決定力欠いたユナイテッドがニューカッスルに昨年10月以来のホーム白星献上…失点直後交代のポグバはベンチで虚空見つめる《プレミアリーグ》2018.02.12 01:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第27節、ニューカッスルvsマンチェスター・ユナイテッドが11日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、ホームのニューカッスルが1-0で勝利した。

▽前節、サンチェスの移籍後初ゴールなどでハダースフィールドに快勝した2位のユナイテッド(勝ち点56)は、連勝を目指して16位のニューカッスル(勝ち点25)とのアウェイゲームに臨んだ。前節からは先発4人を変更し、ロホとショーに代わってフィル・ジョーンズ、ヤングが最終ラインに入り、マクトミネイ、マタに代わってポグバ、マルシャルが復帰した。

▽共にインテル、レアル・マドリー、チェルシーを率いた名将同士の一戦。試合は立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せたホームチームが主導権を握る。開始5分、ボックス手前で得たFKの二次攻撃からボックス手前中央のシェルヴェイが強烈な右足のシュートを放つ。しかし、枠の左を捉えたボールはGKデ・ヘアの圧巻のワンハンドセーブに遭う。続く7分にもディアメのボール奪取からボックス付近でアヨセ・ペレスがシュートを狙うが、今度は枠の左へ外れた。

▽一方、押し込まれる入りが続いたユナイテッドだが、徐々に相手を押し返していく。相手のハイラインに対して、ポグバを起点としたダイレクトパスで背後を狙い、サンチェスやルカクがフィニッシュに近づく。

▽すると35分にはユナイテッドに絶好の先制機。マティッチからの絶妙なスルーパスに抜け出したマルシャルがボックス内に侵入。だが、相手GKドゥブラフカの絶妙な飛び出しに阻まれ、一対一のチャンスを決め切れない。その後も一進一退の攻防となった中、前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半もリズムを掴み切れないユナイテッドは53分に決定機。セットプレーの二次攻撃からゴール左で競り勝ったスモーリングが頭で折り返す。これをルカクが頭で合わせて流し込むが、ここは相手DFへのプッシングを取られてゴールは認められず。その直後にもボックス左で仕掛けたサンチェスがフィニッシュまで持ち込むが、シュートは枠の左に外れた。

▽さらに56分にはこの試合2度目の絶好機。ボックス中央のルカクがゴール前に走り込むサンチェスへ絶妙なスルーパスを通す。そして、DFを振り切ったサンチェスが飛び出したGKの寸前でボールに触りかわすと、ゴールの位置をしっかりと確認して無人のゴールへシュート。だが、ややフィニッシュまで時間がかかったことで必死の戻りを見せたDFルジューヌにスーパークリアで阻まれた。

▽すると、この決定機を逸したユナイテッドはそのツケを払うことに。65分、自陣で持ち上がったスモーリングがシミュレーションを取られてやや距離のある位置でFKを与える。このFKの場面でキッカーのシェルヴェイがボックス右へ浮き球のボールを入れると、これをルジューヌが競り勝って中央に折り返すと、DFを背負ったゲイルの絶妙な落としからゴール前でドフリーのリッチーが左足のシュートをゴール右隅に決めた。

▽先制を許したユナイテッドは66分、ポグバとリンガードを下げてキャリックとマタを投入する2枚替えを敢行。ここ最近、不調が噂されるポグバはベンチに下がると茫然自失の様子で虚空を見つめた。

▽この選手交代をキッカケに攻勢を強めるユナイテッドは76分に同点のチャンスを迎える。相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのマタがゴール前にボールを入れると、混戦からゴール前のマルシャルが2度のシュートを放つが、いずれもゴールカバーに入ったDFの必死のブロックに阻まれ、またしても絶好機を逸した。

▽その後、マティッチに代えてマクトミネイをピッチに送り出すも、完全に引いた相手を崩し切れないユナイテッド。試合終了間際にはセットプレーの流れからマタのラストパスをゴール至近距離のキャリックがタップインを試みるが、これも相手GKの好守に阻まれて万事休す。

▽決定力不足に加え、覇気のないプレーに終始したユナイテッドは、ホームで苦戦が続いたニューカッスルに昨年10月21日以来のホーム白星を献上。首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差が「16」に開くと共に、ライバルの結果次第では熾烈なトップ4争いに巻き込まれる可能性も出てきた。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ、CLでサンチェスの奮起に期待「彼はこの舞台に立つために移籍してきた」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグ出場がアレクシス・サンチェスが移籍を決断した決め手になったと明かした。<br><br>今年1月、サンチェスはヘンリク・ムヒタリアンと入れ替わる形でアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに加入。昨シーズンはプレミアリーグのトップ4を逃し、今シーズンの欧州最高峰の戦いに挑めなかったチリ代表FWだが、21日に行われるセビージャ戦のピッチに立つことが見込まれる。<br><br>サンチェスをマンチェスター・ユナイテッドに必要不可欠な選手と試合前日会見で話すモウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグに出場することが同選手が移籍を決めた決定的な要素になったと考えているようだ。<br><br>「アレクシス・サンチェスという新選手の獲得に今夏の移籍市場まで待つことができたが、この冬に契約することに決めた。我々には彼が必要だった。チャンピオンズリーグはこのクラブにとって非常に重要なことで、アレクシスはこの舞台でプレーするという強い意志とともにここにやって来た」<br><br>「コーチにとっても戦いたくもないヨーロッパリーグで、選手たちのモチベーションを上げるのは相当大変なことだ。だが、我々はその大会で勝利してチャンピオンズリーグの出場権を獲得したのだから、この大会への思いは一際強い。アレクシスはチャンピオンズリーグでプレーしたかったから、ここに来たかったのだろう」<br><br>また、ポルトやインテルでチャンピオンズリーグを制した同指揮官は「初めて優勝の夢を見られるのはベスト8に進出してからだ。我々のような本命ではないクラブも準々決勝へ駒を進められれば、優勝を現実的なものとして考えられるだろう」と、まずはラウンド16のセビージャ戦に集中したいと話した。<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

サンチェス、ピッチ乱入の子供に“優男”対応 「子供が幸せなら僕も幸せ」

▽イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が、マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスの粋な対応を取り上げた。 ▽フォーカスされたのは、17日にハダースフィールドのホームで行われたFAカップ5回戦(2-0でユナイテッドが勝利)での一幕だ。自身のアシストから2点目を記録したFWロメル・ルカクのゴールセレブレーションに加わろうと輪に駆け寄ったサンチェスは、スタンドからピッチに乱入してきた1人の子供が視界に入ると、両手を広げて優しくハグ。“優男”ぶりをも発揮した。 ▽サンチェスは試合後、自身のインスタグラム(alexis_officia1)で「子供たちを幸せにすることは、僕も幸せにしてくれる。チームの頑張りと勝利に満足さ」と綴り、『マンチェスター・イブニング・ニュース』も「サンチェスが土曜日の夜を心底楽しんだ」とし、「子供も一生忘れられないであろう瞬間を経験した」と締めくくっている。 ▽今冬のユナイテッド加入の理由の1つとされる高額給与が先行して取り上げられ、ややネガティブな印象が植え付けられた感が否めないサンチェス。今回の一件をきっかけに好感度を高めていきたいところだ。 2018.02.21 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】一昨季EL王者vs昨季EL王者による初対決《セビージャvsマンチェスター・ユナイテッド》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャvsマンチェスター・ユナイテッドが日本時間21日28:45にサンチェス・ピスファンでキックオフされる。一昨季の王者セビージャと昨季の王者ユナイテッドという、EL歴代王者による注目の初対決だ。 ▽イスタンブールBBSKとの予備予選プレーオフを制して臨んだグループステージでは、リバプール、スパルタク・モスクワとの三つ巴の戦いとなったグループEをリバプールに続く2位で2大会連続の決勝トーナメント行きを果たしたセビージャ。だが、国内リーグでの不振や一部主力との確執によって前指揮官のベリッソ監督を昨年12月末に解任。現在はモンテッラ新監督の下でコパ・デル・レイ決勝進出と共に、リーガエスパニョーラでは直近2連勝でトップ4圏内目前の5位に位置している。 ▽一方、ベンフィカ、バーゼル、CSKAモスクワと組み合わせに恵まれたグループAを順当に首位通過したユナイテッド。しかし、国内リーグでは直近3試合のうち、トッテナム、ニューカッスル相手に敗れるなど、首位マンチェスター・シティの背中が遠のくばかりか、5位トッテナムとの勝ち点差も「4」に迫っており、厳しい戦いが続く。さらに、今週末には指揮官の天敵コンテ監督が率いるチェルシーとのビッグマッチを控えており、今回のセビージャ戦に向けたメンバー選考にも影響がありそうだ。 ▽なお、近年のセビージャの躍進によってヨーロッパのコンペティションの常連同士の一戦となるが、意外にも今回が公式戦初対決となる。その一方で、セビージャには元マンチェスター・シティのMFヘスス・ナバス、FWノリートなどプレミアリーグ経験者が6人、ユナイテッドはGKデ・ヘア、MFマタ、MFエレーラのスペイン人3選手を含め、6人のリーガエスパニョーラ経験者が在籍しており、互いに見知った相手との戦いとなる。 <div style="text-align:center;">◆セビージャ◆ 【4-2-3-1】</div> ▽セビージャ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_0101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:セルヒオ・リコ DF:メルカド、ケアー、ラングレ、エスクデロ MF:バネガ、エンゾンジ MF:ヘスス・ナバス、フランコ・バスケス、サラビア FW:イェデル 負傷者:DFコルシア、MFバネガ、コレア 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはコルシア、バネガ、コレアの3選手に欠場の可能性がある。 ▽システムに関しては[4-3-3]と[4-2-3-1]を併用しているが、より攻守のバランスに長けた後者の採用が濃厚だ。スタメンに関してはバネガの状態次第でより守備的なMFピサーロがエンゾンジの代役を担う見込みだ。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-2-3-1】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_0101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:デ・ヘア DF:バレンシア、バイリー、スモーリング、アシュリー・ヤング MF:ポグバ、マティッチ MF:マタ、リンガード、サンチェス FW:ルカク 負傷者:DFロホ、フィル・ジョーンズ、MFポグバ、エレーラ、フェライニ、FWイブラヒモビッチ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはロホ、フィル・ジョーンズ、フェライニ、イブラヒモビッチの欠場が決定的に。その一方で、体調不良が回復したポグバやエレーラ、ラッシュフォードが練習復帰を果たしており、起用可能な模様だ。 ▽セビージャ同様に[4-3-3]と[4-2-3-1]を併用しているが、守備のバランスが取りやすい後者の採用が濃厚だ。なお、ポグバのコンディション次第ではマクトミネイが代役を担う可能性がある。また、サンチェスをセカンドトップに配し、マルシャルを左ウイングで起用するより攻撃的なオプションも考えられる。 ★注目選手 ◆セビージャ:MFスティーブン・エンゾンジ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セビージャの注目プレーヤーは、中盤の主軸を担うエンゾンジだ。2015年にストーク・シティから加入以降、常に中盤の主軸として活躍してきたエンゾンジだったが、今季はベリッソ前監督との確執や去就騒動によって厳しい序盤戦を過ごした。それでも、モンテッラ新体制に移行してからポジションを再び掴むと、メンバーを固定し切れないチーム事情の中で攻守に戦える闘将として中盤をまとめている。 ▽フィジカルを最大の特長とするユナイテッドとの一戦ではフランス代表の同僚ポグバやマティッチとの球際の勝負で戦いつつ、セットプレーの場面では空中戦の劣勢を跳ね返す存在感を示したい。 ◆マンチェスター・ユナイテッド:FWアレクシス・サンチェス<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽マンチェスター・ユナイテッドの注目プレーヤーは、今季CL初出場となるサンチェスだ。今季アーセナルがELでの戦いを強いられたため、久々にCLなしのシーズン前半戦を過ごしてきたサンチェスだが、今冬のユナイテッド電撃移籍によって今季CL初出場のチャンスを掴んだ。 ▽ただ、ユナイテッド加入後の公式戦5試合では1ゴール2アシストと一定の数字を残しているものの、周囲との連係面の問題を含め精彩を欠く場面が目立っており、週給50万ポンド(約7500万円)という超高額なサラリーに見合うだけのパフォーマンスを示すことができていない。そのため、逆転でのプレミアリーグ制覇が絶望的な中、自身が今冬に加入した意味を見いだすために今季CL初戦でチームを勝利に導きビッグイヤー制覇に向けた原動力となっていきたい。 2018.02.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

中盤補強明言のモウリーニョ、トップターゲットはレアル・マドリーのパスマスターか

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽2014年夏にレアル・マドリーに加入して以降、現フットボール界におけるパスマスターとして名を轟かせるクロース。今シーズンも、その正確無比なパスセンスでレアル・マドリーの中盤に君臨する。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、今シーズン限りで現役を引退する予定の元イングランド代表MFマイケル・キャリックの後釜として、そのクロースを来夏のトップターゲットに定めたようだ。 ▽「中盤を補強する必要がある」と語ったポルトガル人指揮官はそのほか、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルも候補として動向を注視しているようだが、クロースに対する関心を強めている状況だという。 2018.02.20 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

加熱のレアル・マドリー移籍説…、デ・ヘアがユナイテッド愛を高らかに

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)が自身を取り巻くレアル・マドリー移籍の噂に言及した。 ▽ユナイテッドでの活躍ぶりを受け、世界最高のGKとして注目度を高めるデ・ヘア。近年は、レアル・マドリーが熱視線を送り続けているとされ、ユナイテッドとの現行契約が満了を迎える2019年以降の動向が話題を呼んでいる。 ▽憶測が後を絶えないスペイン人守護神は、イギリス『デイリー・スター』のインタビューに対して、次のようにコメント。レアル・マドリー移籍説を濁しつつ、ユナイテッドでの現状に満足感を示した。 「早いことで、ここで7年も過ごしている。幸せだよ」 「たくさんの出来事があった。良いことがあれば、そうじゃないこともね。でも、正直に言って、とても幸せなんだ」 「ドレッシングルームでも重要な選手であることを実感している。今のチームにおいて、古株の1人だからね」 「ユナイテッドにやってきた若い選手たちがより大きなクラブにしようとしているのを見ていて、嬉しく思う」 「未来や、その先に何が起こるかを議論するのが良いことだとは思わない。とにかく、ユナイテッドの勝利に貢献することが大切だ」 2018.02.19 09:00 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース