決定力欠いたユナイテッドがニューカッスルに昨年10月以来のホーム白星献上…失点直後交代のポグバはベンチで虚空見つめる《プレミアリーグ》2018.02.12 01:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、ニューカッスルvsマンチェスター・ユナイテッドが11日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、ホームのニューカッスルが1-0で勝利した。

▽前節、サンチェスの移籍後初ゴールなどでハダースフィールドに快勝した2位のユナイテッド(勝ち点56)は、連勝を目指して16位のニューカッスル(勝ち点25)とのアウェイゲームに臨んだ。前節からは先発4人を変更し、ロホとショーに代わってフィル・ジョーンズ、ヤングが最終ラインに入り、マクトミネイ、マタに代わってポグバ、マルシャルが復帰した。

▽共にインテル、レアル・マドリー、チェルシーを率いた名将同士の一戦。試合は立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたホームチームが主導権を握る。開始5分、ボックス手前で得たFKの二次攻撃からボックス手前中央のシェルヴェイが強烈な右足のシュートを放つ。しかし、枠の左を捉えたボールはGKデ・ヘアの圧巻のワンハンドセーブに遭う。続く7分にもディアメのボール奪取からボックス付近でアヨセ・ペレスがシュートを狙うが、今度は枠の左へ外れた。

▽一方、押し込まれる入りが続いたユナイテッドだが、徐々に相手を押し返していく。相手のハイラインに対して、ポグバを起点としたダイレクトパスで背後を狙い、サンチェスやルカクがフィニッシュに近づく。

▽すると35分にはユナイテッドに絶好の先制機。マティッチからの絶妙なスルーパスに抜け出したマルシャルがボックス内に侵入。だが、相手GKドゥブラフカの絶妙な飛び出しに阻まれ、一対一のチャンスを決め切れない。その後も一進一退の攻防となった中、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半もリズムを掴み切れないユナイテッドは53分に決定機。セットプレーの二次攻撃からゴール左で競り勝ったスモーリングが頭で折り返す。これをルカクが頭で合わせて流し込むが、ここは相手DFへのプッシングを取られてゴールは認められず。その直後にもボックス左で仕掛けたサンチェスがフィニッシュまで持ち込むが、シュートは枠の左に外れた。

▽さらに56分にはこの試合2度目の絶好機。ボックス中央のルカクがゴール前に走り込むサンチェスへ絶妙なスルーパスを通す。そして、DFを振り切ったサンチェスが飛び出したGKの寸前でボールに触りかわすと、ゴールの位置をしっかりと確認して無人のゴールへシュート。だが、ややフィニッシュまで時間がかかったことで必死の戻りを見せたDFルジューヌにスーパークリアで阻まれた。

▽すると、この決定機を逸したユナイテッドはそのツケを払うことに。65分、自陣で持ち上がったスモーリングがシミュレーションを取られてやや距離のある位置でFKを与える。このFKの場面でキッカーのシェルヴェイがボックス右へ浮き球のボールを入れると、これをルジューヌが競り勝って中央に折り返すと、DFを背負ったゲイルの絶妙な落としからゴール前でドフリーのリッチーが左足のシュートをゴール右隅に決めた。

▽先制を許したユナイテッドは66分、ポグバとリンガードを下げてキャリックとマタを投入する2枚替えを敢行。ここ最近、不調が噂されるポグバはベンチに下がると茫然自失の様子で虚空を見つめた。

▽この選手交代をキッカケに攻勢を強めるユナイテッドは76分に同点のチャンスを迎える。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのマタがゴール前にボールを入れると、混戦からゴール前のマルシャルが2度のシュートを放つが、いずれもゴールカバーに入ったDFの必死のブロックに阻まれ、またしても絶好機を逸した。

▽その後、マティッチに代えてマクトミネイをピッチに送り出すも、完全に引いた相手を崩し切れないユナイテッド。試合終了間際にはセットプレーの流れからマタのラストパスをゴール至近距離のキャリックがタップインを試みるが、これも相手GKの好守に阻まれて万事休す。

▽決定力不足に加え、覇気のないプレーに終始したユナイテッドは、ホームで苦戦が続いたニューカッスルに昨年10月21日以来のホーム白星を献上。首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差が「16」に開くと共に、ライバルの結果次第では熾烈なトップ4争いに巻き込まれる可能性も出てきた。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドの若手DFがブラッドフォードへ完全移籍!

▽リーグ1(イングランド3部)に所属するブラッドフォード・シティは25日、マンチェスター・ユナイテッドからDFジョー・ライリーを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。 ▽マンチェスター・ユナイテッドユース出身のライリーは、2016年にトップチームに昇格すると、同年2月22日に行われたFAカップ5回戦のシュルーズベリー戦でトップチームデビュー。さらに同25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのミッティラン戦に出場し、ELデビューを飾った。 ▽しかし、その後はリザーブチームでのプレーが中心となり、2017年1月にはシェフィールド・ユナイテッドへレンタル移籍。ユナイテッドに復帰した今シーズンは、セカンドチームのマンチェスター・ユナイテッドU-23で、リーグ戦21試合に出場し、2ゴールをマークしていた。 2018.05.26 00:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マンジュキッチに興味?

▽ユベントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(32)にマンチェスター・ユナイテッドも目を光らせているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下、主戦場の最前線だけでなく、サイドでもプレーするなど、選手として幅を広げたマンジュキッチ。現在、多くのクラブが関心を寄せているとみられる中、ユナイテッドがFWロメル・ルカクの代わりを務められるFWとしてマンジュキッチに興味を示している模様だ。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏の獲得希望リストにマンジュキッチの名前をリストアップ。獲得に向け、準備を進めているという。また、年俸350万ユーロ(約4億4000万円)を受け取るマンジュキッチ自身、ユベントス退団を望んでいるわけではないが、いくつかのオファーを受けているとみられる。 ▽なお、そのマンジュキッチは最近、状況を精査するため、代理人と会談。しかし、現在、クロアチア代表の一員として臨む今夏のロシア・ワールドカップに集中しており、大会後に結論を下す意向を示しているようだ。 2018.05.25 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のフレッジ、W杯終了まで結論保留へ

▽シャフタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(25)が自身を取り巻くマンチェスター・ユナイテッド移籍説に言及した。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽今年1月のマンチェスター・シティ入りが有力視されながらシャフタールにとどまったフレッジ。今度は、一転して今夏のユナイテッド移籍が取り沙汰され、ロシア・ワールドカップ(W杯)前の移籍決定も囁かれている。 ▽そのフレッジは現在、ブラジル代表の事前合宿に合流中。ユナイテッドの接触を認めつつ、ロシアW杯終了まで決断を先送りする考えを強調した。 「1月にいくつか先進的な話し合いを経て、マン・シティ入りがほぼ決まっていた」 「ユナイテッドは僕のスタッフやシャフタールと会談した。でも、僕の頭の中はワールドカップのことだけ」 「(代理人の)ジウベルト・シウバは、僕が信頼している人。彼が僕のピッチ外でのことを管理してくれている」 「今はどういう決断を下すかわからない。ワールドカップの後に決めることになるだろうね」 2018.05.25 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏補強一号か…ユナイテッド、W杯前にフレッジ獲得へ

▽マンチェスター・ユナイテッドがシャルタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(25)の獲得レースを逆転で制する情勢のようだ。 ▽イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、フレッジは現役時代にアーセナルで活躍したジウベルト・シウバ代理人とブラジルで話し合い、ロシア・ワールドカップ前のユナイテッド行き決着を希望。同代理人はすぐさまイングランドに向かった模様だ。 ▽また、シャフタールは、フレッジの売却額として、契約に存在する解除条項金6000万ユーロ(約76億8000万円)の満額を要求。しかし、『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ユナイテッドにとって、同額は取引の障壁にならないという。 ▽フレッジは2013年からシャフタールでプレー。ボールの持ち運びや捌きに長ける上、シュートセンスにも優れる万能型MFとして主力を張り、今シーズンは公式戦37試合4得点7アシストの成績を収め、公式戦通算でも155試合15得点15アシストを記録している。 ▽なお、一時フレッジの獲得が有力視されたマンチェスター・シティだが、争奪戦から撤退しており、ナポリに所属するイタリア代表MFジェルジーニョ(26)にターゲットを変更したとみられている。 2018.05.24 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、ユナイテッド移籍に乗り気?

▽チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(29)がマンチェスター・ユナイテッド移籍に乗り気だという。 ▽アントニオ・コンテ監督の姿だけをトロフィーマークで隠したFAカップ優勝時の集合写真を自身のインスタグラムにアップするなど、指揮官との軋轢がフォーカスされるウィリアン。そうした状況を受け、恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が以前からラブコールを送るマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が高まっている。 ▽『ESPN』が報じたところによれば、ユナイテッドは今月初旬、ウィリアンの代理人とファーストコンタクト。度々チェルシーに対する忠誠心を口にしてきたウィリアンだが、ユナイテッド行きに前向きな姿勢を示している模様だ。 ▽しかし、かつてセルビア代表MFネマニャ・マティッチをユナイテッドに手放したチェルシーは、これ以上ライバルに選手を売却したくない様子。『ESPN』は、ウィリアン自身の今後における動向が移籍の鍵を握ることになりそうだと綴っている。 2018.05.24 09:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース