイの起用が微妙なところだ。 ▽スタメンに関してはリュディガーとコバチッチの状態次第でケイヒルやセスク、バークリー、ロフタス=チークらに出番が回ってきそうだ。また、前線に関してはウィリアンとジルーに代わってペドロやモラタを起用する場合も想定される。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:デ・ヘア DF:バレンシア、スモーリング、リンデロフ、ショー MF:フレッジ、マティッチ、ポグバ FW:サンチェス、ルカク、マタ 負傷者:DFロホ、ショー、MFマティッチ、エレーラ、フェライニ、リンガード、マクトミネイ、FWサンチェス 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては代表ウィーク明けということもあり、マティッチやショー、サンチェス、フェライニら多くの選手が軽傷を抱えている。 ▽スタメンとシステムに関しては前述のケガ人を含めて予想は困難だ。恐らく、[4-3-3]の布陣で臨むと思われるが、ビッグマッチで奇策を講じる傾向が強いモウリーニョ監督は相手のキーマンであるアザールやジョルジーニョへのマンマーク、オプションの[3-5-2]の採用など何らかの策を講じてくるはずだ。 ★注目選手 ◆チェルシー:DFダビド・ルイス<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェルシーの注目プレーヤーはダビド・ルイスだ。今季、エースのアザール以上にサッリ新監督就任の恩恵を受けているブラジル代表DF。ボールを基準とするイタリア人指揮官の特殊な守備戦術への適応こそやや遅れているものの、持ち味の足元の技術を遺憾なく発揮し相棒リュディガー、新司令塔のジョルジーニョと共にビルドアップの起点として見事に機能。また、先日のリバプール戦では相手の強力な攻撃陣を持ち味の対人守備で見事に封じ込めるなど、コンテ体制で冷遇された昨季とは全く異なる充実のシーズンを過ごす。 ▽迎える今節はチェルシー時代にコンテ前監督同様に規律で自身を縛り、冷遇したモウリーニョ監督と対峙。因縁浅からぬかつての指揮官を前にサッリ新監督の下で躍動する新スタイルを披露したい。相手が前から圧力をかけてくるか、自陣ゴール前に“バスを停める”かいずれの策を講じるかは不明だが、マイボール時は的確な繋ぎと共に局面を変える縦パスやサイドチェンジを狙いたい。一方、守備ではルカクやラッシュフォード、サンチェスと強さや巧さ、スピードと異なる特長を持ったアタッカー陣を封じ込めたい。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWロメル・ルカク<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181020_13_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユナイテッドの注目プレーヤーは不振囁かれる古巣対戦のルカクだ。昨夏、エバートンからユナイテッドに加入したルカクは、昨季の公式戦51試合で27ゴールを挙げるなど赤い悪魔の新たなエースストライカーとして活躍。しかし、今季ここまでは公式戦11試合で4ゴールと数字上はまずまずの成績を残しているものの、簡単な決定機を逸するなど本調子からは程遠い状況だ。また、チームの不振を受けてスコールズ氏らクラブOBを中心にエースストライカーとしての資質に疑問の声が上がるなど厳しい状態に立たされている。 ▽それでも、直前の代表ウィークではスイス代表相手に2ゴールを記録するなど調子自体はそこまで悪くなくひとつのキッカケ次第でゴール量産の可能性は十二分にある。なお、トップ6相手の勝負弱さが以前から指摘されているルカクだが、古巣チェルシー相手では公式戦10試合で3ゴールを記録。直近にオールド・トラフォードで対戦した昨季の試合では1ゴール1アシストを記録し勝利に貢献している。今回の一戦ではチェルシー時代にも決めていないスタンフォード・ブリッジで初ゴールを決めたい。 2018.10.20 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「狂ったように喜ばない」スタンフォード・ブリッジ凱旋を前にモウリーニョがリスペクトを誓う

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、スタンフォード・ブリッジでの試合を前に、ゴールが決まっても&ldquo;狂ったように喜ばない&rdquo;と誓った。<br><br>今シーズン開幕からなかなか波に乗れないマンチェスター・Uは、リーグ戦で3敗を喫し、早くも優勝争いから離脱。しかし、前節のニューカッスル・ユナイテッド戦では2点ビハインドを跳ね返しての大逆転勝利を挙げた。自信を取り戻して、20日にここまで無敗で2位につけるチェルシーのホームに乗り込む。<br><br>チェルシーを2度にわたり計6シーズン率いた経験のあるモウリーニョ監督にとって、数々のタイトルをもたらしたスタンフォード・ブリッジには特別な思いがあるようだ。19日に行われた会見で、チェルシーと古巣のサポーターへのリスペクトを述べた。<br><br>「スタンフォード・ブリッジで我々のチームが得点を決めたり、勝利したら狂ったように祝うかって?そのようなことをするとは思えない。私は自分の感情をコントロールし、以前には何年間にもわたり私の味方だったサポーターとスタジアムへ敬意を表すつもりだ」<br><br>その一方で、チェルシー戦は1つの試合にすぎないと話した同指揮官は、特別な感情はあるものの勝利を目指したいと話した。「私は私のチーム、選手、サポーターのために準備をしたい。明日(20日)は100%マンチェスター・ユナイテッド側の人間だ」<br><br>提供:goal.com 2018.10.20 14:15 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース