カラモー移籍後初弾のインテルが9人のボローニャに競り勝ち9戦ぶり勝利《セリエA》2018.02.12 01:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは11日、セリエA第24節でボローニャを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、2-1で勝利した。▽前節クロトーネ戦を1-1で引き分け、8試合勝利のない4位インテル(勝ち点45)は、イカルディが引き続き欠場となって前節ゴールを決めたエデルが再び代役を務めた。そして、カンドレーバがベンチスタートとなり、カラモーがリーグ戦初スタメンを飾った。

▽2連敗中の12位ボローニャ(勝ち点27)に対し、インテルは開始2分に先発に抜擢されたカラモーを起点に先制する。U-21フランス代表FWのスルーパスに反応したブロゾビッチがボックス右ゴールライン際から折り返し、ニアに詰めたエデルが流し込んだ。

▽先制後も中盤アンカーのボルハ・バレロを軸にボールを動かすインテルがハーフコートゲームを展開すると、11分にはカンセロの右クロスからブロゾビッチがヘディングシュート。決定的だったが、枠の上に外れた。

▽一方的に試合を進めていた中23分、パラシオに際どいヘディングシュートを許したインテルは、GKハンダノビッチがファインセーブで凌いだものの、2分後に同点とされる。ミランダの軽率なキックミスをパラシオに拾われてゴールエリア右まで侵入され、GKハンダノビッチとの一対一を決められた。

▽パラシオの古巣弾で試合を振り出しに戻されたインテルはペリシッチがシュートを浴びせていくも、ハーフタイムにかけては目立ったチャンスを作れず、前半を1-1で終えた。

▽後半から失点に絡んだミランダに代えてインテルデビューとなるリサンドロ・ロペスを投入したインテルは、開始3分に決定機を演出。右CKをニアのヴェシーノがヘッドで逸らし、ファーサイドのダンブロージオがヘッド。しかし、叩きつけ過ぎたシュートはバーを直撃し、ルーズボールを頭で押し込みにかかったシュクリニアルのシュートは枠を超えてしまった。

▽さらに54分、右サイドに流れたエデルの好クロスにペリシッチが頭で合わせる。しかし、シュートを枠の上に外してしまった。ゴールに近づきながらも決めきれないインテルは、ブロゾビッチに代えてラフィーニャを投入。

▽すると63分、インテルが勝ち越しに成功する。ラフィーニャのパスをバイタルエリア右で受けたカラモーがドリブルでDF2人をかわして中へ切れ込み、ボックス手前から左足インサイドでシュート。完璧にコントロールされたミドルシュートがゴール左隅に決まった。

▽カラモーのインテル加入後初ゴールでリードしたインテルは、68分に数的優位となる。ラフィーニャを削って2枚目のイエローカードを受けたエンバイェが退場となった。

▽数的優位となったインテルは殊勲のカラモーに代えてガリアルディーニを投入し、逃げ切り態勢に入る。そんな中83分、ファレッティのクロスがボックス内のダンブロージオの手に当たってVARが適用される。しかし、意図的なハンドではないとのことだったのか、PKを免れた。

▽さらに87分、パラシオにオンターゲットのシュートを浴びたインテルは、守護神ハンダノビッチが防ぐと、追加タイム5分にはリサンドロ・ロペスの足首にスパイクしたマジーナに一発レッドカードが提示され勝勢に。そのまま2-1で逃げ切ったインテルが9戦ぶりの勝利を飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、ナインゴランのプレミアへの売却を検討! 最有力はアーセナルか?

インテルが今季ローマから獲得したばかりの元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(30)を今冬にプレミアリーグのクラブに売却する意思を持っているようだ。イタリア『Il Giornale』が伝えている。 昨夏、ローマからインテルに3800万ユーロ(約47億3000万円)で加入したナインゴランは、ここまで幾つかのケガの影響もあり、公式戦17試合で3ゴールと思うような活躍を見せることができていない。 さらに、先日には数回にわたってトレーニングに遅刻し、そのペナルティとしてクラブから懲戒処分を受けるなど、素行面でも問題を起こしている。 『Il Giornale』が伝えるところによれば、現在インテルは手に余るナインゴランを今冬の移籍市場でプレミアリーグのクラブに売却することを検討。その候補にはアーセナル、トッテナム、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドの4クラブの名前が挙がっているようだ。 さらに、23日に放送されたイタリア『Telelombardia TV』に出演したイタリア人ジャーナリストのカルロ・ペッレガッティ氏は、その4クラブの中でアーセナルがポールポジションに立っていると主張した。 ただ、3000万ユーロ(約37億4000万円)での売却を望むインテル側に対して、アーセナルはレンタル移籍での獲得を希望しており、移籍成立に向けては多くの障害があるようだ。 なお、アーセナルとインテルに関してはウナイ・エメリ監督の下で出場機会を失う元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の移籍の噂も過去に出ており、両選手のトレードを含めた交渉に発展する可能性もあるかもしれない。 2019.01.24 17:44 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、吉田麻也同僚のポルトガル代表DFセドリックと交渉中

サイドバックの補強を目指すインテルが、日本代表DF吉田麻也の同僚に照準を絞っているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 インテルは、マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(29)の獲得を目指していたものの、ユナイテッドが半年間のレンタル料として600万ユーロ(約7億4800万円)を要求。さらに、シーズン終了後の買取額としても600万ユーロを要求したために破談。同じく獲得を狙っていたユベントスも諦めることとなった。 そんな中、インテルはダルミアンに変わる補強候補として、サウサンプトンのポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(27)と交渉中とのことだ。 セドリックは、2015年7月に下部組織時代から過ごしていたスポルティング・リスボンからサウサンプトンへ700万ユーロ(約8億7300万円)で加入。今シーズンはプレミアリーグで18試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 インテルはアトレティコ・マドリーからレンタル移籍中のクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコが右サイドバックを務めているものの、セドリックはその代役になるとのことだ。 2019.01.24 11:47 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、今冬のペリシッチ売却にゴーサイン? 狙うはユナイテッド&アトレティコ

インテルに所属するクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(29)に今冬の移籍の可能性が浮上している。イタリア『corriere della sera』が伝えている。 昨シーズンのインテルでの好パフォーマンスとロシア・ワールドカップ(W杯)でクロアチア代表を準優勝に導く働きを見せたペリシッチは昨夏、自身が移籍寸前だったことを後に認めたマンチェスター・ユナイテッドなどプレミアリーグ行きの可能性が盛んに報じられた。しかし、ルチアーノ・スパレッティ監督の説得などもあり、インテル残留を決断していた。 しかし、今季はクロアチア代表の同僚ルカ・モドリッチらと同様に死力を尽くしたW杯からの燃え尽き症候群も指摘されるペリシッチは、今季ここまでの公式戦25試合で3ゴール5アシストと思うようなパフォーマンスを披露できず。 この状況を受けて、インテルは来月2日に30歳となるペリシッチ放出を考慮し始めているようだ。インテルは2022年まで契約を残す同選手の移籍金を4000万ユーロ(約50億円)に設定しており、その金額に近いオファーが届けば、放出に応じる構えだ。 なお、現時点でペリシッチにはジョゼ・モウリーニョ監督が去ったものの、依然としてウイングの補強を目指すユナイテッドと共にアトレティコ・マドリーが関心を示しているようだ。 また、インテルはペリシッチの売却資金を利用して今夏の移籍市場でフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(21)ら若手の逸材獲得を目指す模様だ。 2019.01.23 18:49 Wed
twitterfacebook
thumb

ダルミアンのユーベ移籍が破談か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(29)の母国復帰は実現しないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2015年にトリノからユナイテッドに移籍したダルミアンは、加入初年度はコンスタントに出場機会を得られていたものの、年々その数を減らし、今季はここまでリーグ戦5試合とFAカップ1試合の出場にとどまっている。 不遇の時を過ごすイタリア代表を巡って、母国のビッグクラブが関心を寄せていた。先日に『カルチョメルカート』を始めとするイタリア各紙が、ユベントスが買い取りオプション付きでダルミアン獲得に合意したと報じ、その具体的な移籍金も伝えられていた。 ところが、今回の報道により、イタリアの有力ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の情報をもとに、この移籍が破談となったことがわかった。既報ではユベントスが300万から400万ユーロのレンタル料と、およそ800万ユーロの買取りオプションが付いた契約でユナイテッドと合意に達していたものの、ここにきてユナイテッド側がレンタル料に600万ユーロ(約7億5000万円)を要求したことから、ビアンコネッロは手を引いたようだ。 また、同じようにダルミアンに関心を寄せていたとされるインテルもこの額を用意する意思はないという。 2019.01.23 13:47 Wed
twitterfacebook
thumb

インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」

インテルのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)は、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが新契約にサインすることを確信しているようだ。『DAZN(ダゾーン)』のインタビューで語った。<br><br>インテルのエースであり、キャプテンを務めるイカルディは、契約が2021年までとなっている。同選手にはレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドといったトップクラブが興味を示しているとされるが、マロッタ氏は契約延長が近いと話す。<br><br>「イカルディはここに残ることに疑いはない。唯一の問題はいつ契約にサインするかということだけだ」<br><br>また、加入が近いと伝えられているアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンにも言及。ディエゴ・シメオネ監督も同選手が退団することを認めており、マロッタ氏もこのように話した。<br><br>「インテルがとても強いということをアピールしなければならないし、多くの選手やその代理人にアプローチしている」<br><br>提供:goal.com 2019.01.20 17:35 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース